羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
200411<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200501
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリスマスジハード。
携帯から更新したかったのに‥‥何で更新されないんですか、ドリコムさん。
哀しいよ。


一時帰宅により、どうにか自己を保っている女のサイトへようこそ。
今週ただでさえテンパッてるのに、堪忍して下さいパパン。


さて、私が大阪へ向かったのは24日。
午後2時頃に電話がじゃかじゃか鳴りますったら鳴ります。
「今どこ!?」「あー? 家」「こっちはもう吹田に着いたわよ?」
だから何なのですかママン。わたくし、夕方にお伺いするとお伝えしたはずですが。
クリスマス用に予約したケーキも取りに行かないといけないしね。
すると隣からパパンの声が。
「ケーキはもういいから、今すぐ来い」
「ざけんな、こっちは金払ってんだよちきしょう」
着いてみると、どうやら先日来揉めてる兄嫁に会いに(正確には伯父に)行くのだそうです。
それならそうと早く言ってくれ。こっちは振り回されまくれるほど寛容ではない。
「私も行こうか?」と尋ねると、「いや、いい」と。
それじゃあまあ、生活必需品のCDウォークマンが壊れたので(人の歓声とか嬌声とか大声がとにかくダメなので、外界を遮断できるものが必要なのです)、
この際だからiPodminiでも買い付けに梅田に行くかね。
そう思ってました。はい、24日の夜の事です。


明けて25日。キャスバル兄は仕事で出かけます。両親が身支度を整えた時、私はパジャマにはんてん姿。
だって、朝の8時ですよ。まだ店は開いてない。
するとパパン、おもむろに「お前も一緒に来い」と。
‥‥‥‥‥‥あなた様は昨夜、何とおっしゃいましたか、ねえ。
頭の再生装置を逆戻りさせて、聞かせたい。聞かせたいさとても。
泣く泣く同行しました。
コンスタン、デパス増量。これから起こる事に耐えねばならない。
話では祖父が怒り狂ってるとか、兄嫁(伯母)と従兄は家に連絡すら入れようとしないとか、プラスの情報は何一つありません。
そして車の中で気付く、自分は間に立たされるためのスケープゴートだということを。


日帰りで帰って来ましたが、案の定、パパンが酒の席で乱れまくります。
どうやら親戚関係のみならず、仕事もごたごたしているようでかなり鬱が見られるパパン。
私は早々に2階に引き上げたのですが、キャスバル兄が帰って来た頃からパパンに拍車がかかるかかる。
この辺はあんまり記憶がないのですが、どうやらパパンの大声に神経をどこかやられたらしく、パパンが酔いつぶれて眠った頃に、顔面蒼白で1階に降りて来たそうです。
「もう怒られへんか?」
と、涙ながらにそれだけを繰り返したそうです。別に私、怒られちゃいないんだけども。
どうやら幼児体験か何かが引っ掛かったのでしょう。
それにしても、クリスマスだというのにヤバい話だ。ママンが言うには、自分で薬を選り分けて飲んでいたので、まだ大丈夫だと思って救急車ピーポーはしなかったそうです。
覚えてねえー。
そしてママンが、私に音楽系が必要不可欠であることを心から認識したらしく、5000円カンパしてくださいました。毎度ご迷惑をおかけしております。


と、いうわけで今日。
適当に両親を言い包めて梅田に逃げました。人込みよりもパパンの大声の方が怖い。咳が止まりません、げほげほげほ。
私が欲しかったのは、iPodminiです。mini。ここポイント。お値段24800円程度。
梅田のヨドバシに行くと、広告はそこら中に貼ってあるのに売り切れ次回入荷未定とのことでした。
生活必需品なので、今出せるものはと問うと、40GBのiPodならあるそうです。お値段44000円なり。
‥‥‥‥‥。
しょうがないので、買いましたよ。入金早々に貧乏確定かよ。金になるように原稿頑張らないと、うおー。
大正時代の資料が欲しかったので、紀伊国屋書店で『大正文化 帝国のユートピア』という本と、趣味で『大正時代の身の上相談』を買いました。
『身の上相談』ですが、ちくま文庫から出てますが面白いのですよ。
しょーもない悩みに真面目くさって答えている記者の人が何とも言えません。
大正時代に読売新聞であった企画のようなのですが、こーいう読売新聞なら読みたいかも。
ちなみに今、家は朝日新聞です。日経取りたいけど、高いから‥‥。


明日病院に行ったら、その足で岐阜に帰ります。
どこまで私は家族に(主にパパン)振り回されるのだろう‥‥。
「嫁、嫁、嫁」と急かされましたが、パパンに昨日の私の姿を見せたい。
他人に背中預ける前に、どうにかしなくちゃいけない問題が山積みなのだよパパン。
既に後頭部がつんと一発薬が役に立たない程テンパッてるというのに。


これほどヘビーでただひたすら哀しいクリスマスだった方、ぜひカキコ下さい。
明日からも携帯で更新できるよう努力してみますね。でも何でだめだったんだー?
スポンサーサイト
ナベです。
カレンダーを買って、まず一番に書いた事。
1/31「〆切」。
‥‥‥‥‥‥激しく切ないです。


今週は、いろんな意味でダメダメな女のサイトへようこそ。
何がって、身も心もこのブログも‥‥(泣)。


さて、昨日書いた通り、今日はからすさんのお家でナベです。
ellisは料理人要員として、ちょいと早めに呼ばれてたのですが、
どうも今週は外出恐怖です。
昨日のミッション始動するまでに、実は半日かかってました。
なのに、嗚呼なのに。



何で酒屋で元気になるんだろうね、この小娘は。




ダメダメやん‥‥人間として(泣笑)。
酒屋さんの入り口に「久保田は不滅です」と、はり紙がしてあって、ちょいと笑わせてもらいました。
今年は瓶が割れたりしましたが、来年はどうなんだろう。米の出来具合いはいいのかしら。
こんなことで日本のコメ市場を気にするのは私ぐらいな気がする、ちょっと悲しい昼下がり。
買った端から銘柄を忘れましたが、パパンに4合4000円の酒を買いました。
これで「くそまずい」とか抜かしやがったら、勘当覚悟で乱闘になると思います。
うーむ、それかパパンにはもう飲ませないで、一人で空けてしまうか‥‥。
うん、こっちのが可能性高いかな。でも親に殴り掛かるかも知れない。
ママンを除いて酒好きな家族ですから、キャスバル兄とパパンへの手慰みです。
これで機嫌よくしておくれ。マジで頼むから。


