羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
200610<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200612
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テュとジェ。
発音の話をしていて思い出したのですが、高校の恩師(世界史)は「テュ」の発音ができませんでした。
「このテューダー朝は……」と、本人は言っているつもりなんですが、「チューダー朝」になってました。


ある日戯れに(というか気になったので)、「せんせー、先生の『テューダー朝』の発音おかしいよー?」と、質問してみました。
先生、ぶつぶつと「チューダー朝、チューダー朝」と繰り返してから、「お前、言ってみろ」
「テューダー朝」
「チューダー朝。間違ってないやないか」
いや、間違ってるだろ。
「テュ」は、「t」に「ゆ」がくっつく感じで、上あごの盛り上がったあたりに舌がつきます。「ゆ」を伸ばして発音すると、その辺りに音が当たってるのが分かりますよ。「チュ」は、もっと舌が前につく。


先生……今でも「チューダー朝」と、講義なさってるんでしょうか。ああ、先生の講義がまた聞きたいよ。
姉妹からすとよく言っているのが、「ジェイアール」(JR)を「ゼイアール」と発音する母親たちも気になります。これも「ジェ」と「ゼ」で違うんだっての。「ジェ」の方が、ちょっと奥で発音してるでしょ。ああ、ママンと最強伯母に「ジェノバ」と100回言わせてみたい。
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

意外な場所で。
あにゃー。昨夜はあれから通常の眠剤と夕薬、更にヒルナミン10mgと副作用止めにピレチア25mgを突っ込んで布団へ直行しました。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥3時間で目が覚めた‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥。
追眠(デパス2mg、セルシン5mg、マイスリー5mg)を不条理さと共に飲み込んで布団に潜り込み。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥2時間しか保たねえ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥。
うだうだしていたらお腹が空いたので、結局起き上がってご飯を作って食べて。コミック読んでぼーっとして。うとうとしかけるのに眠れないもどかしさを抱えながら、朝の6時には朝ご飯食べてました。それから何度か、瞬間的に(5分とか)落ちては起きるを繰り返して…。
割り切れねえ。薬の代謝も私の気持ちも割り切れないよ。確実に肝臓にキてるだろ、これ。


ヒルナミンは思い切って25mg入れておくのだったと後悔する女のサイトへようこそ。
午前診の通院があると思って、遠慮してしまった。


本日のヴァイタル。126/81mmHg、93bpm。滅多にない美しさです。新生児並みの脈拍ですが、100を割ったのは久しぶり。脈が速すぎて、「もう一度、計り直してください」と、自動血圧測定器に言われた呼吸器科でのことを思えば(そして上が190を越えた…。脈拍は140だったか、きわどい数字だったさ)美しい、美しいよ。
しかし連日のぼせ続け、肌年齢が老け込むように水分を飛ばしている私。そんなに肌をくすませて、自分で自分が哀しいよ私。目の下に飼ってるクマも腹立つけど。
こんな私に、本日は潤す方向の漢方が処方されました。煎じ薬だから、どれがどう、ってわけではないのですが。ついでに苦くなったことも聞きました。今夜から毎日苦虫かみつぶした顔が出来ます。嬉しくねえー(涙)。
眠れないのはスルーされたみたいですが、いいのか? 「(躁が)上がってきたのかなあ?」と、不安げに訊ねないでください先生。うつでも不眠になったり中途覚醒します。




そして小説の神は不眠不休です。




神出鬼没でもあります。
ネタが浮かんだからといって、躁とは限らないんですよ。いい証拠に、バッドエンディングばかり思い浮かびますから。バッドというかダークというか。重いっつーか。こう、人死にの出ない方向で行こうぜオレよ。
高校、大学の間、ちまちま書いて見せていた幼なじみには、あまりに主人公が不幸な目に遭う作品ばかりだったので「サド侯爵」の称号を頂きました。当時の日記にも「今度こそハッピーエンドにしたいぜよ」って書いてあるし。
なので精々「サド男爵」あたりにとどめたいものです。


さて、11月最後のフルートレッスンは、タンギングの確認から始まりました。
どうもいろんな生徒さんから繰り返し訊ねられたので、まとめて今週すべての生徒さんに復習しているそうです。
タンギングの基本はtu。読みとしては「トゥ」ですね。小学校の時にリコーダーを習うと、必ずこの「トゥ」でタンギングさせられました。ここで舌の位置を確認。
日本語読みで「た」行の発音をすると、舌が上あごにくっついてます。本当は「た、と」「ち」「つ」「て」で、微妙に舌の位置が違うんですが、まあ大雑把に。「t」を意識して「たちつてと」と言うと、舌先は上の前歯にくっつきます。
ゆっくり何度も言ってみると、舌が一番前にくるのは「つ」の時です。「あいうえお」をゆっくり言ってみると、「う」が口の中の前の方で発音されてるのが分かると思いますが、これに「ts」をつけるから。
この「つ」をもうちょっと舌出して言ってみてください。はい、もうちょっと。もっともっと~。そうすると、歯と歯で舌を挟む格好になります。英語の授業で必ず習う口の形、「th」、辞書の発音記号に載ってる「θ」です。
どうやら古い古~いフルートの教本は、タンギングとはこれだ、と書いてあったようです。えっと、私のひいじいちゃんくらいの頃だそうで。
先生が習った頃、つまり私のじいちゃんくらいの歳の先生方は、「これは違うだろう」と、「つ」に近いように考えたそうです。
そんで現在。うちのフルートの先生いわく、「やっぱりこっちだろう」と、「θ」を主張されました。前歯が上下とも同じ位置で軽く舌を挟む感じ。あくまで「感じ」。
さりげなく「つ」の発音の時に「ts」と表記したのは、ローマ字表記よりも発音上正しい表現だからです。
もともと「tu」という発音は日本語にはありません。だからややこしい。
頑張った結果、あとフルートの吹き方の誤りから、舌を下の前歯にくっつけてた方が多かったようなのです。え、私? 上の前歯にはくっついてたんだけど、「θ」ではなかったですね……。歯の位置が間違ってたんです、はい。


ではそれをふまえてトライ。……お、音出ねえ~~。
私にしては珍しく、発音理論がすらっと出てきて頭に入るのは、国文学科で「日本語学基礎」を履修したからです。当然、音声学も入ります。母音の発音の位置、子音の発音、その位置、種類、諸外国語との比較などやりましたよ。
教科書を板書して読み上げるだけの教授でなけりゃ、もっと楽しかったさ……。
まさかこんなところで、こんなことが役立とうとは。それにしても、よく頭に残ってたな、私。いや、ほんまに。


そして、ぺらっと新しい楽譜を頂きました。
「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」。おお、サラ・ブライトマンですよ! 曲はこちら(声はないです。旋律とピアノ伴奏)。
この、ささやいてるらしいところ、楽譜が目詰まり起こしてるみたいで私には見えませんマスター(誰)。強烈なドライアイなのに、切ない涙で目の前がにじみそうですマスター。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥来週までに、どうにかします……。
でないと、「来週は2小節ごとに掛け合いみたいにしてみましょうか」という課題に追いつかない……。
ではお風呂でまったりして寝ますか。漢方でも潤して…。

テーマ:ぐだぐだ日記。 - ジャンル:日記

香り好きルーツ。
今日こそ明日の漢方を逃さないために、また目が充血するほどの睡眠不足を改善するために、本日は午後6時ぐらいに強制スリープかけます。
なのでこんな時間に更新です。


一体いつの頃から香水好きかと、首を傾げる女のサイトへようこそ。
現在手持ち11本。……整理して11本か……。


いきなりですが、うちのいとこ達は皆私より年上で、それもとんでもなく年上でした。何せ私のすぐ上って言ったら、6歳上のキャスバル兄、父方一番上は15歳差、母方一番上は10歳差です。
母方の従姉(一人しかいない)は一人っ子のせいか、お下がりの洋服やおもちゃをくれたり、ちょっとおませなアクセサリーをくれたりしてました。
そこらのドラッグストアでも売っているような安い「コロン」をもらったのは、小学生の時。アトマイザーを買ったのは中1の時。しかし安い香料にやられ、放り出し。
高校に入ると、母方一番上の最強伯母がシャネルNo.19くれました。小さいお試しサイズのだけど。
「シャネルの5番は、まだ早いしなー。ココよりも、あんたはまだ19番やろう」
だ、そうです。正直、これにやられました。瓶が小さかったのも幸いで、「つけすぎる」ってことがなかったですし、貧乏な田舎の高校生ですから、お出かけ時(デート時)にちみちみつける。最後の1滴まで惜しんで使いましたよ。
今から思えば、とても上手に大人の階段昇らせてもらってますね私。勝負事でも子供扱いしませんが、お洒落関係でも過剰な子供扱いはありませんでした。


自分で初めて買ったのは、ジバンシィのプチ・サンボン。高校の終わり頃と記憶してます。これなら周りも文句言わないだろってことで。あと、値段的な問題も含めて……(涙)。
ジバンシィは、後に他の銘柄を最強伯母からもらったりしています。彼女は当時まだ元気だったので(今でも元気だ。心筋梗塞2回やってるけど、現在フラダンス教室に通ったりジムに通ったりしてます)、一年に一度海外旅行に行ってましたよ。そのお土産で。学生になったからということで、その時はきちんとしたボトルでもらいました。あと、シャネルの口紅ももらったなあ。本当に真っ赤な「ルージュ」で、何か嬉しかったですよ~。


大学に入ると、姫が香水好きだったこともあって、お互いの誕生日はトワレをプレゼントし合うようになってました。彼女は甘めの香りを好み、私は割とライトな香りが好きだった。
しかしいつだったか、雑誌でちらりと見ただけのトワレに、私は憧れて背伸びした。
それはイヴサンローランのイヴレス。今ならサンローランが二十歳そこそこの小娘に使いこなせないと分かる。そして今ほどライトなバージョンも出回っていなかった。
これはもともと「シャンパーニュ」という名前でした。が、商標権でもめたらしく、気がついたら「イヴレス」に変わってたんです。ついでに香りもちょっと変わったらしい。





‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥私、「シャンパーニュ」の名前の方で持っている‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥。





しかもこれは、高校時代の友人があちこち探し回ってプレゼントしてくれたものです。だから今でも大事にとってあります。最初から密封してなかったから、未開封も何も。
レアだ、レア品だ。買ってもらっておいて「うーーー、思ってたのと違うーーー」と、しまい込んでいたくせに。
サンローランは、もう一つ持ってます。パパンが海外出張のお土産に買ってきてくれたもの。サンローランには間違いないんですが……商品名が分かりません。箱に「イブサンローラン」と、書いてあるだけなんです。誰か……これの謎を解いて……。
もしかして、プール・オム(男性向け)なのか? クラシックな香りですよ。ええ、「おっさんの整髪料」って言い方嫌いだけど、若い子にはきっとそんな感じ。


本屋と内勤営業の時はエリザベス・アーデンのグリーンティー。香りがさっさと飛ぶ上、最初っからライトなので、もうこれは自己満足の領域。よく消費しました。グリーンノートが好きだったので(今でも好きだけど)、休日はこんなのもつけてましたよ。ちょっとフローラルも混じって。
アロマの学校に行ってる時は、学校自体がアロマの香りに満ちてますので何もつけて行く必要ナッシング。授業を受けて帰る頃にはほんのり香ってましたし。
アロマに興味を持ったのも植物的視点ではなく、純粋に香り好きだったからですね。だから精油学の勉強(何の成分が含まれているか等の、科学的な授業)は幸せでしたよ~。
物書き見習いになってから。つまりロクシタンが京都に来てから。トワレブーム再燃ですか。20代前半の頃と、好みも変わっていたし(故に薔薇バラ言ってる)、重めの香りも似合うようになっていた。


ふと思い立って、イブサンローランの「シャンパーニュ」を、ちょっとつけてみました。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥すげーゴージャス。超リッチな大人の香り。
使い方次第でオッサン臭になるのでしょうが、上手に使えばめちゃめちゃ格好ええやろな~と思わせる香りでした。
華やか~なパーティー会場にいてる、ナイスバディな美女って感じ。つまり官能的でもあります。
昨日の「ローズアブソリュ」は、もうちょっと大人しいというかレトロ。
「シャンパーニュ」がニューヨークのパーティー会場だとすれば、「ローズアブソリュ」はウィーンのシュターツオーパーかパリのオペラ座にいるレディって感じ。
大事に使いましょう、どちらも。「オバハン」になったのではなく、いい香りが分かる「大人の女」になった気がして(あくまで主観)嬉しいです。


