羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
早起きは三文のアモーレ。
Oi,bom dia!!(やあ、おはよう!)
何かの拍子に目が覚めてしまいました。
相変わらず、夢の中身を覚えていません…。


じゃあ早朝からNeyさん堪能しようかな。それとも単語帳めくろうかな、と考える女のサイトへようこそ。
いいから寝直せよ。


只今5時半!! 久しぶりにこんな時間に起きています。
どうやら咳発作が思ったより酷いらしく、昨夜はちゃんと(?)2時に寝たのにこの体たらく。
ゴホン、といえば龍角散。な気分です。咳止めが効かないところを見ると、マジでストレスがハンパない状態みたいです。
っていうか、一人の時間が長いもんで、協調性に欠けちゃっていけませんぜ。これでは嫁にも行けない(まだ行く気があったのか!)。
早起きは三文の得と言いますが、こんな師走の押し迫った日に早起きなどしたら、手伝い三昧ではありませんか。冗談じゃない。
しかしタイトル、安いアモーレやな(笑)。
三文って、今だといくらだろ。私のプアな愛を、Neyさんに捧げます。
ディープな愛は、心からあふれていると思っていたのですがね?
もっと変態度の低いアモーレを捧げる、が一番正しい気もしてきました…(苦笑)。


では、ちょっとだけ動画見て、ママンが起き出す頃にまた寝ます(笑)。
ほんまにおサイテーやな、私。
Tenha um bom dia!!(よい一日を!)
スポンサーサイト

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

心は地球の裏側に。
もーいーくつねーるーとーおーしょーおーがーつーー♪
Boa noite! そうです、クリスマスでもありますが、正月なんですよ。
昨日のママンからの電話で、目が覚めました。


Neyさんへのアモーレで、季節感を飛ばしていた女のサイトへようこそ。
ブラジルと言えば、宗教はカトリックですね。じゃあもーろーびとーこぞーりーてー♪


海外のクリスマスは、十二夜だからいいよなあ〜と、思います。
だから"Merry Christmas and a Happy New Year!"なんですよね。
あ、"a"はつけて間違いじゃないですよね? 年賀状に書く時が、つけたら間違いなんでしたよね?
日本のクリスマスは、25日過ぎたらお正月ムードに塗り替えられちゃうからなー。
いえ、日本の伝統行事は好きですけどね。ちょっとせわしない。


昨日、Neyさんへのアモーレを飛ばしながら、翻訳サイトで遊んでいたとき。
ママンから電話が入りました。
「あのなー。あんたがいっつも準備してくれるお節のかまぼこー。あれ、こっちで見つかってん。せやから、もう買うてこんでええでー」




……すっかり忘れてた。




心が地球の裏側に行き過ぎてるんじゃないのか、ellis。
久々のアモーレに身を焦がしすぎじゃないのか。
年賀状もクリスマスカードも忘れてますね。もうあかんやろ、私。
クリスマスカードはともかく、年賀状だけでも…。メールで済む人にはメールでも…いや、やっぱ失礼だし、賀状を…。
まず買いに行かな。ああ〜〜〜、私のアホー。
"Rua da Passagem(Trânsito)"の聴き比べをしている場合だったのか。いや、あれはあれで大事な…(そうか?)。
週に一度の眠い日でもあったらしく、「うーん、でもおやすみなのら〜、むにゃむにゃ」と、記事を上げるだけ上げといて、もう一度寝ていた私。
明日には…買いに行けるか…な…。
心は地球の裏側でもいいから、体を動かしなさい私。


そう、もう今週は実家に帰省してお節のシーズンですよ。
しかも今日は冬至ですよ。かぼちゃも炊いてなけりゃ、ゆず湯の準備もしていない。
季節感がまるっっっっきり飛んでいました。このクソ忙しい師走に。
……今年の帰省は、移動時間なんてあっという間なんだろうな……(遠い目)。
この間も、漢方の帰りのバス内でNeyさん見てたら(移動中にまで動画見るなよ)、あっという間に駅に着きましたから。
ああーー、カレンダーの準備もしてない〜〜〜。Loft行って、買って来な〜〜〜。
今年は喪中はがきを頂くことが多かったので、つい疎かになってしまいました。
あかんあかん、気ぃ引き締めて行かな。


ちょっと心が日本に帰って来ました(笑)。
日本人は日本人らしく、正しい月と書いて正月な行事を全うしようと思います。
さて、明日からはNeyさん頻度を減らさないといけないのかな? 
いやいや、ここでくらい、あふれんばかりのアモーレを飛ばしててもいいでしょう。
仮想空間でのみ許されたアモーレか…正月も罪だぜ…。
ではでは、Até mais tarde e boa noite!