みのすけさんと、からすさんのお友達のケパさんと合流して、さあナベです。
皆で楽しいナベ&酒でした。一通り食べ終わったら、からすさんがお抹茶をたててくれたので、麩まんじゅうと共に頂きます。
ああ、京都に住んでてよかったと実感する一瞬。
抹茶と和菓子のおいしいところって、個人的には幸せ一杯です。
ナベは本葛切りを買ったのに、ケパさんとみのすけさんに「マロニーちゃん」と呼ばれ、からすさんと二人で激しく抗議しました。
それは葛! マロニーじゃないいいいいっっ!!
えーと、気分的には「ダイヤの指輪を買ったけど、皆に『それってキュービックジルコニア?』と聞かれた」心理に近いでしょうか。
殿方には分かりにくいですな。えーっと、それじゃ「大好きな画家の絵を買ったけど、友達に贋作と思われた」‥‥? どんな大層な葛切りやねん。


そんなこんなで、みんなで楽しくほろ酔いして、だらだらお喋りして過ごしてました。
ちなみに、からすさんが買った「久保田紅寿」を飲むために、みのすけさんが持って来て下さった酒を一気にあおったのは私です。
後でよくよく見たら、そのコップは軽く1合は入りそうなコップでした。
1合を一気であおった女‥‥しかもケロリンパだし。新歓コンパかお前は。
1合一気でケロリンパですが、ビールコップ一杯一気だと、多分確実にへべれけになります。
ああー、もっと可愛い女になりたかったよーう(号泣)!
時、かなり遅すぎますが‥‥。
体調悪いのに、結局2合くらい飲んでケロッとしてるし。違う、もっとこう、「あら‥‥わたくし酔ってしまったみたいですわ‥‥」とか言うような。って、それじゃホステス。


今日はチゲ鍋風でしたが、明日の家族集まりは、すき焼きと聞いています‥‥。
何だ、年末鍋攻めか?


みのすけさんが帰ったあと、からすさんがマロンパンを焼いてくれて、お土産にまでしてくれました。わあい、ありがとう♪
帰りはケパさんと一緒だったので、電車もセーフです。
さあ、真の修羅場は明日からだ。根性で、耐えて来ますね‥‥。
ボンノー様百八つ。
『エロイカより愛をこめて』のUS版が届きました! 英語で喋ってる伯爵はともかく、英語で喋ってるエーベルバッハ少佐がぶつぶつ言ってそうでGJ(グッジョブ)!


除夜の鐘より早く、ボンノー様を追い出したい女のサイトへようこそ。
あかん‥‥きっとellisのボンノーは百八つより多い‥‥。


昨夜遅く、ぶどり兄貴より電話を頂戴しました。
「『星界の戦記』4巻出るよ!」と。
いよっしゃあ!何年ぶりざますか、新刊。待ちわびましてよ早川書房様。
そして次に一言。
「あ、明日『鋼』のアートブック第2弾が出るんだけどさ‥‥」
知ってます。表紙で大佐が服はだけてるやつでしょ?
「うん、だから明日は大佐の胸板に身悶えてください」
ラジャー! ミッション了解!
繰り返し言いますが、私は男の人はきちんと服を着ている方が好きです‥‥。
相変わらず説得力ゼロですが。


と、いうわけで。本日のメインエベント「大佐の胸板に身悶えるミッション」です。
今日は年末の買い出しをするつもりだったのですよ。
ママンに頼まれてるスキンクリームとか、実家で読む資料とか。
そーいう用事はさっさと済ませて、はい、買って来ましたよアートブック。
これは、アニメ情報誌に載せられたイラストを中心に作られたビジュアルブックなのですが、
しかしなぜ大佐が表紙? しかも着崩れ軍服? 腐女子のツボを的確に捕らえたものであることだけは、疑う余地すらございません。
うーむ、あの軍服は着崩れてても微妙なのだが‥‥とか言いつつ、がっしりと書籍をつかんでるこの手はなあに?
ついでに設定資料集を小脇に挟んでいるのはだあれ?
ふー‥‥‥癒されるわ大佐。ありがとう大佐。
でもこんなことで、自分が腐女子極まりない事を確認したくもなかったよ大佐。
‥‥‥本日のミッションコンプリート。I finished.こんな時だけ行動素早いのな、自分‥‥。


腐女子ついでといっては何なのですが。
昨夜、ぶどり兄貴にちゃっかり冬の巡礼(=冬コミ)のお買い物を頼んでいる私‥‥。
毎度すみません、兄貴。東京に行く機会でもできたら、お茶の一杯でもおごらせてもらうよ。
仕事で1月末に多分行くとは思うのですが、兄貴のスケジュールとかみあうか分からへんし‥‥。
うーむ、我が腐女子人生に一片の悔いもございませんなあ‥‥。
というか、最早開き直るしか道は残されていないというか。


明日はからすさんのお家で鍋です。忘年会です。
ついでにパパンへの手みやげに、旨い酒でも買おうかと思っています。
日本酒の専門店が近くにあるそうで、連れて行ってもらいます。
脈絡はございませんが、ふと「将来食うに困ったら、シスターか尼さんにでもなろう」と、思っていた時期があったことを思い出しました。
これだけボンノーまき散らしてたら、俗世とは一生縁が切れそうにありません。
今ではすでに、「食うに困ったら、障害等級取ろう」に変わっております。
今年の除夜の鐘で、大佐へのボンノーを少しは落としてもらう事にしましょうか‥‥。
それでも残りそうなのですが、ボンノー。
今更、いまさら。
無印のお菓子はおいしい。とみにそう思います。
去年の年末にキャスバル兄と会った時、二人して実家に持ち込んでたのが、無印の「練り梅」でした。駄菓子好きな兄妹‥‥。


意味もなく憂鬱な女のサイトへようこそ。
うん、正しいうつ病患者のあり方だな。


今更大掃除がしたくなって、大変困っています。
何を、と仰るなかれ。今週のellisは(特にこれから)ハードスケジュールなのだ。
明日はともかくとして、23日はからすさん達と鍋。24日~26日まで大阪の実家です。
しかし明日は、少々買い出しに行かねばならぬ物があるので、掃除不可。
ついでにぶちまけてしまえば、一日や二日で片付くような家の状態ではありません。


そもそもの原因は、この前お風呂洗剤が切れた事が全てです。
ellisは風呂好きの長風呂なので、お風呂場だけは掃除がこまめです。
なるべく「洗剤のいらないスポンジ」とかで湯垢を落としていたのですが、
配水管の掃除をする時にやっぱり洗剤が欲しくなった。で、一押し。終わり。
「‥‥掃除したい時に、洗剤が切れるなんて‥‥」
そこでふと、そーいえば他の洗剤はまだあったっけ。あー、カーテン洗いたいなー、ベランダ掃除したいなー。などと普段は絶対考えてないことがぐるぐると回り始めました。
「‥‥でもその前に、床が見えるようにするのが先やろーなー‥‥」
意欲、激しく減退。
うーむ、年明けにママンを召喚するまでこのままかー。新聞くらいは片付けておこう。
激しく他力本願です。
せめてもう一ヶ月早くその気になっていれば‥‥。
いや、多分トレドミン(新しい抗うつ薬)が、効いてるのです。だから原稿も書けるし、外出もできるし、掃除しようなんて気にもなってくる。
しかし所詮は薬でテンパッてるだけのこと。その後のリバウンドが恐ろしくて仕方ありません。
えーと、例えて言うなら「風邪薬で無理くり熱と咳は抑えたけれど、まだ根本的に治ってないから無茶するな」って感じでしょうか。
よくうつ病が「心の風邪」と例えられますが、そんなかわいいものか。発見が遅かった者にしてみれば、うつ病は人生の伴侶です。
あーん、マスタング大佐タイプのもっとマトモな人生の伴侶が欲しいよー。
大佐が人生の伴侶って時点で、すでにマトモではなくなっているのですが気にしない。


