羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
200910<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200912
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
穴があったら入り隊。
……なんか、前にもこのタイトル使ったような。
恥の多い人生を送ってきました。


ドーレーミーと練習し続ける女のサイトへようこそ。
関節ってのは、毎日動かさないと柔らかくならないらしいです。もうあかん領域に入ってたらどうしよう(泣)。


音合わせ! ……に、豪快に寝過ごしました(猛省)。
たどり着いたときは、まだ頭が寝ている状態。
とりあえず始めましょうと始めたら、どうやら寝ているのは頭だけではなく体もだったことが判明。フルートがぐらんぐらんに揺れますよ。
この期に及んでこれはないだろう。……と、先生は思ったと思います。
私はといえば、嗚呼、これだからアホは……。と、内心真っ赤になって壁の隅に向かって座り込み、「鬱」って100回書きたい気分でした。
とにかく、ドとレがおかしい。勝手にド♯になったり、音が混ざったりします。
右手の小指と薬指の動きが半端なく悪く、毎日フルート持って「ドーレーミードーレーミー、ミーレードー」と、繰り返し練習するように言われました。
とほほ…。でも座って吹くのと立って吹くのって、これだけ違うんだなあ(座ってたときはなんとか誤魔化せていた)。
先生曰く、脚力と腹筋の不足だそうです。腹筋はともかく、脚力は割とある方だと思ってましたが…。
寝てたんだろうな、どこまでも。
それはもう、清々しいほどに。


ちょっと雑談をした時に、先日のコンサートに出て来たスピネットの話になりました。
何で鍵盤の色が今と逆かというと、貴婦人の白い手がより美しく見えるようにという理由だったそうです。
では現在の形になったのは何故というと、なんだか曖昧みたい。音の響きの関係かなあと先生は仰ってましたが。やっぱ白い鍵盤の方が明るく響くから、こっちメインに持って来た方がいいんじゃない的な感じです。
逆に先生に「そうか、そういうことを喋れば良かったのか~」と、感心されました。
先生はプロだから当たり前と思ってることでも、私らずぶの素人には興味津々な話が多いです。
たぶん質問魔と思われてそうなくらい、よく質問する女です。お前は子どもの知りたがりか。


とにもかくにも最悪な(もうそれは語りぐさになりそうなほど。レジェンド更新か)音合わせが終わり、先生とお昼ご飯をご一緒して帰ってきました。
あまりに落ち込んで、本屋で買い物もためらわれる始末。「ふ……こんなあたしに、本を買う資格なんて…(涙)」と、勝手に思い込みながら、駅前のスーパーに寄ったら、岩塚製菓の「きなこ餅」発見ー!!
ブラヴォー! と、ご飯の材料とともにいそいそと仕入れて参りました。
今週(来週?)またママンが持って来てくれるでしょうが、これに飽きる頃は来るのだろうか私。
地道に練習して、本番に備えます。本番はぶっちぎってごまかしやまやかしが入る気がしますが、無問題、気にしない(泣笑)! こーいうところに人生が出るのさ!
スポンサーサイト

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。