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

フルートに漢方。
はい、Boa noite.こんばんはです。
え、先日「おやすみなさい」って言ってなかったかって? はい、そう思ってたら、どうやらどっちも意味するみたいで。


うつつを抜かしていたなあと痛感する女のサイトへようこそ。
ちょっとフィーバーが過ぎてますかね。アモーレが。


今日は今年最後のフルートレッスンです。
もーろーびとーこぞーりーてー♪ 『クリスマスメドレー』をやっておりました。今日は2ndメインで。
むっずかしいーーー。と、思うのは、きっと練習不足だから。一年のレッスン納めになんたることでしょう。
Neyさん、Neyさん言ってるから…。
だって…アモーレは止まらないんですもの…。
そんなん言ってる暇はありません。レッスンはとっとこ、とっとこ進んで行きます。
まずエチュードでつまずいたしな…情けな。
で、来月から"Tico Tico no Fubá"が始まることになりました。
とんでもなく速いパッセージで、正直泣きそう(涙)。Neyさんバージョンなら、ちょっとだけゆっくりなのに…。




なーんて、言えるわけないって。




ただ、私のあふれんばかりのアモーレをご存知のKさんが、さっと私を指さしました(笑)。
ポルトガル語を勉強中と言ってたら、「喋って!」と言われましたが、まだそこまで行ってないって(苦笑)。
でも、どんだけの熱いアモーレと思われたでしょうね…。
いや、まだ動画を見せるとこまでは行ってない。大丈夫、自制心はあるぞオレ。
……先生に"Beija-me-"の動画を送りつけ、「楽譜知りませんか〜?」ってメールしたのは誰よ…。
大丈夫、それもKさんとSさんには言ってない。大丈夫、大丈夫。
今日聞いた話では、ショーロは、あらゆるラテンの原型みたいなものだそうです。あらゆるって言っていいのかな、サンバとか、ボサノヴァとかって先生は言ってましたけど。Wikiったら、いろいろ出てきます。形式とか、使う楽器とか。
形式は繰り返しが多いです。なのでテキストの"Tico Tico no Fubá"でも、「どこまで繰り返すねん?」ってのがあります。
あー、だからupした"Samba do Blackberry"とかのタイトルが来たり、例えば"Bambo de Bambu"でも"Tico Tico no Fubá"でも(他の最近の歌でも)、Neyさん繰り返しがやたら多かったのか。
そう、歌詞短いなあって、海外サイト見てて思ったんですよ。で、歌ってるの改めて聴いてみたら、繰り返しがやたら多い。
で、Neyさんの歌、カバーが多いって言ってたじゃないですか。ということは、これはNeyさん個人に限ったことではなく、ラテンとか、まあMPBに多いんでしょうね。
私、MPBってくくり、好きじゃない…。って思うけど、仕方ないよなー。そのおかげで、Neyさんが何歌っても"MPB"ってジャンルでくくられる訳ですから。
あ、ちゃんと「エミ・ペー・ベー」って言えるようになりました(笑)。現地の発音ですね。まだアルファベットの発音知らないんですよね、ちゃんと調べとかないと。


話は戻って、フルートのクラスコンサートは、『グリーンスリーブス』と、『明日に架ける橋』になりました。
う〜〜〜ん、えらいジャンル違いっていうか。っていうか、サイモンとガーファンクルが、ロックに位置づけられることにものすごく驚いていますよ。あれがいわゆるR&Bってやつ? 聞いておけばよかったな。
『グリーンスリーブス』は、散々やっているので、来月からちょこっと復習です。この曲、ほんまにレッスンには恵まれへんかったな…。自宅で吹いてる時間のが長かったような気がしますよ(ある意味、当たり前ですが)。
『明日に架ける橋』は、KさんとSさんが歌詞をお気に召したんですね。曲自体は中音〜低音で、ぶっちゃけやりにくい。
でもギターとセッションできるっていうので、楽しみにしています(今のギタリストは、「白いギターのあんちゃん」です・笑。ホントに白い服着てるんですってば。で、イメージと音がやっぱり明るいんですよ)。
どんな歌詞か、興味を持たれた方はググってみてください。まあ、ずっと側にいるよ。っていうような内容です。恋愛とかそういうのを越えて、いつも君の側にいるよ。っていう、考えようによっちゃ怖い歌詞です。年配女性のロマンを台無しにする女、ellis。大丈夫、まだ言ってないもん。自制心あるもん。アモーレは撒き散らすけど。