あー、原稿もしなくちゃなー。
でも正月過ぎてからの始動でしょう。年末年始はストレス源が多すぎる。
ママンからの情報では、父方の伯父が倒れたとか、年末に相応しく不吉なニュースが入って来ています。
その伯父の嫁(パパンには兄嫁です)と、パパンとの折り合いがここ数年激しく悪いので、伯父はもう半分今際の際状態なのですが、パパンは実の兄と話せません‥‥。ああ、世知辛いっつーか胸くそ悪い。
キャスバル兄は仕事が相変わらず忙しく、文字通り忙殺されているようです。
嫌だ‥‥こんな家族でのクリスマスとか正月とか。
まあ、家族がいるのはありがたい事なので(幸いにも兄妹仲もよいですし、両親の夫婦仲もよいです。父方のいとこみたいにバカ揃いってこともないし←マジ)、うつ病で喘息の娘は立ち向かう事に致しますです。


明日は資料買いに行って来よう…。何だか今日は微妙にうつなので、沈んだ日記ですね。
後で(←ポイント)海より深く反省しますです。
今日のバトル。
‥‥‥‥にわか雨が気管支に辛いです(泣)。


今日も元気一杯に病人ライフを送る女のサイトへようこそ。
矛盾しているという意見は聞く耳持ちません(オレ様)。


さて、毎週恒例精神科の日。今日のバトルはなかなかでした。
先生:「調子どう?」
私:「うん、ちょっと元気」
先生:「おー、そうか。ほな、薬減らそか」
私:「待てやコラ、早すぎ」
先生:「え、元気なんやろ?」
私:「ちょっとや、ちょっと! それにまだ全部言うてない、最後まで聞けよ」
先生:「何やしゃーないなー」
私:「……ほんで、木曜日にもんどりうって救急車でここに来て、土曜日にみのすけさんとからすさんとお茶して、帰りにガタガタ震えて、昨日は授業に行ってた」
先生:「救急? (カルテをめくる)ほーほー、またえらい目に遭ったなー」
私:「せや。動けるか思って動いても、まだ次の日にしんどなるねん」
先生:「で、何で土曜日はしんどなったんや?」
私:「‥‥‥‥‥‥河原町に‥‥‥‥‥出たから‥‥‥‥‥‥」
先生:「(ガクッとうなだれ)そんなとこ行くなよ‥‥」
私:「だって、おいしいお茶飲みたかってんもん。みのすけさんの奢りやったし」
先生:「お茶ぐらいどこでも出来るやんか」
私:「美味しいお茶は、遠出せなあかんもんよ。それに、美人とお茶するのは誰でも嬉しかろう?」
先生:「‥‥‥自分で言うか‥‥。つーか、美人とお茶飲んだら嬉しいかー?」
私:「私は嬉しいで。男前と飲むより、お話し上手な美人さんがええなあ。先生は、まー、奥さんいてはるしなー」
先生:「いや、嫁さんと飲んでも嬉しないけどな」
私:「何でやねん! 先生楽しみないんか!」
先生:「‥‥‥‥‥‥‥‥ないなあ‥‥‥」
私:「‥‥‥‥それはまた、淋しい話を聞いてしもたな‥‥」
先生:「昔はコーヒー好きやったけどなー、病気してからあかんしなー。楽しみは何もない!」
私:「からすさんに聞いたでー。お酒も飲まれへんのやろ? 気の毒や‥‥あんな旨いもんがあかんなんて‥‥」
先生:「‥‥‥‥‥‥‥‥(心底悔しそうに無言。先生は酒好きです)」
私:「そんでやー、話は変わるけどな、バイトしたいねんけど、まだあかん?」
先生:「薬減ったらええで」
私:「つまり今はあかんっちゅうことやな」
先生:「だって、薬減らされへんのやろ? ほなあかんな」
私:「指標はどの辺なん? どの辺まで減ったら、『よっしゃ!』と思ってもらえるわけ?」
先生:「せやなー、眠剤がマイスリー1錠とか」
私:「‥‥‥‥…ほな永遠にあかんやんか‥‥‥‥」
先生:「トレドミンがなくなるとか」
私:「それ、ライフライン! ライフラインやんか! 勝手に薬変えて増量して一気に切るなんてえげつないで!」
先生:「何もいっぺんにー、なんて言うてへんやんか。試しに1錠減らしてみるか?」
私:「一日4錠になってから、まだ1ヶ月も経っとらん。普通は3ヶ月から半年は最低時間をかけて様子を見ながら減らすもんやろうが!」
先生:「だってなー、毎日朝8時から夜9時まで働こうと思ったらなー、眠剤とか邪魔やん、疲れるやろ?」
私:「どこの労働基準局がそんな横暴な条件で働かせるんや。植民地か」
先生:「あ、原稿進んでるんか?」
私:「そう、それ。それもあるから、バイトするとしても週2~3やわ。フルタイムで入っても、1日8時間くらい」
先生:「あー、ほないけるかもなー」
私:「せやろ? で、いつぐらい?」
先生:「自分がさっき言うたやん。半年ぐらいかけて様子見るんやろ?」
私:「‥‥ちゅーことは、あと半年かい」
先生:「せやー、焦ったらあかんでー」


というわけで、あと半年病人ライフ決定。しかも最低ライン。長引く可能性は大いにありあり。
とりあえず広場恐怖をどうにかしないと、話にならないので。
今日の帰りもお喋りの騒がしいおばあさん二人の声が、気になって気になって気になって気になって、イライラしてたんですけどね。
疲れると、人の声と電話の音が非常に耳障りになります。
しかし、うーむ。酒の話くらいしか、先生に勝ってないのが悔やまれますな‥‥。
来週で今年の診療は終わりですが、来年はもっと鍛えておかねば。
何をって、ボキャブラリーと知識を。
こんな患者知らんわと、言われそうだけど気にしない。
病院は戦闘場です。
認定済。
今日はちゃんと授業に行きました。
‥‥‥‥‥何でそんな最低限の事ができたのを誇るようになったんだろう。
奈落だな、奈落。


先生方に「ellisさん、大丈夫なのー?」と、マジ顔で言われる女のサイトへようこそ。
学校認定病人です。


つーわけで、授業です。
今日は理論と実技の日です。
一回理論の授業休んじゃうと、微妙に分からない…。
前回這ってでも行くんだった…。でも寝過ごしたんじゃなー…。
基本的に授業の時はよつば(@あずまきよひこ)状態なので、
「おー、おおー、すげー」を、連発です。お前はいくつだ。
いくつになっても、未知の事を習うのは楽しい。
学生の時にも、もっと楽しんどけばよかった。
ま、強制されないから楽しいだけかも。


