羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201311<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201401
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フルートに漢方。
はい、Boa noite.こんばんはです。
え、先日「おやすみなさい」って言ってなかったかって? はい、そう思ってたら、どうやらどっちも意味するみたいで。


うつつを抜かしていたなあと痛感する女のサイトへようこそ。
ちょっとフィーバーが過ぎてますかね。アモーレが。


今日は今年最後のフルートレッスンです。
もーろーびとーこぞーりーてー♪ 『クリスマスメドレー』をやっておりました。今日は2ndメインで。
むっずかしいーーー。と、思うのは、きっと練習不足だから。一年のレッスン納めになんたることでしょう。
Neyさん、Neyさん言ってるから…。
だって…アモーレは止まらないんですもの…。
そんなん言ってる暇はありません。レッスンはとっとこ、とっとこ進んで行きます。
まずエチュードでつまずいたしな…情けな。
で、来月から"Tico Tico no Fubá"が始まることになりました。
とんでもなく速いパッセージで、正直泣きそう(涙)。Neyさんバージョンなら、ちょっとだけゆっくりなのに…。




なーんて、言えるわけないって。




ただ、私のあふれんばかりのアモーレをご存知のKさんが、さっと私を指さしました(笑)。
ポルトガル語を勉強中と言ってたら、「喋って!」と言われましたが、まだそこまで行ってないって(苦笑)。
でも、どんだけの熱いアモーレと思われたでしょうね…。
いや、まだ動画を見せるとこまでは行ってない。大丈夫、自制心はあるぞオレ。
……先生に"Beija-me-"の動画を送りつけ、「楽譜知りませんか〜?」ってメールしたのは誰よ…。
大丈夫、それもKさんとSさんには言ってない。大丈夫、大丈夫。
今日聞いた話では、ショーロは、あらゆるラテンの原型みたいなものだそうです。あらゆるって言っていいのかな、サンバとか、ボサノヴァとかって先生は言ってましたけど。Wikiったら、いろいろ出てきます。形式とか、使う楽器とか。
形式は繰り返しが多いです。なのでテキストの"Tico Tico no Fubá"でも、「どこまで繰り返すねん?」ってのがあります。
あー、だからupした"Samba do Blackberry"とかのタイトルが来たり、例えば"Bambo de Bambu"でも"Tico Tico no Fubá"でも(他の最近の歌でも)、Neyさん繰り返しがやたら多かったのか。
そう、歌詞短いなあって、海外サイト見てて思ったんですよ。で、歌ってるの改めて聴いてみたら、繰り返しがやたら多い。
で、Neyさんの歌、カバーが多いって言ってたじゃないですか。ということは、これはNeyさん個人に限ったことではなく、ラテンとか、まあMPBに多いんでしょうね。
私、MPBってくくり、好きじゃない…。って思うけど、仕方ないよなー。そのおかげで、Neyさんが何歌っても"MPB"ってジャンルでくくられる訳ですから。
あ、ちゃんと「エミ・ペー・ベー」って言えるようになりました(笑)。現地の発音ですね。まだアルファベットの発音知らないんですよね、ちゃんと調べとかないと。


話は戻って、フルートのクラスコンサートは、『グリーンスリーブス』と、『明日に架ける橋』になりました。
う〜〜〜ん、えらいジャンル違いっていうか。っていうか、サイモンとガーファンクルが、ロックに位置づけられることにものすごく驚いていますよ。あれがいわゆるR&Bってやつ? 聞いておけばよかったな。
『グリーンスリーブス』は、散々やっているので、来月からちょこっと復習です。この曲、ほんまにレッスンには恵まれへんかったな…。自宅で吹いてる時間のが長かったような気がしますよ(ある意味、当たり前ですが)。
『明日に架ける橋』は、KさんとSさんが歌詞をお気に召したんですね。曲自体は中音〜低音で、ぶっちゃけやりにくい。
でもギターとセッションできるっていうので、楽しみにしています(今のギタリストは、「白いギターのあんちゃん」です・笑。ホントに白い服着てるんですってば。で、イメージと音がやっぱり明るいんですよ)。
どんな歌詞か、興味を持たれた方はググってみてください。まあ、ずっと側にいるよ。っていうような内容です。恋愛とかそういうのを越えて、いつも君の側にいるよ。っていう、考えようによっちゃ怖い歌詞です。年配女性のロマンを台無しにする女、ellis。大丈夫、まだ言ってないもん。自制心あるもん。アモーレは撒き散らすけど。


