羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
よろしく頼んだぜ。
さてさて、一昨日は梅田に行く日でした。
その前日にちょっと散財しちゃったから、一昨日は財布のひもが固かったです(笑)。


思いがけず嬉しいことがあった女のサイトへようこそ。
なんと、メイクアップアーティストがメイクしてくださることに!!


メイクアップアーティストによるメイクは、予約がないとしてもらえません。
ところが前日にキャンセルの電話が一件入ったらしく、その空いた枠に私を入れてくださったのです!!
着いた時はちょうど繁忙期。なので椅子に座っておとなしく待っていたら、メイクアップアーティストが、話相手をしてくれました。
ちなみに開口一番は、私のヘッドフォンをひっつかんで「リラックマ……いや、コリラックマじゃん!」でした(笑)。
50近いおっさんが、リラックマに詳しい(笑)!! 私より細かい設定ご存知でしたものね…。
しかしうちには40過ぎてミッフィーフリークなキャスバル兄がいるから……。
うん、違和感ナッシング(笑)!!


フェイシャルを終えてメイクに入りますが、いちいち話が面白い。
美容師さんなどもそうだと思うのですが、会話の引き出しがとっても多いですよね。見習わなくては。
ちなみに今回は「子供とも大人ともつかない目してるね」と言われてきました。
「以前も目がどうのとおっしゃってましたけど…そんな印象的ですか?」
と、尋ねたところ、
「うん、印象的。危うく行っちゃいそうだよね」
「?」




「宇宙に」




………前々から不思議なことおっしゃる方だなあと思っていましたが、ここまで来ましたか。
「僕さー、UFOのお迎え来るの、待ってるんだよね」
と、更におっしゃるのですよ。しかもさらっと。
「だからさ、僕が急にいなくなったら、『ああ、やっとお迎えが来て、宇宙に旅立ったんだなー』って思ってよ」
という発言に、「了解です!」と、答えた私もどうなんだろうな(苦笑)。
「案外ellisさんが先に乗ってたりしてね(笑)。あれ? こんなとこで奇遇だね、とか言って(笑)」
あれ? 私いつの間にお迎え待ち仲間?
「逆もあるよね。ちょっと寄ってくとこあるからって言われたら、京都に向かったとかさ」
あれ? 私UFO乗るの決定事項?
……始終こんな感じで会話が続きました……。その間もメイクアップアーティストは、ほんまにつるっ、すべっ、ぴかっ、きらきらっ、という感じにさくさくとメイクをしてくださいます。
私の脳も割とマルチタスクですが、メイクアップアーティストの脳も大概マルチタスクだ。こんな会話をしながら、超絶素敵なメイクをしてくれたのですから。
いや、メイクが本業の方ですよ!? 念のため。
人によってお話の内容は違うでしょうけど、私ってどういう印象なのかしら? 


その後も手帳(クラシックプー)にチェックが入ったり、もういっぺんコリラックマのヘッドフォン触ったりされましたが、くま好きなのかな? 私はくまと猫が大好きですが。
大人とも子供ともつかない目ってことは、思春期か? と思ったり、宇宙人に会ったらキャトルミューティレーションされちゃいますよ! とか思ったりしたことは内緒です(笑)。
一昨日は思いがけずお会いできて嬉しかったです。昨日は早速、できる範囲で真似してメイクしてみました。
今年の流行りはリップらしいですね。アイメイクはちょっと抜け感を出してナチュラル系に、その分濃いめのリップで引き締める、みたいな。
持ってるアイテムで、うまくいくと気分いいです♪ 
一昨日、帰り際に「じゃあ、いなくなったらよろしく!」と、メイクアップアーティストに言われました。当然BAさんたちには謎の会話だったので、かいつまんで説明すると、皆して「よくもまあ、そんなことを平気で言うわね」という顔と「よくついて行ってるわね、話に」という顔が半々でした。
変人は変人を呼ぶの…(変人は褒め言葉です)。


ということで、よろしくされちゃったので気をつけておきます(笑)。
一昨日のように、またリラックマ談義ができるといいなあ、とか思ったellisでした。くま好き仲間ですよーー!
スポンサーサイト

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

楽しんだもの勝ちよ。
あーめがふーります、あーめが降るー、あーそびにいーきたし傘はなしー、べーにおのかっこも尾ーが切れたー♪
もうすぐおたべの国では雨が降りそうです。しかしこの歌詞、あんまりじゃないですか白秋さん?


