羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
200601<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>200603
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
学習してくれ。
別にたいしたことがあったわけでもありません。


一日寝ていてパパンの不興を買う女のサイトへようこそ。
パパンが怒るのは、ただ単に「何で寝るならお父さんのいる居間で寝てくれないんだー!」なだけです。家が狭いのと男どもが図体でかいので、私の寝る場所がないんだよ。


今日の夜ご飯は手羽先でした。
うちのパパンは最近とみに歯がだめになっておられる。なのに手羽先。
うちのママンは鶏肉が食べられない。なのに手羽先。
キャスバル兄は魚を食べるのも下手だ。当然鶏も。なのに手羽先。
ellisが一人でパパンのために肉をむしむしとむいてやり、更にほぼ一人で平らげる(上記の理由により)はめになった手羽先。




しばらく顔も見たくない。




……君のせいではないが、今無性に君が憎いのだ……手羽先。ちきしょー、指先火傷したじゃねえか。
そして口が荒れていると知っていながら昨日のメニューにカレーを選択していたママン。私は何か悪いことでもしたのか。
……してるよな、働いてねえし。今日の昼には一晩寝かせたおいしいカレーになっておりましたが、何せルーミックスが「辛口+辛口+HOT」(最後のあの辛さ区分、何だったんだ? 辛口より上? 最上級? 何?)だったもので、観念して卵投入。おかわりはしたかったけれど、ママンが「卵一個置いといて~」と言っていた。冷蔵庫の中はあと一個。
……おかわりを諦めてふて寝してました。あ、『こげぱん』の新刊ゲットです。君を抱いたままやさぐれてやる。
そういえば、パパンの歯が悪いことなど百も承知の上で手羽先を焼いていたママンよ。生の時点でバラして焼いてやれよ。
昨日はキャスバル兄とパパンが二人揃って気分良く酔っていたので、私は気分良く後かたづけをしておりました。だって、




飲ましてもらえねえと分かってるのに同席してたら腹立つし。




男には男同士の世界があるものよ……。パパンは息子と酒が酌み交わせて嬉しいようです。男親ってそんなものらしい。
最近ママンが一人行っている調査。「親(もしくは子ども)と一緒に風呂に入ったら、背中の流しっこをするか否か」うちの女組は是です。パパンは「想像したこともない」と、真っ青な顔をしておりましたが、そんなにおぞましいか。娘の私が言うのも何だが、……やっぱおぞましいわ、うん、できればやめてくれ(私の精神衛生のために)。ママンがどれだけのデータを集めているかは知りませんが、本人楽しそうなので放っておいてあります。


今回キャスバル兄の機嫌がよかったのは、「あー仕事続いた続いたちきしょー。日曜は休みだ、休みだシフト通りに休みだ。ここ1ヶ月ほど文字通り不眠不休だったもんなあはは、もう酒でも何でも飲んでやるよ、親父の酒飲み相手でもいいさ、ただし次の日爆睡だーーー!」っていう気分だったから。仕事が出来る人はできる人で大変そうだ。
「あー、今より給料が良くて、もうちょっと休みのくれるところないかなー」と、ぼやいておりましたが、その科白は3年前にも聞いた。一言一句間違いなく。その後彼は院卒しか採らないと言っていた現在の会社へひょいと収まった。しかも向こうから「お願いだから来てください」と、破格の待遇を受けて。
キャスバル兄の3度目の転職も近そうだな。妹は冷ややかにそう思いましたが、まあ年齢的にもキャリア的にも、どこへ転職しようと今と大差ない。と、思ったことは胸に秘めてあります。だって、しばかれんの嫌だもん。


で、私は「だるいー、だるいー」と唸ってばかり。ママンがおもむろに「風邪かしらねえ……微熱もあるし」とのたまいます。おいおいママン、間違えちゃいけないよ?




これがうつだからね!?




いい加減覚えてちょうだい。
でも仕事するよ。「とりあえず寝て治せ」と言うママンには、やっぱり血の系譜を感じたけどね。
では一通りくたばって(くたばる言うな)、朝からさわやかさんで行くぜ! いや本気で!
向こう二日間ほどは、自分の状態を忘れることにします。催眠暗示とかかかるかしら。
蛇足ですが、この前鍼に行ってあれやこれやと質問をしていたら、「本を紹介してあげるから、一通り勉強していらっしゃい」と言われてしまいました。先生、宿題か? ついでにブログやってると言ったら「うわあ、そんなのやってるの? あとでアドレス教えて。行き方分からへんけど」と言われました。そんな人には教えてあげないよ(泣)!
スポンサーサイト

テーマ:■今日の独り言■ - ジャンル:日記

効果。
唇の裏側が、まだ若干赤いですが腫れが引きつつありますブラヴォ。
すごいなー、びっくりですよ。
ちなみに睡眠は、1時半に寝て6時半に起きました。
仮初めの規則正しさ‥‥‥‥‥‥‥‥ふっ。4時間で目が覚めるように小手先調整した眠剤ミックスの結果です。1時間余計に寝とるやろが。
でも「家帰ったらブログ書いてすぐ寝よう」と思ってたのに何であんな時間だったんだと思い返したら、ブログの前にフルートのおさらいしてたんでした。悔しいのですよ、一人ずつリレー形式で吹いてる時に、私だけガタガタだと。しかし転調すると♭が3つだ。ラとシとミ。口ずさむのはあんなに楽なのに…うぬう、やはり体張るのが一番ということか?
いえいえ、で、そのあとブログ書いてお風呂入れながら原稿書いて、そんで寝たんでした。
おお? 何かすっげえ健やかさんみたいじゃないですか。

朝起きて、ちょいと景気づけにシャワーでもと思ったら、風呂場の電球が切れました……。
景気づけというか、見事に出鼻をくじかれましたな。負けずに薄暗い中シャワー浴びてましたが。
で、ニュース見ながら原稿書きながらくるみパンで朝ご飯食べて、ちょっと陽が昇ってきたので(といってもついさっきよ? 9時半からね)フルートを吹いてみました。ほんまに心の底から負けず嫌いな自分が見えて嬉しいよこんちきしょい。結果、また口の中がひりひりするので今牛黄解毒片舐めてます。最早トローチ扱いだ。まだしばらくは大人しくしてよう…。

では出かける準備をして、鍼に行った後ママンに拉致られます。原稿を持っていけない悲しさ…。せっかくなので京極作品でも(今度こそ買ったぞ)持って行くか。
更新は2/26夜に出来れば乾杯ってくらいに思ってて頂けると有り難いです。でもそれまでに一言でも書けるように努力はします。

テーマ:■今日の独り言■ - ジャンル:日記

漢方フレーバー。
朝から人の道踏み外してましたが、ちゃんと仕事してましたよ。おかげで仕事できてます。安いな私。
でもうっかりフルートレッスンに遅刻しちまったよ。時計見ろよバーーーカ。


モスバーガーで漢方フレーバーを振りまいてきた女のサイトへようこそ。
さぞかし不快指数が高かったことだろう。


昨日の貫徹の理由はただ一つ。「睡眠リズムを元に戻す」です。これ以上でも以下でもなく、あのまま際限なく寝ていたら仕事にならないし、いいかげん陽の当たる時間に起きていたいんだ私は。
なもんで、市バスに乗る前からかなりふらふら。ついでにからす姉さんになぜかメールがつかない。もしや嫌われた!? と、妄想が一人突っ走って大爆走したのと軽いパニック発作で肩と膝が落ち着かない。あー、もう好きなだけ笑っとけ。
そんな私の素敵なヴァイタル。148/98mmHg、117bpmでした。フツーに立って歩いてる時では最高記録だね、血圧。上より下がやばい。血圧って、基本的な高低も指標ですが、上下の間隔が狭いとよくないらしいです。いつだったか110/95って時があって(もちろん救急車で運び込まれてた)、私の血はどんな風に上がって下がっとるのか謎でしたな。
で、次に呼ばれるってんで診察室の前で待ってると、頬が熱い。あら、熱出してるわ私。まあまあ、どうせ大した熱じゃないよ。立って歩いて喋ってるし!ここ数年微熱に振り回されたellis、指標がここに至りました。でもこれって、救急車呼ぶ基準だよな普通。いいえまだまだ、「判断がつかなくなりそうでやばい」これがないと呼びませんよ。住所言える内に呼ぼう。
それはさておき、診察ですよ。
「調子はどうですかー?」
「アレルギー性の結膜炎をやらかしました。再発です」
「あれ、前はただれ目って」
「それ違ったみたいです。そんで口の中が腫れました」
「どんなん?」「こんなん」「あー、下唇赤いねー」
「そんで皮膚科でうがい薬もらいました。原因は分からんらしいので、とりあえず時期的にこの前の十味敗毒湯を疑って抜いてみました。が、それでも関係なく喉も腫れるし腫れも引かへんのでトリプタノールを疑ってみましたが、リンパ腺腫れるのは一通り通り過ぎた後でした。というわけで、原因不明のままです。顎下のリンパ腺は腫れてるし、喉は痛いけど、それで唾液腺が圧迫されて唾液量が減ったりはしてませんからちょっと安心。たぶん目と喉と口で一辺にアレルギーが出ただけで、ついでに熱っぽいから風邪気味なのかも」
医者の前で自己判断する私…。やめなさい。しかしここはこんな理屈の通じるところではないのです。何せ漢方専門ですからな。
脈診をしながら、この前から困ってた湿疹はどうなったかとか聞かれたり、鍼の先生に言われたこととか楽になったこととか報告。
いつもの通り薬を決める段になって。先生が目の前の表を見ながらさくさくと決めていく。その手がふいと止まると、首を傾げられました。
「中国の薬があるんだけど、飲んでみる?牛黄解毒片(ごおうげどくへん)っていって、タブレットになってるんだけど」
「飲んだことないから、じゃあ飲みます」
うーん、判断基準が違うよこのバカ。
「でね、これがまあ中国の薬なだけあって、臭いも強烈なんだけどね。できたらそのタブレットを飲み込まずに、こう舌で唇の腫れてるところに押しつけてって欲しいの。無理ならいいんだけどね。かなり素敵な味と香りだとは思うけど」




先生、それは私に勇者になれと言ってるんですか。




その通りだったので、では勇者になるべく1シートもらいました。
リンク先へ飛べば分かる。本当にほんまもんの中国直輸入もんでした。『治療薬マニュアル2004』にも載ってなかったし(まあ当然か)、自費だ!!
帰りにからす姉さんに精油とかチョコレートとか届けて、お茶を頂いた時に試してみましたよ。とりあえず、一錠ぷちりと押し出してみる。うん、漢方スメル。漢方フレーバー。
姉さん曰く「大黄の臭いだよ」でした。別に気分が悪くなったりするものでもなかったので、先生の指示通りに。うんセルロースが溶けてきたね、うん、味が本格的になってきたね。……舌先がしびれてきたね……。半分くらいになるところまで粘ったのですが、鼻呼吸すると睡眠の足りない脳みそが悲鳴を上げかけたので降参。飲み込んだら胃壁をがんごん攻撃しています。確かに胃の中にはブラックコーヒーしか入っていないがな。
モスバーガーで2錠目を試したら、制覇しました。よし、勇者認定。というか、そんな言われるほど嫌な味でも臭いでもなかったのです。「救心みたいな」って言っても、私救心飲まないよ先生。想像つくもので言って欲しかった。
後で気づきましたが、歯が黄色く染まります。あの、歯垢チェックの赤色錠剤をかみ砕いた後の如く。歯ブラシセット……必携。


立春も過ぎ、季節の変わり目に「心」が熱を出しまくっているそうです。それで目とか口にアレルギー症状が出るのだとか。リンク先の効能を見たら、まったくもって今の私でその通りだったので、先生間違ってないよ。私にお金があったらもっと買えたのにね。
でも、そんなに長期に飲む薬ではないみたいです。腫れが引いたら、飲むのはすぐにやめてと言われました。うん、舌先しびれる威力だもんな。まずいとか粉っぽいとか文句は言い続けてきたけど、しびれたのは初めてだよ。


そして2週間ぶりのフルートレッスンは、あまりに辛かった……ついていけなくて(涙)。しかも皆に「できない菌」を移してしまった。サイテーやな。
しかし、一つだけ役に立ちました。というかこれから立ちます。バッハの「メヌエット」を練習で吹いていたのですが、あれは4分の3拍子です。あれが4分の4拍子になると「ラヴァーズ・コンチェルト」といって、ちょっと趣の変わった曲になります。「聞いたことあるかしら?」と先生がおっしゃるので、元気いっぱいで答えましたともさ。
「せんせー、『ゆうがたクインテット』で2分半のコンサートになってます。今度CD持ってきますー!」
嗚呼、見続けて3年目(のはず)で、初めて役に立ったよ。宮川彬良さんの編曲が本当に素敵なので、先生にもぜひ聞いて頂きたい。
「1リットルの涙」が来週で練習を終えてしまうそうなので、早くミ♭を制覇したいellisです。消化不良で終わるのは嫌なの。この負けず嫌いさんめ。
即興で旋律を作るなんてことも始まったので、コードを必死に覚えます。今のところCコードだけだ…(ドミソですな…)。


