羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201101<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201103
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
よし、来たー!
って感じに鳴ってました、私のフルート。
ものすっげえうるさいです……。


それでもまだ不安定な女のサイトへようこそ。
音が出るだけ気分がいいです。嗚呼、なんて情けないフルート5年生!


あったかいので、気管支を痛くすることもなく、歩けました。これがあの雪の日だったら、絶対しゃがみ込んでたことでしょう。
マクドでたらふく食べたせいか(久しぶりにお腹が空いて、脂っこいものが恋しくなった)、今日のレッスンは耳管を開いちゃうこともなく、手指の無駄な緊張に煩わされることもなく、5割方上手く行きました。
あとの5割は、先生をハラハラさせるに留まってますよ。先生、プライベートで今大変な時期なのに、こんな秋まで生き延びちゃった夏の虫みたいな演奏してたら、ハラハラがイライラMAXに変わったりするんじゃないかしら。などと気にかかります。余計なことを心配せんでええから、きちんと唇の形取って、横隔膜上げる!
先週の鼻呼吸ができなかったことに比べれば、今日はパラダイスです。ぱらいそですよ。マハラジャ、エルドラド(なんか違って来てるぞ)。
体調管理って、本当きちんとしないとな~と、しみじみ痛感する1時間でした。実はまだ、咳が残ってるんですがね…。予約しなきゃ。マジで。


そういや、レッスン場近くの交差点で、女子高生が「マジパネェくない?」と言ってるのを聞き、「その使い方はアリなのか!?」と、気にかかりました。
「マジパネェ~」なら分かるんですよ。「くない?」は余分じゃね? と思ったのですが、流行の先端を行っているのは彼女達の方だ。私ゃー所詮取り残された身ですよ。後からついて行きます。


いえいえ、今日のレッスン。モーツァルトのフルートコンツェルトと、牧野由依さんの『スピラーレ』という曲をやりました。
うちに時たま出て来る『スピラーレ』。まだ『A・RI・A』から抜け出せないでいるのか、私。いいお話です。個人的にはかなりツボヒットでした。
私のフルートが無駄によく鳴るので、一緒にやっているKさんの音を食ってしまう時があります。「ああっっ(汗)、あああああ(滝汗)!!」と思いながらも、鳴らさないわけにはいかない、このパラドックス。
呼吸でもっとセーブしなきゃだな~。Kさんは演奏も素敵なのに、なぜか小さくしか鳴らないんですね。C6あたりから鳴らすと、私の相棒が超うるさいです。
でも、伸び伸び吹ける、唯一の空間だと思うと、つい……。
おかげでいい発散をしました。ちなみに簡単だと思っていたこの曲、意外とリズムが取りにくい。私はそらで歌えるくらいなんで、ある程度大丈夫ですけど、Kさんには申し訳なかったな~と、思います。後悔先に立たず……(泣)。
歌になってる曲って、大抵難しいです。なぜなら当然のごとく、「歌うことが前提」で作られているからです。「歌うように吹く」は、理想ではありますが、やっぱり出しやすい音とかありますから。フルートだと、あんまり音が上下しない曲は、大変辛いです。っていうか、吹いてて辛気くさい。
いつだったか、どこかのクラスでさ●ま●しさんの『秋桜(コスモス)』を演奏されたグループがあったそうなんですが、大変演奏しにくかったそうです。薄紅の~コスモスが~秋の日の~♪ はい、ここでもうアウト! みたいな。
まあ、さ●ま●しさんの曲はいい曲ですが、ちょっと落ちつきすぎてるかな…フルート的には。
個人的には『精霊流し』で泣けます(苦笑)。
話を戻すと、ピアノやバイオリンがやりやすいからって、フルートで楽ってわけでもないです。やっぱり楽器の個性ってことでしょうか。


