羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
200506<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200508
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アクトレス(嘘つけ)
だるー、だるだる。でも今日は、ちょっとはマシかな…と思ったらまた雨かよ!
天候にあっさりと翻弄される自分が憎いわ…。


スライディングで社会保険事務所へ駆け込む女のサイトへようこそ。
ほんとに太宰の『駆け込み訴え』並みの迫力でしたわ。
学生当時、テキストに入っていながらスルーしやがった教官を恨んだものです。やりがいありそうだったのにー。


最近目が覚めると、「はっっ、しろたんはどこ? あたしの抱きぐるみは?」と思うのですが、そんな時は大抵私の下にいます…。
柔軟性ありすぎるのも問題なんじゃないのかしろたん。私はぬいぐるみ等を下敷きにしてしまった時に、罪悪感を感じる意外に乙女ちっく路線な女です。
いえいえ、それはさておき。
今日もしろたんを下敷きにして目覚めましたが、今日やることは分かっている。社会保険事務所に行って、精神障害者年金の申請を済ませないといけない。見ると天気はまだマシそうだ。今日なら行けるか? 
明日行ってもいいけど、明日は通院日だ。面倒は重ねて済ませるべきか? いやしかし、先週の主治医の冷笑が目に浮かぶ。ああちきしょう、行ってやるさ、てめえの診察の前に全部済ませてやるさ!
こんなくだらん理由から、本日は外出しました。しかし家を出たの4時半。おいおい、ぎりぎり狙いだな。と思ってたら、予想外に電車が来なくて(普通電車しか止まらない場所…)、駅についたら4時55分。諦めかけましたが、ちょっと賭けてみような気分にもなりました。そんなわけで、ああ勿体ないと思いつつ駅からタクシーを1メーター飛ばしてみたのです。
到着してみると、おばさんが受付機(銀行とかである、あれです)をリセットしている…。
受付ナンバーを印字した予備の紙(レシートでも、お客様にあげるレシートとは別にもう一つ印字されるじゃないですか。あんなの。あれ、何て言うんだ?)が、べろべろ出てます。ああ、タクシーまで乗ったのに。
でもおばさんはいい人だったので、取り次いでくれました。こんなに大迷惑をかけつつ、必要書類を確認されたり追加記入したりいろいろしてました。お役所系の書類は、何でこんなに何度も住所と名前を書かないといけないのだろうと思わされるほど、何度も書きました。私自身の申立書、振込先金融機関などを書いた申請書、年金の経歴書、いろいろです。
ちなみにこんな時、うつむき加減でか細い声を出しておくことにしています。だって国文学科の教授(女の人だ)が、「女はね、隙があった方がいいのよ。あなたなんかは、もっと頼りなげな雰囲気を出した方が男が寄ってくるわよ」って言ったから。
‥‥‥‥‥今日もこの前も、受け付けてくれたのは女の人だ‥‥‥‥‥。
いやしかし。過去の同僚一同に「姐さん」と呼ばれそうな勢いである以上、ある程度の演技があってもよいのではなくて?
女に生まれたからには、人生演技も楽しめる素養があってもいい気がするわ‥‥‥‥‥。
すいません、脳みそ沸いた科白は横に置いておいて。とにかくしおらしい姿勢で申請をすませてきました。精神障害年金申請しようって奴が、元気いっぱいなのもちょっとどうかと思いましたので、念のため。
確認して、ちょこちょこっと名前書いただけで、1時間経過してました。 何でやねん!社会保険事務所を出た時、しみじみと思いました。どこでそんなに時間をくったというのかしら。
その分だけ、受け付けてくれた人に残業をさせたのだとも思い、ちょっと申し訳ない気分になりました。が、しおらしい姿勢を捨てた途端それも消えました。所詮こんな女です。


昨夜、『鋼』ノベルスのかっこいい大佐をさっそくコピってました。久しぶりにスキャナー使ったなー。
‥‥‥‥‥使用方法が、激しく奈落してるのは分かってます、ええ。
真っ白白な絵なので、2枚コピったうちの1枚はぬりえにして遊ぼうと思っています。邪な楽しみ。ふふふ。


スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。