羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201306<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201308
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あの時君も若かった。
……雨にざざ降られる前に、家にたどり着くことが出来ました。
しかしこの湿気、パネェーーー。押しつぶされそうでしたよ。呼吸器疾患持ちだけが分かるのか? これ…。


あれは今をさること30…おい、マジか!? と、自分で思った女のサイトへようこそ。
はい、あれは今をさること32年前のお話でございます。


当時の私は、なんと3歳。今から想像して頂けるでしょうか、それはもうぽっちゃぽちゃの、言うなればジャリらしいジャリでした。
当時のお約束は、普段忙しいパパンがまとめて休暇を取ってくれて、琵琶湖にある保養所へ遊びに行くこと。
ここのブランコから落ちて頭を打ったこともある(だからこんなにおバカちゃんに…)、家族で夜には花火を楽しんだり、普段しない外食をしたりと、まあ子供には夢のような時間です。パパンもママンもこの時ばかりは甘々でしたものな。
我が家の家訓は、「遊べる時には思い切り遊べ!」ですから。


さて、そんな夏もはや3度目(私にとっては)。今回はじーちゃん、ばーちゃんがご一緒だ。
って、パパン方のね。ママンの方は家が近かったので、しょっちゅう遊びに行ってたから…。
つまりまあ、あれです。懐かない孫と触れ合おう作戦です。
言い方可愛くないんですが、本当私もキャスバル兄も可愛くなかったんですよ。いえ、代わりに賢かった。賢かった分、線を引いてしまったんですよ。
ママン方のじーちゃん、ばーちゃんとは何か違う…って。
これ、遠方のおじいさま、おばあさまにはどれだけお辛いことでしょう。今なら分かります。ええ、今だから分かりますとも。おバカなりにね。
ママン方のじーちゃんは、冬には不自由な脚を引きずってたこ焼きを買って来て、そっとおコタの中に入れておいて驚かせるような人でしたし(風来坊のような人だったらしいです)、ばーちゃんは豪放磊落を絵に描いたような人。私のような、可愛げのないジャリにも対等に相手してくれる人でした。
パパン方は、どっか上品でした。ばーちゃんが上品な人だったせいもあるんでしょうが、じーちゃんは当時絶大な権力を地元で振るってたし。
さてさて、そんなパパン方のじーちゃん、ばーちゃんとそれなりに楽しんでいた時です。




……雷が来た。




それも絵に描いたような稲妻が(あのジグザグってした、あれね)、何本も琵琶湖に落ちるんですよ。
じーちゃんに「怖ぁない、なーんも怖いことなんか、ないんぜー」と言われていましたが、それでも怖いですよ(苦笑)。
怖いくせに、怖いもの見たさで見てしまう。で、座布団かぶる。アホの循環をしながらその夏は暮れて行きました。
後の記憶なんて、なーんもございません。
そしたら、それ以来雷が怖くなくなりました。「ああ、あれに比べりゃ、どーっちゃないわ」って思うようになったみたいです。
地震、雷、火事、オヤジ。幸いと言いましょうか、地震を除いて全て経験してしまっております(笑…えないな、これ)。キャスバル兄に至っては全部です。
ああ、だからあんなにふてぶてし……ふんがっふっふ。妹はずる賢いので緘黙します。
そういやあの時、キャスバル兄はどこにいたんだろうなあ…。じーちゃんもばーちゃんも私が独占していたので、兄のプライドで耐えていたのでしょうか。
ちなみにパパンは、それなりに怖いくせに「ほらっ、今の見たか!?」と、煽ってくる人です(笑)。まあ、お祭り好きなんで、テンション上がって血が騒ぐんでしょう。
とまあ、こういう経緯で、祖父母と孫との距離は多少縮まったのでした。めでたし、めでたしでどっとはらい。
しかし現在も実家で私とキャスバル兄の影は薄く、時々忘れられてんじゃねーかなー。という時もあります。名前の似たひ孫と呼び間違えられたことも多数。
まあね、ばーちゃんの葬式でキャスバル兄の嫁にされてた私だからね(根に持ってる。だって、薄情じゃねえか妹!)。


……そんなことを、汗だくになって帰りながら、ふと思い出していました。あの頃じーちゃん、65歳。今のパパンより若いよ、嘘でしょ?
子供たちがね、きゃーきゃー言いながら帰って行ってましたよ。ああー、可愛いわねー。あの頃私は、もう「へっ」と思ってる、可愛げのない子だったわー、と。
ちなみに見てたら、男の子のが、案外怖がってましたね。女の子は「ちょっともー、髪の毛濡れるやんかー」みたいな、気怠げな態度でしたよ(笑)。
じゃああの時も、キャスバル兄は怖かったのかしらん←こだわる私。
だってキャスバル兄が怖がるとこなんて、滅多に、めっっっっったに拝めませんもの。
まあ、まだ影も形もなかった頃のこうさぎちゃんたちの方が多い、年寄りの昔話でしたよ。
でもうち、読者年齢層結構高そうなんで大丈夫でしょうか(笑)。
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

復活、されど…。
SMS、無事復活しました。
規制がかかってたか、SIMがバグッてたか知りませんが、とにかく直りました。万歳。


バックアップは大事だなあと思う女のサイトへようこそ。
一人、連絡がつかなくなっちゃいました。


やっぱり紙媒体にはかなわない。
しかし100件以上の番号を今更書き出すのもどうよ。
連絡がつかなくなった人、と分かったのは、今になってもSMSが着かないのもあるんですが、念のため電話をかけてみたら「お客様のおかけになった番号は、現在使われておりません」ときたもんだ。
うん? 携帯番号変えたのかな。携帯紛失したんでしょうか。よくある話ですが。
たぶん、私の番号はその人の携帯にしかなくて、バックアップも取ってないとすると、紛失して番号変更した(と仮定する)時点でアウトです。
ショップのお姉さんに聞いても、「そのガイダンスは解約かもですね〜」と言われましたし。着拒なら、却って掛かってるふうを装うらしいですよ。
ためになるなあ。
つーか、その人とはほとんどSMSでしかやりとりしてないんだっつの。つながんないと困るんだっつの。
私が電話無精なせいもありますが、いつから? いつからよ?? って思います。
まあ…相手の人も、ただいま絶賛不自由中でしょうから、責めはしませんけどね(仮定を是とするなら)。紛失だとしたら、古い携帯が見つかるのを祈りますよ。