しかし、今日の理論授業の内容は、「消化器と泌尿器」だった…。
疾病の中には当然「吐き気」も含まれる。
‥‥‥‥‥遅いよ‥‥‥‥。
うえー、原因とか対処法とか書いてある。うえー、この前これ知ってたら。


‥‥‥知ってても多分、遠い海の果てだった気がする。
脱水状態になんてなってる時に、「えーと、原因は」とか言えるのならまだまるまる全然おっけーじゃ。


実技はー‥‥‥‥しまった‥‥‥背中とデコルテ‥‥‥。
今更ですが、咳喘息の診断がついてからこっち、ellisは気管支喘息と同じ治療を受けてます。
で、気管支が狭くならないように気管支拡張テープなるものを貼ります。
3センチ角くらいの小さいテープなんですが、
これは24時間効くので、お風呂のたびにお取り替えです。
で、「明日は授業だからー、朝にお風呂入ろーっと」と、行動した自分‥‥。
気管支拡張テープの貼り場所は、上腕もしくは背中上部、胸部と決まっています。
気管支を拡張するんだから、当然といえば当然ですが。
ええ、思いっきり邪魔です気管支拡張テープ。


アデュウ、3時間しか貼らなかったテープ‥‥。
つーか、授業内容くらい見てから行け。


途中、咳が出かけてヤバかったりしましたが、今日のオイルブレンドはこうだ!
ユーカリ、乳香、マンダリン、サンダルウッド。
気管支に効くのがユーカリと乳香。咳に効くのがサンダルウッド。
マンダリンは抗うつ作用です。気分が明るくなるのと食欲増進です。
自分の症状に忠実なブレンドなのです。
なので、ヤバい咳も乗り切りました。乗り切れるうちに押さえ込んだというか。
今日は別にストレスになるようなことなんてないので、気にせず行きましたとも。
これで効かなければ、もちろん吸入してましたって。周りに迷惑かけません。


実家でパニック発作起こして、過呼吸になった時に思い知ったのですが、
「人のいる所で病気すると面倒だ‥‥」。
いえ、心配してくれる親もありがたいです、放っておいてくれたキャスバル兄はこんちくしょうでありがとう。
後でふらりと立ち寄った、母方の伯母は「まー、迷惑やねー」でした。
さすがママンの姉だ、容赦ねえぜ。
ただ、周りに人がいると、激しく事が大きくなるのが面倒なのですよ。
最近は家族もメカ沢(@魁!!クロマティ高校)の如く、ドラム缶のように放っておいてくれますが。
ああー、周りに心配させちゃったよ申し訳ないなー、もー。
で、症状が一段と悪くなってデススパイラルになります。
というわけで、なるべく人のいるところでは病気になったり発作を起こしたりしたくないのです。


しかし、このブログをちゃんとチェックして下さっている先生方は、
ellisが普段、どれだけギリギリ一杯かを知っていらっしゃる‥‥。
なので開口一番「大丈夫なのー?」なんです。
本当にありがたい‥‥。
だがしかし、尚の事先生方にはのたうちまわってる所をお見せしたくない。
何より私図体でかいからな……。意識飛んだ時に申し訳ないし。先生方女性ばっかりだし。
あ、図体でかいって言っても、太ってるんじゃないですよ。念のため。
上背が平均よりほんのちょっと高い目なだけです。でも背丈があると、骨も重くなるからね。
うん、好き嫌いしないで食べてたから、そりゃー立派な骨太さんだよ。
自分のレントゲン写真に惚れ惚れしたよ、「うーん、立派な骨格だ」って。
‥‥‥結核疑われながら、そんなこと思ってたんかいってツッコミは聞かないよん。


家族には見せられないブログですが(見せたら私の命が確実にない)、
年末年始のことを思うと、ちょっと惨状を知っておいて欲しいなー、とも思うellisでした。
早く家族にも認定済病人になりたい‥‥。
奈落まっさかさま。
今日はみのすけさんにお茶を奢ってもらう日でした。


相も変わらず他人様にたかり続ける女のサイトへようこそ。
タダ飯の為なら、人込みも厭いません(厭え)。


と、いうわけで。
みのすけさんとからすさんをマイ聖地マリアージュ・フレールにお誘いしました。
からすさんは来た事ありましたが、みのすけさんは初めてのようで。
いつもはもうちょい空いているのですが、土日はやっぱり混みますね。
わーい、お高いダージリンだ、わーいこの前昇天したクリームブリュレだ。


……つーか、ね。
マイ聖地はともかく、ザ・シークレット聖地アニメイトにまでつき合わせるのはどうかと思うよ、ellisさん(心の中の他人)。
しかも少女のように頬を染めて大佐グッズをあさってる現場を押さえられてんじゃありませんよ(心の中の他人)。
しかもみのすけさんやからすさんに、
「ellisさん、これはー? これどうよー?」
とか言われるたびに、
「あ、もう持ってる」と、答える我が身の切なさよ。
お前の身の回りはどうなっとるんじゃ。


本日の戦利品。
カードケース、下敷、紙製CDケース、キャラコレクション(書籍)。


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥。


大丈夫、自分でも分かってる。
分かってるの、だから言わないで。
他人に言われると痛いから。




「奈落しまくってる」‥‥‥。




ふふ、これが四捨五入して30になろうかという女のする事よ。
人生もっと投げ打つものがあるだろうにね、私。
みのすけさんに、
「今追いはぎに遭っても勝つなー」
と、言われたのが切ないです。
でもきっと、今日の戦利品をかすめ取ろうなんて輩がいた日には、
秒殺で裏拳が入るか、後ろ姿にパンプス投げた事でしょう。
もしくは全力疾走で捕まえてボコった事でしょう。
はい、言い切りましょう、「追いはぎに遭っても勝ちます」
そりゃーもう、金目のもの奪われるより恐ろしい目に遭う事でしょう。
しかしたかだか1000円ちょっとの物パクってボコられるなら、いっそ追いはぎが気の毒です。
犯罪は割に合わないのでやめましょうね。
乙女の愛の夢は、深く理解は難しいのよ。
そんなのお前だけや、と、いうツッコミを、ellisは却下します(オレ様)。


それにしても、半パニックのからすさんを心配してたはいいのですが、
みんなと別れて電車に乗ったら、どっと来たバカです、私。
おおー、膝と背中に来るよ。ガクガクゾクゾク来るよ。
電車が子牛を売りに行く荷馬車に見えるよ。
♪どなどなどーなーどーなー、こうしをのーせーてー♪
家に帰ったら、まずへたり込んでデパスとコンスタンを突っ込みました。
一昨日危うく浄土へ行きそうになった所だというのを、ケロッと忘れてました。
鳥頭よりひどいかも……。
えっと、「喉元過ぎれば熱さを忘れる」ってやつです、はい。
……私の人生、これの繰り返しで懲りてません。
どうやら学習機能をどっかに落として来たようです。


