羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
200908<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200910
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3連チャン。
一昨日も病院、昨日も病院、今日も病院ですよ。
ああ、嫌だ嫌だ。


思ったよりかぶれてなかった女のサイトへようこそ。
かぶれ止め塗ってくれましたからね。でも、痒い(泣)。


今日はホルター心電図を外してもらいに行かなくてはなりません。
昨夜はこれが気になって、ぜんぜん熟眠できんかったよ(嘘つけ。4時間ほど気絶してたくせに。単にラ●ナの離脱症状のくせに)。
行動を逐一記入するんですが、たぶん何か言われる気がしたのが「左胸部肋間神経痛」。
関係ないとは思うけど…。検査って疑ってなんぼの世界だし。


がったんごっとんとバスに揺られていくと、今日も賑わっております。
いや、いつもより賑わっております。
……そうか、シルバーウィーク前の駆け込み需要か!!
と気づいたのは、精神科で処方箋もらって薬局に行ってからでした。
精神科の受付を済ませると、まず検査室に行って(これも第1と第2とか第3とかややこしい)受付を済ませ、待つことしばし。
べべっと勢いよくテープをはがされて、いっぺんに眠気が飛びました。優しさって文字はあんたの中にはないんか!? と、ツッコミたくなるような気分でしたが、はがれにくい特殊なテープらしいので仕方ないですね。
やはり肋間神経痛を指摘されて、そこだけちょっと見て来るので20分ほど待っててくれと言われました。
ほえ? その場ですぐ解析できるもんなの? 
眠気で本の内容が頭に入らないので、本当にぼけーーーーーっと待っていたら、「あ、じゃあ今日はこれで結構です」と。
ちょっと? さっきの引きは何? 何もなかったんだな? そうなんだな?
眠たい頭の中で、検査技師さんの襟首を掴んで揺さぶってから「ああ、そうですかー。ありがとうございましたー」とお辞儀して帰ってきました(笑)。


精神科ではラ●ナの離脱症状が抜けるまで頓服をおくれと我がままを言ったら、連休前で怒濤のように忙しかった主治医が、ぽんと機嫌を悪くしました。
ま、ご飯前で血糖下がって機嫌悪かったのもあるんだろな。
数少ない(本当に)採用薬と折り合いを付けた結果、レン●ルミン2錠になりました。
中期型最強のロ●プ●ールが2錠入ってるので、中期型、長期型は入れられないし、メジャーは眠前に飲めるようなのと似たような構造の薬を日中に入れているのでパス。
すると短期、超短期になるんですが、銀春の上乗せは耐性のつき方からいってやめたい、私の3(本当は「私の睡眠」なんだけどね・笑)は何が悪いのか、私には効かない。世界トップシェアの売れ行きなんだろ、どーなってんだ、私も寝かせてよ。そのいとこの(非ベンゾ)ア●バンは作用が弱い。
作用の弱さで言ったら、レン●ルミンも変わらない(むしろ個人的には劣る)んですが、2錠あげるやんと、譲歩されてしまいました。
まあ、デ●スの頓服までくれたんだから、怒りたいの一生懸命我慢してたんだろな。私も眠気でいっぱいいっぱいで、半泣きだったんですが、今なら(お昼寝後)分かります。


で、薬局に行ったら65分待ちの表示。くらっときました。
隣り合わせたおっちゃんに「病院で3時間待たされた挙げ句これ。今日は混んでますね」みたいなことを話しかけられたのですが、精神科の後からなぜかぼろぼろ泣いていた余韻と(疲れてるんだろう…)タイミング悪く名前を呼ばれてしまったので、相槌だけ打って席を立ちました。
帰りは…何度も人や自転車とぶつかりそうになる上、真昼はまだ暑い。帰って来てお昼ご飯を食べたら、銀色の春で(早速レン●ルミンは使わない)お昼寝しました。
いろいろ変に落ち込んだのは疲れてるせいだ。寝よう…。


さて、次は28日に循環器科で「健康でしたよ~」と言ってもらいに行ってきます(笑)。
明日からシルバーウィークか。明後日からキャスバル兄の家にいかなくてはいけないのですが、準備しないとなー。
今日はちゃんと眠れるかな。私の中ですっかり信頼が地に堕ちているレン●ルミンが効いてくれるといいなー。
スポンサーサイト

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。