羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
200902<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200904
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
足された。
帰り道のドラッグストアで、「ごっそり角質が取れる!」というペンみたいなのを売っていて、欲しくなりました。足裏のでっかいたこが、そろそろ限界なんで(ださっっ、女としてださっ!)。
が、よーく説明を読んでいると、「あまり力を入れすぎないでください。流血の恐れがあります」と書いてあり、分類が「刃物」になってたので、おとなしくイ●コロリの親戚みたいなん(サリチル酸が入っているみたいですが?)買って来て貼りました。
……ミョーに切ないです。


結局足された女のサイトへようこそ。
む~~、都合悪くなったらすぐ眠前に逃避する(処方が)!


昼頃精神科に電話をかけると、「今日は混んでるから、早めに来て欲しい。来ても長く待つかも知れない」と言われた上で、GO!です。
そして到着してみれば、いつもよりかなり早い時間に到着していました。
はは…なんで普段、これができんのか。
「待ち時間長い」とは言われたものの、そんなに待ちませんでした。看護師さんか主治医が、うまく隙間に入れてくれたようで。
ただ、いつもと面子が違うから待ちづらかったですね…なんか空気違う。


で、診察です。
「はーい、どないしましたー」
「せんせー、私、もうあかんかもしらん」
「何があかんねん」
「文章書かれへんかも…作品なんてもうあかんわ」
「何、そりゃ一大事や!! 何があった!?」
伝家の宝刀とはこのことか。私が卑怯なのかと言いますと、先週末から軽くパニックなんで、あながち嘘でもないのです。
「んんー、××で、●◎が、※☆みたいでやばそう」(症状えげつないので、割愛)
「なんやと!? そらえらいことやがな!!」
「で、その壊れてる頭でまとめました、はい」
レポートを渡すと、いつもの姿勢(椅子をしゃーっと蹴って、ちょっと距離を取ってから)でふむふむと読んだ後、おもむろに。
「P●C、増やそかー…それしかないねえ」
「やっぱりそれしかない?」
「眠前入れよか、そこしかないねえ」
「…せんせ、こないだのカルバマゼピンはどないやったですか」
「ん~~~~~、あ、あったわ、10.4(μg/ml)。ギリギリやね!」
有効血中濃度は、だいたい4~12μg/mlなことを思うと、確かにギリギリ。
あんまり数値が高いと、うつに落ちます。
処方を入れながら、
「待てよ、テグレトール(カルバマゼピン)の血中濃度上がってる可能性もあるな…」
ここで再検査なのかと思いきや、
「ま、もう一週間これで様子見ましょう。ほな来週ね~」
ちなみに主治医、アモ●サンの減量の話はけろっと忘れてました。努力した私の1週間を返せ。今はまだできない努力と悟り、今日から40mgに戻しています。
ついでにあたしの病名、何になってんだろねー(泣笑)。次の診断書が楽しみだよまったく。


薬剤師さんが先週と同じ、私と同じ名前でしかも気の強そうな美人という、大変私好みのお姉ちゃんでした。
で、そのお姉ちゃんに叱られた(笑)。
「来週は、何があっても血中濃度測ってください!」
はい、すいません…。
「ellisさん先生とよくお話しできてますけど、そこは譲らないでくださいね!」
はい、すいません…。
帰り道にテジャワのミルクティー(かつて大好きだった)を見つけたので、ちょっとほっこらしましたが…。
「リプトンのミルクティーのが、うまいな」
テジャワ、あっさりしすぎてました。そう言いつつ、ジャワティーストレートが大好きなellisですよー。
では明日は漢方なので、早く寝ます。ね~むれ~~~~、ね~むれ~~~~♪
スポンサーサイト

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

不調です。
ここには書けないような煩悶をして(お色気方面ではなく)、くたびれています。
ここでは「しんどいことも笑って飛ばして」欲しいですからね、書けない。つーか、書きたくない。


ので、ちょっと午後から医者に行って来ようと思います。
レポートも書けないのが参ったな~。
今からたどたどしい、小学生の作文以下のレポートを仕上げます(握り拳)。
薬が増えるか減るか変わるか~、さあどれかなっ♪

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。