羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
200506<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200508
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ネタの冷凍庫。
眠いです。これ以上寝たら、脳細胞がムダに死んでバカになるだろうってくらい眠りこけてます。
いや、既にバカなんですが、これ以上バカになったらちょっと切ないかも。
お月さま前だから、仕方ないとはいえ…。


眠るともれなく悪い夢を見る女のサイトへようこそ。
だから眠前にラボナ入ってるんですな。


目が覚める直前の夢は結構覚えてて、「おぉ、これはネタで使えるでええっ!」とメモ帳(お薬説明の紙を束ねただけだ)に書き殴っておいたりしますが、ものの一時間もすると訳の分からんものになっています。うーむ、夢って…。でもまあ、設定が使えたりするかもなので、メモは捨てずに取っておきます。貧乏性ですが、こうでもしておかないと後で困りそうというか。言うなれば、主婦が食料品を買い置きして冷凍庫に突っ込んで置くようなもの。おかげでママンは引っ越しが急に決まって、冷凍庫の始末に困っています。
こんなふうに保存されているネタが、よく机の奥で風化して(天然フリーズドライか?)、訳の分からんものになっています。あああ、一体何が言いたかったんだ私は。
そういえば昔の冷凍庫って、時々ドア開けっ放しにして霜取りしないといけなかったのに、今のはそんなことないのね。でも冷凍庫くさいのが嫌なので、時々開けっ放ししてます。冷凍雇用の脱臭剤も効かないな。
しかし隣のおっさんがやたらと壁を蹴るのですが、何かストレス溜まってんのかと言いたくなるくらいです。最近では蹴り返すのはやめて、壁際に設置してあるPCで音楽を楽しんでおります。スピーカーは何げに隣に向けてあります。うるせえんだよ…。


何だか実家から帰ってきてからこっち、文章の調子が悪くていらいらしております。何かこれまで以上に思ったことが表現できへんというか。
うーむ、脱皮でもするのかしら(唐突な発想)。
でも明け方の銀英伝萌えの文は、かなりエキサイトしてましたな。やっぱあれくらいぶわっと盛り上がらないとダメかしら。
ということは、また夏バテしてるのかとも思い、かなり嫌になります。もうええっちゅうねん。昼過ぎから我が家のベランダと屋根を直射する日光が、とてつもなく憎い。光療法というのがありますが、そんなもの一蹴したいくらい憎いです。ドア一枚隔てた台所は涼しいのに、この温度差は何なんだよ。おかげで扇風機は24時間回っています。エアコンはつけたり切ったりだけど。室内で熱中症になりそうだ。2階建ての2階に住んでるってのも、ちょっと考え物だわ。3階建ての2階とかだったら、ここまで西日に影響されなかったものを。


ああ明日こそは、明日こそは区役所行くぞ。
少しは動けば、またネタも出てくるでしょう。ネタを求めて三千里する女…。
スポンサーサイト
若返ってみる。
ふと気づくと、こんな時間でした。
何をしていたって、『銀英伝』外伝2巻を読み返しておりました。
ついでに同人誌も読み返してみました。
これだけで4時間近く過ごせるのかと思うと、自分がとてもチープ&ディープにできていることに気づいて切ないです(泣)。
きっとこれは永遠の愛なのねえと思うと、長すぎる熱病にいたたまれなくもなります(号泣)。
昨日の日記の最後で「ネタを練ります」とか言っていた私はどこへ行った…。

今年はとうとうミュラー初登場時の年齢を超えてしまいますが(ポイントはそこか)、読み返すと初読の年齢にかえるんですよねえ。えっと、15~17歳くらい? 私も清らな(嘘つけ)女子学生でした。その時は主役のヤンが好きで(同時進行ロイエンタール)、彼の言動と行動をつぶさに追っていたような記憶がありますが、気が付けば「生き残り組」に愛を注いでいる私…。
そういえば、今も昔も主役のラインハルトに微塵も興味がありません…。美形過ぎる美形は対象外なのかしら。これぽっちも金髪萌えしない自分がいっそ清々しいくらいです。
以前キャスバル兄には「お前は黒髪チャイナ系に弱い」と言われましたが、何も幼稚園児の頃好きだったラーメンマンまで引き合いに出さなくてもいいでしょうよ。ええ、『キン肉マン』の中では彼が好きでしたよ。付け加えるならば、バッファローマンとスプリングマンも好きでしたよ。もひとつおまけに『聖闘士聖矢』の紫龍まで持ち出されました。なんでヤン・ウェンリーを語るのに、ここまで恥をさらされなければいけないんだ。今思い返せば、フェニックス一輝がいいような気もします。どっちにしろ、恥だらけか…。
『鋼』のマスタング大佐もちょっとアジアン入ってて、ツボはやっぱりそこだったのかしら。私が金髪萌えだったら、きっとエドに萌えまくったんだろうなあ。この話をしてても、キャスバル兄に「また黒髪か」と言われました。っかー、黒髪黒目の無愛想な軍人バンザーイ(鼻血)! 現実レベルでも黒髪ストレートな方はヒジョーにツボです。ああ、切ないカミングアウトだ。実は茶髪不可。自分は茶髪なくせにー。

