羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
200611<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200701
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
辛さ倍増年の瀬。
これまでになかったグダグダ感です。もう明日(書いてる今は30日)は大晦日だっつーのに、大した掃除もしないままです我が家。
‥‥‥‥‥‥‥両親それぞれが、老いと還暦を越えた恐ろしさを体感しております。パパン、子供に返り過ぎ。

仕事は両親の愚痴聞き係な女のサイトへようこそ。
スケブに……私をスケブに集中させてください。

不幸なことに、水曜にパソ子がイカレました。ステイ先でなんてこったい、アーウチ! ちょっと通販番組の外人ちっくに悲しんでみても、誰も「そんな時にはこのグッズ!」なんて言ってくれないし猫型ロボットもいないので、家電量販店に行ってみましたよ。イカレたのはバッテリーだ。まだどうにかなる。そう思っていたら。
「ノートPCのバッテリー? お取り寄せですね」
おいおい、ちょっと待てーえ。
「この辺りで、どっか売ってるとこないですか?」
「いや、ないですねー。どこもお取り寄せです」
はいはい、ちょっと待った県庁所在市で高等裁判所もあるうどんの国の繁華街。
ここってばどんなPC過疎地よ。バッテリーの予備くらいフツーに持つだろ? 私だって家にはもう一つあるさ。寺町でフツーに売ってたよ、諭吉が2枚飛んだけど。
PC作る奴とかいねーのかよ? 全部ネットで手配してるなんて本末転倒なネタ、私は認めないからな(血涙)!
……自分がインターネット環境に恵まれた場所に住んでいると、改めて思い知らされました。
どーでもよくないんですが、年始はバッテリーにフルート修理と、世知辛い幕開けみたいです。

そして明日の私の仕事は、パウンドケーキを焼くことです。
じーちゃんの家に茶菓子を持参することをキャスバル兄に相談したら、「連名ってことで、好きにして」と、「金は出さねーぞ」という言葉をひねって言ってくれましたので。
誰が私一人金を出すかあぁぁぁ! だったら作ってやるさ!
……世知辛い年の瀬ですなあ。チキショー、涙が出てくらぁ。
スポンサーサイト
今年最大の恥。
20061226231230
先週水曜に詰めた箱に入っていたパッキン。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥どこまで地層が歪んでるんだ。
半年前やん!  自分がひょいと手にした新聞束やん!

‥‥‥‥‥‥‥あきまへんな~~~~。
いろんな意味で終わってます。

今年も大掃除、できてません。
来年への課題が多すぎるellisです。
ヤカン弁償。
ヤカンが焦げました。いえ、焦がしました。なのでママンに叱られました。
‥‥‥‥‥‥‥すっげー小学生の日記みたいやな。文章よりも内容が。

娘が苦虫噛み潰す顔を楽しむ母を持つ女のサイトへようこそ。
中身が台無しになった漢方を、おもむろにカップに入れてくださいました。

ママンがサディスティックな楽しみを発見しておられます。
それというのも、キャスバル兄の家でママンの按摩をしていたら、のっぴきならないほどにあちこちガタがきてた。なもんで、娘は「真心を込めて」揉み解し、ママンに悲鳴をあげさせ陸に上がった魚のようにぴちぴち跳ねておりました。
はい、先にサディスティックになったのは私。現在ママンがリベンジをかけているという、大変素敵な親子関係。

今朝、漢方を煮出しながらママンと喋っていたら、ヤカンの中がとんでもないことになっておりました。
「ママン、先に謝ります、ごめん」
「何したの」
「焦げました」
「薬、どないすんのん?」
「水足しとくわ」
‥‥‥‥‥三時間、経過。
「あんた、薬飲んだん?」
「(ぎくり)ううん、まだ」
「何やしゃあないなあ、ほな入れたろ」
その時、ママンがにたりと微笑まれた。
ちょっと首を傾げつつも、入れてもらったものを前に、一瞬深呼吸。
勇気がちょっとだけいるんです。
そしたらママン、今度は声に出してくすり。
「……ママン! 私の様子を見て楽しんでらっしゃるわね!」
「あら、あかんかった? ああ、せやせや、次の分も沸かしといたるさかい、生薬貸しいな」
すいません、焦がしたヤカン洗います、弁償もしますから堪忍してください。後生ですから。
「娘の身を案じてるんやないのー。嫌やわあ」
「じゃあその笑いは何ですか!」
「笑ってなんか、ほほほ、ないわよ、ほほほ」
あーちきしょう、実の親でなけりゃ拳に訴えるのに。

では今晩は、私がママンを揉み解して差し上げようと思います。
因果が巡りまくる親子だ。除夜の鐘で、煩悩だけでも払い落としてもらうことにしましょう。
さらさら。
髪の毛じゃありません。最近アスピリンのお世話になることが多いので、血がさらさらしてしまう。
ただでさえ薄くて困ってんのに、堪忍してください。
‥‥‥‥‥‥‥‥アスピリンの記述だけ抜いたら、めっちゃ頭髪の話題ですな。

今日もアスピリンを飲む女のサイトへようこそ。
雨の日は、頭が……。

眠たくて仕方がないのに、目が覚めてしまう。昼過ぎから夕方が爆睡タイムになるのですが、基本的に宵っぱりなので22時以降はやたら元気。そして寝付きが悪くなるの、超バッドスパイラルです。
生活態度が間違っているのは、もちろん私の方ですよ。

さて、家庭に仕事を持ち込んでいる私。「仕事だから」の魔法の一言は、すごい威力と実感しております。
淋しんぼさんに磨きがかかったパパンにも「あーとーで」が通じる。
ただし、一旦居間に行くと構われまくって疲れが倍率ドン更に倍(@クイズダービー)なのですが。

ついさっき、資料や暇つぶしの書籍、漢方薬を満載した荷物が着いたので、いろいろ満喫してきます!  アスピリン飲んで頭痛もマシだし!
やっぱり。
皆様おはようございます。
我が家はやはりブラッディ・クリスマスです。

皆様めりくりー☆と、他人様が使ったら切れる言い回しをする女のサイトへようこそ。
ああ、朝から胃が痛え。

パパンの淋しんぼさんとママンの愚痴に、早くも挟まれてます。実家に帰れば少しはマシかと思っていたら、この年の瀬に訃報。この葬式に出るの出ないので、昨日のうちにじーちゃんとパパンが揉めているため気が重い。
しかし仏さんに文句は言えない‥‥‥‥。

私、あと十日保つんやろか。
早くも車中なので、ドラマミン+プリンペラン入ってます。
私のボストンバッグを頑なに手元に置くと主張していたのを不思議に思った(つーか気分を害した)パパンに尋問を受けたので、素直にPCが入っていると、「何に使うんや?」。
両親よ‥‥‥‥‥‥‥私の職業(目指すところ)忘れていませんか?

傷心のまま車は進むー!
あくまでも流行に乗れない。
‥‥‥‥‥‥‥風邪かしらー? 熱っぽいし頭も痛いし喉も。
と、思っていたら別方向でした。

月の満ち欠けを確認し、ひっそりため息をつく女のサイトへようこそ。
乾燥とパパンの煙草で喉が痛い。

誰に頼まれもしないのに、腰に重りをつけている錯覚。
熱も出しているので、何にぶつかってもぴりぴりと痛い。
加えて、吐き気と食欲不振‥‥‥‥。
頼んでもいないものが満ちる。これだけで私は世の殿方が憎い。
病院でも悪阻に間違われて泣く羽目になる。ので、アスピリンを投入して耐えてます。

現在洗い物が一段落したのですが‥‥‥‥‥。なぜ毎日缶ビールが10本空いた上で、焼酎に取り組んでいるのだろう、あの父子は。
そしてあんなに寝ているのに、なぜ煙草が三箱目なのですかパパン。
娘は紅茶がそろそろ五杯目。昨日は疲れ切ったママンに砂糖が飽和しそうなほど甘ったるいチャイを作っておりました。

ついさっき、ママンにあげたハーブティーを、家族全員で試してみました。
パパンの感想。「……草食ってるみたいや」
何一つ間違ってません。つーか、寧ろ正しい。
ジュニパーベリーとローズヒップで、とりあえずビタミンC摂ってください。
しかしキャスバル兄もパパンも、何を思って酒の合間にハーブティーを飲む?

流行のノロウィルスにはやられず、どっちかっつーと自滅中です。
『美の巨人たち』でレンブラントを、『チューボーですよ!』で堺正章さん見て寝ます。これがまた、眠れねえんですよ。
甘い!
昨夜、パパンとしたたかに飲み明かしたキャスバル兄が、台所にふらり。
「なあ、君、今日はケーキとかないのん?」
「最近二人して飲んでばっかやから、いらんと思って。ないよ」
「何や」
‥‥‥‥‥‥‥‥甘いわ! クリスマスケーキよりも甘いわ!!

結局飯炊き係をしている女のサイトへようこそ。
ママンが掃除担当。

昨日、空腹が人類の限界を越えたパパンが、ほぼ野獣になってました。
「飯まだか! もう食うてまえ!」
キャスバル兄が帰るまで待とうって言ったのはパパン‥‥‥‥‥。
このタイミングは最悪で、帰ってきたキャスバル兄が「お風呂先に入って………ええのん?」と、聞いて入浴している最中のこと。
パパン、あと10分か20分が何故待てない。

と、いうわけで、大変後ろめたい気分で夕食が始まりました。
なのに父子で盛り上がり、「ケーキとかないのん?」とは、どの口が言うか。

この夕食が、その日初めての飯だったのに、この体たらく。
おかげさまで二時間しか眠れねぇーーー!