悪い方に考えちゃうと、こーいう時はドツボにはまるので、楽観的に待ちましょう。
そのうちどうにかなるって。ならなかったらしてもらうって(おお、怖)。
こんなだったら、他に連絡手段考えとくべきでした。とは思います。
でも今の世の中、携帯で情報交換しちゃったらそれっきり、ですからねー。
怖いわー、怖い。
iPhoneちゃんは水にも衝撃にも弱いらしいので、これまでみたいなザッパな扱いしちゃいけませんね。
ガラケーは丈夫だったさ…←好き好んで乗り換えたくせに、今更。
けどまあ、復活して良かったですよ。SMS送受信可能。当たり前ですが素晴らしい。
あああ、その人だけが悔やまれます。いい加減にしなさい私。


しかし短時間のちょっとした送信でも規制がかかるんだとしたら、SMSするなって言ってるんですかね。
いや、それだけスパムが多いんでしょう…。
うちにも出会い系の変なのが来ますもん、●ahoo!経由で。
あと、最近会員カードでメール登録しなきゃダメっての多過ぎです。あれ、すっごいイライラするんですよ。
iPhoneちゃんに変えてから、メール無精になりました。
それまで頻繁にメールしてた子が、急に忙しくなったってのも一因ですけどね。
私も忙しくなるぞー! 原稿頑張らにゃ。
でも雰囲気変わるのが嫌なので、お盆明けまで放置ですね…。出だしとか、いろいろ考えてはいるんですが。
エビリファイのせいなんですが、忘れっぽい。ど忘れが特に多いんです。
なので書くなら一気にがーーーっと書いちゃわないと。重複したり、冗長になったりするんです。
今一番恐ろしいのは中だるみですからね(腹のたるみも怖いなあ…)。
さ、またぼーっと考え事しよう。悪いことは考えないように…。


なんとも後味の悪い復活です。
が、グレーよりは白黒はっきりついてる方がいい。納得もしておりますので、ご安心を。
それでは、雨の多い地域の方々、お気をつけ下さい。昨日も隅田川の花火大会が30分で中止だったんですってね。
気合い入れて浴衣着た子たちは残念だったろうなあ…。
実家はそろそろ取水制限か? と、ママンが言っておりました。関東も水不足が深刻らしいですが、実家は冬でも取水制限かかりますからね…。早明浦ダムなんか、すっからかんなんだろなあ。
琵琶湖の存在に感謝しますよ。ではでは、アリヴェデルチ☆

テーマ:頑張れ自分。 - ジャンル:日記

不便。
ただまいです。急にショートメッセージが使えなくなって、大変不便をしておりますellisです。


何も益がなかったわけではない女のサイトへようこそ。
転んでもただでは起きませんよ…。


さて。先週あたりから、SMS(ショートメール)がおかしい。
特定の人に送れなくなってるんですね。昨日に至っては、誰に送っても未配信。
送れないって、それってどーよ? と、ちょっとムキになった自分は反省しています。
なのでどーしよーもなくて、ショップへ行ってきました。
するとやはり送れない。SIMチップをお店のものと交換すると、送れました。
つーことは、私のiPhoneちゃんに落ち度はないってことですね。
そーなると、SIMの不良か、規制かってことらしいです。
ソフバンショップのお姉さんがしっかりしたいい人だったので、詳しく問い合わせてもらえました。
途中で電話を変わったのですが、要領を得ない、雲をつかむような話し方で、要は「あんたがメール送りまくったから、今たぶん規制かかってんだろ」というものでした。
たぶんってのは、前日までの分しか情報が分からないからだそうです。
1時間だったか1日だったかに200件以上送ると規制対象だったと思うんですが、そんなにかけてないって。
ついでに「未配信」で返って来るんだから、送ってないって(笑)。
いやでも、サーバーには送られてるわけですからね…。


で、お姉さんが教えてくれたことには、1日じっくりかけなくても、短時間にたくさんの送信をすれば、それは迷惑メールとして認識され、規制の対象となってしまうことがあるのだそうです。
なるほど。送れない→再送信→やっぱ送れない→再送信とした、この私の短気が問題なのね?
あと、文字数多いメールを多めに送ってもそうなるらしいです。iPhoneでソフバンの場合、70字を越えると、二通以上に分割されて届くそうです(勝手に分割してた私の手間って…)。
なのでちょっと注意かな、でした。
ま、SIMチップ新しいのに変えてもらったんで、しばらくSMSは放置して様子を見ます。
しかし最後に残る疑問が一つ。そもそも、なぜ最初のメールは未配信になった…?
おおぅ、真昼のミステリーだわ(笑)。
テスト送信させてくださった皆様、本当にありがとうございました。またお世話になるかもですが、どうぞよろしくです。


で、最後に得したこと。
私の履歴を見ていたお姉さんが、ママン用に「みまもりケータイ」を子機として持ってはどうかと勧めてくれました。
今、2年間基本料ただなんで、3件まで登録したソフバンの番号とは、24時間無料通話が可能なんだとか。
ワホーッ♪ 毎月通話料で痛い目見てた私に、お姉さんの神のような声が!!
私が子機として契約して、ママンに渡せばいいだけです。色はピンクがなかったので、シンプルに白を。
家で私だけはみ子なソフバンユーザーなんですが、これでかなり楽になります!
早速契約して帰ってきました。2年後を忘れないようにしないとな…。でも月額料金も540円(だったかな)だし、今までのことを思えば…(感涙)。
気の利いたお姉さんでよかったなー。


これで尚おかしけりゃ、もういっぺん来店だそうです。
受信は出来るのにね、まったく。
はー、気の短さをなんとかしたい、せっかちさんなellisでした。ほんま痛い目見てるわー。
では、再見☆

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

マイベストお風呂タイム?
おはようございます。補中益気湯が早くも効いてるらしく、ちょっと食欲が出てきました。
梅シロップも飲んでます。疲れの取れそうな味…と思いました(笑)。


ほとんど寝てない女のサイトへようこそ。
昨日は疲れたから、ぱったり眠れると思ったのに。


お風呂入って頭洗ったら、すぱっと目が覚めちゃうんですよね。
ということはあれか? 寝る前に入浴する習慣が間違ってるの?
なんか昨夜は胸の辺りがざわざわして、呼吸が浅くなって寝付けなかったんです。
30〜1時間は寝てると思うんですけど…自信なし。
昼寝はしたいけど、原稿も始めなきゃだし。
でも疲れてる時は、きちんと休まないと、疲労が蓄積する…。


