羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
200609<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200611
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新しい手帳さま。
昨日からべたべたべたべた触りまくって、新年を迎える前から手垢で汚しそうな勢いです。


おニューの手帳に浮かれる女のサイトへようこそ。
来年は皮表紙の手帳~♪


「ほぼ日手帳」を今年から使っている私ですが、今年はあんまり上手に使ってあげられませんでした。
暇な時に落書きしたり、ネタ書きしたりして、それはそれで役立っています。ただ、この使い方に気付いたのが、ごく最近だというのが悔やまれるところですな……。
通院予定などは、机横に貼ってあるアランジ・アロンゾのカレンダーに書き込んでるし、電話しながら決まったことも書き込んでるし。
こーいうことこそ、手帳に書くんだよな。
と、気付いたのも先週の終わり頃。遅ぇー。遅すぎらぁ。
カバンの中でかさばらせるだけでなく、もっと大事に使い込まないかという自戒も込めて。今年は皮カバーをチョイスしてみたと言ったら、ちょっとは言い訳になるでしょうか。……ならねぇな。


この前薬剤師さんに、「微熱手帳」をつけてはどうかと勧められました。
ぺらい手帳を買ってきて、それに一日何回か熱を測った結果を書いていく。そしてそれを医師に見せると。
私の周りが手帳だらけになっていくのですが(「お薬手帳」などが好例だ)、それはそれでいいアイディアなので頂くことにしました。
と、いうことは。





コサヤンお姉さまがブラックに染めてくれた『リサとガスパール』の小さい手帳が買える……。





手帳を見るたびに爆笑して、私の熱も素敵に上がることでしょう。お姉さまにはママンにも受けていたと、ここでご報告いたします(笑)。


「ほぼ日手帳」の使い方を見ていると(左のリンク先からどうぞ~)、早くも使い始めている方もいらっしゃるとか。
そんなの聞いたら、新しいのが使いたくなるじゃないか。
……しかし、あと2ヶ月大事にしてあげるのも、一つの道だ。
手帳一つで大騒ぎかよと言われそうですが、好きな人間にとっては大騒ぎに値する問題なのです。
来年は、通院とか帰省以外にも、仕事の予定を増やしたいですなぁ……いやマジで。
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

せわしない報告。
帰ってきてます、遅れまして。
日曜に帰ってきて直行でフルートの音合わせして、家で寝てました。アデュウと呟いたのは、結局この時だったな…。


喘息の家系と分かった、切ない女のサイトへようこそ。
そしてじーちゃんの若い頃のやんちゃぶりは、聞いて良かったのかどうか未だに疑問が残ります。


金曜日。快速電車を降りてバスターミナルに行ってみると、ダイヤ改正でバスの本数が減っている。今からだと1時間待ち……。そうか、きっと私が来る直前に発車したんだな。そう思っていたら、直前の発車は3時間前でした。
姫に「最早公共交通機関ではない」と、至極もっともなお言葉を頂きつつ、途中までバス、途中からタクシーでじーちゃんの家に。
孫と二人っきりのお泊まりということがなかったらしく(そりゃそうか、これまでばーちゃんは生きてたし、地元に孫は集結してるから家に帰るわな)、酒を酌み交わしながら他言無用な話をしまくりました。……お互いに(苦笑)。
昭和13年頃に、日本西半分を縦断して稼いでいた話などは、あれは勤勉という名のやんちゃだ。何せ結婚反対されて家出したってんですから。
その日の酒量は、じーちゃんが日本酒1合ちょっと。私が缶ビール1本と日本酒2合。私は普通としても、じーちゃんは年齢を考えると普通じゃねえな。


土曜日。実家で寝るより深い眠りを貪り、朝きちんと起きておつとめ(お経)。お洗濯、お掃除、ご飯作り。
昨夜お互い薄着で喋り過ぎ、やや風邪気味。テンションの調整が効かないおバカっぷりはいつものことさ。しかし90歳になる祖父を巻き込むのはどうよellis。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥じーちゃんも、躁うつ気質だから……。
ちなみに喘息は、曾祖父かららしいです。それに気付いたじーちゃんは禁煙を決意しますが、何故65歳までやめなかった。曾祖父はとっくの昔に苦しみ抜いて死んでたくせに。
「一旦『やめる』と言ってまた吸い始めたら、『根性のない奴よ』と言われるのが嫌で、結果禁煙できた」という根性は見上げたものだ。っつーか、ニコチンの誘惑に根性で勝ったのか。すげえ。その点パパンは根性なしですな…。


お誕生日お祝いは盛大に。しかし昨夜ほど飲ませてもらえないのは、パパンがいるからさね。じーちゃんも昨夜は「今日はお父さんもおらんけん、好きなだけ飲んで酔うて、片づけも後回しにしたらええ」と言ってくれましたとも。……片づけはきっちりしたけどさ。次の朝の仕込みもしたよ。でないとママンにしばかれるから。
プレゼントはミラクルヒットでした。よし(握り拳)! ついでに「使えなくなった」という万年筆もきれいに洗ってインクの詰め替えをして、気持ちよく使えるようにしておきました。意外なところで文具マニアの血が役に立っている……。
そんで顔色がもう土気色になりつつあるママンを揉みほぐしたら、ぺかっとすっきり血色良くなって爆睡されました。……ちきしょう……。
日曜。ちょっとせわしなくお別れ。乗り継ぎ駅で時間があったので、フルート仲間にお土産を。


音合わせ。
……の前に、別グループの発表でステップ踏んで手拍子することになってしまったので、そっちの練習。途中でどっかがおかしいのは私です。京都に着いた時点で、緩んで疲れがこぼれ落ちてますよ。
で、本命の音合わせ。薬の持ち合わせを誤ったため、日曜朝からテグレトールが抜けてます。疲れも合わせて音が微妙に高く聞こえているらしい。音域が微妙に合わずに泣かされました。
でもギターも入って豪華です。ついでに言いますと、ギターの先生結構イケメンです(笑)。見に来てくださる方、そちらのチェックも怠りなく。
次のグループが入室してきて、終わりです。30分ちょっとだったかな。おばさま二人組で、どうやら今年初めての参加らしいです。曲目は「エーデルワイス」。ええですな~。
「そんな、発表なんてできるようなものでもないのに……」とおっしゃるおばさま方に、「大丈夫ですよ~。私たちも去年、めっちゃそう思ってましたから~」と言ってみた。
そしたら先生がくるっと振り返って。




「あら、あなた達今年で2回目?」




と、真顔で訊ねました……ひでぇ(泣)。「何だかもっと前からのおつき合いのような気がするわー」と、言ってくださるのは嬉しいのですが……。
まあね、踊るしね(笑)。去年も度胸の良さをやたら褒められたっけな。
コスプレ好きなellisなので、デニムのホットパンツに網タイツ、茶髪のポニーテールという、「お前自分の年齢言えるか?」というような格好をしそうです。だって踊るし(うるさい・苦笑)。ブーツはロングかショートか迷い中~。


しかし喘息家系とは……。もっと早く知っておけば。パパンは知ってただろうに未だに肺を黒く染めやがって……。
これでママンの方から心臓が弱いとか肝臓が弱いとか来たら、泣くよ私は。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

身体は正直ね……(誤用)。
おはようございます。加湿器の出るシーズンな気がして、加湿器を昨夜出してみました。
昨夜一昨日と、寝付きも睡眠の質もいいのですが、どうも
1)必ず6時間以下の睡眠で目が覚める。
2)目が覚めるのは、大抵7時半だ。
3)「今日しないといけないこと」が、ぱっと思い出せるほど寝起きがよい。





‥‥‥‥‥‥‥‥‥働いていた頃の癖って、悲しいな。





つまり昨日一昨日一昨々日ほど(帰り道は気分が悪くなって倒れたいほど)いろいろすり減らさないと(体力とか気力とか)、私の睡眠は改善されないみたいです。
そんな大した期間働いてたわけでもないくせに。本日じーちゃんの家では、早めに寝ようと思っています。
きっと「アデュウ、本日の私……」とか言ってるんだろな。このアホめ。
オーバーオーバー。
……今から思えば、朝起きるんじゃなかったなー。理由は知れている気がしますが、三行後に。


やっぱり「いろいろ疑わしいんだけど、血液検査もギリギリ正常範囲だから、まあ経過観察で」と、放置プレイされた女のサイトへようこそ。
ちなみに疑われたのは、甲状腺の方です。


