羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201207<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201209
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かなりかなりのご無沙汰です。
案の定、お盆に気を遣いまくって湿疹を出し、あまつさえ喧嘩しなくていい人と喧嘩をし、ズタボロの状態でおたべの国に帰って来ました。
今はバテバテです。漢方に行く気力もない…。残りの夏バテ漢方で、どうにかしのぐかぁ。


新幹線もマリンライナーも、座れたり座れなかったりした女のサイトへようこそ。
かちんと来た一言。「いやー、俺さー、新幹線の自由席なんて初めてだよー。なに、これ? この混み具合」
それがお盆というものだ、このクソオヤジが!!


いえ、私の悪口雑言はさておき(こほん)。
基本的にバテております。例えるなら…常にパトラッシュが添い寝状態? です。いつでも寝れる。いつでも寝れーる。
しかし主婦と物書きに休みはありません(一人暮らしだろうが、主婦は主婦だ!)。朝ご飯をどうにか口に押し込み、洗濯しながらPCを立ち上げ、あれやこれやとしているうちにお昼。買い物に行かねば…。
そして清々しい汗をかき(バテてる証拠)、午後はちょっと一休みして、またPC。




しっかし原稿が進まないなぁー。




PCに向かってお前は何をしているんだという話ですね。いや、最近はついったさえもご無沙汰なほどバテてるんで…。
そんな人間が、原稿を進められるわけがない。
この暑さだ。この暑ささえ乗り切れば…。
暑いよー、しんどいー、なんとかしろーこのやろー(はっ、『ヘタリア』のロマーノが入ってしまった)。
ちなみにお盆の兄妹の会話。
「ヘタ(『ヘタリア』の略)5巻買ったよ!」
「買ったん? 君、行動早いなー」
「欲しい新刊はなかなか出てくれへんねんけどなー」
「あー、往々にして世の中そんなもんや」
でした。あとは、
「兄ちゃん、足どないしたん。えらいかぶれて」
「ああー、靴下のゴムでちょっとな」
「皮膚科行っても一緒やもんなー。ストレスやねんから。そんで医者には言われるねん、『規則正しい生活をしなさい』とか(うんうんとうなずくキャスバル兄)、『なるべくストレスの少ない生活を』とかー(うんうんと力強く頷くキャスバル兄)。そんなんできたらとっくにやってるっちゅうねん! って話ばっかりされてさー、薬も『なんかもうええわー』って感じのんしか出してくれへんし、きついのは逆にかぶれるし(うんうんうんと頷くキャスバル兄)」
「まったくなー、ほんまそんな感じやわ」
「せやろー、私もやもん」


こんな私、上半身の肩一帯、をかぶらせてきました。なにがなじょしてこうなった? と、自分でも思うのですが、やっと昨日辺りからかさぶたが取れ始めました。薬は何度か塗りましたが、睡眠とリラックスが一番の薬と自分で知っています。リラックスはなかなか…ですが、とにかく寝倒すことでクリア。ありがとうパトラッシュ。
しかしお盆…何に気を遣ったかねえ。と、思い出しても心当たりがありません。
せいぜい両親が揉めるのの仲裁に入ったり、じーちゃんが一生懸命何か喋ろうとしてるのを聞き取ろうとしたり、機嫌を損ねて夕餉の席を立つパパンの機嫌を取ったり、それで機嫌を損ねるママンをなだめたり…。
はーははは、気ぃ遣いまくりじゃねえか。そりゃー、湿疹のひとつやふたつやみっつやよっつ、出たっておかしかないぜ!!
なんであんなに気を遣う夕餉になったのか。親戚にもらった珍味のせいです。切り方がどうのとか、食べ出したら美味しいだの美味しくないだの、もうてんやわんやでした。密かに気を遣いつつ、マイペースを貫いたキャスバル兄を尊敬しています。そうだ、それが子として正しい態度だキャスバル兄。えらいよ!!


