羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201107<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201109
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
筆記体。
仕事で英文を考えていて(限界を悟り、翻訳サイトも頼りにした)思い出したのですが、最近のお若いこうさぎちゃんたちは、アルファベットの筆記体を習わないって本当ですか?
私なんて、楷書(?)の方が癖だらけで、筆記体の方が慣れてて読みやすいくらいなのに…(それもどうか)。
英語、もうちょっとできるようになりたいなあ。途中で放り出してある「えいご漬け」でもやろうかしら。うーん、なんて懐かしい響きだ。


歳がバレているので構いやしませんが、私の頃は筆記体のテストなんてものもありましたよ。
筆記体でてめぇの名前を書け! っていう超サービス問題。っていうか、つまりそれくらい初歩的なことだったんですよ、筆記体。
テストは楷書(? だから何て言うんだ、普通の方は)で答えていましたが、ノートは全部筆記体でした。その方が早かったし。
筆記体は学校で習うより早く、キャスバル兄に習っていたので…。ちなみにキーボードのタイピングを仕込んで行ったのも彼です。今の職業の片鱗が見て取れますね。
今は習わないのか、そっかー…。


私の場合、多分日本語(硬筆)<英語(楷書?)<英語(筆記体)≦日本語(毛筆)の順にきれいだと思いますよ。
日本語が一番下手ってどうなのかなー、私…。
そういえば先日芥川の自筆原稿を見る機会に恵まれた私ですが、最初の頃はしっかりしてたのに、段々細く細かい「病んでるなー」な、字になって行ってました。私の癖字はもとからなのでいいんですが、それでも歳を取るごとに下手になって行く気が。日ペンの美子ちゃんでもやるかなー。あのコミックも買いそびれています。ちょっと欲しいんだけどなー、日ペンの美子ちゃん。
そうそう、「英語」って言ってますけど、習うのは実際「米語」ですよね。私、「英語」が学びたいんですよ。本場のクイーンズイングリッシュを、是非とも! そしたら筆記体も映える気がします…。(別に米語が悪いって言ってるわけじゃないですよ。スラングはスラングで学びたい)
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

誠にすみません。
携帯だと、「続きを読む」にならないんですね…。
しまった、無駄に長い文章を綴った挙げ句、一曲披露してしまいましたよ(後悔)。
読みにくくてすみません。読みにくいから、追記に分けたのに…。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

諭吉越え。
隠しきれない薬値が いつしか私にしみついた
私のものだと分かっても やっぱり憎い領収証
マクサルト シングレア
アドエア2個に 一包化
恨んでも 恨んでも
体裏腹 どれも必要
払えなくてももういいの くらくら見える請求書
あなたと越えたい 諭吉越え
(『天城越え』でどうぞ)


実際はきちんとお支払いして来た女のサイトへようこそ。
13420円…。それが本日のお薬代でした。ちなみに精神科は含まれません。


いつかもやった気がする、『天城越え』の替え歌ですね。
たぶん今回の方が世知辛い(泣)。
マクサルト、シングレア、アドエア、どれもお高い薬です。
ついでに今回から一包化(薬をまとめて朝・昼・夕分を一つの袋に入れてもらうこと)をお願いしたので、手間賃と袋代がかかります。
更にぼーっとしてて、余ってる薬までもらって来てしまったため、余計に高くなった←バカ。
いや、諭吉越えは予想はしてましたが、実際突きつけられると着物で一曲、コブシを回して披露したくなるというものです。
昨日の新幹線代なんて、軽い軽い。今日の薬代の方が遥かに重かったね。
ちなみに今日は診察がスムーズに流れ流れて、まるで追い立てられるみたいでした。普段待たされるばかりのこの身には、珍しいことです。


呼吸器科は薬だけ。だってなぁ、今の先生……。悪くはないけど、良くもないんですよ。X線も取らないし、肺機能検査もしないし、聴診すらない。
薬だけもらうのに診察料払うのもアレなんで、再来月辺りはまともに掛かっとこうと思います。余裕見て出かけないとな~。
で、精神科にカルテが回ってると思ったら、普段は激混みのくせに空いてる日はがらっがらの神経内科に先に呼ばれました。
薬で太るの太らないのという話をしていたら、
「ふっくらしたおばあちゃんになるのも、ええと思わへん?」
と、言われました。それは悪くない。が、今からふっくらしてどうする!! あたしゃまだ三十路だよ?
ただ、薬(精神科)で10キロ太って薬(精神科。怪しいものではない)で10キロ痩せたという話をしたら、「フツーは戻らんと思うけどなあ。君、偉いなあ」と、ミョーなところで褒められました。ふ…すべてはエビリファイの副作用ですぜ。
[諭吉越え。]の続きを読む

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:日記

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。