羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201309<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201311
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
行ってきます。
昨日荷造りしたら、サブバッグがぱんぱんになって、更にこの上フルートを斜めがけして喪服まで提げるのかと思うと、かなりユーウツになりました。
必要最低限のものしか入れてないのに…。


喪服が邪魔だ。パールアクセが邪魔だ。数珠も! と、愚痴たらたらな女のサイトへようこそ。
これが私の縁結びツアーを阻んだかと思うと、余計に…(苦笑)。


あと2時間とちょっとで出発します。
梅田の大丸に行ってママンお気に入りのC3(うまく書けない。シーキューブです)で、何かスイーツを買おうと思っているので。
娘はこれくらいしか、「元気出してね」メッセージは出せませんよ。下手な慰めはよくないでしょうからね。
ママンよりも、なぜかパパンがカリカリ来てるらしく、私にはよく分かりません。
たぶん八つ当たりしちゃったりして、自己嫌悪の裏返しでまた八つ当たりしちゃって、なんだろうなー。この間も、電話の向こうで、怒鳴り声と湯のみをがしょんとテーブルに打ち付ける音がリアルに聞こえて来てました。
はあ、普段のラブラブっぷりはどこへ行ったのさ。と、思うほどでしたが、その夜叔母(パパンの妹)が遊びに来てくれて、愚痴をこぼしたりして、ちょっと落ち着いたそうです。
ママンもじーちゃん絡みの行事が終わって、落ち着いた模様。最初に電話掛かって来た時、声まで真っ青でしたものね。


こういう時、往々にしてムードメーカーといいますかトリックスターとしての役割を負わされるellisです。
えー? あたし何にも知らなーい、今日もお天気いいし気持ちいい季節よねーー☆
って感じに。
しかしそういうことができたのも、子供の頃まで。三十路黄昏時にそれを求めるのは酷ですぜ…。
"Quello che sara,sara"(aに記号がつくんですが、うまく行かなかった…)
はい、いつもの「ケ・セラ・セラ」ですが、これって日本語訳の「なるようになるさ」じゃなかったことが分かって、びっくりしています。間違いではないらしいんですが…。
鹿島茂さんの『悪の引用句辞典』(中公新書)によると、これは『裸足の伯爵夫人』という映画の中で、伯爵家の家訓として使われ、「起こるべきことは必ず起こる」という意味で使用されていたそうです。だから「起こるべきこと」を起こしてはいけない、と。
私流に言うと、やはり日本人観が入るので「死を分つことはできない(いずれ必ず起こる)」といった意味に、今は使いたいです。
でも、訳する時にどこをどうやって「なるようになるさ」になったんだろう…。


なるべくにこやかに、穏やかに、のほほんとして参ります。
うう、考えただけで胃が痛いぜ。
では、ちょっくらドナドナしてきます!! うまく行ったら、何かいいことあるかも!
ではでは、アリヴェデルチ☆
スポンサーサイト

テーマ:頑張れ自分。 - ジャンル:日記

基礎から始めましょう。
どんな時でも基礎は大事ですよ。
そう、エチュードを手放せないくらい大事です。


そして音合わせなのにしごかれてきた女のサイトへようこそ。
いや、音合わせだからこそしごかれて来たというべきか…。


今日は11時から音合わせ〜。
と分かっていたのに、急に起きられなくなった私(泣)。
うう、昨日スイマーが急にやって来て…。
ここしばらく、全然寝付けなかったから、反動かなー。
というわけで、慌てて支度をしていたら、ママンから電話です。
最強伯母の顔を見ておきたいというので、私の帰省日に合わせて粉もんの国に来るのだとか。
で、そこ(新大阪駅)で落ち合って帰りましょうと。
いや…それはいいんですが、時間…。
「2時か3時かしらねえ」
ってアバウトな(笑)!! 電話の向こうでパパンはこのアバウトさに怒り狂っています。
私も、今日往復切符を買いに行くつもりをしていたものですから、困った。
咄嗟にちゃんとした返事ができず、明日仕切り直しになりました。


