羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201311<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201401
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さすが私の主治医たち(長文注意)。
ポルトガル語(ブラジル)の、単語帳、楽しいです。
ゼロスタートだってこともあるのかな? あと、翻訳ソフトで「あ、これ見た見た。えっと、何やったっけ?」という単語やイディオムなどがあって、割とすんなり馴染んでいます。
病院での時間つぶしに最適でした。ただ、声には出さねど、一人ぶつぶつ口が動いていたので、時々変な目で見られてたっぽいですが(笑)。


主治医たちの理解の良さに、思わず感心した女のサイトへようこそ。
あれ? もっと変な目で見られると思ってた。


今日はちょっと待ちました。なにせ2週間後が元日。さすがに病院も休みだというので、今年最後の通院という方も多いのでしょう。時間通りに行ったのに、診察番号がものすごいことになっていました。
で、精神科から。ここで通院日程調整しないと、他がやりにくいんですよ。本来なら神経内科からなんですが。
「はいー、こんにちはー。どうですー?」
「うんー、ちょっと鬱々としてたんが…」
「元気になったんか?」
もうね、表情に出てたんでしょうね、こぼれてたんでしょうね。萌えが。アモーレが(笑)。
「いやー、今、心をブラジルに飛ばしてましてね」
「ブラジル!? なんでそんなとこに飛んでん?」
「めっちゃセクシーでかっこええ、ブラジルの歌手のおっちゃん見つけたんですよ。その人の歌聴いてたら、なんか元気出て来た。やったことのないポルトガル語で、メール送ってしまうくらい」
「ほう! ええねえ、よっしゃよっしゃ。ということはや、薬減らせるな?」
「え、なんで?」
「薬より効くやろー、そのおっちゃんの方がー?」




なぜ分かった(笑)!?




そうです、アモーレに勝る妙薬なしと痛感している、ここ数週間です。
しかしここで引いてはなりません。下手に薬減らされると、年末年始に私は死にます。
「いや、帰省するから減らされへん」
「なんや、しゃーないなー。原稿書いてる?」
「今、ちょっとブラジルに飛んでるからねー…。でも、実家でも執筆できるように環境は整えてますよ。できるだけ頑張るけど…自信ないなあ」
「ほう、環境は大事やからな。素晴らしい。続けてくださいよ? で、なんで実家帰んのん?」
「なんでって…お正月やし、お節作らんなんし」
「え、あなた料理するん?」
「あ、せんせー、私に料理する人のイメージ持ってないでしょ?」
「うん、ない! だってあなたの口から料理なんて聞いたことないもん」
それは嘘や。
「まあ、皆さん言いますけどね。私に家庭的なイメージないって」
「えー? お節作れんのんー? 黒豆炊けるかー?」
「ちょっとシワ寄るけど、炊けるよ。母に習ったもん。ちなみに数の子の出汁も作れます。お煮染めも今年あたり頑張りたいなあ。お雑煮かて、味付けするんですから」
「ええーー? そうなん? ほな、今年はブラジルのおっちゃん聴きながら料理やな?」
「なんでやねん」
「調子ええ音楽聴いて料理する方がはかどるやん。調子ええんやろ、そのおっちゃん聴いてると?」
「まあね。せやけど、それはないわー」
「そうなん? ほな薬出さなしゃーないやん」
「ええ、まあ。減らされるとぶっちゃけ困ります」
「しゃーないなー。ほな今度は4週後ね。二時半に来てくだっさーい」
……あれ? ネイさんが好意的に迎え入れられた。
あれかな、余計な情報言わなかったせいかな。
それとも調子が良くなるなら、この際なんでもいいんでしょうか(こっちのが可能性高い)。