今日の夕食が平穏無事なことを、祈ります。
網指定。
……あ、スクリーントーンの指定ではありません。

子鹿から子牛に変わる女のサイトへようこそ。
美味そうだな、子牛……。
どなどなど~な~。
やっぱり、フルート壊れてました。
♪僕の大好きなクラ~リネット、パパからもらったクラ~リネット、とって~も大事にしてたのに~壊れて出ない音~がある~♪
……いや、あれほどはいってない。だってあれ、半音以外全部アウトやったでしょ。うち、ソだけだから。そんで一応鳴るし。
ちなみに理由は「力み過ぎで、連結している側(押さえない方)が浮いた」という、非情に判りやすいものです。
友人に続き、力み過ぎによる故障第二弾。さあ、残りはちみっ子よ、君の番だ!
まったく、握力あるのも困りものです。年明けに、解体修理(涙)。

さて、せっかく直立できるようになった自分を落としめるような今日の荷物。漢方薬、かさばり過ぎや!!
段ボールには本だらけ、ボストンバッグにはパソ子が。2.2キロが、みっしり来るのう。アダプターに着替えやら化粧品やら、「旅慣れた人は荷物が少ない」というけれど、仕事道具も一緒だと話は別だわ……。
薬って……全体的にかさばるよなあ。

こんな状態で臨んだレッスンには、見学者さんいらっしゃ~いでした。
今日は『アヴェ・ヴェルム・コルプス』。うーむ、モーツァルトイヤーをモーツァルトでしめくくろうとは。
先日通院バスを追い掛けて全力疾走の愚を犯した私の気管支。
自業自得とはいえ、胸が痛い。いや、物理的にマジで。
だから初見で6拍伸ばしたり下がりすぎたり急上昇するのきついです。
セカンド、サードをこなしてアンサンブル。
胸が、胸が痛い。息が、がはっ(喀血)。

教室を出ると、次は私たちがダンシンした上級クラスです。
「お疲れさまです~」と、挨拶すると、
「来年も踊ってくれはる?」と、年長の方が。
「ミニですかロングですか?」
スカート丈の話です。
「勿論ミニよ!」
「網タイツ?」
「網タイツ!」
‥‥‥‥‥ということで、来年年明けに、ミニスカダンシン決定です。

その前に腰治します。
秘訣は小笠原流。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥だ、そうです。何の秘訣かってのは、まあ追々。
それにしても、じじばばになるほど、手で覆わないくしゃみや咳が多いですぞ~。抵抗力ない私に、死の宣告してるんですか~? 頼みますよ、ほんま。


何とか自分の年内を満喫しようとする女のサイトへようこそ。
無理やったー……。


今日は診察券が通る時間の予約(午後2時半を過ぎると受付機が閉まるので、直接受付のお姉さんに頼む)でしたよ。
精神科はまあ、いつも通りというか何というか……。まあええんですが。ここで相談したことは、とても公にできるようなものではないので……。
次に神経内科。
「お、調子どうですー?」
回を重ねるごとに、先生の口調が軽くなるような。
「先週の土曜に、腰をぎっくりいわしまして。一昨日くらいまで生まれたての子鹿でした」
はー、もうしゃーないなーこいつー。みたいなため息をついて一言。
「癖にならんようにしいやー」
「これが癖になった後です」
も一つしゃーないなー、という顔をされました。
「腰を大事にするにはやな、小笠原流の立ち居振る舞いがええらしい
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥え? え、えーと、わんすあげいん。
「せやから、こう腰を固定した動きやね。立ち居振る舞いも美しくなって、腰痛も減るなんてええやろー」
「……私にできる小笠原流は、ハンバーガーの食い方くらいです」
主治医、爆笑。いや、だって、ほんまやねんって。
これはquarkさんの受け売りなんですが、小笠原流のハンバーガーの食べ方というのがあるらしいです。
どうも、ぱくっと食いついたときの丸い歯形を残さないように、その都度ちょっとかじって調整して常に平らにしておくという。
それは、普段からしている。そう言った時のquarkさんの引きようったらなかったですなあー…。
「後はまあ、コルセットやけど……」
「高いでしょ?」
「そんなん知らん、整形(外科)で聞きいな」
「むー……」
「せやけどなあ、『コルセット作ったはええけど、2年も経ったら体型変わってしもて合わへんようになった』って、よう聞くで」




失敬な!




痩せこそすれ、多分これ以上むよむよすることはないぞ。……向こうしばらく。
「先生、そりゃあ私も来年からは三十路やからね。体型もそらーオバハン体型になるか知れんさ。せやけど! それはレディに対して失礼やぞ」
「あー、ごめんごめん。うち若くて50代の患者さんばっかやねん」
「ほな私は、超若い!?」
「君は若いっつーか……若さと成熟のバランスが悪い」
仰る通りです。
「そうよねー。皆が皆、吉永小百合みたいにきれいに年取るわけとちがうもんねえー」
「あ、僕サユリストちゃうねん。あんまりあの人きれいとは思わんなあー」
「もうちょっと『跳ねてる』方がええのん?」
「せやなー……僕はサユリストが多い団塊の世代からはちょっと外れるねん」
いや、あんま関係ないと思います。
「うちの教授、団塊の世代なんかぶっち切ってましたけど、バリバリのサユリストでしたよ。こう、あの辺りの男の人が求める理想と違います? 清楚で、儚げで、せやけどどっか芯が通ってるみたいな。尽くす感じの」
「あー、そういう意味やったら、確かに『跳ねてる』方がええわ」
だろうな。だから私とこんな話をするのだろう。しかし主治医よ。小笠原流を説いた後でいきなりサユリストですか。しかも全国のサユリスト敵にしたよこの人は。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥とりあえず投薬を決めて、ちゃっちゃか出てきました。あの主治医は、どーも私の症状を診るというより、話し相手になっているという気がしてならん。


ちなみに前回採取したテグレトールの血中濃度は、7.1μg/ml。前回が8.6だったように記憶してますから、ちょっと下がってます。
精神科の主治医。
「ちゃんと飲んでるんかー?」
酷い(涙)! テグレトールなんて、ため込む意味すらないがな。もともと貯めこまへんけど。
肝臓の代謝が良すぎるのか? いや、まとめ飲みをやめよう私…。
これまでは、朝200mg→眠前500mgという極端を突っ切ってました。本来の指示は朝200mg→昼200mg→夜or眠前300mgです。
……気が高ぶってるのは否定しないさ。もう私の年内は、あと24時間もない……。
パパンに対する葛藤などを(何故か)神経内科でもつらつらと述べていると、
「まあ、そんだけ自分で分かってるんやったら、ある意味大丈夫やと思うけどなー」。
「分かるまでに時間がかかった上に、根元に刻まれた恐怖はなかなか拭えません。それはイコール私の負い目でもあるのですが」
「あれやな、君、頭回り過ぎんねんわ。せやからこんなとこ通ってんねん。もっと楽に生きや~」
何ででしょう、何で神経内科でこんな癒しの科白を聞いているのでしょう私。


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ふーむ、小笠原流ですか。腰痛体操よりもそっちを強調しますか。
ほんまの小笠原流の人が聞いたら泣きそうな病院漫才ですな。
この後、先日のお返しなどの購入の為、河原町をうろつきまくり。今晩代償を要求されないことを祈ります。さて、荷造りっと。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

前髪作戦。
失敗‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥。
まあ、これはこれで、見慣れたらそれでよしってことにしよう。
パパンがぎゃーすか言うだろうけど、「異人さんの女の子みたいでしょ?」って言ってみようかしら。いや、通じへんな……堅物め。


言われた通りにやっているのに報われない。
と、本人は思っていますが、きっとどこかが根本的に間違ってんだろな。
いかにも全パーマ! って感じでおもろいです。
いえ、これまでも全パーだったんですが。


温感湿布の刺激がきついので、昨夜はゆたぽんとあんかで寝てました。
いい……この組み合わせはいいよ!! しかしこの、ゆたぽんのでっかいサイズ欲しいなあ…。
では、前髪失敗したまま通院してきます。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

ちょっと潤い。
書店に行ったら、とりあえずレシートはもらっておきましょう。
何故なら乱丁・落丁の時に交換できなくなるから。
そんなのいいよーだ、という方は、自腹で送料を出して版元へ送ろう。


本屋のねーちゃんのカバーかけを、家に帰ってからおもむろに直す女のサイトへようこそ。
ゆるいねん! もう2~3mmぐらいの違いやねんけど、ゆるいねんって!!
こう、ぴしっとしとらんと嫌なんですよ。


そろそろ荷造りを始めようかと思いつつ、ママンに電話をしてみましたよ。
「おひさー」
「あー、こっちも電話しようと思ててん」
「何かあったんかいな」
「ハンドクリーム忘れんといてねって」
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥頼まれてからこっち、一度も忘れたことないのに‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥。
この信用のなさは、やはり普段の行いが為せる業でしょうか。
「忘れませんよ。カレンダーにも手帳にもきっちりがっつり書いてますよ」
「いや、ならええねんけどな。……そんで、何?」
「いえ、先週の土曜に、ちょっと腰をぎっくりいわしましてな」
「何や、またか」
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥雪かきの日は、確実に両親にも非があるんだが‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥。
「そんなわけで、労働できませんよ。年末に主婦の労苦は分かち合えませんわ」
「腰の痛みだけ先に分かち合っとるな」
いえママン、慢性の腰痛は普段から分かち合ってますが、今回急性の腰痛ですから。
「大人しいしてるんか?」
「してられるわけないやろー? 年の瀬ですぜ、奥さん」
「せやなー……私の年内も、12/21で終わるわ……。兄ちゃんも『そっち行くでー』ってメール打ったら、『いつまで?』って返って来たもんなー。12/25までって返したら、それっきりやったわ。あれは機嫌悪いやろなー……」
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥火薬庫の中に、火薬庫の中に突っ込まれる‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥。
どうやら今年のクリスマスは、気分的にブラッディ・クリスマスのようです。ああ、それでサンタさんの服は赤いのか。
サンタさん、もう来る歳じゃないけど。
「誰も喜んでないのに、何でそうまでして家族クリスマスなわけ?」
「喜んでるやんー、お父さんだけが
なるほどな。しかしパパンよ。生まれ故郷に帰って嬉しいのか煩雑なのかどっちだね。何か複雑な心理模様してるみたいですが。
「まあそんなわけでですな、ママン。私の腰痛対策のためにも、荷物を分けて送ろうと思っとります」
「ああ、じゃあ12/22に着くようにしたら?」
「何言うてんねん、12/26に決まってるやろ!! いくら車とはいえ、無駄な荷物運ばせるの嫌。出がけ、いっつも慌ただしいし、お父さんに『何がこないにあるねん!?』とか言われるし」
「そうよねえー…」
「あとさあ、そっちで年賀状出しても、元日に着くの?」
「あ、本局で出したら大丈夫やわ」
海を越える実家は面倒だ。これまでの計算では12/31に地方の郵便局に突っ込んだって、ほぼ間違いなく着いていたのに(配達範囲が狭かったせいもある)。


そんな会話のあとに、書店に行こうとしていたら、ポストに何か突っ込んである。
見てみたら、知り合いから郵便でクリスマスプレゼントが来てました。




Gloria!