朝目が覚めてしまったので。病院へ行って受付を済ませて。問診も書いて順番を待っておりました。何人のお年寄りに席を譲ったのだろう、私。後の行動を考えるなら、しがみついてでも座ってればよかった。
呼ばれて聞かれて、答え。
医学上間違っているのは承知の上で申しますと微熱が続いています」
これに笑ってくれた内科医、さすが副院長。いい人だ。
「あ、難しいこと言うなー。それはこっちが言おうとしてたところや」
問診に「微熱が続く(36.8~37.2℃)」と書いたからです。医学上では37℃を越えないと微熱扱いしてもらえない。知ってます。もうちょっとで微熱マイスターになれそうだよオレ。どんなものかは知りませんけど…。
「で、何で神経内科で調べてもらわへんかったの?」
「先生が、内科行けっておっしゃったんで。ついでに、何の項目調べたらええのか分からんともおっしゃってました」
「神経内科やんか、あそこも内科やんか!」
と、至極もっともな科白を頂きましたが、それは朝礼か個人的に言ってくれ。
指先を調べて(レイノー現象の有無)、脈拍を測って、リンパ節を押して……ぐああ。
「あがが、痛いです。あーーー、そこも嫌ーー!」
顎下のリンパ腺から甲状腺で、悲鳴。喉を覗かれて「ああー、景気よく腫れてるねー。見事に片一方」。
きっと現実に不景気な私を不憫に思って、扁桃腺が景気よく肥大してくれ……たわけないでしょが(涙)。
で、血液検査とレントゲン検査指示が出ました。
「妊娠の可能性はない?」
「悲しいけど、自信を持ってないと言い切れます」
「ああー、それは悲しいねえ」
頷かんでええっての。
「ここしばらくずっと?」
「(重ねて聞くか?)ないですねー」
「ああー、じゃあも一つ悲しいねえー」
いや、後半のは無理矢理私を悲しくさせたでしょ!!
看護師さんは、以前よく精神科にいた看護師さんで、「ellisさんは言わなくても場所分かるわよね? じゃあ行ってきてください」と、天使の微笑みで言われました。
……何だか地元の物産展で輿入れ前なのを見抜かれて以来の切なさだな。何故だろう。
検査技師さんも、昼頃に行くと上手に採血管で採ってくれる人がいます。
「検査、どれくらいかかりますー?」
「んー、1時間くらいかな」
そうか、ならば待ち時間に飯を食おう。
レントゲン撮影も済ませて、ちゃっちゃか地下のカフェに行きました。そこで頭の痛いことをしてしまった。
メニューを見ながら、




「アイスティーのホット、ショートで一つください」




と、素で言ってました。本人は、「ホットティーをショートで一つください」と言ったつもり。店員さんに何度も何度も尋ねられ、自分の言ったことを反芻されてから「おおう」と気付きました。
嫌がらせでも何でもないんですよ……。気の毒な人という見られ方は、自業自得なのでもういいです(涙)。
ご飯を済ませて、てってけ戻ると、もうちょっと待ってと。呼ばれて聞かされたのが、冒頭の文句ですよ。
「まあ、炎症は出てるんだけど……慢性的に喉腫れてる人もいるからねえ」
ああ、それ私のこと?
「だからそれを病気と言っていいかどうか……」
別に言わなくていいっての。
「いえ、健康でよかったです」
「いや、健康ってわけじゃあないんだよ。難しいところでね……現実に微熱の原因は分かってないし」
「でも死ぬほどのことでもないから、まあいいですよ」
「じゃ、また悪くなったら来てね」
……何か嫌なシメ文句だな……。ただ甲状腺の具合はあんまり良くもないみたいで(正常範囲なんですが)、気をつけてと言われました。難しい気のつけ方だな。


さて、本日のメインエベント。じーちゃんの誕生日プレゼントですよ。
大丸で自分自身の欲望と、全身全霊を込めて闘ってきました。これは贈答品、これは贈答品、これは贈答品!!
私を一目で射抜いたのは、パーカー製のボールペンだったのですが。値段も手頃だったのですが。問題は「換え芯が入手しにくい(百貨店等に行かないといけない)上に高い」でした。1本800円? はい?
「……すいません、じゃあ向こうのパイロットのだとおいくらで?」
「あちらは1本300円です」
半額以下かよ。
改めて見てみると、ちょっと気になったのがふみ楽シリーズの「南部鉄」。かっけー。書き心地も滑らかだし、重すぎず滑りにくいデザイン。願わくば、後で写メするキャスバル兄が気に入ってくれんことを(本来の目的からずれている。気に入ってもらうのはじーちゃんでないといけないだろうがellis)。
ついでなんで、換え芯も3本買いました。最初5本と言ったんですが、保存上3本以上はお勧めできないと言われ……。


ついでに時計の電池を替えてもらうことに。というのも、実家のタンスの引き出しの片隅で不遇をかこっていた時計を発見。女物ということは、ママンのものか。
「ああ、それねえ。電池切れたんかして、動かへんのよ」
……どうみてもネジ式っぽいけどなー。巻いてみても、動かないということは電池なのか?
「会社にいてた頃に買ったやつやけど、そんな悪いもんじゃないのよ?」
だったらもっと大事にしてくださいママン。あなたパパンからもらったグッチの腕時計にも傷入れてるでしょう。
電池交換受付カウンターに持っていくと、「これは……電池ですか?」と。
「母がそう申しますので……」
お姉さんがきりきりとネジを巻いて音を確かめる。
「音はするんですけど……動かないですねえ……」
そのまま奥に持って行かれて、戻ってきた時には「やっぱりネジ式でした」という答え。ママン、ええもんならせめてネジか電池かくらい覚えとけ。私が小さい時にも見た時計ですが、「電池入れなあかんねん」って言い続けてたな、確か。
結局電池交換なら千円で済むはずが、解体修理依頼となってしまいました。モノは何せ40年以上前のもの。部品があるかどうか、また代替部品が使えるかどうかによって、値段が変わってくるとか。
基本1万円と言われてくらっとしました。ママン……物に頓着しないにも程があるよ? 我が家は父方が見事な時計好き。キャスバル兄もいろいろ持ってます。普段はソーラー式のGショック使ってるけど。
万年筆の不遇といい、もったいないお化けが出るぞ。


そろそろ来年のカレンダーが入荷していないかとアランジショップに行きました。その道すがら見かけた扇屋さん(扇子を指して「夏扇」とおっしゃるので…)で、お姉さんとおっちゃんのお喋りに捕まる。楽しかった。ほんまに楽しかったんです。お店も老舗やし。よくこんな一見さんを歓迎してくれたものだ。……でも、どこで話を区切るべきだったのだろう。いろいろへとへと。
アランジショップでは、お喋りも早々に買い物をするだけして、コーヒーの差し入れをして帰ってきました。身体のあちこちがアラート出してるのと、明日のために寝ていたいので。
カレンダーは11月になってからか……。折角寄ったのに…。とりあえず買った「ワルモノ歯ブラシ」で、明日は祖父の笑いを誘おうと思います。


さ、寝よ……。明日は帰省早々働かねばならぬ…。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

昨今の病院漫才。
何の気なしにジャケットを羽織って外に出たら、思ったより涼しかったのでほっとしています。
今日は『エクセル・サーガ』の住吉君と、ご飯の約束をしていたので。


またヒロイン病を疑われている女のサイトへようこそ。
検査です。今回はしかも高くつきそうだ。


「最近病院漫才してねーなellis」と思われる方もいらっしゃるでしょう(いるかな?)。精神科は、最近患者が増えてきたのと、ややこしい患者が増えてきたので、主治医に余裕がありません。ついでに季節の変わり目だしな。きっとまた風邪引いたりしているのでしょう。
では、ellisがどこで漫才をしているかというと、神経内科です。
ここの先生は本当に患者に遠慮のない、ばっさりすっきりした先生で、それはもう切ないくらいです。私に遠慮しても仕方がないと思ってもいるのでしょうが。
「どうですかー?」
「めまいと微熱まっさかりです!」
「微熱ー? 君はまた面倒なこと言うなー」
つらつらと経緯を述べると、しばらく考えて。
「自律神経でなければ、膠原病かリウマチかなー。でも君、リウマチではなさそうやしなー」
「……ヒロインかお年寄りか(偏見と誤解)の究極の二択ですか」
「あ、ヒロインの方がいい?」
「いや、どっちがいいとかじゃなくて」
「あ、そう? 似合いそうやけどなー」
本物の患者さんごめんなさい。こんな不穏当な会話。
「精神科の先生とも相談して、血液検査してや。微熱っちゅうのんは治しにくいねんわ。ちょっと長すぎるしなー。それでも僕らが血液検査したって、あー、炎症でてますねーぐらいのんしかできへんのやわ。で、血液検査でもどの項目を調べるかは分からへんしな。せやから後は、膠原病科に行ってもらうしかなくなるねん」
ええ、連れ添ってそろそろ3年目。倦怠期に入りつつある今日この頃。正直諦め気分の方が大きいです。ただ、発熱し始めたら実の母親に「寄るな、暑い!」と言われたりして、悲しい思いもしております。漢方、早く効かないかなー。
この会話をそのまま伝えたところ、精神科の主治医が首を傾げた。
「何でうちで血液検査やねん!?」
誰もそんなこと言うてへんやん。
「『相談してね』って言われたの!」
「ほな、内科行きいや」
「……ここの内科、話聞いてくれへん」
当たりが悪いのと、この微妙なところがうまく表現できないのです。神経内科でも「いっそずばっと高熱出してくれる方が治しやすいし分かりやすい」と言われましたが、それは患者側にも同じことだ。
「しゃーないなー、ほな紹介状書いてやろう。これでええやろ。明日でも明後日でも、好きな時に内科受診してくださいよ」
「お手間取らせますねえ」
「ほんまやな」
「(むか)わたくしの本意ではないのですが。微熱もすっこみそうやわ」
「そしたら薬減らそうか」
「ごめん、今流れおかしいし」
「何で? ええやんそろそろ減らしてみいへん?」
「減らしてみません。今ちょっとずつ上昇してんねんから、抗うつ剤も増やせとは言いませんよ」
「あ、そう。作品書けてる?」
「(むきー!)もうちょっと待って」
「早よ書きやー」
「今日は先生の喜びそうなネタがなくて申し訳ないわ」
「別に私が喜ばんかて、ええやんか」
「あ、そうそう、姉妹からすがインスリン打ってますよ」
「ははは、そうか、あいつとうとうインスリン出たんか。ははは」
‥‥‥‥‥‥‥‥‥そこは笑っていいところではない。
体調悪いんだな、きっと。他人の不幸は蜜の味なのかしら。
「では二週間後ね。検査するほどでもないと思うけどなー」
仕方ないだろ、神経内科で検査してこいって言われたんだし。ついでに、「月一で血液検査してもらった方がいいで?」とまで言われたよ。言ったらつむじ曲げるだろうから、今回黙ってるけどな!