ところ変わって神経内科。ここではより詳しくネイさんが熱く語られたのですが、ここでも好意的な言葉が。
「へえ、ええやん。そういうのも大事やねー」
「ポルトガル語でメール送るくらいアモーレ燃やしても?」
「……そういうのってさー、きっかけやん? それで君がポルトガル語に興味もってやな、詳しいなったら、それはそれでええことと違うのん?」
「まあね、英語がろくすっぽできませんから。高校の成績ひどかったし。先生と相性悪かったんですよ」
「君ぐらいの年頃やったら、英語教師なんてロクなんおれへんかったて。人材もない、教育も整ってない、更に詰め込んどけば何でもええやろうというやり方では、伸びる子も伸びへんねえ」
「うん、話すのは好きやねん。発音がやたらええっちゅうんで、よう弁論大会の予選に駆り出されましたわ。まあ、英会話教室とか行ってたわけちゃうから、予選止まりなんですけどね(笑)」
「それでええんちゃうん? 僕なー、ドイツ語の辞書見たら、フランス語やら英語やらは、えらい適当な言語やなあ思ったわ」
「どないしはりました?」
「いやー、ドイツ語の辞書な、どういう成り立ちでっていうのが延々と書いてあんねん。それはもう、すごいページ割いてやな、これこれがどうなって、ああなって、それでもってこういうような言葉になってるとか、そんなんが書いてあるわけ。それがフランス語の辞書見たら、発音記号と簡単な文法書いてあるだけやん。聞いたら成り立ちが結構曖昧らしいね」
「へえー、そうなんですか。今、iPhoneのアプリでポルトガル語の単語帳落としてるんですよ。でもね、耳が馴染むのは、やっぱ歌かなあ。ほら、リエゾンとか平気でするやないですか。英語でもそやけど。よりネイティブな気分が味わえるっていうか」
「(笑)でもなあ、歌は学習にはならんで」
「まあね、訳したら『え? 何これ?』みたいなこと、結構多いですよね。あと翻訳ソフトもアテになれへんから、日本語から訳すのをなるべく控えてるんですよ。やるなら英文からみたいな。ほら、文法近いでしょ? その方が、なんか言葉の並びが自然できれいに見えたんです」
「まあな、日本語て曖昧やし。せやから外人さんにしたら、やりにくうてしゃあないやろな。そんで、そのおっちゃん、そんなええのん?」
「うん、今年72にならはんねんけどな、めっっっちゃセクシーでかっこええねん。でもちょっとゲイ路線やねん(笑)。せやけど、そーいう自分をどっか客観的に見て、楽しんではるみたいな感じもする。すんごいスマートな人やと、勝手に思ってるんですよ。せやからメールで書きましたよ、『あなたはとってもとってもセクシーでスマートな男性ですね』って」
「(爆笑)初めましてでそれか(笑)。君、やるなあ」
「え、せやけど『あなたのヒップラインが超セクシーだと思います』は、控えたもん」
「(更に笑)まあ、それで元気出るんならええやん。ついでにポルトガル語も覚えられて、一石二鳥やんな」
「まあね、うちの母がなぜか気に入って、『腰振りのおっちゃん』いうて呼んで、曲聴いてますわ」
「(笑)こうな、二十歳ぐらいまでて、個体差って結構大きいやろ? それが二十歳過ぎたあたりから段々近なってー…。そんで60越えたら、またこう差が開くと。せやから『何歳やからこう』ってのはないねんな。そのおっちゃんは、そういう恵まれた人いうこっちゃ」
「へえー、そんなもんですか」
「そ、そんなもん、そんなもん。ほな、薬どないする? 痛み止めでも追加しとこか」
「あ、はい。ちょうどなくなるところやったんで、助かりますわ」
……理解を示されたばかりか、解説までされた(笑)。ネイさんは鍛えてもいるけど、体が衰えにくい、恵まれた人ってことか、なるほどー。


人のバイタリティって、生まれた時に決まってるのかな? と、思うほどエネルギッシュなネイさんです。
あのテンションを何十年保ってるのか知らないけど、それってすごいことだと思うって、神経内科の主治医が言ってました。
おや。どっちも賛辞がついてきたよ。たぶん私の頬が緩みっぱなしだったせいでしょう(苦笑)。こぼれ落ちまくるアモーレ。
しかもポルトガル語でメール、誰もバカにしない!! 「そこまでやるか?」って、絶対言われると思ってたのに。
ちょっと、ellis付け上がっちゃいますよ(笑)? 勉強頑張っちゃいますよ(それより原稿書けよ)?