そんなこんなでたどり着いたレッスン場。
今日は普段ちみっ子たちが使っている3階を使用します。
基本のAから始まって、上がって下がってを繰り返していたら、Es5(ミ♭)の音がどーにもおかしい。ついでにD5との連携も悪い。
原因はキィの塞ぎ方にあるということで、キィを全部プラグで塞ぐことにしました…。
おおぅ、久々の感覚ですが、これまで数年キィを指で直に塞いで音を感じていたので馴染まない。
悪いのは私の塞ぎ方だけではなく、指の細さでもあるようです。指が細くていいのは、他の楽器だけか…?
ついでにアパチュアを徹底的に直されました。これはもう、いつものことです。
そしたらきちんとなったのですが、息の圧力が上がったのでピッチが上がる上がる。
先生が、ぐーっと頭部管を抜いてくださいましたが、こんなに開けていいの? と、思うほどの抜き加減です。
普段、いかにズボラなアパチュアで誤魔化していたかが、よく分かりますな。いつも「ピッチ低い」と言われるくらいなのに。
高いとか低いとかってのは、もうHz単位でのことです。はっきり分かる場合もあるけど、最終的なところになったら、絶対音感でもない限り分かりにくいでしょう。
どうやら相対音感はあるらしい私(一音「これですよ」と示されると、他の音やピッチが分かる)。違うのは分かるけど、さてどうしたものやら。
先生も、あの手この手で私を指導します。管体を上げてー、唇をきゅっと引き締めてー、口角を上げる感じでー。と、いった感じに。
で、どうにかマシになったところで、はい音合わせスタート。


……今度は指とブレスが合っていないと言われました……orz
もうダメダメですやん。
まだ気が急いているらしく、ブレスが早いんです。むー、当日までに落ち着けておかなければ。
先生にも「焦らなければ、大丈夫」と言われました。
ついでに中音域が全然鳴らない今日。
嗚呼、昨日練習サボったのが響いている。絶対。
一昨日はエチュード飛ばしたし。
音合わせというにはなんとも贅沢な、ほぼ1時間を使用して指導してもらいました。
力入り過ぎて、もう手がガックガクです(笑)。これも直さなあかんところですが、とりあえずアパチュア。誰が何と言おうともアパチュアを直そう。
まあ、手に力が入るので、ブレスにフィンガリングが追いつかないんですがね。
「軽やかに」と、言われていますが、軽やかに吹こうと思ったら大変なんですよ。どんな楽器でも。
じゃあ、えーっと、気持ちだけでも軽やかってことで…許してつかぁさい。


終わったら汗だくです。この涼やかな陽気に。
いかに有酸素運動かが分かりますね。いやぁ、終わると気分はスッキリです。
でもできない部分が多過ぎて、ちょっと凹みもしてますが…。
当日は、楽しめればそれでいいやと思うことにしています。
気が急くの、落ち着いてくれてるといいんだけどなー。せからしいのは性分ですが、落ち着いて、落ち着いてー。
では、明後日はフルート提げて帰省します。
ママンとうまく落ち合えればいいのですが。
うまくいけば、出雲旅行復活か? と願っていますが、これは願うだけ無駄かー(諦めの悪い…)。
それでは無難な帰省と正しいアパチュアが続くことを願って、だずびだーにゃ☆

テーマ:頑張れ自分。 - ジャンル:日記

泣きたくて泣きたくて震える。
西野カナ(笑)。
これ、一年後に見て分かるネタなのかな…。


出雲旅行取りやめになった女のサイトへようこそ。
縁結びの神様にも見放されましたか。八坂さんの恋愛みくじ「凶」は、こーいうことやったの?


理由は至ってシンプルです。
寝たきりになっていた最強伯母の体調が芳しくなく、ちょっとそんな時期に旅行なんてどうかしら…。というもの。
電話で朝一番に起こされ、そんなことを告げられたら「ま、しゃーないよね」という対応しかできませんでしたが、心で大泣きというか拗ねモード。
嫌ね、我がままに育った年増って。
でも、本当にしゃーない。
しかし、しかしですよ。
これ長引いたら、いつ埋め合わせしてくれるんですか。
と、ツッコミたい。けどツッコめない。ああ〜〜〜、ジレンマ。
ま、てめえの金で旅行くらい行って来いや、ということですね。おけ、了解っす。
珍しく楽しみにしていた旅行だったのに…。
それとも楽しむのが罪だとでも!?
いかん、愚痴モードになってしまいます。反省。