お返し、しないとなー……。ああ、心が暖まった。しかも私のツボをついた万年筆だ。かっけー!
所詮事務用品フェチなので、機能美を追求したラインに心惹かれます。
頂いたのはラミー社製の『サファリ』シリーズ。スケルトンです。
……今、値段見てほっとしました。あんまり高いと、お返し困るしとか思って。
本当は、万年筆好きならもっとこう、いろいろ蘊蓄たれないとダメなんでしょうが、毎日使うものだし使いやすいのが一番。
目下の所愛用しているのは、パイロット社製のカヴァリエ(レッド)です。手帳にちょうどよくって。あとはママンからもらった40年もののセーラーです。
↑この二つは葉書を書く時に細すぎたり、紙の繊維をよく噛み込むので、そーいう時はちょっと太めので。我が家からボールペンの陰が薄くなって久しいですが……。部屋のどこかにはある彼ら、一体どうしているのやら……。


書店であれやこれやと買い込んで、段ボールに詰め始めています。
何はなくとも本がないと!!
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥紙カバーの代替わりが激しい『銀英伝』各巻には、そろそろ布カバーの導入を検討しております。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

超悪循環。
パーマをかけたら、最低二日間はそのままです。
私の場合、バレッタすら最低限にします。
今はいいけど、夏は試練だ。「パーマ道場」とでも言えそうな気がする。


相変わらず腰痛な女のサイトへようこそ。
腰をかばうために、却って姿勢が悪くなってます。


二足歩行って素晴らしいと、腰を痛めるたびに思っとります。
直立が難しい自分の体勢が、何かに似ている気がしていましたが、今日分かりました。
二足歩行ロボット‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥。
こう、腰を固定するために膝が曲がり気味なのがそっくりだよ。
じゃあアルゴリズム体操でも踊れるかしら……いや、今はやめておこう。
昨日フルートの友人に「お仲間~?」とメールを打ったら、美容院が終わった頃に返信が来てました。
「私みたいに無理したら、長引くで! お大事に☆」





‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥やっちゃったー‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥。




薬局で、「どの湿布がいいっすかねえ?」と質問。ここの薬局グループは、割に真面目に答えてくれるので好きです。ちょっと高いけど。
「本来なら冷やすべきなんですが…」
「うーん、でも昨日お風呂入って気持ちよかったですしねえ」
「あれ? じゃあどうしましょうか…」
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥沈黙。
「やっぱ両方買うべきですか?」
「あ、言いにくかったんですけど、それを言おうとしてたんですよ(安堵の表情)。とりあえず冷湿布をされて、4時間ほど置いてみて、楽にならなかったら温湿布に切り替えてください」
「Tmaxが4時間ってことですか」
「まあ、大体。あとは皮膚にかかる刺激もありますから…はがしたら、1~2時間置いて貼り替えてくださいね」
というわけで、病院で買える湿布薬をわざわざ買ってきましたよ。臭い的にはインドメタシンのが「効いてる!」って感じがするのですが、臭うの嫌なのでフェルビナク。
おじさんがものすっごい気の毒そうにビタミン剤のおまけもくれました。「まだ若いのに…」って、すみません、見た目ほど若くないんだよ私。前髪できて、更に磨きがかかったけど若くないのさ。
黙ってたけど。
少なくとも、おじさんよりは若いし。
ビタミン群はともかく、ニンニクエキスってやだなあ。元気は出そうだけど。ニンニク注射って、ほのかにニンニク臭くなるらしいじゃないですか。殿方ならともかく、私は嫌だよ。


しかし冷湿布でそこそこ効いているので、節操のない痛みだったようです。
痛み止めは、外出時オンリーですよ。何せ頭痛だろうが発熱だろうが生理痛だろうが飲んでる痛み止めなんで、身体が慣れるの嫌だ。
明日当たり冷湿布をやめて、温湿布に切り替えようかなあ。
生まれたての子鹿状態からは抜け出しているので、大丈夫大丈夫。
でも二足歩行ロボット(笑)。
昨日、ラジオの話題に合わせて「ドラえもんのひみつ道具で何がほしい?」というのに答えていた罰かしら。
勿論、「四次元ポケット、スペアでも可。若しくは両方」という、可愛くない答えをしてました。
お姉さんには「説明書も欲しいですよねー、あ、私ミニドラでもいいー」と言われていたのに。こっちのが断然可愛い。




ミニドラなら、おねいさんも欲しいよ!




あいつと「ドラドラ?」「ドラドラドラ」って会話成立させたいよ(本当にこうやって喋る)! でも我が家でメーワク振りまかれると、ちょっと困るのよ…。
「あと、ドラミちゃんのポケットとかー」
お姉さん、ドラミちゃんのポケットの中は、そんなに役に立たないというか…可愛らしすぎるというか…。
ミニドラとハロが欲しいなー、本物で(笑)。ハロは現在売ってないカラーバリエーションで持ってます(オレンジ)。時間が経過すると「キャスバル兄~さ~ん!」というシークレットボイスが出てきて、夜中に困ったので最近電源を切りっぱなし…。


こんなバカをしていても、腰痛は治らない…。
諸悪の根元でもある、原稿やります。これが座っていてもできる仕事ナンバーワンだし。
そして二日前に戻る(笑)。超悪循環。

テーマ:ダメ人間日記 - ジャンル:日記

続・商戦負け。
20061217221107







先日に引き続き、クリスマスパッケージに負けてます。
前回は失敗しましたが、今回は大丈夫。何かというと、パッケージの絵がつながるってだけなんですが。
何としてでもクリスマス気分になりたいバカ女。しかも超安価。
これで腰いわしてへんかったら、言うことないのになー……。はは、過ぎたことを言っても、捻れた腰椎は戻らないぜ(涙)。
前髪リターンズ。
20061217210703







こないだのプリクラ発見に触発されて、前髪を作ってもらいました。
「5つは若返ったわよ」と言われて喜んでる時点で、オバハン確定です。何げに湿布を貼った腰が、そんな淡い喜びを容赦なく打ち砕きます。


思いがけず、美容院を変わることになった女のサイトへようこそ。
行きつけ、閉店らしくて。


店に飛び込んで、真っ先に知らされたのが「年内で閉店やねん」でした。
そんな殺生な。マジですか? マジなんですね。
まさしく青天の霹靂。
いや、考えようによっては腰痛を押して来た甲斐がありました。何せ今朝まで「来年にしよかしら……」と、思ってましたし。
でも昨日に比べたらマシになってるしと、傍から見たらものすっげぇ怪しい姿勢でバス待ちしてました。あれ、見ようによっては気だるい女のようで面白かったと思うのですが、きっと一般の感想としては「しっ、あっち見ちゃだめよ! 石にされちゃいますからね!」だったと思います。


で。最初は前髪を作る気などなかったのです。しかしこれも最後の打ち上げ花火と思うと……。
「ぱーっとやっちまってください!」
一時のテンションに身を委ね続ける毎日。ははは、家に着いたからPCに逃げます。
……はいな、PCへ来ました。そんでばっさばっさと前髪にしてもらいました。アデュウ、3年近くのワンレングス生活。
先生も最後の打ち上げ花火とばかりに、いつもと違うロッドでちょっと雰囲気を変えてくれました。パーマ液を洗い流して、鏡を見て一言。




「私、超パーマっすね」




普段、スパイラルだから……あんまり横にはねたりするパーマ、してないから……新鮮だったの……。
美容師さん達には、私の言語感覚の方がよっぽど新鮮だったろう。ああ、言語野が崩壊する。
お次はカラーリング。なるべくたくさん残ってる色をってことで、オレンジに。いえ、結構な長さなんで、染髪料の量が半端じゃないんでさァ。毎回追加で作ってもらってるんでさァ。
いつものことなんですが、この染髪料、鎖骨に響きます。そんな感想を述べたら、どうやらそんなキワモノは私一人のようでした。


私が4時間粘ってる間に、お客さんが4~5人駆け抜けていきました。……手間の掛かる女。
シャンプーしてくれたりするお姉さんと、この間からヲタク話に花が咲いているのですが、ここでも出てきましたよ『ガンダムW』。
「こうね、何年かごとに『W』イヤーが来るわけよ」
などと熱く語っていたellis、若さを通り越して子供だ
一年に一度『銀英伝』イヤーも来てるくせに。成長の兆しが見られません。


最後、ブローしてもらうとまあ不思議。あんなに跳ねまくっていた前髪が素敵におさまっているわ☆
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥自分でできるんかいな、これ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥。
ものすごく丁寧に、何度も、髪の洗い方からタオルドライの仕方から分け目の作り方からブローの仕方からスタイリング剤の使い方まで教えて頂いたのですが……。再確認できたのは、自分が超絶不器用だということだけです。なぜ分け目作りがそんなに下手なんだellis。
そこまでして頂いて、2万円しない上に試供品のシャンプーとコンディショナーをもらって、写真撮影までして頂く非礼。見返りなのは、さすがに自分の顔をさらすのが恥だからです。姉妹からすのサイトで、バリバリ眠たそう&ノーメイクの私がいたとしても、自分のサイトじゃないからいいの…。


来年の3月頃には、美容院を探しに歩き回らないといけない。
駅前にでっかい美容院が(何か流行りっぽい)あるのですが、大人数の流れ作業と賑やかさが苦手です。私、人の顔覚えるのがめちゃ遅い上に忘れっぽいんで、前の担当とか今の担当とか言われても分からへんのですよ。
ちょっとこれまでと似た、こぢんまりとした所を目指して歩きましょう。
とりあえず、これで私の年末準備はほぼ終わったさ……。年賀状も引き取って来たから、書かないと。
腰の痛みは……風がきっと忘れさせてくれます。これは「労働をするな」と、神がのたまっている(嘘つけ)。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

生まれたての子鹿(嘘)。
昨夜は、京都のママンに電話をかけて、ちょっと早い年の瀬をお伝えしてきました。
その間も、私の腰はギックリパッキリガクガク。
友人へのメールで、「もうすぐ生まれたての子鹿……!」と打ったら、「そんなこと言えるうちは大丈夫やな」と、一蹴されてきましたよ。