母方従姉や最強伯母がお洒落さんだったり、姫がコスメにこだわったりしていたせいで、こんな感じですか。つくづく周囲に恵まれていますね私。
あと、ちょっとつけ過ぎたか? と思ってると「おい、今日は香水きついで」と、速攻で指摘してくる嗅覚鋭敏なパパンとか(そもそも自分でつけ過ぎと感じた時点で、かなりつけ過ぎ。自分では物足りないくらいでいいんですよね…。それが分かるまでにも、結構かかったさ)。
何せ学生時代、普段は魚屋バイト。何もしてないと、気になって仕方なかったんですよ。バイトの帰りに猫はすり寄ってくるし、虫も寄ってくるし(腐敗臭のせいだろう)。


昔はキャスバル兄も、エルメスの香水つけてたんだ……彼女がいたりした間は。今ではただのオッサン街道まっしぐらですが。
殿方の香水は、よっぽど上手でないと腹が立ちますね。女の人でも一緒だけど。いつだったかマリアージュ・フレールで襟元からアグレッシブに香りを放ってた奴、あれは許さんぞ。
私も精進します。でもとりあえず、お風呂入って寝ます……ぐぅ~~~。

テーマ:どうでもいいこと。 - ジャンル:日記

ヘルペスさん、おみくじさん。
昨夜、「あー、もうやべえわー」と思いながらもきっちり深夜アニメは鑑賞しました。
ただ、寝る前に鏡を見たら、上唇左側がぽつりと赤くなっている。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ヘルペスさん、やはりいらっしゃったのね‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥。


はい、いつもの疲労から来る口唇ヘルペスですよ。
高校3年くらいから胃の具合が良くなかったんですが、学生になって一人暮らしが始まると、しょっちゅう胃を荒らしておりました。
ついでに蓄積されていた疲労にも気付かず、魚屋バイトと並行して単発の(大学側が誘ったまま)古代衣装を着て絵のモデルになるっつーバイトまでしましたよ。
そこでホテルに泊めてもらった朝、何か口まわりがむずがゆい。そんで荒れてる。
家に帰ってどのリップクリーム塗っても治らないし(当時ボディショップのリップを使っていた……可愛かったな、私)、どんどんひどくなるし。





魚屋パートのおばちゃん達には「キスのし過ぎちゃうかー?」と、からかわれるし……(涙)。





その後、たまたま飲んだ胃腸薬の相性が悪く、スパーク。
今年に入って漢方の先生が「試しに塗ってみる?」とくれた、抗ウィルス剤が現れるまで、私の口まわりはどえらいことになっとりました。
それで、「ああ、私ってばヘルペスさんにやられてたのね」と、納得。医者側も、もう選択肢がこれしか残っていなかったようです。ビンゴしたからいいけどさ。
白血球数があまり多くないので、常に抵抗力が低い状態にある私は、治ってはやられ、治ってはやられしていたわけです。
ええ、普通の人よりたくさん。
そんでメンタムリップがしみたわけです。メンタムリップは悪くない。悪いのは奈落真っ逆さまな、私の抵抗力さ。
手作りリップ以外は受け付けない、現在の私です。よかった、アロマ習って手作りリップに出会えて。


昨日のおみくじには「病気  なをる」と書いてありましたが、ヘルペスさんのことではなかったようですな……。
今の医学では、ヘルペスウィルスを完全に除去するのは難しいらしいですし。
そんじゃ、ビタミン取ってゆっくりします…。ここ2、3日、薬の量に見合った睡眠が取れてないんだけど……またどっかで帳尻合うだろうし、まいっか。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

睡眠不足は脳の敵。
2時間しか寝ていない罰でしょうか。朝イチで火傷しました。
アルミホイルで出来たお鍋に入った、鍋セットとかうどんとかあるじゃないですか。あれのお蕎麦バージョンをストックしていて、食べたくなったので火にかけ、うっかり触ってさあ大変。
大変なのはお前の脳髄だよ。


向こうしばらく、贅沢品は不可な女のサイトへようこそ。
やっちまったな~~……やっちまったよ、オイ。


パルファムが切れた。
唐突ですが、私が現在愛用しているロクシタンのオー・ド・パルファムは、今年の1月に製造中止になっております。何か成分に問題があったらしい。
とはいえ、私の気に入った香りではあったし、もう太く短く生きる覚悟なんで気にせず愛用しておりました。寝しなに楽しんだり、外出時には欠かさなかったり。なので今までにない早さで50mlが切れました。
ロクシタンでは、私の好んでいたものがトワレバージョンに替わっているそうです。何だ、濃度が問題だったのか? 店頭で試していたのですが、やはり香りの重みが違う。そう、似て非なるもの。これはこれで好きなんだけど、私はオー・ド・パルファムでローズに酔いしれたいの。


とんだ倒錯乙女野郎ですが、いつから私は薔薇バラ言い出したんだろう。やはりロクシタンか。あの聖地が罪なのか。トワレからバスジェル、クリーム、練り香水、お香、石けんまで揃うあの聖地が。
ちょっと気になってたブランドがあったので、いそいそと京都駅まで出かけました。
ここで「河原町(京都市内における繁華街)」ではなく、「京都駅」に出かけたのには訳があります。
京都駅には伊勢丹があるから……。
気になってたブランドは、セルジュ・ルタンス。新宿伊勢丹の通販ページを見て、香りばかりは自分で確かめて納得してからでないと大枚はたけない! と、意気込んで行ったのです。




‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥取り扱い、ありませんでした‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥(涙)。




フレグランスコーナーに行って、経緯を話した上で「ローズで、何かありませんか」と、私。
出てきたのがアニック・グタールのローズアブソリュです。
リンク先の量り売り値から、100ml瓶で買った私の愚かさを思い知ってください。そしてボトルのゴージャスさにも酔ってください。
「もろに薔薇、ですよ」
と、ムエットを頂き。「うわ、薔薇や~~~~~」(極楽)。
とはいえ、かなり大人の香りです。しかしこれまで見てきた中で、一番薔薇だ。この文章の文法上の誤りを指摘せよ。嗅いでもらえば分かる。超薔薇なんですよ。名前の通り、ローズアブソリュートの精油を思い出させます。
当然値段にビビリます。が、もう戻れない。「こちらも薔薇っぽいですけどね」と頂いたムエットは、これまで使っていたパルファムに近い。故にこのゴージャスさにはかなわない。
「負けました~~」と敗北宣言。ついでにそこのお姉さんと香水談義で盛り上がり。
「ローズの精油に手が出ない」と仰る売り場のお姉さんに、ドライハーブで化粧水を作る方法を教えてあげたら、試供品を3つくれました。ありがとう! 確実に取り込まれてるね、オレ!
ではこの香りに追いつくよう、大人の女性にならねば……。
使い方も、慣れるまで難しそうなパルファムです。あからさまに収入に見合ってないクソ贅沢品ですが、見合ってみせるよ!


そんな贅沢品を身にまといつつ、昼ご飯は「なか卯」で牛丼でした。(最初これを「なか卵」と表記していた私。どこにあるんだそんな店。kiriさま、ご指摘ありがとうございます)
お店に客は私一人。しばらくしたら、ちょっとクレーマーっぽいおじさんが入ってきた。
「この店で一番おいしいの、どれ?」とか、「一番売れてるの、どれ?」とか。
結局牛丼の大盛りにしたみたいですが、ふと。




「今日って平日やんな? じゃあ生卵も」




‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥土日祝祭日に生卵を食べてはいけない宗教でもあるのか?
2分ぐらいで牛丼をかっ込み帰っていったおじさんよ。それともサクラで店舗にチェック入れてんのか? あああ気になる。私は並の牛丼を7分くらいで食べてました。


その後は姉妹からすと落ち合って、賀茂川を上りながら下鴨神社へ。個性的なここのおみくじを引きに行くのです。
そしたら途中、かごを編んでるおっちゃんにつかまった。別に買わなくてよかったんだろうけど、モノは気に入ったし仕事は確かだったので一つ買いました。もう今日はこういう日なんだと諦めて。
パチンコの景品らしい、チョコレートやらキャラメルやらのど飴もらいました。……パルファム買う前だったら、絶対買ってなかっただろうにな。あと、きちんと睡眠取ってたら買ってなかったろうにな。まあいいや、これもご縁だ。
我が家は龍の置物を置いて、毎日お水をあげています。5円玉があるとそこへ貯めていく(というか、お賽銭みたいな)ことにしてます(ので、貯まれば必然近所の神社にまとめて突っ込みに行く)。5円玉入れにしよう…。今朝も神社の御札に御神酒をお供えしたところです。
「いいものだから」と言いまくったおっちゃん。その通りならお金ざくざく呼んでください、たのんます。


おみくじの結果は吉。やたら景気のいい文句が並んでいるのですが、「願いごと 何にごともかなう、しかし、そのためには人一倍の努力をしなければならない」と筆頭で釘を刺されました。
待人が来るのも、縁談が上手くいくのも、安産なのも就職が希望通りになるのも努力前提です。
神頼みで引いてるのに、マッハで現実に戻してくれたおみくじでした。
ちなみにことわざが書いてあって、「人の行うべきかぎりを行うが人の道にてそのことの成ると成らざるとは人の力に及ばざるところぞ  本居宣長」と、ダブルで釘を刺されてます。とにかくやるだけやって来いってね。はいよ。
それにしても‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥変なおみくじ。


その後は蜻蛉です。いえ、存在が。姉妹からすは低血糖を起こし、私は偏頭痛を起こし。
紅茶で脳髄をふやかした後は、ロフトでお風呂で使える首ツボ押しグッズを仕入れ(深刻なんです、首凝りが!!!)、お好み焼き食べて駄菓子買ってマクドのコーヒーでシメ。
では、アニメ……が始まるまで起きてられるかなー……。あー、それにしてもローズの香りでとろけそうよ。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

徹底的に。
来たよ、主治医からの「頼まれもの」が。あまりに素早いお仕事に感動だ。
診察は来週だが、振込票は今週中の指定をしている……。イロつけて返せよちきしょー。


チョコレートが切れたとスーパーに行く女のサイトへようこそ。
あんまりごちゃごちゃしてない、シンプルで板チョコ程度の薄さのものが好ましいです。


小学校も終わり頃、友達と買い食いをしている時に(やっとこの頃からお小遣いをもらっていた。月500円)、「私、板チョコまるまる一枚って食べたことない」とつぶやいて、後にママンに叱られました。「そんな恥ずかしいこと、言うんじゃありません」と。
ellisとしては、板チョコを持っているとキャスバル兄やママンが「ええなあ、一口ちょうだい」と言って持っていく、というだけのことだったのですが。ママンは経済的な体裁を気にしたようです。
そんじゃ娘の持ってる板チョコを、物欲しげに見るなっつの。
しばらくしてから、ママンに「はい、それじゃどうぞ」と、板チョコをもらいました。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥何だか空しい味がしましたな、あの時ばかりは。
それまでもそれからも、チョコレートは人と分け合うのが好きです。一枚になってるのや、一箱に収まってるのを誰かと分けっこするのって、楽しいでしょ?
しかし現在の自宅では、話は別。時にライフラインになる滋養豊富、風味絶佳な食い物です(それはキャラメルの文句)。


スーパーが開いてる時間だったので、スーパーに行ってみると、入り口で地元産のほうれん草に誘われた。98円、98円だ。小松菜より安いよ。
洗剤等をすっとばして、アルミホイルがなくなっていたので補充。
うーーーーん、このぴかぴか(まだ土つき)ほうれん草を見たら、ショウガとガーリックのきいたパスタにしてえなあー。そんじゃ、キノコでも買おう。
「野菜を食べよう!」と、手書き看板がかかっていて、見上げてみると効能が書いてある。
  しいたけ……(何書いてるか忘れた)
  エリンギ……(同上)
  まいたけ……(同上)
  しめじ……(同上)
   :  
   :




菌類は野菜なのですか?




