羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
200709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご無沙汰でございます。
メールで安否を尋ねてくださった皆様、ありがとうございます。
生きております、ellisです。
ここしばらくは、いつもの帰省疲れで、寝ておりました。


これまでのiPodデータを台無しにしてしまった女のサイトへようこそ。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥萌えCDのバカ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥(涙)。


うどんの国での憂さ晴らし、フィナーレは『おやすみなさいませ お嬢様』というCDです。
なんのことはない、声優さんが羊を数えているだけの、安眠促進用CDです。
キャスト(執事役=羊とひっかけてあるらしいですだよ)は……緑川光さんと……置鮎龍太郎さん……。
最近どっちも萌え~~なお二方(そのうちお一方はかなり前からご執心だろう)なので、私はうどんの国のアニメイトで堂々と尋ねましたよ。




「声優さんのCDで、『おやすみなさいませお嬢様』っていうのの一番新しいのください」




ははは、もうこのあたりの恥にかける橋は捨て去っているのさellis。
目的のためには手段を選びません。それが私。
ところが、家に帰ってみると先日のリストアのため、iPodを新しくインストールしなければいけません。
それどころか、OSをバージョンアップ(タダ)させなければいけない。
参ったな~~と思っていると、先延ばし、先延ばしになり、やっと昨夜その気に。すると。




これまでのデータ、全部飛んだ(泣)。




ウサミミ仮面を……ウサミミ仮面だけはDLしなければ……。あといろんなクラシックの数々(ポップスは割に偏っているので、この際整理しようかと)。
どうでもいいのですが、置鮎さんの羊カウントボイスに腰砕けそうになっている私ですが、緑川さんの甘い甘~~いボイスにも心拍が上がりまくってます。
寝れねぇじゃねえか……。
いや、このCD、本当に安眠促進とは思えないし(汗)。
Amazonレビュー見てたら、結構買ってる人がいてびっくりしました。私もAmazonからの紹介でたどりついたCDですが、腐女子人口の多さよ……。
ついでに私、「お嬢様」と呼ばれるよりは「陛下」と呼ばれたいんですが。世の方々は、お嬢様でいいんですね……(哀)。


うどんの国では、じーちゃんの誕生日と金比羅参りが重なったため、帰ってからもしばらくは歩けない屍になっていたんです。
生存確認日記なんだから、一行でも書けばいいのにね(何で他人事?)!!
この通り、今日も元気にellisはかっ飛んでおります。暴走は少し収まった感じですが、セレネースでの眠気がちょっと強まっただけで、結局日中にけろっと起きています。
うう~~~む、まだまだァ!! 落ち着くまで、マジで裁縫でもします。小説は、実はもう書きたくて書きたくて、うずうずしてます。まさにケツに火がつきそうな勢い。
もうちょっと、煮詰めて穏やかにしてみせるぜよ!!



  ☆こんなellisを哀れに思ってくださる貴方、ワンクリックお願いします。☆
   もう不治の病なの……(遠い目)。ああ、今のボイス、がはっっ(喀血)。
  
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

酒飲みバトル(水面下)。
前々から狙っていたコニャックを飲んでおります。
主治医には勿論内緒ですよ(笑)?


バカ従兄に大分飲まれていたことを呪う女のサイトへようこそ。
バカスカ飲むでねぇーーっっ(血涙)!!


箱単位で残っていたはずの洋酒は、一瓶の半分にまで減っておりました。
「あんなバカに飲ませるから……(ちっ)」
普段は宥め役が多いellisですが、酒が絡むと別問題。
酒飲みの意地汚さを、ここに見よ。
いい酒なんですよ。ちまちまちまちま飲んで、肴をちょろっと頂くのがたまらんのですよ。




なのに~~~!!




パパンは味がきついと仰せですが、酒飲みellisにはロックでちょうどいい。
うまい酒は、水割りになどしない方がいいのです。
黙々と飲んでいると、パパンが先に呑まれました。
……現在、酔いどれパパンをあしらい中です。
私はと言いますと、酔わないように飲んでましたので。


とりあえず、もうバカ従兄には飲ませるなと言ってあります。
ちきしょう、望み(=残り)が少ないだろう。
キャスバル兄が来たら余計に飲まれちまう。
パパンを寝室に押し込んだので、ゆっくり続きを楽しみます。アデュウ。



  ☆酒好きな同志よ、ワンクリックお願いします。☆
   とりあえずバカ従兄は倒します。
  
台なしチャイ。
シチューを作った残りの牛乳を、どうにか始末してくれと言われました。
内容量、およそ400ml。
……無理があるだろ。


BSで『水戸黄門』を楽しむ女のサイトへようこそ。
昔の殺陣は派手でいい……。うん、やられる側も。


牛乳の始末は、仕方ないのでチャイにしました。
だって、まんま飲むの辛いんですもの(泣)。
生姜をさっさか擦りおろしていると、「私も欲しいわぁ」と、ママン。はいはい、生姜にだけは困らない我が家(共通)ですよ。ママンの分もさかさか。
で、出来上がって。
「うん、うまい! ……でも生姜、邪魔ね」
と、のけてしまわれた。




それじゃ意味ねぇだろ。




「ママン、これは一緒に食べるのよ?」
「いやぁ、私はええわ」
さいでっか。
相変わらずママンは最強です。
「シナモン? クローブ? そんな高尚なもん、あるわけないでしょー?」
さいでんなぁ……。
言葉にオブラートを差し上げたい、マイママンです。
ついさっきも、「晩御飯のおかず、覚えといてって言うたでしょ!?」と、本人の記憶が飛んだのを幸いに、無駄飯食いのellisが責められました。確かに一緒にメニウを考えはしましたが、この場合私だけの責任なんでしょか……。


相変わらず「見た目45歳」と偽れるママンですが、あれが私の未来予想図……。
見た目はともかく、もうちょっと引き締まっていきたいellisでした。



  ☆全国のおちゃめなママンを持つ同志よ、ワンクリックお願いします。☆
   還暦を越えると、扱いも大変です。
    
牛乳はお約束。
やっと銭湯に行けるようになったので、パパンに連れてってもらいました。
はーーー、だらだら入ってきました。


それでもキャスバル兄に長風呂グランプリを譲る女のサイトへようこそ。
あの兄は、放っておくと2時間以上入っている……。


銭湯という言葉があまりに正しい、解放的な場所に到着。大人一人三百円。最近銭湯なんてご無沙汰で分からないのですが、これは安いのか高いのか妥当なのか。
銭湯ですが、若い子もいるのに色気に欠ける女湯……何故(泣)。
別に恥じらいが欲しいわけではないのですが、私の背中に泡やら水やら飛ばしまくった姉ちゃんよ。
常識は持ってくれ。


もう上がろうと支度していると、後ろからシャワーがぱしゃり。
拭き取ったらぱしゃり。
また拭き取ったら……。




いい加減怒りますよ。




思わず雄々しい気分でコーヒー牛乳を飲み干したellisです。
ついでに風邪だからとママンに洗髪を禁止されたのに、ジャグジーの使い方を誤り、何度か頭から湯をかぶってしまいました……阿呆め。


ついでにジャグジーにつかっていると、咳発作が連発。大人しく普通の湯舟で満足しろって。
普段眠る前にお風呂に入る私には、ご飯前の入浴など温泉宿気分でした。相変わらず安上がりな女です。



  ☆温泉に行きたくなった貴方、ワンクリックお願いします。☆
   ellisも温泉がいい……銭湯だけじゃなくて(泣)。
  
安眠奪取。
皆様おはようございます。
あれほどバス旅行に向かないと言っていたellisですが、やはり向いてませんでした。
あれは旅慣れた人のためのものだ……。


とか言いつつ、バスの中で爆睡こいていた女のサイトへようこそ。
また緊張して、夜に寝付けなかったんですよ……。


久しぶりのバス旅行は私にかなりのストレスを強いたらしく(寝てたくせに)、ストレスのツボにツボ膏貼ったら昨晩は爆睡でした。この私には珍しいことに、神速で(笑)。
現在ゆうべのツボ膏だらけです。
なので体はゆるゆる。そしてだれだれ。
パパンがいないのを幸いに、好き放題しています。


モブログ投稿だと、拍手コメントを拝読できないもので、何かありましたらコメント欄にお願いします。
そして私はもう少し寝ます……(笑)。



  ☆羊を数えられない羊を憐れに思ったら、ワンクリックお願いします。☆
  置鮎さんと緑川さんの『おやすみなさいませお嬢様』というCDを買ってしまいそう。
  
そんな大人、修正してやる!
だからフルートネタなのに、ガンダムネタを絡めるのはよさないかellis……。
いえ、マジで修正されてきたんで。


大人だからこそ修正される女のサイトへようこそ。
いやぁ、頭の中が固くなると、飲み込みが悪くてねえ……。


フルートレッスンです。
音合わせ(先生(たぶん)のピアノとギターの伴奏がつくので、タイミングや雰囲気等をつかむための時間です。だいたい1~2回流して終い)の日にちも決まってしまい、今日はどうにかそれっぽいように出来上がらねばなりません。
レッスンに入る前、またも先生がファッションチェックです。
「今日も似た格好なのね~。いつも示し合わせてるの?」
先生……そんなわけないじゃないですか……先生……。


