羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
200801<<1234567891011121314151617181920212223242526272829>>200803
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バレンタインディ・キィッス☆
タイトルを見て、曲どころか振り付けも分かった貴方。
白状なさい、萌えの原点を。
いつからそんな人になってしまったのか、私には分かっていてよ。……なぜならキャスバル兄が、未だに歌って踊るからさ……(涙)。


おかげで自分まで歌って踊れる女のサイトへようこそ。
といっても、このサビ部分しか覚えていません。


今朝は起きたら喉が痛い。もういろいろ降参です。漢方に予約を取って、診てもらって来ました。
「木の芽時だからねえ……」
と、漢方の主治医。確か去年の秋に、躁にすってんころりんした時も、似たようなことを聞きました。
そんでもって、去年の春も同じ言葉を聞いた。
相変わらず、環境の変化に弱い女です。引きこもり素質、抜群だな。
薬は以前に出た、抑肝散加陳皮半夏と三物黄ごん(くさかんむりに令)湯……。
に、胖大海(パンターハイ)がプラスされました。
ただでさえ毎月ロキソニンを大量に飲むのに(頭痛+月の恩寵)、これ以上飲んでいてはアスピリン喘息を起こしやすくなるためだそうです。
「パンターハイ」、「はんだいかい」等の読みで、検索には引っかかります。漢字だとジャストヒット。でっかい種のようなものが、ごろんとあるだけです。これをマグカップに入れて、お湯を注ぐ。……で、飲む。捨てないでマグカップに入れたままで、どんどんお湯はつぎ足していく。そういう飲み方をする薬だそうです。喉痛や頭痛、咳に効くそうで、多少の苦みはこの際気にしないことにします。
薬膳として、こんな解説を見かけました。どっちかというと、お茶として書いてあるサイトが多かったのは意外です。
……まあ、百合根まで出る病院だから、今更何が出ても気にすまい。また勇者の階段昇っちまいましたよ。


その足で姉妹からすのお見舞いに行くも、すれ違い。
私も用事があって待てなかったので、残念でした。
さて、用事とは「遅がけのバレンタイン」です。百貨店の中は、どこも何とな~くバレンタインの名残があって、うら寂しいやら今回に限っては頼もしいやら(苦笑)。
他の皆さんにお配りしたのと同じお店で、あれこれとカゴに入れてカウンターに持っていったら、担当は奇しくもこの前接客してくださった店長さんでした。
向こうも「ああ」という顔で私を見て、「小分け袋、お入れしておきますね」と言ってくださり、あまつさえバレンタイン用の紙袋まで用意してくれる始末。




何故、使用目的が分かった(血涙)!?




何故、2度もバレンタインをしていることが!? それがプロの目? プロフェッショナルなの??
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥まあ、「ご自宅用ですよね?」とか言われるよりは、ずっといいんですが。
でも何だかいかにも「遅れたけど急いで買いに来ました」って感じは、やっぱり恥ずかしいです。
あの店長さんの目に、どんな風に私が映ったのか……。聞きたいけど聞きたくない。
それから、また京都駅前の郵便局に行き、経過はこの前と同じです(笑)。
唯一違うのは、行動時間が長かったせいか、帰りのバスで酔いました。ふ、市バス……。相変わらずな殺人ドライビングだぜ。


近所の書店で揃わなかったコミックも買って、ご機嫌さんだったellis。
しかし家に帰ってから、「しまったぁぁあああ、ビデオテープぅぅぅう!!」と、叫びを上げました。
明日の『マイメロ』……収まるかなー。9分間、保たせてください神様。



  ☆タクシーの運ちゃんに受験生と間違われたのか、「開運お守り」として、5円玉の入った小袋を頂きました。「勘違いするなよ。若いんじゃなくて幼いんだからな」と、ellisの心臓に釘を差しながらワンクリックお願いします。☆
   声も字面も子どもっぽいですからねぇ……。大人のいい女に憧れますが、道は険しく遠い(涙)。
  
スポンサーサイト

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。