そういえば、ぐーたらしてる間に、洗濯物がたまってしまいました。
で、昨日と今日に分けて洗濯しようとしたんですが、昨日張り切り過ぎたみたいで…(苦笑)。
干す場所に困るわ、今朝乾いてるはずが間詰めて干したから乾いてないわで、散々です。
パジャマはどうとでもなるからいいけど、枕カバー洗いたいのに。


うーーん、お風呂の時間、見直すべきかなあ。
それでなくても上がって来たら夜中の1時近くとか、傍迷惑な入浴時間なのに(この後ドライヤーが、がんがんかかる)。
8時くらいに入ったらええんかしら? それにしても、最近のお風呂のお湯が熱いです。
半身浴するから40℃設定なんですが、それにしては熱い。
きっと日中暑いからですね…。冬のどんどこどんと冷たくなって行くお風呂も困るけど、お湯が熱いのも困りもの。
シンデレラ・タイム(夜10時〜2時)には休んでいたいのに…。なんで不眠なんだろなー。
薬剤師の知り合いには、「ロヒプで不眠なんて、かなり重症やわ」と言われてしまいました(泣)。
もともと寝付きも寝起きもよくないけど、せっかく薬もらってんだから、ゆっくり寝かせてください神様。
今も胃が痛くて眠いのに、眠れないんですよ(コーヒー飲むからだ)。
でも今日は『4クママンガ』4巻の発売日。駅前まで本屋求めて行かないと。


あああ、眠い…。
思考が飛び飛びになってきました。
マンガ買いに行かなきゃ、フルートの練習しなきゃ、やっぱ今日も寝てる間ないなあ。
やはり入浴時間から見直して、快眠求めて三千里するべきでしょうか。
目指せ良質の睡眠。しかし昨夜のざわざわは、なんとも説明しがたい妙なものでした。
胸騒ぎというほど不安でもなく、ただ眠いと眠くないとの境目をさまよってしまった。
今夜はどうかな(「こんや」と入力したら、予測変換で「婚約」、「婚約者」と出ることえりは、私に喧嘩売ってんのか? 挑戦なら受けて立つぜ)。
皆様も暑さから来る不眠にはご注意くださいませね。眠いので、とりとめもなくすみません。今夜は眠れることを切望します。
ではでは、だずびだーにゃー☆

テーマ:頑張れ自分。 - ジャンル:日記

上になったり下になったり。
はい、タイトルでいけないことを想像したあなたは、回れ右。軽く10キロくらい走って、欲求不満解消なさい。
意味が分からないこうさぎちゃんたちは、お父さんにもお母さんにも聞いちゃダメよ☆ 
そのうち分かります。


今だけのW処方だね、と言われた女のサイトへようこそ。
そんな処方、嬉しかなかとです…。


今日は朝から活動してた割に(だからか?)、行動が億劫でした。
出かける準備をするのに、予定より1時間も遅れてる。
当然、バスに乗る時間も遅れます。たぶん予約時間くらいにバスに乗ったんじゃないかなー。
バスは待ちましたが、降りたら珍しく横断歩道が渡れる状態でした。お、いいことあった。
そしたら、うまく空き時間に潜り込めたりして…。なーんてね。
なんて思ってたら、ホントに潜り込めました(笑)。
いい時にいいことは重なるもんです。
しかし血圧は正常ながら脈拍は100を軽く越え、道理で昼に安定剤が欲しいと思うわけだよと納得です。
それでも漢方の主治医、結果の紙を見て「はい、いいですよー」と、スルー。
この病院では、血圧も200くらい越えないと真剣になってくれないと言われました(笑)。脈拍が100ちょっとだなんて、問題にもなりませんってことですね。


問診をしてると、しみじみと「夏バテだねえ〜〜」と言われました。
あれ? 自覚ないけど、あたしそんなにひどくバテてますか。むしろ今年は調子いいー♪ とか思ってたのに。
「汗、かきます?」
「もうだっくだくです」
「ああー、『気』を使っちゃったんだねー」
「え? こんな自由奔放に生活してますのに」
「いやいや(苦笑)、汗で『気』が一緒に流れちゃってるって、そういうこと」
で、更に問診で、「気」が下に下がっていることも分かりました。確か前回(先月)は上がって上に行ってると言われたはずなのに…忙しいな、私の「気」。
というのも、お腹。この病院は腹診はないのですが、鍼の方へ行くとお腹も見られます。
そこで一度、「カエルみたいなお腹やねえ〜」と、的確ながら切ない表現をされた私。
そう、脂肪でもなさげなのに、ぽよんとしたお腹になりつつあります。お通じでも解消されない。絶食ぐらいかなー、効いたのは。いやいや、それは意図的なものではなくて結果論であって、真似しないでくださいね。
「気」が下に下がってると、そういうお腹になるんだそうです。水腹っていうんですか? ぽちゃぽちゃした感じの。
ついでに舌診で、「湿気もあるねー」と言われてしまいました。もう散々やな(泣)。
「梅シロップ漬けたの、効きますか〜?」
「ああ、この季節にちょうどいいんじゃないですか? 頑張って飲んでください」
人にあげてばっかりやなしに、自分でも飲みましょう…。


「じゃあ、今回は…。清暑益気湯は続けましょうね。で、これだけじゃ足りないみたいだから…補中益気湯もプラスしましょうか」
清暑益気湯は、補中益気湯の夏バージョンと聞いています。補中益気湯を、夏バテに特化させた、みたいなね。
「だ、ダブル処方ですか…。補中益気湯、お腹空いちゃいますね(笑)」
「今だけ、今だけね。ひどい状態から戻ったら、また考えますから」
もう「元気出して働きましょう」と言わんばかりですねー(笑)。でも汗だくなのが引いたり、ものすっごい食欲不審なのが解消されるんなら…(体重については言及すまい・苦笑)。あと、無気力なのとか。
「寝る前は…どうしようかな」
「ぶっちゃけ、今の処方で一包よりは二包の方が確実に効きます」
「じゃ、そうしましょう。じゃ、とりあえず、これで様子見てください。お大事にー」