1度流した後、音質のチェックが入ります。いつものことですが、アパチュアとアンブシュアの確認です。もう発表会も3回目。なのに確認するのかellis。成長しない奴め……。
この前ブログを更新しながら、いらなくなったポイントカードをくわえていたellisです。というのも、フルートはリードがないというかエアリードな楽器なので、自分でベストな唇の形と位置を確認しておかねばなりません。
上唇に対して、下唇と歯の位置が重要らしく、この二つが平行になっていないときれいな音が出ません。
なので平らになる位置を確認するためにカードをくわえていたと。平らにしたストロー等でもいいそうですが。
「トルコ行進曲」をゆ~~~っくりやると、まっとうなアパチュアとアンブシュアができます。
「ellisさんいいですよ~、そのまま続けて~~」
しかし付け焼き刃ですので辛いです先生……。あと口の中が乾いてこすれて痛いです……(涙)。
私は唇の位置が歯より低く(個人差がある)、唇を上に引き上げる努力が必要です。
友人はこれとは逆で、口角を下げる努力が必要らしく、フルートの向きも私が外向き加減にしないといけないのに対し、彼女は内向き加減にしなくては。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥こんなに対照的なのに、なんでファッションは一致しているのか……。
ま、いっか。


ちょっと慣れてきたところで、速度を上げます。そうしたら二人で自滅したので、またゆっくりでやり直し、改めて速度を上げて。
それから「トルコ行進曲」を吹ききったら、第一楽章のテーマ部分からスタートです。
ヴァリエーションの1でまた口が開くので、個人ごとにチェック。それからセッション。
ヴァリエーションの3は、それ以前のところでellisが壊滅(苦笑)。繰り返して繰り返して、やっと最初から最後まで通しです。
最後は立って練習してみました。座っている時と違って、フルートが若干重いような気がします。
空気を少なく使う技を会得しようとしていますが、空気をためておく筋肉を使いまくりです。
明日は筋肉痛、大決定ですな。腹筋はともかく、背筋……(泣)。
ついでに、ついつい腕に力が入ってしまうのですが、そうすると音がへぼくなり、肩の力を抜くとフルートが回る(私の場合、内向きに)。ああ~~~もう!!
「5年でスタートライン」とおっしゃった意味が、ようやく分かりつつあります。あと2年半でスタートラインに立てるのかな……。


二人で顔の筋肉を痛くした結果、「格段に良くなった」そうです。
顎関節が痛い……。よく揉んでおきます。
さて、明日は朝早くから高速バスです。なのに大雨という予報。ちょっと……何地球から挑戦されてるんですかellis。もちろん受けて立ちますよ?
フルートも持って帰ります♪ 一にレッスン二にレッスン、っと☆



  ☆「5年も続くのかね?」と思う貴方、ノープロブレムでワンクリックお願いします☆
   実は結構粘り強い性格のellisなんですよ。
  

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

まとめて病院漫才。
何だかどこの病院に行っても漫才しています。
これを「まあ、コミュニケーションが取れていて素敵☆」と思うか、「まったく、もっと真面目にやらんかいellis」と思うかは、それぞれのご判断に委ねます……。


もしも関東に引っ越したとしても、病院漫才はやるのだろうかと思う女のサイトへようこそ。
どうなんでしょ。そんな予定、微塵もありませんが。


昨日は精神科と神経内科です。
まずは精神科。ちゃんと時間通りです。美しいくらい時間通りです。守りました時間。来ましたちゃんと。




まず褒めろーーーーーっっっ!!




レポートを読んで、主治医が一言。
「調子ええ、いうことやな?」
そんなこと、どこにも何にも書いてねぇだろ。
「それやのにセルシン増やせいうんか!?」
「デパスとセルシンは、今頓服扱いしてるの。せやから、外出た時用に欲しいの」
「しゃーないなー」
……と、増えたのはセルシン。あのー……デパ欲しいって……。もしかしてあれか、依存性云々でくれないのか?
セレネースで一日を過ごしている私には、最早デパスの依存性など時の彼方さ。ま、いいけど。日中のデパスはすべて頓服ってことで。
「ところでさ、君が前診てもらってた先生、何言わはった?」
「@#先生?」
「そうそう、それそれ。帰ってきてはらへんの?」
「とっくに帰ってきて、$%大学の先生やってるで」
「どこの病院にいはんねん?」
「どこの病院にもいはれへんよ」
「どこに行ったら診てくれはる?」
「さっきから会話かみあってないけど、要はあれやな。患者を切ろうキャンペーンやな?」
「そうやねん」
「ざーんねーんでしたー♪ 主治医を変える気はないし、まず病院を変えるつもりがない。先生はここにいはるんやろ?」
「私ですか? いてますよ」
「ほな、この話はこれでおしまい。他を当たってちょうだい」
残酷だ、ellis……。気力と体力が限界に達している主治医に向かって働け! とは……。
でも、@#先生にお会いする時は、物書きとしてデビウできた時と決めているのです。だからダメ。


神経内科ですよ。
先日から「微熱グラフ」をつけています。一日の同じ時間ごとに体温を測って折れ線グラフにしていくの。
ちなみにこの日と今朝は、35.0℃ありませんでしたよマイ体温。この変温動物め。
10日ばかりの記録を見た神経内科の主治医が一言。
「………検査。甲状腺も診てあげるから、血ぃ抜いといで」
「はぁい」
想定外だ。やられた。医療費準備してないよ。
検査室に行くと、いつだったか「まー、かわいそうな手!」と言ってくれた看護師さんがいました。
「まー、こらまたきれいに見えへん腕ねえー」
「もうどこでもええですよ。手首でも手の甲でも」
「偉い! 若いのに根性座ってて!!」
「いや、もう慣れっつーか……」
で、また手の甲でした……(泣)。まあ体温が35℃ないんじゃな、血管も浮かぶまい。
結果を待つこと1時間。
「いやー、呆れるくらい健康やで」
という結果が返ってきました。但し一言いうならば、白血球の正常数は風邪のおかげです。
「あとはドライアイとドライマウスかー。炎症反応がそんなにないから、強いて言うなら膠原病の慢性状態を疑うとか、それくらいやな」
そんなもん疑わんといてください。
「どーせあれでしょ? シェーグレン症候群とかでしょ」
「いや、別に皮疹も出てるからSLEでもええで?」
「そんでどっちも治療法ないやん」
「大概の病気は治らへんもんやって」
うーわ、ひどっっ。
「どーせクライテリア(条件)がビミョーに合わへんとか言われるんやもん。疑われ慣れてるからええよ」
「僕の先輩は、そういうたら若い女の子が多いから膠原病科の医師になったいう人がおったな」
どこだ。そいつはどこの病院にいる。避けさせてくれ、そこだけは。
「すいません……動機が不純すぎるんですけど」
「そういう先生にかかったら、君やったら一発でクライテリア満たすで」
どーいう意味だ。
「……まあ、そんなんはさておいて、薬いつも通りでええ?」
なんでどっち(精神科と神経内科)の医者も、脈絡のない結論付けをするんだよ!!


日にちをまたぎまして、漢方です。
上記のようなことを説明すると、「うーん、それで膠原病の検査したの?」と。
だからしてませんって。……それともした方がええのか?
ドライアイ対策として、黄連解毒湯から消風散に変更です。
「何か運動して、体力つけながらストレス発散するのって、どう?」
体力は悲しいくらいあります…。毎日楽器で有酸素運動してます。歩いてますよ? 何で膠原病系にまとめたがるの?
「疑うならシェーグレンだよねえ……」
いや、もう疑わなくていいから! しかも疑うだけで検査をした方がいいとも何ともなし。歯切れ悪いっすよ~~~!
「まあ……ベーチェット病でないことだけは確かです。針反応ないから」
バカめellis、針反応がないベーチェット病もあるのだ。
水曜の余分な検査のせいで、漢方の代金が支払えませんでしたよ。ちょうど同じくらいなんです。嗚呼。
ちなみにご飯を食べて1時間後くらいに測った血糖値は、普段より低かった……orz やっぱり常に飢えてます。


結局微熱グラフも継続、レポートも継続。だるいけど私に合ってるらしいセレネース様も継続です。
明日から実家で、継続できるのかは何だかビミョー。
そして診察全体が、何だかなー。これでいいのかしら……。



  ☆「何しに病院行ってんだ?」と思った貴方、バナーをワンクリックお願いします。☆
   精神科以外は、精神科のバックアップのために行っているようなものです。
  

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

お髪に電気。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥お脳ではありませんことよ? よくご覧なさいな。
わたくしもまだ、その境地には達しておりませぬ。