何かが違う気がして仕方ないけど、青果売場にあるからそうなのか? あああ、気になる。
と、言いつつショウガ、にんにく、レッドオニオンをかごにつっこんで。リンゴが切れてたからそれもつっこんで。ちょっとごつめのベーコン買って、思い出したように鷹の爪を買ってしまいです。
ペペロンチーニ風ですが、ちょっと味がついてるから違うかも。コンソメ突っ込んでたし。
あ、プチトマト入れればよかった。レッドオニオンで色を取ったつもりのバカでしたので。
出来上がりは上々。腹も満ちたし心も満ちましたよ。


一人暮らしを始めて痛感するのが、手作りなら徹底して手作り、手抜きなら徹底して手抜きの方が安上がりということです。
最近コンビニ飯にも飽きたので、また手作りマンスリーに入ります。半年~1年単位で来ますね、このマンスリー。最近はママンの飯にありつく機会が増えてたけど、ヘルプで作らされてもいたし(「一品足りへんねん~~、作って~~」と言われるがまま)。
野菜に飢えてるらしいです。この野菜が高くなりそうな季節に。天の邪鬼にも程があるなellis。
いえ、今度のキャラが美味そうにお茶飲んだり飯食ったりしてるから(血涙)!! 飢えるんですよ夜中!!
好きな野菜と問われると、香味薬味一般と色の濃い野菜です。ほうれん草もピーマンもニンジンも。ブロッコリーとか。タマネギは、生じゃなければ大丈夫。生は、消化系が弱いため臭いが次の日残るの…。


何の気なしにスーパーに行って、「しまった、ここはあまりお菓子の品揃えがいい方ではなかった」と、思い出し。
駅前の方だと、ちょっと高い目(コンビニ目線)だけど品揃え豊富なスーパーがあるんですよね…。
なので明治の板チョコ買ってきました。
持ち歩いてて友人と会えば分けますが、今姉妹からすには毒なのでしませんよ。
では紅茶を入れ直して、スケブと戯れますか。

テーマ:ありのまま日記 - ジャンル:日記

よし、降ってきた。
雨も降ってますが、久々に小説の神が降りてきました。


スケッチブックにごちゃごちゃ書き殴る女のサイトへようこそ。
物書きがスケブ愛用って、あんまり聞いたことないね。見習いだから、まいっか。


よかったです、11月末までに降ってきて。
どうも私の場合、11月~2月に降臨しやすいらしい(過去の例を思い出して)。ではこの季節に、ためておけるものはためておきましょう。
今回とどめの一撃は、ママンの一言です。
「あんた、ええ加減にしてくれへんと、お金援助できんようになるで」
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥いやー、血が沸騰しましたねー(冷や汗)。
1)援助がもらえなくなる→(確実にお金がもらえる仕事で)働かないといけなくなる→一点集中型なので物書きをしている余裕がなくなる→間違いなく半年以内に倒れる→今度こそ入院だろう。
2)強制送還。




嫌ああああぁぁ(阿鼻叫喚)!!




特に2)、これだけはご勘弁。1)は、一応私、診断書に「就労不可」と書かれたところなので。
なもんで久々にフンドシ締めて、深呼吸していたら、神が降臨したと。
なんて容易い神だ。しかし降臨してきた時は「よっしゃ!」と、自分で思える手応えがあるので分かります。


では11月中にまとめて、12月中に第一稿ができますように。なむー。
あ、そういや1月末にフルート発表会があるんだった…。新しい曲目やるのかなー。
たくさんの集中ができない上、切り替え下手な私には辛い季節。家族サービスも押し迫ってるしなー。
ママンが最近ちょっと気弱なので、マメに電話かけて励ましてるのです。実家うつ? 実家の陰湿ないじめが体質にとことん合ってない? 私にも合ってないけどよ。
鬼伯母との勝負は、来年の6月あたりに持ち越しです。またその辺りで法事があるから。パパンはキャスバル兄に「無理せんでもええから」と言ってましたが、娘は問答無用で帰宅命令でした。
法事って、女手がいるんですよね…。ご飯作ったり祭壇こしらえたり、お寺さんがお経終わる毎にお菓子とお茶出したり(合計3回くらいお経あげてお菓子を食べて、家の中で散華振りまいて、最後にはご飯食べてたなー、お寺さん。途中で袈裟着替えてたしなー。2時間ぐらいかかってましたよ)。
行かず後家として一人残った私は、雑用係決定だそうです。あと、ママンのガード係兼親戚の外交担当。ママンは口べたなのと人見知りさんなので、この娘が一見ナチュラルな笑顔で滑らかにさりげない毒吐いてます。
さあ、今度は伯母の神経痛に触るぐらい飲ませてやろうかね。
あ、論点がずれた。


気になることはいろいろありますが、まあ一つ一つやっつけていくってことで。
ではスケブに戻ります。久しぶりに、考えながら書いてて楽しいや。さすが神は違うね。これから原稿中、毎日御神酒とお菓子供えるよ。どっかに祭壇作るか?

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

どうせなら役に立て。
……主治医の「頼まれもの」が、明日到着するようです。
なんて素早いお仕事ですか、古書店さま。
私自身の通販は、まだ届かないというのに……何か理不尽?


素敵な首凝りに悩む女のサイトへようこそ。
お風呂で温めようにも、「肩までつかる」ことはあっても「首(頭)までつかる」ことはないでしょう?
癒されてそうで毎日癒されてねえー。高い枕が好きなのもいけないんですが。


どうやら昨夜は一眠りした後に一度起きたらしく、目が覚めたら枕元のライトがついていて、メモ用紙に殴り書きがしてありました。
 名刺→男
 坂道 病院か?
 外人
……以上です。




どんな夢だったのだろうな、私よ……脳髄チェックしたいぜ。




この前から名刺を受け取ったり渡したりする夢があるのですが、現実には名刺などございませんぞ。
いえ、作ってはあるけど印刷してないだけ。
理由は一つ。また筆名変わったら困るし。
……くだらない理由で、失礼しました……。


いつも書いている通り、私の夢はフルカラー五感つきなもんで、時々味や匂いもリアルです。
食ってる夢を見た後で、「ちきしょー、腹減ったー(怒)」と思うのもいつものことであれば、薔薇の香りで幸せいっぱいになることも。
百合の香りはちょっと苦手なので、この時は寝汗をかいて目覚めます。何があった、ellisよ。
夢に匂いがつくというのは珍しいと、何かで読んだ気もしますが割と普通。嗅覚が鋭敏なのか、実家で水不足になりかけた時も、水の匂いがおかしいことに気付いて沸かしてもらうよう言ってたし(勿論水道水は飲まなかった)。
前の実家は水に困ることがなかったからなー(別の意味(水害等)ではしょっちゅう困ってたけど)。
キャスバル兄は高校生の時、「自分で自分の首を狩る夢を見た」って言ってました。この後が朝の会話ではない。
「血の臭いとか味とか生暖かさまで伝わってきてさー、あれはやばかったね」
その朝の紅茶が、微妙に鉄臭く感じたのは言うまでもありません。後に私も似たような夢を見ましたが。


しかし私よ。夢の中でも仕事か(っつーか、無意識でペンを取るか)。ご苦労さんだ。
夢の中の方が勤勉な気がしてならないのは、気のせいってことで。そんなことを言う人はチェンジで。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

ぱらいその謎。
「ほぼ日刊イトイ新聞」(左リンクからどうぞ)の「気まぐれカメラ」というところで、化野念仏寺の様子が写っていました。
それを見て、「ああ、糸井重里さんは京都に来てらっしゃるのかー」と思うと同時に、「キャスバル兄の高校時代の友人で、某国立大学を大変優秀な成績で卒業された挙げ句、現在はお医者さん」な方が『ばけのねんぶつじ』と素直に大声で読んだということも思い出し。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥人生って‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥大車輪(謎)。
キャスバル兄の友人というその方は、当時ちみっ子だった私にも親切で丁寧だった、とってもいい方です。きっとキャスバル兄が一番腹黒いに違いない(確信)。


月末入金が早くて、思わず目頭を熱くした女のサイトへようこそ。
なんてしみったれた発言だ。


去年あたりから、グレープフルーツが私の敵になりました。別にいきなり嫌いになったとか、そーいうのではなく。
単に薬の都合で、グレープフルーツジュースが飲めなくなったんです。
何の薬でそうなったかというと、現在のライフライン、テグレトール。抗てんかん剤ですが、躁うつ病の治療にも使われます。なので私の敵は、姉妹からすにとっても敵です。
二人して、「何でダメなんだろねー?」と首を傾げていたのですが、ついさっき分かったので今日はそのネタで。


グレープフルーツジュースの禁忌っていうのは、薬を飲んでいると結構あちこちで見かけます。
テグレトールの場合は血中濃度が上がりますが、逆に効果が薄れてしまうというのも聞くし。
ぼーっとネットをいじくっていたら、原因がシトクロムP450という酵素のせいと分かりました。
リンク先へ行けばお分かりの通り、ぶっちゃけて言うと体内の異物代謝をしてくれる酵素です。
その中でもグレープフルーツと関わるのがCYP3A4。グレープフルーツはこのCYP3A4の活性を阻害する働きがあるらしく、結果薬の代謝が遅くなり、血中濃度が上がると。
ものすごく簡単に述べましたが、内容は結構高度です。突き詰めるとベンゼン環の世界へようこそ~♪ にもなりますが、構わない方はリンク先から更にどんな薬物がどう分解されるのかをどうぞ(ここから私は楽しんでました)。
酵素って、そもそも何じゃいと思われた方は、更にこちらを。
こんなことを調べ倒すから、薬剤師さんを困らせる患者がいっちょ出来上がる訳です。


急に冷えているので、ここ2、3日気管支にきてました。久しぶりに真面目に吸入しました(さぼるな)。
時を同じくして、姉妹からすが狭心症発作を起こしておりまして、今日は電話でほのぼのと「冬だねえ~」「季節だよねえ~」などと語っておりましたよ。勿論、若人の会話でも健康な人間の会話でもありません
来週は、二人でぼーっと紅葉を楽しむ予定です。よろしおすなあ~~。
[ぱらいその謎。]の続きを読む

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

何だかんだと仕事。
あれ? 灰谷健次郎さんも亡くなられたよ? あれ? 記事はこちら
さんざっぱら読書感想文の材料にさせて頂きました。途中から私がちょっとひねちゃって、横を向いておりましたが…。
お悔やみ申し上げます。


こんなことが相次ぐ中、やはり家でふて寝を決め込む女のサイトへようこそ。
うーーーーん、今の状態だと、私が死んでも発見されるのはいつだろうなー…。


昨日の頼まれもの、入手経路は確保できました。一応二通り確保してるので、片方が売れても大丈夫にしてあります。明日電話で確認取ってから、発注しましょうか…。
こんな仕事してたからか? それともスパロボ見てから寝ようとか思ってたからか?
今日はもう起きる気力がありませんでしたよー…。午後から雨だとか、予報で言ってたし。余計に気だるいわ。
布団の中で仕事しているので、レポート用紙がしわになったり、赤ペンのインクが枕についたり(寝ている)、欲しい資料を探した後はこれまでの資料がどこかに散逸していたりと、これは仕事か部屋を散らかしているのかどっちだ。
もうワンセンテンス。キィセンテンスができたら、するっと紐がほどけるごとくにプロットができるのに。


書き散らかした紙は、片っ端からでっかいファイルに突っ込んでいきます。100円ショップで買った、ミッフィーちゃんのファイル。ふたができるので、細かいメモ用紙でもなくさずに助かってます。
書き散らかして、書き散らかして、書き散らかして……。好き放題やった後、使えるものとダメなものに振り分けて、今度は普通のノートにまとまります。
キャラクター表に始まって、キィセンテンス、イメージする曲とか詩とかも書いて、簡単なお話を書いてプロット出来上がりです。
他の人が見れば、「何じゃこりゃあ!」と言おうとも、私が分かっていればいい。
なんて素敵なジャイアニズム。そうさ、創作世界における作者はジャイアンさ。
お前(キャラクター)の幸せはオレのもの。オレの幸せは、勿論オレのものさ!!
キャラクターの不幸は、「他人の不幸は蜜の味」ということで、結局私の幸せです。「ははは、悪い!」と、一応謝っておしまい。


「簡単なお話」というのは、まあ要点だけまとめたあらすじです。投稿する時には梗概の元にもなるので、慎重に作ります。
この作業は、中学生の時に朝日新聞の「天声人語」を毎日段落毎にまとめ、更に総括するという夏休み課題をやっていたせいか、割とスムーズに進みます。
いや、あれは若さの賜物でした。今やれって言われてもできないもん。
欲しい詩の検索をかけていると、子供向けのサイトに当たったりします。
「一番大事な行はどこかな?」とかいう問題を見ると、学問の枠からは外れたので、問答無用でモニターを叩き割りそうになります。これが金子みすゞの『わたしと小鳥とすずと』だったりした時には、