見栄っ張りの自分にも、周りを気にせず萌える様にも、
いろんな意味で「うわぁ、奈落だ……」と、思い知らされた冬の日でした。
ふふ、北風が冷たいわ……。
カモン〆切さん。
フリースのパジャマと、ロングガウンを買いました。しめて2000円。
これで越冬するつもりでいます。


この極寒の中、電気代が3000円で済んでいる女のサイトへようこそ。
うち天井高いので、暖房効率悪いんですよ。
なのでエアコンフリー。
ホットカーペットも敷いてはいますが、うち、今床の見えない生活してるから…。


何とか固形物が食べられるようになりました。
で、ニュー〆切、1月末。
今日は編集さんから「参考にしてね♪」と、書籍を頂きました。
書籍を頂くのは、本屋時代以来だ(はい、出版社さんから時々頂いてました)。
14日にお電話を頂いた時の、
「でもね、これくらいならellisさんにも書けると思って」
と、いう編集さんのお言葉が嬉しくもあり痛くもあります…。
いえ、そんな才能あったら出し惜しみしてませんってば。
「現代物で、恋愛ものをひとつ」
と、リクエストされているのですが、
参考になるかしらと自分の本棚を見ると、
女性作家の本がほとんどありませんでした……。
コミックは女性作家が多いのですが、それでも『エロイカ』とか、
だめじゃん! 趣味がモロバレじゃん! みたいな。
あと『現代戦争学』とか、そんなのばっかり。
私……女としてどうだろう……。


つーか、「恋愛ものって、そーいや読まねーわ」とも気付きました。
それはひとえにママンの
「恋愛ものってね、まだるっこしいのよ! すれ違いとかばっかりしてさ、
くっつくんなら、さっさとくっつけっての!」
と、いう漢気あふれるお言葉を、幼少の頃より聞かされていた結果だと思います。
それでも本屋時代には、かのハー●クインも担当していたのですよ。
だけれども「一冊お送りしましょうか」のお言葉は、
微妙にうまくかわし続けました。
版元営業さんは男の人でしたが、ちゃんと勉強に読んでらっしゃるんですね。
すげえ! ある意味漢気だと思いますよ。つーか、偉いなー。
私の場合は読まず嫌いの部分も多いので、勉強だと思って読みます。
さすがにハー●クインはハイレベル(?)なので、とりあえず頂いた本を。


最後に読んだ恋愛小説は、小学6年の時の山田詠美さんの『放課後のキイノート』
じゃなかろうかと思います。この時確か江國香織さんも友人に借りた気がしますが、
全部読めなかった敗北宣言だけを致します。
この時友達に貸したのは、村上春樹さんの『ノルウェイの森』でした。
はい、私も友達もキュートなおませさんでしたとも。
つーか、嫌な小学生ですな。
この頃はあかね書房の推理入門みたいな全集を、図書館で借り倒しました。
要は推理小説の名作を、少しだけ易しく訳してあるシリーズです。
気に入ったのは、やっぱりブラウン神父で、ペリィ・メイスンでした。
アガサ・クリスティが微妙に苦手でした。
この頃から今の自分が伺い知れて、かなりイヤンですな。


一番何が嫌って、編集さんと電話していて、ネタの話をしていると、
たいてい中高生の頃に作ったキャラを引っ張って来たりするのですが、
人生コースアウトしまくってる自分が嫌でした。
「違う、そんなつまらん事してないで、もっと勉強しとけよ中学生!」
と、何度叫んだか。
ほんまに人生はつまらんことの積み重ねですな。


とりあえず静養しながら(まだ本調子じゃない)、
ネタを練る事にしますか…。
ペンネームもまだ決まっていない笑える私です。
しかしママンには「実名で出る事だけはやめてや!」
と、まるで娘がこれから犯罪をしでかすような勢いのお言葉を頂きました。
「だけ」ってなんだよ、「だけ」って……。
凝りに凝りまくった恥ずかしいペンネームとどっちがマシか考えろ。
ま、うちは読書家系なので、足がつきやすいのが理由でしょうが…。
足ついたらあかんねんな、ママン…。
やっぱ犯罪者やん……。
昨日の内訳。
昨日はお見苦しい文章&内容で、大変失礼しました……。


まだ恐ろしくて固形物が食べられない女のサイトへようこそ。
とりあえず、リバースは止まったようです。


昨日リバースしていたのは、そもそも一昨日に眠剤を飲まずに寝てしまったから。
……だと思います。目が覚めたら、眠り過ぎか頭が痛くて。
ここまでならよくある展開なのですが。
やたらと気分が悪かったです。
で。まずリバース。糖分補給にと取ったオレンジジュース。
それ以降は何もないです。胃液オンリーリバース。
体験のある方は分かって頂けるかと思うのですが、
吐くものないのに気分悪いって、激しく苦しいです。
で、それを10回近くやった後、「あ、授業行かな……」
と、思っていた自分にいっそ拍手。
「あかん、動かれへん……」
やむなく救急車ピーポー。脱水で動けないというのは、
これまでで一番深刻な救急車ピーポーでしたな。
救急車の中でもリバース、掛かり付けの病院に着いてもリバース。
点滴を入れようにも、ただでさえ細い血管が脱水症状で畏縮して、
針入りませんでした……。
4ケ所くらい刺されて、よーやく落ち着いたのですが。
500mlの輸液を2パックやって、それでやっとこ帰してもらえました。
家に帰って、落ち着いたらまたリバース。何でだよ!
ここまで来て、「吐き気に効く精油は、ペパーミント……」
と、よろよろと精油を取りに冷蔵庫へ行ってました。
順番間違ってる気がする……。が、まあいい。
ペパーミントのハーブティーもあったのでそれを沸かして、
丸一日薬が飲めずに不安症状が出て来たので、
まずデパスとコンスタン、吐き気止めにナウゼリンという薬を飲む。
10分待って(その間、ペパーミントの精油をすーはーしてました。
今から思えば、シンナーやってる奴みたいだったな……)、
何もなかったので、胃腸薬と抗うつ薬。
更に10分待って、咳止エトセトラ。
最後に眠剤を突っ込んで、ハンカチタオルに精油を垂らして、
すーはーしながら寝ました。
多分、先週の風邪のフィナーレなど思うのですが、
それにしても、久々に地獄を見ました。ええ、現実レベルで。
「あかん、マジでダメかも……」と、気弱になるなど珍しい。
病院に着いた時は、瞳孔がぱっくり開いていたらしく、
「はい、これ何本に見えますかー?」
と、医者が指をひらひらさせてました。
顔色は真っ白だったそうです、看護婦さんが後で教えてくれました。
うーん、大迷惑だ。