真実を映す鏡など嫌いだと思う女のサイトへようこそ。
お前は白雪姫の継母か。


さて、美容院です。
あらかじめ希望スタイルを持って行っているので、相談が早くて助かります。
「このあと病院……2時から、でしたよね?」
もういいんだ。いいんだよイケメン。そこまで律儀に守らなければいけない時間ではないんだ。
しかしイケメンの兄ちゃんはプロですので、時間を逆算しながらてきぱき進めていきます。
やっぱ「時間通りに間に合わせる」っていうのも、プロの意地なんだろなあ……。ああ、今年の私が取り落としたまま拾えない意地だ、それ。取り返すのはもうちょっと待っていて青い鳥(意味不明)。
素人の自分から見ても、尋常じゃない傷み方をしていた毛先は、トリートメントを前処理に仕込ませることになりました。イケメン兄ちゃんのシザーケースから、どんだけでもハサミが出てきてさっさか枝毛類が切られてゆきます。
先日このイケメンの歳が知りたいと思った私ですが、変なところでだいたいの予想をつけました。
「ガンダムですかー、途中で時が止まってますからねー」
「へえー、いつからですか?」
「『Zガンダム』から……」
そりゃまた随分と分かりやすい止まり方だな。意外にアニメ好きとかコミック好きとかで聞いていったのと、「三十路、別に入っても一緒でしょ、ねえ?」という確認口調から私とキャスバル兄の間ら辺と読みました。いかに。
以前お兄さんがキャスバル兄と同年代とも言ってましたので。
なのにもう肩書き付きか、イケメン……。もう一生食いっぱぐれませんな。
さてさて、トリートメント剤を染みこませたら、パーマ液をかけてカーラーで巻き始めます。液がたれて顔にかからないように、タオルも巻かれます。
それから頭あっためるやつ……と思っていたら。
何かコードがぞろぞろついたのが出てきました。え、何これ。
私の軽い困惑を余所に、コードがぱっちんぱっちんつながれていきます。




カーラーに。




すげぇ! 見ようによってはこれから電気けいれん療法受ける人みたいだよ!! もしくは脳波取られるか。
おおう、カーラーが熱くなってきました…………すいません、耳に火傷は嫌なんで、何かはさんどいてください。
聞いたところによると、デジタルパーマよりは、ちょっと緩いものになるそうです。
はい、実は機械見て戦々恐々でした。デジパーなら2万は持って行かれる!!! そんなことになったら、私はバスでも実家へ帰れないよ。
今回写真は載せませんが、見事な巻き髪スタイルをお願いしているのです(流行ですなあ)。しかも毛先が傷みまくってるとなりゃ、デジパーになるのも頷ける。……財布以外は。


パーマを「あてて」(笑)いる間、ぼーーーーっと外眺めてたり、鏡に映るお店の中を眺めたりしていました。
すると、お店は私担当込みで3人のイケメンがどうやらメインっぽいです。そのうち一人は、「お前、イケメンやと思ってんのか? 整形して来いや、ついでに性格もな」って感じのおっさんでしたよ。何かこう、カリスマ美容師によくいそうな(全国のカリスマ美容師さん、ごめんなさい)。
ほほーぅ、それだけじゃなく、派閥みたいなものもあるっぽいね、こいつは。店内の空気が三分割されてるよ?
そんないやらしいことを考えながらパーマ液の2液がかかり、終わったらシャンプー台との往復です。


他の二人を見た後で、担当のイケメン兄ちゃんを見ると職人タイプのイケメンでした。
初対面で軽んじていてごめんよ、イケメン……。私は職人タイプのイケメンには敬意を払うんだ(イケメンでなくても払え)。
女の子の美容師さんからちらほら聞いた情報を集めると、見た目とは裏腹に真面目で苦労してそうなイケメンです。ついでにお店の女の子内で、一番人気っぽい(笑)。しかも本気になる奴が多そうなタイプだ。気の毒に……(憐)。
ふむふむ、ellisの隠れ特技は、実は「誘導尋問」です♪ これは某大手パソ教室時代に、営業をやっていて身につけた技さ☆
何にも関心ないような振りして、ちゃっかりあちこちチェック入れてますし情報も集めます。


こんな腹黒い計算をしていたのに、ふわっふわのエアリィカールができあがりました。誕生月割引してもらって、1万円。安っっ!!
またセットの方法を(前と同じなのに)聞いて、これまでの自分が根本的に間違ってたことを認識。ダメじゃん。
ところで美容院の鏡。大きい上に光を吸収しまくって、顔色が悪く見えるのですが……。それともほんまに顔色悪いんか、私!? 口元の荒れが異常に目立って見えるわ、嘘よ(絶叫)!!
こんなに可愛くしてもらったのに~、最初に見せた知り合いは精神科主治医かいという、悲しい現実は切なかった……。
病院漫才は、また書きますのでお待ちを。昨日からくたびれきってるので、自分の電池切ります。ばっちん。



  ☆「お脳にも電気流してもらえばよかったのに」と思う方、ワンクリックお願いします☆
   私も実は同意見。まっとうな人が多すぎて、引かれるの嫌だったから黙ってましたが。
  

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

18時間ぶりの真実。
うーーーーん。この死にそうなほどだるいのは、セレネース様のおかげさまでしょうか。それとも早過ぎた月の恩寵のせいでしょうか、神様。
心拍がばっくんばっくん言ってるので、セレネース様ではなさそうですな……。毎月の事ながら、恩寵がありがた迷惑。


そんなわけで、かなりボーーーーーーーーーーっとしている女のサイトへようこそ。
あ、誰ですか? 年中だって言ってるのは? そうさその通りさ。そんな正しくellisを理解しているのはどなたですか、まったくもう。


昨夜は靴磨きなどしていたようですね、私。無問題、記憶はあります。
磨き倒して気持ちよくなっている靴たちを見れば、何時間を費やしたのだろうという不安は拭えませんが(汗)。
さてさて、何度か布団の上でのたうちまわり、鎮痛剤のお世話様になっていましたが(そういう日なんだから、仕方ない)、買い物には行かないといけない。
はいな、こんな時に限っていろいろ切らしてるんですよ。
しゃーないので顔洗って着替えて化粧して(近所のコンビニに行く時でも化粧はしますよ。乙女の意地を見よ)、さて出かけるかと鍵を開けようとしたら。




‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥既に開いていた。




その場で凍り付いた後、ぶわっと滝のような汗が流れ出ました。
おいおいおい、何で鍵が開いてんのさ。あたしってば何をしたってのさ。
しばらく考えて、「もしかしなくても……靴磨き?」と、思い当たったellis。やっぱり小人さんはロクな事をしてくれません。
それより施錠しないまま爆睡していた自分が恐ろしい。何時間開きっ放しだったんですか、我が家。
オートロックのマンションに住んでいてよかったと、心から思いました。感謝感謝。マジで。超マジで。


だから眠剤飲んだら何もするな! って言ってんのに。
この調子だと、まだまだセレネース様は減ってくれそうにもなくなってくれそうにもありませんな。
さて、明日は夕方からコサヤンお姉さまとお茶会です。夕暮れ時のお茶会だなんて、そんな本物のアフタヌーン・ティーですか? 時間によると、ハイ・ティーになってしまいますわね。
いいえ、マイ聖地マリアージュ・フレールに赴くのですから、貴族的にアフタヌーン・ティーですとも。



  ☆今夜の施錠はがっちりしたいおバカなellisに、是非ともワンクリックお願いします。☆
   時々やらかしています。オートロックなしの所には住めません…(涙)
  

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

真夜中の靴屋。
眠れないなあと思った時、なぜだか「あ、靴磨こう。しばらくやってねえや」というこマメな小人さんが出てきました。
結果、10足以上磨いてしまった……。


今すぐ履ける靴、2足。あとは修理に出さないと。
かかとがすり減ってたり、つま先が傷んでいたり。……これ、幾らかかるんだろなー……。
我が家は分不相応なことに、「革製品の汚れ落としクリーム」、「靴専用の磨き布」、「つや出しクリーム」、更に「防水スプレー」と「脱臭スプレー」が完備されています。
だから手間がかかる。本気で小人さんが欲しいと思った一瞬です。
ついでに、防水スプレーだけは外で。なぜって、においに耐え切れないからさ……。買ったばかりのスニーカーに、防水スプレーふっておくといいよと教えてくれたのは、靴屋のお姉さんでした。
けど黙々とやる作業って好きなので、何でこれが普段からできないのか謎なくらいです。
新聞紙と割り箸は、手っ取り早いシューキーパーにします。超エコロジー(そう?)。
ちゃんとしたシューキーパーは高いので、一足分しかないのですよ……とほほ。


そういや病院の通り道に、何か修理のお店がありました。
どこまでやってくれるかは謎だけど、持っていって見ます。
小人さんタイムも、そろそろ終了っぽいです。では、一通り作業を終えたところで、改めてお休みなさいです。



  ☆新聞紙に割り箸のシューキーパー…貧乏感ただよいますが、ないよりましだ!!☆
   靴好きな貴方、もっと効率の良い保存の仕方をお教えくださると共にワンクリック願います。
  

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

予告イケメンビーム。
……って、予告ホームランじゃないんだからさ。


美容院の予約に行った(正確には帰り道だった)ら、久々にリアルイケメンビームを浴びてきた女のサイトへようこそ。
こちらの我が侭を聞いてくれる、いいイケメンです(笑)。