ま、それより仕事だ。モスバーガーですんばらしい漢方フレーバーを振りまいて原稿してたんだ。家でもだべってねえで勤しめや!
最後にちょっとした疑問。モスで「フィッシュバーガーください」って言うと、必ず「お魚のフィッシュバーガーですね?」と復唱されます。そんで持ってきてくれた時に「お魚のフィッシュバーガーお待たせ致しました」と言われます。ねえ、お魚じゃないフィッシュバーガーって? ねえねえ。
たぶん何かと間違えやすいんだろな。「フレッシュバーガー」とか。そんなのがメニューにあるのか知りませんが。しかしお魚じゃないフィッシュバーガーは、興味津々です。

テーマ:■今日の独り言■ - ジャンル:日記

末期。
‥‥‥‥‥‥‥‥ビデオを見ながら、「あ、あああ、腰が、腰のラインが、肩幅が、がはっ(喀血)!」と本気で言っていた私はもうダメかもしれない。




いや、「かもしれない」じゃなくて、確実に。




徹夜してても萌え死んでます。いえ、「だからこそ」か。レディ・アン様は相変わらず素敵過ぎました。うん、私1号のレディ・アン様でいいです。むしろ光栄。栄誉。ゼクスの正装(なのか?)が燕尾服ちっくで、腰の辺りで服がすぱっと切れてるデザインです。もういろいろ垂れ流しそうになりました。トレーズ様の片マントとか(この軍服のデザインナイスよ。片マントって盲点だったわ)。
では朝からいろいろ人間としてダメになったところで、風呂入って病院行きます。
‥‥‥‥‥‥‥‥10年越しの萌えか‥‥‥‥‥‥‥‥もうダメダメだな。
ところでさっきから音が若干低く聞こえるんですが…(知ったことか)。今日大丈夫かなー、フルート。ま、どうにかなるっしょ。テグレトールは後でまとめて飲もう。
「萌えで悶絶するダメな人専門病院」とかあればいいのに。あったらもれなく私ゃ入院だよ、隔離されるね。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

手っ取り早く萌えてみよう。
やる気が何だかビミョーなellisです。何だどうした。
今月は生理痛も軽いのに!!
‥‥‥‥‥‥‥‥言わんでよろし。お下品でした。


手っ取り早く萌えてみようかと思いました。
いや、そうしたら勢いで書けるかなって。逃避してることに変わりはないことに気づけ自分。
しかし手っ取り早く萌えるために、コミックは掘り返し尽くしたし(ゆえに室内が荒れた)新刊は仕入れまくったぞ(ゆえに室内が狭くなった)。いまいち萌えゲージが満たされていませんわ。うつモードだから仕方ないんだけど、でももーちょっとテンパっていたいかな。状況はほんまに薄氷の上をスケーティングって感じなはずなんだけど、現実感薄いなあ…ああやべえ、離人してら。
というわけで、普段は「ゆうがたクインテット」しか撮っていないビデオを引っ張り出してみることにしました。DVDでもいいんだけど、それするとPC使えないから。メインマシンでやってもいいんだけどね。
ビデオ! マニアックなのしかないぞ。そろそろ擦り切れそうになっている『ガンダムW』、君のためにDVDボックスを買うことなど痛くも痒くもないさ。あのアール・ヌーヴォー調のパッケージデザインは超絶ナイスだ。しかしこれは





高校生の頃仲の良かった教師に体育館でダビングしてもらった




という思い出深いものだ。しかも途中欠けてるし。
この先生とはもともと生徒会繋がりでしたよ。そのうち先生が『Night Head』(今知ってる子いるのかなあ…)の単行本を貸してくれ、宮部みゆきさんの『龍は眠る』、『レベル7』を有無を言わさず貸してくれ、しまいには『Night Head』のビデオをダビングしてあげようかという話になっていたのです(思い当たる先生、メールで自首してください)。
なもんで、友達の妹さんから録画した『ガンダムW』を借りた私は先生の家でダビングしてもらえないかと甘えてみました。そしたら先生は二つ返事。よっしゃあと狂喜乱舞してましたが、本当にそれでよかったのか受験生(結果として全然よくなかったに決まっとる)。
しばらくして、先生がビデオをぽんとくれました。そしてしれっと「家のビデオが壊れたから、体育館でダビングしながら見てた」。




‥‥‥‥‥‥‥‥すいません‥‥‥‥‥‥‥‥今死にたい気分です‥‥‥‥‥‥‥‥。




ええびっくりしましたとも。というか先生、そんなことしてよかったんか。ちなみに『Night Head』のビデオはダビングしてもらってません。ああ、見たかった。
受験しながら(関西に受験に来たため、伯母の家でも見ようとしてた)見ていた感慨深い作品ですが、別にそこまで入れ込むほどのものではない。




しかし萌えだ。




ちなみに一時、私はキャスバル兄に「レディ・アン」と呼ばれていました(TOPからプロフィールを見てね。別にそれ以上のことは書いてないけど。リンク先20話にいるのが1号のレディ・アン様です。キャスバル兄曰く、2号の聖母バージョンは「誰でも真似できて詰まらない」とか。私は褒められているのか…?)。似ているらしいです。たぶんあの二重人格っぷりとかなんやろな。怖い1号バージョンにそっくりらしいっす。躁状態の時ってきっとああなるんだ、そうだ。ええ、私もトレーズ閣下のために敵の暗殺から作戦立案、モビルスーツの操縦までやってみせることでしょう。大好きさ、レディ・アンもゼクスもトレーズも。自分に酔いまくってるトレーズ閣下がお素敵すぎます。24歳であれはねえよな。レディ・アンやゼクスやノインは19歳って設定でしたが、それもそれで何だかなあ…。いや、これはファーストGからのお約束なんだろう。作画も安定してるし、音楽も良い、実は結構いい作品です。主人公5人組はすでに私の範疇にありませんので悪しからず。これを言い出すと、キャスバル兄とまたケンカになるのでよしますか。
劇場版の『Zガンダム』も、そういや見てないなあとCM見てて気づきました。CM見ながらキャラクター全部分かってるなら、見なくてもいいのか、いやそんなことはない。バプテマス・シロッコ、君はまだ元気かい。敵どころか味方に真っ先に殺られそうな金ぴか百式も見たいよ。現代の技術でどれだけド派手になってるのかと思うと、もう……いたたまれなくて。カミーユ、ここにいるダメな大人を修正しておくれよ。いやマジで。
あとビデオを見るとしたら、『銀英伝』で包帯血流し美青年な上に痛みを我慢して気絶するというおまけつきで、サドな乙女心くすぐりまくり(@道原かつみ先生)なナイトハルト・ミュラーでも見て「うっ…鼻血吹きそう…」とか、ムダなカロリー消費してみるか。
‥‥‥‥‥‥‥‥ほんまにムダやな。
ちなみに当方鼻血をあまり出したことがないのですが、「興奮して鼻血を出す」って本当にあるんですか? キャスバル兄が時々理由もなく鼻血吹いてますが。こうして書くと変態以外の何者にも映りませんが、彼は粘膜が弱いだけです。


ビデオはBGMになる、意味のないellisです。で、時々「あ、今の科白、今のお声!!」って振り返って、巻き戻してハァハァするただのバカ。こんな生活を続けていると、普通に番組がCMに入った時に早送りのボタンを押しそうになります。まだです。まだ未遂ですよ。まだ自覚あるから(涙)!
ではここで油売ってないでどうにかしてきます。アイフルの間違っちゃったCM(分かります?)のBGMが頭から離れてくれません。どうした自分。とうとう崩壊か。

テーマ:■今日の独り言■ - ジャンル:日記

ごめんなさい、ペ●カンのお兄さん。
はい、生きてますよ起きてますよ。
‥‥‥‥‥‥‥‥こんな時間だからな。


うっかりペ●カン便を取り損ねたら、明日にはもう2つ荷物が追加されることになった女のサイトへようこそ。
‥‥‥‥‥‥‥‥天罰?


ヤ●トのお兄さん(仲がいいのはおじさんだ。何たって金まで借りたもんな←黙れ)は、割とこまめで愛想が良く、誤配もないので(これ重要! 物書きには死活問題よ!?)愛用しています。ほら、ここに元払いの伝票が(大分減った。いいことだ……)。
ペ●カンさんは大抵Amazon絡みです。はい、予約してたのとか出荷が遅れてたのとかいろいろ重なって、とうとう同じ所からの荷物が3個になりました。明日こそは必ずゲットしますのでごめんなさい。
●川さんは、代引きの時に「あー、現金足りない。カードに替えてもらえます?」というと、その場でカード支払いにしてくれるいい人が多い。しかしあの制服のせいでしょうか、マッチョが多い気もする。え、違います? うちの配達区域だけかな。
つまらん私感でした。しかしヤ●トのお兄さんは、「朝一番」というと8時半に持ってきてくれる、ありがたいんだかそうでないんだか分からない所です。私には安眠タイムですってば。(それを治せ)


うーーーむ、しかしペ●カンのお兄さんの渋りきった顔が目に浮かぶようだ。(結局3社とも顔見知り)
でも「午前中」指定で12時過ぎに持ってくるあなたが悪いのよ。12時は午後ね。
ちなみにこのお兄さん(もうおじさんかもしれない)は、11時45分に荷物を持ってきた時に私は丁度家を出るところでした。そこで言われた科白。
「あと15分あるやんか……(ぼそ)」




もう一度言ってみろ。




生まれてきたことを後悔させるぞ。
うちのブログをずっと読んでくださっている奇特な方はご存知と思いますが、下手すれば週に3回ヤマトのおっちゃんが来たりしています我が家。
ちなみに働いてた時は西濃●輸のお兄さんと仲良しでした。なぜ西●運輸かと言うと、本社が名古屋だったからさ。ここのお兄さんも、カラー版テキストがみっちり詰め込まれた箱をひょいと2箱抱えた私を見てびびってました。
「どこにそんな力あるのん」
と問われましたが、企業秘密です。
なんていうのは嘘で、重いものを持つにはコツがあるってだけの話です。人によって違うかも知れませんが、ellisは上半身に筋肉がつかない(脂肪もつきにくので胸もない。下半身は脂肪だらけさ)悲しいタイプなので、肘から下の腕と腹筋で支えてます。おかげで腰が痛まない。
↑上半身に筋肉がつかないとは申しましたが、骨は太いので肩幅はがっちりです。この前も鍼の先生が、
「うわ、肩幅あるねえ~~」と。




私が梅安になりたかった。




好きでこんなに育ったわけではありません。できるなら私だって折れそうに華奢な女の子でいたかったさ。なで肩だけど肩幅はあるんだよ、ちきしょー。肩のラインぎりぎりまで骨なんだよまったく。秘孔突くよ!?
鍼の先生はちっこいので、私が代わってあげたいよ。
あと必要記入事項なのは知っていますが、呼吸器科の予約票余白に身長書き込むのやめてください(肺機能検査の時に身長体重がいるため)。必ず「え、もう3センチほど高くない?」と聞かれるので。スニーカーで行っててもね。上げ底なしでもね。
話が逸れました。鍼は明日、今日は漢方だ。


では昨日作った計画表をさっさと無視して仕事に励み、漢方とフルートレッスンへ行こうと思います。
れっつ仕事。えんじょい仕事。

テーマ:■今日の独り言■ - ジャンル:日記

計画立ててみる。
今日買ってきたもの。
ブロッコリー、ジャガイモ、白菜、鶏ささみ、人参、玉ねぎ、チョコレート、サンふじりんご、ショウガ、スコーン、以上。
よほど野菜に飢えているらしい、ellis。


明日は朝からポトフです。な、女のサイトへようこうそ。
‥‥‥‥‥‥‥‥食いたいねん。血の叫び。


「朝から」と言ってはいますが、ここ最近昼夜逆転もはなはだしい。そこで考えた。ellisは考えました。このミニマム脳みその容量は3ビット(@『これが私の御主人様』)くらいのくせに考えましたよ。
小学生の夏休み課題のように、一日の予定を立てればいいではありませんの!
‥‥‥‥‥‥‥‥最近の小学生の課題がどうとかいう意見は聞く耳持ちませんので悪しからず。
こうくるっと円を描いて、何時に起きて何時にご飯食べて、何時にプール行って(行くか)、何時から何時まで仕事するのか書いてみました。
が。




