羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
200703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200705
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
足湯、幸せ♪
久々に、足湯をしました。
と、いうか、上から下までみっちり磨きたくしてきました。
修羅場中(今も修羅場だ)、ちょくちょくお風呂がおろそかになったもんで。
そうすると、身の回りに構わなくなる→そんな自分は外で見たくない(見られたくないのではないあたり、ポイント)ので家にこもる→ますますズボラになる…の、悪循環。
これではいけない。


足湯は、お風呂にお湯を張っている間と、お風呂上がりに実行します。
入浴前は、ペパーミントとラベンダーでまったり。
一応アロマセラピストと名乗れる私がこんなこと言ってはいけないのでしょうが、精油の量は……適当……(目をそらすellis)。
言い訳をすると、足の裏や手の平の皮膚は他の皮膚より一枚多いから……多少の刺激は大丈夫なの……。
気になる人は、バケツか洗面器にくるぶしがつかるくらいのお湯に対し7~8滴じゃないでしょうか。
お風呂で磨いて磨いて磨きまくった後、ボディローションを塗っている間に足湯でフィニッシュ。
今度はティートリーとサイプレスで殺菌&消臭。サイプレスは気管支にもよいので、だばだばっと贅沢に使います(期限がまずくってねえ…自家用にしか使えない精油瓶なのさ。冷蔵庫で保存してるから、そんな劣化してないんだけど)。
丁寧にマッサージしながら、お湯をすりこむようにしてると、あがった後気持ちい~~い♪


そういえば、イソジンのうがいを嫌っている私はティートリーの精油を入れた水でうがいしてます。
どっちもどっちかもしれないが、好みの上で私はティートリーを選ぶ。
何げにアロマライフは、地味につづいておるのでした。
どーでもよくないのですが、不安発作とイライラが、デパス2mg、セルシン10mg突っ込んでも収まらない(※フツーの人ならぶっ倒れて朝までぐっすり眠れます)。ラベンダーの力を借りよう……。
サンダルウッドもいいですよ……バカ高いけど(涙)。


※ハンカチに精油をたらすという方。そのハンカチを少し湿らせておくと、香りが長持ちしますよ♪
 コットン等にしみこませる時も同じです。学校で精油学の先生に聞いた情報なので、間違いなし。
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

そばシーズン。
昨日、我慢して我慢して我慢して我慢していたコミックたちを、買い占めにいきました。
そのほとんどがスクエニ(スクウェア・エニックス)だったのが、何だか悔しいのは何故だろう……。
優先度の高いものを買い、そして「これは我慢よ!」と言い聞かせていたらこうなった。
ellisが自制ですって!? 奥様聞きまして、ellisが自制ですってよ! 
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥自分で言ってて哀しい‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥。


昨日は黄砂に吹かれていた女のサイトへようこそ。
ああ、こんなこと言っても、元ネタが工藤静香だと分かるのはどこまで? かわいいこうさぎちゃんたちには理解不能?


ellisを長年ご存じの方はご存じの、そばシーズンがやってきました。
コンビニで、冷凍蕎麦を売ってるんですよ。一袋100円のやつ。
それを買い込んでおいて、ついでにネギもしこたま買い込んでおいて、素そば
関西以外の方には通じにくいかも知れない言い回しですが、要は「そば以外、入ってません」というやつです。類語として、「素うどん」等があります。
とはいえ、フツーネギともう一品くらいは入ります。
ところが学食(レシートにカロリー表示してくれるという、噂の学食だった。結構美味かったし)で、「素そば!」と、頼んだところ、丼に入っただしとそば、あとは山盛りのネギ




某国立大学からは「お嬢さま学校」認定済みだったのに!!




と、素直に不条理さを感じました。
そして同時に、言葉の正しさをも実感したのですよ。
しかし、今にして思えばなんと漢らしい一品だったのだろう……。
それ以来、素そばが好物のellisです。だってそれまで、そんなお蕎麦食べたことなかったもの……。新鮮だったのさ、乙女心に。


去年はコンビニの冷たい麺が好きだったのですが、今年はどうも素そば好きらしいです。
温かい方が身体にはよさそう。でもせめて、何かタンパク質を放り込みたい……。
鴨肉入れたら鴨南蛮か……そんな贅沢、誰が許しても私が許さないけどな。
ちくわでも入れるか(安っっ)。


……しかし、スタバのタンブラー、マジ使い勝手いいなー。
これ実家に帰省する時持って帰って活用しよう。
ペットボトルを再利用していたのですが、そのためにはまずペットボトルに入ったお茶を買わねばならぬ。しかもママンは洗い方に無頓着な人で、洗ったその手で栓を閉める人だ。
飲み口がどれだけ水垢臭いか、ご理解頂けましょうか……(なので自分で洗って自分で乾かしておく。が、ママンに栓をされる。どれだけ言っても……どれだけ言っても……!!・血涙)。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。