慶事は後でお祝いしてもいいですが、弔事はそういうわけにはいきませんからねー。
いかに素早く対応するかが大事。
ああ、めんどくせえ年頃になってきたもんだ。
しかし帰省はしたらどうだという、よく分からないパパンの提案は一応受けることにしました。
でないとパパンがいない日中、ママンがいらぬことを憂慮しそうだというので。
そんなときこそ、ぷち旅行で憂さ晴らししたらいいのに…。
とも思いますが、旅行中に連絡あったら大事ですからね、自粛自粛。
ちなみにこの春、命を蜻蛉状態にしたじーちゃんは元気ぱんぱんになり、もうすぐ満97歳のお誕生日を迎えます。
なに、この差(笑)。


ちょっと泣き言でした、すみません。
明日はフルートの音合わせです。
ここしばらくの寝不足が祟ったのか、昨日今日と寝てばかりいます。
一昨日は寝不足でひどい音を出していたので、明日はこれで大丈夫…なのかな。
まあ、もともとがヘボいから仕方ないっちゃ仕方ない。
はー…。帰省も気が乗らないわー。代わりに何かいいことあると信じて頑張りましょっか。
ではでは、明日にお会いできたらいいなー、と願って。モイモイ☆

テーマ:頑張れ自分。 - ジャンル:日記

よろしく頼んだぜ。
さてさて、一昨日は梅田に行く日でした。
その前日にちょっと散財しちゃったから、一昨日は財布のひもが固かったです(笑)。


思いがけず嬉しいことがあった女のサイトへようこそ。
なんと、メイクアップアーティストがメイクしてくださることに!!


メイクアップアーティストによるメイクは、予約がないとしてもらえません。
ところが前日にキャンセルの電話が一件入ったらしく、その空いた枠に私を入れてくださったのです!!
着いた時はちょうど繁忙期。なので椅子に座っておとなしく待っていたら、メイクアップアーティストが、話相手をしてくれました。
ちなみに開口一番は、私のヘッドフォンをひっつかんで「リラックマ……いや、コリラックマじゃん!」でした(笑)。
50近いおっさんが、リラックマに詳しい(笑)!! 私より細かい設定ご存知でしたものね…。
しかしうちには40過ぎてミッフィーフリークなキャスバル兄がいるから……。
うん、違和感ナッシング(笑)!!


フェイシャルを終えてメイクに入りますが、いちいち話が面白い。
美容師さんなどもそうだと思うのですが、会話の引き出しがとっても多いですよね。見習わなくては。
ちなみに今回は「子供とも大人ともつかない目してるね」と言われてきました。
「以前も目がどうのとおっしゃってましたけど…そんな印象的ですか?」
と、尋ねたところ、
「うん、印象的。危うく行っちゃいそうだよね」
「?」




「宇宙に」




………前々から不思議なことおっしゃる方だなあと思っていましたが、ここまで来ましたか。
「僕さー、UFOのお迎え来るの、待ってるんだよね」
と、更におっしゃるのですよ。しかもさらっと。
「だからさ、僕が急にいなくなったら、『ああ、やっとお迎えが来て、宇宙に旅立ったんだなー』って思ってよ」
という発言に、「了解です!」と、答えた私もどうなんだろうな(苦笑)。
「案外ellisさんが先に乗ってたりしてね(笑)。あれ? こんなとこで奇遇だね、とか言って(笑)」
あれ? 私いつの間にお迎え待ち仲間?
「逆もあるよね。ちょっと寄ってくとこあるからって言われたら、京都に向かったとかさ」
あれ? 私UFO乗るの決定事項?
……始終こんな感じで会話が続きました……。その間もメイクアップアーティストは、ほんまにつるっ、すべっ、ぴかっ、きらきらっ、という感じにさくさくとメイクをしてくださいます。
私の脳も割とマルチタスクですが、メイクアップアーティストの脳も大概マルチタスクだ。こんな会話をしながら、超絶素敵なメイクをしてくれたのですから。
いや、メイクが本業の方ですよ!? 念のため。
人によってお話の内容は違うでしょうけど、私ってどういう印象なのかしら? 


