羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
200510<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200512
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
手を動かして書けっつーの。
くたびれてる時に、何故自分を追いつめるように『トーマの心臓』を読み返していたのだろう、昨夜の自分よ。
分かってはいるくせに、あのページ数以上の内容と作品の深さで、毎回同じ所で感動し、毎回似たようなところで泣いてます。
そういや、私はこの中で断然ユーリのファンだ。どこまでも黒髪フェチめ。


明日はフルートの発表会だと、今気づいた女のサイトへようこそ。
あああ~~、結局あれから練習してへん~~(泣)。


でも明日は、情報カードを注文していたのが届きそうなので嬉しいellisです。
友人などに大学生協で買ってきてもらえば早いんだけど、まあいいかってんで。
昨今の若人は情報カードなどご存知ないのでしょうか。
図書館にあった検索に使うカードだよといっても、もう皆さんPCでOPAC検索かけてる世代ね。はは…(涙)。
情報カードってのは、こんなのです。図書カードで下の部分に穴が空いてるのは、引き出しについてる棒にかけておくため。
私が買ったのはB6サイズの、かなり大きい奴です。これで図書館で借りてきた本とかごちゃごちゃまとめて、リングに通して使うというわけです。
これまでカードにまとめるなんて、思いつきもしなかったのですが。でも大学時代そーいや時々やってたわとか、図書館情報処理の授業で習ったなあとか思い出したら、「うーん、使った方が便利やん」とのあっさりした結論に達したと。でも今時売ってる場所に見当がつかない‥‥‥‥‥orzだから大学生協。いやしかしB6なんて売ってるのか。精々5×3(インチ)だろう。じゃあ5×3でええやん別に。いや、でも大は小を兼ねると昔から…。いやいや、過ぎたるは及ばざるがごとしとも…。
とまあ、こんなしょーもない逡巡のうちに選ばれました情報カード。やっぱり手を動かして頭の中に書き込むのと、PCを使ってやるのとでは、吸収率が断然違います。手抜きはあかんということやな…。
以前にも書きましたが、PCを使っている時の脳と手書きをしている時の脳は違うそうで。もうただでさえ脳天直撃(比喩ではない)の薬飲んでるんだから、せめてこれ以上脳髄が腐らないように、せっせと手を動かしますか。最近久々に手紙などを書くと、字のダメダメさに泣けてきます。ずるをすると、手はすぐにだめになる‥‥‥‥‥‥‥。


あああ、明日は発表会。おおお、どうしよう~~。ちなみに私は本番直前まで緊張してばたばたしていますが、本番になるとけろっとする一番嫌なタイプです。ついでに言えば、その緊張ぶりさえ「楽しそう」と友人どもに評されておりました。まあ、傍目に迷惑かからない緊張ならいいか。
ではさしたる緊張も伴わずに、行って参ります! ふふ、初めから勝負を投げてると人間強くなるわ…(泣)。
スポンサーサイト

テーマ:どうでもいいこと。 - ジャンル:日記

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。