「『みんなちがって みんないい』っつってんだろが!!」




と、的確に問題に答えた挙げ句ツッコませて頂いてます。だーかーら、どこが大事なのかは、読んだ子たちによって違うから、だからそれでいいってのに。っつーか、それがいいんです。
まだ漢字の抜き取り問題が出る方がマシだ~。
小中学だと、きちんと答えないといけないのでしょう。高校2年の時に変わった国語教師に当たったおかげで、『舞姫』の感想を述べよという問題に対し、「豊太郎は自分の認識が足りない大馬鹿者で、エリスも将来への想像力が働いて然るべきだった。故に愚かさが招いた破滅であり、本人達はその悲しみに酔っているに過ぎない」というような答えを(しかも学年末テスト)書いて満点もらってました。
自由だった先生、ありがとう。皆が「主人公は非道い奴で、エリスはかわいそう」って書いてたのにな…穿ったジャリでしたよまったくよー。
あ、今更ですが、私のハンドルellisとこのヒロインは別物です。こんな感想書いてる人間が、この作品から引っ張ってくるはずはないってことで。サイトTOPのプロフィールに行って頂けるとお分かりの通り、つき合いの長い薬品の名前からです。
ついでに昨日書いた教授によれば、「国文学会では『エリス娼婦説』が定説」とのことでしたが、こればっかりは賛成でしたよ。こんなこと、高校の国語の時間には言えませんけどね…。ねえ、姫? 私の同志…。


さて、では手書きの世界に戻ります。
形になる前の、この散乱っぷりがもどかしいですな~。ま、これも楽しみってことで。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

仕事中ですよ、仕事中。
はいな、トリプル受診ですよ。どいつもこいつも好き勝手してましたよ。
なので私も好き勝手してました……ってことで。


主治医からまったく関係のない注文を受ける女のサイトへようこそ。
あんた、仕事中だろ。


重たい体を引きずって、さーて出かけるかねと思ったら、ママンから電話が入りました。
昨日亡くなられた斉藤茂太さんと同い年とか書いたせいでしょうか、高血圧でじーちゃんがぶっ倒れてた。
その時パパンが仕事で行けなかったってんで、鬼伯母が、何かがたがた言ってるらしいです。愚痴のはけ口が私の所しかないのを知っているので、ママンが言いたい放題言わせてあげることにしました。
あああ、時間がちょっとずれた。
出かける時間が「ちょっと」ずれると、病院へ行くバスの時間もずれこんで。ちょっとがちょっとずつ積み重なって、結果結構遅れて到着しました。‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥泣きたい。


精神科では、研修医さんがいっしょ。
「どないですか? 仕事してますか?」
「ちょっとできそうなんよ。褒めて!
親切な研修医さんが、代わりに褒めてくださいました……ごめんね。
「どんな話書くねん?」
「内緒!」
「何や、ネタ持って行かれるのん心配してるんか?」
「先生に話した所で、どないも料理しようがないでしょが。ま、卒論は教授にパクられたけど」
「そんなんする奴がおるんか!」
「うん、しかもセクハラ天国」
「なんちゅう奴や。専門は何やねん」
「前も言うたやろ、漱石先生です」
「そんなセクハラしてる奴が、漱石研究?」
「と、本人が言うてたから。自己申告を信用することにした。別に恩師でもなんでもないけど」
「そうか……ひどい奴やな。それで」
「で?」
「何書くねん?」
「内緒♪」
「ケチやなー。あ、そういうたら君、本詳しいよな?」
「……普通やと思うけど……」
何か嫌な予感がしたので、一歩下がってみます。実際普通程度の知識だし。
「筑摩叢書の『渡邊崋山』が欲しいねん」
「著者はー?」
「石川淳」
どうせ、また「正しい漢字と仮名遣いで」とか言うんだろう。文庫等は不可なんだろう。目の前、ちょっとめまい。
「いや、もとは持ってたんや。せやけど誰かが持っていったっきりやねん」
「筑摩叢書は、もう新本ではないと思うでー?」
「うん、せやから知ってるかなーとか思って。1970年代に出た本やわ」
「‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥」
後で調べたら、1965年初版でした。1970年代は、主治医が買った年代だろう…。
「これ、持ってこいって?」
「いやいや、そんなことは言うてないで?」
「いや、めっちゃ遠回しに言われてるって。とりあえず入手経路だけは確保して報告でもええ?」
「いやいや、助かります」
この上頓服を減らしたりしたので、主治医は妙にご機嫌です。あのー…まだ「確保できる」と断定できたわけではないのですが…。


次は神経内科。……を待っていたら、「呼吸器科の先生がもう帰っちゃうって仰るので、先にそっちへお願いします」と。
何だ、普段は7時過ぎても病院にいるくせに。孫の誕生日か? それとも結婚記念日か!?
そんなしょーもないことを考えながら、エスカレーターを昇っていたら、「ellisさーん」と、看護師さんに呼び止められました。
「神経内科の先生が、もう次だからやっぱり待っててって……すみません……」
なので今昇ったエスカレーターを降りて待っていると、どうやら紹介状か診断書を書いているらしく、なかなか次が来ない。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥あの制止を振り切って、さっさと呼吸器科に入るんだった……。
「血液検査、いろいろギリギリやねー」
「そーですね…」
「まあでも、これで今すぐどうのって訳でもないから、ええんと違う?」
「内科の先生が、『神経内科も「内科」やん!』ってぼやいたはりましたよ」
「ええー? そんなん言われてもなー。僕専門外やし」
まあその通りなのだが…。患者の前で言うなよだから(涙)! そういうのは朝礼か個人的にやれっての。
「漢方の先生が、また3ヶ月後くらいに検査してって」
「ま、それくらいやろねー。ほなそれくらいっちゅうことで」
専門外の話のまま、診察終了しましたがええんやろか…。途中PHS鳴ってましたが、「……うーん、それは僕が処方した薬ちゃうしなー。え? 僕に聞けって? そんなん知らんとしか言えへんなあ」という、まあ当たり前なんですが年中西高東低な冬型のドライ発言が続いてました。
しかも切ったあとに「めんどくさいなー、そんなん知るかっちゅうねん。なあ?」と、同意を求められても困ります…。私、絶賛専門外のお話してるとこなんで…。


呼吸器科は異常なし。というか、平行線で。
とっとと投薬終えて、てってけ歩いて帰ってきました。
ママンにカキのチャウダーの作り方を聞かれたのに、自分では作っていないこの秋の悲しさ。……来週になってお金が入ったら、チャウダーでも作るか…。
では、とっとと古本の入手経路確保します。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

たまたまなの?
斉藤茂太さんが亡くなられたと聞いて、今かなりびっくりしているellisです。
更にうちのじーちゃんと同い年であったことも分かり、「ああー、そう言われると元気すぎたか?」と、比較できます。しかしうちのじーちゃんもかなり元気だ。
やっぱ戦前生まれは、戦中戦後と頑張ってるから気合いが違うのでしょうか?
お悔やみ申し上げます。


そんな最中、惰眠を貪っていた女のサイトへようこそ。
明日はトリプル受診なんだから、今夜アニメ見たら素直に寝よう…。


昨夜(今朝)は、仕事に一段落つけて『ブラック・ジャック』の再放送を見たり(その前に放送している『デス・ノート』は、別にどちらでもいい私。ファンの方すみません。BGMになってるよ)撮りだめしておいたビデオを見たりしていたら、案の定夜が明けました。
あ~~~、もう寝よう。いい加減寝よう。お風呂も入ったし着替えも済んだし、寝よう!
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥そう思ってビデオテープを取り出しましたよ。
そしたら教育チャンネルで映っていたのは。




の、野村萬斎さまあああぁぁっっっ!




思わずそのままかぶりつき。ついでに途中からでもいいのでビデオ録画スイッチ・オン。
肩のラインと手の動きにうっとりしまくり、お声にもうっとりして、朝から熱いため息をつかせて頂きました(つくなよ)。
袴姿‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥お素敵。
能と狂言についての番組だったらしく、第3回でした。え、何? 今日たまたま萬斎さまだったの? それともずっと語ってくださるの? それによって、私のビデオ録画予約が変わってくるよ?
こんなイタいことを思いながら、ラジオ体操第2まで踊って寝付きました。
あ、ラジオ体操って、「踊る」で合ってますか? 何か微妙に違うのは承知なのですが、あれは「踊る」としか言いようがなくて…。


さて、そろそろご飯の支度します。
かなりへちょい(@『ぱにぽに』)私ですので、グダグダのままフェードアウトします…。明日はどれかの主治医と漫才ができることでしょう。
あ、ヤバい、レポート書かなきゃ。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

……って何?
もうダメだ、私の脳内。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥と、目が覚めて痛覚しました。
『サザエさん』の波平さんが、ハーフ設定でした。
その名もピエール・ルワール三世波平
それよりも、何で波平さんが夢の中にご登場…?


じゃあ海平さん(双子の…兄でしたか?)はどうなっていたんだろうと思う女のサイトへようこそ。
「三世」って辺りで通俗の極みですが、スパイでした波平さん。
無理があるだろ波平さん。


まあ、そんな話は置いておいて(強烈すぎて冒頭に持って来ちゃったよ)、最近気になって周囲に聞いているもの。
それは浅田飴
リンク先へ行くと一目瞭然なのですが、驚いた(?)ことに医薬品でした。
この間パパンの激烈風邪を見ながら、ママンに「なー、トローチでも医者でもらって来いなー」と。
その時ふと思いついて、「なあ、……浅田飴って、あれ何?」
ママンも「そういうたら……何なんやろ?」。
我が家は医薬関係に従事している上、定期的に薬(しかも処方薬)が配られてました。今は再就職したので、勤め先も変わってそんなことないけど。
なので我が家で普通に薬局でも手に入る薬は、正露丸とマキロンとバンドエイドぐらい。しかしこれらも年に二回ほど、買い物表みたいなのが配られて、市価より安く買えてたんです。昔あったリバガーゼは、ママンが自分で買っていたとは思えないし(私が一人暮らしを始めた時に『市販薬って高いのね』と言ったことから)。
もちろん取引のある製薬会社に限られるので、本当に安くして欲しい市販薬がなかったり、いきなりリストから消えていたりするシビアな買い物表でした。
そう、トローチさえもタダでもらっていたのですよ(冬限定)。なので友人たちが使っていた、市販薬や富山の置き薬、名前がいつまでたっても覚わらない黒い小さな丸薬達などは縁が薄かった。パパンも「市販薬買うくらいなら、病院行って処方薬買ってこい。その方が安くて効き目がある」って言ってたし(そのくせ本人は病院嫌いだ)。


昔、ママン方のばーちゃんの家で無理矢理口に突っ込まれたあのクソ不味い飴(あの頃肉桂が嫌いだった)。
私にとっての浅田飴とは、こんな記憶。
何で口に突っ込まれたのかは、もう覚えてません。
ただ、あれって何だったのかなー…なんて、今更気になったんです。欲しくないけど。
そういやバリエーションの「クール」ってのは分かりますが(ハッカ味?)、「パッション」って何だよと、ツッコミたいのは私だけですか? 「パッションフルーツ」の味のこと? それとも情熱が迸るかのごとく激辛いの(喉によくないだろう)?
パパンの咳がえげつないので、私が一時愛用していたクララ(ピーチ味)を買ってあげたい気分でした。おや。よくよく考えりゃ、もう学生の頃から咳に困ってたんじゃねーか。
こんな流れで、「あれ? あの飴って何か薬効あったっけ?」と思ったのがきっかけです。
普通に薬局で売ってるから、スタンダードなんですよね。うちが異端なんだわ。


ついでに大阪人らしく「梅丹(「めいたん」と読みます)って何?」も気になってます。
ママンが「え、梅丹やろ?」と言うので、「そうじゃなくて、あれは何に効くの? 何の会社?」と。
この答えがすごい。「梅丹は梅丹やしなあ……」
ママン、何のエキスパートですか。この間『銀魂』読んでて、「ジャスタウェイはジャスタウェイ以外の何物でもない。それ以上でもそれ以下でもない」って発言を見た時に、「あ、仲間発見」と思いましたよ。ちなみにジャスタウェイは爆弾でしたが。
健康食品で合ってるんですよね? クロレラみたいな。


さて、ピエール・ルワール三世の夢を見ないことを祈って、また寝ます。あれは強烈やったわー…。

テーマ:どうでもいいこと。 - ジャンル:日記

無理矢理補充。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥かつて私はエクセル先輩(@コサヤンお姉さま)が「女の子成分が足りない」とおっしゃっていたのを、「そんなもんかねえ」と、聞き流しておりました。
本日は訂正しましょう。
私は全力で乙女成分を補充したいよ!!