↑まるでイケメン全体が悪い人で構成されてるみたいだな、これ。いやいやいや、そんなことありませんからね?
先月もらった誕生月割引の期限が結構近いので、予約を入れてきました。いいかげんにしないと、もう取り返しのつかない髪になっている気がします。
カットとウェーブパーマなら2時間半、ストパが入ると3時間~と言われました。
予約は17日。そうさ、精神科と神経内科の日さ。
「朝一番に入りますか?」
(受付に来てくれたお姉さん)「あー…先にご予約が入っていまして……少々お待ちくださいね」
……そんでおとなしく待ってたら、イケメン美容師のお兄ちゃんがひょっこりやってきました。おおぅ、予想外イケメンビーム。
「どうも、こんにちはー」
イケメンは語尾まで爽やかだ(苦笑)。
美容師さん同士で相談していたら、「10時半(本来なら11時になるはずだった)からでも大丈夫ですよ?」と。
次に控えている用事が通院って、インパクト強いですか、もしかして……。
それとも初回から面倒臭さ全開でしたか、私。
イケメン美容師の目線が、ざんぎりにした前髪に集中しまくってます。すいません。先日耐えかねて自分でばっさりこと切りました。それもものすごくぞんざいに、「もういいって、どうせ美容院行くんやしー」とか言いながら切ってました。先にひっそりとここで懺悔しておきます。
しかも切り口が分かりにくいように、わざと前髪を乱して行きました。アリバイ工作(?)までするのなら、もう自分で切るなellis。
どーでもいいけど、個人的にこのイケメン美容師の年齢が知りたいellisです。この前雑貨屋の爽やかお兄ちゃんが予想外に年下で、ミョ~にショックだったからな。


誕生月割引にこだわるわけは、パーマ20%offだからです。
これは大きい。特にロングとスーパーロング(そういう分類があるのです、殿方よ)の間をさまようellisには、かーなーり魅力的。っつーか魅惑的。
髪が長いと、その分パーマ液もたくさん使うし手間暇もかかる。しゃーねえっちゃあしゃあねえんですが、何だか釈然としません。
さっきからイケメンイケメンやかましいですが、私好みのイケメンではないのでイケメンビームは大して効いていません。体育会系とちょいワルが混じったお兄さんなので、実は苦手なタイプ。体育会系だけならよかったのに…。ellisは目元涼やかで理知的な黒髪の青年萌えだよ(閣下除く)!!
ただ、リアルってやっぱ力強いよな…。と思えた自分に乾杯します。まだ三次元に生きていられます。よかった。


さて、また暇に自分で自分の写真撮るのかな(笑)。結果は水曜をお楽しみに♪



  ☆リアルイケメンビームを浴びてみたい貴方、ワンクリックお願いします。☆
   三次元はやっぱりいろんな人がいて、面白い。
  

テーマ:▼どうでもいい話 - ジャンル:日記

お約束だーーー!!
ellisです……。あれほど言われたのに道を間違い、人生も間違っているellisです…。
だけど我が人生に悔いはありません……。


京都のママンの代わりにネットを駆使する女のサイトへようこそ。
私がやったのは、ホテルの予約とCDの購入だけですが。


今日は京都のママンとお約束。何度も乗り、さんざっぱら言われてたバスを乗り間違い、一つ向こうの停留所からとぼとぼ歩いて参りました。
今日はいい、今日はお腹を空かせてもいいのです。明日の帰りさえ普通なら。
理由は知れたこと、入金前日で切羽詰まってんですよ。100円バーガーが私の胃を満たしてくれればいいさ。
そんな鬼畜な理由でたったか歩き、到着するなりおやつを頂く不埒者。それがellisです。厚顔無知の生き見本やな。


ネットの買い物は、外に出掛けたり電話かけたりするのを拒んだ、このモノグサーellisのせいです。
それでもまあ、喜ばれるのはありがたいものです。一宿一飯の恩義は返せていますでしょうか。足りませんか、そうですか。
では何をしましょう。とか書いている隣で、京都のママンは私の布団を敷いてくださっています。考える前にまず動け、ellis。


京都のママンには、遅ればせながらお誕生日プレゼントをしました。ラピスラズリでできた、フクロウの彫刻です。あまりにお手ごろ値段と、それに見合わない精巧さに負けた。値段は永遠に秘密さ。
喜んで頂けて何より。プレゼントって、本人の反応見るまでどきどきしますよね。「外したらどないしよう~~~~!!」っていう。
いやあよかった。はふ(ため息)。


あまりPCのいる部屋にいても仕方ないようですので、大変中途半端なままページを閉じます。気が向いたら、後で訂正があるでしょう。
では、また明日~~。
携帯から、やっと少し訂正ができました。これもすべて、眠剤のおかげさまで4時間でバッチリニッコリスッキリ☆ と、目が覚めてしまうおかげです。最近ショートスリーパーに逆戻り? 今の精神状態から考えると、当然なんですがよくないですね。お腹空いたな……(贅沢者)。



  ☆ellisのママンとパパンの数に頭が痛くなったら、理解のためにワンクリックどうぞ。☆
   足を向けて眠れない方角ばかりさ……。
  

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

第363回「夜寝るときの電気、真っ暗派?薄暗い派?」
……こんなTBテーマが(少し前に)管理画面に来てました。
ellisは真っ暗けっけでないと眠れません。
だからといって、豆球(我が家ではあのちみっちょいオレンジの電球をそう呼んでいます)があって困るかというと、勝手に影響のない体勢に(横向きとかうつぶせとか)になるので、無理強いはしません。
ただ、自分の家では真っ暗けっけ。ベッドの頭のところに、読書のためクリップ式の電球をつけていますが、実は「ベッド脇につけるな」と明記してありました。
てやんでぃ、ああいうものは枕元で使わないでどうするんだ。
ま、眠剤のせいで暗いも明るいもないんですがね。夜目がちょっと利くせいもあるので、多少は平気です。写真部の全暗ルームよありがとう。


実家で両親の部屋は薄明るいです。これはまあ、年のせいというかパパンがお手洗いに立つためです。
帰省中にうっかり遅起きしていると、お手洗いから出てきたパパンがじーっと通り道であるマイルームの前から動かないことがあります。ドアからこぼれる光にチェックが入っている。これは失敗。
正解は、「パパンが起き出す気配が隣の部屋からしたら、急いで電気を消して布団に潜る」です。
そないまでして遅起きする理由があるのかと問われそうですが、大ありです。
夜中でないと、仕事その他作業がはかどらないのですよー。今月は無理矢理自分を休ませてるから(これもこれで、結構辛い。刺繍か手縫いでいいから被服でも始めようかと思うくらいです。ゆったりしたワンピーススタイルの寝間着くらいなら、私にも型紙が取れる……。何かで発散させないと、フルートだけでは夜中にイライラが募る…・涙)、まあ大丈夫かと思いますが。


もともと寝付きがよくないので、基本的に全暗の方が合っている気がします。
余所様にお泊まりに行った時(今日じゃねーか)、全暗だろうが豆球だろうが悶絶する羽目にはなるのですが。
枕が変わると眠れないのは、ママンからの正しい血統の証左です。お前らの前世は旅行嫌いの王侯貴族かとツッコミたくなりますが、まあ気にしない。



  ☆寝付きの良くないそこの貴方、是非とも同情からワンクリック(笑)。☆
   生まれついてですが、世が世なら子守に阿片チンキとか飲まされてそう…やば。
  

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

正しい敬礼率。
いやあ、満喫してしまいました、『踊る』The Movie。
青島君を乗せた車を皆が敬礼で見送るシーンは圧巻です。
(ついでに、先日リメイク版『天国と地獄』を見たので、青島くんの「……『天国と地獄』だ」って言うのがすっごくリアリティ感じました)


ところで、敬礼する人の群れ、群れ、群れを見ながら、「正しい敬礼している人は…どれ!?」と、探していたのは私です。
去年自衛隊の人と写真を撮った時に実感したのですが、額に手をかざせば敬礼というわけではない。
肩からひじまで一直線になるまで腕と肩を上げてやるのが正しいみたいです。
そういう観点で見ると、正しい敬礼率は20%くらいですか…。仕方ないと言えば仕方ないですが…。
手のひらは外に向けるみたいですが…どうなんだろ、どれが正しいとかあるのかな。自然と外に向くような気もするんですけど。


とりあえず明日も満喫します。劇場まで足を運んだ『The Movie2』。カエル急便のストラップまで買いましたよ、当時(笑)。
カエル急便グッズ、欲しいなあ。……もれなく事件呼んできそう。だってカエル急便ですから(笑)。



  ☆『踊る』好きな同志よ、是非ともワンクリックお願いします。☆
   10年前の作品とは思えないですよねえ…。
  

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

甘っっ。
………現代版トレーズ閣下のお声を拝聴できて、現在幸せの絶頂にあるellisです、こんばんは(鼻血拭き拭き)。
こちらから、10/12分の放送を聴いてみてください。12年後の甘い甘~~い閣下ボイスが聴けます。がはっっ(喀血)。