また寝不足な女のサイトへようこそ。
最近は朝セブンでアイスコーヒー買うのが習慣になりつつあります…。


ちょっと日が経っちゃったけど、日曜はフェイシャルのお手入れとメイクイベントに参加してきました!
メイクアップアーティスト、タリーズベアを大事にしてくれてるそうです。お嫁にやった甲斐がありました(笑)。
相変わらずちょっと不思議な語り口で、こちらの気分をほぐしてくれます。
ファンデーションは何番使うのかな、と思ったら、31番という、外人さんにも使う色だそうです。
普段私が使ってる色より、もうちょっと明るい色です。
それを湿らせたブラシでさっさっさ。
おおー、ブラシってこう使うのかー!と、感心しました(笑)。だって、うまく使えなくて放置状態だったんですもん。
真っ白になるわけでもなく、「さすが!」の一言でナチュラルに塗って、あれよあれよとパウダーはたかれて、アイメイクはブラウンメインだったので、ラインはカーキで引いて、リップはライナーで軽く塗りつぶしたあとにオレンジを。
チークを入れたら、まあどうでしょう。里芋をつるっと洗ってきれいにしたみたいな、別人28号が出来上がりましたよ。
もう、ええー、すごーい。と、しか言えません。


もう一つ「すごいなー」と思ったのが、お話です。
たぶん引き出しが私の倍以上あるんだと思います。お話伺ってると、すっごいいろんな本読んでらっしゃって、大学に聴講に行くこともあるそうです。
買った本は全部手帳につけてあるし。だからどんな方がいらしても、楽しく話ができるんだと思います。
相手を話でも気分よくさせて、尚かつきれいなメイクをするって、すっごいなー。プロは違うわ。と、思いました。
私、以前ここに書いたかもしれませんが、フルートでも文章でも、例えば散歩に出かけて「うわ、きれいな花」と思ったり、今だったら「燕がいるよ」と思ったりすることも。美術館や博物館でいろんなものを見たり、本を読んで感動することも、すっごく大事だと思うんです。
そういうことで養われていく何かってのは、絶対あると思います。
フルートの同じクラス(グループは違うけど)のおばさまで、練習の鬼! みたいな方がいます。もう、上手くなりたくて上手くなりたくて、ご主人にお散歩に誘われても断って、毎日毎日フルートの練習をなさっているんだそうです。
それはすごいことだし、私にはできへんなー、とも思うのですが(笑)、ご主人が誘ってくださった時くらいは、一緒にお散歩をして、他愛ないおしゃべりをして外気に触れるのもいいと思うのです。
そういった、小さな感受性がまた自分の音色になっていくと思うから。
メイクアップアーティストも、「楽しくないならメイクしない方がいい」と、おっしゃっていました。
やっぱり何事につけ、楽しめた方がいいみたいですね。上記のおばさまは、どこかで何か、目的が違ってしまった気がします。
もういい歳ですから(笑)、技術では若い子に勝てるはずもありません。けれど私にしか出せない音や、私にしか書けない文章があるということは、薄々気づいています。
いえ、驕りではなくね。感性の問題。逆に言ったら、思春期の瑞々しさなんかは鳴りを潜めてるわけなんですが(笑)。
これまで積み上げて来たいろんなことが、もう極言しちゃえば毎日のご飯だって、文章や音の種になると思うのです。
一見なんの関係もないようなことが、必ず実を結ぶ。メイクアップアーティストは、それをご存知なんじゃないかなあと思いました。雑談の種にも、もちろんなるんでしょうけど、本業のメイクの方にも活かされてるのじゃないかなって。


