羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201310<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201312
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そこはかとなーく。
なんか…そこはかとなーく、悲しいです。
わけもないのに。
やべえ、うつに落ちてるわ。なだらかーに(泣笑)。


音楽療法になるには、段々レベルが上がって来たなあと思う女のサイトへようこそ。
でも思いっきり吹くのは気持ちいいものです。


食欲が落ちて、そこはかとなく悲しくて。
でもご飯食べないと、フルート吹けない…と、とぼとぼレッスン場近所のタリーズへ。
パスタセットを頼んで、もっさもっさと頂いておりました。途中からあんま美味しくない…と思っても、押し込みましたとも。
普段なら足りない量ですが、今日はもうお腹いっぱい胸いっぱい。
で、やはりとぼとぼとレッスン場に行くと、ご旅行中だったSさん、Kさんからお土産を頂きました。
はー、あたしも旅行行くはずだったんだよーう。そう思いながら、レッスンです。


エチュードを終えると、シモネッティの『マドリガル』を。
これは「牧歌」という意味らしいですが、いろんな人の『マドリガル』がありますよね。有名なのは誰だろ、えーっと…。
すいません、参考にならないサイトで(恐縮)。
もともとバイオリンの曲らしい『マドリガル』(作曲者から推察)、2パートに分かれています。前回は私一人が2ndパートになり、痛い目を見たのでした(笑)。
そんなことはけろっと忘れてらっしゃる先生が、「次回分かれて吹きましょうー。お互いパート決めといてねー」と、おっしゃいました。
ので、レッスンの後で「どっちしますー?」と聞いたら、Kさんが即「下(2nd)!」という答えが。…っち、2ndの楽さに気づかれてしまったか(笑)。
「じゃあ私、必然的に上っすね」というと、Sさんが「じゃあ私も上かなあ…」と。パート割、あっさり終わり(苦笑)。


あとは全体演奏に使いたいと、先生がおっしゃるのはバッハの『カンタータ(主よ人の望みの喜びよ)』。これも2パートに別れているのですが、これの2nd、むんずかしい〜〜〜。
先生も「かなり難しいと思います」と、おっしゃいました。そんなもん全体演奏に準備せんといてください…。
その後はテキストから『ブルーゼット』をやりました。いつまでたっても、アドリブのかっこいいところが吹けない。
でもジャズと言ってもジャズワルツなので、クラシックからまだ頭の切り替えがしやすいですね。
とっても軽やかで、かっこいい曲なんですよ。ですが難しい…。なのでなかなか誰も仕上げられず、先生の「よし!」が、出ません。来週まだもいっぺんやることになりました。いつまで…(泣)? できるまでさ…。


レッスンが終わったら、1月のクラスコンサートに向けて、3人でテキストをぱらぱら見ながら、あれはどーだ、これはどーだと言っておりましたが、3人寄っても文殊の知恵にはなりませんでした(苦笑)。
結論は「先生が何か持って来てくれはるって言ってるし!」です。9年目にして、この先生頼み。あかんなあ〜。
それでも持参した楽譜で、うまく行ったためしはないんだよなあ〜(泣笑)。
ま、来週ふたを開けてみて、また考えましょうか…。


帰路はやはりそこはかとなく物悲しくて。
うーん、疲れてるのかなー? と思いつつ、セブンで最近お気に入りの、生姜と野菜たっぷりスープを買って帰って来たのでした。最近タンパク質が不足している…。いえ、豆乳とヨーグルトは摂ってますが…。なんか肉っけが足りない。
今度肉の日(29日)は、なんか肉料理でもするっかな! って、1週間先までお預けかい(笑)。
うーん、西京漬でも明日買って来て焼きます。肉より魚の方が好きなんで…。
それよりこのそこはかとなーい物悲しさ、どうにかしたいです。萌えを投入しようかな。トレーズ閣下、出番です(こんなことで呼ばれる閣下がお気の毒だ)!
ちょっとの間、気は晴れたのでよしとしましょうか。寒くてひもじいからだ、きっとそうだと、勝手に信じ込んで、あったかい豆乳飲みます。
さて、明日からまた練習しなきゃだなー。
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

一家に一台。
で、いいと思いません? 何がって、うつ人口です。


「いやいや、それはあかん」と、神経内科で止められた女のサイトへようこそ。
いやー、うつに慣れない人が落ちるより、慣れた私が落ちる方が楽だと思うのよ?