そして21時からは『踊る大捜査線』になだれ込むつもりな女のサイトへようこそ。
ふっ……。こちらはスリーアミーゴスを目当てに(本気か)。


さて、現代版トレーズ閣下ボイス、重厚感と更に甘みが加わって、もういちごミルメーク(牛乳に入れる原液)のようですわ(謎)。
冗談で「フルリメイク」なんて話題が前回(一言)出ていましたが、本当にフルリメイクされたらKnockin' on Heaven's Doorです。閣下ご登場の度に出血多量で死ねますよ。
最終盤なんて、失血死できます(断言)。文字通り、体がいくつあっても足りませんよ。
『W』が凶器になる、希有な例かもしれません…。
それより緑川さんと置鮎さんとの掛け合いが楽しすぎます。関俊彦さんと緑川さんの掛け合いも楽しいです。仲のいい男の人同士の会話って、可愛いですよね(既にオバハンの発想)。
そーいや前の美容院で、緑川さんの大ファンだと言っていた中見習いのお姉ちゃんは元気かなー。
なかなか閣下好きな同志を発見できずにいます。ちぇ。


あんまりラブラブ言ってると、またコサヤンお姉さまに「You、誕生日プレゼントあげちゃいNa☆」って唆されそう……(笑)。
唆されたら、誰か私の背中をそっと押して遣ってくださいませ。
いかん、エンドレスに放送を聴いていたら(Webラジオって素晴らしい…)『踊る大捜査線』に間に合わなくなるぜよ。青島くんーーーー、室井さんーーーーー(本命)! 
今日も萌えに生き、萌えに死ぬellisです。こういう生き方って、後悔が少なくていいですわ♪



  ☆萌えの定義を詳しく教えて欲しい貴方も、ワンクリックお願いします。☆
   未だに私も悩んでいるのですよ(マジ)。
  

テーマ:ヲタクのメモ - ジャンル:日記

つかめ乙女美ジョン。
月三回のフルートレッスンは私の楽しみですが、同じ先生に習っているうー様にとってはこのブログもお楽しみらしいです。恐縮です…。
曰く、「ここに書いてある先生は間違いなく先生だ」と。
はい、一切の誇張、偽りはございません。そして今日も先生は先生でした。


健康体に見えることを売りにしている女のサイトへようこそ。
本当はよくないんですが……まあいいや。


レッスンが始まった時、友人は未だ来ておらず、私と先生の二人っきりでした。
雑談をしていると、先生が
「ellisさんがね、そうやってお薬たくさん飲んでるとか病気とか聞いても、どーーーーしても信じられないのよ。だって積極的だし、こうやってレッスンに来てるし、明るいし」
と、おっしゃいました。
先生…それはね。
積極的=自己主張が激しい、レッスンに来ている=外出の手段、明るい=虚勢です。
「でもよかったわ~、私、暗い人苦手なのよ~~」
……分かります。何せ天真爛漫を絵に描いたような先生ですもの。ついでに華やかな方でもあります。
で、友人が来てレッスンスタート。いっぺん流します。何分かかったのかは定かではありません。


「トルコ行進曲」どころか、全体的に課題の多い私たちですが、やっぱり「トルコ行進曲」がてんこ盛りです(涙)。
特に聞かせどころな部分は1小節ずつのリレーなため、途切れないよう流します。っつったって、いきなりは無理な話です。
「ここはね、ピアノだとみんな速くするんだけど、フルートだからむしろ優雅に軽やかに行きましょう。そうね、エレガントに




トレーズ閣下(再燃)!!




すいません先生……。今、イタい方のビョーキがバーニングアウトしました…。
失敗する度にノインの声がする……「エレガントに、レディ?」って(涙)。うう、閣下……。
さて、気を取り直して第一楽章に戻ります。
ここでは音の頭に息を入れすぎないよう注意されました。
「ここはちっちゃい子供がいたずらしながら見つからないか、わくわくこそこそしてる感じですね~。専門用語で言うとレジェーロって言うんですけど」
専門用語の方が分かりやすかった……。言うな、言うたらあかんellis! 先生の美ジョン(@柴田亜美先生)を! 乙女美ジョンをつかむのよ!!
がんばって乙女美ジョンを追求した結果、大変よいものになったそうです。あとは運指のもつれだけか……ふっ(涙)。


さて、もう一度最初から最後まで流して、本日は終了です。
「モーツァルトを1時間みっちりやると疲れるわよね~~」
はい、もうお腹空いて仕方ありません。とっても健康的なレッスンです。
友人とも別れた後、一人咳発作に見舞われたことを除けば……。
昨日から咳き込んで困ってます。残ってたメジコン、まだ使えるかな。これが効かなかったら、呼吸器科へGOだ。
麻杏甘石湯(咳止めの漢方)、どこやったっけ…。



  ☆乙女美ジョンを見たい貴方、れっつワンクリックお願いします。☆
   いくつになられても愛らしい先生です。
  

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

鬼ママン。
バスが怖いです。
見るのは平気だけど、乗るのは嫌い。
電車は見るのも乗るのも大好きな、鉄子一歩手前のellisです。何せ好きな列車は「貨物列車!」だもんな。マニアックすぎる。
で、何でバスが嫌かが思い出せない。


鬼のような提案をママンに出された女のサイトへようこそ。
運賃は確かに半額で済む。乗り換えもない。だが……。


バスにまつわる思い出って、ロクなことがないんですよね。
市バスに乗って大学に行こうとしていたら、前のトラックに「早よ行けや」とクラクションを鳴らし続け、運ちゃんに因縁つけられたとか(実話。危うくダイヤが乱れるとこでした)。
初めて一人で乗った高速バスが、煙草吸いながら運転され、しかも缶コーヒーまで飲まれて見事に酔ったとか(これも実話)。
修学旅行先の長崎で「落ちる落ちる、もう落ちるーーーー!!」な、断崖絶壁のホテルに直行されたとか(悲しいけど実話)。
あとは各バス会社の殺人ドライビングの憂き目に遭いました。
時間通り来ないのと、あの揺れ具合が嫌いなんでしょう。ただ、それでも平気な人は平気なんですよね。私もタクシーなら平気だもん。
つまり、普通車なら平気で、バスなら嫌な何かがある! ということです。
そんな私の疑問を払拭したいかのように、好奇心満載のお声でママンが。




「今度、バスで帰ってみいへん?」




「NO!!」




「何で~? 通り道はいつもと一緒やで? 家族で帰る時と一緒やん」
「だけどバスです」
「乗り換えないやん。半額やし、試しに乗ってみぃへん?」
「‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥(閃いた)ママン、私を試金石になさろうとしていらっしゃいますわね!?」
「うふふ、ばれた? ちょっと京都に抜け出すのに、どうかな~とか思って」
ママンがご学友と遊ばれるのに異存はありませんよ。むしろ推奨ですよ。しかしなぜ娘を先に贄の中へ入れるのか。
「ちゃんと(うどんの国)駅まで迎えに行ってあげるやん~」
「別にいりません」
「ご飯おごってあげるで~?」
「食べるとこないもん。百貨店の食堂なんて嫌。それやったら近所で回る寿司でもおごって」
「いや~、それやったら安ぅつくわぁ(彼女の経費が)。ほな、考えといてな~」
電話を切って、はたと気づく。




既に決定事項?




8時50分発の、京阪バスか~(JRを避けてまで早いバスを選んだのは、JRが煙草とコーヒー攻撃を仕掛けてきたから)。
最近ナリを潜めていると思っていたパニックが、昨日電車でありましたものな。来週……大丈夫なんかいな、これ。
ちなみにパパンは、安全上の問題から高速バスで帰ることを許してはくれません。車好きのくせに、車に対して根強い不信感をもっています。それもこれも「反対側に乗っていたら死んでた」と言われた交通事故の賜物でしょう。タクシーが事故ったらしいです、昔。そんでたまたま助手席側ではなく、運転席側の後部座席にいて助かったとか。誰もが「あ、これはもうだめだ」と思うくらいのクラッシュ具合だったそうで。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥DNAに刻み込まれた車恐怖か? 何なんだ。


まあ、躁状態でないとできない荒技ではあります。
それに交通費半額(自前。パパンには全額支払ってあると、ママンは嘘をつく。その代わりこっちが切羽詰まった時に、ちょろっと援助してもらうという内緒のシステムができあがっています)は大きいよな。
見慣れた光景なら、あんまり見る必要性を感じないんですが、まあいいか。
次にうつに落ちた時は「死んでも嫌!!」というかもしれんし。
じゃ、来週頑張ろう…。その前に美容院行こう……。それから精神科と神経内科と漢方か…。



  ☆貨物列車の最後尾に飛び乗れそうな気がする君よ、ワンクリック☆
   何かのアクション映画の見過ぎでしょうか。あの隙がたまんない。
  

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

微熱の定義にもの申す。
昨夜、えらく寒い気がして、布団を早々と冬布団に取り替えて寝てました。
ぐーたらこっこと寝倒して、起きた時に恒例の体温測定。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥36.8℃。
普段35℃あるかないかの私には、大熱だ(笑)。


そりゃー寒いはずだよ。と、ミョーに冷静な気分で頷いた女のサイトへようこそ。
これまでの疲労熱だと、勝手に思っております。


疲労熱なんだから、そこいらをちょっと一周してくれば下がるだろう。
そんな私のタイミングを見計らったかのように、ネックレスが切れた。
はいはい、はーいはいはい、悪い縁は切ったからね。えーんがちょ。
さて、重い腰を上げて百貨店に行くか……。


この時期の出費は、正直御免被りたかったのですが、つなぐだけならタダと言われてきました。
よっしゃ! ビバ、タダ(えげつない)!!
こんなよこしまなことを考えた罰でしょうか。ついさっき、ブレスのチェーンも切れました……(涙)。
何? 何かあるの? 私にはもう悪縁がぶちぶち切れていく様しか想像できないよ?
これからいいことばっかりだーい! 




