羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201003<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201005
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
思い出してぽろぽろ。
お仕事中。
マクドでお仕事。考えることが頭からばらばらとこぼれ落ちてる気がするので、ノートと筆記具必須です。
え、クリックしても画像がいつもより小さいじゃないかって? ははは知れたこと、拡大したら恥ずかしい中身が見えてしまうではありませんか!!


新たな魔窟を見つける女のサイトへようこそ。
文具とアクセと可愛い食器があればもうパラダイスじゃ~~!


表紙。
冒頭のノートは、INOBUN四条本店で購入したオリジナル正方形ノートです。
オリジナルといっても、きちんとしたツバメノート社のものです。丁寧に梳かれた紙の重みが、ぐっと来ますね。
普段は無印のノートを使うのですが、何だか広いような気がしたので気分転換に買ってみました(逆に狭いと思ったときは、スケブに逃げるのです)。
中身は5mm方眼で、紙は目に優しいクリーム色。むはー、こういうの、たまりませんわ。
河原町通にある文具屋のおじさん曰く、「日本の手帳やノートは紙質がいいんだけどデザインが難点。海外のものはきれいだけど紙質が悪い」だそうです。
でも私、こういう事務用品っぽいの大好きですよ。ノートを開いた表紙裏には、家に帰ってから万年筆でペンネームを入れました。ペンの滑りもいい~。
今日は万年筆を忘れる(=手帳を忘れる)という愚を犯したので、フルートレッスン用のシャーペンで細々とちまちまくだらんことを書き散らしていました。だから冒頭の写真は大きく見せられないのです…。まとまったものなら、いっそ。


もともとINOBUNには別の用事で行っていたのですが、つい浮気。
そのもともともとは漢方で出かけておりました。
水分が程よく抜けてるんじゃないかなあというので、前回の処方を継続。
次回の予約が3週後(処方は2週間までしかできない)なので、当帰芍薬散料と苓姜朮甘湯(りょうきょうじゅつかんとう)を、ところどころに混ぜるよう言われました。いつもならどっちかの組み合わせ優先、なんですが、今回は前回の処方をコンスタントに継続した方がいいみたいです。
そういや帰り道、駅の階段付近でツムラの62番が落ちてました。後で調べたら、防風通聖散……。タイプは違えどお仲間だ。どこのどなたか存じませんが、お互い頑張りましょう…(涙)。
昨日「体重減ったー♪」とか書いてましたが、病院に着いて量ってみると、そんなに変わってませんでした…。何だ、重いのは何だ? 服か? 朝食べたパンとヨーグルトと紅茶か? 薬か? 何だってんだちきしょう(血涙)!
まあ、1キロ2キロで一喜一憂できる自分って、まだまだ幸せなのかも知れない…。でも病院で量った体重通りなら、マジで10キロ痩せてもいい…。エンシュア一歩手前、バッチ来ーい!
あんまりガリガリな三十路ってのもどうかと思うんですけどね。手触り悪そうだし。ここら辺が、私のビョーキなところですな。


さて、時間が来たらフルートレッスンです。
久しぶりにバッハのポロネーズをやって、苦心しました。でもやっぱりクラシックのが楽しいなあ。苦労しても。
ジャズアレンジは、まだまだコードを理解してないので辛いです。それを越えたら楽しくなるのかなあ。
はあ(ため息)。レッスンが終わる度に「あー、今日も下手だったー」と思ってるようじゃだめですね。
毎日同じテンションで原稿が進みます。いい加減、「今日はよく働いたぜ!」と言いたいな…。いや、帰省前に草稿にしたいんで、マッハで仕上げないとダメなんですがね。
ノートも使いながら頑張ります~。
今日のタイトル、なんかウマいの思いついたんですけど、ど忘れしちゃった。思い出せる限りをとりゃっと書いてみましたが…。ツイッター始めてから記憶のこぼれ落ちが多いなあ。ますます手帳が手放せないや。
スポンサーサイト

テーマ:今日のつぶやき - ジャンル:日記

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。