そんなメイクアップアーティストに、「目がすごく印象的」と、いうようなことを言われました。
なんでこんな回りくどい言い方してるかというと、そう言われたわけではないからです。
「五次元の目」と、そう評されました(笑)。どないやっちゅうねん。
この次元のものを見ている目ではない、と。なんだろ、シックスセンスあたりのことが言いたかったのかなあ。
大丈夫、三次元のものしか見えませんよ(笑)。魚眼レンズみたいに見えるわけでもなし、虫みたいに複眼なわけでもありません。
でもまあ、もしかしたら、そうと気づいてないだけで、何か見えてるのかもしれませんけどね(苦笑)。
嘘です。まだまだ、世の中も自分も見えてないことの方が多すぎると、そう思っています。
広い視野が欲しいなあ。
次にいつお会いできるかは分かりませんが、メイクアップアーティストには、また会いたいなと思いました。
今度はもっと違うお話しましょう(笑)。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

楽しみでしゃーない。
そういえば、↓の売り場で、容量がどれくらいか尋ねたところ、売り場のお兄さんは資料を見に行きました。
そしたら携帯が鳴る。どこから? と思ったら、ゲランカウンターからです。




私、今上にいます(笑)。




電話内容は、簡単な伝達事項だったんですが、面白かったので、発送手続きを済ませると化粧品売り場に行きました。
普段の私は、フェイシャルエステをしてもらうので、髪を下ろしていきますが、今日は暑いのでシニヨン。髪も日焼けしたら嫌ですしね。
担当のお姉さん(同い年…)が、最初「あれ?」という顔をして、「え、いついらしたんですか〜?」と。
いや、ずっといたんですよ(笑)。
「ええ〜、じゃあそうおっしゃってくださればよかったのに〜」
と言われましたが、そーいう空気でもなかったしなー(苦笑)。
そこで軽くおしゃべりをし、16日のメイクイベントがいろんな意味で楽しみだと言われてきました。
メイクアップアーティストは、以前と同じ方ですが、どういう評価なんでしょう。
「爽やか夏メイクですよ! あ、でも分かんないな…」
と、スタッフに言わせるなんて(笑)。ちなみに大人気のメイクアップアーティスト。新しいタリーズベア持って行きますね、差し入れ。


その足で、おたべの国に異動になられた方のお店にお邪魔しました。
本当にお邪魔以外の何ものでもなく、おしゃべりに行ったのです。しかも手ぶらで。サイテーやな。
なのに快く出迎えてくださり、その上メイク直しをしてくれた(今日は何回直せば、まっとうな顔が保てたんだ? ……くそ暑い)なんて。
うちのブログ紹介しましたが、アクが強過ぎましたかね…。笑って頂けたら幸いですが。
とりあえず、よく間違われる「優雅に紅茶を傾けているお嬢様」なイメージが払拭できたら、オールオッケーです(笑)。
いや、これ深刻なんですよ。フルートの懇親会でも「お嬢さんお嬢さんしてると思ったら、案外しっかり家事とかするのね」と、言われましたしね(言い方ひどくないか?)。
フルートの先生は、最初から私が笑いを取りに行くキャラと理解しているので、そういう偏見からは自由です。
まあ、「貧乏ったらしいのね」とか思われるよりはマシですが、その優雅キャラ、どこをどーやってそんなことに。
と、いつも思います。
男友達にも「家庭的なイメージはあまりない」と言われます。
未婚のうちから所帯染みてるよりは、よほどいいんでしょうけれど…。みんな、私そんな優雅に生きてない。
つーか、お高く止まるよりは、笑って頂ける方が嬉しい大阪人です。
そういや、メイクアップアーティストもそんなところがありましたね。どこのご出身かは知りませんが…。


明後日、父の日に加えてメイクイベント。もう丸一日楽しくてしゃーないでしょうね(笑)。
ま、たまにはそんな日があってもいいかな。
楽しみにしつつ、明日は河原町へママンからの頼まれものを買いに行きます。まさに東奔西走。明日は早朝覚醒しないといいなー。では、おるぼわ。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