それより、温湿布どころか冷湿布すら見つからなかったので、美容院に行くついでに買ってぺったり貼ってきます。
とりあえず冷湿布。「ぎっくり腰は捻挫と考えろ」という意見が大半だったので、温めるより冷やします(遅い)。
しかし、「できるだけ入浴も控えて」という項目には納得いきません。昨夜も優雅に1時間風呂でしたよ。週に2度のソルトマッサージの日やったのに……楽しみにしとったのに……身体が折りたためなくて諦めました。


私の中ではこの痛み、軽症なんですが、あちこちのサイトを回ったらそうでもないらしい。
だって、痛くても動けてるやん! 呼吸もどないかできてるやん!
とりあえずロキソニン飲んで、誤魔化すことにしています。
今週の精神科で、追加をお願いしましょう…無理なら神経内科で(こっちのが確実そう)。
それにしても、これまでの腰痛遍歴が見て取れますな…ellis。


では、生まれたての子鹿のようにぷるぷるしながら美容院へ行って来ます(こーいう意志は曲がらない)。月、火と休みの美容院に行き着けていると、もう私には時間がないのさ。
安静にしていろと言われても、年の瀬を迎えつつある女にそれは無理ってもんだ。
ママンが私を産んだ直後に、死んだばーちゃん(もちろん父方だ)が「まあー、寝てばっかりねえ」と言ったばかりに、無理して動き回り、腰を痛めた話がリフレイン。
母娘とも、意地っ張りさんとおバカ度はいい勝負らしい。


コルセット、作ろうかな~~~(涙)。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

みしっ。
今日も今日とて寝過ごした私に追い打ちをかけるような出来事が、ついさっきありました。
紅茶でも飲もうと立ち上がり、ティーバッグを取りかけた時、「ぱきっ」って……。
そのまま、へたり込んで動けず。
ああ、沸かしたお湯が無駄になる……。


ぎっくり腰は癖になるからと、あれほど言われていたにも拘わらずやらかす女のサイトへようこそ。
腰痛で立ち上がれなくなってから、かれこれ12年……(汗)。


魚屋バイトと書店時代に腰を痛めたことはないのです。
たぶん上腕に筋肉がつかないから、腹筋で支えてたのが良かったのだと。
しかし運動不足になってからは違う!
忘れもしない、あの雪かきの日……(涙)。
もと地元で、大晦日だっつーに素敵な雪景色。更にマンションのジャリがイタズラして、水道が止まった。
慌てたパパンは「雪を集めて、水資源ゲット!」と、私にお命じになりました。
キャスバル兄は、その頃仕事に明け暮れていましたよ。
とりあえず風呂桶一杯雪をためて、座り込んだらそのまま動けなくなった。大晦日に救急っつー、最悪のパターンです。
ちなみに12年前の腰痛の謎は、もう不明です。姿勢が偏ってるのが悪いとか言われましたが、凶器にできそうな教科書とノートを運ばせていた文部省(当時)に文句は言ってくれ。


そして現在。姿勢が偏ってるどころか、運動不足にも程があるぜよ……(遠い目)。
まあ動ける分だけ、まだマシです。
え、これも栄養不足とかいうの? それより行動が著しく制限されているのですが。明日は美容院の予約があるのですが。




うおおおおおぉぉぉぉぅ……(泣)。




美容院……耐えられるかしら……4時間……。
あっち行ったりこっち来たり。立ったり座ったり。パーマ液かかったりカラーリングされたり。くたびれたりして途中で肋間神経痛起こしたり。
いや、それ以前に美容院にたどり着けるのか……? 我が家からバスで30分、電車で5分、徒歩5分の彼の地に。
こ、ここここ根性ーーー(大汗)。


最近机の前か、ちゃぶ台の前でパソ子とお戯ればっかだったからなー。
まあそれを考えれば、どうにか動けている分だけマシ…なのかしら。
腰痛には辛い冬なのですが、(割合)寒い所で育ったので平気です。冬の寒さは、ちょっとその辺走ってきたら温まるでしょ。動いたらどうにかなるし。でも夏って、どーにもなんないんですもの…。特に京都のしつこい暑さってば。
それに京都だと、雪が降っても滅多にアイスバーンにならなくて安全だわ。いやホント。
チャリンコですっ転んで靱帯痛めたのも、もう懐かしい思い出よ。
毎日「チャリンコで転んだ回数」を競って(当然少ない方が勝つ)登校していたのも。
雪が降ってても半袖ブルマを強制されてたのもねえー。
絶対、こーいう些細なことが降り積もって、腰痛の基礎が出来上がってると思う。腰痛の基礎って何だよ。
温湿布……温湿布あったっけな、うち……。冷湿布とインテバン液ならすぐ見つかるのに……。
とりあえず、風呂で温めて来ます。あいたたた…(バカ)。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

寝過ごしたー。
昨夜はやたらめったらくたびれていて、レッスンが終わった後はさっさと家に帰って寝ることにしてました。
家計簿をつけるために財布を確認して一言。
「250円もある! ご飯買えたのに!!」
なんてこったい。


疲労が食欲を凌駕する女のサイトへようこそ。
食べることは好きですが、食べ物で遊ぶのは嫌いです。テレビ番組とかで、ちょっと嫌になることがあり。


昨日の疲労の一因、というか大部分は摂取カロリー以上に動いていた点につきるでしょう。
楽器って、大概な運動なんだよな。
脳細胞がいくつ無駄死にしたのかと思うと、貴重な脳細胞に敬礼。これ以上おバカになったらどうするellis。
アランジショップで年賀状をキープしに行ったら、そこのお兄さんが心配してくれて、チョコレートと缶紅茶くれました。たかり屋……たかり屋だ。
「明日か明後日には引き取りに来ます~」と言っておいて、今日は思いっきり寝過ごした。
寝過ごしたっつーか、寝過ぎた。
漢方の病院でも「明日か明後日に支払いに来ます~」と言っていたのに。
携帯代は、手数料承知でコンビニ支払いしてきました。ショップがもう閉まる頃に買い出しに出たから。ショップは午後7時半にしまるのですが、料金支払いは7時までしか受け付けてくれません。なので、低血糖でがたがた震えてるうちに時間は過ぎた。


コンビニでもお腹が空きすぎて、「あー、何買ったらええやろかー…?」と、首を傾げる始末。脳細胞どころか、脳髄がこぼれて耳だれになってるよきっと。
海藻サラダ、そぼろご飯、冷凍そば、オレンジジュースを会計に持っていきながら、「これは……栄養バランス云々よりも、相対的にカロリーが足りん……」。
でも面倒なので、そのまま。レジのお姉ちゃんが新人さんらしく、手際の悪いのが微笑ましい。
冷凍物の上にアメリカンドッグ(思い出し買い)を突っ込まれようとも、「おおぅ、可愛いねえ」と思える私。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥そーいえば、キャスバル兄が私くらいの年の時、「新入社員の男の子でさえ微笑ましいと思えるようになったわ。私も年をとったねえ」とか言っていたな。
どうやら兄妹、同じ幅で年を取っているようです。でも同じ職場だったら、レジ担当後ではたいてるなー…(汗)。斯様なことから鑑みるに、妹の方が狭量である。


風呂から上がってみたら、『探偵ナイトスクープ』で、本物のちょんまげにしたいっつー幼児がいて、可愛くて仕方ありませんでした。
私も時代劇好きやったけどなー。ほんまにちょんまげにしてやる朝日放送は素敵だ。
武家装束もそそるものがありますが、やはりellisとしては衣冠束帯で(握り拳)!! 更にどっちかっつーと、束帯で。
下襲(したがさね)は、平安中期だと6メートルくらいあったらしいですね。段々短くなっていって、それでも3メートルは……。しかし! あれを持ち上げつつ歩くという、どっかマヌケなんじゃないかという仕草すら優雅に私はあれを着てみたい! 
ドレスよりタキシードが、セーラー服より学ランが、軍服が着たいと思う、倒錯乙女ellis、三十路前。
衣冠束帯に比べたら、十二単など……。でもウェディングドレスは着てみたいっつー、通俗の極みでもあります。


今日の話題は一貫性に欠けるように見えて、「やっぱellis、バカだわ」でつながっています。
昨日、漢方の受付のお姉さんまでが「レディ・アンに似ている」と、仰ってくれました。
やっぱもう‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥軍人路線で行こうかなあ……。可愛げはとうに捨ててますので(泣笑)。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

見習い失格。
さすがに今日は、携帯が機能しません。受信だけはするみたいだけど。
まあ、今日一日だから無問題。明日には支払うから待ってろよ。……私の胃袋も。


この世の終わりのような顔で『楽典』を読む女のサイトへようこそ。
実際に「終わっとる…」と思ったのは、授業中です。


さてさて、先日から頭を痛めている『黄色い楽典』。ほう、ほほう。と、思うところもあれば、「んーーー?」と思うところも。ま、いっか。の精神で3回ほど読んでみましたが、練習問題に取り組むと、それどころじゃなくなった。
とりあえず、疑問は授業に持ち越しです。
さあ、授業。「先生、買いました!」と、書籍を取り出すと、「まあー、お疲れさまー」と、朗らかに返事が返ってきました……。
やっぱお疲れなんやん、これ。やっぱいろいろ難解なんやん。
と、いう思いは胸に秘めて。
「先生、この『同主調』って、何ですか?」
「あら、いつもやってることよ? 主音(音階の起点。ハ長調ならド、ニ長調ならレ)が同じで短調か長調かっていうだけのことよ」
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥おや?
「そんじゃ先生、『平行調』ってのは?」
「これもいつもやってますよー。例えばF dur(ヘ長調)とd moll(ニ短調)だと、同じ所に♭がつくでしょう?(この場合だと、シ)このことよ」
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥おや。
しばらく考えてみました。そうだ、いつもやってるっつーか、習ってばっかいるとこじゃないか。じゃあ何で分からなかった?




「そうか、分かってないのは日本語ですね!?