ちょっと、あちこちがたがたしているせいで、このまま放っておくと、ママンかパパンがうつに落ちそう。
というので、毎日せっせと電話しているわけです。危ないのはママン。時折パパンから八つ当たりされ、身内のことも相談できずに八方ふさがりになりつつあるからです。
八方ふさがりなのは私も同じなんですが、慣れが違う(笑)。こんなん慣れんでもええねやと思いつつも、つい気持ちを背負ってしまう。
一家にうつは二人もいらないのです。一人でいいんです。
特に私は、うつに落ちきらないように処方されてるんですから、それなら私が背負ったってええやんと。パパンがもとから感情不安定な人です、この上ママンまでそうなられては、一家崩壊ですよ。
「というわけで頭痛頻発でーす」
と、報告したら、盛大にため息をつかれました。
ストレスがたまった時、世の習いといいますか、大多数は食べる方へ向かうそうです。血糖値が上がって、ほんわかするからだそうですが…。
ふむ、ではストレスで拒食になる私はマイノリティですか。
今も結構な食欲不振です。体重がそこまで落ちてないので、まだ楽観視してますが、これって冬だから脂肪溜め込む方へ体が動いてるのかしらん。
相談したのが神経内科だったため、その辺はスルーされながら、頭痛薬をもらってきました。
肩も凝ってるし、けど湿疹出したまま治らないしで湿布貼れない、ボルタレンクリームもうっかり塗れない。
楽しみにしている、お風呂でのソルトマッサージができないのが痛手ですよ!! 今やったら、私は因幡の白兎(笑)。


繰り返しになりますが、うつは一家に一台以下でいいんです。ないに越したことはないのは、分かりきってますがな。
しかも余計な親戚のせいで、うちがうつになることはないんです。断固闘争ですよ! 嫌がらせに負けはしないわ。
しかし、なんでこんなに妬まれないといけませんかね。それでなくてもママンは伯母が危篤状態なんだから、そっとしといてくださいよ。
私やママンがぽやーっと苦労知らずに見えるのが、気に入らないんだろうなー。とは分かっていますが、顔に出すの嫌だから出さないよう努力して来たんですよ、これでも。
いかん、愚痴になりました。この辺忘れてください。


ひとつつまづくと、何もかもつまづいてしまう。
この不器用な自分をどうにかしたいなー。気分転換、何かないかしら。
フルート? 今はしばらく放っておいて…。致命的なミスでした…。ああ、明日が怖い。
「自分、不器用ですから」で済まされるのは高倉健さんくらいなものです。不器用は不器用なりに世の中渡っていかなきゃいけない。
なんか『渡鬼』よりドロドロしてきた親戚関係ですが、ママンの方がまだドライなのが救いでしょうか。
さて、自分をしゃっきりさせて、明日からまた頑張りますよ!!
あー、原稿のネタ、降って来いー。
いろいろ冷えるので、湯たんぽを導入しました。つい眠り過ぎて、これはこれで危険です…(苦笑)。
なんか美味しいもの食べて、元気出さなきゃですね。久しぶりにチャイでも作るかな? 
うつギリギリのところで踏ん張っている私でした。ほんま、うつは一家に一台以下ですよ。目指せ、ゼロうつ。

