羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201001<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201003
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ただいまです。
でもまた、20日からちょこっとキャスバル兄の家に行く予定。
ちなみに明日はゲランでフェイシャルマッサージ、明後日は美容院+通院、明々後日はフルートレッスンと、なんだかせわしない一週間です。
それでもタオル美術館の写真など、随時upしますよー。ほんっとに楽しかったんです。
可愛い黒ひつじのぬいぐるみの写真も撮ったので(タオル製)、プロフィール写真をそろそろ入れ替えようかと思っております。
いや、別にファンシー路線を狙ってるんじゃありませんよ? 狙いたくても狙えないや、黒ネタの神様がいる限り(苦笑)。
ではとりあえず、黒猫のおっちゃんも来たので(帰省の戦利品等)、ellisは寝ます……。僕は自業自得で疲れたよ、パトラッシュ……。
スポンサーサイト

テーマ:今日のつぶやき - ジャンル:日記

おしゃまさんリターンズ。
20100215010212

今日はバレンタインでしたね。皆様ラブラブハッピーな一日、若しくはドキドキスリリング、ハラハラワクワクな一日でしたか?
ellisの家(実家)では、びっくりサプライズな一日でした。


おすそ分けの恩恵に与る女のサイトへようこそ。
先週に引き続き、お隣りのおしゃまさんたちからサプライズでした。


写真は、バレンタインにと頂いた、手作りチョコのパッケージです。
後日デジカメで撮った方をupしますが、「となりのおねいちゃん」と、付箋がついています。
今こそツッコミたい。




「おねいちゃん」ではなく「おねえちゃん」だと!




最近の小学校学習指導要了(漢字、間違ってる自信いっぱい)は、そんなことも教えてくれんほどレベルが低いのか?
ま、まあ、そんなこんなでバレンタインです。
ellisがのそっと起き出して、もさもさ朝食を頂いていたら、洗濯を干し終えたママンがお戻りあそばし、




「お隣りのおちびさんたち、おっちゃんにバレンタインチョコ持って来るって!」




と、爆弾発言を。
慌てて買い物に行き、ジュースと帰りに持たせるお土産買いに行きました。


頃はお昼過ぎ、予告通りにおちびさんたちはやって来る。
最初は玄関でと言っていたのですが、パパンが上がれと言うので許可をもらいに一度帰宅、やってきたのはおしゃまなお姉ちゃんだけでした。
妹どうしたの? と聞くと、「来ないって」と、ドライなお返事。
姉妹代表で来たのを誉めるべきか、妹が来ないと言ってるのに自分だけ甘い誘惑に負けてることを知らせるべきか迷いましたが、スルーする方向で。絶望先生のスルーライフか、私は。
とりあえず座らせてジュースを出し、パパンが飲み屋からゲットしてきたチョコ詰め合わせを勧めると、有り難く手作りチョコを頂戴しました。
パパンは男の人なのでたくさん、私とママンはおまけなので一つずつです。
とりあえずいただきます。チョコを湯煎で溶かして固め、チョコスプレーを乗っけただけなので、無害なのは明らかでしたので。
まあ、小学校に上がったら、俄然手作りに目覚めてたおしゃまさんの先達がここにいますので、大体の気持ちが分かります。
「おいしい~、ありがとうね~」
そう、女はいつでもこの一言聞きたさに頑張るんですよ。世の殿方、チョコをもらったら、大袈裟でなくていいのでこう言ってあげてください。女性はかーなーり、喜びます。


さて、当のおしゃまさんも満足そうに笑います。
パパンがその後はあしらっていたのですが、次第に疲れが見えてきました(私とママンはじーちゃん家で食べる晩飯の支度をしていた)。
ジュースは二杯目を過ぎ、お茶を要求され、ママンが出した「プチ」シリーズのクッキーも全部平らげる始末。おいおい、晩御飯大丈夫かと思うのですが、これは止めなかったパパンと見てなかった私とママンの過失です。
しまいにパパンがぼそっと、「いつまでおるんかな」と言い始めました。
ここに来いっつったのはパパンだから、パパンがいいよと言うまで帰らないに決まってるでしょ、こんなパラダイスからは。
そう答えると、「お父さん、あれ食べたいねんけど」と、タルトを示します。
「じゃあパパン、もう用事があるからって言って、お土産渡して帰ってもらったら?」と、アドバイス。キャスバル兄とパパンはとにかく子供に好かれるし子供好きだして、よく親戚の子供も寄って来るんですよ。おしゃまさんが帰らないのも道理。
しかも大人にちやほやされまくってお菓子食べ放題の家なんて、とんだシャングリラですよ、アルカディアですよ。


パパンの不器用極まりない説得を理解した(半分くらい、空気読んだんだろう)おしゃまさん、お家に帰ります。
「お姉ちゃん明日からおたべの国へ帰るからね、しばらくバイバイだね」と言ったら、きょとんとされてしまいました。嗚呼、まだ一人暮らしと帰省を理解するには早いか。


数時間後。お隣りさんがドタバタする音と共におちびさんたちのママンの恐い声と、盛大な泣き声が……。
うちが甘やかしたことが、何か禍根になっていないといいのだが。
と思っていたら、更に数時間後。おしゃまさんのパパンが厳しくおしゃまさんを呼ぶ声が。
嗚呼……………すみません。マジすみません。悪いのはうちですから。ホワイトデーのお返しもしっかりしますから。
皆さんも、ご近所付き合いは気をつけてくださいね。
ついね、物珍しさと可愛さから構っちゃうんですよ。うち、ペット飼えない家だな。
子供にはとことん厳しかったくせに……とは思いましたが、当時のパパンはしがないヒラサラリーマン。しかも三勤。仕方ないか。
それに、駄菓子買って、子供が寝てる枕元に置いておいたりしてくれる、サンタさんみたいなことをよくしてくれたし。まあ、その当時なりの精一杯が今なら分かるのでいいです。
そんなパパンへのチョコは、先週既に開封済み。
今朝はバレンタインカードを机の上に置いておきました。親子でやってることは、どうやら変わらないようです(苦笑)。
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。