こんな感じで、お盆前後は流れて行きました。
パトラッシュとついうとうとしていたばかりに、更新が遅れましたこと、お詫び致します。
もうあっちゃこっちゃに気を遣いたくないんや、私はーーー!! と、叫びたいお盆でございました。祖先の霊? いいものも悪いものも帰っていたようで、時々左右の肩がずしっと重たくなってました。右はよくないと噂で聞いたので、ぱんぱんとお祓い。左は…ある程度までは耐えました。タイムラグで来るんだからなー、左右。右が楽になったと思ったら、左、みたいな。もしかして私、通り道かなんかにいたのかしら。それほど今年はずしずしずっしりと肩に来たお盆でした。そういやかぶれたのも、肩だもんなー。
スポンサーサイト

テーマ:頑張れ自分。 - ジャンル:日記

60分ガチンコ一本勝負!
今日はフルートの先生を独り占めでした。というのも、Kさんが都合でお休みしたから。
個人レッスン状態で、60分なんて滅多にないですよー。


そして指ががくがくになった女のサイトへようこそ。
いかに無駄な力が入っているか、いかに普段指を動かしていないかが分かりますね。


「はい、じゃあEマイナーのスケールから行きましょう~」
と、先生。普段は「イーマイナー」とおっしゃるのに、私と二人だと、素に戻るのか「エーマイナー」と、独語読みが混ざります。一瞬Aマイナーかと思って、ラの音を準備したら、違ったので一人で「あたしのアホー」と、内心ツッコミ。『スラヴ舞曲第10番』は、ホ短調(Eマイナー)やないかー。
ミファ♯ソラシド♯レ♯ミ♪ 下がる時はミレドシラソファ♯ミ♪ つまり、ファ♯な楽譜です。なんで上昇の時は♯が増えて、下降の時は戻るのだったか、いつまでたっても覚わらずにいます。ちゃんと理由があるんですよ。あるんだけどね~…orz
次はオクターブ上げ下げする練習。E4→E5というように。上昇が終われば下降です。E5→E4というように、全部の音を鳴らして行きます。高音に上がるような、例えばE5→E6などは、運指が違うのでいっそ楽なんですが、低音から中音は、ほぼ運指が一緒です。あたしのいつまでたっても下手っぴなアパチュアが、音を上げてくれませんよい(泣)。


それが終わったら、曲に入ります。
最初はフツーに流して。音の調整をしてもう一度始めから、途中音の確認をしてキリのいいところから、運指の確認をしてキリのいいところから(すべて最後まで流れる)。超酸欠です。
そうしたら、先生が、あまりにブレる私の音を憂えたのか、「小さーく鳴らすつもりで、音の芯を作るように吹いてみてくれる?」と。これが難しい。大きな音って、割と出しやすいんですよ。というか、勝手に大きくなるんです、息の量が多いから。その分だけ息は続かないし、アパチュアも開くので間の抜けた音がします。これを修正です。こんな大人、修正されてやるぜ(泣)!!
それが一通り、どうにかこうにかなったら、次はメゾフォルテくらいで、息を鳴らすように吹いてみて? と。つまりあれですか、「息を回転させろ」っておっしゃってる、あれですね。
「肩の力は抜いて、喉は開いて、口の中は開いて、歯と歯の間を開けて、舌は少し突き出すように、なので下あごが出ますね、そして唇に少し集中して、先に小さな刺をくわえてるようなつもりでやってみて?」




きっつぅーーー(泣)!!




いやいや、しかしこれまでしっかりして来なかった私が悪いのよ。
こんな練習をしている間にも、運指のチェックをされています。どうやら右手に力が入り過ぎているらしく、指の動きが固い。実は私、左指の方が器用に動くんです、もとから。なんでしょ、隠れ左利きなんでしょうか。あとは、キィホールをしっかり押さえなくては! という意識もあると思います。カバードじゃないんで、ふわんと押さえてたのでは鳴りませんからね。
「次は腹筋で支えてー」、「はい、あごをもうちょっと反らして、息をかぶせないでー」等、先生の指導は続きます…。


それらが終わったら、もう一度始めから。失敗したら調整して、また始めから。また始めから。途中調整してキリのいいところから最後まで。そんでもって最初から最後まで。休みなしです。
最後の方は、頭くらくらしました。あと、気づかなかったんですが、フルートから手を離したら、左手もがっくがくでした(苦笑)。全体的に力入り過ぎやねん。性格出るなー(笑)。
「あとは細かい音の練習と、とにかく肩の力を抜くこと! これが課題ね」
という〆の一言で、今日のレッスン終了ー。あーーー、しんどかったーーー。
でもしんどいのは先生も同じだったようで(そりゃそうだろう。たぶん私より体力を使ってらっしゃる…)、「あっつぅー」と、おっしゃってましたもの(笑)。
ガチンコレッスン、貴重なので録音してあります。発表会まで大事に保存しておこう。私だけに向けられた、貴重なレッスンですもの。


