羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まさに自業自得。
けんけん、けんけん。そろそろ本格的に、咳が止まらなくなってきました。
慢性気管支炎をなめてはいけない……。いや、なめてかかっていたのではなく、純粋に薬が高いのが辛いだけデスヨー(涙)。昨日のフルートは、別の意味で泣けました…。あー、しんど。


コンビニで迷惑千万な視線を浴びてきた女のサイトへようこそ。
分かっている。悪いのは私だ。おとなしく麻杏甘石湯を飲んでから、日の出ている内に出かけるのでした。


最近の生活は、朝寝て昼にのっそり起き出すという大変自堕落なものです。
何で昼に原稿がはかどらないのか、自分でも謎なんですが、はかどらないんだから仕方ない。
おかげで深夜アニメと通販に、すっかり詳しくなってしまいました。
さあ寝ようという時間は、大抵一日で最も気温の低い頃。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥咳がしんどくて寝られません。
アホですかellis。ああ、アホさ、分かってるわー(泣)!
夕暮れ時に散歩に出かけながら、けんけん、けんけん。
「そーいや、何年前かの今ごろは、肺炎にかかってたっけ…」
いらないこと(?)も思い出し、「やっぱり病院に予約入れるかあ」と、諦めの境地。
これでは、歯医者にギリギリまでかかるのを拒否るパパンと同類ではありませんか。嗚呼っ、そんな親子の血はいらん。


親子といえば、パパンにはメールでバレンタインのお礼をもらいました。
「ホワイトデーに何がいいか、考えておいてね」
と、いつまでも気を遣わせる娘ですいません的な文章もあって、独り身な自分(さらに年金生活)を反省。
ですが、欲しいものは決まっています。即レスで、
「フルートケースのカバー、買ってください」
何かミョーな形容ですが、本当にケースカバーなんですってば。
フルートが入っているのがケースで、それを包んで持ち運んでるのがカバー。
ショルダーストラップのついているカバーが欲しいのです。今は持ち手つきだけで、荷物がかさばった時に不便なんで。
何倍返しを要求する気なのだろう、ellis。
フルートの先生が出したCDを、パパンも気に入っているようです。それで私のフルートが気になって仕方ないらしく、
「何か一曲吹いてもらわなあかんなー」
と、しょっちゅう言われています。えーと……。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥えーと……。
そ、「早春賦」ならいいかな。「ふるさと」とか。
パパンは一音の狂いも見逃してくれない御方、うっかりしたものは吹けませぬ。
普段穴だらけな演奏をしていることが、モロバレですな。
それに…今やってるバッハだって、パパンは知らないので「何やよう分からん」の一言で片づけるのですよ。そして音の狂いだけを指摘するのですよ(血涙)!
まあ、それもこれも病院に行ってからだ。昨夜原稿しながら元気いっぱいウルフルズを歌っていたら、今日は気管支が熱いです(アホ)。


さっきテレビをつけたら、教育テレビで肺炎の特集をやっていました。なんというタイミングだ。
来週の水曜は、「通院をサボったら、かえって医療費が高くなる」を体感してこようと思います。あーあ。



  ☆フラッシュバック、継続中です。もうやめて、私の過去……orz 軽く心が折れそうになっています。トフラニール、カム! カモーン!! 「気管支どうにかして、フルートで気晴らしできるといいね」と、切ないワンクリックをお願いします。☆
   今、先生のCDを聞いています。あんな素敵な音は光年どころか30万パーセク遠い…(1パーセク=3.26光年)。
  
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。