開眼。そして同時に物書き見習い失格。
日本語が分からない見習いなど、見習いの名に値すまい……。
この『楽典』は、クラシック向けのため、基本的にドイツ語で表記されています。なので発音もドイツ式。C durは「ツェーデュア」と読みます(「ツェードゥア」か? まあいいや)。各言語で比較すると、

日  ハ ニ ホ ヘ ト イ ロ
伊  Do Re Mi Fa Sol La Si
英米 C  D  E  F  G  A  B
独  C  D  E  F  G  A  H

……こんな感じ。
独語のH、つまりシは♭がつくとBと呼びます。他は別の呼び方してるのに。
なので一番素朴で一番気になる質問。
「先生……何でHは♭がつくとBになるんですか…。Hesじゃあかんのですか…」
英米表記だと、そのまま素直に「B flat」なのに。
「こればっかりはねー、何でと聞かれても『そうだから』としか言いようがないのよー(困惑)」
そうか……。きっと『エロイカより愛をこめて』に出てくるB君がぐーたらなせいだわ。だから他のアルファベットに比べて出番が少ないのよ。……勝手な理解。
独語表記が割合読めるのは、『エロイカ』と『銀英伝』のおかげ~♪ 更に私のしょーもない疑問に答えてくれた友達のおかげ~。読めるだけですが。
和音の方が馴染んでいるから、そっちを先に読めばよかった。
しかし、覚えなきゃいけないことが多すぎる。……地道にこなしていくことにしましょう。


で、年明けのクラスコンサートに向けて『アメイジング・グレイス』の練習です。
「息をもっとつぶして~。パイ生地のように何層にも重ねる感じですよ~」
うぐ、うぐぐ。ぱぷ~、ぱぴら~。最近おかしかったソ音が、この辺でようやく元に戻りました。何か詰まってたのか? それとも市バスでおばあさまに席を譲る時に落としてしまったのが怪我の功名か?
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥後者、恐ろしくて先生には言えませんでしたよ。私も一瞬真っ青になったし。
更に、ソロパートのコードを記入。
「これで、余裕のある人は好きに装飾していってくださいね♪」
先生……私はコードを理解するのにも手一杯です。でもちょっと遊んでみたいかも。
何回か流して、『タイム・トゥ・セイ・グッバイ』を仕上げて、今日はおしまいです。
来週は、「年末年始にふさわしい(笑)」ということで、先日とりあげた『乾杯の歌』が採用されます(笑)。
「『ウコンの力』のCMで~」と言ったら吹き出した先生。……私が思っているより、宵っ張りさんのようです。ちみっ子は首傾げてたもんな。いいさ、そのままの君でいて。


教室を出て、フルートの手入れをしていたら。友達が「やっぱりポピュラーで習うのと、クラシックの(『楽典』)は違うな~。私も訳分からへんかったわ。言葉そのものが違うねんな」ときたもんだ。
ヤマハの音楽教室は、基本的にポピュラーで習います。……ので、より異端なのは私。
それでもまあ、「その本と私が教えることで、ポピュラーもクラシックも大丈夫ですよ~」と、先生がおっしゃった。それを信じます。
っつーか、他の本を買って惑う方がもっと嫌だから。一番基礎で王道なものから積み重ねていくことにします。


それはともかく、「日本語が理解できない」おサルはどうしてくれよう。
「見習い」の下って何だろう、「丁稚」? これは男の子の呼び方だしな~。んんーー?
あ、ここは『課長バカ一代』に則って、「物書き見習い補佐代理」ってことでどうでしょう。
どうでしょうも何も、いいから国語辞典片手に原稿やれっつの。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

歩く企業アピール。
20061214010826







いきなり何だと思われるかもしれませんが、私の脈拍を人体の限界へと試させてくれる貼付薬「ホクナリンテープ」の外観と中身です。成分名はツロブテロール。


これではきれいに写らなかったのですが、本体の方に淡い紫色の文字で「ホクナリン」と、エンドレスに書いてあります。
これまではただの白いテープやったのに……。


何も知らない方が絆創膏の延長のように考えて使い、動悸がして驚いた等、聞いたこっちがびっくりだわというような話も聞くくらいです。あと、ジェネリックも出てるので、さまざまな理由を鑑みての対策なんでしょう。
ですが毎日これを貼って生活する者の身になってくれアボット(製造元)。
うーーーん、百年の恋も醒める光景。


ま、救急車呼んだり他科にかかる時に便利だし、いいか…?
表示経緯はこちらで知れました。そんなパンフ、もらっとりゃせんがな。説明も受けてへんがな。
というわけで、昨日から密かに企業アピールに貢献しています。
どーでもいいが、携帯、機能してるんですけど……。ほぼ8年分の貢献のおかげ? しかし明日は知れない、毎日綱渡り~。
ツリーすら飾れない。
『ポチたま』という番組で人気だったラブラドール・レトリバーの「まさお君」が、リンパ癌で亡くなったということを知って、まだ携帯が通じるうちにママンに連絡してみましたよ。
「ママン大変よ、まさお君が死んだ!」
「え? ……ああー、あーあー、何やびっくりしたなー。何事かいなと思うやん」
ママン‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥私の知り合いのうちに「まさお君」は一人たりともおりませんぞ。
ついでにママンのお知り合いにもいないでしょーが。落ち着いて聞きなはれ。


「余所の家の犬を見て、何か楽しいのか」と、キャスバル兄に問われる女のサイトへようこそ。
我が家はペットを飼った経験がありません。だから羨ましいのよ……。


ついさっきまで(夕方)寝ては起きるを繰り返していたのですが。
明日にフルートレッスンを控えているせいでしょうか、フルート試験の夢を見てうなされておりました。
曲目が、よりにもよって最近「いいなあ、あれ吹いてみたいよなあ」と思っている、歌劇『椿姫』より「乾杯の歌」です。
えーーーと、ハウス食品の「ウコンの力」というCMで流れている音楽を聴いてくださいね(これを聴くには夜中まで起きていないといけない…)。
早起きさんだよという方は、こちらをどうぞ~♪
ハウス食品め、なかなか粋な選曲ですな…しかし"La traviata"(『椿姫』の原題:道を踏み外した女)でいいのか? それとも酒で道を踏み外すなってか?
いえいえ、これがちょっと格好よくアレンジされていたので気になっていたのです。
夢の中の試験会場。周りはリコーダーばっかなのに、私一人フルート。どうやら中学校らしく、クラスの男子がフルートをいじり倒すし。あああああああ、やめてええええええ(哀切)!
周囲で練習してる子たちは巧いし。あんた達、何、そのリコーダーの腕前は!!
……と、緊張する中一日目は失敗し、二日目になだれ込み。楽譜を忘れた私は、一人五線紙に思い出せる限りで音符を書いて装飾して、挑もうとして……。
目が覚めました。
夢の中でまでテンパッてるから、顎が痛い。久しぶりに、歯髄に水の冷たさがしみました……。
知覚過敏というレベルを遙か超える痛み。三叉神経に作用するテグレトールバンザイ(涙)。飲み始めは歯茎がうずいて仕方なかったっけね。
誰かに楽譜借りればよかったのに……。いや、リコーダーとフルートでは楽譜が違う。っつーか、見事なハブられ具合だな。私の中学時代を見事に再現よ。


そうそう、『黄色い楽典』は、「何で音符がこんななんだ~?」という疑問にも答えてくれてました。
八分音符を二つタイでつながなくても、四分音符一つでええやんなどと、甘い考えを起こしていた無知な私でしたので。なるほど、拍子と曲調に影響するのか、そうか。
ママンにまで「それにしてもまあ、あんたもよく続いてるわよねえ」と、言われております。
「ママン、貴女様が源氏物語を20年かけてたり、編み物を15年くらいお続けになったのと同じよ」
「編み物はねえー…、人数が減っちゃってやめる機会を逃したというか…。もう一通り習っちゃったんやけどねえ」
「そのくせゲージはとれないのよねえ」
「それは先生がしてくれたから」
「ああそう。私は今度、五線紙に自分で音符を書く羽目になりそうよ」
「あらまあ、偉いやん」
「だから勉強しましたよ(涙)! それでもセンスと積み重ねがものを言いそうやから、きっとダメダメですわ」
「まあ、あと10年ぐらいしたら、あんたもマシになるんちがう?」
「ならへんかったら、続けてる意味すら見出せませんな。っつーか、まともに曲が吹かれへんやろう」
「人間、何かそういった趣味が必要なんやわ。心の張り合いっていうの? せやから私も、また編んでるよ」
「音楽は理屈抜きで好きやからねえー。しかし編み物を再開なさったとは慶賀の至りですな、母御前」
昔、私とママンの間で、ママンを「母御前(ははごぜ)」と呼ぶのが流行っていました。ロクでもねえ親子だ。
「ま、それはともかく、どうせこれから寝るんでしょ? そんじゃおやすみ。あ、今度会う時にハンドクリーム買っといてね。じゃ」
……うちのママンは、どっか何かが間違っている気がしてなりません。まあ、だからこそ鬼伯母に睨まれてんだろな。


私の年内が、あと一週間ですよ。ちょっと涙しつつ、明日に備えておきます。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

明日明後日は。
久々に日本酒シップをして寝てみました。
私が気にした点はただ一つ。
眠剤との相乗効果はどうなる!?
どうなるもこうなるも、効きまくるに決まっとるやろが。
なので寝付きは良かったのに、3時間で目が覚める不条理。勿論、寝直しましたよ。そしたら起きられない……やっぱ、不条理。


喉の痛みは取れた女のサイトへようこそ。
首凝りをぐりぐり押していたあとが、真っ赤に筋肉痛を起こしているだけです…アホやな。


明日、明後日と使えなくなるせいでしょうか、最近携帯の調子が悪い。
いえ、本体は結構大事に使っている日々なのですが、送ったメールが「配信失敗」と、堂々たる配信結果を知らせてきたり。その失敗したはずのメールに返事は来るし。
おーーーーーい、ソフトバンクーーー。ばんえい競馬にお金出すのはいいけど、こっちもきっちりがっちりやってよねー。私と姫はJ-フォンの頃からの、もうそろそろ8年ユーザーなんだから。
今更番号ポータビリティなんて、面倒なだけなんだから……。


昨夜、あれやこれやと部屋のガサ入れをしていたら(これで少なくとも性別を捨てたなellis。いや、捨てたのは人間か)、何年か前に姫と写したコスプレプリクラが出てきました。
私、スッチーの格好してるのに、誰に見せても「軍人コスやんね?」と、目を輝かせて確認されたものです。
しかしがっちり体型の私と、小柄で華奢な姫が並ぶと(彼女は露出大サービスのコスをしていた)、丸屋善七さまが「漢らしい」というのも頷ける気がします……(涙)。私も華奢な骨組みに生まれたかったさ。ママンのがっちり体型がこっちに回ってきたのさ。パパンとキャスバル兄は、現在後ろ姿がそっくりさんななで肩体型。ちきしょーーーー(血涙)!
たぶん4年くらい前と思うのですが、この歳月の流れは非情だ。肌年齢があからさまに違う。
ついでにこの頃は、前髪があったなー(現在ワンレングス状態)。次に美容院に行く時、どうしようか悩みましたよ。
前髪があった方が若く見える(おい)。しかしその分、マメに美容院に通わないといけない…。年間美容院代が8万あるかないかで済んでいるのは、このワンレングスのおかげ…。
いい加減ストレートに戻したくもなるけど、パーマ人生まだ4年くらいだから、もうちょっと遊ぼう(笑)。
姫と久しぶりに会いたくなりましたよ。いえ、またコスプレプリクラをするというのではなく。


ついさっき、後輩がメールで「部活で室戸まで合宿に行きまーす!」と、知らせてきました。




阪神タイガースの安芸キャンプかよ!!