こんな感じでした、昨日。
とりあえずのご報告です。できれば今日は、もう一発行きたいものです。
スプラッシュ。
……すいません、今日はリバースに次ぐリバースを10回ほどやらかし、
授業受けてる時間に医者に意識を確認され、
点滴1リットル受けて帰って来てまたリバースしてます。
とりあえず生きてはいますが、
微妙ですね……。詳しくは、明日以降……。
おかいもの。
ただ今料金未納につき、普段使っているメールアドレスを止められております(とほほ)。
それにしても、納金期限一日前とかに支払書送って来ないでください、Yah●o!さん。
こっちも毎日外に出られるわけじゃないのよ。
……って、未納な私が一番悪いんだけどさ。


坊主も走る師走。珍しく私も駆けずり回っておりますな女のサイトへようこそ。
さすが師走。うつ病患者にも容赦ありませんな。


今日はママンとお買い物の日でした。
はい、パパンのクリスマスプレゼントの。
どうにか待ち合わせに間に合わせ(られるようになった。トレドミン効いてるなあ)、京都駅周辺をうろうろしてました。
パパンには1万円以上する、アスコットタイを買うことにしましたが、
普段何もくれないキャスバル兄には3000円の手袋でした。
「ほんまは無しでも十分やねんけどな」と、ママン。
母の愛って、何て世知辛いのだろう…。


ellisは現在無職ですが、かといって何もしないわけにもいかず。
ママンに欲しいものを聞くと、
「新しい口紅が欲しいわー。もう口紅切れかけやのよ」
と、即物的な答えが帰って参ります。
娘の懐を心配しているというよりも、いっそ率直な答えが小気味いいですな、ママン。
まあ、口紅なら3千円くらいで済むし、買いました。
「じゃあ、私もあんたに何かせんとあかんやんなあ」
非常に大阪商人ですママン。素晴らしいギブアンドテイク。
しかもこちらがリアクションを起こさなければ、何一つ自由にはならないギブアンドテイク。
言葉の意味を、唇噛み締めて血が流れる程思い知った後、はい、買って頂きました。
値段は同等で(ほんまにギブアンドテイクやな)、シルバーの指輪を。
入っている石がローズクオーツと聞いた途端、
「あんた、これにしなさいよ! そんでいい人見つけなさい!」
‥‥‥はい、ローズクオーツは確かに恋愛運を高める石ですけどね。
そんなあからさまな。
つーか縁遠くて悪かったの。


そんでご飯食べたり、お茶飲んだりして帰って来ました。
「今度はあんたの原稿料で奢ってやー?」
ママン、娘を小説家にしないで……って昨日主治医にも言ったなあ(遠い目)。
原稿料もらったらね、まっ先にダスキンに電話するって言ってるでしょ?
ハウスキーピングしてもらうのよ。
そのために私は頑張るのよ。頑張りのベクトルが激しく歪んでるけどもさ。


そういえば、念願のプリンセスをやっとゲットしました。
京都駅まで出て探してる自分に、一瞬切なさを見ましたが、
エーベルバッハ少佐には変えられない。よかった、一冊だけでも残ってて。


クリスマスの準備は整いましたが、一番の不安は帰省中のパパンの煙草でしょうな。
ママンには「私がこの青い吸入器を一日4回以上使わんよう見ててや」
と、言い添えてあります。脈拍136もあって、これ以上循環器に負担かけてどーするんですか。


冒頭でお知らせした通り、通常のメールアドレスが使えませんので、
ellisにご用の方は、今週いっぱいは昨日のコメント欄に記したアドレスで
よろしくお願い致します。
こんな形で自分のズボラさを、全国に知らしめたくなかったな…。
ちゃんと料金払います、はい。
本日のノルマ。
……今現在、隣の部屋から絶えまなく「ピコーン、ピコーン」という、怪しげなテレパシー音が聞こえて来ます。何だ、隣は宇宙基地か?


今日も今日とて、医師との熱いバトルを繰り広げる女のサイトへようこそ。
ちなみに呼吸器科の先生はマトモです。


先々週くらいからバトっていた、「パキシル」が、とうとうなくなりました。
ま、いい。これで私が来月どうなるか、見てろよ医者。


医者:「調子どうやー?」
私:「えーと、水曜日に出版社さんから電話もらって、その日にどえらい風邪引いて喉腫らして熱出して、一日で抑えて木曜日にアロマの授業行って、金曜日に学校から頼まれてた書類を梅田まで届けに行って、土曜日に大原に行って、日曜に学校行きそびれた」
医者:「ほう、出版社か。すごいなー。原稿は書いてるんか?」
私:「まだちゃんと決まってないから、書いてへんって。ネタ集めはしてるけど」
医者:「何言うてんねん! 昔から言うやろが、『行李をいっぱいにするほど書いて一人前』って。あ、行李って知ってるか?」
私:「昔の人が使ってた、でっかい衣類収納ケースやろ。昔からのを集めたら、行李から多分あふれるわ」
医者:「おおー、よう知ってんなー。さすが小説家」
私:「小説家違う」
医者:「何で? 小説書いてんのやろ?」
私:「それやったら、『自称小説家』やんか。本とか出てるんならともかくさ」
医者:「ええやん、小説家やん。へえー、すごいなあー」


と、このように、私の病態には何の関係もなく、また、私の意向も全く無視されたまま会話は延々と続きました……。
で、今回は前述の通り「パキシル」を、一旦切ってみることと、眠剤で「ベンザリン」というものを切りました。半錠なら、あってもなくても正直同じだし、ヒルナミンがあるのなら、まあいいです。
ついでに、「セパゾン」という薬を「コンスタン」というものに変えてもらいました。
と、いうか、それしか変える時に選択肢がなかったというか…。
自律神経系の薬を眺めていると、「それは自分(関西表現。あなた、の、意)には関係ないで」と、言われました。
もうすっかり立派なうつ病患者扱いですね。前の精神科医は、どちらかというと不安障害を重点に置いて診ていたのですが、今度はうつが最優先のようです。
つーか、自律神経なんてとっくにイカれてんじゃねーかよ。
そんな薬で治るなら、とっくに飲んどるわ! 


呼吸器科はいつも通りです。風邪引いて、喉をどえらく腫らしてから、声が掠れて仕方ないことを言いましたが、先生は喉を診た後「あー、まだちょっと腫れとるねー」と、言ったきり、処方はいつも通りでした。先生……?
ちなみに診てもらう前に、いつも血圧と脈拍をとるのですが、117/71の血圧はともかく、脈拍136ってなんですの。
思わず「おおー、すげー頻脈ー」と、看護婦さんに報告したのですが、
適当にあしらわれました。別に自覚症状ないあたり、心臓は丈夫なようで何よりです。
……が、いい加減血圧計の前で緊張する自分をどうにかしたい。
多分落ち着いて測れば、血圧は上は余裕で100を切り、「低血圧」のスタンプがぽんとつくでしょう。
ま、無駄に病名増やすよりはいいですが。
しかし脈拍136はねえよなあ……。普段の倍近くあるんじゃないのか?


