羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
200904<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200906
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
血迷いサンバ。
春は不安定になりやすいです。
ちょっとしたことで、ふらふらぐらぐらしてしまいます。
セルシン飲んでため息ついてますが、きっとまた脈拍が上がっているに違いない。


デパスの出番を減らした女のサイトへようこそ。
まあ、主治医がくれないってのもあるんですが…。予備は予備として置いておきたいのと、これ以上頭ぼーっとしたら、毎日成り立ってゆかんでしょうという理由です。


昨日『戦国BASARA』~『戦場のヴァルキュリア』までを見ていたら、必ず「ネットで流しちゃダメだよ、犯罪だよ」と、テロップが出るではありませんか。
放映される時間帯が時間帯とはいえ、おっきなお友達しか見ていない証拠ですね。
テレビはまだ買ってないので、ケータイで楽しんでいます。このままテレビなしの生活でもいいんじゃなかろうかとさえ思うほどです。
最初はパパンもぐだぐだ言ってたんですが(パケットの概念が理解してもらえないので、パケホーダイの意味を理解してもらうのに手間取りました)、キャスバル兄の家のテレビまで壊れ、野球放送が見られなかった時に私のケータイ大活躍。
「はー、すごい時代になったもんやなー」と、パパンは言ってましたが、普段なら必要ない機能だから。
たまーに電車内で、ヘッドホンなしでテレビ見てるサラリーマンとか見ますが、あれは常識を疑う…。
いや待て私、落ち着け。テレビはやっぱいるだろ。だから給付金申請したんだろ。血迷うな。


『戦場のヴァルキュリア』(実は『戦国BASARA』とこれが見たいだけ。『ヴァルキュリア』は、ゲームが出た時から気になってたんです)が終わったら午前4時なので、今日は『絶望先生』を買いにいけませんでした。
どのみち、雨だから紙もの買うのはためらわれる日です。
今日はご飯を買い出しに行っておしまいです。あんまりお腹空かないんですが、食べないわけにもいかないし。お菓子食べたら太るし。ああジレンマです。
ところで黒烏龍茶って、効くんでしょうか。ヘルシア緑茶は実際に痩せたって人を見たんですが、黒烏龍茶は中性脂肪対象ですよね。まあ長い目で見れば効いて欲しいのですが、買い続ける予算はないので、濃く煮出したウーロン茶で我慢しています(意味なし)。
個人的にはプーアル茶の方が痩せそうなイメージがあります。あくまでイメージね。
脂っこいものの後だと、やっぱりウーロン茶が合うかなあって気がしますけど。


昨日はいろいろ血迷っていたらしく、もう少しで『ケータイ大喜利』に投稿してしまうところでした。
投稿生活は紙媒体だけで十分です。
『絶望先生』の久米田康治先生が「漫画家は期間工と同じです」って紙ブログで言ってるの見ると、切ない気持ちになります。デビウできても期間工か……。
ちょっと不安定ですが、休み休み頑張ります。

スポンサーサイト

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

ぱちん。
おひるごはん。
うどんの国から帰って来る時に、買って来たお昼ご飯です。
駅で買うと最低1000円しますが、駅前のスーパー特売品だと、ほぼ3分の1で298円です。
お茶も98円で売られているので、ワンコインで100円以上のおつりが来ます。
1時間近く快速に揺られていたため、マグロが切ない変色を始めてますが、美味しかったですよ(笑)。


おたべの国の物価は高いとしみじみする女のサイトへようこそ。
そもそも比べる方が間違っとる。


おたべの国でも物価の安いところはあるんでしょうけれど、一応ellisの住まいは市内ということで、若干高めです。
うどんの国では売ってる単位のでかさにびっくりしてました。
これも箱売りか、これも!? みたいな。
まあ、みんな車持ってるしな。その方が割安だし。
ちなみにellisがやってきた最後のお手伝いは、1箱2キロのえんどう豆の殻剥きです。さすがに2キロはやりごたえ十分でした…。
ゆがいて小分けして冷凍して、1年かけて食べるんだそうです。あー、また豆ご飯とか卵とじとか食べたいかもな。
それはまた実家に帰省した時に。


しかしおたべの国にも居着いて干支がぐるっと一回りです。
やっぱり長く住んでいるところが過ごしやすいです。今の家にももう6年いるし(引っ越したくてたまらない)。
今の家には追われるようにして入りましたが、出て行く時は胸張っていきたいですね。
そのためには書かないと。
連休中にしみじみと思ったのですが、もともとやろうとしていなかった文学なぞを目指すから、毎回胃が痛かったり筆が重かったりするのですよ。
結果そうなったらそうなった時で、基本はやっぱりエンタでしょ?と。
このブログがいきなり深刻で憂鬱な私小説もどきになったら、誰が来てくれますか。
少なくとも病院漫才とか楽しみにしてくださってる方々を、裏切ることになるでしょう。
そうだ! しばらく書くことを楽しんでない。精神衛生上非常によろしくない。よし、弾けよう。
そんなわけで、手っ取り早く弾ける算段をつけて来ました。
これでうんうんいうなら、また方向性を考えますが…。あー、自分のお先が今のとこ真っ暗って、憂鬱です。
『絶望先生』の新刊を近くゲットして、DVD見て叫ぼう。「絶望したぁ!」(神谷浩史さんボイスでどうぞ)。


テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。