羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
諭吉先生さようなら。
バレンタインチョコが欲しくて窃盗した人がいるそうですね。バレンタインとは、殿方にとってそこまで深刻で切実なイベントだったのか…。てっきり私は、乙女の聖なる日だとばかり…。


久しぶりに精油屋さんに行って、楽しい思いをして来た女のサイトへようこそ。
やっぱりアロマの香りは癒されるぅぅ〜〜〜♪


バレンタインとアロマに何の関係があるのかといいますと、旧知の編集さんに毎年お送りしているものが、精油だからです。
花粉症がひどいらしいと伺って以来、ユーカリの精油をお送りしています。これがまた効くそうで、じゃあってんで毎年同じ精油を選んでいます。
なんか体がだるいので、明日に日延べしようかと思ったのですが、明日は梅田。それにちょっと歩きたい気分だったので、斜めがけ出来るレスポバッグにお財布その他を詰め込んで、身軽に出かけました。
精油屋さんは木屋町二条。四条河原町からだと、ちょっと距離があるので(といっても知れたもの)バスに乗る人もいると思いますが、私は1時間2時間歩くの平気なので、ひょいひょいと歩いてました。
といっても、軽い栄養不足状態から回復したばかりの私。普段なら絶対しない、「途中でジュース休憩」を挟んでしまいました。
さて、到着して見に行ったのは、もちろん精油の棚。探しているのはペパーミントとマンダリンの精油です。
なぜってリップバームを作るから。夏に大掃除をした時、冷蔵庫の大掃除もしたんですよ。そしたら「全部期限来てんだろ? 来てんだろぉ?」という気分になった私は、まだまだ余裕で使えたペパーミントとオレンジ(スイート)の精油まで捨ててしまったという大馬鹿野郎様です。っていうか、きちんと管理しようね…。日本じゃ雑貨扱いで雑だけど、欧米行ったら薬扱い(のはず)だからね!


ペパーミントは決まってます。問題はマンダリン。蒸留法と圧搾法がある。
どう違うかって言うと、ぶっちゃけちゃえば皮の部分を熱して出来た蒸気を液体にしたものか、皮の部分をぎゅーーーっと絞って液体を取ったか、って感じです。柑橘系の精油は圧搾法が断然多いですね。香りもその分シャープ。蒸留法だと、ちょっと甘い印象を私は受けました。
お店のお姉さんといろいろ相談したのですが、決め手になったのは光毒性。これもぶっちゃけちゃうと、紫外線の敵です。いや、紫外線敵なのか。ベルガモットの精油の時に習ったような、マンダリンで習ったような、とにかく細かいことは忘れましたが、精油を肌につけて紫外線を浴びると、シミになったり発赤、かゆみといった症状が出てしまうことです(光感作といいます)。普通は光毒性がある精油って、フリーに加工されてるものが多いんですが、オーガニックというか自然志向なのか、ここの精油屋さんの精油は光毒性があるのです。で、圧搾法より蒸留法の方が安全だという話になり、決まり。


というわけで、マンダリンとペパーミント(プロヴァンンス産と普通のものがあったのですが、値段が100円程度しか違わなかったので、気に入ったプロヴァンス産を購入)、プレゼント用のユーカリ(ディフューザーつき)と、ストラップ……。今年は友チョコも自分チョコもなかったので、つい、精油を垂らして香りを楽しめるという素焼きの石膏がついたストラップを買ってしまったのです。ええ、自分用に。マンダリンとラベンダーをつけました。超癒されてます。でも合計金額で、きっちり諭吉様が1枚飛びました。冷静に考えれば、精油3本買っておまけまで買ってりゃな、当然だよな。でも悲しい(泣)。


その後は四条河原町へ戻って、キャリアオイルとリップケース本体を買い、四条烏丸に行ってチョコを購入、遅がけのご飯を食べて帰って来ました。発送は明日です。
リップバームね…。年末に切らしちゃって、市販の「低刺激」のものを買ったのですが、嘘つけ何が低刺激だ、何がウォーターインだ、めっっっちゃ刺激強いわ、かえって唇荒れるわ、このl-メントールめがっっっ!! と、一人で癇癪を起こす結果となったのです。いや、分かってる。悪いのは私。メディカルリップでも唇が腫れることのあるこの私だ、つまらんところで敏感さんめ。たぶん、合成というか化学薬品としてのl-メントールと相性が悪いんだと思うんですよ。ペパーミントにも結構な割合で入ってるl-メントールですが、こちらは平気なのは天然なのと量の問題だろうなあ。香りづけにちょっと入れてるだけだから…。
メン●ムリップなんて、とんでもなくて使えない私でした。高くついてるんだか安く上がってるんだか。
さて、リップバーム作ろうっと。
久々にアロマのお話でした。ま、たまにはね(苦笑)。
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