その後も手帳(クラシックプー)にチェックが入ったり、もういっぺんコリラックマのヘッドフォン触ったりされましたが、くま好きなのかな? 私はくまと猫が大好きですが。
大人とも子供ともつかない目ってことは、思春期か? と思ったり、宇宙人に会ったらキャトルミューティレーションされちゃいますよ! とか思ったりしたことは内緒です(笑)。
一昨日は思いがけずお会いできて嬉しかったです。昨日は早速、できる範囲で真似してメイクしてみました。
今年の流行りはリップらしいですね。アイメイクはちょっと抜け感を出してナチュラル系に、その分濃いめのリップで引き締める、みたいな。
持ってるアイテムで、うまくいくと気分いいです♪ 
一昨日、帰り際に「じゃあ、いなくなったらよろしく!」と、メイクアップアーティストに言われました。当然BAさんたちには謎の会話だったので、かいつまんで説明すると、皆して「よくもまあ、そんなことを平気で言うわね」という顔と「よくついて行ってるわね、話に」という顔が半々でした。
変人は変人を呼ぶの…(変人は褒め言葉です)。


ということで、よろしくされちゃったので気をつけておきます(笑)。
一昨日のように、またリラックマ談義ができるといいなあ、とか思ったellisでした。くま好き仲間ですよーー!

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

ロンリーロンリー。
モイ! 昨日は疲れていて更新できませんでした。
フルートレッスンの後、漢方に直行しましたよ。


トリオなのにロンリー。と、思う女のサイトへようこそ。
もうSさんもKさんも、めっちゃ他人事発言ですよ、発表会(笑)。


先生は「軽快に吹けましたね〜」と、おっしゃってくださいますが、どうにも私一人だとケツが重い印象。
なんだろう、音の立ち上がりが悪いのかな。
テンポは私が一番速いです。先生のCD聞いてたら、自然と速くなっちゃう。
そういえば、SさんもKさんも、内輪で開くクラスコンサートの方が緊張しないそうです。
私は逆で、「うわぁ、同じクラスの人らは皆うまいのに、私、まだまだ下手や〜〜」と思ったり、「知った人に聞かれるの、却って恥ずかしいな」と思うのです。
今度の発表会は、当然緊張します。でも最後には「ま、私を知ってる人なんて、数えるぐらいしかおらんはずやし」とか、「っかー、緊張して来たーー!!」と、ナチュラルハイになり、傍目には「楽しそう」と言われたりしています。
私、緊張すると、それを楽しんでるように見えるらしいんですよ。なので舞台度胸はあるのかな?


しかし、毎年発表会前後には体調が悪いです。
そんだけ精神に負荷が掛かってるってことですね。
今もちょっと上がり気味。なのを、漢方で鎮めてもらう方向で処方してもらいました。
もう2年かちょっと前になるのかな、今頃の季節に「●んじゃいなさいよ」という幻聴がくっきりはっきり聞こえたのは…。
それでも、本番直前でもぼーっとしてるので(ある意味、「無」になってます)、「緊張しない人」というイメージを持たれているみたいなんですが、んなわけないっての。皆平等に、緊張します。
でも待ち時間の間、緊張でがたがた震えてるおばさまを見たときは、思わず駆け寄って励ましてしまいました。
自分のこともままなってないというのに…。正真正銘のアホですな。
本番直前にぼーっとなるのは「ま、どうにかなるさ」という心境に達するからだと思います。
ママンから受け継いだ気質、それはケ・セラ・セラ。なるようになるさ〜♪ って感じです。
やっぱり自分をよく見せたいから緊張するのかなあ。
今年はまず楽しもうと思っています。楽しそうに吹いていれば、雰囲気は伝わるでしょう。
ま、『グリーンスリーブス』って、娼婦の歌らしいですけどね(草むらでそういうことをするため、草の緑が袖についた。とか、ヘンリー8世を揶揄したものだとか、諸説ありますが、曲のように美しい物語はありません。なんで海外の古い歌って、歌詞と曲が乖離してるのが多いんだろう?)。
失敗上等!! よし、これで行こう。


最近テンションが上がりやすくて困ってたので、月末の漢方の予約を繰り上げてもらいました。
レッスン終わったら、タクシーで直行です。
そうしたら、「肝」が固い上に、気が上の方に行ってるみたいでした。
主治医曰く「原稿ハイが、まだ続いてるね!」でした(とほほ)。
というわけで、抑肝散加陳皮半夏が一日三回になりました。その他の処方は変わらず。
「あー、もうちょっといったらヤバい」と、自分で自覚のあるハイなだけに始末が悪い。
もっと効いて、エビリファイ!!
あ、そういえば精神科の主治医オススメの本は買いましたよ(笑)。思ったより読みやすそうです。