薬局に行くと、お薬手帳が7冊目になりました。嬉しくもなんともないのですが。
薬剤師さんにも「微熱は怖いですよ。きっちり調べた方がいいですよ」と言われました。ああー、もう(泣)。これが話の分かる薬剤師さんだから黙ってますが、正直な話聞き飽きた
毎回騒がれて自分もそんな気になって調べに行って、結果「疑問と不安は残るけど、異常なし」って言われるんだから。微熱の大半は原因不明って、何かの本でも読んだし。
漢方の処方箋を見て、「漢方は詳しくないので、また教えてください」とまで言われました。私も分からないって。
「これは……煎じるんですか?」
「はい、幼稚園児が泥を水で溶かしたような、ビミョーな色の液体が出来上がります♪」
「辛くないですか」
「まだビギナーなんで。他の患者さんは、もっとえぐいみたいですけど」
「じゃあ、もうこっち(西洋)の薬は、どうってことないですね?」
「いや、それとこれとはまた……(苦笑)」
こっちは数があるので。


この後、住吉君とご飯を食べてました。彼の第一声は「あれ、エクセル先輩は?」でした。コサヤンお姉さま、出番ですよ!! 呼ばれてますよ!! 『リサとガスパール』ネタ、受けてましたから!
……さて、明日こそじーちゃんのプレゼントを見に行かないと。日程から考えたら、明日の午前に内科にかからないといけなさそうです。何にもなくていいんだけど、高いお金払って検査して「原因不明です。ま、よくあるってことで」って言われると腹立つんですよ。貴様の熱と脈拍も上げたろかって感じに。
では無駄な感じも否めないまま、受診してきます。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

女の子成分。
……って何じゃい(↑タイトル)と思われるかもしれませんが、私とコサヤンお姉さまにおけるそれは、「美味しい紅茶、万年筆、上質な紙、盛装」だったりします。


着物姿でペットボトル一気飲みをかましていた女のサイトへようこそ。
烏丸辺りでそんなバカ女を目撃された方、それは実物ellisです。今日は髪型も夜会巻きにチャレンジしてたってのに。


段々面の割れる店が増えてきて、それがお高いお店ときたもんだ。大して買い込んだりしてるわけではないのですが、ヨーロッパのラッピングペーパーなどを売ってくれるお店に、最近ちょくちょくお邪魔しています。
いきなりですが、私のフルートレッスンでのスコア入れは、無印の味も素っ気もないクリアファイルです。ここ2、3日で「そうだ、ここのラッピングペーパーを上から貼ってみたらちょっとお高くならないか?」などと思っておりました。大体、紙の匂いが呼んでますよ。素通り出来るかっての。
久しぶりに(半年ぶりか?)着た着物が、どうもどこかおかしい気がして仕方ない。あちこち気にしながら店をうろついてる私は、挙動不審者以外の何者でもありません。それでも楽しく書店談義などしてきました。ラッピングペーパーも買ったし。……あとは緊張感を持って貼るのみですな。不器用大魔王なellisにできるのか。……最善を尽くしましょう……。


次は紅茶。お店の半分くらいのお兄さんに「こんにちは」と言われてしまう、マリアージュ・フレール。何だかんだと言いつつも、一月に一度は通っているのか。なんつー贅沢な女。
紙屋のおばさんが、「ただお金だけ持ってるからって高い紅茶を飲みに行く人より、ずっと心が豊かになる飲み方をしてるわ」と、おっしゃってくださいました。心が豊かになるのと引き替えに、食費が貧しくなっております。今月はどうにかなると思うけど。
最近会うたびに「固形物が食べられない」とか、「お菓子以外食べられない」というコサヤンお姉さまの科白が気になっていたのですが、食欲旺盛になっててほっとしました。私がのそのそ食べている間に……お腹は空くんだけどな、おかしいな。
なので紅茶もケーキも食べられて、ほっとしました。いえ、「食べられない辛さ」が分かるから……。他人事じゃないんですよ。
お盆過ぎくらいから「女の子成分が足りない」と連呼されていたので、本日はずんだらべっちゃ~とお茶を飲んでくっちゃべったり、きれいなものにうっとりしたりする日になりました。女の子成分、これで合ってるのだろうか。……一般の女の子とは違うって、もう分かってるのでいいですよ……。


ロフトで「ほぼ日手帳」の現物を見て、そろそろ出荷される頃だわ~とうっとりしてみたり、お姉さまが『リサとガスパール』を一気にブラックにしてくれたり(苦笑)。本日京都ロフトで、リサとガスパールの手帳やカレンダーを眺めながら不穏当な科白を聞いた方は、実物ellisが(以下略)。
どうブラックかって……ファンの方達に袋だたきにあっちまうようなブラックさ(涙)! でも面白かったんだよ(泣笑)! お姉さまの一芸に加えるそうなのですが……ええのんか?
お香買ったり石けん買ったり。私は生活必需品(お香もそうかと言われると、そうなんです。寝る前にね…)をこの機会に買い込んでるのですが、これがお姉さまの乙女回路をいちいち刺激するらしく、「ああ~~、女の子と買い物に来てるわ~~。こういう可愛いことがしたかってん!」と。
買ってるものは可愛いかも知れませんが、使ってる人間は至極大雑把に出来ております。しかも着物の着付け変だし。むう、気になる。


夜ご飯はディナーバイキング。和食中心のところに行ったら、私は腹持ちしないものばかり食っておりました。そして何回海藻サラダを取ってくるのだ。このワカメスキーめ。
「モト取らな」と思ってしまうのが関西人なのでしょうか。私的には二日分は食いだめた気分です。ご飯も2膳(玄米ご飯→芋粥)頂いたし。食物繊維取りまくったし。
最後にスタバでコーヒー飲んで終わり! お互いテンションが上がったり下がったり忙しく、最後の方はもうでろでろ。家に帰って着物脱いで足袋脱ぐと、「いやっほう♪」な気分になります。帰りの電車では、ほろ酔い気分なおじさま方に「え、こんな時間でまだ着物?」みたいな目で見られておりましたが。


お互いどっちかが遅れたり行き違ったりで、まともに待ち合わせができたことのない私たち。携帯を公衆電話受信不可にしていたので、携帯を持たないコサヤンお姉さまにはお別れ公衆電話な気分にさせてしまいました(どんなだ)。
途中メールを打っていたら、「誰に?」と聞かれ、「『エクセル・サーガ』の住吉くんに(最近仲間が増えました)」と素で答える私。作品中の科白を言い合ったりして、一体どこが乙女だったんですかエクセル先輩? 
ではくたびれたので、お風呂入って寝ます。明日は通院。そしてじーちゃんプレゼントも見繕わないと。ロフトは今みっつだったなー。っつーか、見てたらこっちが欲しくなるんだよなーちきしょう。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

祖父の笑顔と女のプライド。
……最近ここの更新時間が、ほんまにおかしいですね。自分でも時間を読めない辺り、さあどうしよう(涙)。


祖父の誕生日を間近に控えた女のサイトへようこそ。
キャスバル兄と一緒に、お誕生日プレゼントを贈ります。ただし、選ぶのも買うのも持っていく(発送しないことになった)のも私。……この上「何贈ったか分からんのに礼を言われても困るから、写メしてくれ」と言われるのは、何だか腑に落ちないです。