薬局では待ち時間にネイさんの動画を見てました。めっちゃバッテリー食いました(苦笑)。
どんだけ見てんだって感じですが、たぶんここでも頬が緩んでいたことでしょう。
しかし、さすが付き合いの長い私の主治医たち。私がオヤジスキーな上、萌えで調子が良くなると分かっているな?
来月は薬減るかもなー…この萌え具合だと(笑)。
冷静に考えれば、おかしい話じゃないですか。どんな薬より、ブラジルのスターが妙薬だなんて(ブラジルでは超メジャーなんですよ、ネイさん)。製薬会社、形無しって感じですよ。
つまり精神ってのは、そーいうふうにできてるんだなあ。脳の配線が、私の場合萌えで正常に繋がるみたいです。
ただし、その萌えはかなりのバーニングアウトでなくてはならない。ぬるくてはいかんのです、熱いアモーレでないと!!
ぬるい萌えは、かえって停滞感を生みますからね。
……ま、お幸せな人間に、余計な薬はいらんと、そーいうことでした。
萌えが見つかるって、かなり幸せなんだなあ。久しぶりにあちこちにお花を撒き散らしながら、ネイさんについて語っていますよ。もう、誰かに言いたくてたまんないって感じです(苦笑)。
ネイさんも、日本のこんな片隅で一人バーニングアウトしてる女がいるなんて、思ってもみないに違いありません。
アモーレは世界を駆けるのですよ。
というわけで、やっぱり私の主治医たちなのでした。正しいのかもしれないけど、どっか変だ(笑)。
さてさて、ご飯食べたらまたちょっと萌えて来るかな。では夜中か明日に、Ate logo!!
スポンサーサイト

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

すべてはアモーレのために。
……購入しちゃったー……♪
何をかと言いますと、ブラジルポルトガル語(本来のポルトガル語とは、微妙に違うらしいんですよ。どっちでも通じるでしょうけどね)のアプリです。
なんで今まで気づかなかったんだろう。


DLしたのは、無料のアプリです。
ただ、嫌な注意書きがありました。「アプリ内課金があります」
でもまあ、タダだったらいいよね、と、落として見てみたら、速攻で「これ以上のバージョンですと1000円かかります」みたいなメッセージが出てきました。おい、ちょ、早すぎない?
1000円かー…。悩みどころです。
でもこれ買わないと、たぶん私の欲しい単語とかフレーズは一切学べなくって、ただ無駄に容量食ってるみたいになっちゃうんだろうなー。と、考えました。
それに、iPhoneちゃんとiPadさんの両方に対応していたので、考えようによっちゃ、500円の課金が二つか、と。
……500円なら、許容範囲かな? と、結局課金。
つか、私の欲しいフレーズなんて、絶対出てけぇへんでしょ!? 「あなたのヒップラインがめっちゃセクシーやねん、たまらんわ!」みたいなフレーズ、出て来たらそのアプリを疑うわ(笑)!!
まあ、しかし収録の単語が増えたりするのはいいことです。何が一番良かったかっていうと、オーディオブックなので音声付きなこと。単語のアクセントがこれで分かる!!
こればっかは、どうしたって本だけではどないもなりませんからね。
っていうか、いいことに気づいちゃったな♪ せっかくのiPhoneちゃんでiPadさんですもんね。使えるだけ使わな損、損。


そういえば最近はお目にかかりませんが、時々海外の方からこのサイトにアクセスを頂いておりました。
私の日本語なんて、分かりにくいやろなー、と思います。
言うなれば、イギリスでコックニー喋られてるみたいなもんでしょ? 一応基本標準語ですが、随所に方言炸裂してますし、しかもそれは関西弁だけにとどまってないし。「どっとはらい」なんて、ニュアンスで分かってもらうしかないですよね…すみません。
そう考えると、海外サイトが分かりにくいのも納得。その土地土地の方言って、どこにでもありますもんね。あからさまなものでなくても、軽い訛りくらいはあると思いますし、抜き言葉とかもあるでしょうし。


で、何のためにポルトガル語のアプリなんて落としたかって?
ふ、愚問。ネイさんへのアモーレのために決まってるでしょうが。
っていうか、純粋に興味が沸きました。別にブラジルに行きたいわけではないんだけど(機会があれば、そりゃ行きたいし、生ネイさん拝みたいですよ!)、言葉として興味が沸いた。
なのでいつまで続くかは分からないのです(笑)。
しかし萌え始めると結構フィーバーは長いので、その間に少しでもモノになったらいいな、とは思います。
一つくらい、ちょっとできる他言語があったっていいじゃない、とも思いますし(英語コンプレックス・笑)。
もしもう一度メールを送る機会があれば、今度こそ堅苦しくない、私の言葉できちんと送ってみたいですしね。
そこまでの道は険しそうだけど、暇つぶしとでも思って頑張ろうっと。
では、真夜中から衰えない、朝のアモーレでした(苦笑)。今日は病院漫才、不発になりそうな気がするんで。なぜって、雨で主治医の機嫌悪いだろうから。
ですが夜になにかしら更新できたらいいな。期待しないでね、Ate logo!!

