羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
200602<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200604
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デパガ声。
大学を終えるか終えないかの頃、バイト先の先輩を見て思ったものです。
「28とかいい歳になって三つ編みお下げはないだろうよ」と。
現在、三つ編み大絶賛励行中です。お嬢ちゃん、お年は?
‥‥‥‥‥‥‥‥28‥‥‥‥‥‥‥‥。
はい、あの頃の自分に元気いっぱいジャーマンスープレックスホールドね♪
年甲斐ないなー…。


「お腹空いたなあ」と思うと「健康だなあ」と思う、不健康な女のサイトへようこそ。
つまり裏返せば、そう思うことが少ないということですな。はっはっは、この摂食障害め。


〆切直後というものは、脳がたぎっておるもので、案の定昨夜の私も寝付きが悪かった。
まあ、病院から帰ってきてばたんと気絶してたのも悪いんですがね。
普段なら12時間とまではいかなくとも、確実に8時間は眠れる眠剤で、4時間で目が覚めた。余りに切ないので、漢方の病院に電話かけて特攻かますことにしました。
本屋にいた頃の名残で、電話対応は大変よろしいです。まあ、どこのデパガ? とよく言われましたが、「テレクラ声」と言った友人よ。貴様それは褒めたつもりか。本屋時代は、店内放送をよくやってました。
なもんで本日。
「おはようございます、いつもそちらで※☆先生に診て頂いておりますellisと申しますけれども」
で、始まります。どこの営業さんですか。
「恐れ入りますが、本日予約の日ではないんですけれども診て頂くことはできますでしょうか?」
日本語間違ってるね。でもそういう言い方するよね。
先方の看護婦さんが最近仲の良い人だったので、「まあ、およそいきの声してるから、誰かと思ったわ」と、あっさり見抜かれました。いや、見抜いてもらわなあかんのやけど。
「では急いでそちらへ参りますので、よろしくお願い致します、失礼致します」
で、電話お終い。こんな電話掛けれるんなら、別にわざわざ行かんでええやろが。セルフツッコミが入りましたが、一人暮らしも今年で10年。何でも一人で出来ないと、誰もやってくれないんですよ。


はい、本日のヴァイタル。148/92mmHg、126bpm。脈拍が下がれば、確実に血圧も元に戻るだろう…。伯母の家で測ると、もれなく上が100を切る血圧です。
目的は牛黄解毒片をもらうことですが、何もクチビルゲになってるくらいならもう黙ってますって。舌炎と口内炎まで起こしてるから、嫌になったのよ……。
「〆切じゃあ仕方ないねえ」と微笑む先生。ちゃうねん。エネルギーのご利用が計画的な人は、そんな12時間で80枚とかいう暴挙はせえへんのやって。アホなんですよ私が。そこツッコミ入るとこ。
「じゃあ、また一つ作品が積み重なったわけですねえ」
うん、恥がな、今回は‥‥‥‥‥‥‥‥。
「でも早く形になるといいよねえ」
いえ、してみせます。でも一足飛びにはうまく行かない(というか無理できない)の知ってるから、まあぼちぼち。
「徹夜ですか、大変やったねえ」
ねえ、何でどっちの主治医もこんな話ばっかなんだよ。
鍼の先生にも話は飛びます。実は私を診てくれてる鍼の先生は、かなり偉い人です。外見だけじゃあそうは思えませんが(好々爺とは、まさにこの先生を言うに違いない)。この前買ったという中医学の本は、この先生が訳したものです。でもノート取りながら読まないと、頭の中に入らなさそうだ…。せやけど精神科の主治医も偉い人(っちゅうか権威)なんで、医療関係恵まれてますな。からす姉さん、いろいろ教えてくれてありがとう。でも医者は「相性の良さ」が一番やとも思います。手術するとかでない限り。「もうこの先生にしかお願いできない!」っていう状況でもなければね。話しててイライラするお医者さんと、長くつき合いたくないでしょう。
話が飛びました。で、牛黄解毒片、2シートゲットです。
先生に「まるで高速に入ったみたいな脈やねー」と言われたので、「たぶんアウトバーンのが正しいと思います」と言っておきました。ぶっちぎり♪ って嬉しないわ(泣)!