レッスンの帰りは漢方でした。
案の定書かれましたよ、カルテに「ブラジル」って(笑)。
「せんせー、書かんでええんですってば。これ書いたら、また来月聞かはるんでしょ? 『ブラジルのおっちゃん、どないなりました?』って」
と言ったら、「えー、そりゃあ気になりますからねえ」という返事が。
「でも元気そうでよかったですよ?」とも言われました。……こぼれてるな〜〜〜、アモーレ。
このテンションで実家に帰省したら、その落差に嘆くことになりはしないだろうか…。今からとてもとても心配です。
Neyさんの名前まで聞かれたので、よっぽど興味を引いたんでしょうね。たぶん私がお花撒き散らしてるのが、久しぶりで珍しいからだと思いますけど。
72のおっちゃんに、「あなたはとってもとってもセクシーでスマートな男性だと思うの!」なんて言ったら、速攻で参るわ、と言ったのはKさんですが、異人さん、それもラテン系だから大丈夫な気もするけどなー。
それに、そーいうメールとか手紙って、山のようにもらってると思いますし。
まあ、ジャポネーズは珍しいかもですけど(笑)。でも熱狂的なファンっているんだろうなあ。私のアモーレなんて、まだまだ青いですって。
たぶんほんまのファンなら、ブラジルの人たちと同じテンションでNeyさんを迎えられるはずだ!! 私には無理だもん。
「ブラジルのおばちゃんたちがね、もうすごいんですよー。日本で言うなら、氷川くんを追っかけるおばちゃんたちみたいな」
と、漢方で言ったら、主治医に「いやー、もっと情熱的ですごいんじゃないかなー。なんたって、ラテンの国だからねえ〜」と、言われました。せんせー、分かってるぅ。
つまりそれくらいでないと、Neyさんを追っかける資格はないということか…orz
……動画で満足してたらあかんということか。
いや、やはり機会があればブラジルに! もうアモーレがどこに飛ぶか分からへんな、この女(苦笑)。
心だけ飛ばしてたのでは物足りませんか、ellis。
あ、ellisって、読みがポルトガル語の「幸せな」を意味する"feliz"に似てて嬉しいです♪ zはsの発音になるみたいなんですね。
逆にsはzみたいに濁る時があるし。まだまだまだ、何にも分かってません。
ちなみに漢方、眠前に3種類、夜に1種類の薬が出ました。いかに私が寝不足かを物語っていますね。あ、別にNeyさんのせいじゃないですよ(笑)?
むしろ安眠させてもらってますから。3曲聞かずに寝てるんじゃないかな。ああ勿体ない、タイマーは1時間なのに。


今回はとりとめもなく失礼しました。
やはり随所にアモーレが混ざりましたね(苦笑)。
どうもすみません。Lamento muito.って言うみたいですよ。muitoが「とても」とか「もっと」みたいな意味合いみたいで。めっちゃすみません。ってことでしょうね。
勉強は牛歩の歩みですが頑張ってます。覚えるのも忘れるのも早いという、一夜漬けの典型なellisに未来はあるか!?
ま、ぼちぼちやります。ほんまに暇つぶしに単語帳がいいんですよ。学生の時は鬱陶しくって仕方なかったのにね(笑)。
ではでは、Boa noite.今度は「おやすみなさい」ですよ?

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

女のジハード。
はー…しんどかったです。
でも、これも新年の準備の一環だし仕方ないか。


某高級下着メーカーのバーゲンに朝イチで参加して来た女のサイトへようこそ。
バーゲンは女の聖戦よ(笑)?