さて、今度帰省する時には、フルート提げていかないとなー。
発表会近いので、一週間近くもフルートから離れるわけにはいかないのです。
毎日触ってナンボですからね(苦笑)。
私の音はおっとりしてるんでしょうか、それともきっつい神経質な感じなんでしょうか。音色がその人の本質を語るような気がして、自分の音を研鑽しなくては、と思う次第です。それには一も二もなく練習です。
今日も頑張ろうっと。では、モイモイ☆

テーマ:頑張れ自分。 - ジャンル:日記

ほんまによかったんやろうか。
…と、日を追うごとに思うようになってきました。
後悔なんて可愛いもんじゃねえな。余裕を持って仕上げるのも、いかがなものかと思う今日この頃。


これから先の投稿先を考えて、愕然とした女のサイトへようこそ。
あれ? 次は1月までないの?


その次は3月末です。
焦っているつもりはないのですが、急いではいます。
9月末の〆切公募はあまたありました。
本当にあの版元のあの公募でよかったんやろうか…? 日増しに募る疑問。
別の版元の公募の方がよくなかった? とも思っちゃうんですよね…。
別に前回最終選考まで残ったからって、その版元が安パイなわけないのに、あたしったら。
1月も今回と似たような傾向の公募です。
じゃあ対策は練りやすい。
つか、1月までないのかよ! また家族行事(正月)挟むじゃないか!!
どうしてこう、11月末とか12月末とかいうの、ないんでしょう。
1月が終わったら3月。気持ちの素早い切り替えが必要ですね。ネタ出しはちゃっちゃと進めないと。
旅行で浮かれてる場合じゃなかった。嗚呼、物書きは24時間365日物書きなの忘れてました。


今回の結果待たないのかと問われそうですが、待ってる時間が惜しい。
せっかちな私でした。
なんにせよ、勤労意欲があるのはいいことでしょう。
…ということに、しておきましょうよ。もう家族からせっつかれてせっつかれて(泣笑)。
では応募要項見てきます。モイモイ☆

テーマ:頑張れ自分。 - ジャンル:日記

大丈夫か、出雲旅行?
ママン情報です。
パパンが地図を見て一言「なんや、八重垣神社て、松江にあったんか」と、つぶやいたそうです。
おいおい、今更それはないでしょう。ってか、知らないで人にプッシュしてたの?


もしかして、我が家一の方向音痴は、パパンかもしれない……と、思う女のサイトへようこそ。
出雲大社に行く前には、蒜山のジャージー牛乳飲んで来ます! 私が美味しいと思える、ほぼ唯一の牛乳…。


どうやら八重垣神社が出雲大社のご近所さんだと思っていたらしいパパン、そのせいで「時間ないねん」と言っていたのだと判明しました。
パパンよ。
娘のおみくじ好きを見越してのプッシュだった(と、信じたい。え、誰? 縁結び大プッシュだって言うのは…)ようですが、ママンに「お前もどうや?」と、勧めていたのはいかがなものかと存じます。
ああ、思い出しちゃったじゃないか。今年の正月、八坂さん(八坂神社)で、必死の形相でおみくじを上下左右に振って引こうとしていた、どう見ても50前後のおばちゃんの姿を…。隣には旦那様らしき方がいらっしゃったんですがね。
あれは離婚祈願でもしてるのか? と、思わされるほど、必死の形相でした。
お正月から幸せなカップルさんであふれていたんですから、ここは娘さんあたりの良縁祈願だったと思っておきましょう。
ちなみにここで正月から凶を引いたのは、カップルさんであふれる大国主命さんへの参拝を「ああもう、鬱陶しいな」と、思ってよけた罰だと思っています。
ちゃんと敬えや、と。
そういうことだったのだと思い直し、後日お参りしてから引き直しましたよ。信頼はすっかり地に落ちたらしく、小吉止まりでしたが。
今度の八重垣神社も、私がおみくじ引いてたら「ああ、婚期逃して必死なんやー」とか周りの若いおぜうさん方に思われるんでしょうか。
私はしがない、一おみくじ好きに過ぎないんですが。
両親の方がハラハラしそうですよ。