そして無理矢理乙女成分を補充してきた女のサイトへようこそ。
マイ聖地、マリアージュ・フレールよ……私の座る分だけぽっかり空いていたのは神の啓示かい?


今日は明日の飲み約束を一日繰り上げることにしました。
何故なら明日、雨だって言ってたから。お天気のお姉さんもおじさんも。
それじゃってんで、5分ほどのメールのやりとりで繰り上げが決まり、15分で髪と服を整えて、10分で化粧が済みました。
さあ、久しぶりのシャバだい! ……ドアを開けて、一言。
「もう降ってるんかいな。気ぜわしい」
はい、本日の京都、もう雨は降っておりました。予報メール? そんなの確認する間があったと思うのですか!?(逆ギレ)
しかし、一度足りないと思った乙女成分は、誰が何と言おうと足りない。そして複数で補える成分でもない。
私はマイ聖地でゆったたっぷりお茶が飲みたいの! 今すぐ!
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥最早乙女成分というより意地が勝っている気がしますが、気にせずGO! なもんで、自分のブーツに防水スプレーするの忘れてました。あああああ、私の牛革ブーツ……。


ついでに本日、乙女成分補充のため、アーミージャケットもねえだろうよってんでトレンチコートをおろしました。
おろしたっつっても、新品ではなくクリーニングから返ってきたものです。
ちょっとお高いところに出したので、札がついている。
「特別シミ抜き依頼カード」。襟ぐりが汗などで汚れていたためです。他に袖口なども指定しておりましたが、その裏。
シミ抜きの種類が書いてある。
1)ペンキ。
2)接着剤。
3)マジック・ボールペン。
4)インキ。
5)ガム。
6)硬油
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥業務用指定札かよ(涙)!!
続きます。
6)血液。
7)卵白。
8)果汁。
9)染料。
10)不明のシミ。
11)カケハギ。
12)修理。




最後の「修理」って気になったんですけど、持って帰ってきちまったものには難癖つけずにおきます。
私のはどれにもあてはまらないんで、「不明のシミ」になりました。いや、不明じゃねーよ。汗と油っつてんだろがよ。誰が業務用持ってこいっつったよ。
追加料金は105円で、まあ良心的。
カードの最後に、
1)きれいにとれました。
2)多少薄く残りました。
3)努力しましたが、取れませんでした。
と、ありました。ボールペンは……取れるのか、あれ? 本屋時代、取れないままクリーニングされたブラウスを支給されて、クリーニングしても取れなかったから取れないままに返却した、あのブラウスも取れるのですか? もう今となっては何もかもが遅いけどね。まず真っ先に「ペンキ」が来る辺り、このクリーニング屋……。
実家の近所で放り込んできた(料金支払い済)んですが、ああ、気になる。


さあ、河原町だ。今日は人が多いな。土曜の河原町は憎いな。もうどいつが観光客でどいつが地元民なのか分からないしな。まあ学生もほとんどが観光客みたいなもんだしな。
電車の中で、私より背の低く、私と同じくらいごつい手をした殿方が、ホストちっくに決めていただけならともかく香水がきつくて思わずボディブローかましたくなっておりました。
紅茶だ。今の私には酒より紅茶だ。私の血管を流れる茶成分が、聖地を求めてますよ。
店員さんにはすぐ出る旨を伝えて、さっさと注文(紅茶を入れる人にわざわざお伝えしてくださった……ありがとう)。
ぽへ~っとなったところで、手帳を取り出したら、万年筆がインク切れ……。
取り替えてもいい。取り替えてもいいけど、この真っ白なクロスを万年筆インクで汚せるかellis? それこそさっきの「特別シミ抜依頼カード」が必要になっちまうよ。
カートリッジがすっからかんにはなっていても、ティッシュでくるんで置いておいても、インクが染み出してきたら……。そう考えるだけで阿鼻叫喚です(心の中)。乙女成分補充どころか泣きたい成分補充になってしまいます。
なので黙ってお茶。黙々とお茶。


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥どうでもいいがお隣の標準語をお話しだったカップルさんよ。銀座にもあるからそっち行ってね。紅茶が入るまで機嫌悪くて、「だりゃ、黙ったらんかいいいぃぃ!!」って気分でした。
しかし私から聞いたら標準語でも、その人達にはそうでないかもしれんからな~。関西に生まれて関西に住んでいても、標準語喋ってた奴が大学の時にいたし(ツッコミ続けた記憶が)。
江戸弁なら、いっそ全てが許されたのに‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥この方言ヲタク。
いえ、方言は好きです。日本語学の教授と気が合っていれば、もれなく方言を卒論テーマに選んでいたでしょう。何より私が方言ごった煮状態なんで。


それで楽しく飲んできました。乙女成分バンザイ。
最近の食欲が尋常ではなく(食べまくってる)、久しぶりに健康体重になれそうな夜でした。いきなりふつっと止まらないことを願います。あんまり続きすぎても困るけど。これで体重が増えなければ、また別の病気が疑われるとか何とか……もう嫌(涙)。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんな日に限って。
嗜眠傾向がめっぽう強く、いつが朝でいつが夜か分からないような日々を送っていると、毎週木曜のフルートレッスンは貴重な外出手段です。
よくあることではないと承知ですが、前日に摂取したカロリーが低く、嗜眠に拍車をかけておりました。何度も「起きやななー…」と思いつつ、布団から抜け出せたのは5時。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥ギリギリやん。


予想はしていたけれど、思った通りの授業展開が悲しい女のサイトへようこそ。
予想できたんなら、それに備えろellis。


5分遅れで駅の階段をてったか昇っていると、後ろから「ellisさん、こんばんは~」と、お勤め帰りの友人がいました。
二人でそのまま教室のドアをくぐると、ちみっ子が一人で授業を受けている。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥これは‥‥‥‥‥‥‥‥‥私の苦手な論理授業‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥。
いえ、論理授業は好きなんですよ。まだコードがとっさに出てこないだけ…。
私が到着した時、ちょうど代理和音の講義をしておりました。Fコードの代わりにDm、D7が、Amの代わりにC7が使われている例を見て、何でそうなるのか等云々。
更にCコードを基準にして、Cm、C7、Cm7、CM7、CmM7、Caug、Cdimiの展開を習います。
この辺り、ちょっと記号などで分かりにくいのですが、詳しくはこちら。コードについてはこちらをどうぞ。


さて、ここまで習ったところで聴音ですよ。
先生が和音を奏でるので、これはCコードですよとか、そういう答え方をします。
こんな日に、よりにもよって頭脳がひときわ機能してないこんな日に限ってそれか。
しかも右側の耳管が開いていて、音が妙に聞こえる。嗚呼。
CとCmの区別は容易です。ただ、これに7th(3つの和音だったのが4つに増える。Cコードならドミソシ♭に、Cmならドミ♭ソシ♭となって、C7、Cm7と呼ぶようになります)が加わると、ぼーっとしていると辛いぞ。
今日あたり、リズムとコードの講義になると予想していたくせに、カロリー摂取を怠ったのがダメダメだったのね…一人撃沈しましたよ。ただし、何度も聴いて聞いて確認を取るあたり、私らしいしつこさですな。
一通り聴音が終わったら、本日習ったリズムRock'a Balladを確認しながらぱーぷー♪ 次はコードの変化を確認しながらぱーぷー♪


これが終わって、ようやく本日『庭の千草』に移れました。
これも楽譜は初心者らしく単純になっていたのを、先生がさっさと装飾していきます。曲は聴いたことがあるようなないようなあるような……どっちでもええけど、またアイルランド民謡かい。
『アメイジング・グレイス』も、イングランド民謡(諸説ある)だったものな。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥この辺で、ようやく脳がはっきりしてきました。ダメダメだな、コノヤロー(涙)。
『庭の千草』は、明治17年に小學唱歌集に入れられたので、ご年輩の方の方がよくご存じかもしれません。
脳がはっきりしてきたら、授業はおしまいです。また2週間後(今月は木曜が5回あるので隔週なのです。月3回レッスンって決まってるから…)。ぼーっとしていると、すわ今日習った全てを忘れそうになるので、これ書きながら復習してますよ。


とりあえず、「C、D…」と、指折りコードを数えるような真似をなくしたいellisです。
まあ、理屈で覚えるのと並行して、体感で覚えますか…。

テーマ:llii(-△-)iill最悪llii(´△`)iill - ジャンル:日記

時々小首を傾げることもある。
やあ、今日はあったかいですね。それともエアコンが程良く行き渡っているのかしら。
今日のタッチタイピングはいつも通りで何よりです。


立派なヲタクから腐女子認定を受けている女のサイトへようこそ。
私って‥‥‥‥‥‥‥‥‥(ちょっと涙)。


ぽえーっと携帯メールのやりとりなんぞをしていたら、電話が鳴りました。ぶどり兄貴からです。
兄貴から電話をもらうのは、半年単位くらいで久しぶりな気がします。いや、もっと前か? あれ? 過去の記憶がどうにかなってるよ。
今やってるアニメやらコミックやらの話をしながら、ぶどり兄貴が一言。
「いやー、ここらで腐女子の感想も聞いておきたくってさー」
‥‥‥‥‥‥‥‥‥私の感想などより、貴方の感想の方が頼りになりましょうや、兄貴。
私は腐女子は腐女子でも、や●いがちょっと苦手な正統派腐女子からは外れている人間ですぞ? ついでに人生も踏み外している大馬鹿野郎様ですが。
情報交換しながら、兄貴おすすめのものをちょっと読んでみることにしました。
それにしても、真っ先に腐女子指名されるんですかィ、私。
私が「これ、アニメ化されてるけど、コミックの方で断然読みたい」と思ったものは、やっぱりコミックで売れていました。
「コミックでもあるけど、アニメの方がいい感じ」と思ったのはどうなんだろう…。
ちなみに「コミックの方で」と思っている作品は、『銀魂』により購入を遮られております。
それより来週ですよ、『鋼』最新刊発売日。よっしゃ書店へゴーアウェイ私。
おおう、ちょうど通院日じゃないかね。待ち時間を読んで読んで読み倒してスルメの如く味わって待つとしましょう。


私が「心の彼氏はいるんだけどねー」と言えば、「何、また増えたの? 今度はどの作品?」と聞いてくれる兄貴、あなたは正しい。心の彼氏にヅラさまが入っちまったよ。
トシさまはなー、いろんな作品でバージョンが違うから…マヨラーなトシさまもお素敵なんで、捨てがたい。
初代主治医の先生、ごめんなさい。「生身の人間と恋愛をする」約束が、どんどん遠のいております……(涙)。

テーマ:どうでもいいこと。 - ジャンル:日記

そこに基準は。
寒いな~……。昨夜辺りから、キーボードを打つ手がかじかむので寒さを実感しやすいです。
いや、それにしてもこれ不便だわ、タッチタイピングが狂いまくって。


我が家の暖房器具は、基本的にフリース、毛布、あんか、加湿器な女のサイトへようこそ。
エアコンはあんまり効果ないんですよ。おまけに末端冷え性なんで、指がそりゃーもうどえらいことに(涙)。


ちゃんと『銀魂』、全巻揃いました。ちび桂さんも拝んだし、若いトシさまも拝んだし、基本的に黒髪と男前天国で私ゃ幸せです。ヅラ(桂)さま短髪バージョンも素敵です。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥主人公銀髪なのにな。またあえて主人公に萌えないのなellis。
この読書タイムに突入する前、日の光がさす昼間には爆睡しており、しかも「前の職場がらみの外回りに行ったけれど、名刺がどれも折れ曲がってたりどっか切れてたりと使い物にならず、取引先から目をつけられかけた急場を上司の伝言を伝えるという形で切り抜けた」というおサイテーな夢を見ておりました。
目が覚めた時、さすがにへこんだよ私ゃ。あれで凌げた辺りが夢といっちゃあ夢なんだけどさ。
前日には「以前のバイト先のおっちゃん達と飲みに行く電話をしているが、待ち合わせ場所を間違った上に『西京極よりちょっと北』という曖昧極まりない場所を探してさまよった」夢も見ております。
曖昧極まりないのは私の人生だろーが。どこだったんだろう、「西京極よりちょっと北」。