ふと思ったのですが、私はいわゆる「咳喘息」と、言われてますが、
処方の仕方といい、検査の仕方といい、何だか「気管支喘息」に限り無く近い「咳喘息」として扱われているような気がしてなりません。
「息苦しいことは最近どうですか?」とか、「夜中にぜーぜーいいますか?」とかって、
咳喘息では聞かないよな…。
「咳喘息」の定義は、「喘鳴(気管がぜーぜーいうこと)のない、咳だけの症状」ですからね。
いや、すでにどっちでもいいが…。


薬局で薬待ちをしていると、小さな子供がばたばたと走り回っているのが、そりゃー目障りで目障りで。
それ以上に薬の説明がろくにできない薬剤師が一番ムカついて。
「今回薬が変わりましたが、えっと、先生から聞いてますか?」
で、普通はそこから説明が始まるのですが、何もなし。機嫌がよくなかったので、
「パキシルとベンザリンがなくなって、セパゾンがコンスタンになりましたね」
と、言うと、
「あ、はいそうです。聞いておられましたか?」
今どき説明もなしに薬を変える医者がいたら、教えてくれ。拳でぶちのめしに行くから。
「えっと、セパゾンを変えられたのは、何か不都合でもありましたか?」
なけりゃ変えません。
「効いてませんので」
「そうですかー。相性とかありますしね」
うん、それ以前に「効き方がヌルい」だけなんだけどね。
つーか姉ちゃん、歯ァ食いしばれ☆何かムカつくぞてめえ。


いつものように、山のような薬をさげて帰って来ました。
本日のノルマ、これにて終了。
精神科の主治医、頼むから人を「小説家」と呼ばないで。
何だか詐欺行為を働いてるような気分になるチキン野郎だから、私。
散華、懺悔。
やっぱり年寄りでした……(昨日の続き)。


久々に大爆睡して、学校へ行き損ねた女のサイトへようこそ。よ……ようこ、そ……(涙)。
ちくそー(泣)。


自分を呪う理由1。
そもそも、10日にやっつけた仕事に誤植があったのを見逃していたこと。

自分を呪う理由2。
更に、今日学校に提出するはずが、できなかったこと。
メール便でも間に合う時間を遥か越えて寝ていたこと。



万死に値します……。



ああ、自分で自分が許せない。ここで懺悔してても始まらんので、先生に再度メール送信だ。
Macで作った書類なので、Windowsでは読めません。
拡張子を迷った末に.pdfにしたけど合ってるのかな…。
Winから書類をもらったのを、Macで読むってのなら、日常茶飯事なのですが、逆バージョンはなかなか体験してないことでしたので…。
互換性のないこいつらが、ちょいと憎いです。


でもまあ、一番に逝って来いってのは自分ですな。


あ、実は(何だこの前置詞)今月の「ガンガン」とっくに買ってます。
で。で、ですよ。
もう毎月読むのが辛いです…。
何か大佐がどんどん、どんどん危ない橋渡りをしていってるのが…。
もう見てられません(泣)。
ちなみに『銀英伝』では、ロイエンタール閣下の死に様に涙しました。
おかしいなー。この頃は同盟派だったので、ヤンが死ぬ所で泣くべきだったのですが。
しかし生きてる最中から、心配させて泣かせないで下さい、大佐。
つーか、これ、私よりずっとずっとちみっ子達が読むのでしょう。
重過ぎやしませんか。(今更)
さあ、同士の乙女達よ、大佐の生きざまに共に涙しませう(どこ?)。


『PAPUWA』は、相変わらずですね~。
一番ヒットした表現が「な憑かれた」です(by斉藤ハジメ)。
アラシヤマに気に入られたハジメちゃん…。お気の毒さまです。
和ませて頂きます。ちなみにハーレム隊長はいくつになるのだろう…。


情けないのは、まだ「プリンセス」が、ゲットできていないこと。
うう、近所の本屋め…。今月はエーベルバッハ少佐が載っているというのに。
近所にいるね? いるね、同士が。
ellisの前に大人しく出頭しなさい。お友達になりましょう。
「な憑いて」あげます(笑)。
[散華、懺悔。]の続きを読む
ellis、死地(リング)へレッツゴー。
行って来ました。行って来ましたよ、大原。


観光に出かけるのは、恐らく4~5年ぶりくらい久しぶりな気がする女のサイトへようこそ。
つーか、どんだけハウスな生活しとんですか。


今日は大佐ぬいぐるみの服を縫って下さったお姉様と(訂正済)大原までご一緒しました。
京都に住んでて何がいいって、観光に困らないこと。
但し、観光シーズン外していかないと、どえらい目に遭います。


大原にある三千院は、ellisお気に入りのお寺です。
ファーストコンタクトは小学3年。いえ、ママンが寺院好きなもので、ええ。
しかしパニック障害になって久しく、同じ京都といえど、
それはまさに私の死地(リング)へレッツゴー! な、気分満載でございましたとも。


待ち合わせは、9時に京都駅。
いつも飲んでる「後頭部がつんと一発薬」を、外しました。
昨夜の就寝時間は2時半。起床予定時刻は7時半。軽く6時間は寝てしまう薬を飲むべきではありませんね。使い分け。
久しぶりに外で朝日を拝むという、まるで吸血鬼のような事態に軽くめまいを覚えつつ、行って来ました。
何と、待ち合わせより早く。
…そんな人間最低の事ができたくらいで誇るな。


京都駅からバスに乗って1時間で大原です。
さあ、歩くぞ。ちなみに軽くバス酔いした自分が激しく切なかったです。
実は大原には、夏頃から行こう、行こうと思っていたのです。
三千院に行って、御朱印を頂いて来ようと。


御朱印。お若い方には馴染みのないものでしょう。
主に寺院で、参拝記念に書いて頂くものです。
大抵は毛筆でしゃしゃっと流麗な文字で寺院の名前と御本尊の名前が書かれた後、
お寺の御本尊のスタンプを押してくれます。
手抜きな所は、筆で書く所もスタンプになってて、日付だけテキトーに入れてくれます。
ま、いわゆるスタンプラリーですな。


ママンが昔から書いてもらってるのを見てたのですが、
最近自分のが欲しくなった。もう年かね。
それとも病気で浄土が見えたのかellis。
三千院は広いお寺なので、三ケ所も書いてもらいました。わあい。
ついでにお念珠も頂いて来ましたよ。


人生おそらく6度目くらいになる三千院ですが、やることはいつも一緒。
参拝して、写経して帰る。
この写経、私が記憶している限りでは、般若心経全部させてくれたのですが、
(勿論普通に16字くらい書くのが一般的です)
なくなっていた…。気合い入れて来たのに。
昔は硯と筆を置いてくれていたのに、筆ペンに変わっていた…。
時の移り変わりを激しく感じながら、書道歴16年、久々にますらをな書体で写経して参りました。
はい、性格を表すよーに、私の字は大変男らしいです。
お願いごとには、でっかく「健康回復」と。
これほど切実な願いも世に稀だろう。
しかしごん太な元気一杯の字で、「健康回復」言われても、仏さんもぴんと来ないでしょうか、どうでしょう。