今日から梅田の阪急百貨店で、半年に一度の下着メーカーバーゲンが始まりました。
新年は新しい下着から始めようという習慣のある我が家(うちだけ?)、ママンから事前に指令が飛んでおりました。
「買って来て!!」
もう何度か足を運んでいるので分かっていることは、「初日に勝負を決めるべし」、「おばちゃんパワーに負けないつもりで」、「見つからなければ、店員さんをすぐに呼ぶ」です。三日目くらいに行くと、もういい商品出ちゃってないんですよ。レジのおばさんによると、最終日など悲惨なものだそうですよ…。
つまりはそれくらい、需要のあるメーカーだということですね。ほぼ半額だったり、2〜3割引きが当たり前だったりするので、庶民の我が家にも手が届くものとなるのです。
特に今年は下着ドロで一年が始まった…(いや、そうなんですよ)。いくら一階だからって、白昼堂々取るか?
しかもママンのぱんつは取らずに、ママンのブラと私のブラ&ぱんつセットを持って行きやがった。熟女趣味はないってことか…。
二人してお高かったブラを取られたので、今年は何としてでもゲットしたい。それ行け私。


朝ご飯を済ませたら、軽いメイクをして。服装はフリースニットにデニムパンツ、コートの前はしっかり閉じて、かばんは斜めがけのものを。靴は履き古したもので。これは踏まれてもいい対策です(笑)。水筒に温かい紅茶を入れて、準備は万端だ!
……ほぼ開店時間に着いたんですが、既にお買い物袋(とにかくものを突っ込んでおくビニール袋)が、残り数個になっていました。オーマイ、なんてこった。
なんて言ってる間も惜しいので、何を買うかメモした紙を手に、私も袋を取りました。
ブラやぱんつはいいんです。好みのものを、それぞれのサイズで買えばいい。
問題は私のスリップと、ママンのアンダーシャツ、タイツ…じゃないな、男性で言うところのズボン下、でした。
スリップは、思う丈がないんです。75cmって、需要ないのかな。80だと私には長く、70だと物足りない。
それとも需要があるから、バーゲンには残らないのかしら…。
そしてママンのアンダーシャツ、襟ぐりの深いものを、という注文でした。でもアンダーシャツをお召しになる人たちは、首まで詰まってる方がいいみたいです。今年は特になくて、店員さんもなかなか捕まらなくて苦労しました。
初日だからか、店員さんも殺気立ってて「これは? これどう? こっちは? これもあるわよ?」と、矢継ぎ早。
その中で一番レースのきれいなものを取ってきました。予算よりちょっとオーバーだ…。
ズボン下に至っては、今年の新作を出される始末。新作はバーゲン対象外と知っているので躊躇したのですが、今年のママンはストレスでげっそり痩せてしまいました。その身に寒さは堪えるだろうと思い、清水の舞台から飛び降りた私。お金はママン持ちなんですが(苦笑)。
私のスリップは、何度か行きつ戻りつしていたら商品が補充されて、ちょっとかっこいいのが入手できました。お高かったけど…。これが本日一番の後悔。


さて、揃ったらレジです。
「お並びくださ〜い、こちら最後尾です〜!」
と、呼ばわる店員さんの声についていったら、売り場を抜けてレジを抜け、エレベーターの前を過ぎてスタッフルームの入口まで並びました。
私は並ぶのって、割と平気なんですが、周囲はさすが関西のおばちゃん、不満たらたらです。
「レジの人数少ないわ。もっと増やしたらええねん(ざっと見ただけでも20人ほどいましたがね…)」
「ここ(阪急)、並ばすの好きやねん。あかんわ、こんなんでは」
と、言いたい放題。しまいには店員さんに「ちょっと、どれくらい並んだらええのん?」と、聞いてました。
答えは「20〜30分くらいでお会計できると思いますよ」でした。これにも不満たらたら。
ちなみにそのおばちゃんは、私の後ろにいたのですが、キャリーカートで私を轢いていきました。こっちこそ言いたいよ、「おばはん、足踏んでる!! 痛いがな!」と。
ま、黙ってましたけどね(苦笑)。店員さんが言ったより早くお会計はできました。私の思っていた予算より、2000円ほどオーバーでした。買い物上手とママンに信頼され、託されたのにこのていたらく。何やってんねん……!!!
やっぱりお高いスリップが効いたかなー。