……と、勿論ツッコんでおきました。海産物と方言の波に溺れてくるがよい……。母校でそんな豪勢な合宿って、あったっけなー? いいなー、予算いっぱいある部活は(予算獲得のため、レシートをせせこましく集める箱さえあった我が写真部…。「こんなに私費なんですよ? こんなに!」と、アピールするためのものです)。
しかし室戸までって、最近の高校生は大変だねー。


では明日明後日と、ほぼ10年ぶりにモバイルのない世界へ旅立ちます。パソ子と戯れてるから、たぶんあんまり関係ないだろうけど…(ちょっと切ない)。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

強制脳内懐メロ。
今朝(だけど寝る前)、ママンに電話してみました。
「おはろー、元気ー?」
「何やおはようさん。これから寝るんかー? 原稿かー?」
「眠剤飲んだけど寝れんでやー、追眠仕込んで寝るとこー」
「あー、そんで声がふわふわしとんか。どないしたん」
「んー、あのな、13、14日と携帯使われへんから」
「そうなん。また何で」
「未払いやから」
「家は?」
「IPフォンでかけて」
「ふーん」
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ママン、我が家の窮乏に慣れすぎていませんか。


どうせなら酒シップして寝ればよかったと思う女のサイトへようこそ。
喉痛いな~~。本気で耳鼻科ですか。


昼に寝て、起きれば夕方。睡眠時間としては間違っていないのですが、人として何か間違っています。
パソ子よ……そんなに私を呼ぶでない。ついでにうっかり開いた同人誌の段ボールよ……貴様らは麻薬か。素敵に夜が明けてしまったではないか。
ママンが半身浴をしながら読書というのを聞いて、最近実行しているellisです。
が。『銀英伝』は半身浴に向きません。何で分からなかったかなー、私。湯冷めしちゃったよ。1時間もぼーっとしてて。
何でもう何十回と読んだものに入れ込むのでしょう、私…。いいの、これが正しいファンのあり方だもの。身を滅ぼしても本望よ。滅ぼす側に回りたいなら、そんなことを軽はずみに言ってはいけない。


「酒シップ」とは、もと地元の同級生に聞いた治療法です。
1)ガーゼと包帯を準備しますよ。
2)ガーゼを日本酒に浸し、軽くしぼりますよ。
3)喉にあてますよ。
4)包帯で固定して、出来上がり。
これが扁桃腺にやたらめったら効いたので、小学生の時から私は日本酒と人生を共にしていた勘定になります。
大学に入った時「酒なら何でもいいのだろう」と思っていたため、置き酒していた(するなよ)ドライジンでやって、かぶれたバカ者でもあります。アルコール度数を考えろ。
だから味醂でもダメですよ。多分誰もせんやろうけど。
魚屋のおっちゃんに聞いた治療法は、もっと過激でした。
「スピリタスを飲んで喉灼いて、さっさと寝ろ」
うーーーーんん、働く男は素晴らしい(涙)。何でおっちゃん、私が酒飲みやと知ってた!? とも思いましたが、スピリタスは無理だ! 
「勿論ロックであおれ」と、彼は言っていたのだ。いや、ロックどころか、文字通りのストレートだったんだろうな…。
スピリタスとは、こちら。そーいや、昔キャスバル兄が飲みに連れて行ってくれた時(梅田のショットバーへ。どうやら妹に外での酒の嗜み方を教えてくれる目的だったらしい)飲んでたな。
「兄ちゃん……エタノールの匂いがする」
「せやろな、ほとんどエタノールやから
当時19歳の私には衝撃でしたな(はい、年齢と飲酒の関係を忘れる!)。私にはバーテンさんに「彼女に似合うカクテルをひとつ」という、洒落た注文をしておいて、自分はちびちびそんなものをなめていたのでした(キャスバル兄、当時25歳。一通りの遊びは覚えた後っぽいな・笑)。
「なあ、兄ちゃん……アルコール度数そんだけ高いと、揮発するのも早いんちゃうか?」
「それを言うたら、酒が美味くないやろー」
そらそうなんですが。それ以来、ウォッカは単品では苦手です。出会いが悪かったよ。ジンは友人に「うわ、お父さんのヘアトニックの臭い!」と嫌がられながらも、ロックでちびちびやってるのに。


冒頭のママンですが、パパンのもと部下の方から鉢植えを頂いてご機嫌でした。
どうやら毎年頂いているらしく、「今年も頂いたのよ。シクラメンやったわー」




ストップ、ママン!




「……真綿色やったか?」
「ううん、グラデーションの入った、きれいなんよ」
♪真綿色した、シクラメンほど、清しいものはない~♪
ちきしょー、今日こそ止まると思ったのに懐メロ大会! 今日は『シクラメンのかほり』です……(涙)。
シクラメンに「真綿色」はないと聞いた気がするのですが…どうだったっけかな。
「……私も16日には花買いに行くから、ええもん」
「あら、何かあるの?」
「ロイエンタール元帥の命日やねん」
「あらそう」
最近のママンのドライぶりは、諦念の域を遙か超えた気がするellisですよ。
「ま、何にせよお花はいいわよね~」
まったくもってその通りですが、毎年頂き続けている鉢植えを毎年ダメにしている貴女が言ってはいけない。そのシクラメン、何代目ですか。
「あーあ、私の中では、あんたらはとっくに結婚してるか手に職つけてるはずやったのにー。育て方間違えたわ、もうー(キャスバル兄含む)。さっさと手に職つけてよ? じゃ、15日には年金で携帯代振込みなさいね~」
育てる側にも若干の問題がなかったか、疑いたくなる昼下がりでした。娘は結婚より手に職優先でええんかい。
そして昼夜は逆転し続ける…(泣)。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

商戦負け。
20061211012506







だって……可愛いじゃないですか!
マーガリンを買いにコンビニに行ったのに、すっげえ余分な買い物。
♪じんぐっべー、じんぐっべー、鈴が…
いや、鈴鳴らなくていいから、人生の鐘を高らかに打ち鳴らして欲しい。
あらゆる角度から、年末商戦に負けています。
そして今朝から私の脳内では『学生街の喫茶店』が巡っています。誰か、この脳内懐メロ大会(しかもビミョ~なとこを突いてくる)止めて~~!
人生の蛇足。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥最近は寝ているこんな時間に更新です。
最近「こんな時間に」寝ている方がどうかしている。


昼間の更新は快挙だと思う女のサイトへようこそ。
ダメダメやん……自分。


別に起き出したからといって、することがあるわけでもなし。
というか、パソ子が私を待ってるし!
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥その前に、フルートの練習をしておきます。ここ2、3日、喉の調子が悪くて控えていたので。
起き出して真っ先にフルート! パズーかよお前は!(@『天空の城ラピュタ』)
いや、あれはトランペットですから。いやいや、あの曲はトランペットですから。「トランペット吹きの休日」は、フルートで出来ないだろ? いやいやいや、吹いてみたいですけど、何か微妙にニュアンスが変わって面白くない気がする。
そんな私の考えは置いておいて、吹き鳴らしてみました。
ソ音がおかしい。何、友達と同じく力の入り過ぎでイカレた? ………しばらく吹いてみて、イカレてるのは自分の姿勢と判明しました……あと、喉が本調子でないことも判明。泣きたいな、ああ泣きたいよ。
例の朝食をんまんまとかじりながら紅茶を沸かし、新聞読んでぼーーーーっとした後、ちょっと昔に書き散らしたものが必要になって引き出しをごそごそ。
必要なものは出てこなかったのですが、代わりに出てきたもの。




昔描きためたスケブ……。




‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ちょっと、飛び降りてこようか。
あああ、同人の台割り(何ページ目に何のネタが入るかという表)とかラフスケッチとか、出てこなくていいものばかりが出てくる!!
このラインを経たからこそ、現在の自分があるわけなんですが……。マッハで胃が縮みました。
内容としては、『銀英伝』4割、オリジナル1割です。どんだけお前はうつつを抜かしていたんだ。
拳でがつんといっちょやりたい気分です。
失恋しても、スケブが埋まってるし……(涙)。あんなに大泣きしたくせに、所詮三次元より二次元かよ!
いえ、この萌えが心理的復活に役立ったということにしておきましょう。でないと、私が遣りきれない。
勉強も学習も、……してねえなーーーー……。
そんでもって、元気だったよな。F4サイズのスケブに、下書きしてペン入れ(若しくは黒い色鉛筆で主線)して、色鉛筆でさっと色を入れた後、パステルをカッターで削って混ぜて指で擦り込んでゆくという私の面倒なイラスト……。最後に色鉛筆で強調したいところの調整をして、白のパステルと色鉛筆で光を調整して、パステルフィキサかけて仕上がり。
今では色鉛筆で遊ぶのが精一杯です。カリオストロの城に行ったルパンの如く。
この、「パステルをカッターで削って」って、何じゃいと思われるでしょうが、要は絵の具を混ぜるのと同じ感覚です。直接パステルでスケブに色づけしてもいいのですが、ちょっと重たくなるので私のイメージとは離れてしまう。何より、主線を生かしたい私の感覚から外れてたんですよ。なので粒子の細かいパステルが必要になり、「ヌーベル・カレーパステル」を愛用してました。……この、贅沢者が!! その金が今私にあったら……その金が今私にあったら……コミックか書籍買うから、やっぱ一緒か。
こんなに手間をかけているにも拘わらず、下手だったしな。ますますもって遣り切れねえ。
一応こんなんでも卒論書いて卒業していたことと、働いていたことだけは、明記しておきましょう。


