羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201305<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201307
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大義名分って素敵。
結局漢方には、予約時間ピッタリジャストに到着しました。
だいぶ体調が変わって来ているそうです。


「仕事だから…」で、全てが許されると思っているバカ女のサイトへようこそ。
だって、資料抜きで仕事なんてできないでしょーー!?


漢方では前回「肝実」だと言われてきましたが、一ヶ月かけてそれは大分マシになったそうです。
その代わり、今度は「心」に熱がこもってるとか…orz
「こう、気が上がりやすい季節だからねえ〜」
と、私を紙風船のように例えてくださった主治医ですが、仕事に関しては一番悔しさを分かってくれました。
「なんや」って、言いませんでしたものね。「ああー、だから余計腹立つみたいな、ね?」と。
ありがとう先生。報われた気分です。


なので、というわけではありませんが、今度の作品の資料が入り用になってきました。
最初はそんなものいらないかなー、とも思っていたのですが、やっぱりバックに重みが出るんですよね、資料揃えておくと。
図書館行けばいいじゃないとも言われそうですが、長期にわたって付箋などを貼りまくって使用するため、公共物としては扱えないのです。コピー代で本代出るし。
漢方の帰りに河原町に寄って、「こんな感じかな?」と、思うものを5冊ほどピックアップしてきました。
カラーページが多いのと、DVDつきなんてのがあったのと、とにかく何がなんだか一冊一冊が高い。
レジで「8859円でーす」と言われた時は、「ああー、やっちゃった」と思いましたよ。思いましたとも。
しかし!最終選考で落とされた私の次の階段は入賞しかありませんよ。敵を知り、己を知らば百戦危うからずと孫氏もおっしゃっている。
この場合、知らないのは自分の方です(笑)。ものしらずにも程がある。
泣く泣く諭吉先生を1枚…。1諭吉、1諭吉か。大義名分って…恐ろしい。
でも、これでも厳選したんですよ? 放っておいたら基礎の本丸ごとお持ち帰りしたい衝動に駆られましたもん。
ちなみに何かの本(アンリ・ジョミニだったかな? クラウゼヴィッツの方だっけ? とにかく戦略論です)で、百戦百勝は全然すごいことではない。そもそも百戦もしてる時点で将としては失格であるといった記述を見ましたが…。
ま、もののたとえということで。


両親からもらったくまモンバッグを提げて河原町をうろうろしていたのですが、ロフトに寄ったらジャストくまモングッズ陳列中(笑)。
ものすっごい気まずかったので、そそくさと出てきました。欲しいものもなかったし。無駄遣いするなってことですね、分かります。
普段なら、一度の書籍代に1諭吉だなんて! と、思ってしまいますが、「資料だから」という素敵な文句が私を救ってくれます。
久々に売り場をじっくり眺めて、ためつすがめつする楽しさを味わいました。
知ってるようで知らなかったことが多そうだ、と思ったゆえの出費でした。実用書って、私あんまり買わないんですが、純粋に興味から買いました。読んでると楽しい。
楽しい時間は読んでる間だけです。これらの氷山の一角をどううまく活かすかが問題なんですよねー。
でも楽しい時間があるだけいいか(笑)。
そういえば、今回松本清張賞を受賞なさった方の本、面白そうですよね。プロットも何もなしに書いてらっしゃるのに、びっくりしました。きっと空間認識能力に長けてるんだわ、立体でお話を作れる方なんだわと、感心しました。
私ですか? 不器用極まりないですが、ノートかレポート用紙に書かないと始まりませんよ(笑)。頭の中の柵が緩いので、他の話が混じっちゃったりするせいです。
そういや、大学時代の友人も、プロットない人でした。頭の中で練り上げて一気に書くって言ってましたね。資料もいらないって。人それぞれだなあ。私は落書きが大量に必要で(氷山の一角にさえならないものが多い)、資料もがっつり欲しい方です。お手製のでっち上げ地図とか作ったりしますしね(笑)。
あと、勢いが必要なので、「う〜〜〜〜ん」と力をためておいて、「うりゃっっ!!」と書く方がいいみたいです。
でも前回みたいに3日で書いたのはなしよ(苦笑)。


さて、今日は疲れたので、お風呂入って寝ますです。
梅シロップ、氷砂糖と梅が当たっているところは少し氷砂糖の透明度が増して来て、溶けてるんだな〜って分かります。どーか、うまくいきますように。仕事も趣味も、道楽も(笑)。
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

梅シロップ!
以前漬けた発酵シロップ、見事に失敗しています(苦笑)。
風通しが悪い、うちの台所が悪いのかなー。発酵が上手く進みませんでした。
で、今日はといいますと。