あまりにいろいろ切なかったので、書店に直行した次第であります、ハイ。
コンビニではお釣り間違われかけるし。もう私にはヅラさまのナイス長髪無表情と、トシさまの不器用無愛想男前で癒されるしか本日の手段は……(こう書いていて、そんな自分にもっと切なくなったぞ…)。
坂本辰馬の土佐弁が「ぬるいな」と思えるのは、親戚にバリバリ土佐弁を話す奴がいるからです。加えて早口だったりするので、活字で見る方が楽だ。


あ、大佐には現役バリバリで萌えてますよ。大丈夫。勿論閣下も愛してます。
基本的に「黒髪男前好き」なんで私。はい、閣下が奇跡なんです。きっと後にも先にもパツキンに萌えるってないんじゃなかろうか。あ、でも男前だったら話は別かな~。
男前ってのは性格の男前ですよ、勿論。
これを具体的に語れと問われると、大変難しいので許してください。一つ分かっているのは「侍」な男どもが大好きです。これも精神の問題なんで、時代とか見た目とかは二の次。
騎士道も悪くないけど、武士道の方がぐっと来ます。


ってなことで、丸屋善七さま。今度また、熱く侍について語りましょうよ(笑)。
キーボード叩くのマジできつくなってきたんで、そろそろシメますね。

テーマ:ヲタクのメモ - ジャンル:日記

昼の蝶は働き者だ。
あー……『銀魂』読んでたらこんな時間ですよ。
しかも、もう眠剤入ってるからさくっと行こう。さくっと。


キャスバル兄に「なーんや、ジャンプ漫画か」と一蹴された女のサイトへようこそ。
貴様あああぁぁぁ!! 思春期の多感な時期を『週刊少年ジャンプ』に、現在では『サンデー』、『チャンピオン』などに捧げているくせにぃぃぃ(血涙)!
私のおもちゃに「お前はもう……死んでいる。だろう。三日後あたりに」なんつー落書きをした中学生だったことを、妹は忘れていませんことよ!


大阪から帰る時は、昼の蝶(@ママン)が大活躍します。いえ、今日も自己申告してましたから。
「あー、昼の蝶は忙しいわ
気に入ってんじゃねーかよ、その呼び名。そのうち源氏名までつけちゃうぞ。
こちとら宵っ張りの正真正銘夜の蝶(誤用)なので、朝ご飯食べたらまた寝てました。何せ大風邪引いてたパパンが、口も覆わずくしゃみと咳を連発するため、頭痛はするわだるいわ。
これで四角い紙の報酬がなければ、やってらんねーよちきしょー。
こんな両親ですが、昨日『世界ふしぎ発見』を、食い入るように見ていた昼の蝶ことママン。
「私ねー、ここに行ってみたいのよー。近い将来連れていってえな」
‥‥‥‥‥‥‥‥‥そこはモンサンミッシェル。あの孤島の修道院に連れてけってですかィ。私はシャルトル大聖堂のステンドグラスを拝みたいですぜママン。
「だってほら、あのオムレツだって美味しそうやん!?」
ママン、それは市場というか観光客向けの商店街というか、そーいうものだ。それに確か、モンサンミッシェルってば、厳律シトー会じゃなかったか? テレビでも、やたらめったら白い修道服のおじさん達を見たよ。間違いないね。
見た目は美しくても、中は厳しいぞ? しかも巡礼地だぞ? 私はシャルトル大聖堂の「シャルトルブルー」と言われるステンドグラスに魅了されたいけどな。


試しにママンに訊ねてみました。
「最近じーちゃんが心配やとか何とか言ってるけど、もし私が大金つかんでモンサンミッシェル連れていったるっつったら、しがらみ振り切って一緒に行くか?」
ママンの返答。
「当たり前やん! パパンが止めても離婚する言うても行くわ!」
その熱意やよし! ‥‥‥‥‥‥‥‥‥と、思ったところでふと疑問。
「なあ、ママン。何でパパンは最初っから頭数に入ってないんですかィ?
「え、あらやだ本音が出ちゃった? ほほほほ。あんたも付け焼き刃の駅前留学でもしてよ? 通訳いるねんから」
‥‥‥‥‥‥‥‥‥昼の蝶は、ある意味夜の蝶よりしたたかかもしれん。
血圧は随分通常域(ギリギリ)に治まっているようで、こちらとしては報酬と引き替えに按摩し尽くした甲斐がありましたぜ。
現在ママンは、銭湯などによくいる按摩さんをちらりと見かけても、「うちに専属が一匹おるし」で、金の出し惜しみをしているそうです。まあね、私ゃ普通の按摩さんじゃやらないくらいハードに(つまり持ち前の力を駆使して)揉みほぐしてますからね。
三日かけて、やっとほぐれかけました。が、これからのせわしない季節を思うと、来月にはまたズタボロになっているのでしょうな…(涙)。


さて、ではもういちど『銀魂』読んで寝ます。明日にはコンプリートしたいんで(現在10巻までしか買っていない)。
この漫画を気に入っている一番の理由は、ジャンプ漫画のくせに、バトル系に流れないゆるゆる具合がなんともナイスだからです。
やはり黒髪ロン毛に弱いらしく、真面目天然ボケの桂小太郎(モデルは桂小五郎)にメロメロです。ちょっと堅物だけど、嫁にもらってください。日常的に爆破されそうでやばいけど。
あと、「真選組」の土方十四郎(モデルはもちろん土方歳蔵)もツボ。
モンサンミッシェルの前に、五稜郭行きてぇよなぁ~~。トシさまは、どんな人が描いてもメロメロなのですよ。
やれやれ、夜の蝶(完全に誤用)も、たまには丑三つ時前に寝ますかね……。
誤用天国。
つい今し方、携帯の操作を誤って受信メールをすっぱりきれいにクリアしてしまいました。自分が送信した方ならともかく、頂いたものがなくなるのは悲しい。
あー、ママンの携帯はうまく調整したのに(しかも会社違いなのに)!

暖房で無理矢理洗濯物を乾かす女のサイトへようこそ。
部屋がたくさんある家って……いいよなあ(羨望)。

私が泊まっている大阪では、昨夜結構な雷でした。どうやら印刷所の輪転機を止める威力だったらしく、朝刊に「落雷による停電により印刷が遅れ、一部地域にご迷惑を云々」と書いてありました。
それを見た私。「あー、昨夜すごかったもんね」
一方のママン。「知らんわそんなん。私寝てたし」
私。「何言うてるの、寝る時からゴロゴロ鳴ってたやん」
ママン。「せやった?あんたが按摩してくれたさかい、安眠直行便やったわ」
私。「さいですかー。私ゃ宵っぱりでね。こちとら夜の蝶だから、昼のことは逆に知らんわ(明らかな誤用)」
ママン。「(爆笑)あんたが夜の蝶やったら、私は昼の蝶やわ」
…………大誤用ですママン。ついでに昼の蝶って何だよ。
「夜の蝶」の意味が分からないこうさぎちゃん達は、清いままでいてね。
勇気があればお父さんに聞いてみよう! そこから夫婦喧嘩になっても、ellisは知らないぞぉう。
ついでに「どこでそんな言葉覚えた!?」って叱られても、知らない……(逃走)。

娘としては、ママンが「夜の蝶」の意味を知っていたことの方が驚きですよ。
ママン。「だって、ミステリとか時代小説に出てくるねんもん。最初は意味分からへんかったけど、文脈で分かるようになってんもん。しょうがないやん!」
いやいやいや、全然しょうがなくないし。更に意味を理解した上で「昼の蝶」なんて言葉作んなよ。

パパンには聞かせられない、昼下がりの誤用天国…。
それにしても、最初にあの言い回し考えたの誰なんだろ。尊敬するよ。
以前にも書いたと思いますが、学生時代にタクシーに乗って試験に行こうとしていた(当時から遅刻魔人だった)私の耳に、♪あなたに抱かれてわったっしっは蝶になる~♪と、『白い蝶のサンバ』が流れてきたことがわすれられません……。
あのタクシー運転手…そーいう趣味としかいいようのない曲ばかり聞かせてくれて、おかげで試験中曲が脳内から離れずに単位落としましたよ(泣)!
では全国の正しい夜の蝶な皆様に平謝りしつつ、フェードアウトします…。
異郷でも魔女汁。
エコエコアザラク、エコエコザメラク…。
深夜にぐつぐつやってると、怪しさ倍増です。

漢方を煎じていて、家族全員に嫌な顔をされた女のサイトへようこそ。
効いてるっぽいねんから、ええやないね。

前日ミョーな眠り方(飯抜き薬抜き)をしていたので、素敵にえげつない体調の私。
さっさとご飯を済ませて食器を片付けながら、漢方がヤカンの中でぐつぐつぐりぐら。
台所を訪れたママン。「うわ、臭ってるわ」。
焼酎用の氷を取りに来たキャスバル兄。「それは何かの儀式か?」
風邪引きで嗅覚がアウトなパパンだけが気付きませんでした。
出来上がり品を見たママン。「うわ、見ただけで堪忍やわ」。失敬な。この日は煎じが浅かったらしく、薄味に仕上がっていたのに!

生薬パックを台所に置いていたら、「臭い」と、一刀両断。ラップに包んでたのに~。
これも慣れだから、気にしないでおくんなまし。

そう思うと同時に、早くも煎じ薬に慣れてる自分が悲しい今日この頃……。
再来週に、また処方が増えるのかしらんと、期待半分好奇心100%な私です。
味はまあ……覚悟して飲めば。まあ無問題。
撒き餌療法。
何か間違っていませんかって(タイトル)? これが間違ってないんですよ、悲しいことに……。
「撒き餌漁」だったら、いっそのことどんなにか…。


主治医に授業されてきた女のサイトへようこそ。
頭の悪い患者で悪うござんした。


何故だかバースデーケーキをホールで買いに行っている夢を見ている頃、我が家のチャイムが「ぴんぽーん♪」と、陽気な音を立てました。
「ellisさーん、Amazonからのお届けものですよ~」
ああ、そうだった。小人さんが発注した、漱石の日記……。
よろれりと受け取りに行って時計を見たら、診察にいい時間でした。テキトーに着替えてひょいと日記の一冊を突っ込むと、病院へ。
思ったより早く呼ばれ、「どうですか?」と聞かれる。
「えーと、ぼーっとしていて2回ほど轢かれかけました」
「危ないなー。テグレトールが多すぎるんやな。よし、減らそう」
「ちょっと待て。血中濃度も測らんと、多すぎるも何もないやろう」
「せやかて、ぼーっとするんやろう。薬減らさな」
「そんじゃデパスを半分にしてくださいよ」
デパスはこんなふうに、いつも駆け引きの道具にされています。本来そういう薬でないことは、百も承知ですよ。
「仕事はどうですか」
「うーん、やりますよというメールは送ったよ。そんで勢いでこんなものを買いました」
カバンの中から、漱石の日記がすちゃり。
「先生はもうとっくに持っているやろうけどさ」
「……持ってるが、その装幀のやつは持ってないな」
「見る?」
「中身一緒なんやろ?」
と言いつつ、さっさと手に取り中身を改める主治医。目が真剣ですよ。私、滅多にこんな目で診察してもらったことない……(涙)。
……しばらくして。
「あかんな、これは現代仮名遣いやないか。しかも当用漢字に直して。漱石に許可取ったんか!」
「無茶言うなよ。鴎外の『舞姫』の現代語訳が欲しいって国文学生も書店に来る世の中やねんから。今時そんなマニアックなことしてくれるんは、ゆまに書房くらいと違うか?」
「何を言う! 天下の岩波書店がこんなことでどうする!?」
いえ、天下の岩波だからこそ、大衆のことを考えたに違いないんです…。あそこは買い切り(返本ができない)出版社ですからな…必死なのよ、いろいろ。
更にぱらぱらめくって、
「この漢字! これは間違っとる! こんなことをするようでは、岩波もおしまいやな」
それは本を読むの、「読む」という字。旧字体は「讀む」になります。
「この字はな、もともとこう書いたんや」
と、上記の「讀」と、もう一つ、つくりの真ん中「四」の字が微妙に違う字を書きました。見た目はほとんど一緒。
「『賣』これは音読みでどう読む?」
「『売買』のばい。『売る』の旧字体です」
「そう、せやからこの『讀』は、『ばい』と読む」
「はあ」
「そんでこっちは」
と、貝の字の上がきちんと『四』の字になっているのを書いて、
「これは『とく』と読んだ」
そう言われて、私の頭にひらめいたものは。




