羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201209<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201211
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もっと高く!
昨日、無事発表会が終わりました〜。
なんかあちこち記憶が抜け落ちていますが、まあこんなもんでしょう(そうか?)。


予定調和に失敗して来た女のサイトへようこそ。
結局クリアできへんかった…難しかったところ…。


隣の芝は青いとはよく言ったもので、楽器ケースを持ってる人を見かけると、「うう、あの人もか。きっと上手いんだろなー」という気分になる、待ち時間。
たぶん他の人には、淡々と無表情で楽譜眺めてた私の方が、よほど青く見えたことでしょうよ。だからそれ、私じゃないんだってば。私だけど私じゃないんだってば。
あと、人前で平気なのは、小学生の頃から朗読やら作文発表などを、さんざっぱらさせられてきたからです。それとか生徒会で、千人くらいの生徒を前に司会やったり文章読まされたりしてたせい。この頃の恐れ知らずの私がちょっと顔を出してるだけで、もう今は小鳥の心臓よ(自己申告する奴に小鳥の心臓はいないと思っている私)。
もとい。出番が早いので、チューニングルームも空きまくってます。使っていいか悪いかも聞かずに、あと中のものには触れないよう張り紙がしてあるのにA4とA5の音を出し、文字通りチューニングを勝手にしてました。
それで、完璧ソロの『愛の悲しみ』を通しで吹いて(伴奏が私について来るという、恐ろしい仕様。リズムと拍は自分で調整しないといけないのです)、『スラヴ舞曲第10番』は、苦手な中間部を中心にさらって、音が出ることを確認しました。うーん、ちょっと鳴りが悪い。今日雨で冷えてるからって、頭部管詰め過ぎたかなー。
と、気づいたのはチューニングルームを出てからだったので、調整のしようがなかったのでした(泣)。


昔は緊張すると、テンション上がって「楽しそうね」と言われた私ですが、今は薬が効いてるのでそこまではありません。無表情で、ぼーっとしてますが、内心は穏やかではありません。
どうしよう、結局難しかったとこ、出来へんかった…。
だーいじょーぶ、先生が一緒に吹いてくださるって。
あー、今日音の鳴り悪いよなー。本番ですかすかせえへんやろかー、めっちゃ心配。
あー、気にせんでも、それこそ死にゃーせんよ(苦笑)。
先生と伴奏いはるからって、甘えてたらあかんよな。気ぃ引き締めていかんとな。
どーせできへんのやから、開き直れって。なるようにしかならん。
途中で記憶というか、意識飛ばへんやろか。ブルってるわ〜。
ごまかせ! これまでの人生、そうしてちゃらんぽらんに生きて来た!!
……こんな感じ(笑)。天使と悪魔が会話してるみたいですが、どっちも私です。
で、緊張してるのを誤魔化すために、いろんな人と会話をします。なんちゅう悪循環。つーか、人見知りや言うてるのに、私ー!


出番は9番目だったので、さっさと控えの場所(舞台袖)に移動します。
おー、ブルってきたぜよ。
平常心、平常心! お客さんも出番早いいうことは、下手やからとか思ってくださるに違いない。深呼吸して落ち着いたら、おら行って来いやぁあ!!
案の定、ステージに立つのはなんてことないのですが、音が鳴りにくい。それを強引に誤魔化したのが敗因かも。
なんであのとき、ちょっとでいいから頭部管開かなかったんだろう。あたしのアホー。
『愛の悲しみ』は、だいぶはしょってる楽譜でもあったので、どうにかなりました。途中、ちょっと私が危うかったですが(笑)。
この時お客さんが見えているかというと、見えてるけど見えてない。こんな感じです。私本体はちょっと後ろにいて、二人羽織りをやってるみたいな気分。得なのか損なのか…。
さて、『スラヴ舞曲』です。あ、先生の立ち位置がいつもと逆だ。これだけで、全然気分が違うんですよ。ちょい混乱します。
あー、まー…こんな時はあれだ、「当たって砕けろ」!
結局、先生と伴奏につられるように流れて行った…ような気がします。なにせ記憶が曖昧で(苦笑)。普段とちりやすいところ、全てでとちったような気もするし、どうにか体裁だけは整ったような気もします。最後のE6がきちんと6拍鳴ったのでほっとした、それだけはよく覚えています(笑)。私、E6下手なんですよ。もともとフルートの構造上鳴りにくい音でもありますからね。
ありがとうEメカ(E6を鳴りやすくするオプションキー)。
終わりよければ全てよし! ミッションオールクリア!!
と、思っていたら、先生がにっこりと(確か)微笑まれて、「落ち着いてできました〜」と、褒めてくださいました。そうか、やっぱり落ち着いてるように見えたのか。不思議だわ。内心ツッコミ入りまくりやったのに。
さぞかし乱暴な音が鳴ってたんだろな。仮にいい音に聴こえたのだとしたら、それはムラマツの技術の賜物です。
自身の技術を磨いて、吹き込まないと、誰が吹いても同じ音になってしまうとも言われる、手強い楽器を使っております(泣笑)。