テーマ:頑張れ自分。 - ジャンル:日記

Por favor, não quebre meus sonhos.
……うん、ちょっとマジで勉強し始めています、ポルトガル語。
ネイさん…罪な方だわ。


タイトルの意味は「壊さないで、マイドリ〜夢」な、女のサイトへようこそ。
いえ、本当はちゃんと文法に沿った文章ですよ(笑)? 心配なら翻訳ソフトにかけて?


もう昨夜ですね、21時からのNews Watch 9で、中村吉右衛門さまが出ていらっしゃったのです。
出た、私の元祖オヤジスキー(元祖は上様ではないのかって? あの頃上様まだ若かったから…)。
ところが、ご病気をなさったらしく、かなりお痩せになり、お声にも張りがなくなっていました。
一ファンとして、悲しい。とてもとても悲しい。
でも悲しいかな、人は老いにはなかなか勝てないものですよね。それだけ精力的にご活躍なさってきたってことの裏返しでもありましょうし。
……Just a moment.
精力的に活躍して、年甲斐のない格好して、枯れも渋味も超越している人がいる。
そう、ネイさんです。


それがね…ママンが言うんですよ、「あんまりあの腰振りのおっちゃんに入れ込みなやー。寝れんようになるでー」と。




腰振り言うなー(爆笑)!!




いえ、間違っちゃいないんですよ。いないんですが、そうストレートに言われると、私の萌えが萎えるじゃないですか。
つーか、一気にギャグだよ。
更にママン、続けます。「でもあれだけ腰振ろう思たら、膝が丈夫でないとなあ。やっぱりヒアルロン酸とか注射してはるんやろか」
ママン…ママン…!! 頼むよママン、娘のドリ〜夢を壊さないで。
いえ、たぶんそういったお手入れもなさってると思いますし、それ以上に鍛えてらっしゃるとも思うんですよ。
でもそんなあからさまに言われたら…。私の「ブラジルに行って、生ネイさんに会ってみたい」という淡い夢が脆くも崩れ去るじゃないですか。


ヒップラインとダンスで悩殺してくれるネイさん。

ちょっと目がチカチカしやすいので、あまり至近距離で大きい画面で見ない方がいいと思います。
私くらいですよ、フルスクリーンで酔いながら「かっこええ〜〜〜☆」と、萌えを飛ばしているのは。うちのパソ子、かなりでかいってのに。
これ、オフィシャルのビデオクリップなんですが、ネイさんご自身がYouTubeに上げてらっしゃいました。
ネイさん…iTunesでこれ、200円するんだよ? それをいいの? それとも何か違いが? 
と、思いつつ、YouTubeで満足してしまう私でした。
そりゃーあんだけ踊れば、ヒップも上がるよな。と、しみじみ思いました。


もひとつ、ヒップラインを惜しげもなく見せてくれるネイさん。

ふふ、真夜中ってダメね。眠剤もそろそろ回って来て萌えがノンストップになってる。
繰り返すようですが、男性のそういう格好や演出が苦手な方はご覧になりませんよう。
いくら本人渋い顔してても、そういう風に見えちゃうこともあるってことで。


ちなみにメールを送った私ですが、当たり障りのないことしか書けませんでした。
だって「初めまして」から始まってるメールに、「あなたのヒップラインがめっちゃセクシーやねん!」とは書けないでしょう!?
でもポルトガル語訳はしてあるの。"Eu acho que a sua linha do quadril é muito sexy!"
英語から訳した方がきれいにできました。送ったメールも検証したら、日本語から訳すより、英語から訳す方がスッキリしてスマートでした。オーマイ、なんてこった。時既に遅しですよ。
ついったでもこの中身はつぶやいてるんですが、そりゃそうよね、と。だって日本語の文法より英語の文法のが、ずっと近いんだもん。
つーことは、あれだ。英語力も多少はいるってことですね。
むー。これまで英語は教師に恵まれなかったせいもあって、かなりアレルギー気味です。単語もかなり忘れてる。
でも勉強し直すいいチャンスですしね。英語もなるべく頑張ります。


だからママン、これ以上夢を壊さないでね。
その「腰振りのおっちゃん」のおかげで、ちょっと元気になれたんでしょ?
今度は今年のハードなアルバム聞かせてあげるから。
乙女のドリ〜夢は、案外繊細だと思ったellisでございました。
この一週間のページ、ネイさんの話題でしか埋まってませんよ(12/18現在)。どんだけ萌えてんねん(笑)。
それだけ私もネイさんに救われてるってことで。
では、そろそろ休みますね。Boa noite.(おやすみなさい)

テーマ:頑張れ自分。 - ジャンル:日記

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。