書いてもだらしないだけだった……。




でもでも、一応日課の中に「散歩」とか「晩飯みつくろい」とか書いてます。自炊する気ですこの女。どうせならもう一週間早くその気になってたら、家の掃除もちょっとはできたかもしれへんのに。
ちなみに「掃除」、「洗濯」は、後から慌てて付け加えました。現在の生活に根付いていないもので……。この家に来た時は、まだばりばりやってたのになあ。というか、来るまでは、でしょうか。きっと私を付けねらったストーカーの悪霊でも張り付いてんですわ。そいつが負のオーラで私のやる気を奪って‥‥‥‥‥‥‥‥って、そんなわけないので地道に頑張ります。
一点集中型で仕事をするのには変わりないですが、アングラ巡り制限とかかけてみました(メモ用紙一枚…)。あと睡眠時間と起床時間設定。
しかし予定を立てているうちに予定時間がすぎ、本来ならばもう就寝している時間です、現在。




‥‥‥‥‥‥‥‥気にするな、まあアバウトだ。




なのでまあ、早々にお風呂に入って寝ます。私の風呂タイムは1時間だ(最低)。
昼夜逆転してたので、トリノは見放題だったはずですが、あんまり記憶にありません。ジャ●ネットた●た見てる時点でバレバレですね、ははははは。ではアディオス。何日で計画倒れになるか、どっかで賭けにならない賭けが成立しそうですな。オッズは1.5日。

テーマ:■今日の独り言■ - ジャンル:日記

そうだ、仕事しよう。
それが丸一日寝ていた人間の言う科白ですか(タイトル)。お天道様に顔向けできない日々。


こんな時間の更新は、大抵夜明かししたに決まっている女のサイトへようこそ。
起きたのがな、もう人には言えない……ごにょごにょ。ellisが外出出来ない時間でした。


昨日から仕事日だったのに、ついアングラ巡りとかしてしまうこのバカ。
その意欲を別の方向に向けられたら、私の人生もっと華やかだろうに。
ちなみにそろそろ医療費が年間に10万越えたら、ちょこっと返ってくる申請をしないといけない。と思っていたら、この前ケースワーカーさんに「非課税所得には関係ない」と一刀両断されました。ええ、そうですね、そうですともさ(泣)。
そういえば、ここでの浮かれっぷりというか弾けっぷりというかで、仕事で書いてるものが「ギャグ」だと思っている方が多いです。
「えー? コミックじゃなくて?」と、直球でえぐってくれたのはからすさんにお米をくれるおじさん。当方、絵心もなければギャグができるほど頭も良くありませんので。
次に聞かれるのが「やっぱ萌えなの?」。




萌えは自然発生ですので。




こっちから仕掛けるものでもねえべやと思います。っつーか、書いてる側が萌えてたら、作品崩れるでしょーが(少なくとも、私の場合)。
しかし男女比の著しい傾向は否めません。断然男が多い。書きやすいんだもん。一応シリアス(本人エンタのつもり)ですが、人死にも多いです。罰当たりだな。
なもんで、この先「著しく男ばかりの出てくるシリアスのくせにちょっと天然入った死人が多い作品を出すジャンル不特定な作家」が出てきたら、それはellisだと思ってほぼ間違いありません。ほんまかな。ついでに女はどいつも強いです。泣き寝入りなしね。むしろ男が泣きまくり。
ここはほんまに好き勝手してますからね~♪ 言葉の制限もないしな~(本音はそれか!)。


話は変わりますがこの週末、また引きこもってました。
もう週末は「家の中の食料品クリアランス」って感じになってきました我が家。
昨日はタイミング悪く雨だったのでお金を引き下ろしにも行けず(起きたのもアレだったしな…)、賞味期限切れのたまごスープを発見し、ちょっとほのぼのしていました。だってフリーズドライじゃん! これ以上どうにもならないじゃん! 私の腹はヤワじゃないよ(威張るな)!?
そして卵抜きホットケーキ。心から肉と魚が恋しかった。野菜も。なのに夜中にホテルのランチバイキングCMとかしないでください、K●S京都。みそ汁すすってる自分が激しく切なかったじゃないか。あああああ、あのテリーヌ美味そう!! とか思わせないでください。子どもの時でさえ、食い物でそんなふうに思ったことないのに(子ども時代はママンの手作りで満たされていたから…嗚呼、今は愛がないなあ。重病とかパパンに偽って、ママン一週間ほどレンタルしよっかなあ)。
ぼけた頭にキンキン響く「ジャ●ネットた●た」のCMの方がまだ救われる。あそこの社長さんの喋る標準語が、どうしても標準語になり切らなくてたまりませんな。私も標準語は苦手です。何しろ4~5種混合ですので(もはや特定不能)。
今週末はキャスバル兄の家に出張なので無問題なのですが、来る〆切(もう逃げないぞ、逃げたらバカだぞ)に備えカップラーメン、パスタソース、丼レトルトなどをまとめて発注しました。よし、これで「今日はこれしか食べないでおこう…」なんていう「一日一食(しかもラーメンだったりホットケーキだったりチョコレートだったりみそ汁だったり)」主義から逃れられます。米はあるからパスタ買って来よう…。


税金申告かー。来年は申告したいよなー。今年はしたくても必要ありませんので…。年金も所得税かからない金額しかもらってないしね(というか、そういうふうに値段付けされているんだろ)。
先週遅れたバレンタインを送ったら、後輩の一人が「独り身を気遣ってくださってすいません」とメールをくれました。




気にするな。独り身が切ないのは寧ろ私の方だ。




いや、真に迫ってるわけでもないですが、後輩達が片づき始めるとねー(しかも男で)。
あげる相手もいないんだから、憐れんでもらってやってくれたまい。
‥‥‥‥‥‥‥‥空しくなったところで、軽く眠って(まだ!?)仕事モードに入ります。一番テンション上がるのは、布団に入った直後だったり。空想タイムですものなあ(変な意味じゃなくてよ?)。なので時折枕元のメモ帳には、謎な言葉が残っていたりします。それも一興。
しかし「放火魔の話」って書いてあった、あれはどうなんだろう。『金閣寺』の夢でも見たんだろうか私。

テーマ:■今日の独り言■ - ジャンル:日記

茨木のり子さんの訃報。
茨木のり子さんが、昨日亡くなっていたそうです。
心から好きな詩人さんのお一人。
『自分の感受性くらい』、『見えない配達夫』、最近では『椅りかからず』が知られているでしょうか。
1分もなかったニュースにひょいと出会ってびっくりです。眠気も飛んだよ。

飾らず淡々とした言葉なのに、どれも心に響くので詩集はどれも大事にしています。
若気の至りで、ちょいと詩作に手を出したことがありましたが(中高生の頃)、影響を受けたのは彼女です。創作の上でも彼女の作品を開くことが本当に多い。ちょっとつっかえた時とか、ひよってしまった時とか。ちなみに完膚無きまでに打ちのめされていると、彼女の言葉を受け止めることができなかったりするので、いいバロメーターでもあります。

私にとって、とても大事な方がまた一人、天寿を全うされました。
どうぞその御霊が安らかでありますよう。
そして残された私たちは、また毎日を生きるのですね。残してくれた彼女の作品と共に。 
『椅りかからず』の中、「笑う能力」の中の一節。
  いとをかしくて
  深夜 ひとり声たてて笑えば
  われながら鬼気迫るものあり
  ひやりともするのだが そんな時
  もう一人の私が耳元で囁く
  「よろしい
  お前にはまだ笑う能力が残っている
  乏しい能力のひとつとして
  いまわのきわまで保つように」
  はィ 出来ますれば
彼女が本当に今際の際まで笑っていられるほど幸せであったことを、心から祈ります。
ちなみに私が本当に好きな詩は内緒ですよん。



もし次に私を訃報で泣かせる有名人がいるとしたら、迷わずロイ・マスタング大佐とお答えするでしょう。どうして萌えに戻ってくるのだ私よ。                                                                                                                               

テーマ:■今日の独り言■ - ジャンル:日記

対アレルギー対策。
先日の鍼、書き忘れてたことがありました。
背中にあちこち打たれてぎゃーすか言ってたんですが、「はい、じゃーもういっぺん仰向けになってくださいねー」と先生がのたまった時、ひょいとブラホックがかけられました。
「……いつ外したん?」
「え、外す時はこっちで勝手にやるからいいよって言ったやん」
それは仰向けの時~。
「先生業師ですな、このテクニシャンめ」
「え、ええ~~?」
激しく品のないネタですが、空しく本当の話。


激辛ラーメンなどを食してしまい、激しく後悔している女のサイトへようこそ。
く、口が‥‥‥‥‥‥‥‥自業自得。


最近愛しているのがマートル(ページの真ん中ら辺)の精油です。
書いてあるとおり、ユーカリよりは穏やかですが、顎とかに塗ってると喉にすかーんと来ます。
マートルと聞いてもぴんと来なかった私ですが、スペルを素直に読むとミルテです。銀梅花ですよ。ゲーテが歌ったあれね。植物そのものの情報はこちら。果実酒にできるのか、ええなあ。現在西向きの我が家なおかつ茶色の指の持ち主という状況では、どないともなりませんが。
め、目指せ3LDKー! 南東に向いた部屋がいいなあ。寝室とベランダ一面に陽が当たるように。書斎は北向きです。日に当たったら背表紙が焼けるでしょうが! 相変わらず妄想が爆発しています。夢見る間は美しいのよ。実際ローン返済とかなりかけたら、自治会費とか共益費とか思いがけない騒音とかで悩むのよ。
話が逸れましたが、マートルの精油はヒドロラーテと一緒に使ってます。溶けないの承知で、力技。ぐりぐりっとすり合わせて喉にがーっとすり込むの。随分乱暴なアロマセラピストもいたもんだ。自分の身体だからこそできることなので、他人様には絶対お勧めしませんよ!?
オイルで希釈して塗ればいいんだろうけど、パジャマが微妙に油臭くなるので却下……。


そしてアレルギー最大の特効薬は睡眠でした‥‥‥‥‥‥‥‥。
あくまで私の場合なので、あまり参考になさらないよう。
もちろん良質な睡眠ですよ。時間ばっかり食ってる浅くてだらだらした睡眠じゃなくて、深くてすかっと目覚めのよい睡眠ね。
はーーー、贅沢。金もかからんからよけいいい感じだわ。こうしてまた浮世離れしてゆくellis……。

テーマ:■今日の独り言■ - ジャンル:日記

目はまだ痒い。
朝起きて、ふと気づきました。
「おおお、口の中がマシになっとる~♪」
それだけ。
唇は依然腫れております。タラコになってないのが幸いだわ。めくらないと分からない。


相変わらずデトックスジュースの素を作る女のサイトへようこそ。
最早ショウガとシナモンとペパーミントティーしか共通項ないな。クローブのホールも見つけたからそれも突っ込んでます。味はちょい甘め。紅茶で割って飲みます。


今日は土曜日。もう日付はとっくに変わってるけど土曜日。
明日は日曜。久しぶりに『サザエさん』を見て、「明日からまた仕事か~」な気分を味合わなくては。
そう、束の間の休息は明日まで。明後日から仕事です、仕事。望むらくは、「ミスドの椅子がもうちょっと柔らかかったらなあ」です、以上。
ちなみにこれまでの仕事、基本的に土曜日曜ゴールデンウィーク盆クリスマス正月は関係ナッシングなところばかりでした。非国民の非国民たる所以です。逆に土日休みの仕事は辛かった。何がって5連勤なのが。
シフト勤務だと、早番遅番(下手すれば開店から閉店までのオール勤務)などのずれがありますが、大抵2~3日出勤して休み。あれはいいリズムでした。
‥‥‥‥‥‥‥‥今では自分でリズムを作るのも仕事になっておりますが‥‥‥‥‥‥‥‥。
しかも休日は平日なので、人混みに煩わされることもなかったし。うん、これ大きいな。うっかり水曜が休みだと、繁華街や百貨店が軒並み休日で悲しい思いをすることもありますが。
通院も気にならないし。今も気になりませんよ~。時々行けずに病院から「どうなってますかー?」の電話はかかってきます。


