羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
200910<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200912
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
500円ギャンブラー。
ハロさん。
ああ、画面右脇の書籍の散乱具合は気にしないでください。
コンビニで(どこのコンビニか、丸分かりだな…)500円のガンダムくじを引いたら、なんとハロのぬいぐるみが当たりました。
びっくりです。当たったことと、ブツのでかさに。


高校生が群がる時間でなくてよかったと思う女のサイトへようこそ。
コンビニの店長にまで(どう考えても面が割れてる)「お、当たったねえ~」と、言われてきました。
そんな人気商品やったんか!


別にわざわざ500円を投じずとも、買い物をするだけでくじは引けるのです(商品は違うけど)。
なのについ、出来心を起こしてしまいました。
まあ、悪い商品はそうないし(『00』の時は訳が分からず←見ていなかった)、1st30周年記念だしなあと、BGMにもつられながら(もえあが~れ~もえあが~れ~もえあが~れ~ガンダム~♪ のアレ)ふらっと引換券をつかんでいたのですよ。
ちなみに買い物をしたくじは、ご飯が当たり、これまた喜んでいいのか、十分量を買ってしまっているので飽食になるのですがとツッコミたいのですが、どうしたものかと思いながら、帰ってきました。


帰り道に、なんとな~く『機動戦士ガンダムさん』のネタを思い出してる私がいました。
「アムロ、脳波レベルオチテル」
とハロが言い、「そうかい?」と答えるのが本筋。『ガンダムさん』には続きがあって、
「アムロ、人トシテレベルオチテル
と言われる一コマがあります。
なんか、そんな気分でした。「ellis、人トシテレベルオチテル」と言われているような…。
でっかいぬいぐるみが増えるのは嬉しいけど、そこんとこどうよ!? みたいな。
ちなみに声は故井上瑤さんでお願いします。三石ボイス? 悪くはないけど認めないな! 
うちにいるオレンジのハロも(いるんかい)井上さんのお声で喋りますし。
今は全部三石ボイスらしいですね、ハロ。ちょっと切ないなあ。いきなり「キャスバル兄~さ~ん!」と叫び出すシークレットボイスには、いろんな意味でどっきりしましたよ。


でもまあ、おいでませハロさん(でかさ的に「さん」づけ)。
一瞬オクに出すことも考えなかったわけではないのですが、コンビニの人たちがあまりに素直に喜んでくださったので、転売はためらわれました。
……弱い私です。そういえばこれまで引いてきたくじのヒットは、他に麦茶ポットがあります。実家にあるビニールシートも私が引いたんだっけか? ならばあれも役立っているのでヒットですね。
ミスドにマグカップ(今度こそ私のマグカップ!)交換に行きたいのですが、なかなかです。ノートと鉛筆提げて、行こうかな。
でもとりあえず、明日はフルートの音合わせだ!
スポンサーサイト

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

FC2トラックバックテーマ  第844回「心に残った絵本」
『ごんぎつね』、『泣いた赤鬼』、『ピカドン』…。
忘れられない絵本は数多いですよ。しかもバッドエンドに限ってよく覚えてる。
『泣いた赤鬼』は、思い出しただけで泣けてきます。あんな悲しすぎる話を、多感な子どもに訴えていいのだろうかと思うと同時に、「最近の子は読んでますかー?」みたいな気分にもなります。
ちなみにうどんの国駅前には、「いい青鬼」の像があります。鬼が島だったのではと言われている女木島が近いせいだと思うのですが、毎回その青鬼の像に食って掛かってるのは私です(笑)。
そりゃああんた、いい鬼だよ、よすぎるよ! 自己犠牲発動だよ? 切ないったらありゃしないよ!! と、うどんの国駅前で、キュートな青鬼さんを前に泣きそうな顔をしている三十路女を見つけたら、それはellisと思ってもらって間違いありません。


『ごんぎつね』は、たしか授業でやるはずですね。『てぶくろをかいに』と比べると、やはり段違いに切なく厳しいっ! 黒井健さんの素敵なイラストがついている絵本を、『てぶくろ』とセットでキャスバル兄にプレゼントした記憶がありますが、どんなに綺麗なイラストでも、心はえぐられてしまうのさ。ごん…切ないよおおおお。


『ピカドン』は、恐いもの見たさで、みんな見てましたね。一種度胸試しみたいな風潮があって、「見た?」となったのですが、当時私は長崎で被爆しながら医療に従事した永井隆先生の娘さんの本を読んだ直後。もう号泣どころか。カルチャーショックでしたよ。


ハッピーエンドで何か覚えてるのってないのかな。
……『くまのプーさん』のラストでさえ泣いてしまう私には、「ハッピーエンド」の定義そのものがどうやら難しいようです。だって、プーがナイトに叙爵されるされるところなんて……うああああ(泣)。
ちなみに夜中、一人で『フランダースの犬』を読んで号泣したのも私です。アニメも切なかったけど、私には原作の方が想像力を刺激されてだめだった…。
あと、『赤いろうそくと人魚』とか『金の輪』。小川未明は全体的にいい意味で切なかったな。不気味すぎて脳内エリミネートしたのは『ハーメルンの笛吹き男』ね。
グリム童話もアンデルセンもイソップも平等に読みましたが、イソップはちょっと意地が悪くて好きになれませんでした。『すっぱいぶどう』とか、鶴と狐のスープの話とか、犬がくわえてたお肉を落としちゃう話とか(これでさえ泣いていた)。
童話はシャルル・ペローが一番好きかもしれません。『長靴を履いた猫』でおなじみですね。
あと、『ぐりとぐら』シリーズと、『だるまちゃん』シリーズも好きです。ほのぼのしてて。ちなみにellisはだるまちゃんと共に泣き、拗ね、笑ったり、ぐりぐらと一緒に心は遠足したりするような多感すぎる子どもでした。こーいうのが情緒不安定になるんだろうか。まあ、親譲りなんでしょうけど。
4コマ漫画やギャグ漫画が好きなのは、泣く要素が少なくて済むからかも知れない…。なんとなく、そんなことを思った夜でしたよ。
おっと、「絵本」の領域からはみ出してしまった。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。