ネイルショック!
今日は近所のスーパーで、砂糖の特売デーでございました。
お一人様一袋限り、500円以上のお買い物が条件でございます。
「よっしゃ、2袋買ったる!」と、熱意を燃やしたエセ主婦がここに一人(笑)。


ネイルの後はブログかついったよ、と思う女のサイトへようこそ。
よれないように、注意、注意…と言った端から、机の角でちょっとへつりましたorz…が、誤摩化せる範囲です。


以前指先のネイルは「服ごとに変えたくなるからイヤン」と言いました。
が、それ以上に深刻な理由があったのです。
「これいいな」と思った色が、私の肌に、ビミョーーーーーに合わない。このビミョーってのがまた嫌なところで、じゃあ別の色ならいいのかよ、というとそうでもない。
ところが今日、梅田にて見つけてもらいました。つーか出会ってしまった。
fall in love.(?)二度塗りしても可愛いなんて犯罪だ。化粧品会社のネイルは高いからと敬遠していましたが、それなりの理由があったのね…。発色が全然違う。お高いネイルを買っても、以前は使い切れずにいましたが、今回は使いそう。なぜって、まめに爪磨くようになってるのと、ちょっと地が出て来たら「塗り直しじゃあ!」と思うからです。
さて、いつまでこのフィーバーは続くのかね…。


暑い。それにしても暑い。
時間に間に合わそうと走ったりしたもんだから、かかなくていい汗をかいてしまいました。
電車の中で一人汗だく。
しかも、かばんを変えたばかりに、ハンカチもティッシュも置き忘れて来たという淑女としてそれはどうよという状態。大丈夫、汗なら自然に引く、化粧も崩れない、崩れないったら崩れない! 
電車の空調が程よい乾燥を呼んだのか、梅田に着く頃にはどうにか落ち着きました。
急いで化粧をした割に、涙袋に入れたハイライトを褒めてもらったりしていました。最近の流行でもあるみたいですが、白目がきれいに見えるので気に入ってしてるんです。
フェイシャルエステをしてもらいながら、来月はメイクアップアーティストがいらっしゃるとの情報を得ました。
ええ、以前うちのトフィー・オランジュ(タリーズベア・オレンジ)を嫁にやった方です。
以前メイクしてもらったよしみもあるのか、「ellisさん、次回いかがですか?」とのお誘い。
…じゃあやっぱり、クマ提げていかないとだよな(笑)。今度は中古でなく新品を。
というわけでさらさらとメイクに流れは移り、今日必要なものがあらかたはっきりしてきます。


必要最低限だけ買うと、来月の予約と、来月のコフレの予約を取り、メイクアップアーティストの予約も頂いたのでした。
さくさくと進めて帰って来ると、朝一番に向かったスーパーへGO!
目的は冒頭にも書きました砂糖です。だって1kg115円。これは買っとかないと、またシロップ作りに失敗したらどうする。ジャム作りの血がたぎったらどうする。
ちょうど夕ご飯のおかずも買わなくてはいけなかったので、500円なんてすぐです。見切り品ばっか買っててもすぐです…切ないなあ。
レジもちょうど違う人にシフトチェンジしている! よっしゃ行け! 今日の私はついている!
……というわけで、砂糖2袋目ゲット。できればきれいの糧にしたいですね。体の中からきれいになるってのに、やっぱ憧れます。
さてさて。ネイルも乾いて来たようなのでここいらで。
ペディキュアにしてるオレンジが恥ずかしいほどの可愛いラメピンクですよ〜。ペディキュアは、また真っ赤でも買って来なくちゃ。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

成果?或いは…。
ついさっき、新幹線に乗りました。
あんなに早起きしたのに(笑)、バスが来なかったという事態。やむなくタクシーを利用しました。
乗り慣れてない会社だったけど、個タクじゃないからいいかなと。個タクはよくなめられて、からかわれるので嫌なんですよ。