今年は満90歳になるらしいじーちゃん。去年バースデーケーキを買ってあげたら、めちゃめちゃ喜んだらしいです。
「生まれてからこれまで、こんなことしてもらったことない」と。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥涙。
親戚は近くにいっぱいいるんですよ? 気にかけてくれるご近所さんもいっぱいいるんですよ?
‥‥‥‥‥‥‥‥‥親戚共、何やってたお前ら。
我が家はアニバーサリー推進委員会(たった今作った)会員なので、嬉しいアニバーサリーは総力をあげてお祝いすることにしています。
日曜がフルートの音合わせ。祖父の誕生日は土曜。金曜に帰ったらいいかなあなどと思っていたら、金曜は前の会社の部下の方達が3~4人でいらっしゃって、徹夜ハイになるらしいです。
と、ママンが。
「じゃ、おじーちゃんの家で泊まったら?」
おお(ぽん)。きっとパパンのことだ、娘が家にいるのに自分だけ遊ぶなどと出来ようはずがない。
「そんじゃ、じーちゃんの晩ご飯と次の日の朝ご飯作ったらええんやな?」
「そーいうことー♪ おじーちゃんには何よりの誕生日プレゼントやわ」
というわけで、金曜に帰省が決定です。そんじゃ、花でも持って行くかね。


中身がどうあろうと、私もかなり女なので、ママンに提案してみました。
「なー、おじーちゃんにこんなふうにあげたらやー、喜ぶやろーな」
「そりゃあもう」
「そしたらやー、来る人来る人、若しくは大叔父どもに見せまくるやろなー……悪意なしで」
「そらもう。……何?」
「……いや? そんな時に『鬼伯母の孫はどうした』とか、『大阪や京都におると、ええもん贈ってくるなー』とかいう話にならへんかなーって。そう考えただけで高笑いができるわ、ほほほほほ!」
「あー……せやねー……」
「何さ、楽しくないっての?」
いや、楽しい。あんたのこっちゃから、どうせ外国ものとか買うんやろ?」
「うん。そんで周りがあからさまに『これはええやつやで』って分かるようなやつ買うねん」
モノはキャスバル兄と相談の結果、ボールペンか万年筆に。あんまり高すぎないものを。万年筆は、裏写りの心配もあるから、きっとボールペンです。モンブランとか、ペリカンとか。本当はカランダッシュが出してるの、好きなんだけどなー。ぺんてるだったかの、蒔絵シリーズも捨てがたいのですが。
何せ毎日日記を書く人なので、こーいう消耗品の方がいいかと思ったのですよ。そんでもってキャスバル兄の指示。「換え芯も買っておくこと」。分かってるさキャスバル兄……現在の実家でどれだけ不便なのかは、身にしみて分かったから。国産で代替もできるはずなんだけど(丸善時代、ボールペンの芯だけ買いに文具売り場の足を運んでいた…)。


‥‥‥‥‥‥‥‥‥さて、ではコサヤンお姉さまと待ち合わせているので、支度を始めますか。
微熱を心配してくださって、「延期しようか?」というメールまで頂いています。勿体なや……。ちゃんとした睡眠を取ると、随分ましなんですよ。あとはシャワー浴びて、一時的に体温を下げるってのも聞きました。何か微熱を下げる情報がありましたら、ぜひぜひお教えくださいませ♪

テーマ:どうでもいいこと。 - ジャンル:日記

見ない方が良いヴィクトリアン。
……最近上咽頭がよく腫れます。今日もまた。口内炎がばっくりできてたり。
どうしたとは、自分に一番問い聞かせたい今日この頃。お肌の曲がり角も大分過ぎてしまったわね…。


この季節になって、尚アイスノンを愛用する女のサイトへようこそ。
夜中、微熱出すもんで……ええ。


『英国レディになる方法』という書籍が、私のちょっとした乙女回路を刺激しています。でも南京虫がどうのとか、きっちり現実にも引き戻してくれるナイス書籍なのですが。
ただ一つ思うのは、この時代の子供でなくてよかったということでしょうか。それすなわち、この時代の人間でなくて良かったということにつながるのですが。
一番嫌なのは、阿片が満喫してた時代だってことですよ。今あんただって薬漬けじゃないかという声も聞こえてきそうですが、それとはレベルが違う。むずかる赤ちゃんを寝かせるために突っ込んだってことですからね。一応阿片そのものではなく阿片チンキらしいですが。えっと、チンキ剤ってのはこちらをどうぞ。そーいや、きつい酒にハーブとか突っ込んで置いておいたのが薬になってる様子とか、時々小説で見ますね。ぶっちゃけあれか。
このあと、アスピリンブームが来ます(ブーム言うな)。


あとはひまし油を突っ込まれることでしょうか……否応なしに。
用途をあえて問われると‥‥‥‥‥‥‥‥‥ええ、下剤ですよ。結構深刻な問題だったらしいです。グラクソ・スミスクラインの前身だったビーチャム製薬(で合ってるのかな? この辺、ごちゃごちゃしてて調べきれない…)が出した「ビーチャム・ピルズ」も、コー●ックのような感覚で少女雑誌に広告が載ってたみたいなんで。個人的には、ひとえに運動不足なおぜうさま方が多かったのではと思われます。おハイソな方達は、これだから…。
油飲むのか……。しかも万能薬と信じてたお母様方も多いらしく、ジャムとか混ぜて子供に元気がなかったらとにかく突っ込んでたらしいです。
あとは家の片隅でヒルを飼ってたとかね。瀉血用です。写真で見たのは、ホーローの蓋つき壺に「ヒル」と書いてあって、蓋の部分に空気穴がたくさん空いてる……。これ、誰かが蹴躓いてつっ転がしたらどうなるんだろう…。田んぼの中でヒルに噛まれたことのあるellisとしては、かーなーり嫌だ。もっと嫌なのは、今でも瀉血用にネット販売してることだ……


食べ物のページが少なく、出てきてもインスタント食品の台頭などの記事が多い辺りがエゲレス様ですな。ってーか、肉ばっか食ってっから、ひまし油飲まなきゃいけなくなるんじゃないか? 野菜食えっての。野菜の記述が見当たりませんよ。
粉末カスタード、粉末卵、粉マスタード、粉ココア、マーガリン。この辺は許容範囲。ベーキング・パウダーはインスタント食品だったのか、そうだったのかと驚き。そんでもって液体状ビーフ・エキスや牛肉の錠剤ってのが、ちょっとびっくり。小説では見てたけど、現物の写真見るのとではまた感慨が違うわ…私、ちょっとダメかも。……いや、液体スープの素だ。そうだ、そう思おう。パンに塗るのは、オーストラリアのベジマイトな感覚? でも「病人食のビーフ・ティー」って、何~~~~~~!?
スープにすることとは別に書いてあるので、別物なのでしょうが…。「ティー」だから、具が入ってないとかかな。うーん? 
そういえば、昔オートミールを「鳩のエサのような味がする」と友人が評しましたが……食ったんか、鳩のエサ。
一人暮らしを始めた頃、お菓子作りの合間にオートミール粥を作ってみましたが、余りの若さゆえの過ちに廃棄したことが。私にとってあれは、クッキーに入れると美味しいもの。間違っててもいい。もう間違ってても……。


私のキャラクター達は何故か食ってばかりいるので、必然そういうページに目がいくのですが……。ちょっと打ちのめされた。
どんな場所でも一日三食をきっちり守り続けてたり、焼肉の奪い合いしてたり、コンビニのおむすびでぽそぽそ生きてたり。とりあえず食ってるんですよ、何某かを。
そしてどんなにひらひらドレスの衣装を見せられても、ジェントルメンな格好がしたいと思うellis、三十路一歩手前。いえ、ひらひらもいいんだけどね。コルセットさえなければ。
でもまあ、こうして「おおう」と思いながら見てる箇所こそが、役に立つんでしょな。だからって、阿片に溺れたりする人は出てこないと思いますが。
ま、見て楽しんで、時代観の好きなところだけ借りてくるのでしょう。そんじゃとりあえず、漢方で上咽頭の腫れが治まらないので、アスピリン飲もうか……(笑)。

テーマ:ヲタクのメモ - ジャンル:日記

爪の垢勇者。
はい、またへろってました。ええかげんにせえや自分。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥いや、ほんとにまったく。