「あ、『冒涜』の『とく』ですね!」




‥‥‥‥‥‥‥‥‥普段の生活と思想が忍ばれるようだなellis。
漢字はつくりで読むことが多いから、そういう連想をしてしまったのですよ。しかしろくでもない連想だな。
それでも授業に入り込んでいる主治医は、そんなこと気にせず「納得したか?」というように頷いてますよ。
「だから『読書』という時は、この字を書かなあかんというわけや」
「はあ、ためになります~」
「貴女ほどの学問の徒が知らんとは、どういうことや?」
いえ、私そんなものになった覚えはありませんから。
「新仮名遣いはあかんな、それにしても」
「あ、『私の國語教室』読みましたよ~。私も旧仮名の方が好きです」
書店時代、これを読んでいたら何故か版元さんに褒められた覚えが。……何故?
「漢字もあかん。新字体なんてもってのほかやな」
戦後教育のすべてを踏みにじる発言です主治医。しかも自分もそっちで教育受けたくせに…。
私の旧仮名好きは、ひとえに国文学科の教育が為したものです。大正マニアな性格も災いしてるに違いない…。
「……で、薬どうしますか?」
「とりあえずこのままでええんとちゃいますやろか。テグレトール減らすなら、血中濃度きっちり測ってからね」
「ほなしゃあないなー。2週間後に来てくださいよ」
「はいよ」
……これが「診察」だったのかどうかは、敢えて問わないでください……。
だから言ったでしょ、「撒き餌療法」だって。誰が癒されたって、主治医でしょう。
誰が間違っていると言おうとも、この人はこれでいいの……。漢方の話と血液検査の話(これもすっきりきれいさっぱり忘れてたな、主治医…)は、神経内科の先生に相談します。


今日は話の分かる薬剤師さんがいなくて、うだうだと「これは気持ちをおだやかにするお薬で……」という説明を聞かなくてはいけませんでした。
私の飲んでる薬、そういう説明だと「気持ちを穏やかにする薬」と「眠りやすくする薬」に大別されるだろ。あとは「お腹の薬」? どう気持ちを穏やかにするのか、またどれくらい眠りやすくなるのか、説明はいりませんがしてくれるならそれくらいが。
では明日の夜からキャスバル兄の家に両親が来るそうなので、ママンをほぐしに参ります(涙)。おさんどんもするのでせうな。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

昨今の小人さん。
最近微熱がちょっと一段落してます。おかげで34℃台の熱も計測され、このまま行くと来る冬に備えてどんどん低く……なってたまるか。私ゃ恒温動物だっての。変温動物じゃありません。


漢方が効いているのかと思う女のサイトへようこそ。
他に確定要素ないし。


最近目が覚めると、やたらと寝る前の記憶がどっかへすっ飛んでいます。
毎晩「今日こそは」と思い、眠剤を飲んだらさっさと布団にもぐっているのに、何故か物がなくなっていたり配置が変わっていたり。
小人さんが大活躍です。
この間は、漱石の日記と別の人の詩集まで注文してくれました(しかも注文取消を間違ったらしく、本日発送されたらしい……)。
サイトのトップにも書いたとおり、微熱手帳用にしつらえた(大仰な)ボールペンはなくなったまま出てこないし、医者に見せるものだっつーに、いらんことざくざく書いてたり。




すべて記憶にございません。




眠剤の処方はもうここしばらくずっと変わっていないので、普通にしていて小人さんが現れるわけないってのに。
考えられる例。
1)私の疲労がいよいよもって前面に出てきた。
2)ミョ~な月の満ち方で現在体調がおかしい。
3)いっそいきなり正常に戻った。
4)新しい漢方薬を寝る前にも飲んでいるから。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥この4が妥当な気がしてなりません。何せ「静まれーっ!」って感じの処方ですから。神経も炎症も。


住吉くんに聞いたのですが、エキス剤(市販もされてる粉薬とか丸薬とか)は、煎じた上澄みを使っているとか。まるで『ドラえもん』で、ドラえもん兄妹がオイルの使い分けをしているかのような説明を受けました。
姉妹からすによると、二番煎じ(一度煎じたあとのものでもう一度煎じる)を薬にしているとも聞きます。
つまり、現在「うー、不味い。もう一杯(古い)!」と言って飲んでいる、一番煎じの生薬の威力に及ばないと……。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥小人さん出てもおかしかないかも、うん。バファリンが一緒に入ってたりもしてるしな、最近。
やさしさ成分の抜けたバファリンは、ずごんと胃に来ます。だからなるべく食ってから飲んでいるのですが、仕方のない時もあるのさ……。「早く効いて胃にやさしい」と、パッケージに書いてありますが、アスピリン等と比較して大差ないかな。比較せんでもええのですが。


今夜はアニメ見てから寝ますが、どうぞ余計なことはしないでください小人さん。
ああちきしょう、最近は寝る前におちおち本も読めやしねえよ(その本がどえらいことになったり(折れたり曲がったり)、手元の灯りがついたままなので枕に引火しないか気になったり)。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

お掃除おそうじ。
フルートを始めてからよく聞かれることが、「何故フルート!?」です。
ここにどっかで書いた気もしますが、理由は「住居環境と肺活量の妥協点」です。
そんな楽器の女神様を、クリーニングに出さなくては。


ママンがくたびれて、病院に行ったと聞いた女のサイトへようこそ。
高血圧の家系でもあるらしく、とんでもない数字に跳ね上がって降圧剤をもらってきたそうです。
一回飲んだらけろっと通常域に治まり、今日は飲んでないとか。
うん、頼むからやめてくれ。あとストレスのはけ口見つけてくれ。


昨日はちゃけて来たフルート発表会でしたが、習う時に躊躇もしました。
というか、一人で半年以上悩んで、最後に専門家(コサヤンお姉さま。彼女は音楽のエキスパートだ)に聞いて決めた次第です。
習いたかった楽器。
1)ピアノ。
2)クラリネット。
3)バイオリン。
4)フルート。
一見バラバラな選択に見えますが、1と3は日本人のポピュラーさを示している気がしてならない。
2と4に関しては、もともと管楽器が好きな点にあります。ちょうどこの頃栗コーダーポップスオーケストラの「よつばと♪」聞いてたし、余計に。
「栗コーダー」?と思われる方が多いかもしれませんが、「ピタゴラスイッチ」のテーマ曲を作曲・演奏していらっしゃる方々と言われるとぴんと来るかも。公式サイトはこちら
話を戻すと、ピアノは純粋に場所がない(クラビノーバだって置けません)。バイオリンは、キャスバル兄のギターで思い知ったのですが(彼は別に下手でもない。めちゃめちゃ巧いわけでもないけど)弦楽器はやたら響いてうるさい。付け加えるならば、『サザエさん』でマスオさんが家族に大迷惑をかけていたエピソードも脳裏に焼き付いているから…。
で、クラリネットはまず教室がない。あとで駅前に個人レッスンの教室があったことが判明しましたが、ミョ~に怪しい感じです。あとリードの当たりはずれが大きいとか。20枚くらい買っても、使えるのが5枚あるかないかだし、最初は自分で調整できないよと。
あと肺活量の問題もあります。咳喘息の私には、どう考えても無理。
では、フルート辺りが始めやすく妥当ではなかろうかと。持ち運びも手軽だし。


こんな経緯で始めて、音出しに1時間以上かかった大馬鹿者が、よくも他人様に聞かせられるようになったものです。
ちなみに去年の発表会の楽譜を見てみたら吹けませんでした
スタッカートきついっす。あんな悪魔的な速度でよく吹いてたな。
飽きずにやめてないのは、☆憧れの楽器☆を習い始めたことと、分割してでも自分で買った楽器が手元にあるので勿体ない。先生もいい方だし。


楽器とは繊細なものなので、1年に1度は業者にクリーニングをお願いしなくてはいけません。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥忘れていた。
正確には、覚えていたけど機会を逃し続けていたです。
友人のフルートの調子が悪くなり、修理に持っていったら叱られたそうです。「最低1年に1度はメンテナンスに来なさい」と。
うへ~い。
細かい部分は触らないようにしている(うっかり触ったら壊しそうだ)ので、細かい埃や汚れがたまっていそうです。
それに最近でこそ頭部管(口をつけている部分のことです)が大人しいけど、最初はよくネジをゆるませていた…。
ちょっとしたことなら、先生がその場で調整してくださるのですが、やはり自分の楽器は自分で管理するべき……なのに放っておいたのねellis。
幸い今週はレッスンお休みなので、メンテしてもらってこようと思います。一週間で済むかなー。友人は解体修理までしていたので、かなり時間食っていたのですが…。


パパンがメールで「演奏会どうでしたか」と訊ねてくれましたが、ごめんね、演奏会でなくて……。
ただの「発表会」だったのさ(涙)。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

発表会でした。
「『演奏会』ではないんですよね」という、住吉くんの科白が全てを説明してくれました。
はい、そんな高尚なものではございませぬ。私たちは日頃の成果を「発表」しただけ。あくまで一方的です。楽しんで頂くなんて、そこまで頭と技術は回りませぬ。


そして楽しんできた女のサイトへようこそ。
ははは、失敗も過ぎてしまえばうたかたよ。


朝。目覚めました、きっちり目覚めましたよ私! うわぁい頑張った!!
‥‥‥‥‥‥‥‥‥でも動けないのは何ででしょう。発表が嫌なのではなく。
ただ純粋にしんどかったんです。生理痛が怒濤のように押し寄せてましたしね。午前中から熱もあったしね。
「だから遅刻しました」などという言い訳が通用するはずもなく、友人とちみっ子を待たせた挙げ句の自主練習です。半分はお手伝いのステップ練習。


私は確信的に言えるのですが、恐らく私のクラスというのはひとえにお祭り好きなのでしょう。最初は遠慮気味だったちみっ子も、ステップに参加すると自主的に申し出たのですから(私たちは最初っから指名)。
なので控えの廊下で待っている緊張タイムに、くだらぬ作戦会議。




「作戦は『ダメもと』でどうだろう」




「当たって砕けろとか?」
「ま、失う物は何もないし」
「そんじゃあ先に、ここで恥を置いていくか」
「試験でもないねんから、ちょっとゆるめで行こうか~」
まるで戦争の作戦に「命を大事にしよう」というかのようなアバウトさです。ちなみにこの会話に、ちみっ子は参加しておりません。
来てくれた姉妹からすと住吉くんが、「『ちみっ子』というから、もっと小さいのかと思ってた」と言ってましたが、どっこい。たぶん中学卒業する頃には、私と友人(163~164)と並ぶか追い抜くかの大きな子です。しかも一番スレンダーなモデル体型。太らなさそうでええな…。


では、本番。イントロは、ギリギリおっけー(私が最後のブレス、一拍伸びなかった)。
ちみっ子のソロは、そつなく。友人は直したばかりの楽器と格闘。私は……三連符、三つ並んでるうちの二つすっぽ抜けたね……。
はい、気にしない(内心涙)!! けろっとした顔でアンサンブル。とりあえず微笑んでおけellis。さすれば全ては誤魔化せる! ある程度のことはな! 
そして終了~。
終わって友人と私。「あー、すっきりした!」
だから誰かに聞かせるためでは……でも来てくれてありがとう、姉妹からす、住吉くん。真紅の薔薇の花束とは、これは閣下から薔薇を頂いたレディ・アン嬢のごとく(彼女とも10歳差か…)嬉しかったですよ。


去年はじっくり曲を聴けたのですが、今回は更に踊るので行ったり来たりです。
控えでタンバリンを受け取ると、枠しかないタイプのタンバリン。木製が二つ、赤いアクリルのが一つ。選んでもらったら、当然のごとくアクリルのが余ったので私担当。
音が違うぜよ、アクリルだけ。しかもガムテープで補強されてるし。更に持ち手じゃないし。でもそこ持ってないとみっともないし。
ああーーーー、もう(泣)。
ちょっと切なくなったので、タンバリンを頭にかぶせていたら、ちみっ子の爆笑を誘いました。おっけー、こういうダメな大人も見て育っておくれ。これからおねいさん、仕込むからね(何を)?
そもそも何で指名を受けたかというと、友人がダンスを習いに行っているからです。そしてそのクラスの選んだ曲が、ゴスペルちっくだったんです。ゆえに。
うちとは比べ物にならないくらい上手な演奏と、お手伝いというお気軽さも手伝って、大変楽しく踊って手を叩いて来ました。タンバリンの色が何色だろうが、よく考えりゃ誰も見てないやね。ははは、そうそう。