ちなみに今日行った漢方で、甲状腺の触診をしてもらったら、「いっぺん内分泌科行ってらっしゃい」と言われてしまいました。現地で呼吸器科の予約を取りがてら、明日は病院に行ってみようと思います。
検査結果が良好なので、多分良性の甲状腺腫だろうとは言われているんですが、気になるならね、ということで。
気になる気にならない以前に、首の形が悪くなるから治したいんですよ。
今朝は目覚めの悪い夢で(そのくせぱっきりクリア)早くに起きてしまいましたが、明日はきちんと眠れるといいなあ。
はあ、エコーとかいくらかかるんだろ。こんなお財布の心配の仕方、嫌ですよー! 
スポンサーサイト

テーマ:頑張れ自分。 - ジャンル:日記

久々に。
リップバームを作ってみました。
頼まれ半分、趣味半分です。なので今回は、量が多い。
ベースにするオイルを、普段はスイートアーモンドオイル100%のところ、しっとりさせるためにホホバオイルを50%混ぜてみることにしました。
本当は、ホホバ50、カレンデュラ30、スイートアーモンド20と行きたかったのですが、カレンデュラオイル、高いから……。
ワックスはいつもと同じ蜜蝋、ビーワックスです。


ここで超ざっくばらんにリップバームの作り方。
1)ベースオイル5mlに対して、ビーワックス2~3g(好みで。ちなみにグレープシードオイルを使うと、やや柔らかくなるような気がします。このビーワックスが、リップバームの固さを決めるので、ジャー式にしたい人なら柔らかめ、スティックタイプなら固めと、用途に合わせて調整してみてください)と、消毒した容器を用意(「生活の木」などで、すべて簡単に手に入ります)。色をつけたい人は、染め粉も用意してくださいね。
2)薄く水を張ったお鍋を沸騰させ、耐熱容器(私は面倒なので、ビーカーごと)に上記の材料を入れて湯煎にかけます。ぼーっとしてるとビーワックスが溶けて来るんで、割り箸などでくるくる混ぜて様子を見てください。
3)完全に溶けた! と思ったら、引き上げます(熱いので注意)。まだ透明感のあるうちに、精油1~2滴(私のスタンダードはマンダリンとペパーミントですが、他にもいろんな組み合わせがあるみたいです。「リップバーム 作り方」で検索を掛けると、いろんな組み合わせが出て来ます)を垂らして更に混ぜ、熱いうちに容器に入れ、あら熱が取れたらふたをして完成。
※精油はお好みで、入れなくても大丈夫です。敏感肌の人は特に注意して、精油の濃度を減らすか、無しにするか位のつもりでどうぞ。


いちばん手っ取り早いのは、「生活の木」で売ってるキットを買って来ることです。
全部一個分計量されてパックされているし、オイルもまだ新鮮なんじゃないかな。冷蔵庫で何年も寝かせてちゃダメよ☆
私は入り口がアロマの学校だったので、ビーカーとか、ビーワックスもたくさん入ってるものとか持ってますけど、商売でもしない限り、そんなにいらないと思いますよ。
オイルは買いだめしません。鮮度が命だと思ってるので(特に唇に当たるし)、一番小さな瓶を、ちまちま買っています。なので今回のように、「あ~、スイートアーモンドオイル足りないわ。んじゃ、ブレンドするか」みたいな発想に落ちついたりするのです。5mlじゃ、ブレンドのしようがないっていうか、勿体ないし。


なにせ一回に作る量が半端じゃないから(苦笑)。今回はスティックタイプ8本、ジャータイプ2個を一気に作りました。半分以上はパパンからの頼まれものです。低刺激なのがいいのか、なぜかご好評を頂いております。
余った分は、私のメンタムのメディカルリップの容器に入れられました。メンタムリップ、しみるっていうか荒れるんですよ。メディカルリップで荒れてるんじゃ、作るしかないかという感じです。
保護作用は、ワセリンと大差ないと、個人的には思います。精油はアクセントであって、トリートメントするときみたいな作用は期待していません。でも、マンダリンとペパーミントの組み合わせは本当に人を選ばないみたいで、オレンジにアレルギーのある人以外は大丈夫なんじゃないかと思っています。
ネロリを入れたり、ラベンダーを入れたりする人もいるようですが、うちはまだまだマンダリン&ペパーミントで。
さて、喜んでもらえるといいけどなあ。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。