テーマ:頑張れ自分。 - ジャンル:日記

自縄自縛。
こんちゃっす。軽いノリで始まってますが、へろっへろです。
今はPCとの格闘を終えたところさ…。


馬鹿みたいな理由で、いつもつまづく女のサイトへようこそ。
きっとねえ、人生でも恋愛でもお金でも、しょーもないことでつまづくんだわ、私。


発表会? ええもう、筆舌に尽くし難いほど散々でした(泣笑)。
その後、ちょっと最強伯母が危篤なので慌ててキャスバル兄の家に行ったりしていたら、あちこちかぶれました。
ついでに帰って来たら、燃え尽きたのかうつに落ちたのか、ドボンとはまって抜け出せなくなった。
しかし光回線の工事は今日だ。というわけで、一昨日辺りから作業エリアをのっそりとお片付けしてました。
前回男性一人だったので、今回もそうかと思いきや、今回は男性2名でした。とーぜん、狭い我が家に男性が二人も入るわけがなく、おっちゃんの方は出たり入ったり、出たり入ったりを繰り返す様。
今回は光でもバージョンアップして「隼」になったらしいです(この辺に、ネット速度への関心の薄さが知れる)。
いや…別に動画もほとんど見ないし。それより安定してる方が大事だし。
でも営業のお姉ちゃんに押し切られたのです…。弱いあたしのアホ…。
それより業者のおっちゃんに申し訳なかったので、私の話し相手をしつつも迅速に作業してくださったお兄ちゃんに、冷蔵庫に入っていた缶コーヒーとキレートレモンを差し出す私でした。


さて。設定手順は見てあるから大丈夫〜♪
と、思いきや、ホームゲートウェイの「PPP」ランプがつかない。
NTTのページまでは行くんだから、これはプロバイダの問題っつか、私が何か間違えてるんでしょう。
そう思って右往左往。再起動も数知れず。
それでもネットに繋がらない(ランプがつかない)ので、iPhoneちゃんで検索をかけまくったら、「パスワードが古いままになっていませんか?」という一文が目に飛び込んで来ました。おお、これはもしや…。
そう思い、初期設定のパスワードを入れたら、あっさりつながったのでした、どっとはらい。
今回の格闘は短かったな…2時間ちょいで済みました…。
前回の、コード1本つながってなかったばかりにネットに繋がらなかったオチに比べれば、百倍マシです。
そんなわけで今、部屋の東半分がきれいで、西半分がごった返しております。いらないものは捨てたはずなんだけどなあ。
まだまだあるのよね、読み古した雑誌とか(スクラップするって言って、やったためしがない)。
ああ、ちょっと片付けモードです。
ですがドボンと落ちていることには変わりなく。しかし最強伯母が最早最強でなくなり、現在危篤状態継続中という、非常に綱渡りな状況。
いや、参りました。


参っている間などありません。明後日は通院、明々後日はフルートレッスン。
やべえ、ここしばらくフルート触ってないわ。
それにしても、今日のトラブルの原因といい、発表会の失敗といい、自分で自分に腹が立つことが多いです。誰? 自縄自縛なんて言うのは。そうよその通りなのよ。返す言葉もないから、あえて放置プレイして…。
エビリファイのおかげで、落ち過ぎってことにはなってないのですが、その薬で抑えてる感も不快なのでした。
原稿のネタは降って来ないし(また主治医に「もっと本読め、本」と言われてしまふ)。
今すぐ書こうとなると、持ちキャラ、持ちネタで行くしかないなあ。
枚数も400枚ちょっとという、ちょっと微妙なところだし。今の持ちキャラ非番は…いくつかありますが、よく動くので行こうかな。でもあいつ、長編向けなんだよなー。
そこを敢えて中編でいくのがいいのかしら。ああ、悩む! さっきの格闘の名残で頭が痛くなってきました。
脳内をぐるぐるさせたまま、フェードアウトします。
それでは私と皆様の明日に幸あれと願って、おるぼわ、おるぼわ、おるぼわ…。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

