羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
200705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いいことしたのに。
雨ですね……雨ですよ。だるくて眠くて、漢方をすっとばしました。
ああ、予約どうしようかなあ……精神科も込みで。


望外に善行を施してしまった女のサイトへようこそ。
誰か……代わりにしてくれても、バチは当たらなかったと思う。


フルートだけは根性で行っておこうと、雨の中てってけ駅まで歩いておりました。
すると、どこからか子供の泣き声が。
あー、雨の日にうざってぇ。そう思っていると、私が昇ろうとしている階段の真ん前で、ちみたんが一人泣いている。
さて、どうしよう。
1)バックレる。
2)とりあえず声をかけてみる。
……良心の呵責により、2を選択。
話を(どうにか)聞いてみると、お迎えに来るはずのママンが来ないとか。もうママンの名前もちみたん自身のお名前も言えないほど混乱してますよ。
ああ、どうしよう。
1)「ああ、そう。それじゃね、頑張って」と、この場を立ち去る。
2)一緒に待っていてあげる。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥時間的に2が無理なので、駅員さんを呼んでくることに。
一緒に待ってたって、無駄だしな。
で、駅員さんを呼びに行く間、どうにも胃が痛い。いい子ぶりっこをしているせいでしょうか、それとも他の要因でもあったんでしょうか。
一つ言うなれば、あんなになるまでに、誰かどうにかしてやれよ!! くらいですかね。
駅員さんにちみたんを引き渡し、私はフルートのレッスンへ。ああ、胃が痛い。


胃が痛いままレッスンを終え、携帯の機種変更へ行きました。
そしたらば、またいらち(短気、の意)なお客様がクレームをつけ始めた。
い~つの~こと~だか~思い出してご~らん~♪
あの道は~いつか来た道~~~♪
某大手パソ教室時代の自分が、見事にフィードバック。




マジで胃が痛ぇ。




クレームつけてるおっちゃんに、不満と一緒に胃液を吐かせてやろうかと思ったくらい、胃が痛かったっす。
それ、ボディだフックだ☆ 最後にギャラクティカ・マグナム☆ シメにはアッパーカットォォォゥ☆
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥こんな気分。
狭い店内で吠えるなっつのオヤジ。


結局、まだ胃が痛いです。ブスコパンをそろそろ投入しようかな…。
まあ、梅雨時に胃腸の調子がおかしくなるのは、いつものことなんですが。なので、ある意味季節感たっぷりなんですが。
でも腑に落ちないなー。
スポンサーサイト

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

坊やじゃないけどさ。
うどんの国でキャスバル兄がいた間、この兄妹は大抵スパロボの話をしておりました。
ゲームに関しては、キャスバル兄に一日の長がある。ゆえに黙っていましたよ、閣下が何と評されようと……。


詰まらぬ忍耐力を持つ女のサイトへようこそ。
宇宙世紀派のキャスバル兄には、余計なことを言わない方がよい。


キャスバル兄のガンダムは、『Gガン』で止まっているので、『W』以降は邪道中の邪道だったりまします。
それが何故か、キャラクターとかいやに詳しいなと思ったら、スパロボ経由で情報をゲットしていたらしい。
「閣下出てくる? スパロボでどの辺まで閣下出てくる?」
「え、トレーズ? えーっとねえ……」
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥wait a minit.
「兄ちゃん……何で私の言う『閣下』が、トレーズ閣下やと分かるのよ」
「え? ああー、君のことやから、どうせそんなこっちゃろうと」
思考の浅い妹ですみませんよ。
「でもあれやろ? トレーズって、




坊やじゃないガルマ様




やろ?」




ノォォオオーーーーー(号泣)!!




「笑うなよ……兵が見てる」
いや、キャスバル兄、そこでガルマ様の真似しない。笑ってないし、引っ張る髪ないから。森さん(ガルマボイス)いないから!
ガルマ様は好きなキャラですが、どっちかっつーと私の中の閣下は貴族的なギレン総統であることは黙っておきました。
「もういいよ……そういうことで……」
「え、だって坊やじゃないやろ?」
坊やじゃないんだけどね……。むしろ24歳って知ってびっくりだったよ当時は。ちなみにキャスバル兄と同い年だったよ。
貴様と俺とは~同期の桜~~♪
シャアの友達で敵の息子だったという位置づけのガルマ様からいえば、ゼクスの親友(閣下の一方的発言。ゼクスは「君の友達にはなれない」っつって、行方不明になったしな)で最終的に敵対するという閣下は、確かに坊やじゃないガルマ様なのかも。
でもそんなに可愛くないの、閣下は……。あのアダルティーな魅力が分かるようになるには、年月がいったよ。確かに、ちょっと詰めが甘いような気もするけどね!!


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥と、いうことは全部私の胸にしまっておきました。
宇宙世紀派と揉めるのを、ellisは得策としません。
結果、閣下の話題をそらすために、「スパロボに『SEED』出るんやったらさ、アンドリュー・バルトフェルド(置鮎ボイス)出てくるよね!? ね?」と、強引に話を変えました。
「ああー、『砂漠の虎』? 出てくるよ」
いつもいつも思うのですが、私だけではなくこの兄も、無駄な知識が多すぎやしないだろうか。
ついでにここの存在も、とっくにバレてやしないだろうか。
何だか不安です。


では明日は漢方。今日は精神科を逃しましたが、次の予約、どうしようかな…。 

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。