ロビーでぼーっと惚けていたら、やっぱり誰かに話しかけられて(病院でもそうなんですよ。話しかけられ体質?)、結構な時間が経ちました。
第2部が始まるというので、講師演奏が聞きたくて会場に入りました。
そうしたら、おじいちゃまががっちがちに緊張しながらフルートを吹くんですが、これがものすっごく優しい音なんですよ。うわー、人柄出るぅー。と、思い知らされました。
私の音は…どうだったんでしょね(苦笑)? ちょい神経質だったかもです。
つぎのおじさまは、音はしっかりしてるんだけど、「音、出てるだろ?」って感じでした(ご本人は、目一杯一生懸命だったに違いありません)。私、下手でもさっきのおじいちゃまの音が好き…。
そしてちみっ子どもが終わると、保護者が一斉にぞろぞろ出て行くので、会場がすかすかする(笑)。最近は高齢化、少子化で、一人の子供に両親、兄妹、じじばば(下手すりゃ4人)が来ますからねー。
講師演奏は『カルメン』ですよ! バイオリンとフルートのセッション、かーっこいいー!!


そして帰り、電車と駅が同じ人(同じ先生に習っています)と話していたら、その方もやっぱり負けず嫌いでした(苦笑)。
そう、あの人は出来るのに私は出来ない。悔しい。→練習しなきゃ。
初見ですらっと吹ける人がいるのに、私はとちる→当たり前だけど、やっぱ悔しい。
っていうか、相方が素直に上手だ→頼もしいけど悔しくもある…。
複雑なんですよ、いろいろ…。愛憎入り乱れるとまでは行きませんが、羨ましくってちょっと妬ましくって、そんな自分が嫌で練習するんですけど、どっかやっぱり追いつかなくって悔しい、みたいな。
よく考えれば、楽譜も読めなかった私が『スラヴ舞曲』を吹いたり、自分がリードして行くなんて、始めた頃には想像もつかなかったことです。それだけでもすごいんですけど、〜〜〜〜〜でもまだまだ、満足行かないっっ!!
今日はへたれててダメでしたが、それでもフルートは触っていますからね。明日も頑張るぞ! 来月は『ハンガリー舞曲第5番』です! そしてこの勢いで原稿だー! 主治医と「今年中に一本」の約束をしています(なぜ精神科で督促されるのか)。書いてやるぜよー! 
……あ、でもほんのちょっとだけインターバル。息切れしました。ぜいはあ。
スポンサーサイト

テーマ:頑張れ自分。 - ジャンル:日記

こけた。
いや、話のことではなく(笑)リアルにこけました。
どっちかっつーと、話がこける方が嫌なタイプです関西人。


雨の日にぱんつが見えるような盛大なすっ転びをやって以来じゃないかと思う女のサイトへようこそ。
あれ、まだ20代前半だったからなー。大サービスもいいところでしたよ。


改めまして、ご無沙汰しております。決してついっただけにかまけていたわけでもなく、ちょっとど忘れというか、記憶の途切れる瞬間が長いなと思っていたら、解離の傾向があることが分かりました。
決定打ではないですけどね。普通の人より、強めだってだけの話。
昨日も病院帰り、途中の記憶がありません。発表会前だから、幻聴も来てますし。今年は低い男性の声ですね。一昨年は女の人だったのに。
こんな感じに、相変わらず不健康ですよ。まあ、軽い解離くらいするでしょう。


ちなみに今日(もう昨日だ)は、阪急百貨店うめだ本店のリニューアルオープンでした。限定150個の口紅が欲しくて(あと美容液もなくて)買いに行きましたよ。昨日は病院から駅まで30〜40分くらい歩いて駅まで行き、河原町でサプリを買ってました。更に一昨日はお久しぶりにコサヤンお姉様と楽しすぎるひとときを過ごしてしまいました。
……こんだけ行動が積み重なったら、さすがに疲れたんでしょうね。大宮の駅のところで転びました。阪急から帰って来て、漢方に行こうとしてたところです。急にふっと足首の力が抜けることは、これまでもたびたびあったんですが、足がとにかく疲れ切っていたらしく、バランスを崩してすってんころりん。
よろよろのおばあちゃんに心配されるほどだったので、それは見事なこけっぷりだったのでしょう。自分で自分の写真が撮れないことが悔やまれる。
なぜならその場にいた長蛇の列の人たちが一斉に振り返ったからです。おいしすぎでしょう!? ネタすぎる。しかも私の心配は、