講師演奏は、先生が大変楽しそうに(誰が見ても分かるくらい)フルートの演奏をしていらっしゃいました。即興のアレンジが入ったのではと、所々思わせるほど。
全体演奏が終わって、姉妹からすと住吉君と一緒に軽く飲んでました。
見た目にもやっぱり「楽しんだ者勝ち」みたいです。ま、気分は伝播するしなー。楽しそうに弾いていれば、聴いている人にもそれが伝わるだろうし(上手下手はこの際置いておく)、真剣になりすぎるとぴりっとした空気が流れるし。
どきどきしてるのが勝つと、やっぱり伝わっておっかなびっくりな曲になるのでしょう。
そう思うと、「まず音楽を楽しむ」というスタンスの先生で本当に良かったです。
上手に弾けるようになるのが勿論理想ですが、まあまずは楽しもうみたいな。大人のレッスンは、こんな感じで始まるのでゆるゆるです。間違って当たり前~。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥だけど「発表会」ってなると、皆はりきっちゃって肩に力が入るんだよな~。
それは私も同じことですがね。でも、「楽しい」の方に天秤が傾いた方が、ぶっちゃけ各方面で楽です。中学の合唱の時に「とりあえず笑顔で」と仕込まれたのが、こんな時に役立ってますellis。
「微笑みうつ」にもなってますが、まあもういいさ…。時既に遅すぎるよ。


次は1月にぷち発表会(フルートの人たちだけでやる)がありますが、私はその前に投稿作の第一稿をあげねば。
去年も同じことしてたな…。本業の腕は上がっているのかしら私。♪回る、ま~わる~よ、時代~は回る~♪

テーマ:ありのまま日記 - ジャンル:日記

危ない。
昨夜は知らないうちに眠りこけてしまい(眠剤抜き)、昼頃目が覚めたらメガネがありませんでした。
まるで漫才ネタのごとく「メガネメガネ」とやったのですが、マジで見つからないのでスペアメガネを装着(四次元ポケットのスペアみたいだ…)。
スペアといっても、そんないいものではありません。ブリッジが一つ取れているシロモノで、ついでに度数が合ってない。……おかげで、現在使っているメガネは出てきましたが。
こんな一日の始まりは、どーにもさい先が悪い。


思った通り、ぼーっとしていて車に轢かれかけた女のサイトへようこそ。
すまん、タクシーの運ちゃん。しかしあのタイミングで轢かれなかったのは奇跡だ。


もう明日まで日にちがない。ので、買い出しです。
絶妙のタイミングで満ちてくれた月は無視して(アスピリン投入)、とりあえず駅前まで。
思った通りいろいろ微妙だったため、河原町まで。この時点で既に日は暮れています…。
古着屋でボトムをゲットして、ブラウスを探して三千里。白ブラウスって、欲しい時に案外売っていない。いっそユニクロで紳士物でも買おうかと思ったのですが(そんで後はパパンにあげる。サイズ的にキャスバル兄には合わないので)、ユニクロの半額で売ってた所を思い出してそこでゲット。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥の前に、アーミージャケットをゲットしておりました。本日の気温を知っていながら、Tシャツの上に厚手のブラウス一枚で出てきた+熱が出てきたお馬鹿さんなので。
裄の長さは折れば済む話です。鏡を見て切なくなったのは、肩幅がぴったりなこと。これは紳士物で、しかも異人さんサイズ……。特に鍛えられた軍人さん。
マイ肩幅よ。
難あり物のため、ちょっと値段をまけてもらいました。でも心の寒さは埋まらない……(涙)。
そーいや駅前でボトムを探していた時に「インポートものの方がお似合いかもしれませんよ? 上背おありですし」と言ってくれたねーちゃんを、ちょっと恨んでいましたがまったくその通り……。


2時間ほどで全部揃いました。買えました。っつーか買いました。強引に。
途中人混みに酔ってぶつかりまくったり、チャリンコにも轢かれかけてましたが無問題。あとは帰るだけだ。
お腹は空かないけど、食べておかないと明日が保たない。ご飯とおやつ(現在どちらかと言うとお菓子の国の住人)を買って、各種コンビニ振込を済ませ今に至ります。
一日で二回轢かれかけてるか、私‥‥‥‥‥‥‥‥‥。
明日は無事に会場に着けるといいなー。「いいなー」じゃなくて、そうでないと困る上に今日の行動に意味がなくなるのですが。


そういや寺町通で「手作りパウンドケーキ」と書いてある看板を見かけました。
が、写真は手作りドーナツ。あの店ではパウンドケーキといえばドーナツのことなのだろうか……。
今度身をもって立証して……来ようかなあ。ちょっと入りづらい雰囲気だったのです。写真だけでも撮ってくればよかった。嗚呼。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

思えば遠くへ来たもんだ。
……発表会、やっと順番が決まりました。詳細が決まったのは、今日の午前らしいです。先生方も大変なのは分かりますが、何だかお気軽すぎて泣けてきたよ?
去年は最初から数えて5番目くらいだったのに。
今年は第二部にもつれ込んだか……。随分お偉くなったもんじゃないか、ああ?


去年からは想像もつかないような事態になっている女のサイトへようこそ。
ギターとピアノとのコラボで、しかもハモリですか。うひゃー、私どっかで失敗するな。


漢方が見事に煎じ袋(30円出して買う、繰り返し使う薬入れ)となり、ついでに来年のカレンダーをさっそうと引き当ててきました。
ところが、これらが大層かさばるので、他の大きな買い物ができない。今日は河原町に出たついでに、発表会に使う服を買う予定でした。しかしそんなことしていたのでは、練習中に邪魔になって仕方ないだろう。……なので明日か明後日に延期……。私、起きられるのかな……出かけられる時間に。
仕方がないから、ロフトで「リサとガスパール手帳」をゲットして、さっさと記録を書き込んでました。試しにちみっ子にアテレコしたら、バカ受けしてましたよ、コサヤンお姉さま。素質あるな、この子(どの素質だ)。


で、レッスンです。
先生の言うことにゃ。
「このクラスに関しては、本番に強い子ばかりだから大丈夫よね。安心してます」
ときたもんだ。
まあね、本番前までじたばた騒いでうるさいくせに、いざ本番となったらけろっとしてる、一番いやなタイプなのですが。
イントロのフルートオンリーのアンサンブルのところで、私の出だしが悪い。どうにもへろい。へちょいでもいいかもしれん。ひゃらぷひゃ~♪ という、何とも情けない音が出ます。途中からは平気なんだけど。……徹底的にしごかれました。私がきっちり入らないと、あと入れないもんな。あう。
何度か流してみて、私。
「せんせー、この三連符が二つついてるとこ、私吹けません」
ソロパートの部分です。いつもいつもここでつっかえる。でも誤魔化してる。
私のこの期に及んで言うか的な発言に対し、先生は更に上手でした。
「あらそう? でもそれらしく吹けてるから大丈夫よ」
‥‥‥‥‥‥‥‥‥ここはありがとうと言うべきですか先生。それとも張り子人形のような見せかけに落ち込むべきですか。
一応ちょっと易しく直したパートも用意して、どうぞお好きな方へとなりました。
「分かりました先生。あと二日、勤しんでまいります
気分は滝に打たれる修行者です。この辺の気分は去年と変わりありませんが、曲目は他の人たちが「いいわねえ~~」と言ってくれるようなものになってしまいました。
早かったなー……一年……。


最後に、第三部に発表するグループの一つで、何故かステップ踏んで踊ることになっています。
なのでそっちの練習。
たぶん、いや絶対半分意識飛んでてステップ間違うね。自信満々だよ。でも他人様の発表だから、責任重大です。
ステップだけのはずが、いつの間にか手拍子が入り、更にタンバリンが入ることになりました。仕事増えてんでー……。ええけどやー…。


とりあえず、喉の腫れ(舌の付け根まで腫れてる)をどうにかするため、のど飴フル稼働中です(今日もそれで音がおかしかったんだ~!!)。
今日の診察で、この前の血液検査は2~3ヶ月に一度はやって知らせてくれとのことでした。あんぎゃ。精神科ではやってくれないだろうから、神経内科にお願いか……。あああああ、もう(涙)。
では日曜日、潔く散って参ります。実物ellisをご存じで、日にちが合う上に奇特な方は、ellisが無様になってる様を見に来てくださいまし。
……では明日明後日と、勤しむかー……。マジで「勤しむ」ですよ。これが終わったら、作品作りにとっかかるしなー……。

テーマ:ありのまま日記 - ジャンル:日記

魔性の番組。
最近キャラクター設定も世界観もやたらリアルな夢が多く、目が覚めると「あー……そうか、夢見てたんだよな、オレ」と、思うことがまた増えています。
どんな脳内情報を交換し合って、あんなことになっているのでしょうな。


先週の『マイメロ』を録り逃したことを、心から悔やむ女のサイトへようこそ。
クロミちゃんが、また人間になって可愛くなってたのにーーー!


教育テレビで、昨夜『オトナの知らない教育テレビ宝箱~クインテット』と銘打って、一挙6本放送してました。それはばっちり録画してあります。
といっても、これまでの放送分から選り抜きなんで、そろそろ膨大になりつつある我が家のビデオテープのどこかに紛れ込んでいるネタなのでしょうが。
時々「これは……教育番組よ、ね?」と思うこともありますが、私にとっては楽しい番組です。
で、見終わった感想。
これが教育フェスタか……?
どういう意図でクインテットが選ばれたのかしらん。いや、ファンにとっては嬉しいんだけどね。いっそハッチポッチステーションの再放送の方が、個人的には嬉しかったかもなー…時間帯としても。
ついでに「大人の知らない」とは言いますが、音楽やってる人は普通に結構皆知っていたぞ? それとも私の周囲が異常なのか? 私もママンに染められたんだけどよ。


そういや現在の地元では、新聞屋が毎月景品を抽選でくれるそうです。応募したければすればいいし、嫌なら放っておけばいいという。
そしたらママンがのたまった。
「アキラさんのコンサートチケットがあるのよ!? ねえ応募して欲しい? ねえねえ」




当たり前に決まってんでしょが!!




正確にはきっと、「アキラさん(宮川彬良さん)と(例えば)大阪フィル」とかそういうコンサートのはずですが、ママンの眼には「アキラさん」としか映っていなかったようです。……ママンよ。
この前もこんな感じで、ミッフィー展のチケット当ててました。どうやら皆が欲しがるのは洗剤とからしくて…。分かりやすいですなあ。ママンにしてみれば、洗剤はじーちゃんの家から定期的にパクッてくるので(一応本人了承済み)いらないとか。しかしママンよ。当てたチケットが遠方だったらどうするのだい? 近距離でも交通が不便とか、日帰りできないとかだったら。
それでもあの眼は「たまには文化的に息抜きしたいのよ!」という思いにたぎっておりました。当たったら、宿泊費込みでヨロです。


こんなこと書いてると、いかにも文化レベルの低そうな実家に聞こえますが(実際そうだったりする)、じーちゃんは戦前に独学でバイオリン弾いてたし、大叔父の一人は書道に凝っております。……以上か。あとはカラオケ大好き集団か。
ギター好きなのはパパンと伯父ですが、これは世代の為せる業でしょうな。パパン、せっかくチューニングしたキャスバル兄のギターで演歌を弾くばかりではなく、たまには「禁じられた遊び」とかいってくださいよ。「枯葉」とかね。


そうそう、今年の発表会は、ピアノの先生に加えてギターの先生が加わったので500円高くなってました。
おかしいと思ったんだ。去年はもうちょっと安かったのになあと思っていたら。
「クインテット」に触発されて楽器を始め、早1年半。……人生ってどうにかなるものなのね。
音楽好きな人は、きっと何かやりたくなる、魔性の番組です↑。パペットのくせに(だからか?)やたらめったら楽しそうなんですもの。
楽器を始めたら、またマニアックなこだわりがみつかって尚おいしいという番組でもあったりして。交響曲を2分ちょっとに編曲しているアキラさんのすごさも、コードや転調を習って改めて分かります。ドラえもん並みに魔性ですよ。番組そのものが。
いい年して大プッシュの「クインテット」。お暇な方は、見てみてね♪

テーマ:腐女子日記 - ジャンル:日記

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。