羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201102<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201104
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
優雅じゃない!
雪です。おたべの国でさえ雪です。
さっきニュースで、積もった雪を生活用水に活用するって方のことをやっていましたが、一方で寒さに耐えきれずご年配の方が亡くなっています。
……早くあったかくならないかなあ。


音作りの為に体力をつけようと言われた女のサイトへようこそ。
つまりは練習あるのみってことですね。


モーツァルトは、ちょっとお預けです。今日リレーでちょっとずつ吹いたら、情けない音が出たので(泣笑)。
「胸郭を広げて、横隔膜を上げて。圧力の高い息を、少しずつ出すように~」
と、先生はおっしゃいますが、それができればどんなにか~~~~!
それでも意識するだけで、姿勢は真っすぐになるし、「音を下げない!」と言われれば管を外向きにしたり、アパチュアをせまくするように努力するので、音が全然違います。
胸郭は広げて。でも息はしぼって。息をプールさせておくということで、うまくいけばブレスが飛躍的に伸びます。
まだまだそんな域にまでは達しませんが、こういう「音を作る」という作業を繰り返して行かないといけないのですね。
下手なので、できないのはやっぱり悔しいです。なので練習します。負けず嫌いな私がいますよ(苦笑)。


その音作りのまま、他の曲をやると、「おお~(感嘆)」というような音が出ました。
つまり、普段姿勢が悪くて管が内向きで、アパチュアが開きすぎてるということですな。




ということは、ずんだらべっちゃ~と、惰性で吹いていたと。




最悪です。
よく楽器やってて、それがフルートと聞くと「優雅ねえ~」と言われるのですが、うんにゃ。超有酸素運動です。きっついです。ご飯がっちり食べて、腹筋鍛えないと吹けません。
特に今日言われたのですが、聞く人が「まあゆったりした曲ねえ」と思う曲ほど、吹く方は大変で、聞く人が「まあ、勢いのある曲」という時は、運指の練習次第で実はどうにかなって(=ごまかせて)しまうらしいです。
ゆったりした曲ほど、安定した長いブレスを送る必要があるので、吹く方は胸郭ふくらませっぱなしー、みたいな。
というわけで、モーツァルトはお預け。それよりたくさんの曲にトライして、また何か思いつくかも知れないのを待ちましょうとなりました。


確かに。ポップス好きのKさんを長らくクラシックに留めていて、本当申し訳ないです。
Kさん好みの曲もやらないと。ポップスに超疎い私には、とてもいい刺激になりますし。
さて、レッスン終わったらスッキリー♪ また頑張ろうという気にもなりますし、気分転換できたから原稿頑張ろうー。という気にもなります。
時間的に家に帰ってからの練習はできないので、原稿を頑張る方向で(苦笑)。
フルート、優雅じゃないと思っていますが、どんだけ下手でも楽しいです。超楽しい。Mっ気でもあるのかと思うくらい楽しいですよ。下手なのに。
たぶん、音楽が好きでたまんないんだろなー。他に表現方法を知らないので、下手でもフルートが楽しいということ…か? だったら自分、どうよって感じですが。
同じく原稿も、苦しいけど楽しいのです。一行進めるのに、もんのすごい苦しんだとしても、一日の終わりには「あー、楽しかった」と、思ってしまうのです。
つまり救いようのない人間ということですな。「頑張ろう」と思ってから頑張るのは苦手ですが(あまのじゃく)、今年あたりからはしんどくっても泣きたくなっても、しがみついていくしかないみたいです。よーし、負けないぞー。
いつまで保つかな、この決意(笑)。
スポンサーサイト

テーマ:頑張れ自分。 - ジャンル:日記

みすみすと。
漢方を逃しました。
大体結末が分かってて、ベッドに逆行してしまった私が悪いのさ。
昨日のフォース受診が堪えているようです。
あ、フォースってカタカナで書くとなんかかっこいい。
超力招来! って感じしません? しないか…。
いや、でもこう、ス●ーウォーズ的な。
しないかなあ…。


漢方は家にあるものでしのごうと思っています。
究極、抜きでも仕方ない。
そうそう、さっき先日頂いたという禁断のチョコを頂きました。頭痛が来るなら来いやぁー! 薬に睡眠、いろいろ抜かりないわぁー! という気分で(笑)。
いや、だって神経内科の主治医がいろいろ言うから…。
結論、大変おいしかったです!!
ゴ●ィバ様でしたが、トリュフ一個あたりの大体の値段知ってるだけに(カフェに寄れば、一目瞭然よ♪)、ずいぶんお高くついたのではと、送り主を心配してしまいます。値段を知ってるのも考えものだなー。特にパパンのバレンタインで、あちこち巡っちゃったから、今回。
ついでに「義理は返す」と言われましたが、義理など一個もなかったわぁ!!
大切な人、お世話になった人にお礼の気持ち等こめて送ったり手渡したりしたわぁ! 義理に割く予算など、私の軽い財布には、一銭もない。
……ない(くわっっ)!!
なのでつい、物々交換をしてしまったわけなんですが(川原泉は「商業のあけぼの」と表現してましたよね、確か。昨日のは明らかに間違い)。
ホントに義理はなかったんですよ? 何度も書くと嘘くさいですが(泣)。


さーて、フルートの練習でもしてからレッスンに出かけるかな。
それとももういっちょ仕事するかな。
迷いつつ、確実に今日もへぼいレッスン結果をお待ちあれ。最近こんな引き文句書いた後って、必ず記事が書けてないんだよな、よくないわー。

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:日記

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。