調剤薬局で薬をもらって、帰省日と帰宅日の切符を買いに行きました。
どうやらこの日付だと、まだ指定が空いていた模様。お盆休みの自由席なんて、あーた、自由席の通路からもはみ出すんですよ。下手すりゃお手洗いの前で1時間立ちっぱですよ。
帰りの快速だけ自由席でしたが(快速から指定が埋まるって、なんだか不思議な気分です)、始発だしどうにか座れるでしょう。新幹線は指定取れたし!
早く来てよかった♪ と、ウキウキ帰ってきました。
そしたら歩いてる時間で汗だくだくだく〜〜〜〜。自分が汗臭い、嫌だ!
早速夜用の漢方と薬を飲みました。効いて、お願い…。
しかしそうか、ひどかったのか。この自覚ないのが一番ダメなのかもしれない。
でも今日、フルートの練習したのよ…。朝も普通に起きたし。
けどその前は三日ほど起きられなかったのよ…。不眠かロヒプノールが祟ってるんだと思ってましたが、違ったみたいですね。
今日から良質の睡眠が得られますように…エアコン切れた後も(笑)。
夏バテもあるけど、エアコンまけもあるんじゃないかなー。
やっぱり冬が好きだーーー! と、叫びたい真夏の夜の現実でございました。それでは再見!

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

感謝。
最近どなたかが、過去記事を読んで拍手くださっている…。ありがとうございます。
野末のブログですが、それなりにいろいろ詰め込んでありますので、人生海あり谷あり(パパンが叔父の結婚式で間違えた表現。その後叔父はソッコー別れました…笑)な毎日を楽しんでくださると幸いです。


私〜の人生、薄っぺら〜〜♪
などと思うこともありましたが、それなりに毎日必死で生きて来たので、薄っぺらってことはないですね。
はい、最近意識をポジティブに持って行くよう訓練しているんですよ。
悲観するのと自己否定するのは悪い癖だから、それを直そうと思っています。
ビョーキのおかげで、他の方が経験できないようなことにも出会いましたし(やはり白眉は真冬にリバースかまして輸液1L点滴でしょうか…。翼状針が入らなくて、セロテープで垂直に固定されましたもの。脱水がひどくて、血管ぺったんこだったそうです)。いや、それともホルター心電図で、就寝中の脈拍160越えも捨てがたい(笑)。
それともあれか。勤務中に過呼吸を起こし、手足の先がしびれて突っ張って、舌も呂律が回らなくなるほどのどえらい症状に見舞われたことでしょうか(笑)。
そういや最近、パニック発作が来ても「死にゃーせん! 死にゃーせんから!! もう30分耐えたら落ち着くから!!」と、落ち着いて安定剤を飲むようになりました。慣れって……大車輪。
いや…やはり白眉は実家での真夜中にラーメンぶちまけぶっ倒れでしょうか(笑)。ラボナのおかげで完全に記憶が飛んでますが、発見者がママンで幸いでした。パパンだったらと思うと、あな恐ろしや。次の日説教くらっただろうなー。
ホント、人生海と谷ばっかね(笑)。まー、その分、これからはいいことばっかり! と、思うようにしますよ!!


原稿も、今度こそ形になるよう頑張りたいし。
お脳の健康のために梅シロ飲め、梅シロ。
最近文章も、だいぶぽやーっとしてきましたが(本性が出てる・笑)、飽きずにお読みくださると幸いです。
いつも見てくださる方々、ふらりと迷い込んでしまった方々、皆々様に深い感謝を。
では、今日は漢方なので、なにかネタができるといいなあと思っております。期待しないでくださいね(汗)。それでは、おるぼわ☆

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

梅シロップ!(悦楽編)
ふふふ……とうとうこの時がやってきた……ふふふ……。
如何に待ちわびたことか、もう梅酒瓶に頬ずりしたい気分ですよ。


梅シロップ第2弾が完成した女のサイトへようこそ。
自分用に3L…と思っていましたが、両親があまりに景気よく空けて行くので(毎朝の目覚めドリンクにしてるらしい)、1.5L…梅1kg分をお分けしましょう。


こうなってくると、「私は一体何キロ漬ければよかったんだ!?」と、いう思いに駆られます。
それでもとにかく、きちんと目覚めた今日は梅シロップデビウにふさわしい(そうか?)。私も目覚めドリンクにしてみますかいね。
タンブラーが300mlなので、大体70mlほど原液を取って、水で割って氷で冷やして。




んんま〜〜〜〜!!




まさに「まいうー」な世界ですよ。何これ、めっっっちゃ美味しい(自画自賛・笑)。
そりゃー、両親が毎朝飲むわけだ、フルートの先生が晩酌にちょろっと足したりするわけだ(笑)。
氷砂糖を使っているので、すっきりした甘さになっています。もうちょっと酸味が出てもよかったけど、あのぶにぶにの状態の梅からではねえ…甘み成分が出ただけよしとしなければ。
ああ、これから早起きするのが楽しみになる。早起きしたら、自分へのご褒美に梅シロ飲むんだー♪ つか、手っ取り早い糖分補給にもなってますね。
パパンには「甘みが後を引く」と言われましたが、ジュースですから。それに実際飲んでみたら、かなりさっぱりすっきりですよ? そんな後引きませんよ。


さて、こんな私は現在食欲が落ちています。二日ほど無精をしたら、あっさり2キロ減りました。
今年は痩せにくいと思っていたのに…。
神経内科の主治医曰く、「体重なんて君、水飲んだらその分増えるねんで? そーんな、1キロや2キロでがたがた言うてたらあかんわー」でした。
ただ、基準となる体重の軸がブレるのはよくないらしく、ここ数年で私の体重軸は2キロほど減っている…。
緩やかな変化だから無問題! と言われましたが、体力落ちてるんよ〜〜〜!!
まあ、今ぐらいの体重が、自分が軽くていいですけどね。本音あと2キロ…痩せるとエンシュアが出るか、エビリファイが中止になるかどっちかだな。
ここぞとばかりにセロクエルを出しそうな主治医が浮かんだので、頑張って食べます。