病院でからす姉さんに会ったのでお昼を一緒に頂いて(作ってもらった…ありがたや)、のほほんお茶しててフルートですよ。
私の苦手なコード説明でしたよ。基本形から1展開形、2展開形と。さらに♯や♭がどんな順番でつくのか、その時主音はどれになるのかなども習います。いいかげんCコードだけってのから抜けだそう、私…。いや、ABCDEFGがどの音を指してるとか、そーいうのは分かりました。長音階の3音コードも分かる。でもぱっと言われて思いつくかと言われると……更にテンション(コード以外の音を加える。でもどれでもいいわけではなく、大抵決まってます)とか言われたら……(泣)。
なもんで、コードを利用してアレンジを作る(しかも即興でやらされる)時に四苦八苦します。まあ……慣れて覚えろ。
おニューで出てきた楽譜は、意外にもビートルズの「Michelle」でした。高校生の頃、あまりにも仏語がぱきぱきと小気味よい(イギリス訛り…)歌い方だったので、まんま覚えてしまいました。ちみっ子が首を傾げている……。ママンにお聞き、きっと世代ジャストミートだから。
アンサンブルの「いつか王子様が」も、装飾をつけまくってます。確か発表会で吹いてらっしゃった方たちは、そのままだったような…。先生、たぶんうちのクラスで楽しんでます。
しかし何かレベル上がってきましたな…。からす姉さんが「何だかんだと言いつつ、よく続いてる」と言ってくれましたが、私もそう思うよ…。先生の教え方がええんやろな…まあ子どもの「お稽古ごと」ではないので、「楽しめればおっけー!」な側面もありますから。ついでに「5年練習してスタートライン」やし…。じゃあその頃には、超絶ナイスな純銀メッキのフルートがぽいと買えるように頑張らねば。
それ以前に、ちゃんと安定した音が出せるようになれっての…。先生が見本で吹いてくださるの聞いてると、「歌うように」吹いてますもんね。早くああなりたい。音楽って、やっぱ身体で楽しむもんだよな。


では明日は鍼なので、適当に切り上げて寝ますよ。さっきから適量になって待機してるお風呂のお湯がそろそろ冷めかけてますよ(涙)。バブルバスだから、蓋代わりにならないかしら。世の中そうそう上手くはいかないよな、そうよね。
通院で生活リズムを保つ、哀しい現状です…。

テーマ:■今日の独り言■ - ジャンル:日記

後生ですから。
十数回以上に及び、リバースしそうな気分と闘ってました。
病院がムダにぬくいので、のぼせるんですよ。


結局創作でしか主治医に褒められない女のサイトへようこそ。
もっと何か言うことはないのんか。


雨のくせに何か混んでるかかりつけ医ですよ。
何か新患が多そうな感じで嫌だわ。
精神科は予約一本槍なんで、そんなこともなくて安心だ。
入って開口一番。
「カルマバ……カルバマゼピン、血中濃度出ましたよ」
今かんだな主治医。専門薬でかんじゃダメだろう。今日の私にツッコむ気力がないのが幸いです。
「9.1μg/ml。上がったな」
「上がったな~」
「400mgで、こんな数字出るか?」
「私600。先生ちゃんと見てや~」
「あ、ほんまや。……ま、ええか」
「ま」、っていうな。「ま」って。
「で、調子どうですか」
「だるい~」
「総括してどうや」
「だるい、うつ、過眠傾向、パニック発作、以上」
「ほな、ヒルナミン切るしかないな」
「そしたらロヒプノールと入れ替えて。カルテに書いたんやろ~」
不本意そうにカルテを見て、おもむろにPCクリック。
「2錠ですか、2錠いりますかロヒプノール」
「1mgで寝られるほどぬるい頭してへんわ~」
「で、創作は」
「これから発送」
「ほう、完成しましたか」
「しましたよ」
「それは出版してもらえるんか」
「これだけは頼むからやめてくれって出来上がりにはなったよ(涙)! せやけど刻限は守るのよ。自分から言い出した〆切守られへんのは嫌なんよ」
「うん素晴らしい、いや素晴らしいね。完成させられたのが素晴らしい」
「ありがと~。先生がそうやって言うてくれるから、また頑張るわ~」
「……何や、寝てへんのか」
「あ~、ひどい顔してるやろ」
「瞼半分閉じとるがな」
「あ~、貫徹したから」
「…ほな、デパスいらんか」
「何で?」
「眠いやろ」
「別に眠くはないけど、ええよ、半分にしても」
こんな感じで投薬を決めて、また2週間後にいらっしゃいでした。
神経内科を覗いてみたら、まだ午前診療を引きずってたので、先に原稿発送。どこでも受け付けてくれるヤ●ト…ありがとう。御社の伝票山のようにもらっておいて正解でした。