マサラティー(もどき)。
朝は寝過ごしたので、簡単なご飯で済ませました。
代わりに、お昼にマサラティーを作りました。
原稿の追い込みが始まってからは、脳に糖分を回すために、朝に作っているものです。


自己流ですが、作り方はこんなの。
材料は紅茶パック2袋、シナモンスティック半分、しょうがスライスたくさん、クローブ3~4粒、砂糖は好きなだけ、豆乳(牛乳)はカップに合わせて、水少し(入れるカップの4分の1くらいかな?)。
1)鍋に砂糖と豆乳以外の材料を入れて火にかけます。ミルクパンで作ると、水の量が少なくても焦げ付きませんよ。
2)水が沸騰して来たら、少しかさが減るまで煮込みます(5~7分くらいかな? 計ったことないので…)。
3)豆乳、砂糖を入れます。私は牛乳があまり好きではないので、豆乳で作ってるだけです。本来なら牛乳ですね。
4)沸騰直前(鍋の縁が細かく泡立って来るくらい)で火を止めて、茶こしで濾して出来上がり。
砂糖は豆乳を入れる前に入れてもいいのでしょうが、私は水の量が少ないので、焦げ付きが嫌なため、後で入れます。
仕上げにバターを入れてもおいしいらしいですが、個人的にはくどくなるので却下。


スパイスは、他にもカルダモンとかセージとか入れるといいらしいですよ。
シナモンは仕上げにパウダーでもいいと思います。私の個人的好みでスティックを使っています。
豆乳と砂糖を入れた後、少しだけかきまぜますが、本当はかきまぜると紅茶の渋みが出るのでやらないそうです。
……こんな感じ。
紅茶は濃いめに煮出しておかないと、豆乳を入れた時に豆乳の味が勝ってしまうので注意ですよ。
チャイの一種なんですが、チャイはスパイスほとんど入りませんしね(笑)。
興味のある方、お暇な方、お茶好きな方は、ご参考までに。
原稿からの一時逃避でした。戻ります、そいや。急げや急げ。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

加湿器に期待。
おはようございます。今日は早朝覚醒のellisです。
気になることがある以前に、昨日眠り過ぎただけです。……アホ。


ハイチオールC+の効能に「二日酔い」を発見する女のサイトへようこそ。
どうなの? どうなの? ほんとに効くの? 効くとしたら、どれくらいで? あああ気になるぅう!!


ここ2、3日、しょっぱいものが恋しくて仕方ありません。
たぶん、体内のイオンバランスが狂ってんでしょう。
水分摂り過ぎたかなー…?
その割には肌に還元されていないので、加湿器を導入しました。
そういや、電車の広告で、「肌が乾燥する度にミスト」みたいなものを見かけました。コンパクトタイプの手のひら加湿器なら、去年から見かけていますが、それのすごいバージョンなのかな。
いや、それかえって肌乾燥するから…。と思ったのですが、思うだけ(苦笑)。だって、電車に一人で乗ってるわけだし、その辺の人捕まえて喋りだしたらアブナい人でしょう。
ついでに仮に私が捕まる側だったら、「それがどうしたよ」と、言いそうな気が…。冷たい女だわ。
肌にミストをかけるわけではなく、部屋の湿度を保つためなので、加湿器はこれから必須。
問題はすぐ側に置きっぱにしている、ポータブルDVDプレイヤーです。
家電にとって、湿気は敵。分かってるんですが…。距離をちょっと置いたら大丈夫かなあ。
うーん、悩みどころです。が、家狭いし、大して関係ないかも(笑)。