でも『銀英』で愛しているミュラーとアッテンボローは黒髪ではありません。金髪でもないあたりが、とても意固地な俺様らしい(涙)。ミュラーは「砂色」、アッテンボローは「鉄灰色」と表現される、微妙な髪の色です。
「砂色」って聞いた時、帝国側なミュラーの身の上からいっても「ベージュか亜麻色っぽい色」だと思ってました。目の色も砂色らしいですし、砂漠の色ってことで。ゲルマンちっくでいいかなと。OVAでは水色がかったグレーでした…それではコンクリート色だと思ったとて、誰が私を責められましょう…。
アッテンボローの「鉄灰色」は、長いこと謎だったのですが、道原かつみさんのイラストでグレーがかった赤茶色に塗られていて、ちょっと納得しました。OVAでは緑の頭をしている彼ですが…いいのです、もう…。キャラデザでも彼とミュラーは許容範囲内なのですから。しかし実際はどんな色を想定して描かれたのでしょう、「鉄灰色」? 一時スケッチブックに描きまくったキャラだけに、ちょっと気になります。
でも一口に「金髪」と言っても、バリエーション多いですよね。何だかプラチナブロンドだけやたらもてはやされてる気がしますが、個人的にはちょっとくすんだような色も好きですよ? ついでにロイエンタールの「ダークブラウンの髪」ってのは、どれくらい黒髪なんだろうと気にかかっています。ネイティブの先生はどんだけ真っ黒な私の髪と目を見ても、「オー、ダークブラウン!」と言いましたもの。地獄で出会った烏の濡れ羽色のような私の髪と目がダークブラウンなら、ロイエンタールもそうなのか? じゃあヤンの「黒髪」はどうなる! ああ、多人種の境界線って難しい。
ちなみにフレデリカの「ヘイゼル」の瞳が『はいからさんが通る』でおなじみの「はしばみ色」だとは、ついぞ知りませんでした。だって、伊集院少尉の目はしょちゅう碧に塗られてたから、きっとそんな色なんだろうと…。まさか薄茶色だとは…日本語って…日本語って…。
こんな想像が楽しくなってしまったのは、ひとえに『銀英伝』のせいですね。そうですね。確かに赤毛のお姫様とか描くと、ドレスを何色で合わせようとか迷います。欧米ではそんな事は小さい内に仕込まれるそうですね。割にオールマイティーな黒髪で、本当によかった。逆に言えば、とても色彩に無頓着になるということなのですが。
髪と目の色の組み合わせを考えるのは、とても楽しいです。はっはっは、どうせ髪フェチさ。

それにしても、どんな栄養ドリンク剤よりも効きますな、若返りに。
激しくベクトル間違ってるのは自覚済みなのですが。
中高とパパンと揉めていて自室に引きこもっていたおかげで、気が付けばこんなことに。なれの果てで物書き見習い。分かりやす過ぎるというか、安直一直線というか。
さて、たぎった脳を鎮めて、いい加減に寝ます…。
人生夏休み中。
昨日はぼんやりしてました。こう言うしかないくらい、真剣にぼーーーっとしてました。
呆けてると言った方が正しいのか。
暑いけど、冷房入れると寒くて、切るとまた暑くて、どないしたらええのか、久々に自分を持てあましてみました。


何だか一週間が長い気がする女のサイトへようこそ。
こんなこと言ってても、長期スパンで見れば光陰矢のごとしです。


最近読まず嫌いがなくなってきて、とてもよい傾向だと一人悦に入っております。
国内文芸も読む気になってきて、いやあ、成長してますよellis。
それでも海外文芸の方が好きなのは、相変わらずなのですが。
そういえば、Amazonで注文した書籍がまだ到着しません…。ネックなのはアニータ・ブルックナーの『結婚式の写真』だと分かっていますとも。これだけ出荷時期が長かった…。
ちなみに最近サインインすると、もれなく『SS興亡史』などが紹介されている、相変わらず物騒なラインナップです。いや、講談社学術文庫で『SSの歴史』とか持ってますけどね。
何だかこう…もっとおされさんな書籍が紹介してもらえるようにならないでしょうか。だったらそういう書籍を買いまくればいいのですが、どうせキワモノ好きさ。
久しぶりに読んだのは、本棚の奥深くにしまい込まれていた山田詠美の『ラビット病』と『蝶々の纏足』です。ふらっと立ち寄った書店で『アーモンドチョコレート入りのワルツ』も買いました。森絵都は初めてですが、嫌いじゃないけどとりたてて好きにもなれなかった…。くそう、読まず嫌いもこの感想が限界なのか?


話は変わりますが、祇園祭が過去最高の賑わいだったそうです。外出しなくて本当によかった。
ちゃんと祇園祭を見たことがあるのかと問われれば、ないと答えます。大学のレポートで調べたような記憶が…。
葵祭も見てません。時代祭は一度見ました。しかも偶然の産物やし(苦笑)。
個人的には祭囃子で血が騒ぐ方なので、岸和田のだんじりとか見たいかもです。浅草の三社祭とか。御輿の上に乗る、あれがいいなあと。でも祭りは人が多いから、もういい…。
でも屋台は好きなのですよ。チョコバナナとりんごあめと、風船つりとガラス細工買えればいいかな。えびせんに絵描いたりするのも楽しくて好きです。射的とか。
結局田舎者なので、スケールのちっちゃい祭りで十分なのです。日本三大祭りとかもういいから。くたびれるから。
花火大会も何年行ってないことか。
そういえば、テロ対策がどうのと言われてた祇園祭らしいですが、その辺はどうだったんでしょね。


今月号の「ガンガン」、まだゲットできていません。
大佐の等身大ポスターはとてもとてもとても×∞欲しいけど、大佐の運命がとても気になって、今月号読むのが怖い(泣)。
でも『PAPUWA』でお気遣いの紳士ことキンタローがはじけてるらしいので、それはとても見たいです。ガンマ団vs心戦組のサッカー試合。
世で言う三連休も明日で最後、ちみっこ達は夏休みですね。人生夏休み中の物書き見習いは、引きこもってネタを練ります。
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。