ほぼ1年半ぶりに煎じ薬を飲む女のサイトへようこそ。
姉妹からす、その嬉しそうなウェルカムは何だ。


木曜。漢方行きましたよ。
タクシーの中でおっちゃんと笑い話ができるほど余裕だったのですが(しかしバスに乗れるほどの余裕はなかった)、待合いで順番呼ばれて、診察室の前に座っていると姉さん事件です(誰)。
診察室は二つあって、一つは私がかかる先生。もう一つはその病院を経営している先生で、何だか豪快な声が聞こえてきますよ。診察室の前で順番待ちといっても場所は廊下。置いてある椅子に座ってるだけです。
隣の診察室の前には、たまたま誰もいなかった。ああこっちの先生は診察が終わったのか。などと思っていたら、奥へ続く道から診察室までをずーーーーーーっと往復している人がいる。しかもちょっぴり空気が騒がしい。
極めつけはゴム底の靴が奏でる音ですか。私、ゴム底履いた人に何か恨みでもあるんだろうか。廊下で「きゅきゅっ」と音をたてる人が果てしなく嫌いです。
かなりはかなくなりながら血圧を測っておいたら、脈拍と上の血圧が同じラインに立ちました。ええ、脈拍が130越えたんです。
戻ってきて、座って。耐えてみました。はーやーくーどっちか終わんないかなー。何だかこっちは時間掛かりそうな雰囲気なので、隣。先生ガンバー!
‥‥‥‥‥‥‥‥‥相手は外人さんのようで、先生の高らかに怪しい英語が聞こえてきます。しかもエキサイトしていて、先生の演説が止まりそうにない。おい異人、止めろよ! 苛立ってるよ隣のおっさん。もう見ていたくないよおっさん。でも何かしたら面倒そうな雰囲気だよ。嗚呼。
祈りが通じたのか、しばらくして患者さん交代。あーーー、やれやれーーー。
と、思ったら、前のめってたまま膝が落ちました。かっくん。ちょっとそのまま床で呆けていたら、待合いにいたおばさんが受付の人を呼んでくれました。何だかこっちは初診の人がいるらしく、かなり待つそうなので処置室(?)で転がしておいてもらいました。いろいろ方面にごめんなさい。


こんな感じをつらつらと述べると、先生が「うーん」と悩んだ後で。
「……粉じゃないと、ダメなんだよねえ……?」
薬の話です。漢方はエキス剤(粉薬。若しくは錠剤)と煎じ薬があって、エキス剤ってのは煎じ薬を煮出した(文字通り煎じてます)ものを粉にしたり錠剤にしたりしてるんです。エキス剤は、市販品にもある通りでいろんな症状に合わせて調合されてます。が、患者本人に全部合わせているわけではない。なので本当は煎じ薬の方がいい。でも生薬をまともに買うので高い。ついでに不味い。いちいち煎じる手間もかかります。
エキス剤だとこれまで通りにしかできないということだったので、お試しで合わせてもらいました。1週間分なので、ちょっと安かった。ほっ。
生薬が一日分お茶パックに入ってるみたいなのをもらうので、当然かさばります(ついでに臭う)。なのでこの病院では紙袋を再利用することになってるみたいです。分厚くて、でっかい紙袋を30円で買って、今度来た時にその紙袋を渡しておくとまたそこに入れてくれるという。
ところが。
「今回はかさが低いし、きっと今回だけだから袋代はいいよ」と言ってもらいました。もらってみると、確かに紙袋の方がかさばる。しかし臭いますな。素敵な漢方スメル。フルートに移ったらどうしよう。


姉妹からすと落ち合ってご飯を食べに行くと、さも嬉しそうに「煎じの世界へいらっしゃい♪」と言われました。
「今日からあんたの部屋もアロマの香りではなく魔女汁(どんな表現だよ)の香りただよう部屋となるのよ。わーい」
って……。
煎じ薬の経験がある人は分かる。私も2回目だものな。あれは確かに飲むものではない。だからといって、嗅ぐものでもないんだよな。薬かいで幸せになっている人たちに、あのフレーバーで現実に目覚めて頂きたいものです。とても効きそうだけど、決して近寄りたくない味と香りだぞ。
フルートレッスンの後煎じようと思っていたら、知り合いと居酒屋に行くことになり(酒はちょっとだけですよ、今回)、帰りの電車でエクセル先輩(@コサヤンお姉さま)から電話が。普段固定電話で夜を明かすような長電話をする先輩が、携帯とは!? しかも何だか声へろってるし! めっちゃ急いで家に帰って、電話をかけ直しました。


……結果夜が明けてしまったのですが、先輩が無事でよかったです。やっとこ薬を煎じてみたら、眠気も吹っ飛ぶ威力でした。ついでに「空腹時に」って指示ですが、胃に負担が大きいです先生。「お茶みたいにして飲んでいいよ」とのことでしたが、とてもそんな飲み方はできません先生。説明書に「薄めて飲んでもいい」とありましたが、そんなことするくらいなら一気飲みします。どの成分か知らないけど、辛いんですよ。「刺激さえなければいい」って言ったのに~~。ついでに先生は、「苦いのダメなんだよねえ?」と、誰かと間違えて考えていました。先生。




苦いのダメならここに来ません。




一応一日分を二日に分けて飲んでくれってことでした。きっとまだまだビギナーな私を気遣ってくださったのでしょう。
私としては、二日分を一気飲みしたい気分です。っていうか、やりかけて気分が悪くなった馬鹿者です。
それでも飲んでるあたり、今年の私は漢方の勇者デビウイヤーらしいですな。その後熱を出して寝倒し、今に至ります……。
せっかくなので、ゲットしてきたヴィクトリア時代の資料でも読んで妄想大爆発させます。服薬時に現実に還ってくるのは、新手の魔法みたいで面白いかもな。

テーマ:ちょっとした出来事 - ジャンル:日記

身体に聞け。
お久しぶりです。メール頂いてます。生きてます。まだ何にもしてませんって。
そんな気力どころか、体力さえも……(涙)。


ようやくPC画面を見られる女のサイトへようこそ。
最近誰にも会いたくなくて困ってるんです。この上ネットまで封じられると、私ってば陸の孤島なんですよ(誤用)。


ええっと、途切れていた数日をかいつまんで説明申し上げますと。
1)睡眠不足がピークに達した。
2)自分の家に帰ったら気が緩んだ。
3)それでも原稿は書いてみた。
4)そしたらリバースしまくった。
5)ちょっと落ち着いたので、夜気晴らしに珍しく一人酒をした。そうしたら深酒になった。
6)リバース再び。バカの極み。
7)かなり情けなくて落ち込んでみた。
以上です。深酒っつっても知れたもんだ。ワインフルボトル1本を1時間で空けただけです。
ワインは正直好きでないくせに、なぜ「ワイン飲もう」なんて思ったのか。しかもフルボトルで買ってきたのか、何であんな急ピッチだったのかは、最早謎。でも美味かったですよ。ロゼだったけどね。
私のリバースは相変わらずタチが悪く、一度始まったら脱水起こすまで止まりません。かといって、この年になって「自分の分もわきまえずに深酒しました」で病院行くのも嫌だ。
っつーわけで、水を飲んではリバース、気絶。追加で水を飲んではリバースしては気絶を繰り返した挙げ句、やばくなった辺りでブドウ糖をかじって低血糖を抜け出し、落ち着いた頃に白湯から始まってみそ汁→スープ→リゾット→固形物と戻ってきました。みそ汁とスープのあたりで、ようやく薬も飲めて一段落。これで、まる一日かかってます。アホかほんまに。……ほんまにアホやな……。胃液で喉を灼くのも、もう慣れっこだな。慣れっこだけど嫌なもんは嫌だ。胃がべこべこいうのもな。
キャスバル兄の家にいる時点で食欲はかなり落ちてたのですが、誰かが一緒だと結構食うもんです。家に帰ったら、一人で何としてでも食わないといけない。今日あたりから、根性出して押し込んでます。美味い不味いじゃないの。カロリー取ってるか否かなの…。


パンプスの先は剥がれるし(新しいのを買えとママンは言うが、金をくれるわけでもないので修理に出します…。靴はちゃんと投資してるんだ…2万以下のパンプスは履かないようにしてるんだ…これまで立ち仕事が多かったからな)、体調はがた落ちだしで、何してるんだ自分って感じです。マジ情けねーなー。
明後日(もう明日か…私がばったりしてる間に)は漢方の予約を取り直してるので、何が何でも行かないと。ということは、明日にはどうにか動けるようにしておかないと。締め日や時間などから、逆算で自分のスケジュールを組むようになったのは、魚屋バイトのおかげさまです。その割に無茶をしでかしているのは、豆腐の角があってもあってもぶつけ足りないほどのバカだからです。
よく「自分の胸に手を当てて聞いてみろ」と言いますが、私の場合「自分の身体が如実に語ってるだろ」です。謎湿疹も出してるし。相変わらずの心身症ですよ。


他人様のサイトへもすっかり足が遠のいてしまって……。いかん。いかんぞこれでは。
ではお風呂入って、寝ます。昨日冬布団を出したら、あったかくて幸せでした~~。不精するものではないのね…(夏布団一枚で一昨日まで粘っていたアホ)。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