しかし梅シロ、ちょっとは食欲増進してくれたみたいで、昨日のように砂をかむ感触はなくなりました。
ただ、「何を買っていいか分からない」という状態ではありましたが(不審者全開)。
そうそう、朝コーヒーという贅沢もしたのですよ。朝は贅沢していいの! という信念のもとに生きております。
おかげで夜は肉が主体なのかもやしが主体なのかという、食生活ですよ。もやし、栄養あるから。安いからかさ稼ぎにもちょうどいいし。
さて、梅シロを瓶から引き上げて、ペットボトルに移しますか。
さてもとりあえず、1.5Lは私のもの。もうこれは譲りませんよ、ええ。
うししし、カビても腐敗してもおかしくなかった梅たちが見事に漬かったことに乾杯! んまんま〜な、健康ドリンクとして、がんがん頂きまっす。
しかし4kg漬けて、自分用は1kgか…。私は何屋なんだ…(苦笑)。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

梅シロップ!(評判編)
おはようございますですだよ。私も好き好んでこの時間に起きてるわけじゃないですよ。
眠剤てんこ盛りしたのに、3時間しか眠れんとですたい。いやー、参った。


梅シロップ大好評だった女のサイトへようこそ。
ありがたい話です。いやほんま。


最初に仕込んだ梅シロップがいい塩梅になったので、先日梅を引き上げてペットボトルに移しました。
当然なんですが、シロップだから重いです。
これ…フルートの先生には却って申し訳ないんじゃ…。
と、思いきや、先生いそいそと受け取られ、「焼酎で飲もうー♪」と、喜んでくださいました。
実はほとんど味見をせずにパッケージングした私です。なぜならノンストップで飲み始めるのが怖かったからです。
菜箸の先にちょっとつけて舐めただけです。おお、最初の頃より酸味が出ている。
すげー、梅っぽい!!
……って、梅なんですがね(笑)。
実家にはクール便で送りました。別に常温でも平気だったんでしょうけど、車の中で膨張して破裂したら嫌だったんで。


ママンから電話が入ります。「はいはーい?」と、出ると、「シロップついたわ。今味見中。あんた…これ美味しいで?」
不味かったら送らへんで(苦笑)?
「いやー、あたしが一人で飲んでまいそうやわー。さっぱりしてええなあー」
なんて会話を午前中にしていました。
すると夕方にはメールが。
「ellis、梅シロップありがとうな。すごい美味しいです」
パパンからですよ。ちょっとママン、「パパンが飲むかしらねえー?」なんて言ってたの、誰!?
こちらから電話をかけると、パパンが「ママンに作り方、教えたってくれへんか」と、おっしゃる。
そちら…まだ青梅が売ってて? んなわけないな。梅の実の、どの状態で漬けるものなのか、パパンが知らなかっただけですね。
「梅は今年は終わりやけど…果実シロップが漬けられるよ」
と言うと、「ママンに教えたって」と、繰り返し。


私の予想はこうです。
パパンが梅シロップを気に入った。→もっと疲労回復に効いたりする、さっぱりしたドリンクが欲しいなとママンに言ったりする。→ママン二つ返事。→容器も出来映えの感触もつかみかけな娘に依頼する。→今回と同じように、出来上がり品を私が発送する。
……こんな感じ(笑)。かりんまで間があるので、次漬けるならレモンかなと思っています。オールシーズンいけるってのがいい。パパン、レモン好きだし。
ちなみに「でもあの梅、甘いな」と言ったパパン。パパン、氷砂糖と青梅と食酢しか入ってないのよ。ちみっこも飲むのよ、梅酒ちゃうのよ。
フルートの先生からは「アルコールでくくっと頂いてます♪」というメールが届きました。焼酎で割ると梅酒風味になるんですって。


とりあえず、結論としては「初めてにしては上手、上手」でした。
梅酒瓶が家に4つになっちゃったじゃないですか! そんでもってたぶん、今漬けてる1kg分は実家へ持ち帰られるでしょう。
私の楽しみ、減って行くなあ〜(笑)。
ま、独り占めは嫌いなので、美味しく出来たものなら皆で頂く方がいいから、いいんですけどね。
今の私の奇跡。今漬けている梅、じゅくじゅくに熟れてるのもまとめて突っ込んでるんですよ。南高梅しか売ってなかったので、一粒がでかい。なので一粒をロスにすると、氷砂糖との重量比がおかしくなってしまう。というので、カビ、腐敗上等!!というつもりで詰めました。一応、熟れ切ってるのは瓶の底の方に敷いて。
そしたら、傷みもしないでシロップができつつあります! 絶対一回目はビギナーズラックで、二度目は傷ませちゃうと思ってたのに。
何が功を奏したのかは、さっぱり分からないんですよ。食酢をまんべんなく振りかけたことか、地道に丁寧に毎日揺すっていたことか。
完熟梅なのでまろやか梅シロップになる予定です。パパンは「最初梅って分からんかったわー」と言っていましたが、それは梅干し以外の梅をあまり召し上がらないからでは(笑)?
とりあえず、クエン酸、体にいいんで。じーちゃんの世話をして、かなりやつれた両親なので、この夏は気ぃ配って過ごさないとなー。


さて、とりあえず不眠、3時間睡眠が二日連続と来てますので、かなりヤバいです。
今日は昼寝してやるぜ! と、思いつつ、そろそろセブンにアイスコーヒー買いに行きます(笑)。
ではでは、おるぼわ♪

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

梅シロップ!2
『梅シロップ!』でシロップをつけてから一週間後、本当に完熟の梅を追加で2kg漬けました。
というのも、フルートの先生に「飲まはりますー?」と、尋ねたら「飲む」と即答されたからです(苦笑)。
今日、第一弾を引き上げました。


一瓶は家族用なので、500mlのペットボトル3本に分けて入れ、緩衝剤と一緒にパッケージングして伝票を貼り、明日黒猫のおっちゃんが来るのを待ちます。
もう一瓶は先生用。ちょうど一瓶で1.5L弱あったらしく、いい感じに1.5Lのペットボトルに収まりました。
これを全部口をガムテで塞いで(って書くと、ここだけ猟奇っぽい響きになる気がするのは私だけ?)、先生用は明日持って行きます。


さて、これで私に残されたお楽しみは、あと二瓶、約3Lだ。うししし(笑)。
なにせ「美容」と暑さ対策のため、「美容」と暑さ対策のためでございます。
これから夏もたけなわ(? なんか変な表現になった気が…)。紫外線はがんごんやってくる上に、乳酸はあっさりたまって疲れを増幅して行く…。
そんな中で「美容」(しつこい)と暑さ対策にもってこいのドリンクが出来上がりつつあるわけですよ。
私にしては珍しく、毎日揺すっております。氷砂糖がきちんと溶けるか心配だったのですが、それも杞憂に終わった模様。
第二弾は揺すり方が足りないのか、まだちょっと氷砂糖が残ってるんですけどね。あと一週間で頑張ってもらいましょう。