たぶん、ママンはどこでもおみくじ引かないと思います。
最上稲荷(岡山県)で、2回連続か3回連続かで凶を引いて、次の年にも凶、次いで末吉だったそうで、ママンの中でおみくじは嫌なものとインプットされてしまっています。
たぶんお金に縁がないんだよママン…お稲荷さんで凶を引くってことは、そういうことだろう?
ちなみに去年詣でたとき、私は吉でした。こちらもビミョーな感じ(笑)。でも四柱推命とかの運勢的には「食うに困らない」と、いつも出ます。
つまり、「食うには困らないけど、それ以上ではないよ」ということね。ああそう。
パパンには、娘がカラコロ工房でシルバーアクセ作りをしたがってると、誰か伝えてやってください。お堀巡りはママンの希望なので(我が家では女性は対等に扱われます。どちらかが優先、ということはないのです。フェミニスト一家。つーかフェミニストパパン。なんだかんだいって、ママンが最優先されてる気もしますが、ママンに言わせれば「あんたが最優先よ」と言うでしょう。買い物に行っても一人かばん一つなママンよ。荷物持ちは3人仲良くなのに…)。


そしてお土産と食べることにしか期待感が持てないパパン、
「前に出雲蕎麦食べた店、あそこまた行きたいなあ」
と、言っていました。
あれは…行き当たりばったりで当たったお店で、ガイドブック片手に大行列作ってるお店をかいくぐって、人気のビミョーなところに入ったところ、たまたま当たりだったという店です。
方向音痴が二人もいて(私&パパン)、同じ店にたどり着くとは思えない…。
出石に皿蕎麦食べに行ったときもそうでした。パパンが美味かった! という店に行こうというので、とっとこついて行ったらば、不思議なお店に行き当たってしまった…。いえ、美味しかったし安かったしでよかったんですけどね、蕎麦まんじゅう売ってるおばあちゃんの前を都合3回か4回通る羽目になり(つまり迷っていた)、悪目立ちする私とパパンはすっかり面が割れてしまい、苦笑まじりに蕎麦まんじゅうまで買うことになったのでした。だからトントン。
今回もこーいう事態になるような気がする…。
私とパパンの組み合わせは、食においてあまりよくありません。
ウメチカ(梅田地下、ホワイティ)でご飯を食べようとしたら、目的だけで突進するパパン。何を食うか、どこで食うかなど気分次第。人が並んでいる店をとにかくよけまくったら、うなぎを食べるのに私だけ注文忘れられてたり、どこも並んでいるので喫茶店でいいやと入ったら、これまた私だけ注文スルーされたりしたので、最近は梅田でも百貨店の上に行こうと、強く要望している私です。だって被害に遭うの、(なぜか)主に私なんですもん。
出雲蕎麦も、ある程度予測を付けておこうと、密かに思っています。運転疲れと空腹で、パパンがキレ始める前に、どこか気の利いたお店をさくっと提示したいものです。


ああ、大丈夫なんだろうか、今度の旅行。
私は既に、出雲、松江、で、区切って検索かけて行きたい場所を言っていたのですが、パパンに伝わってなかったようで…。
神魂神社(これでかもすじんじゃ、って読むんですよ!)にも行きたいとか言ったんですけどね…八重垣神社となんかセットで語られてることが多かったんで。
あと、出雲大社の参道も歩いていなかったので、見てみたいと。そしたら「そんなん2時間はかかるわ!」と、吐き捨てるように言われてしまいましたよ。一の鳥居をくぐりたいという要望も…(車で行ったらくぐってないらしいんですよ)。
ところが、地理が啓けた(敢えてこの字を使いますよ。開けた、ではなく)途端、「参道もええなあ」とか、「一の鳥居もくぐるか」と、言い始めたらしいパパン。
私って、話の持って行き方が悪いんでしょうか。それとも単にパパンに地理勘なさすぎなんでしょうか。
キャスバル兄なら、上手に話を持って行くのでしょうが、旅において彼が自己主張することはない…。行きも帰りも助手席でがーがー寝て、連れられて歩き、写真を撮られ、荷物持ちもさせられますが、それなりに楽しんでいる模様。不思議な楽しみ方ですが、あれが一番害がなくていいのかな。とも思いました。