加湿器は、去年買ったペットボトルタイプのものです。
相変わらず、500mlのボトルがキャパだというのに、1Lのボトルを使っている私…。
問題ないからええやん、と、言い訳。ついでに一人暮らしなので、なにかあっても自己責任だし。
これで少しは肌が潤うかな~。
ちなみに加湿器にはアロマポッド(といっても、蒸気が出て来る口にちょっとくぼみがあるだけ)にユーカリの精油を入れています。
ユーカリの精油は、呼吸器にいいのは勿論ですが、空気をきれいにしてくれる作用があるんですよ。精油学の先生のお話だと、小学校で担任の先生が、そっとユーカリの精油を垂らしたコットンを教室の四隅に置いていたら、そのクラスだけインフルエンザの学級閉鎖がなかったとか。ということは、免疫力もつけてくれるということですね。
昨日久々にアロマ関連の質問を姫から受けたので、繰り返しになってしまいましたが。
ちなみに花粉症にも効きます>ユーカリ。家に1本あって損はない精油でしょうね。
これも繰り返しになりますが、精油を買う時は、学名がきちんと明記されているものを買ってくださいね。香りを楽しむだけなら、どこのものでも構いはしませんが、効果を期待するならきちんとしたものを買わないといけません。
最近だと、最初っからブレンドされてるものもよく見かけますが、私は使わないですね。その日の気分によって、配合って変わって来るので。同じ精油を使っても、微妙に違うんですよ。


というわけで、今日のハーブティーは「ほぐれっ茶」と「レディース茶」のブレンドです。そろそろ、「レディース茶」がおいしい頃合いに差し掛かって来るので混ぜてみました。
先日、ふっと気が向いて「レディース茶」を飲んだんですが、これがおいしくないんですよ。その日の体調如何によって、どれだけ求めているものが違うか、よく分かりますね。この間はあんなにおいしかったのに。
さて、では仕事するか~。〆切1ヶ月前だぞこのやろー(@『ヘタリア』ロマーノ風)。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

ハーブティーでほっこら?
あちあち、今、ハーブティーこぼして膝やけどしました(泣)。
1煎目を半分ほど飲んだら2煎目を足し、それが半分まで減ったら3煎目を足すという、ヒジョーにセコい飲み方をしています。
これで効くのかな…?


店頭では帰る頃に眠気が来た女のサイトへようこそ。
いろんなもの試飲させてもらって、さんざっぱら満たされてきましたからねー、げふー。


今日は昨日の予言通り、しょうがシロップを買いに行く日です。ママンに電話したら、いつものスキンクリームなくなったから買っとけ言われるし、マジありえーん(ポーランドさん@『ヘタリア』風)。
それよりも気になるのは、ハーブティーですよ(はちみつは何といわれようと、レンゲはちみつでいいんだ!どうせ溶いて使っちゃうんだし)。モーリスメセゲのハーブティー、アロマの学校に行ってた頃は飲み放題だったっけね、うふふふ。そんでアロマの効果も相まって、なんだかんだで肌の調子が激烈よかったね、うふふふ。
何が向いてるかくらいは調べてもらって、よければ財布と相談して買おう。
そう決めて行きました。
行く途中、きらびやかなお姉ちゃんが電車内で私の向かいに立ったんですが、なんか妙なんです。
髪型、完璧。服、バッグ、完璧。メイク、完璧。ネイル、完璧。アクセサリー、完璧。特に太り過ぎも痩せ過ぎもしていない。けれどよーく見ると、靴がボロッボロでした。
あー…なるほど、たまに私を見かねてパパンが靴買ってくれるのは、こういう理由か。と、悟りました。最近は先回りして自分で買ってますが(前述の通り、イージーにサイズの上下があるので)。「足下を見る」という言葉、よく言ったものですね。あれではどんな男性も寄って来ないというか、あれで彼氏さんに会うのだとしたら、彼氏さん可哀相…。他人事ですがね(苦笑)