……そうとでも思わないと、遣りきれないんだーい……。




情けないですなellis。根性見せんかい。
こんな状態で、帰宅後に熱を測ったら(毎日グラフにするのです)37.3℃……orz
私にはもう立派な発熱だ。熱ランクは~36.9℃=平熱、~37.9℃=微熱、38.0℃~=発熱ですが、知ったことか
普通の人にとっては、38.5℃くらいだと思ってください(そうかな?)。確かに軽くハイテンションになっちまったけどな。
あの定義は、どうかと思うellisです。38℃なんて、滅多に出ませんよ? スロットの目が揃うくらい出ませんよ? ついでに37℃台の、どこが微熱か!!
はふ、こんなことなら、町内一周でもしてくればよかった。高校時代のジャージ、どこへやったっけ?
あう~、来週の神経内科で、この結果を提出するんですが、「風邪やな」で一刀両断でしょう。私もそう思う。
そうでなければ、またヒロイン病(膠原病等)が疑われる。もういい。あれはいい! 
疑われ慣れた人間は、煩雑さを嫌がりますよ。まるで犯罪者のようだな。


そんじゃま、熱いお風呂に入って、がんごん煮て熱を追い出してきます。
微熱常習犯のくせに(だからこそか?)追い出し方は体育会系的。



  ☆風邪を引いている全国の同志よ、れっつワンクリック☆
   今日はソルトマッサージの日なんだけど、どうしよう…。
  

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

やぎさんゆうびん。
プリザーブドフラワーの情報を現在かき集めております。
といいますのも、花の種類が「ユリ」ピンポイントストライク、打球は大きくアーチを描いて、これは……ホームラン!! スリーベースホームランです!! 逆転、逆転だーー! という状態ですので(どうなんだ)。
カサブランカ等のかさばるものではなく、愛らしい(できれば白)ボックスを望んでいるが為……予算の為(1万円~1.5万まで)に苦しんでます。


何でかと言いますと、じーちゃんの誕生日プレゼントです。
キャスバル兄には昨日提案のメールを送ってあるのですが、返事がない。
かといって、そのまま放置しておいたら「そんじゃーそれでよろしく」と言われた時に、泣くのは私だ(調達係)。
死んだばーちゃんが大層な百合好きだったそうで、納骨を済ませてからじーちゃんの元気がない。だったらじーちゃんの側に、ばーちゃんの好きだった花を代わりに置いてあげたい。ついでにプリザーブドだから長持ちするし、万一の時も燃やすか捨てるかして後腐れがない(生々しいな)。




……だから返事よこしやがれっっっっ(怒)!!




‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥なんて、これからデス・ロードな仕事を迎えるキャスバル兄には酷な急かし方です。
分かってるけど……分かってるけど、オーダーの納期は2週間かかるんだよーーーー!!
「まったく、クソうるせぇ妹だ」くらいに思われてそうだ。去年も一昨年も、そんなようなことを思われた記憶が。
お互い年輪を重ねてきて(笑)、精神年齢が近くなるとケンカも増えます。年の近い兄弟が、成人してからケンカが減るのとは逆の理論ですな。


さて、またアングラ巡り(誤用)に出かけてきます。
『クインテット』で、エンドレスに「やぎさんゆうびん」を歌っているのを思い出しました。何か、あんな気分。



  ☆黒ひつじの兄も郵便を食べている事実に笑えたら、是非ともワンクリック☆
   そうさ、オレはBlack Sheep(はぐれ者、厄介者)さ、ふっ…。
  
[やぎさんゆうびん。]の続きを読む

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

犬のおまわりさん。
黒い綿棒を買ってみました。
単に家の綿棒が切れたせいなんですが、あと普通のより安かったから
「汚れがよく見える!」という謳い文句ですが、……どっちゃでもええような気がします。


寝る前にものを食べるのはよそうと、あれほど固く誓っていた女のサイトへようこそ。
懲りないわね、ellis……。膝小僧が火傷していてよ。


とりあえず目が覚めて、何だか膝がひりひりするのに首を傾げました。
火を使うようなことは何もやっていないはず。なのに火傷している。
手っ取り早く、ラベンダーの精油を塗っておきました。
しかし、はて。何を食べたか記憶にない。
冷蔵庫を見ると、生姜ストック(なんだそれ)が減っている。むう、今日のマサラティーに差し支えるではないか。
漢方の先生もお勧めのマサラティーだというのに。生姜は一日半パック程度にすると、尚良いそうです……。
夕ご飯のカレーを食べても分からない。薬を飲んでも分からない。
むう。何したんだっけな。誰か、犬のおまわりさん呼んできて。泣きっぱなellisのために、誰か!


そんなこんなで台所に行ってみると、大きめの片手鍋が。
コンロ脇に、うどん(乾麺)の袋が。ついでに出しっぱなしの醤油が。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥どうやら、眠剤の回りきった頭で釜揚げうどんとだしを作り、ご満悦に食したようです。
それもきっちり洗い終わってある。……普段の私にはないマメさだ。どこだ、どこの記憶回路がそんな真面目なことを!!!
火傷したのが、唯一ellisらしくてほっとしますよ(そうか?)。
それにしても、相変わらずきれいさっぱり抜け落ちるもんですねー……記憶。
お酒と服薬中の皆様はご注意あそばせ。


仕事は今週いっぱいくらい、無理矢理休みます。
脳細胞が死ぬと言われようと、寝て過ごします。
大阪南港に沈めたellisを、今棒でつついて仕上げてるところなんですから邪魔しちゃ嫌よん。
フルートは練習しますけど……こればっかりは逃れられない。



  ☆季節の変わり目に、何だか風邪を引きそうな貴方、同士のよしみでワンクリック☆
   喉と鼻の奥が痛いです(涙)。ああ、フルートに差し支える。
  

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

ものすごく自分事。
……だと、コミックを読みながら思ったのは久々です。
ついでに、ここまで「他人事じゃない」と思ったのは初めてだ。


大阪在住時に、一度も天王寺動物園へ行ったことのない女のサイトへようこそ。
約束はしてたんです……10回以上……(涙)。


約束はしてました。
パパンは無理矢理休みを取ってくれ、ママンはお弁当のメニューを考えている。キャスバル兄はそれなりに翌日に備える。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥なのにellisが熱を出す。必ず。
5回目を越す頃には、キャスバル兄の中で単純な確率論ができていたのではと思わされるほどにお約束でした。
『よつばと!』7巻で、牧場見学に行くよつばが、前日はしゃぎすぎて当日大熱。というパターンは、私にはおなじみ過ぎてよつばの気持ちがよく分かります。
よつばはおりこうさん(?)なので、2回目でちゃんと牧場に行けてましたが、ellisは行けなかった……(涙)。
違う動物園に、引っ越してから行きましたよ。
家族全員の作戦勝ちで。


1)ellisには前日知らせない。
皆して素知らぬ顔をしていることが、第一条件だったらしいです。パパンがお休みでも、どこに行くとも行かないとも言わないこと。でないと、このお祭り野郎ははしゃいで嬉しがって、普段悪い寝付きが更に悪くなって、また熱出すからな。

2)ellisには、当日の朝知らせる。
「ええ!?」と、本人的には寝耳に水なんですが、家族全員に「ほらほら、はよ支度しいやー」と急き立てられるままに準備して、車に乗ったら後は車酔いの心配だけです。ついでにこの時点で、まだ「どこに行くのか知らされていない」場合もあります(長距離の場合)。


……こんな感じで、動物園も水族館も日帰り旅行のすべては当日知らせでした。小学校も後半にさしかかって、ようやく「今度の休みは※※行こうか~」と、話してくれた気がします。
とりあえず、「ここ一番で台無しにする体調」というのは、今も健在な気がしてなりません。
今は沈んでていいんだけどさ。
よつばの「ヘタレのくせに度胸がある」っていう性格も、自分事だーーーーー(泣)!!!
ああ、お隣さんの綾瀬姉妹のように愛らしく育ちたかった…。恵那ちゃんはいいな。美少女の末っ子で。



  ☆フィクションと思い出の狭間なブログが他人事でなかったら、ぜひともワンクリック☆
   家族には絶対言いませんよ。言わなくてもキャスバル兄が、新刊持って笑いに来そう…。
  

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

一兎を追って何も得ず。
6日は珍しく、お誘いがバッティングしてたんですよ。
なもんで、優先度の高い方を取っておいたら、そっちまでキャンセルになって暇な一日に……。
私ってば……orz


きっとこれは「ええから沈んどけ!」という神の啓示と思うことにしている女のサイトへようこそ。
変則的な寝方して、頭痛いです…。『マイメロ』で起こされた…。


無理矢理沈んでいるので、頭痛いですよ。
マウスピースも入れないと、顎のライン崩れそうやし(何の夢を見て、そんなに歯を食いしばっているのかellis)。
これまでなら、実家で無理矢理うだうだ出来ていたんですが、今頃実家は「とうや」(神社の当番らしいです。十年に一度巡ってくるとか何とか?)のお手伝いだ。実家にいても慌ただしい。
親戚の近い家なんてそんなもんかと思っていると、「余所はもっとえげつないんちゃう?」というママンのカウンターパンチが炸裂しました。
あのね、ママン。どこのお家も親戚が半径500メートル以内に集結してるわけじゃないから。家が特殊だから。
娘をこれ以上行かず後家希望にさせないでよ。


