羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
200412<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200501
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カモン〆切さん。
フリースのパジャマと、ロングガウンを買いました。しめて2000円。
これで越冬するつもりでいます。


この極寒の中、電気代が3000円で済んでいる女のサイトへようこそ。
うち天井高いので、暖房効率悪いんですよ。
なのでエアコンフリー。
ホットカーペットも敷いてはいますが、うち、今床の見えない生活してるから…。


何とか固形物が食べられるようになりました。
で、ニュー〆切、1月末。
今日は編集さんから「参考にしてね♪」と、書籍を頂きました。
書籍を頂くのは、本屋時代以来だ(はい、出版社さんから時々頂いてました)。
14日にお電話を頂いた時の、
「でもね、これくらいならellisさんにも書けると思って」
と、いう編集さんのお言葉が嬉しくもあり痛くもあります…。
いえ、そんな才能あったら出し惜しみしてませんってば。
「現代物で、恋愛ものをひとつ」
と、リクエストされているのですが、
参考になるかしらと自分の本棚を見ると、
女性作家の本がほとんどありませんでした……。
コミックは女性作家が多いのですが、それでも『エロイカ』とか、
だめじゃん! 趣味がモロバレじゃん! みたいな。
あと『現代戦争学』とか、そんなのばっかり。
私……女としてどうだろう……。


つーか、「恋愛ものって、そーいや読まねーわ」とも気付きました。
それはひとえにママンの
「恋愛ものってね、まだるっこしいのよ! すれ違いとかばっかりしてさ、
くっつくんなら、さっさとくっつけっての!」
と、いう漢気あふれるお言葉を、幼少の頃より聞かされていた結果だと思います。
それでも本屋時代には、かのハー●クインも担当していたのですよ。
だけれども「一冊お送りしましょうか」のお言葉は、
微妙にうまくかわし続けました。
版元営業さんは男の人でしたが、ちゃんと勉強に読んでらっしゃるんですね。
すげえ! ある意味漢気だと思いますよ。つーか、偉いなー。
私の場合は読まず嫌いの部分も多いので、勉強だと思って読みます。
さすがにハー●クインはハイレベル(?)なので、とりあえず頂いた本を。


最後に読んだ恋愛小説は、小学6年の時の山田詠美さんの『放課後のキイノート』
じゃなかろうかと思います。この時確か江國香織さんも友人に借りた気がしますが、
全部読めなかった敗北宣言だけを致します。
この時友達に貸したのは、村上春樹さんの『ノルウェイの森』でした。
はい、私も友達もキュートなおませさんでしたとも。
つーか、嫌な小学生ですな。
この頃はあかね書房の推理入門みたいな全集を、図書館で借り倒しました。
要は推理小説の名作を、少しだけ易しく訳してあるシリーズです。
気に入ったのは、やっぱりブラウン神父で、ペリィ・メイスンでした。
アガサ・クリスティが微妙に苦手でした。
この頃から今の自分が伺い知れて、かなりイヤンですな。


一番何が嫌って、編集さんと電話していて、ネタの話をしていると、
たいてい中高生の頃に作ったキャラを引っ張って来たりするのですが、
人生コースアウトしまくってる自分が嫌でした。
「違う、そんなつまらん事してないで、もっと勉強しとけよ中学生!」
と、何度叫んだか。
ほんまに人生はつまらんことの積み重ねですな。


とりあえず静養しながら(まだ本調子じゃない)、
ネタを練る事にしますか…。
ペンネームもまだ決まっていない笑える私です。
しかしママンには「実名で出る事だけはやめてや!」
と、まるで娘がこれから犯罪をしでかすような勢いのお言葉を頂きました。
「だけ」ってなんだよ、「だけ」って……。
凝りに凝りまくった恥ずかしいペンネームとどっちがマシか考えろ。
ま、うちは読書家系なので、足がつきやすいのが理由でしょうが…。
足ついたらあかんねんな、ママン…。
やっぱ犯罪者やん……。
スポンサーサイト
昨日の内訳。
昨日はお見苦しい文章&内容で、大変失礼しました……。


まだ恐ろしくて固形物が食べられない女のサイトへようこそ。
とりあえず、リバースは止まったようです。


昨日リバースしていたのは、そもそも一昨日に眠剤を飲まずに寝てしまったから。
……だと思います。目が覚めたら、眠り過ぎか頭が痛くて。
ここまでならよくある展開なのですが。
やたらと気分が悪かったです。
で。まずリバース。糖分補給にと取ったオレンジジュース。
それ以降は何もないです。胃液オンリーリバース。
体験のある方は分かって頂けるかと思うのですが、
吐くものないのに気分悪いって、激しく苦しいです。
で、それを10回近くやった後、「あ、授業行かな……」
と、思っていた自分にいっそ拍手。
「あかん、動かれへん……」
やむなく救急車ピーポー。脱水で動けないというのは、
これまでで一番深刻な救急車ピーポーでしたな。
救急車の中でもリバース、掛かり付けの病院に着いてもリバース。
点滴を入れようにも、ただでさえ細い血管が脱水症状で畏縮して、
針入りませんでした……。
4ケ所くらい刺されて、よーやく落ち着いたのですが。
500mlの輸液を2パックやって、それでやっとこ帰してもらえました。
家に帰って、落ち着いたらまたリバース。何でだよ!
ここまで来て、「吐き気に効く精油は、ペパーミント……」
と、よろよろと精油を取りに冷蔵庫へ行ってました。
順番間違ってる気がする……。が、まあいい。
ペパーミントのハーブティーもあったのでそれを沸かして、
丸一日薬が飲めずに不安症状が出て来たので、
まずデパスとコンスタン、吐き気止めにナウゼリンという薬を飲む。
10分待って(その間、ペパーミントの精油をすーはーしてました。
今から思えば、シンナーやってる奴みたいだったな……)、
何もなかったので、胃腸薬と抗うつ薬。
更に10分待って、咳止エトセトラ。
最後に眠剤を突っ込んで、ハンカチタオルに精油を垂らして、
すーはーしながら寝ました。
多分、先週の風邪のフィナーレなど思うのですが、
それにしても、久々に地獄を見ました。ええ、現実レベルで。
「あかん、マジでダメかも……」と、気弱になるなど珍しい。
病院に着いた時は、瞳孔がぱっくり開いていたらしく、
「はい、これ何本に見えますかー?」
と、医者が指をひらひらさせてました。
顔色は真っ白だったそうです、看護婦さんが後で教えてくれました。
うーん、大迷惑だ。


こんな感じでした、昨日。
とりあえずのご報告です。できれば今日は、もう一発行きたいものです。
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。