来週パパンが大阪出張のため、私も出張しますが、先月ママンがしみじみとのたまいました。
「あんたを四年制の大学にやるんじゃなかったわ……」
え、それはバカ私立だからムダに金がかかった挙げ句にプータローになってて現在年金生活者だからってこと? 嫁にも行かずに? と思っていたら違った。
「そのイギリスのアロマの大学? とか鍼灸師さんの大学とかにやってたら、もっと私のあんまさんになってもらえたのに……」
思わず秘孔突きたくなりましたが、足ツボを突きまくってじたばたさせておきました。どこまでもオレ様視点かよ。
英国にはアロマの四年制大学ができているそうです。あれ、まだ出来てないんだったか?
ええなあ~。お金ためたらIFPA(英国認定のアロマ資格)を取る授業を受けるのさ。その前に専科の授業を全部受け直したいです。いろいろとこぼれ落ちてるので、記憶が。
来週は仕事に家族サービスに奔走します。口の腫れも引きそうだから、ちゃんとフルートも行きますよ。
そういえば、『サザエさん』しばらく見てないなあ。

テーマ:■今日の独り言■ - ジャンル:日記

ellis、ハリネズミになる。
むがー、むがーがーがー(昨夜も眠れてません。昨日寝過ぎたせいかしら、くそ贅沢な)。
むーむーがー(そんじゃちょっと早く鍼に行きますかねっと)。


そしてハリネズミとなった女のサイトへようこそ。
うぅ……マジ痛かった……。


「ちょっと早く」行くつもりが、結果的にいつもと同じになってしまいました。
先生に結膜炎と口の腫れと喉の痛みとリンパ節の腫れと、いろいろ訴えてみました。結膜炎は、鍼ですぱっと治るそうです。
問題は、口。
「何したの、これ?」
「分からへんですー。皮膚科には行ったけど、5000円のうがい薬出されただけですー」
「5000円?」
「時間外診療やったの」
あっはっはと先生は笑って脈診を始めましたが、ものすごく難しい顔になってしまいました。
というのも「速すぎて分からん」のだそうです。数脈(さくみゃく)というのだとか。
「ネズミがちょろちょろちょろっと走ってるような脈やねえ~」
「せんせー、それ嬉しないです…」
しかも右と左で違うとか。後に理由は知れますが。
普段はあんまりたくさんの鍼を打たない先生です。ところが今日は。
「これまで鍼でくたびれたことある?」
「いえ、ないです(それほどたくさんの鍼は打たれていないから)」
「じゃ、今日は覚悟してね」
‥‥‥‥‥‥‥‥後でえらい目に遭いました。
からす姉さんがブログでおっしゃってる通り、鍼は普段痛くありません。痛い時は思いっ切り悪いんです。
しかも、普段は「痛い」と言うと鍼を抜いてくれます。ところが今日は「痛い」と言ったら手を止めて、落ち着いたらまたきりきり突っ込んでいくのです。
これはよっぽどなんだね? いやまあ、もういいけどさ。
右足首あたりで、「ずこーん」と来ました。痛いとかそーいうんじゃなくて、‥‥‥‥‥‥‥‥うーむ何て言ったらいいんだろう。まさに衝撃。
「せんせー、今思いっ切りきたよ」
「うん、手応えあったね♪」
いや、そうじゃなくて。
次は右目の横。「ぐがぶっっ……せんせー……」
「あはは、手応えあったから、途中で手止めたけどねー☆」
嘘つき。
脳天は平気でした。後は腰とか鎖骨とか横腹とか腕とか脚とかそりゃあもう……って、全身じゃねーか。大抵左右対称で打つので各2本ずつね。鍼だけで時間が過ぎてしまった。
しかもじんじんする。うう、まさに「響く」って感じ。痛い……。
「せんせー……鍼打った後がいつまでも痛いねんけど……」
「あー、気にせんでええよ。後もんどいて」
お灸は家でやれと言われ、あまつさえ「来週必ず来なさい」と言われました。
脈がどうにも収まらないのだそうで。
「右はだいぶ落ち着いてきたんだけどねー、左が何か上がったり下がったりしてるわ」
うん? そーいや私。
「せんせー、左腕に喘息治療のテープ貼ってるねん。それ、気管支広げるから脈速くなるって呼吸器科の先生が言っとったから、今取ってみる」
ぺり。
「……どないですかー?」
「あるよりはマシってくらいかな……?」


梅安の話もしてみましたよ。先生ちゃんとご存知でした。しかし感想の一言目。
「あれ、営業妨害だよねえ。鍼灸師がそんな人殺す奴ばっかりだと思われたら嫌だよねえ、困るよねえ」
‥‥‥‥‥‥‥‥いえ、きっと普通の人は分別がおありになると思います。
「だから鍼怖いって言われるのかなあ~」
‥‥‥‥‥‥‥‥いえ、きっともっと他に理由はあると思います。
「あ、でも池波正太郎はちょっと読んだよ、ほら、あれ」
いろいろ聞いていくうちに剣客商売と分かりました。秋山小兵衛……素敵。
「あれは格好いいよねえ」
鍼灸師も出てこないしね。
「せんせー、『鬼平』も!」
「え、『鬼平』もあの人なの? すごいねえ~」
吉右衛門様、吉右衛門様大プッシュ! この作品だけ何で役者さんプッシュなんだよ。吉右衛門様以外のキャストも素敵ですよ? 音楽も素敵ですともさ。あの江戸弁がいいねえ。
こんなしょーもない話もしてましたが、来週もれなく予約が書き込まれました…。お灸も買いましたよ。どこに置いたらいいのか分かるようにツボ膏貼られました。そのまま帰ってきたけど。手とか見えまくりで。ははは。


さすがに疲れたので、近所の茶店でご飯とお茶で一休み。それから歩いて河原町まで出ましたが……気分悪い。
こうめまいというかたちくらみというか、全身が重だるいというか、鍼のあとはじんじんしてるし(一カ所だけ、いつまでも。今でもだ!)。
「やば……立ってられへん……」
なのでまた茶店でだらーっと。それから本屋で新刊仕入れたり、コンビニで破れた電話代振込用紙をお願いして読み込んでもらったりしてましたがダメダメ。その場に崩れそうです。ぴちぴちのお嬢さんならともかく、こんなツボ膏見せまくった倒れ方では「いつか王子様が」はあり得ません。王子様も「けっ、年増か」と言いそうだ。ああ、自分で言ってて自分で落ち込んだぞ(泣)。
結局、家帰って寝てました、はい。あーーーー、堪えるぅ。先生が「さすがにやり過ぎたかな…」と、ぼそっと言ったのを私は聞き逃していない、いないぞ。
ハリネズミを1時間でやり切る早業でもあったので、余計くたびれました。でも口の中がマシなの……いっつミラコー!
明日まともに起きられたら、今度は診療所の方へ行って来ようと思います。

テーマ:■今日の独り言■ - ジャンル:日記

むくむく。
昨夜、さあ寝るぞもう寝るぞ、寝倒すぜー! と思った矢先、いらんことに気づきました。
「口の中……腫れてる? ような?」
‥‥‥‥‥‥‥‥草木も眠る丑三つ時、何でこんなことに気づくんだ私。


そしてオチつきの散財をした女のサイトへようこそ。
ふふ、こんなオチなんて……ふふ(涙)。


口の中が何だがぶくぶくしているのですね。ついでに唇を噛みしめると痛いのですね。
アレルギー性結膜炎と、喉の痛みとこれは、もはや無縁ではないような。
そういえば、四、五日前からどうにも口の中がおかしいと思ったわ。
で、真っ先に疑ったのが先週処方された十味敗毒湯です。疑ったけど、今飲んじまったろうお前。
次に疑ったのが、サプリメントのマグネシウム&カルシウム。これも疑ったけど(以下同文)。
どうする。このままぶよぶよしまくって、喉までぶよぶよしたらどうする。
それに気づきたいが、ヒルナミン10mg入っちまったよバーーーーカ。
この目が開いているうちに、今行っておくか? どうする。明日まで待てるか。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥。
煩悶してましたが、その間にも「むー、アナフィラキシーではないな、奥まで広がっていかへんし。でもとりあえず、どうにかする? むーーー」と、ふらふらしながら考えてましたよ。
結果。「よし、タクシーカモーン☆」
歩いて喋れるうちは、救急車に乗らない。当たり前です。ふらふらだけどな。


救急車で行くと、とりあえず何が何でもぶち込んでくれるし、当直の先生の状況によって病院を振り分けたりもしてくれます。
が、自分で行くとうっかり担当の先生がいなかったりすることもあったりで。
なので当然着いてまず怒られました。
「事前に電話くださいね。担当科の先生いるか確認しますから」
いや…電話できるほどであれば、きっと私はここにはいない。
運よく皮膚科の先生がいてくれたのですが、以前診てもらった女医さんでした。とりあえずうがい薬だけもらって会計書。




5000円。




夜間診察の甘い落とし穴を忘れていた私。
そうです、時間外診療はとんでもなく高額になるのです。時間外だから。
こんだけふんだくっといて、事前に知らせろも何もあるのか。しかも2分で済んだぞ診察。嫌味か? 嫌味で取るのか?
‥‥‥‥‥‥‥‥一瞬わいた疑惑。
「えー、今度でもいいですか? 今持ち合わせないです」
「じゃあどれくらいあるの?」
財布をぺろっと見せて、残金千円
「なんやそんだけしかないんかいな」
どこのカツアゲですか。
「しゃーないなー。それ使ったらタクシー乗られへんやろ」
「カードで払うからいいです。再来週また診察あるんで、そんじゃ残りはそん時でいいです?」
「はいはいーっと」
と、情けないやりとりの後に領収書が切られました。
タクシーを待つ間薬を見てみるとアズレンスルホン酸ナトリウム…。





それならティートリーの精油でうがいでもしてればよかったよ。




いや本気で。我が家はちょいとした薬局さ。空しく残金4000円は、再来週支払いです。
イソジンガーグルが出なくてよかった…。あれはどうも苦手です。
アズレンスルホン酸ナトリウム(商品名アズノールを言えばいいのに)は、色はちょっとアレですがまだマシでした。そもそも何で真っ青なのかはアズレン知ってるから予想済みだし。


そんだけ支払って、病名不明ときたもんだ。
とりあえず消毒しとけということですかい。おかげで今日はフルートレッスンに行けませんでした。腫れ上がってるからね、アンブシュア作れないし。
こういう時は水分しっかり取って、ナトリウムは控えめにするのだそうです。ネットで得た知識。二、三日の我慢だとか。むむう、不便。

テーマ:■今日の独り言■ - ジャンル:日記

膝で大爆笑。
アレルギー性結膜炎と診断されてきました。おいおい、どうなってんですか。
移りやしませんが、私のIgE抗体は悲しいほど健康値だ。なので花粉症ではありません。
おいこら、主治医。てめえアレルギー=物理的なアレルゲンとか思ってんじゃねえよ、こらあ!


久しぶりに梅田に行ったのに、阪急三番街が休みでものすごく切なかった女のサイトへようこそ。
せっかくだから32番街で『これが私の御主人様』を買ってきました。
梅田まで行って、わざわざか……。


今日も今日とて「眼科なんてそんな混んでるわけないって~」とタカをくくっていたellis、また痛い目を見ました。
うちの病院、基本的に初診はすべて午前診なんですが。眼科ってば1診から5診まである……。
当然待ち時間も相応に頂きます。が、1時間以内で済めば大病院としては良心的なのではと思ったり(←変に慣らされている)。
座る場所がないですが、ほとんど寝てないので(また眠れなかった)しゃがみ込んで待ってました。
……いました。病院にお約束の「いらちなおっさん」です。
「遅いのう、ええ? どんだけ待たせるんや。あーーーー、遅いなあ。早よ診てんかー」
じゃかましい、黙れ。
処置室で寝てる患者さんがいると聞けば、
「あ、何や寝れるん? わしも寝かせて。だるいー、だるいー。あー、しんぼうたまらんわー」




オレが辛抱たまらんわ!!