そしたら運ちゃん、いい人でした。しかもうまく空いてる道を使ってくれて、タイムロスなし、ほぼ思ってた時間におたべ駅に着きました。
「帰省かー、学生さん?」
と、聞かれたので笑って否定。んにゃわきゃないわな、と。
「え、二十歳くらいと違うの?」
そりゃあんまりだ(笑)。それもんにゃわきゃねーって。そしたら運ちゃん、信号で振り返ってこちらを確認。
「あー…、確かに二十歳ちょっと越えてるわな」
でしょ?
でも運ちゃん、私が今年三回目の年女であることを知るまい…(笑)。だって、「え、ほな働いてんの?」と、聞いて来たくらいですから。


帰省の格好は至ってラフ、年齢を問いません。デニムパンツにカットソー、スプリングコート、メッセンジャーバッグに白の夏用キャスケットをかぶっております。
…ということはあれか?メイクがうまく行ったのかな。
毎月梅田に通って、メイクして頂いてる甲斐があると言うべきですね。段々アイメイクなども慣れて来て、いろんな冒険ができるようになってきましたよ。
ちなみに今日は涼しくブルーグリーンのアイメイクです。


あとはまあ…ママンからの魔女遺伝でしょうか。苦労が顔に出ない、得な体質なんです。いえ、苦労してませんけどね(笑)。更に若作りという(苦笑)。
二十代後半にはフツーに間違われますが、前半は久しぶりだ…。いい気分通り越して申し訳ない気分です。
すいません、今年三回目の年女で…って。いくつサバ読んだんだよ私。


今日はメイクのノリ、良かったからなー…。
こんな女も闊歩する世の中ですので、皆様お気をつけて(笑)。
しかしゲランとは、本当に相性がいいみたいですね。エイジングケア、やっぱ強いのかなー?いえいえ、店員の皆様が親切にいろいろ教えてくださるんで、自然とメイクの腕が上がったみたいですね。あと、月一のフェイシャル、あれは絶対効いてる!
そんなこんなで、姫路を通過しました。岡山での乗り換えが5分なので、そろそろお開きにしますね。では、おるぼわ。
毎日の贅沢。
フェイスマスクルルルンというパックにハマっています。
いわゆる「プチプラコスメ」なんですが、42枚入りで1500円というリーズナブルさ。
口コミでは賛否両論でしたが、私には幸いいいように効いています。


現在リップパック中の女のサイトへようこそ。
今回の帰省は、こう、ビミョ〜に、じわじわと疲れが出ています。


さて、冒頭の「フェイスマスクルルルン」ですが、42枚入りの他に7枚入り(300円)ってのも売ってます。
帰省には7枚入りを持って帰って、家では42枚入りをがんがん使っています。
というのも、個包装されておらず、42枚がどーんと美容液に浸っているので、ちゃっちゃか使わないと傷むんですよ。
パッケージの裏には「開封後は80日以内にご使用ください」と書いてありましたが、できれば1ヶ月で使い切りたいところです。
まとめて入っているので、1枚取るにも苦労するんですが、衛生面が気になるので慎重に扱ってます。
大抵はお風呂上がりに貼って、15分前後放置。わりともちもちな肌になりますよ。
ついでにハトムギ化粧水(500mlで500円前後という、これまたプチプラコスメ)でコットンをひたひたにし、1枚を二枚に割いて顎下に貼ります。


ゲランカウンターのお姉さん達に伺ったのですが、「安いスキンケア用品でもいいから、毎日使い続けるのが大事」だそうです。
なんかブランドの余裕を感じるなあ(笑)。
パックが終わると、もちもちの肌になってます。私は皮膚が薄いので乾燥しやすいのですが、この上に「ハダノミー」という面白い名前の、またまたプチプラコスメでミストしてハンドプレス。
この後にいつものお手入れですが、吸収がよくなりましたね。
フツー、パックといったら、1枚でうん千円の世界です(ほどよい値段のものもありますが)。それが約1ヶ月超毎日使っても1500円。そりゃー買いますよ。
偶然雑誌で知ったものだったのですが、次の日の洗顔がつるつるもちもちの手触りなので、いい情報を仕入れたと思っています。
これから黄砂やPM2.5、花粉などで肌が揺らぎやすいのですが、今のところ帰省疲れがあっても荒れずに済みました。この季節は、本当すぐにボロッボロになっちゃうので(泣)。
いつもお高いものばかり使ってるわけではないのですよ。うまく組み合わせたら、高いのだけ使うよりいい効果が出たりします。プチプラコスメ、侮り難し。