「二兎を追う者は一兎も得ず」に従って行動したのに、何だか不条理な夜明けです。
結果的に『マイメロ』で目覚めたわけだから、一兎を追ったのかもしれませんが……柊さまいなかったし……(悔)。
寝てる間にすっ飛ばした薬を飲んで、もう一度沈みます。ぶくぶくぶく。
起きたらまた更新します。何かしらネタにまみれてる毎日め。



  ☆珍しくダウナーモードに安心できたらワンクリックどうぞ☆
   ちゃんと落ちてくれー。と、本人も祈るばかりです(服薬しろって)
  

テーマ:日記 - ジャンル:日記

未知の領域。
昨日はフルートだけではなく、漢方の日でもありました。
どうして隔週で真面目に来られないのかと聞かれたとき、「心の距離が……遠くて……」という、何ともビミョーーーな答えをしたのは私です。
バスが怖いって、案外不便なもんなんです。


漢方でカプセル剤は初めて処方される女のサイトへようこそ。
なぜに外側の色まで毒々しいのか。しかも黄色ベースなのか。
イメージにぴったりすぎて、一瞬飲むのためらいますよ。


「はい、こんにちは~(共通語イントネーション)」
「こんにちは~~(関西イントネーション)」
「……血圧低そうな顔してるけど、大丈夫?」
「血圧ではなく、これはセレネース様のせいです」
当日のヴァイタル、110/72mmHg、107bpm。だから脈拍と血圧が合ってないって。
レポートを読んでいた漢方の先生が「ぷすっ」と笑うので、「どっか、なんかありました?」と尋ねると、「いや、ここがね」と。
指さしたのは原稿のところです。
「ああー、それですか。※☆先生は『辛気くさいからやめとけ』言うてましたけど」
「辛気くさい……ははあ、なるほど(細切れの笑い声が続く)」
「で、セレネースが倍に増えまして、こんな体たらく~~~です。体はだるいけど頭の中はたぎってて、ドライアイは強烈で、湿疹は出るしで、最悪です」
「(脈診しながら)今は無理にでも、休んだ方がいいよねえ」
「私もそう思うんですけどねえ…」
「じゃあ黄連解毒湯でも飲んでみる?」
「うん? 何か前、似たような名前のお薬をもらった気が…」
「ああー、牛黄解毒片のこと?」
すげえ。「解毒」しかかぶってないのに、何で分かったの。
「あれも不味かったけどねー、今度も似たようなもんだから」
すいません、さらりと爆弾発言なさいませんでしたか。
「それでねー、エキス(散剤)とカプセルがあるんだけど、調整しやすいからカプセルにしましょうか」
「はあ」
「まあ、不味いことには変わりないんだけどね」
先生……カプセル剤ならセルロースの味しかしませんよね? なのに何でそんなに不味いを強調するの。また私に勇者の階段を上らせたいの? 
何かもう聖闘士聖矢な気分だよ。できればジェミニのサガ(もしくはカノン)希望。
いきなり黄金聖闘士希望とは、思い上がりも甚だしいなellis。理由はリンク先で明らかです(笑)。


受付のおばさまに「また一つ、未知の領域へ足を踏み入れましたよ~」と言ったら、「ほんまやねえ、ほんまに未知の領域やわ」と言われました。
しかしカプセルは、見た目とは裏腹にやっぱりセルロースの味しかしませんでしたよ。
ドライアイと口内炎に効くそうで、期待しています。



  ☆東洋の神秘と萌えの融合に笑えたら、是非ともワンクリック☆
   セレネースは一錠を眠前に回しています。γ-GTP? もう後回しです。
  

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

どんだけぇ?
きっつ~~~。メジャー(トランキライザー)日中に入るの、きっつ~~~~。
これの意図するところはあれですな、「ふらふらうろついてねえで沈め!!」ですな。


どの曲でも同じ音を間違い続ける女のサイトへようこそ。
レ♯(Dis5)……君が憎い。


二週間ぶりに、フルートのレッスンです。
「せんせえ~~、せっかく薬に慣れたと思ったら、倍に増えました~~~。だから先に敗北宣言です(涙)」
先に宣言するかellis。だからって、手加減してくれなんて言ってませんよ?
もう発表会当日は、薬飲んでいくのやめようかな~。そう言っていたら。
「そうよ、




音楽は弾けちゃっていいから




楽しく行きましょうよ、ねえ?」
いえ、先生……。そっちの弾けっぷりとは、またちょっと趣を異にするのですが……。
ま、いいや。確かに脳内麻薬出ますからね。
ちなみに本日、先生は私と友人を一目見るなり、
「いつも何だか二人でお揃いみたいな服着るのね~~。どうやって合わせてるの? ちょっと気持ち悪いくらい
と。
せんせえ……(涙)。別段霊感が働くわけでも示し合わせているわけでもなく、ただ好きな色や雰囲気が似ているだけと思いますです。合わせてるわけとちゃいますから。
ユニット組んでるわけでもないですからね(苦笑)。


さて、敗北宣言してた割にはいいハモリ具合を見せる私です。
ちょっとずつ形になってきました……が。
問題はやっぱ「トルコ行進曲」でした。
タンギングが……。
tu u tuktuって、なかなかできない。これは、出だしの「ぱらりらら」のところです。ここ、きれいに始まらないとね。決まらないから。すぐにハモっちゃうので、ごまかしも利かない(涙)。
何度か繰り返して、更に最初(第一楽章の抜粋)から通して、先生の感想。




「ellisさん、いつもレ♯を間違うのよね~」




もう~~~~、どんだけぇ? あかん、頭の中でセルフツッコミが入る!
ほんまに、どんだけ間違ったら気が済むねんellis!!
いつもどんな曲でもレ♯をもれなく間違える女、それが私です……って、嬉しくないな。
きっとあの運指が嫌いなんだろーなー…。それですべてが片づくなら、これほど簡単な話も他にありません。
そんなこと言い出したら、高音域の後ろの方(ソ~)は全部嫌いだよ。
ついでに私と友人とで、勢い余って音が跳ねる跳ねる。「トルコ行進曲」の最後の方、先生は「華やかねえ~~~」と言ってくださいますが、私と友人にしてみれば諸刃の剣です。私はファーストパートで高音域なので勢いが強くなる、友人はセカンドパートでこっちに合わせたら勢い余る。
……結果、「これはハモリですか?」みたいなパートができてます。所々で「ぴっ」って不快な音出してるし……(遠い目)。


「出だしはゆっくりで行こう!」も合言葉になりました。
でないと、音符の細かいところを1小節ずつリレー(苦肉の策)する時に、もれなく自滅できるんで。
結局どこまでも「ギリギリ行進曲」ってことで。本人たちは必死なんですよ(泣)!?
さ、来週はお互いどんな格好してくるのかなっ(笑)♪ 早くセレネースに慣れて、周りに迷惑かけないように練習します。
レ♯の呪いから、早く抜け出そう……。柔軟に動く薬指が欲しいなあ。



   ☆相変わらず女神の微笑みで無邪気に毒舌を放つ、素敵な先生にワンクリック☆
    いや~~見習いたいですよ、女として(笑)。そんな先生が大好きです♪
    

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

レポートいかがですか。
しくった……採血の後、ちょっと油断したら血が止まらない。
止血綿余分にもらってきました。


乳がん検診の葉書がやってきた女のサイトへようこそ。
……三十路ルート、本格的にスタートです……。


最近精神科では、研修医さんが必ずいます。今日のお兄さんは、ちょっとむさくる系の熱意あふれそうな人でしたよ。
「はい、どうも。どうですか」
「こうですよ(レポート提出)」
「……(熟読中)……(途中、研修医さんが一生懸命覗いているのでコピーをもう一枚あげました。明日、漢方に提出するつもりでしたが、まあいいや)……セレネース、増やせってか?」
「いや、むしろ減らしてくれたら……」
「よし、増やそう(聞いちゃいねえ)。倍にしよう。そうしよう」
「……原稿できてへんのに……」
「しゃーないやろう。今度はどこ送るねん」
「▲☆社の『※◎』……」
「あー、あれな。私は昔読んでたで」
なんと。
「雑誌の傾向として、どうですか?」
「うーーーーー……ん……せやなあ、辛気くさい
ぶわはははは(泣笑)。これ以上的確な表現も、他にない。