しかし酵素シロップは何度やっても失敗したのに、梅シロップは一発成功。これって何の差?
……やっぱ発酵の差だろうなあと、思っています。食酢を入れて、発酵止めてましたけどね。
ということは、やっぱり風通しの悪さが敗因? 果実シロップは、これからも漬けて行きたいところですが、ジャム熱がじわじわとやって来ています。
(それ以前に原稿だのフルートの練習だの帰省だので、それどころではない)
というのも、実家から桃が来たから。一人で桃を食べる気には、あまりなれないんですよ…。たぶん、皮むいて切ってお皿に置いて食べるのもアホらしいし、丸かぶりしたら口周りがべったべた。
なので、桃は二人以上で頂きたい果物なのです。
そうでなければジャムにして美味しく頂くか。
去年は傷む寸前の桃をジャムにしました。さて、今年は二つしか桃が送られていない。ということは水不足で高かったのか?
西U行っても、まだ高いだろなあ…。ジャムができたら、朝ご飯きっちり食べる人になるのでいいことづくめなんですが。
砂糖のストックもあまりないし、お盆明けまでちょっと考えよう…。


できてないジャムよりも、できつつある梅シロップですよ。うっへっへっへ。
炭酸で割ろうかな、それとも冷たいお水で? 焼酎で割ると、梅酒風味になるそうですが、甘いお酒嫌だしなあ。
ちなみに発送用の二瓶は、原液を味見しています。んまかったーーー!
あれあったら、確かに夏が乗り切れそうな気がする。ってくらい、んまかったーーー!!
つまりあれですね、誰かのために作るとうまくいって、自己保全のためだけに(「美容」とかね・笑)作ると失敗すると。
あはれなりけり…。
ま、私なぞの作ったもので、誰かが「美味しい!」と言ってくれれば、こんな嬉しいことはありませんよ。
あと一週間、私自身は我慢です。あー、楽しみ♪ 

テーマ:頑張れ自分。 - ジャンル:日記

悩み事はないかい?
生きてます…。ちょっと週末週明けと起きられませんでしたが生きてます…。
体重も減りゃしませんよ、こんちくしょい。やっぱすっぽんコラーゲン効いてるせいかな。いつもより夏バテしてない…。


医者に秘め事を作る女のサイトへようこそ。
そりゃー、秘め事のひとつやふたつやみっつやよっつくらいあるでしょうよ(多い!)。


そうそう、わが相棒、フル子が帰ってきました。キィの弾力が幾分かよくなった気がします。
そしてやっぱり5250円持って行かれました…。この時期の5250円は痛いなー。
さて、今日はフル子でもパソ子でもなく、自分の診察日です。
週明けまで続いた緩慢な生活の名残か、「う〜、13時までうだうだしてても許される…」と、勝手に決めてうだうだしてる始末。
診察は待ってくれないぞ☆
……と、身にしみて思い知っているので、14時半の診察に間に合うように出かけました。服装は…ちょっとズボラしちゃったかな…もう身の回りのなにもかもがズボラしてましたがな。
バスに揺られて病院へ行き、すぐに精神科に呼ばれました。
私の開口一番。
「先生、セロクエルあかんわ」
今日はこれが言えたら満足だった私です。
「ほう、どないあかんねや?」
「もうお腹空いてお腹空いて、別の意味で気は紛れたけど、お腹空いてしゃーない。なのでわがままですがヒルナミンに戻してください。お願いします」
「なるほど! よっしゃ戻しましょう」
主治医もセロクエルがダメで、なんだか安心したみたいな顔をしてましたが…。そんなヤバい薬だっけ? 
気は楽になったんですよ、確かに。でも空腹感パネェって感じです。それが夕方飲んで夜中まで続いたので、「これは…私にはダメだ!」と、判断。一錠飲んでそれっきりです。
え、空白の期間はどうしてたかって? 予備のヒルナミンでしのいでたんです…。
「で、創作はどう? 書けてる?」
「まだ書くとこまで行ってない…」
「ほう、膨大な資料を読んでいらっしゃると!」
「いや、それは終わったんで。ついでに膨大でもないし。人物設定を固めてるとこです」
「ふーん、大変やねえ」
「いや? せんせーのがたいへんでしょう」
「え、なんで?」
「それこそ膨大な資料読まなあかんやん」
「いやー…それは別にー…」
「それを元に持論を展開するんでしょ? その方が難しいし、しんどいよ」
卒論がよほど身にこたえている私です。
「資料読むのは、苦にならへんからなー…」
「それは私もですぅー。資料読んでる間は楽しいけど、その後がしんどいんですよ」
「ほう。で、他に悩み事はないん?」
「うーーー…ん、って、考えてる時点でないんでしょね。まったくないわけやないけど」
「なんや、言うてみぃ」
「内緒!」
なんか去年の今頃も同じやり取りをした記憶が…。
「お前、医者に内緒ごとしてどないすんねん。ここは悩み事を話すところやろうが」
「そーいう悩み事とは違うの。せんせーに話して解決するんなら、もう百ぺんでも相談してるわ」
「そっかー…。で、何悩んでんねん?」
「せやから内緒や」
「なんでー、教えてえな」
「嫌や、内緒や」
私…何しに精神科に行ってんだろな…。という疑問が頭をよぎらないわけではありませんでしたが、主治医に話したところで、鼻で笑われるかざくっと胸をえぐることを言われるかの二者択一なのは、百も承知。
なので沈黙の春を貫きました。
しまいには、
「そうでっかー、内緒でっかー」
と、主治医が折れ、2週間後の予約を取って終了ー。
あー、洗いざらいぶちまけたら楽なんだろうなー、きっと。
でも緘黙。


後は神経内科と呼吸器内科で薬を処方してもらって終了です。
思ったより早く終わったので、調剤薬局も早く終わり、一日で一番暑い時間帯に徒歩で帰る羽目になりました、とほほ。
コリラックマのヘッドフォンで音楽など聞きつつ(ちなみに友人知人に会うごとに「何それ?」と、かばんに引っ掛けたヘッドフォンについて聞かれますが、だからヘッドフォンだってば。耳当てのところがコリラックマの顔してるだけやん…)、のそのそと汗だくだくになりながら帰ってきました。えーっと、この汗はあれ? 呼吸器待ちで飲んだポカリ(笑)?
で、帰って来て今です。
徒歩で帰って来られるなら、行きも徒歩で行けばええやんって話になりそうですが、暑いやん
バス停までは徒歩10分なんですよ…。帰りは緩やかな下り坂だし、そうこたえないので歩いて帰って来られます。
スーパーで晩ご飯の買い物しないといけませんしね。挽肉さえ買ってくれば、麻婆茄子が食べられるけど…。毎日違うもの食べてるなあ。何ででしょう??