疲れているときは、朝晩2枚使います。それでも罪悪感がないのが嬉しいですね。
プラザやロフトなどで簡単に手に入るし、7枚入りに至ってはセブンで売ってますよ(笑)。
辛いのは、取り出しにくいところ。うっかり2枚取っちゃったら、余分は戻さずに破棄しないといけません。衛生面から言って当然なんですが、この時ばかりは罪悪感にかられます。ママンがいたら、「ママンー、きれいにならへんー?」と誘って二人でパックなんですが。
ちなみに殿方の前でパックって、正直抵抗があるのですが、うちのパパンは品良く着飾ってたり、肌の手入れをきっちりしたりする女性が好きなようで、文句言われませんね。それどころか、実家で喜んで使ってたら「もう1セット買いに行くか?」と、誘ってくれる始末(笑)。私の周囲、美意識高い人多いわー。


情報は『美的』から手に入れることが多いです。
ファッションに興味が薄い分だけ、スキンケアやメイクに重点を置いている雑誌のが合うみたいですね。ファッションは、テキトーに、です。清潔感があって、ある程度その日の気分に合うものがあるなら、イオンや西友でお安く買うのに抵抗がありません。こだわりのブランドも何も、服のブランドほとんど知りませんし(笑)。
帰省の時に、暇つぶしにと『MAQUIA』を久々に読んだんですが、「今の気分は『美的』だなー」と思ってしまいました。でも『MAQUIA』も好きなんですよ?


体の中からはコラーゲンとか。でも高いの買えないので、お財布と相談しながら、いろいろ吟味してます。
最近ちょっと種類が増えたんで、あちこち整理してすっきりさせようかと。
美白のためにビタミンC(美白用)を取っているのですが、それを主軸に、ビタミンB群とマルチミネラルが必須ですね。いや、マルチビタミンも欲しいですが、足りない成分はある程度決まって来るんで…(泣笑)。
アミノ酸やミネラル込みのコラーゲンを探しています。そしたらだいぶすっきりするんで。いろいろ出回ってて、迷いますよね(苦笑)。


今回は吹き出物も出ず、肌も揺らがなかったんですが、いやしんぼのために、唇の端にぽちっとした物ができました。ハイカロリーな食事が続いたので、胃がびっくりしたんでしょうね(笑)。なにせそれまで栄養不足状態でしたから…。
しかし基本は海の幸三昧でした。ありがとう瀬戸内海! ありがとう魚好きの私! ありがとう昼食をうどんで済まさない我が家(笑)!!
さて、今日からまた火の車で自転車操業な毎日が始まります。原稿しなきゃだから、ある程度食べないと。
食べないと、肌や髪や爪に来ますからね…(遠い目)。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

きっと気づかない。
……と思いながら、2ヶ月に1度は美容院に通っています。


「いやぁ、自己満足の世界ですよ?」と、美容師のイケメン兄ちゃんに言われる女のサイトへようこそ。
ここまで長いとね、ホント自己満足よ。


パーマ脱却から1年、相変わらずストレートロングを守っています。ちょうど背中に届くほどになりました。
「伸びましたねー」
と、美容師さんに言われる度に、「……そうかな。自分じゃ分からへんです」と、答えています。
「今日は長さ、どうしましょ。1センチ? 3センチ?」
いつもいつもいつもいつも思うのですが、美容師さんの持っている定規と私の持っているそれでは確実に違いがある。
なので「〜センチ」と答えるのではなく、手っ取り早く毛先を引っ掴んで「これくらい、切ってもいいですよ」と、答えました。
「5センチですね」
即答。個人的にはもうちょっとあるような気がする…。うーん、定規の違い。
でもそれくらい切っても、誰も気づきやしないんですよ。私自身も、キューティクルにはこだわりますが、長さには無頓着なので気づきやしない(笑)。どうする、自己満足ですらなくなってきたぞellis。


