羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
200703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200705
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久々に詩心(そして自滅)。
昨日のエクセルフィギュア、デジカメに収めておこうと電池を買ってきましたよ。
昨日は携帯カメラの限界を痛感したのです。
……で、収めたらハイアットについてるメンチ、についてるフライパンがいずこかへ……(涙)。
ここでフライパンを嘆く理由を知りたい方は、どうぞ本書をお読み下さいませ。


フルートの先生と詩心爆発させていた女のサイトへようこそ。
結果、自分でもう一仕事背負うことになりました(泣笑)。


久々に漢方。ここでも聞かれるのは原稿です。普通の人の「お仕事どうですかー?」の、ノリのはずなんですが、精神科の主治医といいここの主治医といい、麗しの文学フィルターがかかっている気がしてなりません。
先月末の惨劇を繰り返したところ、




「それは痛恨やねぇー」




と、軽くアッパーカットが入りました。せ、先生……私を真っ白に燃え尽きさせたいんですか!? それとも握手する瞬間に死なせたいんですか(血涙・どちらも『あしたのジョー』より)!?
春向けに処方が変わったので、煎じ薬がかさばって仕方ない。でもまあ諦めるより他ない。
楽譜とテキストとノートと原稿とプロットノート入れてる自分が悪いのさ。


さて、フルートです。友達を待つ間、先生に『The Rose』の歌詞を持っていきました。
一頻り感心された上で、「ellisさん、ここの訳、私納得いかないわあ」と、示した箇所が。
もともと映画の挿入曲(歌い上げて絶命、じゃなかったか)なので、映画を見た意訳が入ってると思うのですが、それでも二人で「うーーーーん?」な部分が。
しかし元歌詞はシンプルで美しく、ストレートに訳してもおっけーな感じです。
「いいわねえ~、次のライブで使いたいわ~~」
と、先生が繰り返し、繰り返し。しばらく元歌詞を眺めていたellis、自分で地雷を踏みました。




「簡単でよければ、訳しましょうか?」




‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥たまには日の目を見る仕事がしたいんだな、ellis。それは分かるが、原稿に全精力注がんかい~~~~~~!!
「本当!? じゃあハイネとかシューベルトとか、そんな感じかしら?」
「‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥先生、イメージ書いといてください。ハイネ、シューベルト……あと、リルケとかですか?」
「そうねえ…でもちょっと『椿姫』っぽいわよね、この詞」
では




清らかな艶めかしさ




あたりで。ああ、ダメだ、谷崎潤一郎とか連想し始めた私はダメだ。『刺青』の世界だ。
清楚で可憐で純朴にって言われたっつーに。



と、いうわけで、隙を見て訳詞に挑むことになりました。
訳してるサイトが一杯あるから、今回は大分楽ーーーー♪ 前みたいに「歌詞があるのに別の詩を作る」っていうのじゃないもんなーー♪
詩心では、先生といつまででも喋れそうでヤバいellisでしたよ。
実家に帰る日にちは、29日の夜まで延期します……。今日はインクカートリッジを2本買ったさ!
スポンサーサイト

テーマ:頑張れ自分 - ジャンル:日記

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。