たぶん何度か喧嘩をするか、パパンが体調を崩すかで、一波乱も二波乱もありそうな今回の旅行です。いえいえ、八百万の神様のご加護があるから大丈夫なの…。
と、信じますが、淡路島へはもうパパンとは行きません。泊まりがけで行った時は夜にパパンが救急車ピーポーになり、日帰りの時は前日にパパンがお腹を壊した。七福神さまに「来るな」と言われてる気がしましたよ。
ちなみに尾道へ行った時もパパンが風邪を引き、風邪薬ハイのパパンが交差点で突っ込みかけましたもの。風邪薬くらいではハイにならない私は、「怖ぇ! 薬慣れしてない躁鬱気質怖ぇえ!!」と、痛感しました。
いえいえ、八百万の神様のご加護があるから大丈夫、大丈夫…。
無事、円満に縁結びのおみくじが引けますように。今回の私のメインイベントです(笑)。結果が良好ならば、言うことありません。
半月後が、楽しみなような、不安なような…。私もママンのように、無邪気に楽しめる人になりたいです。パパンが我慢しすぎないといいんですけどね。じーちゃんの誕生日というイベントもあることですし。
うわ、すっげぇ不安になってきた。「心配事の8割は杞憂に終わる」という鉄則を信じて、この無駄に良い勘が外れることを期待しましょう。ではでは、おるぼわ☆

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

回る回るよ。
視界〜が回る〜♪(中島みゆきさんの『時代』で、タイトルからお願いします)
酸欠になることは増えてきましたが、過呼吸になるのは減りましたね。これも成長?


「フルート」「いつまでたっても上達しない」の検索ワードで引っかかる女のサイトへようこそ。
一応匍匐前進はしておりますが…。うちってそんなに下手なイメージなの(笑)?


いやあ、『グリーンスリーブス』3回連続は堪えた…。
一回吹くと5分弱を消耗するんですが、最後の時間を計る頃になると、常にどこかで誰かがつまづいている(苦笑)。
私は酸欠でくらくら来てました。ついでに指がガクブル。力入り過ぎですねー、私はまだ……未熟!(『0083』のガトー少佐のお声でお願いします(cv.大塚明夫さま))
まあ、いつまでたっても未熟なんでしょうけどさ。
でも、ランパル先生が吹いていらっしゃった、『ヴェニスの謝肉祭』のバージョンができたら、もうフルートやめてもいい…。10分以上ある上、いきなりトリルから始まり、最後はかなり速いダブルタンギングの連続技で終わる、難バージョンです。
はっきり言ったら、たぶん私には一生できない曲…(笑)。これとクーラウの『庭の千草変奏曲』ができるようになりたい…。夢はでっかく太平洋じゃき。
まあ、向き不向きもあるということで。私は割とのんびりした曲の方が合っているようです。その分ごまかしきかないんですけどね(苦笑)。技術があまりないので(研鑽しろよ!)、叙情性に訴えるしかないのです。
『グリーンスリーブス』も、ぱっと見はそんな難しそうな楽譜ではないんです。
ただ、実際吹いてみると、低音と高音が入り乱れ、ついでに4分の6拍子という、ビミョーに嫌なリズム。
あ、「%分の$拍子」ってのは、「%分音符が一小節の中に$個入ってますよ」という意味です。
四分音符が一小節の中に6つ。つーことは、3拍子が二つ、と考えられなくもない。実際、中世に近いリズムらしく、吟遊詩人が歌っていたであろうアレンジなんだとか。普通の『グリーンスリーブス』は8分の6拍子でシチリアーノ調ですものね。これは英国で流行り続けてこうなったらしいです。
もとい。3拍子が2つ、ということは、軽やかにリズムに乗りたいところですが、どーもケツが重い。力入り過ぎてるのかなー。とは、先生に言われました。
軽やかに、軽やかに…指が重たいがな、こう、ぱぱっと動けや指ぃ!!
……と、レッスン中に内心ぼやいていたことは秘密です(笑)。
大丈夫かな、発表会。ま、主治医に言われた通り、「聞いて頂きに」参加しますよ。