ママンに報告の電話をして、帰って来ました。お腹空いたので、駅ナカのお惣菜屋さんで280円のカツ丼買って…。
はー…すっごい疲れたー…。
女の性を見ると言いますか、バーゲンの規模が西日本最大級だと謳われているせいか、とにかく人、人、人。
こういう時は、「とりあえずいいなと思ったら買い物袋へ」、「レジ前に精査して、選り分ける」がポイントですね。
あと、「最後にもう一度売り場を見るのを忘れない」ことも大事。特に今日は初日で時間も早かったので、次々商品が出て来るんですよ。最後まで油断はできませんでした。
温かい紅茶は持って行って正解でした。レジが終わったら、とにかく一息つきたくなりましたもの。けど茶店やレストランに入るなんて、私の贅沢メーターがもう許しません。
自由に座れる所で、ほっと一息。周りがおっちゃんだらけだったのは、あれ奥さんのバーゲン待ちなのかな…と、思いました。
まー、人の本性が出るったら。いい勉強にはなりますけどね(苦笑)。私にはバイタリティが足りない…とも痛感したバーゲンでございました(笑)。


さて、古い下着の整理しないとな。もう大掃除を始めないといけないシーズンですね。今年はどこまで出来るかなー。
では、戦を終えたellisはご飯を頂きます。昼がカツ丼だったので、夜は野菜メインで。
それではまた、だずびだーにゃ☆

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

12月だ!
12月だ!
じんぐっべーじんぐっべー、もーみーのーきーもーみーのーき、もーろーびとーこぞーりーてー、まっかなおっはっなっのー、…って、もういい! せからしいわっっっ!! と、イルミネーションとクリスマスソングに文句言いそうな私は、日本人らしくお節に頭を悩ませます。


もう最後のお一日かー。実家では赤飯炊いたんでしょうか。と、益体もないことを気にする女のサイトへようこそ。
今回の冒頭こそ、益体もないわ。


いえね、フルートレッスンで「クリスマスメドレー」の練習が始まったんですよ。『もろびとこぞりて』、『荒野の果てに』、『牧人ひつじを』、『きよしこの夜』の、むずかっしいアレンジメドレーです。ですが…。
どの曲も、英語の歌詞とタイトルばっかり出て来て、みんなとかみ合いませんでした…orz
たぶんあれです、保育園も行ってなく、幼稚園もミッション系でなく(しかも途中で転園したし)、その後の教育においても、あまりクリスマスソングは習わなかった私です。
それがねー…歳バレちゃうけど(何を今更)、マライア・キャリーのクリスマスソングCDが高校生の頃に出たんです。出たさ。そんで輸入盤を買ったさ。今よりガッツがあったから、英語読みましたよ、歌いましたよ。更に間の悪いといいますか、ママンがビング・クロスビーのクリスマスソングCDを買ってくれました。もう決定。私のクリスマス、大抵脳内英語で歌う羽目になりました。
あ、でも「もーみーのーき、もーみーのーき、おいやしーげーれーるー♪」ってのは、かなり後で知ったので、これだけ日本語。和洋折衷な脳内でございます。求む英題と英語歌詞。
あ、あと『ママがサンタにキッスした』って歌、あれはもともと日本語なんですか? 英語歌詞のような気がしなくもないけど…。これも情報求むです。


学校で習ったのって、『赤鼻のトナカイさん』と『あわてんぼうのサンタクロース』ぐらいな気がします。あ、『きよしこの夜』も習ったんだろうな、たぶん。中学の英語の授業で、見事英語に塗り替えられましたが、マイメロのCDで置鮎さんが歌ってらっしゃるのを聞いて、「ああ、日本語歌詞も素敵ねえ…」と思い直す、節操なしがここに一人。
あとはクリスマスって、給食にケーキがついたくらいですかね…。
考えれば、寂しいクリスマスだな、私!!
いやまあ、実家では相変わらず鶏の唐揚げしたり、プレゼント交換したりしてますから。今年の両親へのクリスマスプレゼントは、腹巻きじゃい。足首ウォーマーがおまけについてきたので、それも差し上げましょう。両親共に痩せて寒さがこたえるとのこと。できるだけぬく〜い冬をお過ごしください。
しかし腹巻きではいまいちぱっとしない。ママンに「苦難続きのパパンに、何かこう、ぱあっとしたプレゼント、ないかしら…」と、相談されました。
「〜〜〜〜〜〜、ニットなんかどです、ママン? 前に真っ赤なの買ったから、今度は真っ青の、きれーなの」
「それでぱあっとするかしら…」
「そりゃー私もね、パパンが笑い袋で受けてくれるような人なら、そういうの推奨しますけど、そーじゃないでしょ?」
「そうねえ…ニットかあ…ちょっと考えさせて…」
で、返事なしのまま、今に至ります。ちょ、決めるなら早くしてくださいよママン。私も原稿がそろそろ忙しい。