ぴこぴこ。
眠剤フルコース。なのに二時間で目覚めると、如何に眠りが深かろうと物足りない。
ぶっちゃけ悔しいだけなんですが。

家族を揉み解す女のサイトへようこそ。
それ以外は、フルート吹いて、パソ子と戯れて自由に生きておりました……睡眠以外は。

仮眠を取ろうとすれば邪魔が入って、夕方には不機嫌MAXだったのですが、パパンが明日の旅行(前の会社のOB会)を心待ちに酔い潰れてるのを見ると。
還暦って……子供に返るってのは伊達じゃねえな。と、思い知らされました。こんな無邪気なパパンは初めて見ます。しかもご機嫌さんだ。
夜中にミネラルウォーターが切れて、焼酎が飲めないのでキャスバル兄がママンを連れて買い物に行きました。
徒歩5分でコンビニがあるのに、安さを求めて徒歩20分のジャパンまで……(涙)。
「一緒に行かへんかー?」と、キャスバル兄は誘ってくれる。しかしパパンは隣で寝ている。アルコール切れて目が覚めた時、家に誰もいなければそりゃ驚くだろう。っつーか、慌てるだろう。硝子のハートを持つ61歳、最近距離の取り方がちょっと分かってきました。なので私は留守番。

見るものはニュースばかり。暇だにゃーと思っていると、激しく寝相の悪いパパンから目が離せなくなりました。

どうもアルコールのせいで暑いらしく、足が布団からはみ出している。何げに見てると、見てると……

爪先(というか足指が)ぴこぴこ動いている。
一応こむらがえり等でないことを確認しました。糖尿とかだと困るし。
見てると、「わんこが夢を見て犬かきしてる」そんな感じです。
……声を殺して笑うのに苦労しました。ぴこぴこ。ぴっこぴこー。ぴこぴこ。

……旅行が心の底から楽しみなのだな、パパン。
その少年のような心がまぶしいさ、嗚呼。

キャスバル兄とママンはゆったりたっぷりのーんびり買い物を堪能してきて、私はパソ子と戯れておりました。
その後キャスバル兄に、明日あんまの予約をもらったので、前段階で足と腕、手、肩と首を軽くほぐしておきました。
四角い紙はいい。もういいから何か見返りをくれ。まともにアロマコース受けたら、1.5万はもらってるよ。
ツボ押しで、苦悶の表情を浮かべるキャスバル兄。しかし直後に「イタクナーイ」と、剃刀CMのパクりを連発しておりました。……ええから素直に「痛い」て言えや。

指先が現在使い物にならないほど、がちがちの手足でした。でも明日は、肩と背中予約だから……。報奨に、何ねだろう。文字通り心身削ってるよまったく。それに比べてママンは小柄なのでやりやすいこと。

嗚呼、パパンのぴこぴこが私の笑いツボを刺激してやまない。
こんなに仲良さそうなのに、別居なんですかー? という質問には、「過去はなかなか拭い去れないのよ」と、お答えしておきます。いろいろあり過ぎたんです、物心ついた時から……。
危うく冬眠。
あまりに眠くて、こいつはどうしたわけだと思ったら、昨日から何も食べてないんでした。
……これって「寝るな、死ぬぞ!」のパターンですか? おおやべぇ。

慌てて食事を突っ込んで家を出た女のサイトへようこそ。
軽いトランス状態。ブドウ糖と水分だけでした。
道理でPC画面がおかしく見えたはずだ。復視だったのだな。

漢方がそんなわけで来週に延期となり(この時点では全身倦怠感の理由が分かってない)、何度か目を覚ました最後、夕方5時。
キャスバル兄の家に行く用意をしていたら5時半。ご飯とカフェオレ詰め込んだら、お腹にしみた~~。あったかい飲み物ってばこんな時憎いぜちきしょう。そして背中の相棒よ(サブマシン)、今日の私には拷問の重さだな。
10分遅れでフルートレッスンに到着すると、「まあellisさん、冬眠から覚めたみたいな顔してるけど、大丈夫?」と、先生。
先生……見てきたようにぴったりビンゴです。

音合わせの日にちと時間確認。ピアノは先生で、ギター伴奏まで入った豪華版になるそうです。
伴奏の豪華さに負けること、請け合い。ちきしょー(泣)。

あ、でも今日は久しぶりに先生に誉めてもらいました。
「息がきれいにまとまってますねー。とってもきれいです」
……ジオンはあと10年は戦える! いやさ、あと10年は吹けるよ。……ほんまか、ほんまやろなellis。
やっぱりきっちり食って「喉で歌う」ってのが大事みたいです。そのためには心の余裕~~。

キャスバル兄の家に着いて、一言。「男臭っ」。
それに対するママンの言葉は非情だ。
「仕方ないでしょ。いい歳して脂ぎったオヤジが住んでるんやから」
……全国の子供たちよ。母親をないがしろにすると、こんな目に遭いますぞ。心せよ。

パパンがお約束のように四角い紙をくれました。
先日の電話がたたったのか、たくさんくれた。……なので、少し返しました。……ママンに。
パパン、金曜土曜に飲みがあるからお金持っといて。

では明日、仕事とフルートレッスン頑張ります。
ちょっとずつ上昇中~~。
あれは本当に怖いのよ。
明け方までぱこぱこキーボードたたいていたら、精神科の予約時間に遅れました……。
診察時間中にファックスが流れ始めた音で悲鳴を上げてうずくまっていたら、風邪で機嫌の悪い主治医にティッシュを差し出された……。ふ、今日は私の勝ちだな(何が)!
待合いで患者が暴れた(患者のお母さんが殴られた)方が看護師さんには大変だったらしく、人違いされました。


まあ、気分的にさっぱりしてる分だけ、マシとしますか。
いつまでも下を向いていたので、キンモクセイが香っていたのに気付きませんでしたよ。
うっかり八兵衛もいいところだ。


では「正しいシャンプーの仕方」で、きちんとシャンプーしてセレブ気分になります(安っ)。
また明け方までキーボードたた……いえ、漢方の予約があるのでセーブしますよ。

テーマ:どうでもいいこと。 - ジャンル:日記

気まぐれ乙女。
中日が優勝かー……。
うー、阪神頑張ってたのになー。「今年はまあ中日だよー」と言いつつも、心のどこかでミラクル大逆転を期待してたのにな……。ちぇ。


公共料金をまとめて支払ってきた女のサイトへようこそ。
ガスも電気もないと辛いし…。前の家はオール電化である意味安上がりでしたが。


先月中旬、何やかんやと会話していた折に、ママンがのたまいました。
「まあ、そんじゃ9/25には仕送りちゃんとしとくわね♡」
珍しい。ここ最近仕送りを忘れ続け(というか送るのが遅れている。さすが親子)、娘を何度も飢餓線上に陥れているママンにしては珍しい。そう思って25日、わくわくしながら銀行に行ったら。




1万円少なかった……。




ママン……あのハートつきの科白を私はそっくり再生してお聞かせしたい。電話したら、破れた網戸の修理代がいくらかかるか分からないというので、娘の生命線がプールされたとか。
仕方ないなあ。そんじゃギリギリまで粘るよ。今月年金降りるし♪
そう思っておりましたが、ついに昨日で残金23円になった。
なかなかいい小銭記録だ。今強盗が来ても、怖くないぜ! 通帳もどっか行ってれば、キャッシュカードは残高ないしな!
というわけで、朝一番にママンに残り1万円を催促してみました。これ、30歳近い成人女の科白ではない気がしますが、恩返しまで待っててね。
時間的にママン一人かと思ったら、紙一重でパパンがいた。やべーーーーーーーー(滝汗)!!
でもかけた電話は勿体ないのでそのまま……にしようかと思いましたが、「そんじゃお父さん出勤した後でいい。じゃね」と、電話をブッチ。




用件がバレバレだな、娘よ!




と、思われたらしく、折り返しの電話でお願いしたあと、口座にはちょっと余分に振り込まれてました。
夜7時前に「ちゃんと振り込んでたでしょー? お父さんが余分に入れとけって言ったからー」と、ママンから再度お電話が。
ああ……怒られるな、今週末……。あんたの嫁さんが仕送りしぶってたなんて言ったって、「そもそも稼いでない方がどうよ?」な展開になるのは目に見えている……。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥目指せ、ガンダム大地に立つ! 自分のお金でやりくりしよう……働いていた頃のように。学生の時は奨学金と家賃が親負担だったからね(奨学金も貯金で返してしまったので、結果的には使ったというのだろうか、あれ……)。


振込依頼の電話をしていたら、ママンがふと。
「ねえねえ、あんた14日ヒマ?」
「そりゃ……(キャスバル兄の家にいるから)暇ですが」
「そしたら興福寺行かへん?(はしゃいだ口調)」
「……何か特別展示がおありなのね、ママン」
「そうなのよ。もうお寺ぜーんぶ見せてくれるのよ(はしゃいだ口調)」
ほう、珍しい。……しかしふと思い当たる。あの辺りはお寺ワールドではあるまいか(京都市民が言うな)?
「ママン、念のため確認しますが、興福寺だけよね!? 他はもう行ってるもんね?」
「そらなー、諦めなしゃーないやろー。とりあえずJRから出る?」
「いや、近鉄のが近いから、環状線で乗り換え……」
この神社仏閣マニア親子め。御朱印帳はばっちり持っていてよ。
眠たさのあまり(確認電話の時はだるさのあまり)、始終呆けた口調の私に「あんた、大丈夫なんでしょうね!?」と、電話中5回ぐらい念を押されてきました。うーーーーん、とりあえず生きてるよー。
「そんで、あんたお気にの石屋で、ブレス作りたいねん。友達のプレゼントに」
「え、興福寺から西院まで? 結構あるで? 晩ご飯は?」
「だーって、お父さん出張でいてへんしー」
「キャスバル兄は?」
「誕生日、何もくれへんかったし」
‥‥‥‥‥‥‥‥‥メールの一つもなかったことを恨んでいるらしい。「もう世話してやるのも飽ーきたっと」と、とても還暦を越えたとは思えない気まぐれ乙女発言。血の系譜だ。