「フルートと鏡は無事!?」




でしたから(苦笑)。膝から血ぃだらだら流してるのに、そんなことを思っておりました(笑)。こけて痛いとか恥ずかしいとかではありません。貴重品は無事? でしたから。
フルートはともかく、鏡は何かと言いますと、ゲランでもらったノベルティです。
ここしばらく、阪急うめだ本店のゲランではスタンプラリーをやってたのですが、見事コンプリート。最後はタオルセットか鏡かと問われ、迷うことなく鏡と答えました。だってタオルセットは、去年、一昨年のポイントでもらってますから。
それに鏡と言われ、心躍らない女子など少ないに違いない。乙女心をくすぐる鏡は、必須アイテムですよ(今現在、キーボードの横でスタンバっています。仏頂面防止!)。
ところが外箱が立派過ぎました。ので、プチプチでぐるぐる巻きにしてくださいとお願いしたら、更に紙袋までつけてくれたお姉さん、本当にありがとう。あとは楽譜を入れていた薄いかばんがクッションになったものと思われます。絶対割ったと思った鏡は無事でした。あ、鏡「も」無事でした。フルート無事でしたからね。


無事でなかったのは私本体だけです(笑)。
いーまーだーに、足首が痛い。湿布も貼ってるのにぃ。包帯がどっか行ってるのが悔やまれますね。固定できない。たぶん捻挫だろうと思うのですが(その後もさんざっぱら歩いてきましたから。そんなんするから、足痛いねん←セルフツッコミ)、買い物にも行けやしない!! 明々後日はまた大宮だよ? どうすんの私。
ついでに膝小僧と左手を擦りむきました。左手と左足は大したことないんですが、右足はけっこう出血しましたね(まるで他人事)。漢方のお手洗いで汚れを流したら、受付のおばちゃんたちが絆創膏をくれました。あまりに痛々しかったらしいです。
うーん、傷は確かに後から痛くなったけど、出血が収まると大した傷ではなかったですよ? 小さい頃からよく転んでいた私は、いうなれば擦り傷のエキスパート(そうか?)。お風呂で泣いたりはしないぜ(笑)。
それよりたぶん、足首の方が問題。なぜなら右足首は、過去に靭帯を伸ばしているから。その後新京極をうろついて、冬パジャマを買ったりしてるんですから(その後また大宮に戻って来て、フルートの特訓を受けました)、靭帯を損傷したわけでは…ないと思うんですが…たぶん…。この冬は疼くぜー。
ってか、歳取ったら確実にここから来るな。と、伯父、伯母、じーちゃんを見ていて思います。


そして起き上がったら、目の前でバスが去って行きました…。なんちゅうコント的なシチュエーションやねん。どこまで笑いのツボを押さえたら気が済むの、私。
危うく衆人環視の前で笑い出すところでしたよ。そんなんしたら、黄色い救急車を呼ばれてしまう〜(都市伝説)。
タクシーの運ちゃんと通りすがりさまに、「モノより体大事にしてください」と、言われてしまいました。すいません…。体は再生するけど(まさか捻挫がこれほどとは思わずに歩いてましたから)、鏡とフルートはそういうわけにはいきませんから。
っていうか、私、割と鏡にはこだわるというか、思い入れを持ちやすいんです。というのも、学生の頃、同じように化粧品屋さん(あの頃はクリニークだった…)で鏡をもらったんです。大きめの平ぺったい蓋付きで、スタンドスタイルにすることも出来ました。なので喜んで、お風呂に持ち込んでは自分磨きに精を出していたわけですよ。
ところが、ある日がっちゃんと落としてひびを入れてしまい、使えなくなりました。なんとなーく嫌な気持ちになってたら、当時の彼氏から突然過ぎる別れ話が…(泣)。
民俗学の授業でも、鏡信仰の話を聞いたりしましたし、それ以来鏡は大切に扱っています。なんでしょうね、あの割れた時の嫌な感じは。私だけじゃないことは、「鏡が割れるのは不幸の前触れ」という迷信(?)があるくらいだから、相当数でしょう。
今回は最初っからスタンドタイプの、くるくる回るゴージャスなものです。しかもネルの(たぶん)カバーまでついている。大事にします〜。っていうか、初っぱなから厄払いしたみたいな気分です(苦笑)。


