羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201107<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201109
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
下手の考え三年寝太郎。
今日は涼しい方ですよね(@おたべの国)。
それとも私の体温調節機能が、いきなり正常になったのか壊れたのか…。


10日で帰りの汽車の切符買えるかなー、と思案する女のサイトへようこそ。
16日だと、まだまだ混んでそうだなー。


よく言われるんですよ、「のぞみは贅沢だ」って。
特にキャスバル兄とパパンに。
「ひかりレールスターだと、座席も広いし空いてるし、安いしー」と言われるのですが、




それは新大阪発だ!!




おたべの国からだと、在来線で30分かけて新大阪まで行かないといけないのさ。下り線だからね。それができれば、青春18きっぷで帰ってる…。この気力のなさをなめるな。
実家が反対方向にあった頃は、何度か乗ってました。つーか、在来線で余裕に帰れる場所だったし、新幹線はパパンの送り迎えの都合で言い渡されていた贅沢品でした。
それが今や必需品になろうとは…。働き盛りのサラリーマンか、あたしゃ。


そういえば、きびだんごの駅のドトール、ちゃんとありました。私が場所を勘違いしていただけで、喫茶店も昔から、ドトールも変わらずにきちんとあったみたいです。
やっぱ高いのにパック入りコーヒー出される喫茶店より、ドトールだよなあ。ドトール、昔就職試験受けて落ちましたが(今となっては笑)、結構好きですよ。一番はタリーズなんだけど。
今読んでる『バリスタ』というコミックでも、ドトールが協力店舗のひとつとして挙がっています。ドトールにエスプレッソあったっけ? とは思っていますが(ドトールファンの皆さんすみません)、涼しくなって来たらきびだんごの国でエスプレッソにたっぷりの砂糖という、イタリアンスタイルを試してみたいものです。


そして頭が痛いのが交通費。確かにのぞみは贅沢だ。切符を見る度に思います。
これだけ普及してるんだから、もーちょっと安くならないかなあ~。今月はお盆価格で諭吉先生ギリギリかー。下手したら越えるな。それが往復、ああっっもう!
青春18きっぷで帰ってみたい…。鈍行好きな私には誘惑ではありますが、どうやって行くんだろう。網干行きの新快速に乗って、そこから? 兵庫県は詳しくないので、全然想像つかないですよ。網干まで行って、それから岡山方面へ向かう電車を探すんだろなー。もしかしたら、網干まで行っちゃいけないのかも知れないけど。
しかし時間が半端ない。きびだんごの国からうどんの国まで1時間だというのに(そこから更にバスで40分)、おたべの国から神戸まで新快速で一時間以上。そこからまた山越えするから、きっと迂回するだろうってんで……あー、だめだ。
お昼にうどんの国に着くために、普段7時過ぎに家を出ている私(おたべの駅までバスで40分)が、一体何時の電車に乗れば日の高いうちに着くんですか(涙)!! 始発?
やっぱ海越えをするからには、諦めて新幹線ですか…。考えるだけ無駄でしたね。
伊丹から飛行機という手もあるんですが…。でも空港からバスが遠いのでパス。伊丹まで遠いし。


結局、いつも最短で帰ってるわけなんですが、それでも家から実家まで4時間近く。最短で4時間なんだから、その他諸々諦めろよな、って感じですね。
田舎に住んでる自分と田舎にある実家が憎い…!
さ、現実逃避はいい加減にしようっと。あーあ、イタリア語勉強したいなー(新たな現実逃避)。白水社のプリーモ伊和辞典を買おうかどうしようか、ずっと迷っています。Primo(プリマの男性形ですね)ってくらいだから、すごい辞書なんだろうなあ。辞書好きとしては欲しい! 前述の『バリスタ』を読み始めてから、つとにその傾向が高まっています。
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。