で、いちいち足音たてて1診~処置室までを往復してくれやがるんですよ。ゴム底をね、いちいちこう、きゅきゅって。きゅきゅ、きゅきゅ、きゅきゅ、きゅきゅ……。……お前は花魁道中でもしたいのか。いちいち足ひねって歩きやがって……。
‥‥‥‥‥‥‥‥死ぬほどむかつく。
ああ、私の膝が笑ってるよ笑ってる。目の前のバカのせいで笑ってるよ。頭の中ではもう惨殺死体なのになおっさん。両手両足を4頭の馬にくくりつけて走らせて引き裂かれてるのにな。膝だけじゃなく肩まで震えてますよ。ああもう。
というわけで、「ellisさーん」と呼ばれて視力検査に行った時、歩きかけてすとんと膝が落ちました。周りのじいちゃんばあちゃんが慌てて真っ青になるくらい、見事なへたりっぷりだったようで、看護婦さんに両肩捕まれて「大丈夫? 大丈夫なの?」と聞かれました。
お返事「あの……さっきからあの足音立てて往復してはる人、もういませんよね……まだいはりますか……」。
看護婦さん「え? ああ、あのちょっと騒がしかった人? 大丈夫よー、もう他の科に行ったから」
それは何よりです……。
膝すりむいたよ、もうー。私も一瞬自分がどうしたのか分かりやしません。膝が痛い…それだけよ。
その※☆%$野郎がいなくなっていたおかげで、検査の後も大人しく待ってました☆(←今頃ぶってんじゃない)
で、診察の結果が冒頭です。最初に何出されたか聞かれたので、素直に答えました。さすがにダブルステロイドは今時ねー。ということで、まずは抗アレルギーの目薬と、痒い時にこの前よりずっとずっと軽いステロイド系(もうしょうがない)の目薬と、痛む時用の3バージョンが出ました。……ってことは、結構私重傷? もっと早く来ないといけないバカ?
ちなみに私のIgE抗体値は14です。湿疹が止まらずに、もうたまらず検査してもらってこれ。ははは、アトピーには本当に縁がない。
ではなぜ、眼科の先生がアレルギー性と断定したかといえば、「薬によるアレルギー歴があるから」です。どっかで何かがひっかかったんでしょう。ついでにうつに堕ちたストレスとかで倍増されたんでしょう。
真面目に目薬さします…。


精神科は午後一番で、正直助かりました。
その前に食堂でごっはんー♪ 国立循環器病センターのご飯は美味しくなかったけど、阪大病院好きー♪ うちの病院もけっこういけました。いけましたが、薬を飲んでるからといって、お茶の入ったお湯のみごとお膳さげないで、ウェイトレスさん…。あったかいお茶、欲しかったのに…。
さて、精神科ですよ。
「どないですか調子は」
「あかんです。最悪です。今日時間通りに来たのは、午前に眼科受診してたお陰です」
「ほー、創作は?」
「〆切延ばしました(泣)!」
「いつ〆やってん?」
「今日です」
「まー、別に、〆切の一つや二つくらい……ごにょごにょ」
‥‥‥‥‥‥‥‥何でこの人が言うと、慰められないんだろう、心から。
「ほな薬、どうするー?」
「ロヒプノール、もうええです。何かあってもなくても一緒やから」
「おお、素晴らしい」
「でもまた戻してって言うかもよ」
「うん、それでええやん」
「先生さ、いっつも『それでええやん』って言っといて、いざこれにしてってお願いしたら、絶対『そんなん言うたか?』って言うやん。そんで出し渋るねん」
「しゃーないなー、ほなカルテにそうやって書いとくわ」
どう書かれたのか。
「ゾーミッグはもうええよな?」
「それはこの前の時のイタズラやから。ロキソニンも今はええから。あ、これはまた出してもらうかも知れへんで?」
「そんなん知らん」
「一回一種類かい! アラジンの魔法のランプより使えへんな!」
「そんなんあったら私が欲しいな」
「うちかて欲しいわ!」
診察台の向こうには、患者さんに頂いたとおぼしき紙袋がちらほら。くくく、ここはやはりからかわねばなるまい。くくく、患者の義務としてな!!
「あーあ、先生がそんなに食べ物制限なかったらチョコレートあげるのにー」
「えーえー、もう私は死にますよ。早く死ぬから」
……こんなん言ってる人ほど長生きです。
「そら、私よりは早く死ぬやろうさ。普通に生きてたらな」
「もう死ぬからええんです。何も食べんでええんです」
「ほー。そしたらバレンタインに何をあげたら先生は喜ぶわけ?」
「‥‥‥‥‥‥‥‥空気かな」
「よっしゃ、空気やな」
今は空気缶なるものが売られていることを知らないな、主治医(リンク先、ちょっと微妙ですが…)。よし、来年はそれだ。
「そしたら先生に、めーっちゃ美味しい空気でも持ってきましょかねー。あ、ついでに血中濃度取ってください」
「どんなついでやねん」
「ま、念のため。そんじゃ空気ねー、ほほほ」
謝られるまで気づきませんでしたが、看護婦さんは二週間前に私を説得しようとした人でした。もういいって、二週間も前のこと。言い出したらキリがないわ。


そんで採血して、かなりウトウトしながら梅田に到着して、アロマの学校に立ち寄って帰ってきました。コミックゲットもしてね。
ちなみに本日の超散財。
「そうよ、うつに堕ちた(この字の方が合ってる気がする…)ままではいけないわ。何か軽くハイになれるような散財をしなければ。贅沢…贅沢…ぜい、た、く」
と、目の前にファミレスがあったので、そこで美味しくご飯を頂いたのです。一食千円以上のご飯なんて久しぶりで、めまいするわ……。病院の食堂、450円…。
もっと形に残る物の方がよかったかも…。
とりあえず、膝が笑わないようにしないとなー。と思いつつ、主治医に言うの忘れてました。言っても多分「これ以上(薬を)どないせえっちゅうねん!」って、ツッコまれるし。
パンストは無事で膝小僧だけすりむいてるって、私も結構器用だと思いました。ああ、笑う笑う、かくかく。
うつな伴天連他員。
……ふいー、5日ぶりに外に出てみるかね。気分はすっかり引きこもり。
っつーか、それ以外の何ものでもありません。


抵抗力を日々下げ続ける女のサイトへようこそ。
また目ぇただれた……喉も痛いです。外に出てへんのに、何でですのん……?


寝て起きて、寝て起きて、寝て寝て寝まくって起きられないで、12日の夜に下した結論が、「すいません、2/15〆、無理!!」でした。
自分から渡すと言った日にちに渡せないのは、正直情けない気分で一杯っす。
社会人というより、人としてどうよ、それ。そして「死にたい」とはこーいう時に使う言葉なのさ。
でもま、できなかったことはできなかったと認めて、次に同じことをしないようにする。これが今の課題です。正直自分にはむかついてむかついて仕方がありませんが、多分踏み越えなあかん壁。自分の体力はともかく、メンタル面の見極めってのが。
はい、久々に超うつなのですよ。起きあがれないって久々だ。
しかしなっちまったもんは仕方がねえ(しかも放っておいてもまた来るし)。オレはこいつを飼い慣らして見せるぜえぇぇ!!
‥‥‥‥‥‥‥‥どこのバイクを乗り回す小僧ですか私は。


そう、世間ではバレンタインデーですよ。伴天連他員デー。パパンとじーちゃんとキャスバル兄には事前にママンに託しました(この順番が、今の私の優先順位だ。キャスバル兄……地に堕ちたり)。
あとは、ちょっと遅れてしまいますが発送です。といっても顔見知りにちょっとだけ。今年はどうも高級チョコ嗜好だったらしく、どの店覗いても高っっ! 本命には平均3000~5000円だそうです。本命のいない私には関係ありませんが。
‥‥‥‥‥‥‥‥いや、いたけど送ってない。
そう、大佐です。私ってばうっかりして大佐にお送りするのを忘れておりましたわ!? ちょっとこの腐れ乙女、どうなってんのよ。
ちなみにellis、以前田中芳樹先生にお送りしたことがあります。
初めは『銀英伝』キャラに送るつもりだったので徳間書店御中だったのですが。ファンレターの最後では結局アルマリック・アスヴァール(『七都市物語』ばい早川書房)に送っていた……しかも徳間御中のまま……。
ひどい、ひどすぎるぞellis。でも田中先生からお返しを頂いて有頂天。すぐに開けるのが勿体なくてビデオデッキの上に置いていたら、遊びに来た友人が「ellisちゃん、これエロビデオ?」と一刀両断してくれました‥‥‥‥‥‥‥‥(実話)。
だとしたら、そんなところに放置するとでも思っているのか。
「いやー、丁寧にラッピングしてあるしまだ見てへんのかなーって」
女子校の実体って、こんなもんです。
美人さんの友人から吐き出される毒が切なかった。切なかったともさ。
なので間もなくラッピングは解かれ、お菓子は美味しく頂きました。ちなみにゴーフルでした。いろんな意味で忘れがたいバレンタインだ。
田中芳樹先生は、バレンタインチョコをくれたすべての人にお返ししているそうです。で、チョコレートは幼稚園とかそういうところに寄付すると。さすがにお酒の入ったのはより分けるそうですが。初めは「ふーん」と思っていたのですが、実際にお返しが来るとめちゃめちゃ嬉しいですよ。うわー、田中先生のところに私の手紙は確実に届いてるーって。
こうして腐女子は形成されていきます……。
でもそういう心遣いのできる作家さんって偉いなあと思いましたよ。
大佐には差し上げそびれたので、私自身が買ってきて美味しく頂きましょう。
お供え物じゃないっつーの。


明日はやっぱり眼科から……。
さっき鏡で見たら、お岩さん一歩手前でした。やば。喉も痛い。やばやば。
ついでにケースワーカーさんにも(今度こそ)いろいろ相談しないと。
このまま放っておいたら、次はまた湿疹出すのだらうか。それとも熱を出すのか。
好奇心半分理性半分なのですが、理性が勝ってくれることを望みます、内なる私よ。

テーマ:■今日の独り言■ - ジャンル:日記

オーバーオーバー。
トリノだ。開会式だ。
余裕で見られたはずのくせに、入れ違いで寝ておりました。ぐー。
昔っから、オリンピックとか燃えない人なんです…。
そういやパパンは、夜通し見てて、疲れた身体に鞭打って働いてたっけね。


予定時間はるかオーバーで寝こけた女のサイトへようこそ。
あああああ、だーかーらー!!


どんなに自分が崖っぷちでも、眠剤を抜くことは致しません。しても一日くらい。
何故なら。
「反兆」という作用が起こるから。手っ取り早く言うと、薬切れです。
ただでさえ毎日不安なのに、不安・焦燥感がばりばりきちゃったりとかして、下手すると身体症状が出るという作用です。
なもんで、切れる薬はこの時切っちゃって。ダメなやつだけ飲むことにしています。
だけどそういうやつに限ってきつい薬だったりするわけで。結局このザマさ、あははは(泣)。
今うつに落ちてるから…(躁うつの人がうつに落ちると、過眠傾向になると聞いたが本当か? 私には有効だけどよ)なんて言い訳になるかーーーー!!
寝こけちまった分は仕方ないので、自分で調整しますです。


そういえば、もと地元方面の友達から寿がき屋のインスタント麺を送ってもらってご機嫌なellisです。
でも寿がき屋のキャラクター「スーちゃん」。以前から瞳孔の開ききった顔でちょっぴり苦手でしたが、ロゴが新しくなったのか袋の上の方にはリンク先の左一番上の状態(顔の右半分を見せてこちらを伺っている)になっていて、視線恐怖の私は軽いめまいを感じましたよ。
はいな、中部地方の方にはおなじみの寿がき屋。基本的にラーメンとお汁粉の店です。いやほんまに。ラーメンと甘い物。
だから中高生がたむろするには絶好だったんだってば。割にどの大型スーパーにも潜り込んでたし、駅のショッピングモールとかにも入ってたし。
最近は関西でも寿がき屋のカップ麺とか見かけるようになりましたがね。
以前某大手パソ教室に勤めてた頃。講師のお兄ちゃんが、寿がき屋のカップ麺をご機嫌で食べていました。
「あ、寿がき屋や。懐かしー。こっちにもあるん?」
思わず訊ねたら、思いっ切り食いつかれました。
「え、ellisさん寿がき屋知ってるんですか?」
「だってそっちの出身やもん(正確には関西生まれ、中部経由の出戻り関西人)」
「そうなんすよー。俺、寿がき屋って全国区やと思ってたのに、こっちに来たらなくってー!」
そうか、滋賀まではあるらしい寿がき屋……。
地域限定というか、その地域に根付いてるメーカーというのは、案外外に出てみると懐かしいもんです。
我が家は外出制限の厳しい家だったので、たまに友達と外食できるのが嬉しかったんですよ。お子ちゃまだな。マクドにはさして魅力を感じませんでしたが、友達とラーメンすすり合うなんて、何か大人っぽいわと錯覚も甚だしい。ラーメンいらない子はソフトクリーム食べてたし、便利だったな、うん。
昨日は「おおー、この中途半端な味よ、そうよー」と思いながら鍋で頂いてました。行儀悪い。
そういえば、鍋から直接頂くのは去年両親のニュー実家で昏倒して以来です。嫌な記憶。
自分の家だと後始末が大変なので、おつゆも残さず頂きましたよ。卑怯なり。


今テレビつけたら、トリノ一色なんだろなー。と思って、テレビをつけないellisです。
一番好きな状態は、テレビはつけててミュートにして、iPodくんで音楽聞いてる状態です。画面に何か映ってると、ちょっと賑わうやん……。この引きこもりめ。
PCの音も今は全部切ってます。大佐のお声を聞きたい以上に音に過敏になっちゃってるらしくて。
デトックスジュース、自分なりに作って飲んでます。漢方の先生も「へえ、いいんじゃない?」とおっしゃったので。
ここで一句。「デトックス 飲んでる上から 薬漬け」
お後がよろしいようで……。