三千院の奥にある勝林院も、昔は素足で歩かないといけなくて寒かったのに、
今日行ったらスリッパが用意される親切設計に。
ふふ、時のうつろいって残酷ね…。


観光シーズンは一応終わっているものの、
言ってみれば京都は年中観光シーズンでもあります。
今日もカメラを持ったおじさんをたくさん見ました。
私とお姉様がお薄を頂きながら庭を見ている時に、
はす向かいでカメラを構えてはやめ、構えてはやめして、
結局撮らないで行ってしまったおじさんよ。
フィルムを惜しまずに撮れ。
ばしばし撮れ。30枚ほど撮れば、1~2枚はいいのが出るだろう。
写真なんてそーいうもんです。
いきなりうまいものなんて撮れるもんか。
ま、赤の他人様なので心の声だけですが。


そういえば、去年は両親と蓼科に行ったんだ。
今思い出しました。
でも正直、去年は景色も私の中には入って来んかったです。
いわゆる「離人感」というものなのですが、
もう景色全部グレーがかってるというか、煤けてるというか。
はい、そんなふうにしか見えませんでしたよ。
ママンの「わあー、きれい」が、「わあー、グレイ」でしたもの。
激うつの時は、旅行に行くだけ金が勿体無いですね…。


今日も正直、周りの人の3分の2くらいしか、きれいに見えてなかったと思います。
でもまあ、一緒に外に誘ってくださったおかげで、
少しずつ復活しているのも感じました。
去年の一面の紅葉世界がグレイに見えるよりは、だいぶマシ。
ああよかった、人間に近付いて来てるよ。


「御朱印を頂いて来る」という、年に見合わない趣味を始めたellis、
次のリングは石山寺です。
年明け早々の予定。
たくさん歩きましたが、思ったより疲れませんでした。
基礎体力があるのか、疲れを翌日に持ち越す年寄りになったのかは、
明日起きれば分かることでしょう。
たぶん、年寄りになってると思う……(泣)。
私には向かない職業。
ほう、一仕事終えた後というのは気分のいいものです。


……サイトを立ち上げてから、初めて社会人らしいことを言った気がする女のサイトへようこそ。
いえ、社会人放棄してますから、今。


お仕事というのは、今行っているアロマの学校の会報誌です。
その中のコラムの一つを編集することを任せて頂いたのですよ。
お話を頂いた時は先生の人選を心から疑いましたが、お仕事があるのはありがたいことなので、遠慮なく飛びつきました。
コラムと言っても、私のコラムではありません。つーか、アロマ始めて一年未満の私が語り始めたら、世界中のアロマセラピストからちゃぶ台返しくらいそうだ。


期限は今日。出来上がったのは昨夜深夜過ぎ……。
おい、お前この間の原稿も〆切2週間前に手をつけてなかったか? しかも大ランナウェイしなかったか?
私の仕事に対する姿勢が大変よく分かりますね。はい、私はぎりぎりまで仕事をしない女。期限がないと永遠に放っておく女です。しかし火がついたらマッハで仕上げる。そーいう嫌な奴です。


実はellis、学生時代にワープロ検定2級とビジネスコンピューティング検定3級取ってます。
何でこんなに中途半端な級を持っているのかというと、ぶっちゃけめんどくなったから。
はい、将来の為でも何でもなく、「趣味の為に」検定を受けた。そーいう奴です。
と、いうことで。普段使ってるパソはリンゴですが、検定受けたのは当然窓でワードでエクセルです。あ、一太郎で受けた時代もあったよ。はい、ビジネス文書作れます。結構高度なのもどんと来い。
でも、リンゴで作るのは初めてでした…。存外に窓慣れしていた自分が自分で許せない。ああ、ワードアートがここにあれば! ああ、きっと代替物はこの中のどこかには潜んでいるのだろう。でも見つけられないよママン。だからそのままぶっちぎっちゃうよママン。


出来上がったのは30分後。納得行くようにレイアウトを変更してプリントアウトを重ねて、イラストを添えて、しめて1時間です。



一時間の仕事で偉そうにほざくなーーーーーっっっ!!



この通り、事務系の仕事に私は遺憾なく実力を発揮します。
しかしやんぬるかな、座り仕事は性に合わない。
言われたことを、言われた通りにしか出来ない仕事は嫌だ。嫌なのーー!!


私の社会性のなさがよく伺えますね。
言ってしまえば協調性もありません。
じゃあ、小説書いてたこの間のはって? うん、文筆業ってね、座りっぱなしじゃないから…。
調べ物に東奔西走したり、現実からランナウェイするために買い物に走ったりするから…。
つーか、唯一協調性なくてもいい職業っつーか…。


ellisの社会復帰は、永遠に近い時間で遠そうです。
ちなみに明日、大原へ行くことが急遽決定しました。
さあ、運動不足! 己の怠惰を思い知って来るがいい!
明日は「くたばり日記」をお送りしまーす(多分嘘)。
お引っ越し。
さっそく引っ越して来ました。
師走に相応しく、せわしない「Black Sheep」を、今後ともどうぞよろしくお願いします。


さて、昨日世界中を恨んでいた私ですが、昨夜は完全装備。
ユーカリ+サイプレスの精油を適当にキャリアオイルで希釈して喉に塗る。
その上からラップパック。さらにその上からタオルでガード。
部屋の四隅には、ユーカリオイルを垂らして置いておく。


薬が効いたのかアロマが効いたのか、驚異の回復力で、本日ケロリです。
自分の無駄な基礎体力も実感しました。
ありがとう、中学の先生。無駄に地獄を見る程鍛えてくれて。
ellisは卓球部という地味な部活に所属していたにも拘わらず、どえらいしごかれました。
1)3キロマラソン。
2)柔軟
3)腹筋100回、背筋100回、腕立て100回。
4)10本ダッシュ3セット。
これだけこなさないと、ラケットを持って素振りさせてもらえませんでした。
確かに、世界で一番狭いコートで行う球技、傍目以上に体力を使います。ですが。
ですがやりすぎではないでしょうか、先生…。
このしごいてくださった先生は、今は鬼籍の方なので突っ込みませんが。が。
毎日死んでましたよ…。


あ、お引っ越しの理由ですが、端的にこれまでのliv●doorさんが、ブログを新しくしたんです。
そうしたら、新しいブログの新しいツールは、「WindowsのIE」のみ対応でした。
これだけならいい。
入力すらできないのですよ。
どれだけクリックしてもクリックしてもクリックしても!
入力画面は答えてくれませんでした。
そんなのを、いちいちリンゴ対応になるまで待っていられないので、
あっさりとお引っ越しを決めさせて頂いたのです。
ふ、世間の風は冷たいわ…。
それでもリンゴ愛用者として、今後とも生きていくつもりです。


引っ越ししたからといって、何もお配りできるものがないのが心苦しいですが…。
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。