羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
200506<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200508
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
逃避してみる。
明日実家に帰るのが心底嫌で、久しぶりに睡眠逃避してみました。
いつもだらだら寝てんじゃねーかと思われるでしょうが、ちょいと違う。
「余計な夢も見ないように、ひたすら眠りの淵へ落ちてしまえ」ツアーです。with薬。
お陰さまで、眠りの淵には落ちましたが、やっぱり夢も多かった。
しゃーねえ、諦めろ。


みぞおちを痛める女のサイトへようこそ。
ストレスね。ストレスだ。昨夜も痛かったけど、今も痛い。
カモン、ブスコパン! 私の心の友(@ジャイアン)よ!


そんなわけで、ギリギリ一杯寝てました。
最近普通に眠れることが多かったので、往時の眠剤フルコースで、あっけなく眠り姫になれました。
漢方の先生には「寝てる間ってのは、いわばPCのソフトを書き換えてるみたいなもんだからね。いろんな情報が飛び交ってるんだねえ」と言われました。
そういえば、前の主治医にも似たようなこと言われた私。今の主治医? ……そんな話、したっけなあ(汗)。したところで「ほお、それで?」で終わった気が…。自分なりに結論を持っていくと話の早い、まるで会社で企画書を出さされるような環境です。
トーテムポールみたいなオレンジケーキを焼いた夢は面白かったけどな。『ぐりとぐら』みたいで。食う前に目が覚めたのが悔やまれます。まあ何でオレンジケーキなんだとか、そういうことを突っ込んでも詮無いので。白いわんこを洗ってたりとか。
どんな情報書き換えてんだよ。
夢ってのは一種暗号なので、そのまま捉えると「なんじゃこりゃー」となりますが、突っ込んで考えていくと意味があるそうな。
そんな学説(?)をどっかで読みましたが、そんな都合のいい夢ばっかりでもないので、もう突っ込むのはやめてます。


しかしどんなに逃避していても、明日はやってくる…(涙)。
きっと終わってしまえばけろっとしている、まるでインフルエンザの予防接種を受ける小学生のようです。終わってしまえばすっきりすることが分かってるのに、それでも尚ここで逡巡する私。ほんまにこれは何なんだと哲学の覇者(@菅野彰)になれそうな勢いです。
あと一回逃避したら、ちゃっちゃか帰ります…。どなどなどーなーどーなー。この『ドナドナ』、ユダヤ人がナチスに連行される様を描いた歌だとかいう説を見ました。ああ、ホロコースト。歌への悲しみが倍増されます。こんなこと考えてるから、変な夢みたり寝汗だらだら流したりするのですな。荷馬車はゆーれーるー。
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。