ブログの更新が随分なご無沙汰になっていたのは、私が解離しかかっていただけではなく、我が愛機が起動するのに10分程度要するようになったり、文字の変換に大変時間を食うようになったからでした。
本気で貯金せな…。でも今日は、帰って来てやっとこさ買えた(7年越し!)譜面台を組み立てたら、急に足首の痛みが実感できるようになりました。つまりは気が抜けたんですね。それまでは買い物し直しに行くつもりでいたんですが、諦めてデリにしました。勿体ない。だから怪我なんてするもんじゃないわ、不経済な。
しかし明日は、大きな絆創膏を買いに行かねば。キズパワーパッドが効くんでしょうか。でもそれほどの怪我でもないしな、フツーの大きめばんそこでいいや。擦り傷にはキップパイロールを塗っておけばよし!余所様のメンタムやオロナインに匹敵する、我が家のマストアイテムです。
しっかし、ホントに転んだんやな〜(今更)。痛いのに、どこか他人事。危機管理能力は、著しく欠けています。一人暮らしのくせに、あかんがな、まったく。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

ネット復活!
というわけで、固定電話を買いました。あまりにぼーっとしていたので、帰りがけにフルートレッスンのある駅で降り損ねるところでした。なんかふっと意識が飛んでたみたいです。


相変わらずに輪をかけている女のサイトへようこそ。
ああ、自分のぼーっと加減には呆れ果てます。


もう店に入った時から、ぼーっとしていたのでしょうね。大体今日はそういう日だと分かってはいましたが、家を出る直前に飲んだ痛み止めとレキソタンの組み合わせが悪かったみたいです。
固定電話売場の前で、悩むこと十数分。3800円の、この上ないシンプルな物に値段からも惹かれましたが、ナンバーディスプレイついてないと、私、電話出られない人なんだな…。ストーカーの爪痕、未だ健在です。
で、ナンバーディスプレイがつくと、お値段が倍に上がります。痛いけど仕方ない。その中で安いもの2種を選んで悩んでいたのです。
機能的に大した差はありません。もう見た目とフィーリングの世界。
そして某パナ製品のカードを引っつかみました。お値段7980円です。


そうしたら、レジで商品を持って来たおじさんが、
「はい、6980円ね!」と、おっしゃいました。
かなりぼーっとしていたらしく、なんの疑問もなくお金を払い、お釣りをもらってレシートをもらって、小銭を小銭入れにしまい、お札とレシートをしまうところでやっと、




「あれ? 1000円安くないですか?」




ときたもんだ。
店員さんは爆笑寸前の苦笑を漏らしながら、
「いえ、もういいんですよ」
と、おっしゃりました……。顔から火が出るとはこのことで、なんで会計時に気づかなかった私。そりゃー、店側としてはもういいよな。すみませんでした…。


帰りがけに携帯売場を通ったので、噂のiPhone5を見てやろうと(パソがかなりの虫の息なので、合わせた買い替えを意識。ええ、しただけですよ・笑)売場に行ってみたら、男子高校生数人がめちゃめちゃ触ってました。金持ちやな、君ら……。隣に放置されていた4Sが切なかったです。せっかくの"For スティーブ(スペルが咄嗟に思いつかない。Macファン失格!)"だったのにね。
折りを見て、キャスバル兄が買い替えることでしょう。リッチだからな、あの人は。


それで電車に乗って、乗り過ごしかけた…と。家では真っ先に音と音量の調整をしました。普通のベル音は、私怖いんです。まだ営業で叱られそうで。営業してねえだろう、とお思いでしょうが、トラウマなんてこんなものさ。
音量は低めに、低めに。
そんなこんなで、ネット復活です。今回はコードを踏まないよう配置を変えました。次に危険なのはT-FALの電気ケトルか…(笑)。いえいえ、笑っとらんと気をつけます。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

コントかよ。
嘘みたいな理由で、ネットに繋がらなくなりました。入金まであと2週間かー。


昨夜唖然とした女のサイトへようこそ。
こんなに簡単に……。


コードがちぎれるなんて…!
ただでさえ虫の息なうちのパソ(買い替えは近そうだ)なのに、トドメですか。しかもなんでよりによって、一番替えのきかないコードが切れる!
お風呂あがりの何気ない惨事だっただけに、びっくりしましたよ~。


これではまたブログやついったから遠ざかってしまふ。これはあれですか、フルートの練習と原稿しなさいということですな。
ちくしょー、ガラケーで頑張ってやらぁー。
パソ買い替えたら、きっとスマホになるのにそんな日にちは要しないでしょう。
買い替えかー…。お金、降って来ないかなー(頭の悪い台詞)。
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。