羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201001<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201003
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
循環器科陥落。
すいません、昨日は暴走超特急でしたね。
昨夜はぎんぎんに目が冴えて眠れませんでした。どうにか寝たのは4時頃だと思いますよ。
そんなにショックだったんです…あの失敗。周りは温かい目で見てくださるんですけどね、自分で自分が許せないみたいな。そんな感じ。


半分寝てる状態で通院する女のサイトへようこそ。
これがあと2回続くのか……。いや、帰省込みだと3回か。


今日は循環器科の診察の日です。
やったーーーーーーー!!
え、何がって? 体重ちょっと減ってたーーー♪♪♪
ヴァイタルも正常。いつもここで測ると、いい数値が出ます。
たぶん、なんですが、正しい高さに血圧計が置かれてるせいなんじゃないかと思っています。
呼吸器科は低すぎ、漢方も微妙に低い。確か腕は胸の高さで測るのが原則だったはずなので、それで落ち着いた結果がでるのかなあ、なんて。
最近100bpm前後をうろついていた脈拍も、92まで落ちてました。うん、いい感じだ(普通の人からしたら、まだまだ速いんですけどね)。
体重計ったから、お茶飲みたいな。けど順番どうかな。と思っていたら、すぐに呼ばれてしまいました。それも先生から。


「こんにちはー、具合どうですか?」
「せんせー、看護師さんはどないしはったんですか?」
「看護師さん? あー、そのうち沸いて来るよ
ドライだ……。っていうか私の主治医たちは総じてドライな人が多いのですが(医者という職業がそうさせるのか?)、神経内科に次ぐドライさです。あのスーパードライなキレのよさはなかなかありませんよ。
そしてそんなドライな医者たちとの方がうまくいくあたしって!!
ってことは、私もドライな人なのかしらん。
強いて挙げるなら、医者に必要以上を求めたり、期待しなくなったせいがあるかもしれません。
その分だけ幻滅したり、嫌な思いもしましたが、医者も万能じゃないよな。と思ってからは、付き合い方というか距離の取り方が分かって来た気がします。
βブロッカーのおかげで毎日落ち着いていることを確認したら、先生満足そうでした。アブレーション、私が嫌がってるの分かったのかな…。話が出て来なくなりましたが。それとも急がなくていいってことかな。


「せんせ、これちょっと早いけどバレンタインです。ちょっとだけで申し訳ないですが、お仕事の合間にどうぞ~」
「え、ありがとうー! やったー。わーい!」
想像以上の反応が返って来ました。
「これどこのお菓子屋さん? 京都の?」
「いえ、去年から大丸にバレンタインの時期だけ来る、ダスカリデスっていうベルギーの会社です」
「限定っていいよね! こう、ぐっと来る響きがあるよ!」
先生…。診察のときとは比べ物にならないほど生き生きとなさってますね。
そーいや、福寿園のお姉さんが言ってたなー。「お菓子は女の人にあげた方が、有り難みを分かってもらえる」って。
殿方はどうしても「うん、美味しいよ」が精一杯のようで…。まあ、そこで蘊蓄を語られても嫌なんで、「美味い! ありがとう!」で、いいんですけどね。ellisの場合は。
(万人が同じだと思っちゃダメですよ、殿方! むしろ私はマイノリティ)
「いやー、京都はデパ地下も大丸がいいよね。歩いてて楽しい!
歩いてるんだ……。
忙しくても、やっぱり女子的な心は捨て切れませんよね。
循環器という直接命に関わる診療科なので、普段の先生は大変シャープでスマートです。女なんて性別はどこかに捨て去ったかのようで、大変凛々しくて格好いい。




ところがチョコ一つで陥落だ(苦笑)。




この先生に親近感が沸きましたよ。
「次点、伊勢丹ですか?」
「ああ、そんな感じ、そんな感じ。これ、地下で買ったの?」
「いえ、特設会場ができてて、そこで買いました」
「そっかー……。行きたいけど、っあー、混んでるよなー」
「たぶん今週くらいから混み始めると思いますよ。先週はまだ最初の方だったんで、売り子さんも余裕があったし、あちこちで試食させてもらっちゃいましたけど…」
「そっかー……。これ食べるの、楽しみにするね。ありがとう!」
こーいうのって、男女関係なくもらったら嬉しいもんですよね。
友チョコとか自分チョコが流行るわけだわ。だって女の子も、チョコレート食べたいもん。やっぱりね。


次回の予約は4月に。
薬は貯め込まないように言われました。間違って飲んじゃうと、危ないからって(血圧が急に下がって倒れたり、徐脈になったりする可能性があるからですね)。
帰りはどしゃぶりの雨。なのに西●で買った安い傘の骨が次々曲がる悲しさ(電柱にひっかかったりするだけで曲がる。やはり可愛いデザインなのに990円とかいう傘はダメか…)。
体がすっかり冷えてしまったので、家でインスタントのカフェオレ飲んでます。こう、糖分が欲しい気分なんで。
インスタントのミルクティー(同じギフトセットに入ってた)の時は思わなかったのですが、カフェオレは紙コップで売ってるカフェオレの味がします。やっぱりコーヒーに強いブランドなのかなあ、A●F。
明後日は呼吸器科と神経内科にバレンタインですね。その次は漢方。
精神科には減薬という甘美なご褒美を差し上げることにします。レメロンがあるので、昨日のようなことがない限り、ロヒプノールは2mgで大丈夫そうだからです。
(今日も通院がなければ、眠くなるまで仕事してましたがね)
雨、はやくやむといいなあ。低気圧は気管支にこたえます。
スポンサーサイト

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:日記

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。