羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
200510<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200512
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
悲しいほど夜型。
何だか外が物騒です。いえ、我が家は問題の場所からちょっと外れているので無問題ですが、からすさんの家あたりだと大騒動らしいです。
観光シーズン。いいかいブッシュさん。日本国民のささやかな楽しみを奪うでない。あんたは極寒の霜降る京都で(もちろん古来に則って木の床、座布団の代わりに畳だ。暖房は火鉢があればよろしい。建物はもちろん、風通しのよさげな寝殿造り←夏バージョン)風情を楽しみなされ。


紀宮様のご結婚もよそに、寝まくった女のサイトへようこそ。
従姉と同い年のプリンセス・サーヤのご結婚は、まことに目出度いです。従姉にとっても感慨深いやろなー。私くらいになると、そういうのも薄れてきますが。


何で寝まくってたかといえば、うっかり中山星香先生の『妖精国の騎士』を文庫版(1~25巻)でぶっ通し読んでいたから…。
そして気づけば夜が明けていた。ああ、あたしってば、あたしってば!!
そういえばバイト真っ最中だった頃(学生)も、『銀英』を読み出したら止まらずに(しかも再読)夜が更けて朝が来て、気づけば昼になってて急いで学校に行ったんでした。
コミックの文庫版って、予想以上に量があるから侮れない。ってお前、資料読みはどうしたよ…。いえだから、休憩のつもりで……何も言うまい。
あのまま放っておくと、今度は『エロイカ』を読みそうな私がいたので、とりあえず寝ておきました。二日続けての徹夜はさすがに身体に悪い。


しかしまあ、見事な夜型だ。
中学生の頃から、平気で夜中の3時まで起きてたもんなー。ラジオと本がお供でした。夜の8時くらいから、お風呂の時間を除いてこもってた訳だから、そりゃー駄作もできるしビョーキにもなるわな。朝はちなみに6時起きでした。一度マジメに試験勉強をしていたら、2時頃に猛烈に眠くなって半纏を着たままベッドに倒れ込みそのまま3時間ほど爆睡。目が覚めた時は、さすがにやばいと思いつつこっそりお風呂に入って、6時頃何事もなかったかのように振る舞ってましたが‥‥‥‥時は真冬。今でも友人に「よく健康体でいられたな」と言われています。エアコンもない、雪深い真冬の我がもと地元よ(最近は雪も減っちゃったけど)。ヒーターとホットカーペットのみで、確かによくやってたよ私ゃ。お陰様で慢性冷え性にもなってます。エアコンが入ったのは私が高3の時なので、それ以前は‥‥‥‥‥扇風機さえあったか? あ、ぼろいクーラーがありました。えーっと、今の若人には通じないであろう、縦型のごんごん言う初期型クーラーです。それを無理矢理取り付けたために、私の部屋(旧キャスバル兄の部屋)は真冬になると室内で氷が張るような部屋になったんでした。夏にはカミキリムシが発生したりね。冬の夜にうっかりカーテン開けておくと、大人の手の平二つをくっつけたより大きい蛾が窓に張り付いたり…(泣)。
それでも夜型でした。まあ必然的に朝が早かったのは仕方ないですが(委員長会議とか、部活の朝練とか。そういや中3の頃、既に遅刻魔人でした←といっても、朝7時に学校に着かないとかそーいうレベル。始業には余裕で間に合ってるよ)、お陰様で現在積もり積もってこんな事になってますよ。切ないな。
教訓:あんまり思春期にマジメに過ごしすぎると、本気で後悔する。
まあ、部屋の中で黙々と小説書き散らしてた私がほんまにマジメやったかといえば疑わしいですが、両親に面と向かって反抗できずに内にこもっちゃったのが悪かったかな。そんなわけで、現在も小心者のままです。


そんな現在の私ですが、去年からフリースの恩恵に預かっております。ありがとうフリース。電気代節約の神よ! フリースのガウン、フリースの膝掛け、フリースの靴下でホットカーペット(実家から持ってきた)さえあれば、エアコンはいらないわ! あとは布団の中であんかが大活躍♪
‥‥‥‥‥‥‥何て女として堕落しきった格好なんだろう‥‥‥‥‥‥。
いいの、お外に出る時はレディの名に恥じぬ格好をしてるつもりだからいいの…。
こうしてまた夜型が進むのでした…。
スポンサーサイト

テーマ:■今日の独り言■ - ジャンル:日記

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。