さて、到着して、カウンセリング開始です。
「今のお悩みなんですか~?」
お、ダイレクトに来ましたねー。それがさらっと言えたら私、精神科であんなに苦労してないっすよ。
でもまあ、総括して言うなら。
「リラックスできたらいいですね~。あとブルーデイにも効くと、言うことないです」
と言うと、2種類のブレンドティーを紹介されました。
「ほぐれっ茶」と「レディース茶」です。
ネーミングセンスについてはこの際置いておいて。両方とも試飲させてもらいました。あ~、そうよこの味よ~~~、懐かし~、うまか~~~(感涙)!!
「美味しいのは、体が欲してるせいもあると思いますよ?」
と、店員さん。なるほど。
で、はちみつ入りのを飲んだり、ジンジャー入りのを飲んだり。別の種類をストレートで頂いたり。
しばし懐かしの対面を果たした後で、こそこそこそとご相談。
まあ、ハーブティーは漢方で言うところの煎じ薬みたいなもんですから。やっぱ毎日飲むのが基本らしくて。
で、まあ商魂逞しいというかなんというか、まとめ買いした方が安いらしいのです。
あ~~~~~~~~~~~~(そういや最近ハーブティーに飢えてたしなー)。
あ~~~~~~~~~~~~~~~(漢方も耳のことばっか構っちゃってさ)。
あ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~(安定剤はどのみちこれ以上増えないし、このアプローチはありか?)
~~~~~~~~~よし、よっしゃ来い! というわけで、数ヶ月分をまとめ買いしてみることに。
ええ、お財布はきーきー泣いてますよ、そりゃあもう明日からアナタ、火の車ですことよ。
でもたまにはこれくらい好きなものにつぎ込むの、独身だからできる技さ~~。
っていうか、どーせ1ヶ月分買ったって、また来月行くんだ。分かってるならまとめ買いがお得さ。
ブルーデイ用に「レディース茶」を少しと、デイリーに「ほぐれっ茶」をちょっと多めにもらってきました。
おまけに(初回訪問より2ヶ月以内の来訪なので)ジンジャークッキーをもらって、ほくほくしながら帰って来ました。
ふふ…今日からまた食生活を切り詰めないと…と、思いながら。見切り品、PB、大歓迎な昨今です。野菜の値段も徐々に戻ってきてるので、嬉しいことしきりです。
お茶のせいで食生活に難が出たのでは、本末転倒ですから。


家に帰って(鳩時計のマネをする小学生に尾行されたが…なんだったんだ???)ご飯を頂き、さてお茶です。
さすがに食中のお茶というわけにはいかないけど、食後にはすっきりしていい感じ。
たぶんこのハーブティー、万人受けはしないだろーなーと、いうような気が…。
泥臭いというか薬くさいというか、そんな感じの味がするので(気になるほどじゃないけど)、マジでハーブが好きな人にお勧めです。ちょい高いしね(これが一番・笑)。
パパンの言った、「草の味がする」、あれがすべてを語ってる気がしますよ。嫌な人にはそうとしか感じられないということです。
パパンは間違ってませんよ、確かに草にお湯突っ込んで飲んでるんですから(笑)。それより草食べたことあるんかいな、パパン(苦笑)。
こう、喫茶店でお上品に頂くようなハーブティーではなく、わりとワイルドにパンチあふれる味が揃ってた印象です。まあ、好きな人が行く店ですから(笑)。
嗜好品、今月は我慢かー(引き締められるとこからね!)。


ついでに「ほぼ日手帳カズン」の本体をゲットしてきましたー!!
さっそくカバーを付け替えますが、あのまんまでもいいんじゃないの? 的なハードカバーです。
来年は持ち歩き用と置き手帳、上手に使い分けられたらと思っています。
そのためには予定を作らねば。今私が埋められる予定など、通院と原稿のみ…。
ああ、世知辛い。まさしくデイリーな予定。
しかし手帳を縦にした状態で、上手に字が書ける技ってないかなあ。もともと上手な字ではありませんが、あまりにみっともないと、見返すのが嫌になるので……。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

アロマな睡眠。
カタログギフトで、アロマディフューザーを頂きました。
昨夜から、早速活躍しています。久々に部屋いっぱいに広がるアロマの香りが、癖になりそうです。


昨日ふらついた(倒れかけてた)割には、短時間でもすっきりした目覚め。
まだ緊張してるんでしょうか、ラベンダーの香りで超癒されたのに…(眠りを深くする効果があります)。