つか、ネタがないという、致命的な状況で、現在進行形です。2本新ネタで抱えるのは無理があったかしら。決めたの、つい先月だもんな…。
1月の頭〆切ってのは、家のこととか考えなくていい身分の人たちのために設けられた〆切なんだ。と、しみじみ思います。正月の朝から腕まくりして鰤焼いたり、お雑煮の味付けしなくていい人たちなんでしょう? じーちゃんに振り回されて、1日の昼から家族全員爆睡なんてことにならなくていい人たちなんでしょう(血涙)!? ねえ!!
いかん、また愚痴だ。
年末年始は出て行くばっかりになっちゃって、お年玉もあげる方になってしまったから(両親+じーちゃん。甥や姪がないだけ、まだマシか…)、正月の楽しみといえば豪勢に500円くじを3連チャンとか、もうそれくらいしかありませんよ。
まあ、なんだかんだでだーらだーらと忙しく過ぎていく三が日なのです。そんな時に原稿ネタなぞ…考えてられっかよ。
それよりiPadの導入をどうしようか悩み中な私でした。もし導入したら、これが私のクリスマスプレゼントだな!


この記事も、だーらだーらと長々、失礼しました。まだちょーっとうつっぽいんです。僻みっぽいってかね。
でも薬はこれ以上動かせないから、いい睡眠といいご飯を目標に、頑張ります。が、拒食なんだよな、今…。あああ、相変わらずのellisでございました。どっとはらい。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

自縄自縛。
こんちゃっす。軽いノリで始まってますが、へろっへろです。
今はPCとの格闘を終えたところさ…。


馬鹿みたいな理由で、いつもつまづく女のサイトへようこそ。
きっとねえ、人生でも恋愛でもお金でも、しょーもないことでつまづくんだわ、私。


発表会? ええもう、筆舌に尽くし難いほど散々でした(泣笑)。
その後、ちょっと最強伯母が危篤なので慌ててキャスバル兄の家に行ったりしていたら、あちこちかぶれました。
ついでに帰って来たら、燃え尽きたのかうつに落ちたのか、ドボンとはまって抜け出せなくなった。
しかし光回線の工事は今日だ。というわけで、一昨日辺りから作業エリアをのっそりとお片付けしてました。
前回男性一人だったので、今回もそうかと思いきや、今回は男性2名でした。とーぜん、狭い我が家に男性が二人も入るわけがなく、おっちゃんの方は出たり入ったり、出たり入ったりを繰り返す様。
今回は光でもバージョンアップして「隼」になったらしいです(この辺に、ネット速度への関心の薄さが知れる)。
いや…別に動画もほとんど見ないし。それより安定してる方が大事だし。
でも営業のお姉ちゃんに押し切られたのです…。弱いあたしのアホ…。
それより業者のおっちゃんに申し訳なかったので、私の話し相手をしつつも迅速に作業してくださったお兄ちゃんに、冷蔵庫に入っていた缶コーヒーとキレートレモンを差し出す私でした。


さて。設定手順は見てあるから大丈夫〜♪
と、思いきや、ホームゲートウェイの「PPP」ランプがつかない。
NTTのページまでは行くんだから、これはプロバイダの問題っつか、私が何か間違えてるんでしょう。
そう思って右往左往。再起動も数知れず。
それでもネットに繋がらない(ランプがつかない)ので、iPhoneちゃんで検索をかけまくったら、「パスワードが古いままになっていませんか?」という一文が目に飛び込んで来ました。おお、これはもしや…。
そう思い、初期設定のパスワードを入れたら、あっさりつながったのでした、どっとはらい。
今回の格闘は短かったな…2時間ちょいで済みました…。
前回の、コード1本つながってなかったばかりにネットに繋がらなかったオチに比べれば、百倍マシです。
そんなわけで今、部屋の東半分がきれいで、西半分がごった返しております。いらないものは捨てたはずなんだけどなあ。
まだまだあるのよね、読み古した雑誌とか(スクラップするって言って、やったためしがない)。
ああ、ちょっと片付けモードです。
ですがドボンと落ちていることには変わりなく。しかし最強伯母が最早最強でなくなり、現在危篤状態継続中という、非常に綱渡りな状況。
いや、参りました。


