羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201311<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201401
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
骨の髄まで。
そんなつもりはなかったの、出会ったらたまたまだったの、でもここまで来たら真性ね。
……と、思った昨夜でございました。


どこまでもオヤジスキーな女のサイトへようこそ。
言語の壁は厚いけど、頑張る。


さてさて、今日はフルートレッスンの日です。テキストは先週も言った、『クリスマスメドレー』です。
ところが本来なら、別の曲をやるはずでした。
ちらっと言った覚えがあるのですが(確認しろよ)、"Tico Tico No Fuba"(aに印がつくのですが…すみません)という曲です。ブラジルの古いリズムらしく、ショーロといいます。
↑のタイトルでYouTube検索すると、けったいなおっちゃんに出会うことができます。化粧の濃い、衣装も濃い、セックスアピール満点のおっちゃんです。お名前をNey Matogrosso(ネイ・マトグロッソ)さんとおっしゃいます。
本来の"Tico Tico..."は、もんのすごい速いリズムで、短い曲です。ですがショーロって、ちょっと物悲しいリズムが本来らしいんですね。バンドリン(いわゆるマンドリン。ちょっと違うけど)、ギター、タンバリン、フルートが必須らしいんですが、ネイさん(ファーストネーム呼ばわりかよ)の時はドラムとか加えて、フルートの代わりにソプラノサックスが入ってました。バンドリンとタンバリンはもちろん入ってます。
iPadさんに落として大画面で見てから気づいたのですが、胸毛見えてるわ、乳首見えてるわ、腰振りまくってるわで、大変目のやりどころに困った動画です(笑)。
ちなみにこれを見たママンが「あー、こんな外人さん、ようおる」と、のたまいました。




いてへんって(笑)。




しかし歌が上手で、何より声質が私の好みだったのでしょう、"Tico Tico..."が入ったアルバムを早速DLしました。
一ヶ月も聴いていたでしょうか。他のものも聴きたくなって、もう2枚落としてみました。
ブラジルはポルトガル語圏なので、何言ってるかは分からないんですが、所々英語とか混じってたり、想像のつく単語があったりすると、「ああー」とは思いますが、ほとんど声と音しか聴いていません。
今年のアルバムはデジタルブックレットがついていましたが、見ても読めないよーーー(泣)。悔しい。
スペイン語でも難しいってのに、ブラジルだけが南米でポルトガル語なんですよね。
で、ネイさんに興味がわいたので調べてみました。日本語のページはほとんどなし。つまり日本ではマイナーってことですね。
幸い、英語のページがあったので、たどたどしく読みました。
真っ先に発覚したこと。ネイさん、今年御歳72歳……。
うそ、あの声で72歳!? と、思うほどしっかりした張りのあるお声です。そして肌もきれいだし、2008年のアルバムでは全身ペインティングしたように見えるアルバムジャケットがありますが(だからそういう人なんですってば・苦笑)、体格もご立派。2008年なら、5年前だから67歳ですよね。とてもとても、そんなお年には見えないです。
うちのパパンが今年68になりましたが、比べるとネイさん、とっても鍛えてらっしゃるなー。と、思いますよ。


ブラジル音楽は、ラテンミュージックに含めないという意見があるようですが、私にはそこまでの区別がつきません。
ただ、気に入っちゃったものは仕方ないですよね。
そしてしみじみと「あー…あたしのオヤジスキー、もう一生の病だわ」と、思ったのでした。
骨の髄までオヤジスキー。
そういや最近、オヤジと接触が少ない…。狩りにでかけるべきか(笑)!? いつもはオヤジにナンパ(笑)される方なんですが。
たぶん2月頃から、"Tico Tico..."をレッスンすることになると思いますが、ネイさんのアレンジでやりたいー。と、思ってしまいます。ちょっとショーロ本来のリズムに近づけたっぽい、色気のある"Tico Tico No Fuba"になってます。
タイトル通りなら、速ければ速いほどいいんでしょうけど(タイトルの意味は、「トウモロコシの粉をつつく雀(に、似た鳥)」らしいので)。
新たな萌えはやはりアダルティなのでした(笑)。まあ、いつものことかと、さらさらと流れる小川のようにスルーしてやってくださいませ。
ちょっとエキセントリックな人が好きなのかなー。トレーズ閣下もちょっと変わってましたしね。
単に男の色気に弱いだけでしょう。ああ、骨の髄まで女です、私。アホやなあ、アホです。でもそんなアホな自分が大好きよ(笑)。
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。