羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201311<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201401
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
思い込んだら試練の道を?
今日も今日とてバーゲンでした。
といっても、先日に比べれば穏やかなもの。
年末年始の女は忙しいのよ(苦笑)。


へえー、ポルトガル語ってロマンス語に入るんだー。と、感心した女のサイトへようこそ。
やっぱスペイン語と似てますね。だから余計始末が悪いというか…(笑)。


昨日言っていた、ネイさん(だから知り合いかお前は)の"Tico Tico No Fuba"歌詞と動画はこちらです。携帯でご覧の方は…すみません。スマホはたぶん大丈夫だと思うんですが。
はっきり言いまして、どこ歌ってるかは分かっても、口がついていかへんーーー!! です。
やっぱり、ちゃんとポルトガル語の発音とか分かってないとダメですね。入門書でも買って来ようかなあ。
って、どんだけお熱なんだ、このけったいなおっちゃんに(笑)。
半分以上は声でやられてます。そしてやはり、エキセントリックさにもかなり負けてますね…。
変人は変人(褒め言葉)を愛するの。
でも「類は友を呼ぶ」っていうしなあ。私にもあるのかしらん、エキセントリックさ!? え、嘘!!


いえね、今年のアルバムにはデジタルブックレットがついていたと、昨日もお話したかと思うんですが。
そーいうの見てると、一緒に歌いたくなるのが性ってもんでしょう。
え、違うって? ほな歌詞カード、なんのためについてくるねんな。
意味も分かりたいけど、まず一緒に歌いたい! と思う、相変わらず耳から入るタイプの女です。
そういえばフランス語をやりたいと思ったそもそもも、『紅の豚』のジーナ役、加藤登紀子さんが歌う『さくらんぼの実る頃』が歌いたいがためでした。
高校で英語の先生に発音を質問しに行ったら、「で、歌えるようになって、どうなりたいの?」と、聞かれた覚えが。
まあ先生に言わせれば、英語もおぼつかないのにお前何やってんだこのボケ、ってとこだったんでしょうね。
どうやらラテン系の言葉に大変弱いようでして、以前からスペイン語にもイタリア語にも興味津々でした。もちろん、ラテン語そのものにもね。
ラテン系なのでフランス語にも自然と興味がわくってもんです。だからちょっとなら読めるけど意味分かんないー! という、大変中途半端なことをしております(笑)。簡単な単語なら意味分かるんですけどね。
ポルトガル語も当然ラテン系。いかん、私の中のラテンに火がついてしまいましたよ(苦笑)。


ラテンと言えば、昔からその素養はありました。
なぜならパパンがタンゴをものすんごく愛しているからです。いわゆるアルゼンチンタンゴも、たらふく聴かされました。
ギターやると、一度はそういう方向へいくものなのかしら? 前フルートの先生とセッションしていた「黒いギターのあんちゃん」(いつも黒い服を着て、どこか影を背負っていたので、勝手に私がネーミング)も、フラメンコギター買ったりしてましたしね。
私は生憎弦楽器に向いていないようなんですが、聴くのは好きなんですよ。
そんな私がMPB(Música Popular Brasileira(ムージカ・ポプラール・ブラズィレイラ)の略で、エム・ペー・ベーと読むらしいです)に興味がわかないわけがない。つまりは時間の問題だったということですね(笑)。
でも、外国語って早口…と、どの言語聞いても思います。だから逆に、海外の人には日本語が難しく感じられるのかな、とも。
たまたま落とした動画がネイさんだったばっかりに、この入れ込みよう。どないすんねんな。


でも、ネイさんの他の曲の楽譜ないんですよね。あってもギターのタブ譜とか(これではどうしようもない)。
"Tico Tico..."が入っているアルバム、"Batuque"(バトゥーキ、発音的にはバツーキ、に近いです。ブラジルの格闘技の一つで、カポエイラに近いとか)は、古い歌をカバーしたものが多い、みたいに聞いた覚えがあるので、タイトル検索したらあるかもなー。
ま、ネイさんの他の曲、あんまりフルート向きではないですけどね(笑)。
じゃ、やっぱ頑張って歌うしかないか? ないか??
MPBって、ブラジルの人が作ったり歌ってたりすると、どんなジャンルでもMPBって呼ばれちゃうみたいで、なんか区別されてる感があります。
ショーロならショーロだけ集めたものとか聞いてみたいなあ。現地行って来いって? ははは(苦笑)。
現地行ったら生ネイさんに会いたくなっちゃうじゃないですか。そして周りの熱狂にあてられて、疲れて帰って来るの。もう目に見えて分かっています。
まだそこまでは入れ込んでない。大丈夫。おけ、ギリギリセーフです(ギリギリアウトな気がしなくも…)。
相変わらず萌えると饒舌なellisでした。
ああーー、言語センスがもっと欲しい!! 日本語だけでも危ういってのに、他言語なんて…。
でも、やってみせるさ! アルバムのネイさんといつか一緒に歌ってみせるさ!
本当にやりかねないのが、私の怖いとこですね、ははは。
では、Ate logo!(アテ ローゴ、と読みます。ポルトガル語で「またね」の意です)
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。