梅シロップを、見よう見まねで漬けてみる女のサイトへようこそ。
疲労回復、美容にもいいですって!? と、私が色めき立ったのは言うまでもありませんよ(笑)。


事の発端は、ついったです。
ifg妹さまが梅シロップを漬けたというつぶやきを見て、「ふーん、梅酒と違うんかー。でも私、梅系統のジュースとか苦手やしなあ〜」と、思っていたのです。
が、上記の「疲労回復」「美容」と聞いては黙っていられません。
ついでに、疲労著しい両親に送ったらどうじゃろ。という気分にもなったので電話です。
「もしもしー、ママンー? 梅ジュース作ったら、飲まはるー?」
「うーん、私は飲むけどパパンはどやろねえ。……ま、娘が作った言うたら、なんだかんだ言いつつ飲むような気もするわ」
と、なんとも手応えのない返事が。
まあいい。善は急げです(どこに善が?)。スーパー開店とほぼ同時に梅と氷砂糖、漬ける瓶が足りなかったので瓶を一つ買いに行きました。
瓶は4Lです。梅1kg、氷砂糖1kgを漬けるのに、非常に具合がいい。
「熱湯消毒禁止」と書いてあるのに、50℃近くのお湯で瓶を温めておいて熱湯消毒した私…。でかさからいって、煮沸消毒はできませんからね。


梅のヘタを取って、水気をきれいに拭いて、氷砂糖と交互に入れて行きます。
頼むから美味しくなあれ、美味しくなあれと願いながら。
あとは私が混ぜるのを忘れないように気をつける、これが肝心ですね。ここ重要、テストに出ますよ的な。
ちなみに梅は、南高梅が安く出ていたのでそれを買いました。大体1kgで398円。いえ、880円ってのもあったんですが、そんなものビギナーにはもったいなさ過ぎます。
南高梅でさえどうかと思うのに。
青梅はもう時期を過ぎていて、ほぼ完熟の状態で漬ける事に。味が青梅に比べてまろやかになるそうですよ。おおぅ楽しみ。
ヘタ取りをしていて気づいたのですが、私、苦手だと思ってた梅の匂い全然苦手じゃない…。
あの飴の小梅ちゃんとか、梅ガムとか、あの辺で苦手意識をがっつり植え付けられたのですが、つまりは香料が悪かったと…。
あ、なんか人生損した気分。こんないい匂いのものを苦手だと思ってたなんて。


ママンに「漬けたよーん」と電話すると、「あんたは私がせえへんことを、ようするわねえ」と言われました。
そうね、お菓子作りとかジャム作りとか、果敢に挑戦しております。
本当は梅干しを漬けたいんですよ。でも西向きの我が家では漬けられないんですよ…日が差さないから、土用干しできなくて。ママン方のばーちゃんが漬けてたみたいな、塩っからーくて、すっぱーーい、そんな昔ながらの梅干しが漬けたいのです。最近のは甘っちょろくていけねえや。はちみつ漬け? 何それって感じです。
そういえば、パパン方は皆酸っぱいものダメです。梅干しも南高梅でご飯食べられるって…。あの甘い梅でご飯食べられるって…オーマイ、信じられないわ。
逆に手作りの梅は、皆「酸っぱい、酸っぱい」と言って、食べなかったので、うちがもらってきたそうです。一粒頂きましたが、んまかったーーー!! もうお茶漬けにしたいほど美味しかったーーー!!
ママンには「混ぜるの忘れんようにねー。ほな、楽しみにしてるわー♪」と、言われました。
酵素シロップの失敗を見抜かれている…。私のスーダラな性格を、さすがによくご存知だ。


更にママン、「これでうまいこと行ったら、果実酒が漬けられるわね!」と、新たなる野望を露にして行きました。
ママン…。果実酒なぞ漬けて、誰が飲むんですかい。私か? 私か? それともママンか?
いーえ、この夏もジャム作りに邁進するでしょう。シロップは、他の果実でも漬けられるならやってみたいですけどね。
とりあえず眼前の。今日漬けた二瓶が、うまく漬かりますように。
酵素シロップみたいに発酵させなくていいから、その分だけ楽かなー。かーなーり、テキトーに仕込んでしまいましたので。
そうか、美容にいいのか…。それは是非とも飲まなければな(笑)!!
これで私の「梅干し以外の梅系統嫌いー」が、治ってくれれば尚いいです。たぶん、手作りは美味しいんだろなー、と、淡い期待。
では漢方に行く前に原稿の資料を買いに行ってきます。日本列島暑かったり涼しかったりいろいろみたいですが、皆様気候に負けませんよう。ではでは、だずびだーにゃ。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。