レッスンの帰りは漢方でした。
案の定書かれましたよ、カルテに「ブラジル」って(笑)。
「せんせー、書かんでええんですってば。これ書いたら、また来月聞かはるんでしょ? 『ブラジルのおっちゃん、どないなりました?』って」
と言ったら、「えー、そりゃあ気になりますからねえ」という返事が。
「でも元気そうでよかったですよ?」とも言われました。……こぼれてるな〜〜〜、アモーレ。
このテンションで実家に帰省したら、その落差に嘆くことになりはしないだろうか…。今からとてもとても心配です。
Neyさんの名前まで聞かれたので、よっぽど興味を引いたんでしょうね。たぶん私がお花撒き散らしてるのが、久しぶりで珍しいからだと思いますけど。
72のおっちゃんに、「あなたはとってもとってもセクシーでスマートな男性だと思うの!」なんて言ったら、速攻で参るわ、と言ったのはKさんですが、異人さん、それもラテン系だから大丈夫な気もするけどなー。
それに、そーいうメールとか手紙って、山のようにもらってると思いますし。
まあ、ジャポネーズは珍しいかもですけど(笑)。でも熱狂的なファンっているんだろうなあ。私のアモーレなんて、まだまだ青いですって。
たぶんほんまのファンなら、ブラジルの人たちと同じテンションでNeyさんを迎えられるはずだ!! 私には無理だもん。
「ブラジルのおばちゃんたちがね、もうすごいんですよー。日本で言うなら、氷川くんを追っかけるおばちゃんたちみたいな」
と、漢方で言ったら、主治医に「いやー、もっと情熱的ですごいんじゃないかなー。なんたって、ラテンの国だからねえ〜」と、言われました。せんせー、分かってるぅ。
つまりそれくらいでないと、Neyさんを追っかける資格はないということか…orz
……動画で満足してたらあかんということか。
いや、やはり機会があればブラジルに! もうアモーレがどこに飛ぶか分からへんな、この女(苦笑)。
心だけ飛ばしてたのでは物足りませんか、ellis。
あ、ellisって、読みがポルトガル語の「幸せな」を意味する"feliz"に似てて嬉しいです♪ zはsの発音になるみたいなんですね。
逆にsはzみたいに濁る時があるし。まだまだまだ、何にも分かってません。
ちなみに漢方、眠前に3種類、夜に1種類の薬が出ました。いかに私が寝不足かを物語っていますね。あ、別にNeyさんのせいじゃないですよ(笑)?
むしろ安眠させてもらってますから。3曲聞かずに寝てるんじゃないかな。ああ勿体ない、タイマーは1時間なのに。


今回はとりとめもなく失礼しました。
やはり随所にアモーレが混ざりましたね(苦笑)。
どうもすみません。Lamento muito.って言うみたいですよ。muitoが「とても」とか「もっと」みたいな意味合いみたいで。めっちゃすみません。ってことでしょうね。
勉強は牛歩の歩みですが頑張ってます。覚えるのも忘れるのも早いという、一夜漬けの典型なellisに未来はあるか!?
ま、ぼちぼちやります。ほんまに暇つぶしに単語帳がいいんですよ。学生の時は鬱陶しくって仕方なかったのにね(笑)。
ではでは、Boa noite.今度は「おやすみなさい」ですよ?
スポンサーサイト

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

So charming!!
朝から萌えですかって? あんたも飽きないねって(笑)?
まあまあ、こちとら6時前に目が覚めちゃって、それからゴソゴソしてたんで、テンション上げたいんですよ。


ネイさん改めNeyさんで行こうと思う女のサイトへようこそ。
やっぱり現地表記が一番かな、みたいな。でもちゃんとしたスペルで呼ぶのって、なんかドキドキ…(アホか)。


今日も埋め込みます。
アルバムにも収録されている、個人的にお気に入りの一曲、"Samba do Blackberry"です。

Neyさんカバー曲が多いんですが、これも誰かのカバーみたいです。調べたけど、ちょっとちゃんと分からなかったです、すみません…。言語力不足で。早く分かるようになりたいなあ〜。
これはフルスクリーンで見ると分かるんですが、すっごい汗です。ライト浴びて踊りまくって歌いまくって、肌が光ってますもん。
ということは、ライブの最後の方なのかな? なんか息切れっぽいような印象も受けますしね。
あ、ほんま繰り返しますが、男性のそういう演出及び衣装が苦手な方はご遠慮を。ググれば、他の人(Tonoさんって人たちが出て来るのですが、これがオリジンかな?)のバージョン聴けますからね。
それでもあれだけ声が出て、動ける71歳はいないよ…。もっと早く知りたかった、音楽に無知だったあたしのバカ!!


