FC2ブログ
羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201007<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201009
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
見た目100%。
血液検査の結果が出るまで1時間と言われたので、ぼーっとカフェで漫画読んで待ってました。
文学が頭に入るには、ちょっとまだ無理かなー。いや、もともと無理なのかもしれないけど。


で、出て来た結果は、それは見事な風邪引き後でした。
血糖値は全然問題なくて、γ-GTPも素敵すぎるいい値でしたが、問題は総コレステロールでした……orz
そりゃー、毎日ビール(しかもプレミアムモルツ)と、3食がっつり保証されてりゃーなー。しかもキャスバル兄帰ってから、油っこいもの続いたし。
しかし神経内科の主治医が言った言葉。
「ええなあ、毎日ビールかー」
いや、問題はそこじゃないって!! 毎日帰りが遅いらしいので、主治医の気持ちも分からないではありませんが、違うって。そこ心配して。
それにしてもあれだけ飲んでて(薬も飲んでて)γ-GTPが26…。きっと肝臓は機械の体なんだわメーテル。


「そういえば君、もう循環器来んでもええって言われてんて?」
言い方に含みを感じますが、はい、その通りです。
「いっつもせんせーに頼んでばっかりで、申し訳ないなーって、循環器のせんせーがおっしゃってましたよ」
そう言ったら、主治医が苦笑い。こりゃ、よっぽど使われてるな。
そんなわけで、循環器で出されていた薬は、今後神経内科から出ることになりました。
他にも頭痛対策(は、表向きで実態は生理痛対策)のロキソニンとか、エビリファイなせいのめまい対策とか、本当にこの主治医を便利屋にしてしまって申し訳ない。
血液検査も、本来なら内分泌科に行って診てもらうべきなんでしょうが、悲しいほど健康なんですもん…(泣笑)。
そのままいろいろと雑談をしていたら、ふと主治医が一言。
「あれ? 君ちょっと痩せた?」
「あ、それがね、せんせー。体重はそんな変わってないんですけど、見た目痩せて来たんですよ。いいでしょ?」
「ああー、それはええねえー。




私、見た目100%の人やから。




ここまではっきり言われちゃうと、何だかなー。
私、フツーの容姿で良かったってことなのかしら。
じゃあ私に関係ない質問(パーキンソン病になった親戚がいるので)とか、アニメの話とか、SFの話にがんごんノッて来てくれてたのは、私のこのそこそこ痩せ形な容姿のせいですか。
ほんまにもう…。



ついでに今日は湿布をくださいと言うと、「何がいい?」ときたもんだ。
「……何があります? ボルタレンテープとゲルがないって、せんせーいつやったかぼやいてたやないですか」
「せやねんー。前はあってんけどな。今はないねん。不便やわー。(採用薬表をぱらぱらめくりながら)お、ロキソニンテープなんてのがあるで。どう?」
どうもこうも、普段ロキソニン飲んでますがな。
「またけったいな(おかしな)シロモンが出て来たなー。どう、試してみたくない?」
「私、せんせーのそーいう妙なチャレンジ精神が好きですよ。インドメタシンは喉に貼られへんけど(匂いでパス)、これはどうかなー」
「うーん、試してみんと分からんねえー
他の患者にもこんな調子なんだろうか。いやそんなはずはないはず(反語未満)。
こんないいかげんな理由で、試してみることになりました。薬剤師さんに経緯を説明すると、必死に笑いをこらえてらっしゃいましたが…。いいんですよ、ここは笑ってくださって。
家に帰って開けてみると、ちょっと臭いがありましたが、まあこれくらいなら大丈夫だろう。湿布じゃなくてテープなので、はがれにくくて貼りやすいだろうし。
何より飲み薬飲むより早そうだし。系皮吸収とプロドラッグ(胃や腸に吸収されて、初めて薬効を発揮する成分になる薬のこと)は、どっちが早いのか。今度試してみようかな。


私もミョーなチャレンジ精神に犯されているようです。薬の選択は慎重に……。
スポンサーサイト

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:日記

文学を!
おはようございます。どうにか昨日の主治医たちとの会話は覚えているようです。
それにしても、インパクト強すぎる人たちだなあ…。●大系って、やっぱ紙一重って本当なの?


無茶な要望をされる女のサイトへようこそ。
書いてるだけマシと思ってくれい。


さて、昨日は採血の日。勿論精神科で、ではありません。甲状腺機能も含めて、神経内科で判断してもらうためです。
なので受付は精神科→神経内科でしたが、先に神経内科に予約票を渡して採血に行って来ます。
幸いにもスムーズに採血が終わり、精神科の前で待つことしばし。
「ellisさーん、どーぞー」
呼ばれて入ると、なんかビミョーに不機嫌そうな主治医がいます。いえ、いつも渋面してるんで(いい男なのにもったいない)、そう見えるだけかも知れませんけどね。
でもあれでにやけてたら、絶対私に嫌われてたんだろなー。良かろうが悪かろうが、殿方がにやついてるのはちょっと苦手です。
「せんせー、こんにちはー」
「はいー、こんにちはー(こっち見ず)。調子どないですかー?」
「よくなったり悪くなったり」
「そっかー、ようなったり悪なったりかー(ため息)」
で、レポートを出すと、ふむふむと読み始め、
「君、原稿書いてんの? 偉いなあー」
「せんせーが書けって言ったのよ?」
「そんなん、私は勝手に言うだけやがなー。いやー、偉いわー」
「偉ない。それが私の仕事や」
「そんで何書いてんの?」
「前言うたやん。ラノベ(ライトノベル)」
「……ラノベ……(絶望の表情)。よりによってラノベかいな……。あんなもんやめとき(全国のラノベ愛好者の方々、申し訳ありません)」
「だって、書きたいねんもん」
「こないだな、ラノベの映画を見てん」
ん? ラノベでなんか映画なんてやってたっけ?
「なんとか暮らしのアリエッティとかいうやつやねんけどな」




アリエッティをラノベ扱いするなーー!!




「『借り暮らしのアリエッティ』ね」
「ああ、それそれ。そんなやつ。私は見たくなかったんやけど、連れ回されましてね」
だろーなー。この主治医がジブリ作品なんて想像つかないもの……。
「いや、がっかりした!」
せめて原作も読んでからがっかりしよう、主治医よ。
「まあまあ、がっかりするのは『ナウシカ』と『ラピュタ』と『紅の豚』見てからにしてくださいよ(ellisの個人的な趣味です)」
「あかん! ラノベなんかあかん! あんなもん、文化の衰退や、廃退や! 貴女は文学を書かなあかん!!」
そこまで言うー?
「ええー? 文学じゃ食べて行かれへんって、前せんせー言うてたやんか」
「いや、文学! 書いてくださいよ!!」
くださいよって…。今、ネタなーんも思いつかないよ。目前のラノベに一点集中ですから。
「よし、じゃあ文学ね! ほな、次は再来週の1時半においでくだっさーい」
おい、一方的にシメかよ!!


その後、笑いを必死にこらえているらしき看護師さんから予約票をもらい、地下のカフェに行ったのでした。
文学はまだもうちょっと無理ですよー。頭の中がね。
それに、最近の文学で、私の傾向に合うものがないんだよなー。だからラノベにチャレンジっつってんのに。
ま、いいや。今の原稿が仕上がったら(いつの話だろう…)考えますよ。
しかし困った主治医だ(苦笑)。

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:日記

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。