しかし、むー。「悩み事はないか?」とは、答えに困る質問だなあ。…あの主治医の場合。
質問する趣旨を選ぶ医者なんですよ。他の人にはそうでないかも知れないけど、私にとっては少なくとも。
うっかりした質問しようものなら、「貴女ともあろう人が、そんな些細なことで悩むなんて」とかなんとか言って、ざっくりえぐるか突き放すか、二つに一つ。ほら、上述に帰りました。
他人にとっては些細なことでも、私にとってはかなり深刻なんですよ。
ついでにいい加減気づいて欲しい、私があの診察室で話題にしていない、唯一のジャンル…。
今日あたり気づいたかなー。いや、男なんて鈍い生き物だ。特にあの主治医は変に鈍い人だ、気づくまい。


再来週も聞かれるんかしらん。「何か悩み事はないか?」って。
なんかちよちゃんのお父さんみたいだな…(@『あずまんが大王』)。うちにいますけどね、等身大(らしい)のちよパパが。
ちなみに仕上げる作品は夢にまで見てしまいました。そろそろ苦しみのリフレインが叫んでる状態でしょうか。
悩み事は…素直に言えないことが悩みです、主治医…。
それではお久しぶりでしたが、このへんでアリヴェデルチ☆

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

お門違いですよ。
うちのサイトの検索ワードに、「抗うつ剤セルシン 翌日配達」というものがありました。




勘弁してください。




あと、セルシンは抗不安薬だし。




たとえ余ってても、転売はしません。薬は処方箋をもらって調剤薬局へゴー・アヘッドしてください。
それにしても、セルシンなんか欲しいのか。いえ、いい薬だから一日三回飲んでますが…。
あと、何錠飲んでも死ねませんからね。


久しぶりに来たな、そーいうの。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

0.5諭吉。
0.5諭吉です。0.5諭吉ですよ奥様(誰)。
ええ、1樋口のことです。
でも諭吉のが説得力あるでしょ?


雨のざざ降る中を、「仕事」と称してカフェに出かける女のサイトへようこそ。
なんて素敵な免罪符。


で。別にカフェで0.5諭吉を消費したわけではありません(それはかなり難しいような気がする)。
フルートです。
もう年も半ば、定期点検に出さなければ。こないだからなんかキィがかたかたいうし、油差してもらわないと。
と、思ったのです。
あんまり真面目に練習してる方じゃないし(最近はちょっと違うぜ!)、まあすっと返してもらえるだろうと思ったら。思ったら!




「このカタカタいうの、キィが浮いてます。もちろん油も切れてます。修理しないといけません」




……と、言われました。はい? めっちゃ寝耳に水です。
確かに最近、音漏れがしやすくなってました。それで高音域が出なくて悔しい思いをしてました。
「…それで、あのう…。それはどれくらいかかるんでしょう。また、おいくらほど?」
と、思わず尋ねました。というのも、一番最初の相方さんが、買ってすぐに「力入れて握り過ぎ」という理由で1諭吉のリペアをしていたからです。
「5250円です。大体1週間でお渡しできるかと思います」
と、リペアマンは即答。
「それって…力入れ過ぎとか、そういう理由ですか?」
「いえ、年月が経つとそうなるんですよ」
前のフルート、5年使ったけどそんなことにならなかったよ! うーん、はずれ引いたの? じゃなくって練習量の差? やっぱり?
経年劣化と言われましたが、なんて繊細なんだ総銀。0.5諭吉の範囲で済んで、正直ほっとしました。
この0.5諭吉が、後々大きい差になると思われ。
ですが。
「あのう私…本日これからレッスンが入っておりまして…。明日のお預けでもよろしいでしょうか?」
するとリペアマンに、レッスン直前に持ってくんじゃねーよ、このタコ。といった「アホやなあ」という慈愛の目で笑われてきました(苦笑)。
「では明日でも結構ですよ。お待ちしております」
すみません…。


レッスンでは、案の定鳴りが悪い。ホントに経年劣化か? 私の扱いが粗雑に過ぎたのでは?
でもレッスンは参加することに意義があるので、できる範囲で頑張ってきました。
ちなみにレッスン前、「仕事、取材」と称して、コーヒー2杯かっくらってきました(笑)。
一杯目はカプチーノ。二杯目はスペシャルティ・コーヒーです。
カプチーノを頼んだのは、ラテアートを見たかったから。でも今日はラテアートの上手な人はいなかったようで、女性バリスタがにゃんこを描いてくれました。
ホントはフリーポア(ミルクを注ぐ動きだけで作る絵柄)で、きれいなリーフが見たかったな。
一見さんには、最初からそこまで注文つけるのははばかられます(笑)。
カプチーノを20分くらいで飲み切り、追加でスペシャルティを。これはきちんとした規格があって、客観的な評価をされた最高級の豆です。
私が選んだのは、エチオピアのイルガチェフェ・モカ。要はイルガチェフェ村(農園だったり農協だったりすることもある)で栽培されたってことなんですが。
なんて言ったらいいのか、有機野菜の「わたしが作りました」の写真つき名前つきみたいに、産地が明確であることも、スペシャルティの条件らしいです。
もうすんごいです。一口ごとに香りや味が変わるんですよ。酸味とか、コクみたいなのとかが、一口飲むごとに、温度が下がるごとに違うんです。
「ミルクはどうしましょう?」
と言われて、一応持って来てもらったんですが、最初は使う気はありませんでした。香り高いものは、そのまま頂きたかったからです。けれどミルクを使う人も多いんでしょうね。
ちょっとした好奇心がわいて、ちょろっと。……入れたら台無しになりました(泣)。やっぱストレートのままにしておけばよかったです。
おかげで飲み終わった後の香りを楽しむことができませんでした…。もう絶対やらない。
ちなみにカプチーノも砂糖を用意してもらったんですが、ラテアートが崩せなくて、結局ストレートで飲んでます。
抹茶のフィナンシェついてきたから、それ食べたからいいの…。
なんて趣味と実益を兼ねた仕事だ。人はこれを「道楽」というのさ(笑)。バリスタのお姉さんに、いろいろお話を伺いましたが、もうちょっとお話したかった…。でも迷惑だしね。雑談の範囲で。
知りたいことは山盛りだったんですよ。エスプレッソマシンをもっと間近で見たいとか、ラテアートしてるとこ見せてとか、営業成績とかいろいろ。