まあ、強制稼働もいいか。興福寺でしこたま御朱印もらって、うっとりしてきます。ついでにばーちゃんの祥月命日も明けたので、お守り買えるし。
気まぐれ乙女が二人、14日にふらふらしていても見て見ぬ振りをしてくださいませ。気の毒だと思って……。

テーマ:ありのまま日記 - ジャンル:日記

物騒な脳内。
一晩で5回ほどモビルスーツで出撃していました……夢の中で(当たり前)。
だからですか、目が覚めたら北朝鮮が核実験やってたってニュースが踊りまくってたのは……。


決してガンダムに乗っていたばかりではない自分が哀しい女のサイトへようこそ。
ザクは操縦した感じが重かったです、何となく……。って、どんな夢ですか私。


肩慣らしにヴィクトリアンな雰囲気の原稿を書いているので(恐らく非公開)、できればそっちの夢が見たかったellisです。
夜中に『ガンダムSEED』見てる罪ですか。それとも毎日放送で再放送やってる『DESTINY』まで見てる罪ですか。両方かな、嗚呼。
あ、『マイメロ』見ました、はい。冒頭から柊さま出てて、ウサミミ仮面を彷彿とさせるキックに惚れ惚れしてました。……が、体力ないって設定の潤くん(柊さま弟)が、ビリヤード台を持ち上げて柊さまにケンカ売るって、どうなんでしょう。それにキックひとつでかわした柊さまはさすがですが、非情な兄弟仲だな
弟、ビリヤード台の下敷きになってますよ柊さま。ついでに弟愛用のギター真っ二つに壊れましたよ柊さま。弟が無事な辺りは人体の神秘ですか。


ヴィクトリアンに憧れつつ、読んでいるのは皇妃エリザベートについてだったりします。
まあ、ヴィクトリア女王とかぶってはいるのですが……仲悪かったらしいし、二人(苦笑)。ビア樽になったおばさんと、拒食症のおてんばさんではな……。仕方ないのか?
いえ、好きなのは時代なので。
姫が以前「エリザベート展」に行った時にくれたお土産のしおりを大事にしてます。びゅりほ。
ついでにホーフブルクに思いをはせると、『エロイカ』ごっこもできて、大変楽しいです。ははは、脳内麻薬がこぼれてますな。


何だかどす黒い事件も多いし、日本も平和のぬるま湯につかってられませんねえ。
さあ、明日には電気代支払ってこよう…。
一気にホームサイズの問題になったところで、本日フェードアウト。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

まだ大丈夫…。
そろそろ「マジで生きてますか?」というメールを頂くようになったので、のろのろと更新です。
生きてますよ~~……どうにか。
この奈落真っ逆様な勢いはどうよ。


気がつけば、すっかり寒くなっていた女のサイトへようこそ。
布団を……いいかげん冬布団に替えよう……。


この間のフルート以来ほとんど動いてないので、気がつけば日曜ですよ。道理で昨夜はアニメがいっぱいやってた訳だね。そんでもって、何見てたかは、覚えてないと。新番組のシーズンだしね。……ふいー、どん底の時はこんなもんですよ。ちなみに高校生の頃、「どん底」を「ズンドコ」って言った奴がいたなあ…。前も言った気がするんですが。
むむ、来週木曜からはキャスバル兄の家に行かないといけないのに。私は掃除一切に関知しませんよ? 心おきなく放置プレイしておいて。
それより何より、電車の乗り継ぎが嫌だなあ。ダイブできる線路ではないのが救いですが。
京都市営地下鉄は、何がどうあってもそんなことはさせないわよって意気込みが感じられる二重ドアでいいです(烏丸線じゃない、新しい方)。あれはあれで子供が挟まれたりするという話も聞きますが、毎年誰かをバス乗り口に挟んで進んで行ってしまう京都市としては、かなりよい選択なのでは。
誰だよ、京都府が日本で一番おっとりしてるなんて言った奴(都道府県別で比べてみるみたいな番組をちらっと見た。それもいつのことだか)。


閣下分が不足しているので(@『あずまんが大王』)、補充してきます…。
今朝『マイメロ』も録画してるはずなので、柊さま分も補充します…。
そんでもって、世界史の教科書と(かなり分厚いカラー版がどこへ行ったのか…。部屋を探しても探しても出てこない…)にらめっこして、よからぬくだらぬことでも考えましょう。そいや(気合いのかけ声)。

テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

ぼーっと。
雨、うつ、生理痛。外になど出たくもないし、だるくて起きあがれない。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥が、発表会で恥かくのも嫌なので、遅れていきました……。


踏切の真ん中でぼーっとしていて、怒られた女のサイトへようこそ。
道路の真ん中でも同じことをしていて、昨日は怒られたっけな。


昨日は神経内科でした。普段は1ヶ月に1度なのに、なぜか2週間後になってたので行ってみた。
そうしたら先生ってば。
「あれ、どうしたん? どっか具合悪なった?」
「……先生が2週間後に予約取ったんやで」
「え、せやった? あれー? おかしいなー。ま、そこで真面目に来てしまう辺りが君の生真面目さということやなー」
違う。生真面目なのではない。
「とりあえず来とかんと、次の予約取るの大変やから……」
「……ああ、せやったな、この病院はな。薬は28日分出てるやん」
「せやからそう言うたんよ。そしたら薬剤部が5時過ぎて閉まってて、もう対応できへんって言うから、薬もらうだけもらって、2週間後に来たらええんですねって聞いたら、そうですって受付が言うた」
「あー、あかんなー。そんな対応するから薬ため込むアホが増えるんやんかー」
「別にテルネリンため込んでも嬉しないけどな。今の私に出てる薬で、一番確実なんはアイロミールやし。ため込むまでもない」
1本すかっといけばいいだけさ。と、姉妹からすも言っていたな。
「ええねー、これぐらい医者の前で言うてくれてると、薬ではまあ安全かなと思えるわ
ありがとう。神経内科なのに、いろいろ気付いてくださって。
ぐだぐだと話しているうちに、他科のカルテも見てみろと言うと、精神科は私のレポートがびっちり貼り付けてある。
「うわ、何これ。書くのはともかく、あの先生これだけ読むん?」
「うん。読むの早いし。読むのが好きみたい」
「はあー? 僕やったら、絶対聞いてる方がええけどね。……あ、でも呼吸器科の先生はきっちり書いてあるなー。流石やなー。分かりやすいわー」
暗号カルテでごめんなさい……。精神科……。
結局その日は偏頭痛の薬と胃痛止めもらって来ました。その日の朝、猛烈な腹痛とその後胃痛が続いていたもので。ブスコパン飲んでも治まらないし、消化器内科は「胃カメラこの前やったからいいよね?」って言うだけだろうし、精神科ではくれないし。


で、今日ですな。
電話が鳴った。ガス屋が請求書を突っ込んでいった(まだ止められてないよ?)。これが昼下がりの事情。
ぼーーーーーーっとしていて、気がつけば4時。ああ、今日はフルートレッスンだっけなーーーーー………。
次にはっとしたら、5時半でした。1時間半、寝てたわけでもないのに。アングラも巡ってねえし、今日の新聞もまだ見てないのに。
もひとつ気付けば6時。いい加減にどうにかしろよ。いや、もう休もうか。これで行ったって、ろくな練習にならないぞ。いやいや、仮にも「アンサンブル」なんだから行っておかないと。ううー、行きたくないなー。ああー。
不登校児のような気分で到着、しかも空腹だった(途中ウィダーインゼリーとカフェオレを突っ込む)ため、先生に「ellisさん、何だか顔色悪い上にふらふらしてるわよ。大丈夫?」と、真っ先に聞かれました。
あんま大丈夫ではない……が、この図体が倒れると、激しく迷惑だ。


レッスンは案の定私一人ボロカスで、今日は諦めの境地。ここに来られただけでも奇跡だ。
で、帰り道でぼーっとしてしまったと。
音にものすごく過敏になってしまい、テレビの音が相変わらずミニマムどころか、ほとんどかかってません。喋ったりしてるのは平気なのにな。
テレビの音が嫌なのは、うっかり昼ドラやサスペンス物の再放送があると、電話の掛かってくる音が響くせいです。
では飯でも食うか。何してぼーっとしてんでしょな、私。多分時々はスリープ(気絶)かかってる気がします。

テーマ:どうでもいいこと。 - ジャンル:日記

ちょっと復活。
いろいろネタ練りしていたら(投稿するしないに拘わらず)、何かご機嫌さんになってきました。
私の頭の中は現在、れっつヴィクトリアン。
でもロンドンも出てこなくて、架空世界だけどね。
世界構築し始めたら止まらなくなって、気付いたら朝でしたよ。
どっちにせよ、不便な性格だ…。


よっしゃ、これで凌ごう。
毎日何か書いてないと、陸に上がった魚の如くヤバくなっちまうですよ。
てやんでい、私の身体にはカートリッジ・インクが流れているのさ。
空想の世界に飛び込んで早20年以上。私ゃこーいう女みたいです。
だから相棒(iBookくん)、もう少し軽くなってみないか…?