それとも、腰痛が睡眠を歪めるのか。できるだけもうひと眠りしてきます。ああ、何書いてるか自分でもイミフ。
久々に。
リップバームを作ってみました。
頼まれ半分、趣味半分です。なので今回は、量が多い。
ベースにするオイルを、普段はスイートアーモンドオイル100%のところ、しっとりさせるためにホホバオイルを50%混ぜてみることにしました。
本当は、ホホバ50、カレンデュラ30、スイートアーモンド20と行きたかったのですが、カレンデュラオイル、高いから……。
ワックスはいつもと同じ蜜蝋、ビーワックスです。


ここで超ざっくばらんにリップバームの作り方。
1)ベースオイル5mlに対して、ビーワックス2~3g(好みで。ちなみにグレープシードオイルを使うと、やや柔らかくなるような気がします。このビーワックスが、リップバームの固さを決めるので、ジャー式にしたい人なら柔らかめ、スティックタイプなら固めと、用途に合わせて調整してみてください)と、消毒した容器を用意(「生活の木」などで、すべて簡単に手に入ります)。色をつけたい人は、染め粉も用意してくださいね。
2)薄く水を張ったお鍋を沸騰させ、耐熱容器(私は面倒なので、ビーカーごと)に上記の材料を入れて湯煎にかけます。ぼーっとしてるとビーワックスが溶けて来るんで、割り箸などでくるくる混ぜて様子を見てください。
3)完全に溶けた! と思ったら、引き上げます(熱いので注意)。まだ透明感のあるうちに、精油1~2滴(私のスタンダードはマンダリンとペパーミントですが、他にもいろんな組み合わせがあるみたいです。「リップバーム 作り方」で検索を掛けると、いろんな組み合わせが出て来ます)を垂らして更に混ぜ、熱いうちに容器に入れ、あら熱が取れたらふたをして完成。
※精油はお好みで、入れなくても大丈夫です。敏感肌の人は特に注意して、精油の濃度を減らすか、無しにするか位のつもりでどうぞ。


いちばん手っ取り早いのは、「生活の木」で売ってるキットを買って来ることです。
全部一個分計量されてパックされているし、オイルもまだ新鮮なんじゃないかな。冷蔵庫で何年も寝かせてちゃダメよ☆
私は入り口がアロマの学校だったので、ビーカーとか、ビーワックスもたくさん入ってるものとか持ってますけど、商売でもしない限り、そんなにいらないと思いますよ。
オイルは買いだめしません。鮮度が命だと思ってるので(特に唇に当たるし)、一番小さな瓶を、ちまちま買っています。なので今回のように、「あ~、スイートアーモンドオイル足りないわ。んじゃ、ブレンドするか」みたいな発想に落ちついたりするのです。5mlじゃ、ブレンドのしようがないっていうか、勿体ないし。


なにせ一回に作る量が半端じゃないから(苦笑)。今回はスティックタイプ8本、ジャータイプ2個を一気に作りました。半分以上はパパンからの頼まれものです。低刺激なのがいいのか、なぜかご好評を頂いております。
余った分は、私のメンタムのメディカルリップの容器に入れられました。メンタムリップ、しみるっていうか荒れるんですよ。メディカルリップで荒れてるんじゃ、作るしかないかという感じです。
保護作用は、ワセリンと大差ないと、個人的には思います。精油はアクセントであって、トリートメントするときみたいな作用は期待していません。でも、マンダリンとペパーミントの組み合わせは本当に人を選ばないみたいで、オレンジにアレルギーのある人以外は大丈夫なんじゃないかと思っています。
ネロリを入れたり、ラベンダーを入れたりする人もいるようですが、うちはまだまだマンダリン&ペパーミントで。
さて、喜んでもらえるといいけどなあ。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

思い出しアロマセラピスト。
ああ、眠れない…。
どこまでがエビリファイの副作用で、どこからがレメロンを減らしてることにあるんだ?
しかし眠剤を増やしても、頭がぼーっとするだけな気がします。レメロンなくなったら、改めて考える。


そうそう、あたしアロマセラピストだったよ。と、思い出す女のサイトへようこそ。
実技(施術)はいまひとつでしたが、精油学などの知識は無駄にあふれています。


最近虫さされが多いです。季節ですね。
手持ちのステロイドを塗ってもいいけど、そこまでじゃない気がする…(むしろ、ステロイドにかぶれそうな予感)。
しばらくかいかいかいと思っていたのですが、ふと、