パソくんが我が家にやって来てから、随分とこいつに時間を取られています。いえ、アングラ巡ってるから……。
そして現在は、ワープロを起動させつつ原稿を書くように。何て高コストな女だ。
今の原稿は、全くの新案なのでワープロは要らないんですが……。要らないんですが、「何かこんなような言い回し、過去にしてなかったっけ?」等、確認することはあるのです。未発表でも重複する表現は避けたい。っつーか、「てめー、同じ言い回しばっかじゃんよ!」と、自分で思うのが嫌だ。
所詮二次元に生きる、悲しい女です。


さて、では年賀状の発注に行くか。今日の主食はマクドやな。
(FC2内で、「マクド」と呼ぶか「マック」と呼ぶかというトラバテーマがありましたが、住ちゃんの住んでた地域ではそもそも略さないだそうです。関西人は、略すの好きだけどね…)
グラコロ食べてこよう。今年はまだ食べてないんですよ。

テーマ:ヲタクのメモ - ジャンル:日記

思ったよりは。
難しくなかったです、黄色い楽典。
確かに、教えられたことばっか書いてありました。
ついでにいつの間にかソルフェージュもちょっと仕込まれておりました。
うーーーん、この一年半、無駄ではなかったのですな。慣れって恐ろしい。
今さらっと読んだだけですので、まだ問題集とか解いてないからけろっとしてますが、きっと問題は解けなさそうな自分……。
教室で習ったことの復習には、ちょうどいい感じで助かりそう。
友達に「どこの出版社?」と訊かれ、テキトーに「うーん、内容と古さからいって音楽之友社あたりじゃない?」と答えておいたら、それもその通りだった(笑)。
友達は「ジャズの教本みたいなの、ないかなー」と言っておりました。
何かいい書籍ご存じの方は、教えてね。


さーて、空想の世界へ戻れー(苦笑)。

テーマ:どうでもいいこと。 - ジャンル:日記

非国民の代償。
我が家から「年賀状」という言葉が失われて幾久しいものです。
というのも、私が「盆暮れ正月GWに休み? はっ、ふざけんな!」という素敵なサービス業に就いていたため、実家に帰省してパパンの賀状を「ふーーん」と眺めるだけのものとなっていたのです。
書店の頃はまだよかった。魚屋の頃は、全力で引き留められましたものな…ギリギリまで(笑)。大体12/30まで入って、仕事始めは1/4でした。
うっかり週6日も勤務するものではありません。


最近言語感覚の崩壊を疑う女のサイトへようこそ。
自分の言語野が……何か確実に崩れ去っている気がしてなりません。ここでふざけたこと書いてる罰ですか、神様? だとしたら、世の中とはなんと公平なのだ。


さて。今年は書きますよー、年賀状!
いえ、もう非国民(国民の祝祭日に休めない人々のこと。=サービス業)ではなくなったことですし。まっとうな方々からお年賀を頂くたびに、「お返しの賀状すらしない自分って、どうよ!?」な気分になったわけです。ようやっと。
遅いっちゅうねん。
編集さんに賀状を頂きながらも、メールでお返しするこの非礼さ。ああ、これがきっと碌を食めない理由なんだわ!
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥とも、気がついたわけです。非国民の代償は、大きすぎる。


魚屋バイトの時は、「正月? 金もった奴らがこぞって来る日やな! 稼ぎ時や!!」と、皆目の色変えてましたから…。ちょっとさもしかった、私たち。
「ellisちゃーん(私は若人だった故に、ファーストネームで呼ばれていた)、ブリ2本、追加ー!」
「あいよー!」
「それ終わったら、ちょっとラップかけてー」
「あいよー!」
と、かけ声も勇ましく、常にマイナス2℃の冷蔵庫からブリ2匹(総重量約20キロ)を軽々持ち上げてきておりました。おばさん達は、腰にさわるからといって、一本ずつやったのに…。
ちなみに冷凍庫はマイナス20℃。「2~30分いたら、寿命が5分縮まる」と、教えられました。
……私の寿命は、あの3年のうちに何年縮んだのだろう……。
私がバイトにいた頃はまだマシになっていたようですが、ほんの少し前までは、お盆と正月だと寝袋持参でお仕事だったらしいです。深夜まで仕込みして、早朝から市場まで競りに行って…。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥労働基準法、バンザイ。
そんなおっちゃん達が言ったこと。「まさにタコ部屋やったで」
このおっちゃんは、「わしらは非国民やで」を言ったおっちゃんでもあるのですが、何をどうしてそんなに貶めるのですか、自分たちを。
ここで私のガラが一段と悪くなったのは、言うまでもありません。社会人の根性はたたき込まれましたが、日本人として大事な何かを失った気がする。


こんな感じで、いつも目まぐるしいバイト先が、更に火をつけたように目まぐるしくなるので、年賀状という雅な言葉と風習は塵と消えたのでした。
年賀状一枚書いてる間に、アラ缶(魚のアラを捨てておくゴミ箱。夜に業者が回収に来る。他のパートの人たちは誰も洗いたがらないので、私の仕事だった。業者は休日がきっちりあるので、週明けと特に盆明けは真夏の日差しを浴びて素晴らしい臭いになっていましたよ。……8つほど)が洗える! 
こんな私に誰がしたって、望んでそうなったんですが、強いて呪うなら家庭教師や塾講師などができない頭の悪い自分ですか……。
国語教えればよかったのに。と、よく言われますが、感覚で生きていたので教えることができません。古文すら感覚で解いていたのに。姉妹からすに「あんたも発達障害児だったのよね」と言われましたが、きっとそうでしょうな。
外面は200%強化され、現在の二重人格ellisができたわけですよ。
書店の時も、誰も年賀状なんて言わなかったしなー。1/1しか店の休みないんだから、口頭で交わした方が早いし。帰省組は何か美味しいお菓子でも持って帰って来る方が実用的だったし(笑)。


もう非国民からは解放され、今度は国のご厄介になっている現在。やはり日本の美しい風習を守っていこうではありませんか。
↑書く枚数が少ないから言えるのであって、増えればまたズボラ決め込みそうだ。
直接的な動機としては、教師になった後輩からとても立派な残暑見舞いを頂いたのが、今のところ一番堪えてます。
貴様……そーいや昔から、年賀状等々マメだったよな……。
許さん! 貴様一人大人の階段昇るなどと、誰が許しても私が許さん! 覚えてろ(何を)!


あ、黄色い楽典来ました。ではこれを読むことにしましょう。年賀状は……手配、まだだから(こら!)。
それ以前に、原稿!!

テーマ:ダメ人間日記 - ジャンル:日記

夜中のかまど。
20061209044455

卵の賞味期限が近いので、ホットケーキミックスと抹茶葛を使って明日の(というか向こう2、3日の)朝ご飯を作ってみました。


我が家のオーブンレンジ、そろそろ壊れそうです。この10年フル稼働。最近は火力が落ちてきた。


昔からお菓子作りは夜中にしていて、何だかエコエコアザラク感いっぱいですな。
そして今回は、非常に大雑把に作ったのでキメが荒い。そもそも、ホットケーキミックス使ってる時点で何かを捨てています。
……ま、私の朝飯だから。
ホットケーキミックス一袋に対して、卵三個、マーガリン80g砂糖100g、牛乳(なかったのでうちは水)60cc、抹茶葛20gという贅沢版なので、結構なカロリーだと思います。夜食にはしません。
今日までプレーン版がありましたが、どっしり感がありますよ。その代わり、「ホットケーキミックス」っぽい味からも解放されてます。


さて、お風呂入ってた間にあら熱もとれたので、ラップに個別包装しておきます。明日(今日だろ)食べる頃には丁度よくなじんでることでしょう。
レシピの参考にさせて頂いたのはこちらのサイト様です。「参考」と言明している通り、こちらの通りに作ればきっともっと素敵に仕上がると思います。
私は「パウンドケーキ」の語源に従うかの如く、材料全て放り込んで混ぜ合わせて焼いただけですからな…。普通の抹茶ならよかったのに、抹茶葛だったもんで、生地の空気抜きが上手くいきませんでした。ま、あるものを使うってことで。
多分近いうちに、紅茶が突っ込まれるでしょうな。ティーバッグの紅茶は、いちいち刻む必要もないほどブロークンなので、菓子作りにはもってこいです。


どうでもいいですが、今日は平浩二の『バス・ストップ』が巡っています。懐メロ大会な私の脳ですが、最近の若人の歌にはついていっていません。こんなこと書くから、年齢詐称説が出るんだよな……。
帰還命令。
……うー、頭痛いです。眠剤の小手先調整などするのではなかった。
漫然と寝倒してしまい、結局逆効果。


2週間勾留予定の女のサイトへようこそ。
とりあえず家族からの電話に、ロクなものはありません。


ぼーっと寝たり起きたり寝たり起きたりしていたのですが、その前はかなり朝までPCと戯れておりました。
いきなり脳内を『22才の別れ』が巡りだし、私にこの歌の存在を仕込んでいった後輩を呪ったりしましたが(奴は何で知っていたのだろう?)、脳内活動は活発です。
おかげさまで夢も山のように見て、脳内の情報交換はしているようです。……いい夢とかはなかったけど。
で、気がついたら着信履歴がありました。ママンだ。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥最近のこちらの金銭不備が何かバレたか? いやいや、私は無人契約機とも契約してもらえない下層世帯だから、心配のされようもないな。そんじゃ、じーちゃんに何かあったか? それともパパンか? いやいや。
かつて酔いつぶれたパパンがうちの固定電話と携帯電話に続けざまに発信し続け(終電を逃したから泊めろと)、眠剤も効かない世界へ行ってしまうほど錯乱したので、自発的に救急車を呼んだという経緯を持つ私。故にかかってくる電話っていうのは苦手です。
留守電を確認しても、特に録音なし。ということは、大した用事じゃないな。そーいや、今日ってばパパンは忘年会じゃないか。そんじゃ電話してみよう。
何とも鬼畜な娘ですが、根源的に刻まれた恐怖というのは、1年や2年で消えるものではないのよ。