はふ、けど音が鳴って、いい音になるって、ちょっと気持ちいいー。ですが明日から私は一週間帰省だー。
録音したものを聞いて、感覚忘れないようにしようっと。

テーマ:頑張れ自分。 - ジャンル:日記

ジャムを作るよ!2。
おいしくできました。
はい、画面端に写ってる薬瓶とかは気にしない(笑)。
写真左奥から梨、マーマレード3個、前方左から梨、生姜2個です。マーマレードは小瓶がちらっと見えてますね。


砂糖を1キロ使った女のサイトへようこそ。
ちなみにオレンジは10個、梨は4個、生姜は300g使いました。


マーマレードは、オレンジが安売りしてたので決まりましたが、梨はママンのリクエスト、生姜は私の興味本位です(笑)。
さて、朝からオレンジの皮を薄くむいて千切り、水にさらします。その間に、梨とジャム瓶と砂糖を買いに西Uまで行ってきました。
梨は半額のものがあったので、4個購入(ほくほく)。ちなみに生姜は、前日の夜から冷凍庫にいました…。
想定外に重くなりながらも、どうにか帰還。オレンジの皮をゆがく…前に瓶を煮沸消毒します。
オレンジの皮は、合計3回ゆがきました。そりゃー柔らかくもなるだろーなー。
それを横目に、せっせと果肉を出します。
材料の下準備が済んだら、家で一番でっかい鍋(幸いにもほうろう)に全部入れてちょっと置き、煮詰めます。
今回は、「まだまだゆるくなーい?」という状態で止めることを自分に課していたので、結果ちょうどいいとろみになりました。マーマレードは、種をペクチンの替わりにすると聞いていたのですが、オレンジから種出て来ないよ!! なくてもとろみは出て来るそうなので、ま、まあ無問題ってこと…で。


梨は一個をいちょう切りに、残りはすりおろしました。
最初は半々にしようと思っていたのですが、あまりにごろごろするので、1:3で。リンゴみたいに減ってくれるならいいけど、梨って煮くずれないからなあ。
これからは小さめのほうろう鍋で。火加減に気をつけながら煮詰めましたが、すっごい水分。この梨は当たりだったのか、私の腕の力的に外れだったのか…。


更に腕の力を試されたのが、冷凍の新生姜300gのすりおろしです。
なぜ冷凍させたかというと、繊維が切れるから。こうすれば、フードプロセッサーがいらないんですよ!
腕の力を試されもしましたが(しかしなんだかんだとクリアしてしまう、私の腕力よ…)、冷たさとの勝負でもありました。時々生温い水道の水で温めながら(笑)、どうにかこうにかすりおろし、同量の砂糖(はちみつでもいいらしい)と、レモンポーションを入れて、煮詰めます。
すると、おや? 色がピンク色から何とも言えない赤っぽい色に。新生姜って、そういえば色変わるよなあと思いながら煮詰めてました。
いいかげん汗がぼたぼた落ちて来るので、手ぬぐいを額に巻いて、ヒップアップ体操みたいにだるい足を上げながら、ひたすらかき混ぜてました。


終わったら半日過ぎてましたね。別にジャムの日でもなかったのに、何を張り切ったのか。
これは昨日の話なので、今朝、PL法に基づいて(ただのいやしんぼとも言う)トーストに生姜のジャムを塗って食べてみました。




ほーーっ(感嘆の声)!




美味しかったです! 自分の作ったジャムを自分で食べるのは、実は味見以外では初めてだったので、ちょっとびっくりしました。手作りってこんなにおいしいんやー! と。
あかん、新しい趣味が始まってしまいそう…。いいかげんで留めておかないとな…。でもマーマレードは常備したいです。
今回作った分は、全部お嫁入り決定済みです。ほとんどが実家ですが(笑)。たまには自分のためにも作るかー。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。