で、神経内科です。呼ばれるまで、もう風が肌を触るのすら辛いって感じにへばってました。私を寝かせろ。いや、寝かされたら寝てしまう。待合いの椅子に「どかっ」と腰掛ける重量オーバーなおっさんどもが憎い…。二日酔いの人が「頭に響く」って言ってるのと似てるんでしょうか。振動が頭蓋骨に直接響く嫌な感じです。
時々原稿のこと思い出して、いたたまれずに「あああ後生ですから……死にたい」とつぶやいたりしてました。かなり危ない人になってたので、呼ばれる頃には周りに誰もいなくなっていた。ははは(涙)。
「この前は悪かったねえ~」
「いえいえ、ちょっとした時のイタズラですから」
「調子、どう?」
「ん~~、さっきカルバマゼピンの血中濃度聞いたら、上がってましたね」
すかさずチェック。
「ほう、9.1。だるい?」
「だるいけど…先生が、まあええかって」
「せやなあ、まずは薬と症状に慣れてもらわんとあかんからなあ」
「なるほど~。個人差もあるってことですか」
「というより、他に薬飲んでるとか、そういうことも関係するね」
何で神経内科で精神科の説明されてるんだろう、私。いえ、もともと神経内科領域の薬だから。
「ゾーミッグ、足りてる? どれぐらい飲んだ?」
「今月は少なかったなあ。えーと、三つくらい」
「この前の新聞でさあ、載ってたん見た? ゾーミッグをばかすか出すから、薬剤性頭痛引き起こすとかってな。言われてもなあ…。も~、今日も朝からそれで」
お医者さんも日々大変だ。っていうか、私に愚痴こぼしててええのんか。
「でもな~、もらっても飲み方は患者次第になってくるし」
「そう、そうやねん。せやけど、患者さんは痛いと飲んでしまうわけよ」
「ん~~。例えばね、先生。ゾミ(略すな)飲んで効かへんなあと思ったら、ロキソニンとか飲むのはええんですよね」
「ええよ。量によるけど」
「生理痛で飲んでしまうけど、頭痛では1回1錠やって」
「ひと月どれくらい?」
「ん~~、1シート行くか行かへんか、ぐらいかな」
「あー、それやったらええわ。これもなあ、他のお医者さんとかが出してしまうからな~」
それで今回は、筋弛緩剤だけです。気休めか…金出して気休めか…。


薬局では、「牛黄解毒片」について聞かれまくりでした。薬剤師さん曰く「聞いたことないです~」と。うん、そりゃそうだよ、自費だもん…。
せっかくこの素敵フレーバータブレッツで口内がマシになっていたのに、しばらく無理したら元の木阿弥でしたよ(泣)。明日、駆け込みでもらってこようかな…。
鍼の先生お薦めの中医学の本が届きました。これでアロマの知識と中医学が混じって、パワーアップellisになります(嘘)。いえいえ、パワーアップは別にして、また楽しみが増えます。

テーマ:■今日の独り言■ - ジャンル:日記

今猛烈に。
死にたいな。っつーか、この世から消えてなくなりたいぜベイベ。



というか、この原稿をなかったことに……。




うつだからって、逃げるのは許されませんので。一度ならず二度までも。
約12時間で80枚書いてる私、おめでとう。だらだらと書くのだけはできるんだな。
何かちんまりまとまった自分にハリセンでツッコミ入れたい。普通のハリセンではありません。大阪名物ハリセンチョップのやつね、痛いやつ。
ちなみに高校生の時、文化祭の始まり劇(何だそれ)の台本を書いて、「緑のトイレスリッパで頭をはたく」というくだりを却下された経歴の持ち主です、ellis。お約束なのに……。

では、「旅の恥はかき捨て」!(明らかな誤用)
めげずに次へ行きますぜ。このへこたれなさだけが、私の取り柄なんだよな、あーもう。
病院へも行って来ますよ。元気じゃねーかチキショウと思うなかれ。これからタクシー呼ぶんだよー。
テグレトールで吐きそうですが、まあ気にするな私。

テーマ:■今日の独り言■ - ジャンル:日記

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。