羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
200512<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200602
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アントワネット、空回り。
20060122182700
葉牡丹に、面白い注意書きがあったので一枚。
別に今日書く内容とは関係ないですが。

なんとか発表会を終えた女のサイトへようこそ。
みんな上手や…。 

さすがに二時間睡眠のまま放置していたのは(体に)堪えたらしく、自発的リハの時間に遅れました…。
夢の中でもケンカ買ってたり、家賃2500円のくせに広々な(ただし古い)アパートを借りたりしていたためです。何と都合の良い夢だったりどこまでも躁状態であることよ。
今回は内輪のささやかコンサートだったので、やり直しあり、ドリンクありのほのぼのさんでした。

プログラムによれば、私たちは三番目。一番巧かったのは、言うまでもなくちみっ子です。大人二人は撃沈しました…ええねん…。大佐とダンス? んな余裕なかったわーー(泣)!
風邪が流行っていたり、模試の子あり、お悔やみの方ありで、先生がアシストに入ることが多かったです。しかもソロの子が休んでたら、代わりに発表してくれるし(苦笑)。その後の順番の人は悲鳴をあげてました…よかった、うちグループで。
前はがちがちだったおばさまコンビがリラックスして演奏してたり、伴奏の先生はノリ具合が左足で分かったり(クラビノーバ弾いてるので、ペダル踏まない足が跳ねたり上がったりするのです)、バスフルートを近くで聴けたり、もう楽しかったなあ。
伴奏の先生、ぶっつけ本番で伴奏合わせたりアレンジ加えたりですごかったです。そしてあの愛想のなさとツッコミは、大阪人と見たがどうだろう。

他の人の演奏を見ながら聴きながら、「どんだけやったらこんなに巧くなんのん~?」と、ため息。そして室内乾燥してるのが、頬で分かる悲しいお年頃。
友達とは「ぼちぼちやろね~」と言ってました。別にプロになるわけでなし、楽しければいいのです。先生も「心の栄養になることをしましょう」って言ってたし。
……でも本当は、みんなの巧さが羨ましかったり(笑)。
始めて8ヵ月で、こんだけ吹ければ上等なんですがね。

それではこれから大阪です。二泊してまいります~。
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。