テーマ:■今日の独り言■ - ジャンル:日記

あうー…。
ありがとう、酸棗仁湯……。久しぶりに、深く眠りました。
ついでにだらだらと寝てしもたがなーーーー(泣)。


毎週自分の非力さを思い知る女のサイトへようこそ。
なんてちっぽけな非力だお前。
ちなみに〆切のたびに失意のどん底まっしぐら。


私のフルートの先生は、とても良い先生です。
まず完璧を求めないことと、「楽しいことが一番」と思ってくれること、何より先生ご自身が楽しんでいらっしゃることですね。
かといって、指導がいいかげんなわけではなく、「あー、しくったー」と思った時は必ず「んー…、今ちょっと音の低い人がいましたねー。じゃ、一人一人やってみましょうー」と、鋭いツッコミが入ります。
そして必ず、今よりちょっと(時にはかなり)レベルの高い曲をひょいと持ってきて、素晴らしい笑顔で「じゃ、ちょっとやってみましょう」とおっしゃるのです。「ちょっと」と、あなたはおっしゃいましたか、今‥‥‥‥‥‥‥‥(涙)。


昨日渡してもらった楽譜は、またしても手書き(←苦手)です。
『1リットルの涙』のメインテーマです。とってもきれいな曲。といっても、私は原作も読んでないしドラマも見ておりません。ただ、「あー、聴いたことあるー」くらいのもの。流行に少しは敏感にならんかバカ者。変に俗世離れしているのは、どうやらパパンの血のようです。彼は去年まで銀行のATMの扱いを知らなかったし、3年くらい前までは自分のぱんつがどこにしまってあるかすら知らなかった剛の者だ。
で、楽譜です。ああ八分音符がいっぱい……。しかも転調したら♭が3つ……。仕事柄、毎日ピアノを弾いている友達さえ、「え、ミ♭ってド♯…?」と慌ててました。レ♯です。
そして先生のまぶしい笑顔。「じゃ、ちょっと吹いてみましょう」初見です。泣きそうです。それでも半年前よりはついていってます。慣れって大事。「今どこ?」ということだけはなくなりました。
ちなみに速さは四分音符=96。けっこうおっとりしたいい曲です。ただし吹く方には結構な苦労を強いる曲です……。
初見でぶわっと流したあと、「せんせー……ミ♭知りません……」と情けない報告。
「あら、まだ習ってなかったかしら?」といって、しゃかしゃかホワイトボードに運指を書いてくれました。
「あ、低い方(=普通のオクターブ)のミ♭はこれと違いますからねー」
ええ!?
‥‥‥‥‥‥‥‥低い方のミ♭も出てきます。
「じゃ、もう一度いってみましょう~」
メインの旋律は誰かがどうにか吹ける(←三人揃うことが稀)のですが、そのうち(♭三つ)段々誰も追いつけなくなりました…。先生も初めは伴奏譜を見てピアノを弾いていたのですが、途中から主旋律を弾いてくれました……。
終わって三人、撃沈‥‥‥‥‥‥‥‥。
先生が見本に吹いてくださいました。三巡目が終わった後でやっと。ああそう、そんな曲なの…。まさしく月とスッポン。いやスッポンが気の毒だ。
楽譜を配った時の先生の一言。
「あなた達の後のクラスの子がね、この曲やりたいって言ったのよ。きれいな曲でしょう~?」
‥‥‥‥‥‥‥‥せんせー、私たちの後の子は個人レッスンで、尚かつ古参の方ですたい。しかも中高生ですたい。吸収率が違うとよ。
ほんまに泣きそうですわ。
しかし気づけば、中音(1オクターブ高い音)が普通にこなせるようになってました。私は低音(普通のオクターブ)のミ以下がとてもしんどい。


今年の発表会は、「東京ブギウギ」をやろうかという、とんでもない案が出ているマイクラスです。
帰りの電車で、友達と「『買い物ブギ』は無理やもんなー」「でもあれやったら、サザエさんヅラつけて、買い物かご持つよな」「エプロンつけて?」と、妄想が爆走しておりました。
「でも『東京ブギウギ』やったら、ワンピースっぽくない?」
「ヘアーバンドつけてー」
「すそがひら~っとしてるねん」
「やーん、髪の毛は内巻きカールで肩上~」
「うわ、髪伸ばさな」
「パンタロンでもええよな」
「ミニスカートとか~」
と、更に盛り上がっておりましたが、うっかりイエイエの世界へ行きそうでした。何で私が知ってるのかと言われても、私自身が謎。
ちみっ子よ、頑張ってついておいで。
しかしフルートで「東京ブギウギ」ってすごいな。先生どうする気だろ。でも「イエイエ」のが、もっとすごいと思う…。

テーマ:■今日の独り言■ - ジャンル:日記

癪とロビン。
やってもうたーーーーー……。
柔らかな陽射しの、穏やかな昼下がり。先日中国商人さまにご紹介頂いたお店でやってしまいました。
何って、今日新しく処方された十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)。と、いつもの抑肝散加陳皮半夏。二つ飲んだつもりが、十味敗毒湯を二袋飲んでしもうた……。ふふ、小人さんのイタズラ☆←嘘つけ。


膝が笑いっぱなしだった女のサイトへようこそ。
ま、よくあるってことで。


冒頭の小人さんのイタズラですが、「うー……む。よし、では夜に飲む時に抑肝散加陳皮半夏を二袋飲めば、帳尻が合うのよね。と、勝手に解釈しました。
決して真似しないでください。
十味敗毒湯の効用に、「フルンクロージス」とありました。何じゃいと思って調べてみると、ここの下の方。つまり、できものが治ったと思ったらまたどっかにわいて、それが治る頃にはまた別に……というエンドレス体質のことらしいです。で、その体質を改善しようと。ほほう。
本日睡眠時間およそ3時間足らず、朝から膝は笑いっぱなし、頭はぐらぐらめまい(おそらくテグレトール酔い。ちゃんとごはん食べたのに…)な私の本日のバイタル。
血圧133/87mmhg、脈拍123bpm
うむ、なかなかもって不健康である。だが案ずるなかれ、呼吸器科で普通に脈拍136bpmを出してけろりんぱとしていた私を思えば、こんなもの取るに足らぬ! 
と、思っていたのですが。
「あー、脈速いですねー」
「……やっぱ速いですか……」
案の定不健康サインが出ました。まあな、膝も笑ってるしな。これは純粋にパニック発作ですよ。無理に外に出るとこうなるのさ。
いつもの通り問診をして、脈診をしている時に。
「せんせー、よく昔のドラマで『持病の癪が!』って言うたはるやないですかー。あれって、どうなんです?」
「どうって?」
「どんな症状なんかなーって」
「うーん、癪にも二通りあるからねえ」
‥‥‥‥‥‥‥‥何ですと!?
「みぞおちのあたりが痛いん、あれは?」
「あれはですよー。あとね、降り積もる癪もあるから」
「ほえ?」
言葉の意味がちょっと分からなかったのですが、「しゃく 病気」でぐぐったら、こんな素敵なサイトを発見したのでどうぞ。ああ、何か積もり積もってそう……。でも積もったら嫌すぎ…。
「でもどうしたんです、執筆で何かあるの?」
「んーん、この前友達と『真珠夫人』の話してたから」
「そんな場面があるの」
「んーん。時代的にそんな感じがしたから。ブスコパンも癪に効くって書いてあるし、気になっただけ」
「……調子はどうです?」
「うつ真っ逆さまです。でもま、落ちてくれて幸いみたいな」
「執筆にいい影響でも?」
「いや、それは困ってるんですけどね。精神的にちゃんと落ちてくれて、ああやれやれって」
「ほほー」
脈診を終えて、おもむろに先生。
「脾虚だし肝実なんだけど、それに合う薬がこれまでダメだったからねえ……。西洋薬多いから、腎も弱ってるでしょ」
「……せんせー、それやったら、私どっこもええとこないやないですか……」
一瞬の後、先生爆笑。だって心に熱があってとか肺がからからでとか、それで脾が弱くて肝がムダにエネルギー使ってて、更に腎が弱かったら、もうどこにも逃げ場はない……。
受付で看護婦さんに「調子悪そうねえ、隣で鍼打ってもらってく?」と聞かれたのですが、素直に答えておきました。
「年金入るまでかつかつなの……」
ああ切ない。そして膝を笑わせたまま、待ち合わせ。


お茶はまったりとしましたよ。
その後ペパーミントティーとチョコレート求めて大丸へGO!
混雑した地階で、膝をかくかくさせながらうろうろしていると、チョコレートコーナーが出来ている。そこで築地の市場の如く、おばちゃんたちが声を張り上げている。
「本場ベルギーまで行って買ってきましたよー!」
というメーカーは、私の知らないところでした。
「おひとつ試食してくださいねー」
というおばさん(内輪ではマネキンと呼びます)に勧められて一口。うん、うまい。
それからふと後ろを振り返って、ちょっと我が目を疑いました。
だってそこには、琴欧州ばりに美形なお兄さん(でもジゴロかヒモ風)が「シショク、イカガデスカー?」とやっている。
名札には「ロビン」。その上に読み仮名がひらがなで振ってある。
さっきおばちゃんにもろたくせに、思わずもう一回試食してしまいましたよ。美味かったよ。ていうかロビン、





あんたもお買い上げされて来たんか!?





‥‥‥‥‥‥‥‥と、つっこみたい気分で一杯でした。
確かロビンだったと思う。ケビンではなかった。もしかしたら全く違う名前かも。でも三文字だったの…。
きっと彼には、日本のバレンタイン習慣など奇異に映ることこの上なかろうに。
そして彼の長身は、混み混みのデパ地下では邪魔なだけだった‥‥‥‥‥‥‥‥。
フルートの先生が面白がって、「きゃー、明日絶対見に行こうー!」と、はしゃいでおられました。もはやパンダ扱いだよロビン。やっぱりお買い上げだからか?


では昼の帳尻を合わせた後、仮眠を取ります。厳戒態勢&臨戦態勢~♪

テーマ:■今日の独り言■ - ジャンル:日記

鍼後日談。
そういえば、今日(もう昨日か)ママンから電話があった時に、鍼の話をしてみました。
「ふとな、梅安を思い出したわけよ。かっこええやんな~~」
「でもあんた、殺されるやん。その場合」
‥‥‥‥‥‥‥‥親子で言うこと一緒かよ。
「今度鍼の先生に言うたろかしらん。『せんせー、藤枝梅安みたいでかっこええー』って」
「そんなん万人に分かるわけないやろ」
はうっ。
「……せやけど、年代的にはジャストミートやで。ママンと5つしか違わへんで?」
「5つ違おーが10違おーが、分からん人には分からへんって」
ぐはっ。
「……布教してくるなって、言うてるんか?」
「いいや。ただこないだ※☆ちゃん(従兄。私よりかなり年上)に『鬼平』の1巻貸したったら、『漢字多いしよう分からん』言うて返ってきたから」
そんな従兄と一緒にしないでください……。
「その兄ちゃんには『鬼平』のDVD見せとき。そんでママンがDVDプレーヤー買ったら見せてもらい」
「それはええな。うん、それええわ。そうしよ」
本気でやりそうで怖い。
「まあね、鍼の先生中国に留学してたとか聞いてるし、中身までは知らはらへんかもな。……でも名前くらいは……」
「あんた、自分の先生仕掛人にして楽しいんか?」
‥‥‥‥‥‥‥‥そうね、そうですね。本気で殺られますね。
「ま、それもスリルがあってええかもな~」
ママンよ。娘が殺されてもええんかい。
電話の向こうで「あら、おやつタイムだわ」と生姜せんべいをかじり出すママンよ。飲み物系は友人とでもよく電話のあちらとこちらでやりますが。コサヤンお姉さまとは電話のあちらとこちらで仕事してますが。ですが。
ばりぼり音立ててんじゃねえよっっ、しかも携帯で!!