まー、上達してないわけではないんですが、匍匐前進ではそういう検索に引っかかってもしゃーないのかなー。
でもなんか、ビミョーな気分…。しかも一回じゃないってのがね、どうも引っかかる(笑)。
確かに、うちで「上達法!」とかを求められても困るんですけどね。
えーと、まあ、あれです。うち見て「ああー、こんな下手でも続くんだー」と思って励みにしてくだされば、それで満足です。ということで。
ということにしておきましょうよ(涙)。
では、また明日から練習の日々です。モイモイ☆

テーマ:頑張れ自分。 - ジャンル:日記

出雲旅行決定。
神社のおみくじが好きです。
かといって宝くじは好きではないのですが、おみくじは好きでよく引いています。
でも当たったためしがないんだよなぁ…(遠い目)。心のどっかで信じてないのかしら?


出雲大社参拝決定な女のサイトへようこそ。
ダメ押しで八重垣神社にも行くそうです。


出雲大社では、まあなんといいましょうか、広い意味での良いご縁を願いましょうと。式年遷宮も済んだことだし、パパンが働いてるうちに、もういっぺん行っておきましょうとのことでした。
で。
八重垣神社です。知ってる方は知ってる、ここも縁結びの神社ですよ。
がっつり、恋愛系の縁を結んでもらってこいと、両親から無言で言われているような気がしてならない三十路黄昏時。それともそれが私の被害妄想だとおっしゃいますか。兄妹揃って婚期を逃し続けている私が(血涙)!?
ここのおみくじは、貴船神社と同じく水に浮かべて結果を見るものらしいです(貴船神社に行く子は要チェキだぞ☆ ここも縁結びだしね)。
ただ、ちょっと違って面白いのは、100円硬貨か10円硬貨を上に乗せて水に浮かべると、離れていった距離、水に沈む早さで婚期が占えるというらしいのですよ。遠けりゃ、現在地から遠いところの方とご縁があり、沈むのが早ければ婚期も近いと、こういうものだそうです。
ちなみに沈む速度は15分目安って聞いたけど、結構かかるのね…。
早い方は一分で沈むらしいですし、沈まない方はマジで時間かかるとか。おぉ怖ぇ。沈まなかったらどうしようと、今から不安で一杯ですよ。
とにかく出雲、奥出雲、松江あたりは縁結びでいっぱいです。今回は松江城の堀川巡りもするらしいですし(松江城にもハートの木目があるとか。何年前から縁結び?)。あちこちの観光スポットにも「ハートを探せ!」みたいなアオリがありますし。
私はカラコロ工房でピンクのポストで写真撮影して、アクセ作りを体験したいのですが、これは叶わぬ夢となると言うか、てめえで金を出して行って来いやという話になりそうです。パパンが「そんなに時間ないねん」と言ってましたから。まあ、四国からだと結構な距離になりますからね。
ですがついでに島根県立美術館で開催中の「出雲阿国展」を見て来る予定です。
ここの美術館にはうさぎのオブジェがあって(因幡の白兎関連だと思うのですが…?)、前からか後ろからか2番目のうさぎにしじみの殻(どこかでもらえるらしい)を置いて(宍道湖、目の前ですから)なでなですると、願い事がかなうとか。
ちなみにこのうさぎのオブジェまでは、入るのただらしいですよ。
そして嗚呼、お土産に松江銘菓「山川」をロングで2本買って来なくては。いつかも言った気がしますが、こんなうまい落雁、ほんまに知りませんよ。パパンは「若草」の方がお好みらしいのですが、ellisは「山川」大プッシュです。


それまでには季節相応に涼しくなってると良いなあと思います。なんですか、昨日も今日も30℃越えって。
気象庁に怒って電話かける人がいるって話を聞いたことがありますが、それもありかなと頷きたくなります(気象庁にご勤務の方、申し訳ありません)。
まだ半袖Tシャツに冷房入ってるし。
フルート練習したら、汗だくになるし。
「季節相応」も、もう分からなくなってますしね。去年の今頃、何着てたか思い出せませんから…ふっ。
もう季節はこの際置いておいて(つまり紅葉を諦めて)とりあえず良縁をがっつりつかみに、貪欲に参ろうと思います。ちなみに開催日程はフルートの発表会十日前という暴挙だ!!
八重垣神社でうまいことおみくじが沈んでくれますように…(笑)。こんなところで、心折れたらどうしような、私…。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。