羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201012<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201102
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
吹き初め。
ほぼ一ヶ月ぶりに、フルートレッスンを受けた気がします。
もっと練習しよう…。


過呼吸スタートだった女のサイトへようこそ。
うー、指がしびれる。


今日は失敗する気満々でレッスンに挑みました。それほどフルートに触っていない。
情けない……(泣)。
『エトピリカ』、クラスコンサートで演奏するというのに、自分のハモりパートをすっかり忘れていました。慌てて楽譜凝視です。
長らく練習していなかったので、指が固くなっています。柔軟はやってたんだけどなあ。ついでに『エトピリカ』、未だに原曲をきっちり知りません。こんな状態で挑む一ヶ月ぶりのレッスン。波瀾万丈にならないわけがない。私一人で(苦笑)。
音は鳴るんです。鳴るけど低い……。楽器を外に向けて、外に向けて。頭部管をあまり外向けるのは、先生的にお勧めできないと言われたので、管自体を外向きに(必死)。
なのにこんな日に限って、手に汗をかく大バカellis。管が、管が滑る~(涙)。


管が滑るのは、両手の力のバランスが悪いせいもあると思います。
左手にものすごい力が入ってるんですよ。明日できればリペアに持って行こうかと思っていますが、とっても結果が怖い。
「買って初めの頃は、まめに点検した方がいいわよ~。その人の持ってる『持ち癖』があるから」
と、先生。先生、その言葉去年聞きたかったです(号泣)!!
とどのつまり、ほとんど管を左手と唇で支えてるのでバランスが悪いのです。だから音も悪いんですね。フツー利き手に力が入りそうなものですが、わたくしママン譲りの部分左利きでして……。
右手に力を入れるのではなく、左手の力を抜いて、バランスを取るんですよ、勿論。
今のフルートはリングキィですが、リングに詰めているシリコンが、左手の部分だけへこみまくってます。これは正しい指の位置にあるからへこむのか、ただ単に馬鹿力ゆえにへこんでるのか……。答えはきっと、明日に判明。ほぼ後者と分かってはおりますが。とほほい。


こんな日に限って、難しい曲ばかり続きます。極めつけはモーツァルトの『フルートとハープのための協奏曲 第二楽章』でした。簡単にしてある楽譜ですが、吹き初めにモーツァルトはきついです。浪花のモーツァルト、キダタローあたりで勘弁してくれると嬉しかったのですが……かに道楽。とーれとーれぴーちぴーちカニ料理ー♪
一緒に演奏してくださる先生のフルートを聞いていると、別世界へ連れて行かれそうになります。それほどにきれいな曲なんですが、悲しいかな難しすぎる。
今朝までへばってたような身では、ダメですね。体調管理もしっかりしないと。


しょっちゅう思ってるんですが、なかなか体調管理ができません。
おかげで先生にご心配をおかけしてしまって、情けないの一言に尽きるのですが…。
全部いっぺんにうまくいくなんてことはないので、原稿もフルートも、自分なりのペースを確立しようっと。
フツーの人よりハンデがあるのを忘れて、時々焦りそうになります。まずは楽しめるようになろう。
では明日、フルートを点検に出して来ます。壊れやすいと噂のフルートですが(これまでのが初心者向けで頑丈過ぎた)、結果はどうかな(泣)。諭吉先生が出て行くような結果になりませんように。私の腕がひとえにへっぽこなだけで済みますように。なーむー。
スポンサーサイト

テーマ:頑張れ自分。 - ジャンル:日記

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。