以前にも書いた、「オレンジ色の液体」は、ここで飲まれます。
ああ、やっぱりお酒かジュースか気になる。
お酒だと喉開きますしね。ジュースだと純粋に糖分補給になって、疲れが楽になるし。
異人さんだから、お酒でも驚かないけど…。個人的にジュースだったらいいなー、と思っています。
だって、可愛いじゃないですか!!
(親より年上の方に向かって「可愛い」とは何事だ)
うーん、でもこの「可愛い」は、男性全般に言える「可愛い」なんで、女のサガとご理解くださいませ。
ellisも男性のちょっとした仕草を「可愛い!」と、思えるほどに大人になったんですよ。
オヤジたちに関しては、どちらかというと「もー、しゃーないなー」という感情からの「可愛い」なんですが。


私はNeyさんの私生活など知らないので、お酒を嗜まれるのかとか、タバコはどうだとかは分かりません。
が、あんまりそういうイメージ沸かないんですよね。
もっと言うと、薬物とかのイメージもない。
確かにいかにもなゲイ路線ですが(笑)、どっか健全なイメージ(ほんまか?)。
あ、別にゲイの方達が不健全だって言ってるんじゃないですよ。念のため。
私、そーいう区別はしない主義なんで。
しかしまあ、一旦「いやん、セクシー☆」と思ったら、一から十までセクシーに見えるものですね(苦笑)。
頭に巻いてる布を跳ね上げる仕草までが、私にはセクシーに見えます。


そんなNeyさん。これもアルバムに収録されている、"Pronomes"です。

こっちのNeyさんの方が、先日upした動画より、ヒップラインを惜しげもなく見せてくれていましたね(笑)。
それにしてもイントロで、なんであんなエロい仕草ができるんだろう…。ベリーダンスみたいに腰回ってますよ。すげぇ、マジパネェわ。と、思うのですが、普通は「うわ、エロっ!」で済んじゃうんだろうな…。
ちなみに最後の方で、Neyさんちょっと演出か歌詞を間違うんですよ。「あ、ごめん!」みたいなことを言った後の、照れ笑いをしながらのパフォーマンスには、やはり「もう〜〜〜、もうもうもう、かーわーいーいーー!!」と、思う、ダメなellisです。それまでめっちゃクールにしてはったのが、照れ笑いにぱっと変わるのがたまりません!
Tão encantador!!(勉強中なので、頑張って言い直してみる。意味はタイトル通りです)


メールで「日本にも来てください、待ってます!」って送ったけど、ブラジルの人たちのノリを見てると、日本人の多くとNeyさんのノリは相容れなさそうな気もしてきます(苦笑)。
じゃあ私がブラジルの人たちみたいに乗れるのかというと、やっぱそうでもない。日本人なりの慎みのある、しかし熱いフィーバーを贈りたいですよ。
だって、喜ぶ人がいるからNeyさんだってやってるわけであって、ねえ?
え? ええ、私もその一人ですよ。「きゃ〜〜〜〜!」とか言いながら、ばっちりしっかり見てますしね(笑)。
別に恥じらう歳でもないし(開き直り)。せっかくファンになったんだから、どっぷり楽しまないともったいないし。
いやー、今回のアモーレは熱いわー(笑)。今までなかったジャンルですからね、新鮮味たっぷりです。


さて、今日はフルートレッスンですね。今年最後だ。早いなあ〜〜。
1月末にはクラスコンサートもあるわけですから、あんまりNeyさん、Neyさん言ってないで、ちゃんとそっちにも気を向けておかないとね。
でも"Tico Tico no Fubá"習うの楽しみだなー♪ 頑張れば歌えそうな感じになってきましたよ。
読み方が分かると、やっぱり早いですね。単語帳も役には立ってますが、やっぱりNeyさん聴いてるのが大きいような。だってどう読むかは、字だけでは追っ付きませんから。
そして私もアタリを付けるし(笑)。「これってもしかして、こう発音してる?」みたいな。そういう勘も必要なのかな。
では日常に戻ります。って、何一つ変わりゃしないんですが(苦笑)。
また夜に。Te vejo mais tarde!

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。