さて、明日も河原町までフルート預けに行くか…。クラシックのジャズアレンジが欲しいのですが、何かいいの売ってるかな。
ああ、これも道楽だわ。それより趣味の0.5諭吉。先払いか後払いか知りませんが、正直痛いです。
でもうちの子が真フルート(真人間って言葉があるんだから、真フルートと言ってもいい…のか?)になって帰って来るんなら、仕方ありませんね。放っておくと、マジで大変なことになりますし。
道楽の合計1290円が辛い(思ったより安かったけど)。でもまた行きます。今度こそフリーポアを!
実地で体験って大事だなあと思いましたよ。あと、きちんと楽器を定期点検に出す私でよかった。今日はこの2点で〆ます。
ではでは、とりとめもなくアリヴェデルチ☆

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

本末転倒。
ちょっと今、少しおねむです。たぶん頓服で飲んだセロクエル25mgのせい。
いつも以上に文章がふらふらするかもですが、どうぞお気になさらずお進みくださいませ。


本編とは関係ないことに没頭し過ぎた女のサイトへようこそ。
いや、こういう裏設定っつーか、細かい設定が楽しいのなんのって(笑)。


1諭吉投資した今回の資料。
丹念に読ませて頂きました。もれなく付箋貼らせてもらいました。これだけで一仕事終えた気分になるのはなんでかしらん?
いやー、満たされた。
って、アウトプットしなくてどうする。
というわけで、今回舞台になるカフェのことをつらつら考えてみることにしました。人物設定はまた追々ということで…(苦笑)。
最初は「立地、ターゲット、メインメニューは?」くらいの書き込みだったのが、気がつけば店の見取り図からメニュー表まで出来上がっておりました…。
他にもエスプレッソマシンはどのメーカーのを使ってる、ミルはこのメーカーのを使ってる、とかいったことまで決まってしまいました。ええ、「しまいました」。
なんでしょう、流れっていうの?
♪時の流れに身を任せ〜♪
気がつけばですよ。そんなの決めたって、自分には価値も分からなければ作品にはなんら関係ないっていうのに、決めてしまいましたねぇ。
席はいくつあるとか、お隣、お向かいまで決定です。もう地図が描けそう(泣)。
でもね、考えてる間……。




ものすっげえ楽しかった




んですよ。資料をためつすがめつして、ああでもない、こうでもない、こんなことはきっと登場人物はしないだろう、あんなことならどうだ、など考えていたら、どんどこ膨らむ膨らむ。
どっかで止めなきゃいけません。でないと、細かすぎる設定が今度は私を縛る。自縄自縛もええとこですな。
すべてはウィリアム・モリスが悪いのよ…(大好き♪)。彼の壁紙一枚が、ぶわーーーーっと私の想像回路を刺激した。
現実にはモリスの壁紙使うなんて無理だけど、お話ならこれもありじゃない。みたいな。
もともと見取り図とか描くの、割と好きなんです。建築好きなパパンに似たのかしら。
実際に引っ越しする時も、仲介業者を巻き込んで採寸し、見取り図を作って家具の配置を考え、家具を運び出す順番を考える。ここまでやる女です、私(まあ、書店時代の棚替え経験などが活きているのですが)。その時間がどれほど楽しいか。もうウキウキですよ。ワクワクですよ。
あーーー、まさに本末転倒だわ。人物に合わせて一応作ったつもりですが、今度人物を作る時はこのメニュー表とかに縛られてしまいます。
どっちが正しいんだろうなあ。いい作品が書けた方が正しいんです。うん、至言なり。
今回、私の知らないことが多過ぎたので、ある程度こういう形になってしまうのも仕方ないかもです。
だって、原稿用紙に知識の羅列はできないでしょう? だから設定ノートの上で思いっきり披露しておくのです。私だけのために(苦笑)。
普段は人物から入るんですけどね…うむ、珍しい。でも、悪くないかな。素地がしっかりしてるのはいいことですよ。


ちょっと書き始めていたんですが、この見取り図やらメニュー表やらのおかげで、出だしが変わることになりました。
なんて恐ろしいんだ、メニュー表(笑)。
メイン登場人物の、無駄がちょっと省けた印象です。私の中では。話の大筋は決まっているのですから(決まってるんです、ええとっくに)、あとは登場人物の調整ですね。
入り口もラストも決まっている、恐れるものは中だるみだけさ!!
本当はこれくらいのことを、前作でやっておかなければいけなかったんですよね…。そしたらもしかしたら今頃は…。
時間的余裕が、もうあまりないのですよ。ちゃっちゃとやって、ちゃっちゃと結果を出さなければいけないんです。
えーと、つまりぶっちゃけると、「早く稼ぎやがれとママンにせっつかれている」です。
パパンが退職しますからね、金銭的に困るということで。
ですがちょっと余裕ができそうです。ホントにちょっとですけど。
その隙間を狙え!! というわけで、頑張らなければいけなくなりました。幸いなことに、体調もまあまあよろしく、執筆には向いているのではと思われます。
ちょっとフルートで、本気以上出さなきゃいけませんが…(こんな時にメトロノームが壊れました。オーマイ、なんてこった)。
あとはじーちゃん関連の話を、ママンから聞いてあげることだけですね。
私も私で、忙しいんですよ…。明日はできたらフルートの定期点検に行って、ついでにラテアートを楽し…いえ、勉強して来ようかなあと。実地のカフェ見学です。
ほんまどこまでも、本末転倒。お話が出来上がるのかどうかも、先が見えるような見えないような…。
うまくいったらご喝采です(笑)。
ではでは、明日の更新があるかないかは、私の気力次第です。それでは、おるぼわ☆

テーマ:頑張れ自分。 - ジャンル:日記

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。