参っている間などありません。明後日は通院、明々後日はフルートレッスン。
やべえ、ここしばらくフルート触ってないわ。
それにしても、今日のトラブルの原因といい、発表会の失敗といい、自分で自分に腹が立つことが多いです。誰? 自縄自縛なんて言うのは。そうよその通りなのよ。返す言葉もないから、あえて放置プレイして…。
エビリファイのおかげで、落ち過ぎってことにはなってないのですが、その薬で抑えてる感も不快なのでした。
原稿のネタは降って来ないし(また主治医に「もっと本読め、本」と言われてしまふ)。
今すぐ書こうとなると、持ちキャラ、持ちネタで行くしかないなあ。
枚数も400枚ちょっとという、ちょっと微妙なところだし。今の持ちキャラ非番は…いくつかありますが、よく動くので行こうかな。でもあいつ、長編向けなんだよなー。
そこを敢えて中編でいくのがいいのかしら。ああ、悩む! さっきの格闘の名残で頭が痛くなってきました。
脳内をぐるぐるさせたまま、フェードアウトします。
それでは私と皆様の明日に幸あれと願って、おるぼわ、おるぼわ、おるぼわ…。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

行ってきます。
昨日荷造りしたら、サブバッグがぱんぱんになって、更にこの上フルートを斜めがけして喪服まで提げるのかと思うと、かなりユーウツになりました。
必要最低限のものしか入れてないのに…。


喪服が邪魔だ。パールアクセが邪魔だ。数珠も! と、愚痴たらたらな女のサイトへようこそ。
これが私の縁結びツアーを阻んだかと思うと、余計に…(苦笑)。


あと2時間とちょっとで出発します。
梅田の大丸に行ってママンお気に入りのC3(うまく書けない。シーキューブです)で、何かスイーツを買おうと思っているので。
娘はこれくらいしか、「元気出してね」メッセージは出せませんよ。下手な慰めはよくないでしょうからね。
ママンよりも、なぜかパパンがカリカリ来てるらしく、私にはよく分かりません。
たぶん八つ当たりしちゃったりして、自己嫌悪の裏返しでまた八つ当たりしちゃって、なんだろうなー。この間も、電話の向こうで、怒鳴り声と湯のみをがしょんとテーブルに打ち付ける音がリアルに聞こえて来てました。
はあ、普段のラブラブっぷりはどこへ行ったのさ。と、思うほどでしたが、その夜叔母(パパンの妹)が遊びに来てくれて、愚痴をこぼしたりして、ちょっと落ち着いたそうです。
ママンもじーちゃん絡みの行事が終わって、落ち着いた模様。最初に電話掛かって来た時、声まで真っ青でしたものね。


こういう時、往々にしてムードメーカーといいますかトリックスターとしての役割を負わされるellisです。
えー? あたし何にも知らなーい、今日もお天気いいし気持ちいい季節よねーー☆
って感じに。
しかしそういうことができたのも、子供の頃まで。三十路黄昏時にそれを求めるのは酷ですぜ…。
"Quello che sara,sara"(aに記号がつくんですが、うまく行かなかった…)
はい、いつもの「ケ・セラ・セラ」ですが、これって日本語訳の「なるようになるさ」じゃなかったことが分かって、びっくりしています。間違いではないらしいんですが…。
鹿島茂さんの『悪の引用句辞典』(中公新書)によると、これは『裸足の伯爵夫人』という映画の中で、伯爵家の家訓として使われ、「起こるべきことは必ず起こる」という意味で使用されていたそうです。だから「起こるべきこと」を起こしてはいけない、と。
私流に言うと、やはり日本人観が入るので「死を分つことはできない(いずれ必ず起こる)」といった意味に、今は使いたいです。
でも、訳する時にどこをどうやって「なるようになるさ」になったんだろう…。


なるべくにこやかに、穏やかに、のほほんとして参ります。
うう、考えただけで胃が痛いぜ。
では、ちょっくらドナドナしてきます!! うまく行ったら、何かいいことあるかも!
ではでは、アリヴェデルチ☆

テーマ:頑張れ自分。 - ジャンル:日記

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。