ついでに米朝さんの話もしておきました。
「あー、そういやそんなこと言うてたわねー。米朝さんも、もう80歳やて」
「へえー、じーちゃんと10違いか」
「……おじいちゃんは今年91やろ」
「ほな11か。その辺までいったら、別に一つや二つ、大して違わへんわ」
「うっとこ(自分の方。「うちのところ」が訛った関西弁)のおじいちゃんは、生きとったら今年101歳やね。おばあちゃんはジャスト100歳~♪」
「あ、そう。1906年生まれでいらっしゃる。うわ、日露戦争後で、第一次世界大戦をご存知やったわけね」
「そうなのよー。もうそろそろ、おせんべ食べ終わるから切るで、ほな」
‥‥‥‥‥‥‥‥相変わらずこのママンにはかないません。こんな理由で電話切った人、聞いたことないぞ。せめて「買い物に行く」とか、「洗濯物見てくる」とか言ってくれ。別に「お手洗いに行く」でもいいから(涙)!
言いたいことだけ言って切るのは、親子よく似たようです。……自分勝手なところもな。

テーマ:■今日の独り言■ - ジャンル:日記

客単価を下げる労働。
せっせ、せっせ。ミスドでおかわり自由のカフェオレを詰め込みながらノートPCを持ち込んでいるellisです。
何て客単価の低い。自分でも申し訳ないくらいですよ。
ちなみに客単価とは、一人あたりいくら買ってくれるかということです。これが良くてお客の回転率(≒時間単価)がいいとさらに良く、客単価が低い上に回転率が悪いと、当然売り上げに響きます……。
ごめんよミスド。ポン・デ・リング一つとカフェオレで3時間ほど粘って。合計399円でした…。


隣のジャリどもに蹴りかましたくてうずうずしていた女のサイトへようこそ。
でも世のお母さん方にとって、子ども連れでのんびりできるところなんてなかなかないのよね。分かるわ。
理性と感情は別物なの……。間違って自分がジャリをこさえてしまった時、今の自分に蹴りかまそうと思っております。


さーて、ええかげんPCに向かうかねー(気合い)!
お昼をハンバーガーにしようと思ってロッテリアに行った私が間違っていた…。高校生達がちょうどいい具合にすし詰めでたむろってました。せっかくPCさげて来たのに(勝手)!
なのでそこは早々に引き払い、結局ミスドのお世話になっていたという次第です。
むー、近所にスタバができればいいのになー。
ちなみに私のノートPCは、ヤフオクでゲッチュしてきた中古品です。MacOS9のためにここまでやるか私。結局編集さんにもメール添付できず(拡張子が違うから読みとれない)、郵送という手間をかけ、先方にも手間をかけさせているというのに。
ノートPCといえばバッテリー。買った時点で中古品だったため、予備で新品を買ってありますよ。ふと値札を見れば17600円。おい、偉い金持ちやったな2年前。
充電は完璧。よし、ではリミット4時間で仕事してきます。
‥‥‥‥‥‥‥‥絶対それより早く帰ってくるって、皆さんご承知でしょう‥‥‥‥‥‥‥‥。


はい、2時間半で帰ってきました(恥)。
進んだ枚数は大体20枚ちょっと。1時間10枚か。いいペースですな。でも出だしってこんなものよ。これから修羅の道が待っているのね……(間を詳しく考えていないだけ)。
ノートにアランジアロンゾの、蛍光色の付箋を貼っていたため、隣のジャリ達は気になって仕方ない様子。そそくさとしまい込みました。パンダたちの水色とグレーにすればよかった。
やり始めたら集中してしまうので、隣のジャリ達がいつ帰ってリーマンのお兄さんに代わっていたのか、反対隣のお嬢ちゃんたちがおばちゃんたちに代わっていたのかは知りません…。気づいたら「はっ、いつの間に!?」って感じです。
そして昔のノートPCは重い……。何故に2.2kgもあるのだね君たち。私はこの後砂糖買って帰らなあかんのよ? プラス1kgよ?
ああー、スリムなWin買おうかなー。と、最近ちょっと思い始めています。しかし。しかし「ならぬ! それだけはリンゴユーザーとしてならぬぞ! スティーブを裏切るわけにはいかないわ!」と思うのも事実。スティーブとは、Appleを創った人スティーブ・ジョブズですね。
いい加減OSXへ移行できるように、態勢を整えておきたいですが、それもお金があればの話。まずはあるものでいきます。究極、ペンと紙があればいいんだし。偉そうなこと言ってないで枚数進めろ、私。


帰りに本屋によって、「デトックス・ジュース」という特集本を見かけました。
もちろん私の目を引いたのは「ダイエット」と、文字通り「体内解毒」です。
作り方の一例は、こんなの
私が書籍で見たのは、シナモンが入って最後にバニラエッセンスが入ってました。全部我が家にあるっちゅーの。毒出しと来たか。おうよ、体内毒だらけよ(=薬)。作ってやろうじゃないのさ!!
‥‥‥‥‥‥‥‥と思ったら、ペパーミントティーが切れてた~~(泣)。
ついでにオリゴ糖も切れてた……。
なのでジンジャーエールもどきをお湯割りにします…。フェンネルティーでも入れてみよう。
ちなみに「バニラエッセンス」を見た瞬間「ベンゾイン突っ込んだらあかんのか!?」と思った私です。
もちろん、ダメですからね。


先日首筋に酢を塗ると言っていた私ですが、「そういえば、私ってばアロマの勉強してたくせに、バカバカ~~」と思い直し、ラベンダーの精油をすりこんでます…。そう、こっちの方が寝る前にはリラックスできるし匂いもいいし、ええやないの!!
原液を使っても大丈夫という、稀少な精油。それがラベンダー。アロマセラピストとして、今こそ自分を癒す時よ!!
こんな感じで、気合い入れながら寝てるので最近寝付きが悪いです。
テキトーに動いて労働して、安らかに眠りたいものですね。まるでお迎えみたいで縁起悪いですが。

テーマ:■今日の独り言■ - ジャンル:日記

ニュースから連想。
京都は雨ですよ。東京あたりは雪みたいですね。
‥‥‥‥‥‥‥‥寝て過ごしてた私に、何一つ言う資格はあるまい‥‥‥‥‥‥‥‥ふっ。


筆名考えて三千里な女のサイトへようこそ。
そんな暇があったら原稿書いてろ。


現在東横インのしゃっちょさんが、哀れっぽく涙声で会見してるのがニュースでやってましたよ。
やっぱこれも、訴追逃れとかかしらんとか思う、意地の悪い私。
東横イン、使ったことないけどこれから使うかもしれんもんな。それに身内に身障1級がいるので、他人事ではない。
で、北朝鮮との協議もやってます。「3年※ヶ月ぶり(←聞きそびれた)に国交正常化を目指して……」というのを聞いて、愕然としました。おおう、その頃私は働いていた。いや、今も働いていますがね。
ちなみにellis、高校生の頃に夕刊を取って家に入るのが習慣でした。ちょうど配達時間と帰宅時間が重なったようで、毎日夕刊を取って来てましたよ。って、お前は小学生のおつかいか(セルフツッコミ)。
そんなある日、いつものように夕刊を取ったら四ッ折りの夕刊のトップに「米朝」と。慌てて私はママンに報告に行きましたよ。




「おかーさーん、米朝さん亡くならはったー!」




‥‥‥‥‥‥‥‥んなわけありません。
ママンがおもむろに新聞を広げると、「米朝問題云々…」と見出しが。
ははは、アメリカと北朝鮮でしたか、そうでしたか。ははは、ははは……はは。
米朝さんとは、もちろん桂米朝さんのこと。
「あんた、そんなに米朝さんのファンやったん? 知らんかったわー」と、しばらくネタにされました……。
実はかなり好き。米朝さんの語り口調が上品で、このオヤジスキー回路を刺激してやまないのです。
「それに、米朝さん亡くならはっても、一面のトップはないやろう」
そうですね、はい、そうでございますとも。人間国宝になる以前のお話です。粗忽者で申し訳ありません。米朝さんに心からお詫び申し上げます。
しかし米朝さんで一喜一憂してた女子高生か……今の私のルーツがシースルーですな。お恥ずかしや。


さて、5日遅れで原稿に手をつけるか。←一瞬「手を染める」と書きかけて、何だか犯罪を未然に防いだ気分です。何を書く気だ。
らりるり~♪ プロットと設定の時間が一番楽しいの~らりるり~♪ ネタはあふれてくるけど形にならないのが一番辛いのん~♪
ではフンドシ締めて参ります。うっしゃあ!

テーマ:■今日の独り言■ - ジャンル:日記

5円58銭。
寒い……。
なのにどうして、毛布が下にずりおちているのだマイ布団よ。


身の回りがフリース一色になっている女のサイトへようこそ。
フリース万歳。貧乏の友よ。
でも手はかじかむのね…。エアコンの温度上げよう…。


ミスドでぼーーーっと本を読みながら、カフェオレを空きっ腹に詰め込んできました。
本の感想を手帳に書いて、いろいろ考え事を書いて、ぽへーっとしてましたよ。
これもしーごーとー。いや、ほんまよ? 仕事のこと考えてたんやからね?
言い訳すると、怪しさ倍増ですな。
あんまりにもぼーーーっとしていると、ミスドのお姉さんが「カフェオレのお代わり、いかがですかー?」と巡回してくれます。なのでつい「あ、ありがとうー♪」と頂いて、「頂いちゃったからには、飲み干すまでおらなあかんよなー」と思って居座る。悪循環です。
それで考え事が進むかといえばそうでもなく、「ふんがー!」と叫びたくなることもしばしば。お前は『怪物くん』のフランケンか。考え事が苦手なのもそっくりだよまったく。


そういえば、夢の中で卒論を書いていました。テーマも教授に出して、プレゼンしながらふと疑問。
「何で卒論提出して学士号もらった私が、もういっぺん卒論書いてるんだよーーー!?」
ここで目が覚めました…。
テーマは違えど、作者は同じだったしな…ふっ。しかもプレゼンしていた教授は平安文学の先生でした。私は近現代専攻…。
ちなみに提出したテーマは、どちらかといえば文学研究ではなく、むしろ「文学をダシにした民俗学」でした。歴史から逃れられない私…。きっと先週読んだ、谷崎潤一郎の「石村亭」が公開されるという新聞記事のせいね、きっとそう……やろか、ほんまに。
むしろ「仕事しろ自分」という暗示だと思いますが。
それにしてもえーなあ石村亭。見に行きたいです。
卒論を書いている時に、友人が「ああもう、こんな苦労するんなら『痴人の愛』でもテーマにするんやったわ!」と言っていたのを思い出します。まったく同感でしたが、私はむしろ渋澤龍彦とかやりたかったよ…。本当は吉行エイスケも興味津々だったしな。
今思い出しましたが、うちのゼミ、誰も三島由紀夫をテーマにしていなかった…。漱石も鴎外も川端も谷崎もいたのに。横光利一もいたのに。三島さん……。実は私も苦手…。


話が大きく変わりますが、ミスドに最近通い詰めた結果ポイントカードがたまったので、またカバンをもらってきました。今度はボストンバッグね。どこで使うっちゅうねん、こんな可愛いのん。
帰りは車の上に霜が降りているのを空しく眺めながら、「午後の紅茶」を飲んでましたよ。
いつもは寄らないスーパーで、ウィルキンソンのジンジャーエールを見つけて思わず買ってしまいました。ついでにリプトンのティーパック100個入りが558円だったので、これも思わず。
1個あたり、5円58銭か……。
普段はこんな紅茶で生きてます。時々いいお茶飲んだりするのです。

テーマ:■今日の独り言■ - ジャンル:日記

楽しい鍼(妄想あり)。
鍼治療のために、シャワーを浴びて髪を洗って行きました。
見事にもぐさの匂いが移って、髪が煙くさくなった切ないellisです。


もぐさの香りをあちこちに振りまいてきた女のサイトへようこそ。
満員のバスの中、ちょっと周囲が気になりました…。
今度から匂い除けスプレーをしていこう…。


今日は背中がかちかち山でした。
「はーい、熱かったら言ってね。取るから」
「……せんせー、なんぼお灸したんですか?」
「ひいふうみい……えーと9つかな」
動けません。
「せんせー、熱いです」
「どれが?」
いえ、どこに置かれてるのか見えませんってば。
「これ?」
「うーん、もうちょっと下」
「これかな」
「それかも」
こんな感じで、熱くなったら取ってもらいます。最後まで熱くなかった頑固な肩と背中よ。どんだけ悪いものが詰まってんだろうと思うと、大変切ないです。
更に鍼灸と聞くと、どうしても藤枝梅安を連想してしまう、時代劇教育の行き届いた私です。
「ふふ、緒方拳……格好いいわ。素敵よ……」
うっとりしておりますが、このアングルで行くと私が殺られる側です。
「西村左内……ええな~」
斬られますってば、だから私が。草笛の音聞いたら逃げろよ。逃げられへんけどな、多分。
ちなみに鍼の先生は、どこからどう見ても穏やかそうな仙人風なので、梅安にはなりません。
基本的に私は中村吉右衛門様の大ファンなので、普段は『鬼平』を押しておりますが、作品としては『梅安』の方が好き。ついでにママンに言わせると、『鬼平』も吉右衛門様のお父様(8代目中村幸四郎さまのことですね)が演じておられる方が素敵だとか。嗚呼、時代の落差。悔しい…。