「日本の純文学自体が、もともと辛気くさいっちゃ辛気くさいでしょう? それは国文で学びましたよ」
「今時純文学なんてないやろう。今の日本では、『文学』なんてなくなってしもたねえ」
「そりゃーね、日本の『純文学』は、≒『私小説』でしたけれど。確かにあれらは辛気くさいんで、私はほとんど読んでませんよ(国文出身の科白じゃない)」
「純文なんて、売れへんでー? やめとき、やめとき」
「ある意味、売れへんから純文……」
「そうやな、そうとも言える。あなたは正しい」
いや、正しくないから。そこは意見を覆してよ。
「お、そうや。こないだあなたが教えてくれた洋書のお店で、おもろい本を買ったで」
何かと思えば、数学の本でした。ラテン語で書いてあったのを英訳してあったので、思わず買ってしまったのだとか。
「あー、丸善はどうなっとるんや。まだできへんのー?」
「そんなん知らん。辞めた人間に聞くなかれ。他にも本屋、あるでしょー?」
「あかん、もっとうこう、棚に並んでるのを見てやな、楽しませてくれる店でないとあかんのや!」
「はー、なるほど。せんせーは棚で買う人なんですね」
この、真の本好きめ……。Amazonも拒否する棚買いめ……。
「棚を見てやな、ついついあれもこれもそれもと買ってしまう。あれが楽しいんやんか」
躁状態で、ついさっき似たようなことをしてきた私にそれを説くか、主治医。
うっかり「あれもこれもそれもどれも」になりそうだったんで、子供のおやつ買いのごとく取捨選択が大変でしたよ。


「また丸善の情報入ったら教えてや」
せんせー、私は患者……。
「ほな薬もこれで、ええですね」
「セレネースって、血中濃度測るですってね。知らんかった」
「ああー、昔はそんなことも言うとったねえ。どしたん?」
「いや、何でかなー、と思って」
「あんまり意味がないってことが分かったからやめてるねー」
「ほな、カルバマゼピン(テグレトール)は?」
「カルバマゼピンは測りますよ?」
「じゃあ測ってよ」
「……君、測るん好きやなー」
いえ、もう3ヶ月以上測ってませんから。躁状態になってからも測ってませんから。
そんでちょろっと採血した結果が、冒頭です。やってらんねぇー。


「……増えましたねー」
薬剤師さんに、切ない顔でセレネースの説明を受けました。いえ、もういいです。分かってるから(涙)。
明日は漢方。頑張って早起きしないとな。それ以前に、朝寝て昼起きるのやめろって。
漢方の先生とも、レポートで間を取り持っています。



 ☆相変わらずな主治医との会話に、呆れ果てたらワンクリックどうぞ☆
  隔週でバカやってます……お互い(苦笑)。
  

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

曜日とレポートの間。
さっきの記事のマサラティー(もどき)ですが、姫に「そんな手の込んだことできないわ~」と、これまた姫らしいメールを頂きました。
うん……私も躁状態だからやってるんだと思うよ。その有り余ってる気力で、3万枚くらい原稿書いてこいと、自分でも思いますです、はい。


いつも月曜と火曜の境目が曖昧な女のサイトへようこそ。
なんだかねー、気がついたら火曜になってるって感じです。つまり月曜はすっからかんに暇してるってことですな。


そういや、昨日スーパーに行ったら、土生姜が売り切れてました。
他の野菜は有り余ってるのに、生姜だけ売り切れ。何? うちの近所、生姜に席巻された??
そんなのは、うちだけで十分です。
ところで今日は、もう火曜日です。ということは、主治医に提出するレポートを書かないといけません。





心の充足の為にネットラジオを聞いていたら、日付が変わっていたなんて……言えない。




やっと電池が切れたように眠っていたことだけは、報告しておきましょう。セレネース、抜いてくんないかなー。
豆乳なんか摂取しようとしている私がおかしいように、心のどっかで「痩~~せ~~ろ~~~~」という、地獄の魔女の声がしますよ。
これはやばい。もれなくドグマチールが来る。いや、相性悪かったから来ないかもしれないけど、似たような系統が来る!!
あんなもん飲んだら、太るじゃないか。←この発想が、既にやばい。
まだ大丈夫(なはず)。初めて主治医に会ったとき、私の体重は47キロだった。今は……今は言わないよ……BMIが18.7なことは言えますが(47キロの時は17.5すれすれ)。
当時、どうやら手首の筋が浮いていたそうで(姉妹からす談)。そこまでは行ってない。まだ行ってないぞぉ。
これ以上痩せたら、フルートが吹けない。徹夜する体力がなくなる。骨粗鬆症が来る。……ロクなことあれへんやん。
季節の変わり目なんて嫌いだ……。漱石にあやかって、英国あたりで過ごしたい(彼の国の諸犯罪は聞かなかったことにする私)。そんでもって、チャリンコに乗ってぶつぶつ言ってるの。
あの国なら、眠剤持ち越しでチャリンコ乗ってても、割に大丈夫そうな気がします。憶測でものを言うのはやめましょう…。



「不安発作がね」と言っても、「根拠のない不安なんかあり得へん」と、取り合ってくれない主治医を持っています。
根拠……そうねえ、将来への不安とか将来への不安とか将来への不安とか。
↑神経内科では「1メートル先ではなく、5センチ先だけを見るように」と、言われました。けだし、至言也。
「原稿進まない」と言えば、「作家らしいやん」と、せせら笑われる……(悔)。
どうやって飼い慣らそうか、思案中です。さ、例のマサラティーもどきでも作って落ち着こうっと。



☆ランキングの参加場所、変えました。
 お暇な~ら~「ポチっとな♪」で、お願いします。
 拍手だのなんだの、ごちゃごちゃしてきましたね…どうしよ。
 様子見て、どっちかに統一します。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

安く美味しく。
100円ショップで買ったミルクパンが、大活躍中です。
一回分のチャイを作るのに、ホントちょうどいい。トータス松本さんが、チャイの作り方を披露していらっしゃいました。それはこちら
私のは、シナモンスティックとクローブ、気分でフェンネルが入り、すり下ろしの生姜が最後に入るのでちょっとマサラティーちっく。


本場のチャイほど甘くはできない女のサイトへようこそ。
豆乳に味ついてるしなあ……。一口飲んだけど、どこが甘いのか分かりませんでした。豆乳……奥の深い世界め。


我が家でのミルクパンの地位は、105円の割に結構高いです。
一つは上記の通りチャイにするからであり、もう一つはハーブを煮出して化粧水にしたりするから。
合計210円か(一応使い分けてるんですよ?)……。相変わらず安上がりやな、ellis。
シナモンは、パウダーではなくスティックが好み。折り割って入れると、チャイ全体にがつんと香りが行き渡りますから。クローブも同じく。すりつぶして加えるよりは、がんごん煮込む方が好き。紅茶の色がすっごくなるまで。
生姜はスライスして最初っから煮込む手もありですが、一緒に食べると繊維質が取れると聞いて、最近はすり下ろして最後に加え、一煮立ち。
まあどっちにせよ、暑い季節には考えもしないメニウです。
ついでに、我が家のチャイはミルク分が少な目ですが、それはellisが牛乳嫌いなせい。いろいろ見てると、紅茶:ミルクが1:1みたいですが、我が家は2:1くらい。
気にするな! 摂取しているという事実が大事なんだ!!
好きな牛乳は、蒜山のジャージー乳くらいですが、あれは加熱するより生で冷やして頂く方がいい。ついでにあんな高いもん、しょっちゅう買えるか。
それでなくても、スパイスはギャバンなんだから……。ポテトチップスは今みっつでしたが、スパイスは美味しい。
もとの「生姜紅茶」からずいぶんかけ離れてきましたが、結局ちょっと甘めにして1日1~2回が限度。砂糖の量も、………生姜の量も………。
お前、3回分ぐらい平気で突っ込んでるやろ!? というくらい、すり下ろして入れてます。うっかりすると、土生姜のパックが1日でなくなるくらい。1回で400ml近く作るから、まあ仕方ないかもしれませんが。
体は温まりますが、気をつけないともれなく胃痛にもんどり打てる量です。真似しないでくださいね。


だいたい、「生姜ひとかけ」ってどれくらいなんだか。
生姜消費量の多い我が家と実家では、誰か止めないと1パックまるまる入りますよ。
ニンニクのひとかけなら、分かりやすいのに。彼らは自分から分量に分かれていて、潔い(?)ですな。
我が家で他に消費量の多いものは、大葉かな……。結局薬味野菜か。
またルピシアで茶葉を買ってこようっと。一番いいのは、リプトンの100パック入り500円の箱!! 安い上にごんごん色と味が出て美味しいぞ。ティーパックだから、後始末も楽だし。
場所によると、500円どころか半額で売ってるって話も聞きました。チャイにしなくても、私のライフラインだったりするので(いいお茶は、自分へのご褒美だから毎日は飲まないのです)買い込みに行かなくては。


実家に帰ると、ママンが私に「ミルクティー作ってーー」と、のたまいます。
そんで私が、スパイスを除いた(シナモンスティック等がないんだもの!)甘ったるいのを作ると、「やたらめったら美味しい」という感想を頂きます。
うん、ママン……それは疲れてんだよ。大した手間じゃねーんだから、自分で作れっての。
この時は、ママンが牛乳好きなので紅茶:ミルクが1.5:1くらい。どこまでも1:1にしない、わがままellisです。
これを書いている現在も、私の隣にマサラティー(もどき)。ちょと砂糖が多すぎたと、反省をしております……。
ついでに豆乳の味の濃さと牛乳の味の濃さが違うので、目下割合を研究中。といっても、目分量ですがね☆



テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。