「美容院に行ったのね!?」と気づいてもらうには、せいぜいセミロングにばっさり切るくらいでないとな。いや、マジでそう思います。
ちなみに殿方だと、「長いんなら、2ヶ月に1度どとか言わずにもっとズボラすればいいのに」と思われるかもしれませんが、長いから最低2ヶ月に1度なんですよ。パーマだとだれて来始める頃だし、ストレートだと、自宅でするヘアケアにも限界がやって来ます。どんだけ毎日TSUBAKIフルセット(シャンプー、トリートメント、コンディショナー、トリートメントウォーター(洗い流さない)、ヘアオイル(洗い流さない))で頑張っても、美容院のつるっつるぴっかぴかのトリートメントには敵わない…。
特にロングは、清楚(に見えるか否かは別問題)と不潔は紙一重。こまめに通わないと、ヘアケア管理が出来ません。ボサ毛でメイクしたって楽しくないし。今寝不足だから、化粧乗り悪くて別の意味で楽しくありませんが。


数年間、何の疑問もなしにカラーリングしてきましたが、代償は大きかった…。
黒に染めても、2ヶ月くらいすると髪色が明るく浮いて来るんですよ。なので地毛に近い色にしてもらっています。これがなければ、カットとトリートメント、ブローだけで済むのに…。
あとストレスですかね、白髪がぽっちり出始めたそうです。普通の人はまず気づかないと言われて安心していますが、やっぱ食べたり食べなかったりするからですよ。ミネラル不足!
こーいうのも、指摘されなきゃ分からない。なのでやっぱりマメに通いたいですね。
ホントはトリートメントだけに、月1で通いたいくらいなんですよ?


でも美容院、疲れます。
鏡は真実を映して「鏡よ鏡よ鏡さん、この急いでメイクしたから失敗して不細工になったのはだぁれ?」と、問いかけたくなります。
そう、今日は右側のアイメイクがうまくいかず、個人的にちょっとブルーだったのです。
美容院といえば雑誌、って気もしますが、私は文庫本持参です。毎回『銀英伝』の9巻を持参して、ロイエンタールの死に様に心で涙するのももういい加減どうかと思ったので、今回は河出文庫、小野寺健先生の『心に残る言葉』です。要は文学の拾い読み、名言集なのですが、先生のコラムは高校生の頃とっていた「朝日ウィークリー」の頃からのファンなのです。文庫はボロボロ、付箋だらけなそれを、コサヤンお姉様がくださった素敵なブックカバーに包んで持ってきました。
いつも文庫を読んでるか、携帯いじってるかなので、分かってる人が用意してくださる私のテーブルには、何もありません(笑)。
そして途中でお茶かコーヒーが出るのですが、一時期「何もいらない」と言っても、「フレッシュだけ」と言っても、しまいには「ホットで」と言っても、アイスでシロップもフレッシュも入った状態でコーヒーを持って来てくれる、ナイスな中見習いのお兄ちゃんに出会って以来、笑顔で「アイスコーヒーで、全部入れてください」と言うようになりました。ま、糖分補給と思って。
そしたら今日は「シロップとフレッシュは一つずつで?」と聞かれました。おいおーい、まだ上があったのかよ(笑)。


はー、今日もくたびれて眠いけど、お風呂入ったらすっきりぱっちりしちゃうんだよなあ…。どうしたら薬に見合った、適切な時間(6〜8時間)眠れるでしょうか。なんかまんじりとして寝付けない。漢方では毎年のように「春だからねえ」と言われています。それはもう聞き飽きたーーー!! こんな時こそパトラッシュに来て欲しいのに、出張中ですよパトラッシュ。もっと原稿書いてくたびれろってことですね、分かります。でも眠いの。まず寝かせて…。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。