あ、ラベンダーの精油。




と、思い出しました。
机には常にユーカリグロビュラス(眠気覚ましと呼吸器用)とフランキンセンス(集中用)の精油がスタンバッているというのに、なんということ。
ブルガリア産の高級品だったからって、後生大事に冷蔵庫にしまいっぱなしだったわ。いけないいけない。


真正ラベンダー。学名はLavandula angustifolia/Lavandula officinalis(私の行っていた学校では、この2種は別名であると解説を受けましたが、別種であるという説もあります)。
ツイッターでもつぶやいてたんですが、ヨーロッパではラベンダーの精油というと救急箱に入っているらしいです(アメリカは知らない…)。それくらい、ヨーロッパの人たちには身近なものということですね。
数少ない原液のまま扱える精油であり、精神安定をもたらす他、不眠症に効き(眠りを深くするという臨床データが存在すると、精油学の先生から聞いています。論文名までは聞き損なったので、ここでは出せませんが…)、切り傷、火傷、虫さされによく効きます。防虫効果も高く、よくラベンダーのサシェが外国映画等で出て来るのは伊達じゃないのです(ただしヨーロッパでは蛾の予防として使っており、日本ではお洒落道具にしかなりません…。樟脳に勝るモノなしか?)。
つまり万能薬として、ヨーロッパでは扱われているわけですね。
日本人には好き嫌いの分かれる香りとよく言われますが、真正ラベンダーだと、そんなに嫌なことはないと思いますよ。お土産屋さんで売ってるサシェや、安い精油(学名等きちんと書いていない)は、別種のラベンダーが混じっているからです。たぶん、安価なラバンジン(真正ラベンダーとスパイクラベンダー(後述)の交配種)か、スパイクラベンダーの香りだと思います。
スパイクラベンダー(Lavandula latifolia/L.spica)は、真正ラベンダーの持つ精神安定作用を逆にしたような感じで、カンファーと1,8シネオールという成分を多く含みます。これらは覚醒作用が強い上、カンファーという成分は発熱、妊娠時などに注意が必要な成分です。真正ラベンダーがほっと安心できるのは、リナロールという成分を多く含むから。ラバンジンとスパイクラベンダーには、このリナロールがあまり含まれていませんので、鎮静作用がありません。
だからといって、ラバンジンとスパイクラベンダーが悪いというわけではなく、希釈して(原液では使えません)筋肉痛や肩凝り、風邪に用いたりします。上手に使えば、どちらも良い精油です。


お話が細かくなりましたね。さて、昨夜は虫さされにラベンダーの精油を塗り、コットンに精油を数滴垂らしたものを枕元に置いて寝ました。
サンダルウッドやカモミールローマンの精油を加えても、いいと思います。サンダルウッドはごく少量で。呼吸を深くしてくれます。
カモミールは精油を使わなくても、寝る前にハーブティーを飲むのでも十分です。ただしこちらはカモミールジャーマン(Matricaria chamomila/M.recutita)。精油にすると青くなります。これは精油にする過程でアズレンという成分が発生するせい。そして匂いも…。ローマンのリンゴのような香りとはちょっと違いますのでご注意。
カモミールローマン(Anthemis nobilis)と、精油の効き目としてはそんなに違いません。アトピー性皮膚炎に効くともいわれ、乾燥してかゆみのある肌や、赤ちゃんのおしめかぶれにも使える安全性の高い精油です(でも希釈しないとだめですよ!)。胃炎、吐き気、生理痛、頭痛にも効き、鎮静効果も高いです。どちらかといえば、消炎作用はジャーマンが、鎮静作用はローマンが強いと言われています。
カモミールティーは別名「グッドナイトティー」とも呼ばれ、寝る前に飲むと、深い眠りをもたらすとされています。独特の癖が気になる方は、ライムシロップなどを加えてみてください。驚くほど美味しくなりますよ。最近ではポンパドゥールのハーブティーなどが西Uでも手に入るようになりました。勿論「生活の木」などでも買えます。眠りが欲しくなくても、なんとなくイライラしている時などにどうぞ。


ハーブティーは手軽に楽しめるので、いろいろ試してみるのも面白いと思います。
前述の「生活の木」には、けっこうたくさんのハーブティーが揃っているので(ブレンドものも多いですが)、興味のある方は一度覗いてみてください。
私のお勧めは、断然ペパーミントとエキナケア(エキナセア)。
