羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
200702<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200704
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
問屋言うな。
朝、大変気分良く目が覚めて、日課の基礎体温を測ったら37.2℃で打ちのめされました……。
知らない方がよかったと、思っても仕方ないですな。


このクソ忙しい時期(精神的)にトリプル受診な女のサイトへようこそ。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥だっるぅー……(気分的に)。


呼吸器科→精神科→神経内科の順に予約だったので、今度こそと疑わずに受付をしたら、結局精神科→神経内科→呼吸器科でした。……なめられてんのやろか。
テグレトール血中濃度は、7.9μg/ml。
「もう一声!」と、ため息をつかれましたが……かといって一日量750mg等にするのは面倒だと、現状維持になりました。
「原稿できなあかんなー。あと何枚残ってんねん?」
何でここで督促されてるんですか、私。
「今度の診察では、是非とも喜ばしい報告が聞きたいですねえ」
主治医が何故だか涙目をしばたたかせながら、そんなことを言っておりました。花粉症でもないのに、目の調子が悪いらしいです。ついでに眠たいらしい。
再来週の私は、きっともぬけの殻に違いない……精神が。


神経内科では、さっさとテグレトール血中濃度を見ていた先生が、「えらい素直に下がるなー。性格と病状もこれぐらい素直やったら、問題ないのになー」と、のたまった。
大きなお世話だ。
「熱出てるー?」
「今日は朝から出してますよー!」
「頭痛は?」
「まとめてロキソニン飲んでしまいますなー。それで効かへんかったら、ゾーミッグ飲んでます。まだ4つあるから大丈夫」
「ほな、ロキソニンないな?」
「生理痛の友やしねー」




「そない問屋みたいに、ぽんぽん病状出しなや」




問屋て……問屋と来ましたか。もっとたくさん病状持ってる人もいるんだ。これではまだ問屋とは言えまい。
「何を言うの先生。私とやつは、かれこれ月に一度は保健室にお世話になった挙げ句早退していたという、最早人生の友よ?」
何て嫌な友。
「友って……まー、それにしても、暑そうやなー」
「暑いし、実際」
「だるいやろ、そんだけ勝手に燃焼してたら」
「だるいよ、そりゃあもう」
「ふーん、順調に甲状腺機能亢進してるなあ
順調言うなーーーーー(涙)。
「ま、もうちょっと様子見よかー。ほな、一ヶ月後ね」
「はいー……」


途中、地下の喫茶で水分補給して呼吸器科。
「どうですか?」
「時々咳がひどいですが、それくらいです」
「痰は?」
「あんまりないです」
「喉痛い?」
「あー……しょっちゅう」
久しぶりに喉を覗かれて、私の嫌いなイソジンガーグルが出ました。仕方ねえ。私もガラガラやりながら、「お父さん、生きるってどういうこと?」「生きるって、ガラガラすることだよ」とか言ってみるか(@イソジンCM)。
ここでも珍しく、一ヶ月後の予約になりました。この前行かなかったから、信用落としてる? 


薬局では、私が着いた時、待ち時間は15分でした。お客は私一人。
ぼーっと待ってると、待ち時間が20分になり、25分に……(泣)。後から来た患者さんが、ものすっごい嫌そうな顔してましたが、心の中で謝っておきましたよ。ごめん。
さて、ちょっと仮眠取って、本日2本目の栄養ドリンク突っ込むぜい。
スポンサーサイト

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。