羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
200510<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200512
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ささやかな野望。
最近また昼夜逆転しとります。あかんがな。
ちなみに原稿生活に入ったら昼夜逆転も何も、思い立ったが吉日(吉時間)状態なので、ついさっき切ったPCも起動させてがこがこやったり、でっかいメモ帳(お薬説明の用紙だ)にサインペンでがしがし書いたり、無印のスケブ(惜しみなく使えて重宝)に話の流れを書いたりします。次に起きて「何じゃこりゃー!」となってもご愛敬。そのまま突っ走ります。何故なら『俺は皇帝! 皇帝は退かぬ! 媚びぬ! 省みぬ! 帝王に逃走はないのだ!』(@『北斗の拳』)はいはい、黙って書こうね、黙って…。


明日は血中濃度測定だけど、大丈夫なのかこの空回り。と、ちょっと不安になる女のサイトへようこそ。
朝一番に、何が何でもテグレトールを突っ込んでおかないといけません。もういっそ寝る前にまとめとくか、ああ?


一時左側にも出ていたリンパ節の腫れが、いつの間にか消えていました。あ、場所はちなみに後頭部です。うなじの右側辺り。だいぶ小さくなって、手で触っても大丈夫。一昨日くらいは、手で触るのもためらうくらい痛かったのですよ。なので子供のようにぐりぐりしてますが、その手を引っ込めろ…。
明日はダブル受診でおしまいですが、これはひとえに呼吸器科の先生による「9日は学会なんでね。二月分薬出しておいてもいい?」というお言葉によります。でも「9日以外ならいつでもいるからね。何かあったら来てくれていいんだよ」ともおっしゃってくださいました。うう、ありがとう先生。でもね、私は正直明日診て欲しいんだよ!! いえ、最近痰が絡むので…。


明日ダブル受診ということは、明後日漢方でフルートです。フルートの先生は、約束通り私の好きな曲を持ってきてくれるかしら。‥‥‥‥‥忘れてる方に一票。え、皆さんも? あら賭けになりませんがな。
長期戦で挑めということで、明後日は『會議は踊る』の名曲「ただ一度だけ」をやるために、DVDを持参するつもりです。『エロイカ』ファンの皆様ならもうピンと来る、あの「ただ一度だけ」ですよ♪
先生は「作曲者が分かれば、楽譜が手に入るかも」とおっしゃったので、作曲者のスペルも歌のタイトルも独語で仕入れました。ちなみに歌詞はこんなの。甘々ですな。曲は興味があったら、探してみてくださいな♪ドイツらしい、軽快な曲ですよ。しかし「リリー・マルレーン」にしたって、歌詞はベタ甘なのに曲はリズミカルって…。独語がそうさせるのかしら。仏語だと何歌ってもシャンソンだもんな(偏見)…。
そういえば、ヒットラーの演説は独語だからこそ成り立ったという話をどこかで聞きました。だからチャップリンの『独裁者』で英語でぶっ放してもあんなに滑稽になったのだと。
あー…。何か分かる気します。私はちゃんと独語を勉強したわけでもないけど(英語どころか日本語の勉強さえ危ういな…)、あの雰囲気は何となく頷けます。この話、どっかで書いた気もするな。頭の中が危険です(泣)。二度目の方は、年寄りの愚痴だと思って聞いてください。


そんなわけで、懐かしくて『エロイカ』の「皇帝円舞曲」を読み直す日々も続いております。
フルートの曲に何故「皇帝円舞曲」を指定しないかといえば、先生がクラシックに飽きてるから‥‥‥‥‥(涙)。それに、「ただ一度だけ」の方が楽しいし。
ちみっ子にとっては、『エロイカ』といえばお母さんが知ってるかもという世代ですか。くっ…君もここで染めてあげよう。こんなヲタクと一緒の教室になったのが運のつきさ(こら)。
エーベルバッハ少佐のチロリアンダンスは、やっぱり語りぐさですな…。
この時少佐は伯爵、「ごり押し」、「白クマ」と一緒にいましたが、会話はやっぱり独語英語米語露語入り乱れやったんでしょうか…。そして皆がみんな理解できるほど、やっぱり博識やったんでしょうね…。羨ましい…。あ、ジェイムズ君の宇宙語も混じるのか。
語学の勉強もしたいなあ。先立つもののために、「物書き見習い」から「物書き」に昇格したいとも願うellisでした。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。