頑張ろう、明々後日。
ふぃー、帰宅からようやく日常に戻った気がするellisでございます。
通院だけではなく、フルートレッスンもないと、やっぱね。


とか言ってるうちに、明々後日はもう発表会な女のサイトへようこそ。
帰宅する直前に、左薬指を突き指しました…。本当に平成の大馬鹿野郎様ですよ。


ついつい、ずんだらべっちゃ〜と眠ってしまったので、缶コーヒーでがつんと目を覚まし、レッスンへ。
フルートは実家に持ち帰っていましたが、風邪引いてそれどころではありませんでした。両親のストレスもパネェ状態でしたしね。
というわけで、約10日ぶりに握るフルート、あっと怪我付き。
指より目が追いつかないのは、歳のせいでしょうか。それとも苦手なエチュードのせいでしょうか。
ああ〜〜、音合わせの時に「結構息に圧力かかってるし、当日はライト暑いから、これくらい抜いてもいいわよ」と言われた頭部管の抜き具合では、音がへろっへろですだ(泣)。こっそり…こっそりと、少しずつ詰めていって、普段の音を取り戻しておりましたが、本番大丈夫かいな。
中音域がとにかく出ない(涙)。低音域はいっそ出しやすいのも何故って感じです。高音域がよく鳴るのは、単にピッチが高いせいでしょう。つまりチューニングが合ってない。
あーあ、これ聞いてる先生、かなり不快だろーなー。なんて思ってましたが、曲が始まるとそんな余裕もなくなります。
今更ですが、これを…これを一人でやるんですか。自分が愚かな草むらに足を突っ込んでいることを、今頃になって思い知っておりました。
しかし私も習い始めて9年目。いーかげん、きちんとできるようにならなくては。
といっても、それが思い通りにならないのが、大人のレッスンの悲しいところ。年取るってやーね。頭も指も固くなっちゃってさ。


でもまあ、習い始めのことを思えば、よくもこんなことができるようになってるものだわと思います。
ジャズのリズムには、相変わらず乗り切れないところがありますが、今度テキストでやる『Tico Tico no Fuba』は、ショーロというリズム(ブラジル独特のものらしいです)で、まだ乗りやすそう。
けれどそんなこと思う前に、明々後日のことを考えようね私。
明々後日は先生をまず探してチューニングだと言われました。きっと私の音が安定してないせいだ、絶対そうだ…。
ああ、先生に余計なご心配をおかけしている…。9年目にもなれば、もうちょっと「大丈夫よね!」的な確信が先生にあってもよさそうなのに。
チューニングはその日の体調にもんのすげえ左右されます。食事の有無、睡眠時間、何時に起床したか、薬は何時に服用したかなど、ほんのちょっとしたことがピッチを左右してしまうのだから、考えればなんて正直なんだ、楽器。
これ、管楽器だから余計に左右されるのかしら? などと考えたりもします。フルートは特にエアリード(クラリネットやオーボエみたいに、リードがなく、唇と舌、歯の位置で全てが決まっちゃう。リード楽器でも同じことでしょうけれど)なので、薬の影響が大きい。できればエビリファイは早めに摂取。つまり早起きせいってことです。
最近気温が乱高下してるので、咳も出やすくなっている(これはストレスもあるでしょうが)。吸入きちんとやって、心配なら咳止めも飲んで、めまい止めも飲んで(あまり飲むと口の中が乾いて、それはもう大変)、あとは大きく深呼吸。自律神経を整えるのが一番ですからね。腹式呼吸で。


ちなみにエビリファイを以前は18mg服用していたことなど、精神科の主治医はけろっと忘れていました。
あ、ひどっ。
「2年前くらいにそうでしたよ」というと、カルテを遡り、「あ、ほんまや」。人の言も信用しませんか、主治医よ。
18mgだとアカシジアが軽く出始めて不便だというので、妄想系のうつに強いアモキサンを代わりに入れて、エビリファイは12mgにしてもらうことにしたんですよ。おかげで2年前は発表会に出られなかったんですよ。しかもこの時期の遅れを取り戻すのに、未だに苦労してるんですから。
いえ、下手なのはもともとで、段々ついていけなくなってるんです…。新しいテキスト、ものすんげぇ難しい…。
何があった、ヤ●ハって感じにレベルアップしています。
しかもいきなりジャズから始まって(とてもじゃないけどついていけないアレンジつき)、今度はショーロですか。四分音符=100指定なのに、ものすっごい忙しい、というかせわしない曲になっています。
なのにカンタータ(バッハの『主よ人の望みの喜びよ』)を持って来る先生…。私の嫌いな三連符オンパレード。これを年明けのクラスコンサートで全体演奏でやろうってか。マジですか先生。ま、全体演奏ならボロが出ても気にされないという利点はありますが(苦笑)。


とにかく明々後日です。頑張ろう。主治医にもKさんにも「健闘を祈ります!」と言われたことですし。
いい加減、「フルート いつまでたっても上達しない」という検索ワードからは逃れたいellisでした。
でも、自分で自分を褒められたら、きっと成長止まっちゃうだろなあ…。いろいろ難しいです。

テーマ:頑張れ自分。 - ジャンル:日記

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。