内容はある程度予想できていました。
どうせ、帰省予定をちょっと早くしろとか言うんだろう。
と、思っていたら。
「12/21にキャスバル兄の家に行く。そんで25日に帰るので、よければ一緒に」
という、素敵な赤紙でした。
私の帰省予定は27日。確かに27日が25日になったって、それがどうしたというのだ。帰還予定……帰還予定は、年明けの4日です。
まる2週間の勾留。
「そりゃあね、何にもないけど、別にお父さんがべったりおるわけでもなし、3食は保証するわけやし、だらだらしてたってええやん?」
こんなことを言っているママンですが、年末の主婦の労苦を分かち合おうとしているのは問わずとも分かる。
「それに、旅費も浮くでしょ?」
……パパンは、帰省の度にママンが全額保証してあげていると信じて疑っていませんが、実は片道分しかくれていない現状。ママンに旅費云々を言う資格はねえな。
「いやあね、お父さんに言わんといてよ? ばれたらどないしようかって、ドキドキしてるんやから」
じゃあ娘に対して財布の紐を締めすぎるな。キャスバル兄からも搾取してよ。稼いでんだから!
年末……そして年始。じーちゃんへのお年玉が片道分で浮くのか(1万円)。更に両親に5千円ずつ。その前にクリスマス……。アニバーサリー推進委員会は、諸費用がかかる。
「あのねママン。私も帰省が嫌だと言っているのではないのよ。あまりに急なお話であることと同時に、書店がない地域では2週間も耐えられん!! 12/27に『銀魂』の新刊出るのよ? ああー! ついでに私も無為徒食に甘んじているわけではない。原稿書いてますの、原稿。何のために今無職やってるか、お忘れではありませんわよね? そのために少なからずご出資頂いてますのよね!?」
「だから、『考えといてね』って。お父さんは楽しみにしてたけど」




最後、余分!




文字通りの蛇足で、私の気管支がより狭まりました。
私に残された年内は、あと11日かー……ふぅー(泣笑)。
しかしママンの体調が思わしくなく、私が定期的に油を差しに行かないといけないのも分かっています。こーいう時、男っていても心配するばっかりで役に立たないから、キャスバル兄がいないのはある意味正解だ。
パソ子を持って帰ればいい。分かっている。しかしそれまでに年賀状を書き(書くんですよ、今年は!)、美容院に行き、買い損ねている新刊を買い集め、年末に備えねばならない。
いつもいつも「荷物が多すぎる」と言われる私ですが、何にもないところへ行くのだから、最早「帰省」よりは「慣れた旅先」の感覚です。
別に家に帰ったからと言って、PCがあるわけでもなし、化粧品は何もかもが違うし、整髪料はパパンのものしかないし。書籍は引っ越しの時に全部我が家に突っ返されたので、暇つぶしの書籍も持参しなくては。
なのでこの上「何か持って帰ったら」という両親の好意を受ける余裕は、私のボストンバッグにはないのでした。
両親を心配させてる原因の一つが自分であると知っている以上、あんまりワガママも言えないしなー。


しかし! 私は物書き見習いなのよママン。ある程度の自由時間はちょうだいよね。
この辺、討議の上で結論づけたいと思います。
両親と一緒と聞いて、反射的に胃が痛くなるのは過去のせいであって、今は関係ないはずなんですが……。
この前『精霊流し』歌う夢を見たのは、この前兆だったのでしょうか。ならば今日の『22才の別れ』も納得がいこうというものです。
これから新年まで、私のBGMは『防人の歌』でよろしくお願いします。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

めっちゃ今更。
そういや前回の神経内科で、呼吸器科のカルテを確認してもらった時のことです。
初診の診断が気になったので見てもらった。
というのも、処方薬が気管支拡張薬が2種類(1種類は吸入、1種類は貼付剤)、吸入ステロイドが1種類、去痰薬2種類、頓服(咳発作時に更に気管支拡張薬)だったから。
姉妹からすに「(気管支拡張薬2種類が)普通あり得ない」と言われたこともあり、かくんと首が傾いた。それで。


「えーとな、慢性気管支炎、気管支喘息とあるで」
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ちょっと待て。確かさんざっぱら検査したあとで、「咳喘息ですか」と聞いたら「そんなようなもんです」と答えなかったか医者。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥確かに「そんなようなもの」なんだけどよ。あれ? そんじゃ私は、COPD
喫煙の有無が必ず問われるそうですが、どう答えたっけなー。……あー、「二十歳までに飽きました」とか、ふざけた答えをしたんだよ。事実だから致し方あるめえ。
ついでに脈が速いのも納得(副作用)。息切れしやすくなってるのも納得(喘息と違って、狭まった気管支は元に戻らない)。
慢性気管支炎に、喘息様症状がついていたと、そーいうことですね呼吸器科の先生。
だから脈拍がとんでもなくっても何も言わなかったのね!?
そんだけ無理矢理気管支広げてりゃあな。


事実を望まない患者さんや、分かりやすい説明を望む患者さんも多いことでしょうが、できればこの患者にはきっちり診断名を告げて頂きたかった……。
当たり前のことですが、「原則的に刺激物禁止」かー。
さて、吸入真面目にやろう。安定し始めると、結構すっ飛ばすんですよ。貼付薬は欠かしたことないですが。
あー、眠気飛んだわ。お風呂入って、もうちょっとPCと戯れよう…。

テーマ:どうでもいいこと。 - ジャンル:日記

スケールよりも図体が。
姉妹からすによく言われる「よく続いてるな」の、フルート。
本日もレッスンざます。


本気で勉強しようと思った女のサイトへようこそ。
いろいろダメすぎる……私。


今日は「ユー・アー・マイ・サンシャイン」からです。中学校の英語の教科書に載っていたという方もいらっしゃるのでは? はい、うちも載ってましたよ。♪ゆーあーまいさーんしゃいーん、まいおんりーさーんしゃいーん、ゆーめいくみーはーっぴー…(続きを忘れている)
ただ吹くのではありません。教本にはベースコードが書いてある。楽譜によって違うのでしょうが、フルートでヤマハの場合、Fコード(ファラド)が多かった。なのでFコードの復習~♪
♪ファーソラシドレミファーミレドシラソファー♪
あれ、どっか♯入ったっけ? ♭入ったっけ? と、迷っている私に追い打ちをかけるように、
「ここの小節でソ♯となっているんですが、ソ♯は=ラ♭ですよね? ファラドの真ん中の音、これが半分下がっている。これをブルーノートと言います。本当はマイナス1/4らしいんだけどね。一応ってことで」
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥。




うがーーーーっっ(泣怒)!!




「先生……楽典に関する本を買いたいんですけど、黄色い楽典って、私にも読めますか……?」
どーいう質問の仕方だellis。いや、ブックレビュー見てると難解そうなイメージあったから。
ちなみにこの本の正式名称は『楽典-理論と実習』です。が、表紙が黄色いことから通称「黄色い楽典」となっているようです。クラシックやる人は、結構必須みたいな。
「ああ、黄色い楽典? 勿論読めますよー。書いてある単語が面倒だけどね、これまで私が教えてきたことと同じことが書いてある訳ですから大丈夫」
「読んで分からなかったら、また持ってきます」
「ええ、大歓迎だわ♪」
……この経緯には訳があります。友達はある程度きっちり音楽を学んだ子なので、コード説明をされても即興で何かと言われても、ほいほいとついていける。
ちみっ子はちみっ子で、これから学べば許される。ついでに脳が柔らかい時期だから、吸収も早いさ。小学生の時にエレクトーン習ってた強みもあるし。
翻ってこの私。すっからかーんの何にもなし。何も分からず誤魔化しでいいじゃないかという意見もあります。違う、そうじゃない。
中途半端に理屈を突っ込まれておいて、お茶を濁すってことが自分には耐えられないの!
素晴らしき哉、ゴーマニズム。
要は、中途半端が嫌いなんです。だから社会人を放棄せざるを得なかったの。普段はだるだるでもいいけど、やり始めたからにはきっちりしたいの。だって……だって……。




次は何も書いてない五線紙持ってきて、作曲しようって先生が……!




「最近ねー、自分で作曲できる子たちが増えてきてるのよー♪」
先生……上級コースと一緒にせんでおくんなまし。まあ理論を学んだ以上、実践させたいと思うのが教師の心理だと思います。きっちり理解できてるか、一目で分かるし。
……なので黄色い楽典を買おうと思います……。


そして先の「ユー・アー・マイ・サンシャイン」。あっさりと装飾がつけられました。もう元の曲調分からないよってくらいになると、「アレンジ」になるそうで、これは……これは何になるんだっけな……ほら、もうダメになってるし。
これが終わると、発表会でやった『アメイジング・グレイス』の復習。私がかちこちと固まっていたせいか、全体に固い印象が残ると言われ、深呼吸3回。私、出だしいきなりだからなー。私の出だしがイメージを作るそうで。
それを終えて、サラ・ブライトマンです。目詰まり、目詰まり、全体としてはゆるゆると流れている曲なのに、途中目詰まり。しかも3人が3人ともかみ合ってないし(苦笑)。
「いいわねえー、このクラスはこういうスケールの大きな曲が似合うわねえー」
‥‥‥‥‥‥‥‥先生、どの辺が(涙)?


小さい頃、知ったかぶりをする時期があったのですが、その頃パパンにこっぴどく叱られました。
「知らないものを人に訊ねるのは恥ずかしいことやない。それを知った振りしとんのが、何より恥ずかしいし情けない」と。
そんな訳で、ちみっ子にでも「ここ、こうだった?」と聞ける、別の意味での恥知らずに成長しましたパパン。
そして図体のでかい女三人には、教室が若干狭い気がします先生。ちみっ子のフルートが右下がりなのは、彼女の癖もあるでしょうが、隣の私に遠慮しているのも否めない…。
成長するのも考えものだわ。


とりあえず、原稿しながら勉強もします。脳も使わないと溶けて流れ出そうだもんなー。いや、とっくに脳細胞を無駄死にさせてる気がするのですが…。それをくい止めるってことで、ひとつ。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。