テーマ:なんとか生きてます - ジャンル:日記

親戚に一人欲しい。
だるいのに眠れねえーーーー。
おねいさん、中途半端は嫌いなのよ…。


結果、気がつけば時が流れている女のサイトへようこそ。
「それは寝ているのと同じでは?」などと聞かないでね。眠りは休息(のはず)だけど、抜け殻になってるのとは違うのよ。


♪すーいーへーいーせーんの彼方には、あああー♪
夜中に『海のトリトン』を初回から見ている私ですが、手塚作品に圧倒されている場合ではない…。昨夜も『ブラック・ジャック』の再放送やってて(早いな!)、うっかりうっとり見てましたよ…あっちょんぶりけ。…見ている暇に、手を動かせ…。ちきしょう…。


今年の春当たりから、私の心を魅了しているのは何も閣下だけではない。サントリー・BOSSのCMに出てくる宇宙人ジョーンズもその一人。
気が多いなellis。
だって、トミー・リー・ジョーンズだもの。まさかトミー・リー・ジョーンズが牛丼食ったり工場で働いたりハッピ着て「イチキュッパ! イチキュッパ!」と叫んだり宅配ドライバーで駐禁取られたりするなんて、想像もつかないじゃないですか。
ちなみに宇宙人ジョーンズが働いているのは「宅配会社・かたつむり便」というそうで。
なんだかこれを聞いて、カエル急便(@『踊る大捜査線』)を連想するのは私だけなのかしら。
どっちにしても、配達が早くないのは事前に約束されてそうな社名に胸ズキュンですよ(カエル急便だと、事件がやってくるし)。絶対に使わないだろうけど。
でもトミー・リー・ジョーンズが運んで来てくれるなら、遅くてもウェルカムです。……ドアを壊されさえしなければ。
しかし何着せても似合いますな、トミー・リー・ジョーンズ…。


高校生の頃、当時の彼氏と『逃亡者』を見に行って以来、ハリソン・フォードとトミー・リー・ジョーンズのファンな私ですが(当時の彼氏の顔はおろか、名前も忘れている愚か者。ついでに見に行った映画館がどこにあるかも思い出せない)、トミー・リー・ジョーンズの方が年下とは知らなかった……ごめんなさい。めいっぱい身体張ってるハリソンの方が年下だと思ってたのよ。
サントリーには、これからも続編希望です。
親戚にああいうナイスガイが一人いたら、もっとマメに、もっと愛想良く帰省するだろうな、オレ……分かりやすい女だな、ellis。
どうでもいいけど、外に出てないな……。レシート送らないと……。

テーマ:どうでもいいこと。 - ジャンル:日記

いろいろもらってる。
かなりぼーっとしております。いかん、しゃきっとしないか自分。
いえ、月が満ちているのも……辛くて……(涙)。


肩こりから解放されても、頭痛からは解放されていない女のサイトへようこそ。
必ずどこかが痛い身体。切ない……切ねえなあ……。


セブン・イレブンで、パンとかお総菜を買っていたらシールがついてきたので、なんとなく集めておりました。そしたら規定の点数がたまったらしく、今日マグカップもらってきましたよ。……使うあて、ないんだけど。一人暮らしの我が家に、8個目のマグカップだ。カップ&ソーサーに至っては、9客。こんなにあるから、洗い物がたまるのではないか。ポットも3つあるしな(そのうち一つは急須兼用)。
ついでにレシートの裏を見たら、5円/lガソリンを値引きしてくれるらしい券がついてる。上限は20l(100円)までしか引いてくれないらしいけど、これって昨今の原油高を考えるとお得なのか? 車どころか免許すら持ってないので、我が家で唯一の免許&車持ち、パパンに電話してみた。……というと聞こえはいいけど、正確には「パパンにいるか聞いておけ」とママンに電話した。誰が自分から虎のいる檻に入りますか(泣)!
で、お返事。「ぜひおくれ」。……最早あの地元の人ではなくなっているパパンは、速攻でお返事したそうな。大阪人の嫁をもらって、二人の子供の養育費を弾き出し、自身のお小遣いは麻雀で賄っていた結果、大変なしぶちん(=けち。貧乏性でもいいかも)になっているパパンです。


私は麻雀のルールはほとんど知らず、もっぱら花札派なのですが、パパンは盲牌ができるほどの雀師です。しかも退職前には「パパンが勝ちすぎて他の人が払えない」状態となったため、勝ち逃げだったとか。おいおいおい、どんだけ勝ったんだ。っつーか、何回賭けてたんですか。そーいや、一度ママンに10万以上する珊瑚のネックレスプレゼントしてたな。
そんなパパンも最近は大人しくなり(面子が揃わないから)、場外馬券を買ったりロト6をやってるくらいですよ。
もともとかなりのギャンブラーですからな。ママンが結婚前に「あの男とだけはやめておけ」と満場一致で言われてただけあるな。今のちょっと落ちかかった肩を、あの時誰が予測できたか。
パチンコは昔のタイプだと打つそうですが、今の電動式? だと勘が鈍るんだそうで、やめてます。
ふーん。そんなものですかい。囲い込まれて、結果ぽやーっと育ってしまった(一部野育ち)私には縁遠い世界だ。
あ、そういえば高校の頃、地元宝くじを買うのに誘われた覚えが。ぴんと来なかったので誘いには乗りませんでしたが、部室では麻雀も花札もやってましたよ。理詰めで考えると自滅するタイプらしく、花札みたいに脊髄反射状態で判断を求められる方が合っているようです。理詰めなのはキャスバル兄に譲ります。あの兄はどこか山師というか、詐欺師の才能さえあるような気がするので…。


「今日は私、ゆっくりするねん」と、電話の最後にママンがのたまった。「あー、そう」と言うと、「昨夜お父さんとディープ・インパクト見てたからな、お父さんが今日はゆっくりしとけって」




理由は凱旋門賞ですか。




いや、私も見てましたけどね凱旋門賞。「おっしゃー、そこや、差せー!」と、柄の悪い言葉を口にしながら応援してましたけどね。
そういえばママンは、賭け事抜きで競馬が好きでした。「馬が走ってるの、格好いいやん? 乗ってみたいわー」とのこと。
乗馬はやってみたいけど……あんなギャロップは嫌だな。ま、ママン小柄だからいいか。頑張れよ。
では明日あたり、レシート送っておきます。……たぶん。

テーマ:ちょっとした出来事 - ジャンル:日記

久々にドツボ。
間に合いませんでした‥‥‥‥‥‥‥‥‥9/30の〆切に……。
こんなわけで、しばらくドツボってたellisです。


うつが悪いのではなく、自分のコントロールができてないのが最大の敗因ですな。
昨日も一昨日も更新しなかったのは、うっかり呪いの言葉を吐きそうだったからです。
しかし主治医よ……安定してからの私しか知らないとはいえ、なめてかかるなよ。
うっかり外に出れば、マジで線路に誘惑されそうな感じでしたよ。
あとは高層階の屋上とか(京都市内でこれを探すのは、結構難しい)。
頸動脈は、相変わらずさね。ははは、ちょっとだけ呪ってやる、主治医。


こんな時にフルートってば、ナイス音楽療法♪
ただし、口内炎を多発させるようなアンブシュアを作っていなければ……。
ちょうど奥歯のかみ合わせのところで、頬の内側と歯がこすれ合うらしくて、がりがりいってます。
まさかこの年になって、歯列矯正という文字が頭を巡ろうとは……。
感性がマジで鈍麻する前に、どうにかしましょう。また離人やってしまいそうな勢いでもあるし。
漢方の主治医が「あんまり元気になりすぎても困るしねえ…」と言ったのは分かる。分かるけど、この状態はヤバいだろ?
属性Mなのか、耐性が結構なレベルであるのが嫌なellisです。うーむ、今週も精神科に特攻みかねえ。


癒しに行って来よう……。マリアージュ・フレールで紅茶か、それともアランジショップのお兄さんとくっちゃべってくるか。
中国茶のお店は、今日休みだしなー…。
こんな時に無理にでもフルメイクをするのは、自分を奮い立たせるためです。別に目立ちたいわけではありませんので悪しからず。


では何かご飯買ってきます。夜中に起き出してから、ひもじかった……(涙)。

テーマ:ダメ人間日記 - ジャンル:日記

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。