羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
200506<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200508
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
気圧を呪う。
自分のために、もう指一本たりとも動かしたくないと思わしめた、今日の天気でした。だからといって、他人様のために動けるわけでもなく。本日もおサイテー様です。


意地だけで診断書を取りに行く女のサイトへようこそ。
もうちょっとゆったりした季節の移行が欲しいです。


朝起きたら、起きあがれませんでした。起きたと人は言わないだろう。私もそう思います。だるすぎる。
湿度計は90%越えました。もう気圧なんか見たくもない。
しかし診断書を取りに行かなければ。行きたくない。しかし行かないと、水曜の診察の時に「今日まとめて持ってくればよかったのに」と主治医に冷笑されるのが目に浮かぶようで、意地でも行ってやる。それでも動かれへん~。
こんなことを延々4時間ほどやらかして、どうにか動き始めました。どっちにしろ、今日口座を確認しておかないと明日引き落としがあるし。
どっちでもよかないのですが、前の主治医もそうだし今度の主治医もそうで、初診の診断書書いた医者もそうなんですが、何でどいつもこいつも解読不能な字を書くんだよ?
うちはパパンが字のきれいな人で、高校生の時クラスの男の子が「いいなあ、ellisさん家のお父さんはきれいな字で書類書いてくれて」と嘆息してくれたものです。だからってわけではないのですが、この字はないだろうよ。読めねえよこれ。ついでに普通、自分の名前くらいはきれいに(解読可)書くものだと思ってましたが、主治医の字では彼自身の名前すら読みにくい。ちなみにサイン以下。
内容は‥‥‥‥‥もういいや。3000円の代償と思っておこう。もう通っても通らなくてもいいや(そう思わせる内容だった)。申立書で詳しく言っておこう。


駅前に帰ってきたら、ちょっと気分がましになったので(というか邪な目的を思い出したので)、本屋へ行きました。
そう、『鋼』のノベルスが出てるのですよ! あとがきのかっこいい大佐イラストは、拡大コピーして部屋に飾ろう…。
さらに、月末ごたごたしていて、ピーター・ウィムジィ卿の最新刊(正確には復刊だ)をまだ買ってないことを思い出しました。何が何でもゲッツ!
パン屋の喫茶室で一息つきながら、にたにたして新刊を読んでました。この海外ミステリ好きめ。どーしよーもないビョーキです。国内文学は読むのにしどろもどろなくせに(というか全然読んでない。近代文学以降さっぱりです)、海外文学となったら早い早い。ヴィクトリアンな背景だと、歴史と風俗を興味本位で読みあさった結果、理解も早くなりました。何で海外文学がこんなに好きなのかは、自分でも謎です。きっと前世はパトローネだからだよ。そういうことにしておこう。
ついでにまだ買ってない、『シャドウ・ダイバー』。手っ取り早くAmazonに注文します。ノンフィクションまで海外ですな。ええねん、もう‥‥‥‥‥(堕)。


今日は正直ここの更新すら危ぶまれましたが、どうにか持ち直しました。あー、年金下りなかったらマジ働かないとなー(泣)。大した労働じゃなくても、アルバイトとか。主治医が怒るでしょうが、その時は「てめえが年金下りるように診断書書かへんかったからやろうが!」と八つ当たりすることに決めてます。
では明日こそ、社会保険事務所に行って来ます。何か明日まで雨らしいですが‥‥‥‥‥。
そう言えばコントレックスの味は、例えるならば「飲む温泉の水」あれに近いです。舌触りになんとも違和感のある、あれ。レモンを搾ったら飲みやすいらしいですが、買ってくるの忘れた…。ま、いいかもう…。
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。