ペパーミントは胃痛、胃もたれ、吐き気に効き、エキナケアは免疫力を高めて風邪予防をしてくれます。ペパーミントが夏に、エキナケアが冬に欠かせないイメージです。
私の習った学校はイギリス式なので、精油を希釈したりハーブティーで楽しんだり、リップバームやスキンクリーム、石鹸を作ったりするだけですが(精油学の先生に掛かれば、制汗パウダーや化粧品まで思いのままです、すごい!)、フランス式は精油を飲みます。精油をしみ込ませるタブレットがあって、それに精油を垂らして薬のように飲むのだそうです。
ただし、日本では精油は雑貨扱い(ヨーロッパなどに行くと医薬品扱いを受けています)なので、口に入れるのはお勧めできませんね。体重や体質、または病状によって、垂らす精油の量も違ってくるでしょうし、そこまでの判断をするのはかなり専門的な知識が必要かと思われますので。


今回学名まできちっと書いた精油が多いのは、実際に買う時の参考にして頂きたいからです。
ラベンダーが好例ですが、「ラベンダー」と書いてあるだけの精油では、亜種の多いどのラベンダーなのか区別がつきません。精油を買う時は、きちんと学名表記してあるものを。
ここに書かなかった精油でも、すぐにネットで学名や詳しい効果は分かると思います。
また、精油はたくさんの花や葉、枝などを濃縮したものです。基本は希釈するものと、思ってください。
原液で使えるのは真正ラベンダーと、部分的にティートリー(Melaleuca alternifolia)ですが、肌の弱い人や敏感になっている人はキャリアオイル(グレープシードオイル、スイートアーモンドオイルやごま油、オリーブオイルなど)に希釈して使ってくださいね。希釈したものと開封した精油は、冷蔵庫で保存して、なるべく早く使い切ってください。
ええ、昨夜真正ラベンダーの精油を腕の内側に塗ったら、虫さされ以外のところが軽くかぶれました。たぶん今は、採血のエタノール綿も、拭いたあと通りにくっきりと真っ赤になると思います。
ちなみに例外的な使い方としては、サンダルウッド(Santalum album、偽物が多いので注意してください!)を柔軟剤に混ぜるというもの。これも精油学の先生が教えてくださったのですが、洗濯物がふわりとサンダルウッドのいい香りになるそうです。といっても、最近の柔軟剤は香料が強いからダメかな…。
前述のティートリーは、爪水虫などに原液で使えます。それ以外は、やっぱり希釈する方がよさそうです。にきびにも原液が使えるとありますが…。私、試したことないので(にきびはほとんど出ない)…。すみません。言質の取れないことはやっぱり言えません。


ぐだぐだと書きましたが、例えば安い精油でも、いい香りと思って、ディフューザー等で楽しむ分には何の問題もありません。効果は別ということです(苦笑)。
なので上手に使い分けができると、楽しいですね。
本格的な精油を楽しみたい方は、大きめのアロマサロンに行くのが手っ取り早いと思います。大抵そういうところは精油もハーブティーも売ってますし(ある程度信頼できるものが多いと思いますし。アロマセラピストが使ってる精油を売っている場合が多いです)、そこで一つ試しに買ってみるのもいいかも知れません。
私は久しくアロマサロンになど行っていませんが…。行ったらネロリ使いまくりたいなー。自分では買えない、お高い精油を贅沢に使いたいものです。
ちなみに、人によって「この香りだけは絶対ダメ!」というものや、体調によって受け付けないものもありますのでご注意。セラピストさんは、必ず精油の匂いを嗅がせてくれるので、そこで判断してください。ちょっとでも「?」と思ったら、やめておく方が吉です。私はイランイランの香りが生理的にダメです。めまいと吐き気を起こします。なので、香水でもイランイランが入ってると警戒してしまいます…。


おかげさまで、昨夜はいつもと同じ睡眠時間なのに、いつもよりぐっすり眠ったようです。すっきりと目覚めました。今日はカモミールティーをいこうかな。
虫さされも腫れが引いて、かゆみも止まっています。かぶれた痕は、もう何ともありません。
これからアロマライフを始める方や、興味のある方の楽しい読み物になれば幸いです。思い出しアロマセラピストのellisが、比較的真面目にお送りしました(笑)。

テーマ:今日のつぶやき - ジャンル:日記

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。