私のたぎった脳内とは裏腹に、のほほんと鍼治療は進みます。
ですが、ラストにおいて。先生が懐から鍼を! ああその仕草! リピートプリーズ! 
‥‥‥‥‥‥‥‥そんな思いが口に出来るはずもなく。
「せんせー、そのピンクのんは何ですか?」
「ああこれ? 突く用の鍼です」
よく見ると、銅製でした。
「あ、銅なんね」
「これとかね、金でもええんやけどね……落としたら勿体ないから……金は……
頭の中で、梅安ががらがらと崩れていきました。さようなら、梅安。
「……そやね、金は熱にも弱いしね」
「銅やったら別にええやないですかー」
いや、そない言われましても。でも先生が懐から鍼を出した一瞬、「必殺仕事人」のテーマが頭を駆けめぐりました。ちゃらら~ん♪ 間違うな、それは簪の秀さんじゃないか。キャスバル兄がしょっちゅう真似してましたが……相変わらずの我が家です。


ついでに何故か、ぴたっと食えなくなりました。
これまでは飢えていたのに、急に欲しくなくなった。むー、脳にブドウ糖が回らないと危険だ。無理にでも食べます。
鍼の先生が「胃の中は固形物三割、水三割、あと三割は空けておくんですよ」と、おっしゃいました。四割では……とツッコミかけましたが、ぐっと我慢。三割~、三割~。こんなの思ってるからかしら。とりあえず痒みに酢が効くとおっしゃっていたので、手っ取り早く塗ってみようと思います。髪の毛が酢酸臭くならないように、バレッタで上げてから……。

テーマ:■今日の独り言■ - ジャンル:日記

神の見えざる筆。
12月半ばに仕上げた第一稿を見せた方から、感想のメールが来ました。
しばらく開けられなかった、相変わらずのチキンな私です。
「ぐはっ、尻すぼまりになってしまったものね。ああどうしよう。でも感想を望んだのは私よ、でも心に痛い~~」
悶絶した私、とりあえずご飯を頂くことに。逃避しやがって。


今度の締め切り日に精神科の診察日が重なっている、悲しい女のサイトへようこそ。
しもたーーーー、昨日何で気づかへんかったんやーーーーー。
後悔先に立たず。教訓を身をもって体得しています。いつか破綻する日も近そうだ。


勇気をもって開いたメールは、私の予想とは逆に褒めて頂きました。
「上達してる」って、うっしゃあ!
ついでに、最早自分がどんな原稿を書いたのかおぼろな記憶になりかけていたので、原稿を取ってみて熟読。




‥‥‥‥‥‥‥‥。




これ、私が書いたのが信じられません。他の人が書いたんじゃなくて、ねえ? きっと私が寝けこてる間に、小人さんが仕上げてくれたのよ。それにしてはいい出来だけどな。
そう、書き終わった直後「あかんわこれ」と、不幸の手紙並みにうつ満載の手紙を書いているくせに、この感想とは厚かましいな自分。いやいや、本当に自分がこれを書いたとは思えないのですよ。
それを言うなら、これまで送ってる原稿のどれ一つとして、読み直したら「私の中の誰がこれを書いたのーー?」と、軽い多重人格症になった気分が味わえます。
でも何か物足りない。なので赤ペンが唸ります。
一番ひたってる時は、お風呂にも持ち込みます。さほどに楽しいかと問われれば、楽しいです。ただし、「こんなものを人に見せてしまったのね」という羞恥心を捨てられた上でのお話。基本的に赤、青、緑の三色を使って(何度も直していると、どれが一番新しい案なのか分からなくなる)訂正、段替え、付け加え。ああ楽しい。この後、PCに起こすのはまた苦しいのですが。
きっと本〆切まで粘るのでしょう。その間に、別の作品もちまちまやる気でいます。今年のellisはひと味違いましてよ。
‥‥‥‥‥‥‥‥その前に、自分の感情の波をコントロールしようね‥‥‥‥‥‥‥‥。


文字通り神が降臨して書いているらしい私。でも皆さん、似たり寄ったりと思ったのですが?
あー、現実世界では明日は鍼だわ。起きられるんやろか私。

テーマ:■今日の独り言■ - ジャンル:日記

不機嫌。
トリプル受診がダブル受診になってしまいました。
まあ遅れていった私がすべて悪いのですが、ちょっとした時のイタズラ。


現在満たされて、心地よく眠い女のサイトへようこそ。
うーむ、「みゅーず」のオレンジ紅茶はコアントローもつけてくれるので超ナイス☆


本日の受診は、神経内科→精神科→呼吸器科でした。
ところが先に入ったおばあちゃんが出てくれば、もう次は私の番ねというところで、呼吸器科から「空いてるから、先にこっち来て」とお呼びがかかりそちらへ。雨の日は呼吸器科の人が少ないなあ。というか、病院全体が少ない。お年寄りが少ないせいか…。
で、呼吸器科を終えて(ちゃっかり再来月に検査指示が出ていましたが、先生口頭で言ってくれ)戻ってくると、今度は精神科が「空いたからこっち」と。
……結果的にその間、神経内科の先生は病棟回りに出かけ、そこでのっぴきならない患者さんの対応をしておりました……。
待ってる間、空しくテトリスなどをしておりましたが、何だか本気で空しかった……。
患者さんがどんどん減っていき(何回か糖尿病科の人と間違えられました)、内科受付の看護婦さん達が「もう30分よー? ちょっと先生聞いてきてあげたらー?」などとひそひそやっている(聞こえてるっちゅうねん)。しょっちゅう倒れてるので、きっと看護婦さん達の覚えもマイナス方面によろしいことでしょう。
かれこれ1時間半ほど待ったでしょうか。年輩の看護婦さんがおもむろに隣に座り、「ellisさん、あのね、神経内科の先生がね、病棟の方の患者さんを今診ておられて、ちょっとこっちへ来られないそうなの」と、幼稚園児に聞かせるようにお知らせ下さいました。ここでぷち切れ。
「じゃ、次いつですか。来週? 再来週?」
「いえあのね、そうじゃないの。今日はとりあえずお薬だけにして、次の予約を取っておこうと思うのだけど……」
「テルネリン、いりません」
「飲んでないの?」
「飲んでるけど余ってます。積もり積もって」
「じゃ、ゾーミッグは?」
私は今日、これを買いに来たんだ(買う言うな)。
「いります」
「それじゃ、誰か先生……あら、精神科しか開いてないわね」
と、主治医のもとへ。その後ろ姿に思わず。
「ロキソニン、ください」
「頭痛の薬は、ゾーミッグで出てるわよ?」
「いるんです」
「どうして?」
「とにかくいるんです!!」
ゾーミッグで収まらない頭痛も、この世には幾つもあるのだ……。むしろそっちの方が普通多いのだ……。そして月に一度、三日間ほど立て続けにお世話になるのだ……。
ここらへん分かってる主治医は、ゾーミッグとロキソニン両方くれました。ありがとう。一錠1024円のゾーミッグを14錠も国と京都市負担で出してくれて、本当にありがとう。


ちなみに本日の主治医、まだ風邪を引いていて(むしろ悪化した?)漫才どころではありませんでした。
「そういえばさ、先生。ブックファースト閉まったよなー」
「何? あそこ、河原町のブックファーストか!?」
「せや、知らんかったん?」
「なんちゅうこっちゃ。河原町行っても本屋ないやんか」
「BALにジュンク堂来てるで。まだ医学書だけやったか」
「あそこはあかん。見てきた」
‥‥‥‥‥‥‥‥普段「河原町になんぞ行かん。暇がない」と言ってる割には、えらい早業ですな。しかもチェック済みやし。
「ほな三条烏丸の大垣書店行っておいでーさ。それか四条のジュンク堂か」
「あー、もうかなんねえ。本屋がどんどん減っていく」
聞けよ、おい。
「ちなみにあの(ブックファースト)後はユニクロになるそうです(2Fやけど)」
「ユニクロ!? ユニクロやて? はあー、まあもうあかんね」
「駸々堂やったもんなー、元は」
「駸々堂もよかったな」
「私は店員にひどい目にあったけどな」
「人なんか関係ない。本が目当てやからな」
その「人」が本を選んで置くのさ~。主治医、書店に半年勤務していらっしゃい(涙)! 
私が嫌な目に遭ったのはレジ担当の人っぽかったので、まあ関係ないといえばないけど、それ以来閉店するまで駸々堂行かなかったもんね。関係ないことないぞ~。
「それで、調子はどないですか」
何で本屋談義の後に、問診されてるんだろう私……。
「あかんです。さっぱり」
「あかん! 寝られへんか!?」
「いやいや、それはおかげさんでばっちりです。もう感情の波がね、激しすぎて私にはどないもできませんわ」
「そらー、こっちにもどないもできませんなあ」
こら待て、今日雨だし体調悪いから、機嫌悪いだろあんた!
「なんかねー、久しぶりに『あたしってダメなんかも……』と、落ち込んだ。いや、現在進行形。涙っぽくてかなわんわ。うつかなー。ははは、クランケが自分で言ってる『うつ』って嘘くさいけど」
このクランケの言う「うつ」は、どうやら本当だったらしいです。
「ほう、うつねえ。そしたらうつの薬出しましょかー」
「え、そんな簡単にええの?」
「どれにするー?」
普通聞きません。
「どれって……三環系やろ?」
「せやな。他なんか希望があるんか」
もう見慣れた採用薬一覧を二人して眺めて、私。
「むー、この中では三環系飲んだことないな。ルジオミール(四環系)は作用が緩やかやし……。できたらパキシル欲しいけど」
「うつに効いてへんかったやん」
「せやろー。それが問題やねん」
「効かへんもん出してどないするねん」
「パニック発作とPMSにはよう効いたんよ。論点ずれてるな、うつの話やな、はい」
「ほなパキシルするかー?」
「ちょっと待った。何でその流れでパキシルなんさ。おかしない?」
「それがええんやろ?」
何か方向が違ってそうなので(主治医の機嫌も斜め気味っぽかったので)、ご機嫌取りをしてみました。それともブックファーストショックか、主治医よ!?
「まあまあ、素人の生兵法とも言うさ。それに先生が何にするつもりやったんか、まだ聞いてない」
トリプタ(トリプタノール)かなあと」
「ほな、それ。飲んだことないし」
決してこんな基準で決めないでくださいね???
新しく出たトリプタノール10mgは真っ青な錠剤。これ以上間違えようもなく毒々しくて、飲み損ねもなさそうです。
最近主治医の機嫌を見てから漫才してますので、ちょっと低空飛行気味。私も主治医も低空飛行(私はエアポケットか)なので、漫才未満です。でもまあ、普通の精神科の会話ではありませんな。


この後神経内科でさんざっぱら待たされ、ケースワーカーさんの所へ行けば「定時なので職員は帰った」と言われ、散々な気分でした。相談予約取ってるんやから、待っとけや。
からす姉さんと落ち合う約束があるので、気が急くったら。テトリスやってたのは気を紛らわせるためです。でなけりゃ、また脳が沸騰してしまう。
薬局ではひっそりめーめー泣いて、薬の確認で薬剤師さんと揉めた挙げ句、さっさと烏丸へ。ご飯食べて落ち着きましたが、最後のオレンジ紅茶が効いた~~。アルコール入れた私のバカめ~~。
とろーんとええ気分で帰って来ましたが、食後に薬を飲むまで、新しく処方されたのはトリプタノールではなくテトラミドだったような気がする……? と思ってましたバカです。あんなに薬剤師さんと揉めまくって薬の確認したくせに…。


では再来週こそ、漫才らしくなるといいなあ。お互いに。再来週だと〆切あけなので、またひと盛り上がりすることでしょう。
‥‥‥‥‥‥‥‥どんな精神科や。

テーマ:■今日の独り言■ - ジャンル:日記

アクセス1万突破。
今確認したら、なんとブログのアクセスが1万突破してました。
まあまあまあ。と、オバハンくさい感想が真っ先に出てきましたが、いつも見てくださっている方も、うっかり見てしまった方も、皆様ありがとうございます。
こんな調子でこれからも参りますので、どうぞよろしくお願いします。

このサーバーに移ってから一年未満なので、これがどんなもんかよく分かりませんが、いずれにせよ有り難いことです。

これからも「一日一萌、一日一笑」の精神を忘れず(最近ちょっとどっちも危ういなー)参ります。うりゃ(気合いの声)!

テーマ:■今日の独り言■ - ジャンル:日記

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。