羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201103<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201105
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お約束通り。
呼吸器科2ヶ月分の薬と、神経内科1ヶ月分に頓服をプラスしたら13430円ってなんだよ…(泣)。
何日食っていける値段だと思ってるんだよ!!


最初は「3ヶ月後の診察にしましょうか?」と言われ、ソッコー断った女のサイトへようこそ。
3ヶ月分も支払えるかっての。


こんな感じで、呼吸器科はさらさらと流れていきました。
あ、今朝もうだうだしてましたよ(泣)。おかげで予約時間からずれ込んで、迷惑をかけてしまいました。
外へ出たら、美容院の予約とかコンビニで安いお茶買うとか、全然平気なのに…。
明日は大丈夫か。そして明後日は、20日は。あああああ(奈落)。


精神科では、「原稿に支障を来すほどしんどい」という話をつらつらとしておりました。
珍しくつらつら喋ってるのは、メモ持ち(レポートにする気力すらない)だったからです。
新刊案内やレビューで落ち込むという話をしたら、「ああ、劣等感やな」と、言われました。
そうか、目から鱗。そういう発想はなかったです。なぜか。




「優越感もいらんけど、劣等感もいらんよなあ」




と、苦笑いの主治医。おお、またまた目から鱗。確かに、優越感もあんまりいらないなあ。劣等感ほどは思わないけど。
いや、優越感があったら、人生楽しいかなあと思うのですよ。でもきっと、隣の芝生~で、実際はそんなことないんだろな。
で、薬は寝る前のレキソタンをなくして、代わりに日中のヒルナミンを倍にしてもらいました。
「お、寝る前、ロヒプノールだけになったなー。えらい、えらい♪」
……今日、機嫌いいのね主治医? だから「さーて、今日はお薬どうしましょー」とか聞いてくれたのね?
今のところ他に痩せる副作用のある薬がない以上、私はエビリファイと仲良しです。どうしようもありませんわ…。
「せんせー、これで落ち込んでるの、楽になりますー?」
「うーん、なるんちゃう?
「どれくらいで?」
「一週間ぐらいかなー。あ、今テキトーなこと言うたわ」
やっぱ一週間か。自分の見立てと、主治医のテキトーな予言が一致して、ビミョーな気分です。
ほんとに一週間後には、ケロッとした自分がいそうなんだもん。さくさく仕事してそうな。
だったら大笑いっていうか、大山鳴動して鼠一匹というか、まあ、いつものパターンなのが切ない。
だから落ち込んでも、生存確認日記からは脱出済みなのですよ。効いてんだなー、エビリファイ。


そんなこんなで、ラストは神経内科です。最近朝仕事してるという話をしたら、「ええなあ、そういうの」と、言われました。
「%&せんせー(精神科主治医)がね、『司馬遼太郎さんも朝型やったらしいね』なんて言うんですよ」
「どこがあかんねん」
「そんな偉大な人と比べんといて欲しいです。他にも『浅田次郎さんは雌伏●年やった』とかね。比較対象が大きすぎるんですよー」
「えー、ちっさい人と比べようにも、お互い認知してなかったら意味ないんやし、ええやん」
「そっかなー」
「でも私、夜中大好きな人やから、朝型に仕事できる人って羨ましいわー」
夜中はellisも大得意さ。でも肌によくないから、シンデレラタイムには寝るのさ…。
首こり、肩こりが相変わらずと言ったら、やっぱりストレッチを勧められました。
「うんー、っていうか、何か運動したら?」
運動嫌い……。というところからフルートの話になり、「音楽かー、そっち方面の感受性は、私持ってないねんな」という返事が返って来ました。
なので「鎖骨で響かせるんですけどね」と言うと、「ああ、ええなあ、そんな言い回しが理解できるようになりたいわ…」と、言われてしまいました。もしかして芸術音痴?
私、運動音痴。とてつもなくハウスな人です。「海と山、どっちが好き?」とかいう質問をぶちまける奴を、心底憎めるくらいインドア派です。海も山も好きじゃないよ!!
庭園とか公園は好きですけどね。まだ海や山に比べて安心感がある。
やっぱどっかのフィットネス行くべきかなあ。去年の今頃にも、同じことを思ってましたが…。


薬局に行くと、自販機からソフール(ヨーグルト)が消えていました。そんな! いつかはチャレンジしようと思っていたのに!!
あう~、また頭痛い。めまいの話を神経内科でしていたら、「君、それはほとんど頭痛やで」と言われました。
あれえ? めまいは三半規管がぐるぐるーってなって云々かんぬん、じゃなかったっけか? なんで頭痛に?
それとも頭痛をめまいと勘違いしてるってことですか? 判断能力も落ちているようで、明日からの生活が危ぶまれます。
リアルellisにお会いになった方々、ellisがスットコドッコイなことを言っても、「ああ、気の毒なビョーキだ」と思ってやってください…(病気自体は気の毒とは思いませんが、自分に対しての諸々な「ビョーキ」を思うと、「……気の毒だ」と、自分でも思います)。
では明日も早起きだ、頑張れ私。
スポンサーサイト

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:日記

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。